相互RSS募集中です

外交青書「韓国のやりかたがひどいので『日韓関係は未来志向』って記述、削除しますね~」

カテゴリ:日韓関係 コメント:(88)
【コラム】文在寅政権発の韓日関係破綻の恐怖(中央日報)
日韓の「未来志向」削除 平成31年版外交青書、北朝鮮への表現抑制(産経新聞)
文在寅(ムン・ジェイン)政権が慰安婦合意を無力化し、強制徴用者に対する日本企業の賠償責任を認める最高裁の判決が出てから、韓日関係は悪化の一途だ。日本は「日韓協定に基づく国家間の約束を破った」と主張している。加害者である日本が被害者になるというあきれる状況を韓国が自ら招いた。通貨危機当時のように日本が韓国に致命傷を負わせる可能性を懸念する人が多い。日本はすでに慰安婦少女像設置を問題にして韓日通貨スワップ交渉を中断している状態だ。

申ガク秀(シン・ガクス)元駐日大使は両国経済を「世界バリューチェーンと部品サプライチェーンで相互依存的な関係」と説明する。許昌秀(ホ・チャンス)全国経済人連合会(全経連)会長は「韓日関係が良い時、韓国の経済は良かった」と言う。最近は何かおかしい。朴チョル熙(パク・チョルヒ)ソウル大教授は「韓国に来る投資が中国や台湾に向かう事例が生じている」と話した。 (中略)

この政府はなぜ両国関係の破綻を放置するのだろうか。国内政治を狙った過剰民族主義、反日情緒が問題だ。いくら憎くて気に入らなくても、日本とうまく付き合ってこそ安倍首相を通じてトランプ大統領の米国に韓国を認めさせることができる。経済と安全保障のリスクも解消し、対北朝鮮政策での役割も確保される。今の状況は非常に危険だ。韓日関係に詳しい李洛淵(イ・ナギョン)首相でも動き出す必要がある。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の賢い決断を期待する。

李夏慶(イ・ハギョン)/主筆
(引用ここまで)
 日韓関係は厳しい現状を反映させた記述となった。

 徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の判決のほか、韓国国会議員の竹島(島根県隠岐の島町)への上陸、韓国海軍艦艇による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射事件などを列挙して「韓国側による否定的な動き」が相次いだと指摘。29、30年版で盛り込んだ「相互の信頼の下、未来志向の新時代へと発展させていく」との記述は削除した。

 韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権が蒸し返した慰安婦問題をめぐっては2ページを割いて特集。平成27年末の日韓合意で「最終的かつ不可逆的な解決」を確認したことなど、日本の立場を詳述した。
(引用ここまで)

 中央日報の主筆、つまり記者のトップが「日韓関係、このままではいけない」というようなコラムを掲載。
 朝中東と呼ばれる保守派三紙の中では比較的中道に近く、近年では「ムン・ジェイン政権に魂を売った」くらいに言われていた中央日報ですらこういった警鐘を鳴らさざるを得なくなっている。
 まあ、実際のところは中央日報はここ何ヶ月かでだいぶ軌道修正してきた感じがしますけどね。

 この方向性が続いていくのであれば日韓関係は崩壊しかない、というように直感しているのでしょう。特に日韓関係を長く見てきた長老ともいえるレベルの人々には。
 その直感は正しいですよ。
 ムン・ジェイン政権が続くのであれば任期内に決定的ななにかが起きるでしょうね。
 以前であれば外交交渉的なことと限定できたのですが、現状では軍事関係でも危うくなりつつあります。
 昨日の国防部による「日本に通達している、していない」という騒ぎはその危惧をぐっと増加させてきています。
 さすがノ・ムヒョンの後継者だということですかね。

 さて、その一方で外務省が毎年発行している外交青書。韓国関連で大きな記述の変更がありました。
 「非常に厳しい状況に直面した」「韓国側による否定的な動き」といった記述がされています。
 もちろん、かつて記述されていた「基本的価値観を共有する重要な隣国」「戦略的利益を共有するもっとも重要な隣国」といった文言は復活せず。
 さらに「未来志向の新時代へと発展させていく」といったポジティブな記述も削除。
 現状の日韓関係が厳しいものであることを認識させるものになっています。

