相互RSS募集中です

韓国国防部長官「アメリカはGSOMIA継続のために日本にも圧力を加えている」→韓国メディア「アメリカはしっかり仲介しろ!」……まだそんなことが起きると思ってるんだ?

韓経:韓国国防部長官「GSOMIA、外交で解決する問題…米国、韓日に強い圧力をかけている」(韓国経済新聞)
鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)韓国国防部長官が23日0時に終了する韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「国防部のレベルでなく両国政府のレベルで解決すべき問題」と話した。また「現在の状況をみると、(終了の他に)他に変化が見えない」とした。 (中略)

鄭長官は「GSOMIAは韓米同盟で象徴的、戦略的価値が大きい」とし「(米国側は)日本にも圧力をかけ、韓国にも維持することを求めている」と話した。
(引用ここまで)


 まだまだGSOMIAの話題は尽きないようで。
 今度はチョン・ギョンドゥ国防部長官が「アメリカは日本にも圧力をかけている」とコメント。
 まあ、「日本もどうにかならないか」くらいのことは言っているとは思いますけどね。
 韓国への直接的な圧力に比べたら10:1にもならないでしょう。
 エスパー国防長官からは「日米韓の協力に向けた努力を歓迎」とのコメントが出ています。

米国防長官「米韓日3カ国の協力に向けた日本の努力を歓迎」(中央日報)

 これまでの日本への評価なのか、圧力なのか微妙な物言いではありますけどね。
 まあ、圧力の部分がゼロではないでしょう。

 韓国側はいまだに「日本が輸出規制強化を撤回しなければならない」との意向。
 韓国政府からは「ボールは日本にある」との認識を披露しているようです。

韓国政府「GSOMIA、ボールは日本に」... 液体フッ化水素輸出許可(MBC・朝鮮語)

 あと韓国メディアからも「日本が退くべきだし、アメリカは仲介をすべきだ」という意見がいまだに出ています。

【社説】韓日、GSOMIA生かし破局的チキンゲーム終わらせよ(中央日報)
米国の公正な仲裁も切実だ。国務省とペンタゴンの首脳が総出動して韓国を圧迫したのに対し、日本は一方的にかばう姿を見せた。日本がこうした米国を背に高姿勢に出ているので韓国も妥協する名分を見つけられず強硬策を固守することになったのではないのか。韓国の態度が変わるには日本も態度を変えなければならない。それを引き出すことができ、引き出さなければならない国は米国だ。やるべきことをすることを望む。
(引用ここまで)

 まだそんな奇跡が起きて韓国がアメリカ側に居続けることができる、なーんてことが起きると思っているんでしょうかね。
 日本もアメリカも判断が間違いであることを指摘し、GSOMIAに復帰するのがもっともいい道だと言うことはできますが、強制することはできない。
 韓国政府が言うところの「国益を優先してやったこと」なのですから。
 GSOMIA破棄は100%韓国の都合で言い出したことなので、韓国だけがその責任を負うべきなのですよ。

 ……GSOMIA破棄でアメリカが仲裁に動かず、日本があっさりと受け入れたらどうするのだ、という観点に立ってのプランBとかなかったんだろうな、これ。
 キム・ヒョンジョン国家安保室第2次長あたりが「GSOMIA破棄は最高の外交カードなのだ!」と思いこんで、なにもかも解決できるつもりだったのでしょう。
 そうとでも考えないと踏み切ったことが理解できません。

 22日いっぱいのGSOMIA終了まであと4日間。
 もう一波乱くらいはありそうな雰囲気ですが。

プレミア12の日韓戦でも旭日旗が登場……こうして既成事実を積み重ねていくのはよい作戦です

カテゴリ:野球 コメント:(98)
プレミア12韓日戦で旭日旗登場…KBO「正式に問題提起」(中央日報)
米教授「旭日旗への不満は韓国だけでない、IOCが東京五輪での使用禁止を」(中央日報)
KBOは「この問題と関連しWBSCに正式に問題を提起した。WBSCからは『現在紛争状況でなく、IOCでも禁止していない事項で制限することはできない』と説明された」と伝えた。KBOは韓国の国民感情などと関連して説明し、WBSCにこれと関連した問題が発生しないよう配慮してほしいという内容を日本野球機構(NPB)側に伝えることを要請した。KBOによると、WBSCは「NPBと放送局側に問題の素地になるような映像が映らないよう最大限協力を要請したい」と答えた。
(引用ここまで)

韓日間の歴史を研究してきた米国教授が、来年の東京オリンピック(五輪)での旭日旗使用を国際オリンピック委員会(IOC)が必ず禁止すべきだとし、英日刊紙ガーディアンに寄稿した。 (中略)

アレクシス・ダデン米コネチカット大歴史学科教授は1日(現地時間)、ガーディアンに「恐怖の歴史を帯びた日本の旭日旗は東京五輪で必ず禁止されるべき」と題したコラムを寄稿した。
(引用ここまで)


 下の記事の教授が云々という話については「アレクシス・ダデン教授」という時点で終了。
 一応、外務省はガーディアン紙に対して反論記事を掲載したとの事です。

日本外務省「旭日旗は軍国主義の象徴でない伝統文化」…英ガーディアン紙に寄稿(中央日報)

 反論が掲載されるのはよいことです。
 欧米ではこうして反論しなければ相手の言い分を認めたことになりますから。

 さて、プレミア12でも旭日旗が掲げられた、あるいは旭日旗Tシャツをつけて応援していた人がいたとのことですが。
 統括団体であるWBSC(世界野球ソフトボール連盟)からは問題なし、との対応。
 上位団体であるIOCが禁止したというわけでもなく、日韓が紛争状態にあるというわけでもなく。
 制限できる根拠がないのですよね。

 けっきょく「我々の『お気持ち』を認めろ」という言いかたしかできないのですよ。
 以前から楽韓Webでは「禁止したいんだったら公的に申請してみればいいのに」という話をしていましたが、実際にSBSがIOCに対して公式書簡で見解を訊ねたのですよね。
 で、IOCは回答として「政治目的で使われなければ問題ない」という見解を披露してしまった。
 もうこれで公式見解が決まってしまい、韓国の「お気持ち作戦」は通用しなくなったというわけです。

 むしろ、韓国に「お気持ち」だけで戦われるほうが日本には不利だったのです。
 ポリコレ棒は公式のものではないほうがより使いやすいツールですから。
 これまで旭日旗に対して噛みついてきた韓国人に対して、これといった反論ができずにいましたが。
 IOCの正式な回答が出てしまっている以上、それに従うのが当然というわけです。

 日本としてはこうして開城への持ち込みを繰り返して既成事実化させる必要があるでしょうね。
 持ち込みを繰り返し、なんの問題も生じなかった。韓国の抗議以外にはなにも出てこなかった、という事実を周知させるべきなのです。

アメリカの元軍人、政府高官、専門家ら20人中19人が「GSOMIA破棄に反対」……「自滅行為」「説明が理解できない」「アメリカにまで害が及ぶミス」と非難の嵐

米専門家20人中19人がGSOMIA破棄反対「米国がなぜ韓国を防衛すべきか疑問呼ぶ」(朝鮮日報)
 米国の元高官や軍人、専門家20人を対象にアンケート調査をした結果、19人が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄に反対したと米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が15日(現地時間)、報道した。 (中略)

 外交的修辞語を使わない専門家グループの反応は一層冷たかった。ランド研究所のブルース・ベネット上級研究員は「自分の足の甲を突き刺す行為」と、スタンフォード大学の研究者ダニエル・スナイダー氏は「韓国自身の安保利益に反する自滅的行為」と表現した。韓国政府のGSOMIA破棄決定と説明が理解できないという反応も多かった。青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長が11日、「GSOMIAは韓米同盟と全く関連がない」と発言したことについて、米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン副理事長は「私が知ってワシントンの政策関係者の中で、韓国のGSOMIA破棄を米国にとって大した問題ではないと考えている人物は事実上、誰もいない。ワシントンでは核心事案だと見ている」と述べた。