 これ、ムン・ジェイン政権が連呼している「経済と政治は別」「日韓関係は未来志向で」という話に対する日本政府の答えですね。
 現状では「未来志向の日韓関係」なんてあり得ないんだという宣言です。
 ……ホント、事態の展開っていうものはいつだって早いものなのだなぁ……ということを実感しますわ。「基本的価値観を共有する重要な隣国」なんて甘ったるい記述があったのはたった5年前ですよ。

日韓戦争を自衛隊はどう戦うか
兵頭二十八
徳間書店
2019/4/10

済州島で桜祭りが開催、テーマは「王桜自生地、済州で繰り広げられる新春の供宴」……ではここで韓国での夜桜の楽しみかたをごらんください

「花吹雪舞い、うっとりとする壮観」済州王桜祭り29日開幕(聯合ニュース・朝鮮語)
「王桜自生地、済州で繰り広げる新春の饗宴」というテーマで開催される2019第28回ソメイヨシノ祭りは来る29日から31日まで済州涯月邑チャンジョンリと三道1洞チョンノン路一帯で同時に開かれる。
(引用ここまで)

 だいたいいつも「桜 起源」で検索しているので、チェックが遅れてしまったのですが。
 3月29~31日にかけて済州島で桜祭り的な催しが開かれたとのこと。
 で、そのテーマが「王桜自生地、済州で繰り広げられる新春の饗宴」だったと。
 いや、懲りてないなぁ。
 済州島が「王桜自生地」であるということは間違いないのですが。
 済州島に植えられている桜の大半はソメイヨシノなのです。

 王桜と染井吉野が別種であるということは科学的に確立された事実なのですが、表現的に微妙なところを狙ってきたという感じですかね。
 その際にも書いたことですが、韓国人が「日本人が愛でているソメイヨシノは韓国起源である」という精神的勝利を手放すわけがないのですね。
 済州島にとっては韓国でもっとも早く咲く桜は観光資源でもあるわけで、なおのこと手放すわけがない。

 で、ちらっとどんな感じで桜祭りが開かれているのかということをチェックしてみたのですが。

「花吹雪の中を歩いてみようか」……済州王桜祭り29日開幕(仏教放送)

bukkyouhousou.jpg

 ……ひっど。
 桜の幹にLED巻き付けてライトアップかよ。
 まあ、これが韓国流の花の愛でかたなのだと言われたら納得するしかないですけどね。
 以前にも「LED桜なら一年中見れるからいいんじゃね?」みたいな提言があって唖然としたものでしたが。
 まあ……「文化がちがーう!」ってヤツですね。

済州島の王桜についてもいろいろ言及されています。
桜の科学 日本の「サクラ」は10種だけ? 新しい事実、知られざる由来とは (サイエンス・アイ新書)
勝木 俊雄
SBクリエイティブ
2018/2/15

楽韓さん、本日の動向 - Amazonのタイムセール祭り最終日です

 スマートフォン版のサイトにはもうちょっと手を入れますが、PC版はこんなところで一段落かな。
 CSSはそこそこ理解しているけど、数年に1回くらいしか手を出さないからそのたびにリファレンスを見ないといけないのがしんどい。
 これ、確定申告と同じだな、構造が。

 AnkerのPowerPort Atom PD4が発売。USB-A×2、USB-C×2でPD100まで対応。据え置きとしてはかなりよいけど、なにしろ値段が高い。
 うーん、欲しいけどなー。

Anker PowerPort Atom PD 4 (100W PD対応 USB-C & USB-A 4ポート 急速充電器)【PSE認証済/PowerIQ搭載/Power Delivery 対応】iPhone XS/XS Max/XR/X、Galaxy S9 / S9+、MacBook、その他USB-C機器対応
Anker
2019/4/15

 Atom PD1はけっこう活躍してます。

 んでタイムセール祭りは最終日。
 Fire TV Stickは
通常版が1000円引きStick 4Kが1500円引き
 検索用にBluetoothキーボードがあるとよいですよ、とあらかじめ言っておこう。YouTubeの検索とかリモコンでやるのはちょっと正気の沙汰ではないです。いや、マジで。

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属
Amazon

 その他、TranscendをはじめとしたSDカード、microSDカード、USBメモリなんかが安い。
 イワタニのガス関連製品が安い。カセットコンロは防災用品として持っててもよいと思います。
 Fire HD 10が5000円引き。ようやくスマートスピーカー(スマートディスプレイ)として使えるようになるアップデートが日本でも為されたのでその用途でもわりとおすすめできるかな。

イワタニ 【カセットこんろとしても使える】 カセットガスホットプレート 焼き上手さんα(アルファ) CB-GHP-A
Iwatani(イワタニ)
2015/1/26

 タイムセールではないようですが、インデックス投資のバイブルとも言える敗者のゲームが50%ポイント還元中。
 インデックス投資に興味がある人、すでにやっている人に読んでもらいたい本です。

敗者のゲーム〈原著第6版〉
チャールズ・エリス
日本経済新聞出版社
2015/1/23

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
別冊NHK100分de名著 読書の学校 若松英輔 特別授業『自分の感受性くらい』
若松英輔
NHK出版
2018/11/24

韓国国防部「我が軍の日本に対する『5.5km以内に接近に接近したら警告』という措置を日本に通達した事実はない」→「やっぱり通達してました」……これが危険な兆候である理由とは

カテゴリ:日韓関係 コメント:(127)
接近する自衛隊機への対応指針 「日本に通知したことない」=韓国当局(聯合ニュース)
自衛隊機の接近飛行 「軍事的措置と基調を日本に説明」=韓国当局(聯合ニュース)
韓国国防部と韓国軍合同参謀本部は22日、韓国政府が日本側に対し、日本の自衛隊機が韓国艦艇から3カイリ(約5.5キロ)以内に接近した場合は火器管制レーダーの照射を警告すると通知したとする読売新聞の同日付の報道を否定した。 

 韓国国防部のノ・ジェチョン副報道官はこの日の定例会見で、「わが軍が通知したというのは事実無根」と述べた。韓国軍合同参謀本部の関係者も「確認したところ、関連内容を通知したことはない」と答えた。
(引用ここまで)
韓国国防部が日本政府に対し、自衛隊機が韓国艦艇に接近した場合に取る軍事的措置と基調について説明していたことが明らかになった。

 同部は22日、韓国政府が日本側に対し、自衛隊機が韓国艦艇から3カイリ(約5.5キロ)以内に接近した場合は火器管制レーダーの照射を警告すると通知したとする読売新聞の同日付の報道について、「韓日間の海上での偶発的衝突防止のため、韓国軍の軍事的措置と基調について日本側に説明した」とする立場を発表した。

 ただし「作戦の詳細な内容などの対応マニュアルを日本側に公開したことはない」とし、具体的な内容は安全上明らかにできないとした。
(引用ここまで)

 大元は今朝の読売新聞に掲載されていた記事ですね。
 いわく「日本の哨戒機が3海里内に接近した場合、火器管制レーダーの照射を警告する」「この内容を日本側に通達している」というもの。
 2月には産経新聞が「無線での警告が常態化している」という記事を出していましたが、その補強になる記事といえるでしょう。
 これ自体が危険な措置といえます。
 3海里、約5.5km以内に近づいたら火器管制レーダー照射とか尋常じゃないですからね。
 警告ではなくレーダー照射が常態化していたら、いつ本当にミサイルが飛んでくるような事態なのかが分からなくなる。火器管制レーダー照射というのは、それだけ「大きな警告」でもあるのです。

 さらにこの措置はなんら国際法に立脚しているとは思えません。
 そもそも哨戒行動に適用される国際法なんてあるのかって話ですが、それでも日本側は「高度150メートル、距離500メートル」という民間の規定(軍用機には適用されない)すら守った哨戒行動をしている。
 それを妨害することはできないはずなのですけどね。