 ヘリテージ財団のブルース・クリングナー上級研究員はGSOMIA破棄決定を「歴史という祭壇の上で韓国の安全と米国の防衛公約を無駄に犠牲にすること」と言った。アトランティック・カウンシルのロバート・マニング上級研究員も「同盟の効率性を落として米国にまで害を被らせる深刻で偏狭なミス」と評した。

 北東アジアの専門家であるゴードン・チャン弁護士は「韓国が自国の防衛に興味がないなら、米国はなぜ韓国を守る必要があるのか、当然疑問を提起する可能性がある」と語った。ジョン・ペッパー米外交政策フォーカス所長も「米国が域内の主要同盟諸国が仲良くするよう説得することができないなら、米軍の影響力や米軍の存在理由が小さくなっているという傍証だ」と言った。

 米海軍分析センターのケン・ゴース敵性国分析局長は回答者の中で唯一、GSOMIA破棄は理解するに値し、安保上、大きな問題はないと述べた。同局長は「GSOMIA破棄で韓米同盟が損なわれるとは懸念していない」と語った。
(引用ここまで)

 うーむ、VoAのニュースサイトにもYouTubeチャンネルにも当該のニュースが見つかりませんでした。
 まあ、さすがにこれが捏造とは考えにくいか。

 韓国のGSOMIA破棄について、元高官・専門家がアンケートに回答。
 20人中19人までがGSOMIA破棄に反対との結果となりました。

 特にシンクタンク所属である専門家グループの声は辛辣そのもの。
 以前にも「GSOMIA破棄は韓国が腹立ち紛れに自害したようなもの」というコメントがありましたが、それに比肩するようなものばかりですね。
 最後のひとりだけは「どうってことない」って回答でしたが、どこまでも韓国を擁護するキムチハガーとでも呼ぶべき存在がいるのだなぁ……ということが分かりますかね。
 でもまあ、おおよその専門家、元高官が圧倒的にGSOMIA破棄を非難しています。

 これをきっかけにして東アジアの時代が動く可能性がある、と書きましたが。
 韓国のGSOMIA破棄はアメリカにしてみれば中露への利敵行為そのものなのですよ。
 別に専門家がこうしてコメントするまでもなく、一介の韓国ウォッチャーのレベルだって「GSOMIAを破棄したらアメリカはこうリアクションする」って理解できるレベル。

 将来的には完全な同盟破棄もあり得ますが、現状は韓国軍自体がアメリカ軍と組むことを前提に組織されている。
 おまけに装備品はアメリカからの輸入品ばかり。「独自製造する」つもりの次期戦闘機だってエンジンからしてアメリカ製。
 F-35Aもまだ30機以上が納入予定ですし、新規取得予定のイージス艦のシステムももちろんアメリカ製。
 なのに「GSOMIA破棄」と言う行動は、徐々に関係性を薄くして……というようなやりかたではないですからね。
 完全にぶっ千切りを前提とした動きなのです。
 かといって中国にそのまま寝返るというわけでもない。受け入れられもしないでしょうし。

 だからこそ「現状では100回機会があっても100回延長しかない」という話だったのですが。
 日本がからむと純粋に政治的判断ができなくなるというのも困りものだな……。

反日種族主義 日韓危機の根源 (文春e-book)
李 栄薫・編著
文藝春秋
2019/11/14

韓国経済:10大財閥、前年同期比の営業利益がマイナス75%に……ハゲタカすら「食べられるところがない」と韓国市場から逃避

カテゴリ:経済 コメント:(96)
第3四半期の10大グループの営業利益75%減...現代車だけ増加(YTN・朝鮮語)
世界の景気低迷の直撃に韓国企業が直面している。

大企業集団の専門データサービス「インフォビックス」が10大グループの金融会社を除く上場企業90社の第3四半期報告書を分析した結果、これらの第3四半期の営業利益は6兆1623億ウォンで、昨年の同期間に比べて75.6%減少しました。