 ただ、そんなことよりも大きな問題をこの読売新聞の報道が見せてくれたのですよ。
 読売新聞がこの「~という内容を日本側に通知してきた」との記事を掲載したのが今日の朝刊。
 で、1本目の記事では韓国国防部から「日本側に通知したという事実はない」と2度に渡って否定していることが書かれています。午前中の国防部による定例記者会見でのこと。
 2本目の記事によると、午後になって前言を翻して「実は日本側に通知していた」と言い出してきたわけです。

 国防部、すなわち軍が自分たちがなにをやっており、どこに通達しているかを把握していない。
 これ、危険な兆候です。それもかなり。
 内部で統制が取れておらず、てんで勝手に動いている可能性があります。
 ここのところ、外交部がその素人具合を露わにしていますが、同じように国防部が骨抜きにされている可能性があります。
 こういう連中を相手にする場合、暴発的な衝突の確率が上がりかねないのですよ。
 退くべきところで退ける相手であれば問題ないのですが、それすら能力不足でできない可能性があるのです。
 ホントに勘弁してほしい……。

韓国済州島のソメイヨシノ(王桜)にテング巣病が蔓延か

病害虫に感染したソメイヨシノに緊急防除実施(ハヌラ日報・朝鮮語)
市は16日午前、朝天邑ソンギョ路にあるソメイヨシノ並木でほうき病気にかかった枝を削除して切り取った部位には、薬剤処理をするなど、緊急防除作業を実施した。しかし、ほうき病に感染したソメイヨシノが相当数にのぼることが分かって防除作業完了まで多少時間がかかると予想された。

ソンギョ路では2006年植栽されたソメイヨシノ442本のうち半分程度でほうき病に感染したことが明らかになり、防除が急がれる状況である。カビ菌が病原体であるほうき病は適時防除せずに放置すると、まず枝が枯れはじめ、長期的には木が枯死するなどの被害を与えることになる。
(引用ここまで)

 韓国には日本からソメイヨシノが相当数送られていて、花見の名所になっているのですね。
 いくつか有名な花見スポットがありまして。
 もっとも有名なのが鎮海区軍港。
 ソウルを流れる漢江の中州である汝矣島。
 そして済州島全体。

 戦後には花見は日本の風習だ、けしからんということで桜の木を切るような運動もあったのですが、「ソメイヨシノ韓国起源説」にのぼせ上がった韓国人はもうソメイヨシノを植えに植えていまして。
 そこら中ソメイヨシノだらけなのですよ。済州島とかもう笑っちゃうほどにソメイヨシノが植えられていました。
 上記すべてが観光スポットとして人気だとのこと。

 ただ、ソメイヨシノは病害に弱く。
 記事にあるように特にテング巣病(ほうき病)にかかりやすいとされているのですね。
 とにかく植えるだけ植えてきただけで、桜に関するノウハウのない韓国ですから一気に拡がったりしなければよいのですが。
 日本ではこの特性が嫌われつつあり、供給側ではソメイヨシノからジンダイアケボノやコマツオトメといった品種に代替わりを勧めています。

植え替えが進む「ソメイヨシノ」の後つぎ品種とは?(ウェザーニュース)

 その一方で青森の弘前城には樹齢140年近くとなる日本でも最古とされるソメイヨシノがあります。

C0CC3F90-2BEA-4846-9B35-3C9992096EFA.jpeg


 青森はリンゴが名産品ですが、同じバラ科の植物である桜の手入れにもリンゴで得たノウハウが通用しているのではないかとされていますね。
 弘前城には樹齢100年を超えるソメイヨシノがかなりあるとのことで、やはり樹のことを知った上で手入れができているかどうかは大きな違いになるのだな、と。
 その他にも小石川植物園のソメイヨシノも相当に古いものだとされていますね。
 桜というものが文化に根ざしているかどうかっていうのは違うのだなぁ……と感じました。
 いま日本の桜にとって最大の脅威はクビアカツヤカミキリですけどね。

参考エントリ:韓国の「ソメイヨシノの自生地」を訪れてみた