昨年第3四半期にはサムスン電子の営業利益が13兆9127億ウォンを記録したが、今年第3四半期には10代のグループ上場企業の営業利益をすべて合わせても、その半分にも満たないのです。 今年の初めから第3四半期までの累積営業利益も27兆4千600億ウォンで、昨年の同期間に比べて61.3%減少しました。
(引用ここまで)


 現在の韓国に置ける「10大グループ」はこんなとこ。後ろの数字は前年同期比の営業利益増減率。

サムスン -79.1%
ヒュンダイ自 +476.4%
SK -87.4%
LG -99.1%
ロッテ -34.9%
現代重工 -37.5%
ハンファ -49.3%
GS -10.3%
韓進 -69.6%
新世界 -18.3%

 順不同ですがおおよその規模順位になっているはず。
 ここ何年か上位5グループはほぼ不動ですけども、後半は割と入れ替わったりしますね。
 さて、この10大財閥に所属する上場企業の第3四半期における営業利益が前年同期比で75%減少とのこと。
 LGグループはLGディスプレーの赤字転落をはじめとして99%の減益。
 SKグループのメイン企業であるSKハイニックスが93%減益。
 10大グループ中、前年同期比で利益増となったのはヒュンダイ自動車のみ。
 1-9月での増益で見てもヒュンダイ自と現代重工のみ。

 最大の原因は半導体不振。
 もう目も当てられないとはこのことで。
 特にもうSKグループは去年、一昨年はなんだったのかっていうくらいのしょぼくれかた。
 それでもサムスン電子は設備投資しているようなので、来年には芽があると見ているようですが。
 ただ、半導体以外の産業も成長を忘れたかのような数字が出ています。

 先日、中央日報に「韓国経済にはもう食えるものがない」というコラムが掲載されていました。

【コラム】市場の復讐…「韓国経済にはもう食えるものがない」(中央日報)

 ハゲタカと呼ばれる金融機関が韓国から逃げ出している。その理由が「資本を食い逃げ」どころか「もう韓国には食べられるものがない」状況だからと話している、というコラム。
 デフレ寸前の状況になりつつあるというのは「経済の流れが沈滞している」証拠。
 そして、それを招いたムン・ジェイン政権は最低でもあと2年半は続いてしまう。
 ……いまのうちに逃げ出すのが吉、ということですね。

 今回の四半期決算の数字はそれを如実に現している……ということです。
 ハゲタカどころか、産業全体が逃げ出すような自体にならなければよいですね。

ムン・ジェイン「ちょっとでいいからGSOMIA延長の名分になるものを!」と叫んでいた → 安倍総理「日韓請求権協定を守ってほしい」と2回も繰り返す塩対応

文大統領、GSOMIA終了の意向示す…エスパー長官「日本にも解決を要請」(ハンギョレ)
大統領府関係者は「エスパー長官が日本にも韓日関係を改善するため積極的に努力することを求めると述べた」とし、「米国が仲裁者として新しい案を出すわけではない」と説明した。韓米は互いの立場の相違を確認したものの、23日0時にGSOMIAの終了前まで問題を解決するための努力を続けていくことで共感したものと見られる。大統領府関係者は、「まだ(GSOMIAの終了まで)数日残っている。完全に終了が決まったかのように見るのは正しくないと思う」とし、「日本の立場に変化があることを期待する」と述べた。
(引用ここまで・太字引用者)

 ハンギョレの記事は他メディアのものよりも冗長なことが多いのですが、そのおかげもあって稀に「おや?」って思えるような描写があるのですね。
 ムン・ジェイン大統領とエスパー国防長官との会談が報告された中で、この「まだGSOMIA破棄で決定したわけではない」という大統領府関係者の話にちょっと引っかかりを覚えてました。

 で、その直後にこのニュースが出てきまして。

日本、韓国への液体フッ化水素の輸出を許可-聯合(ブルームバーグ)
 日本政府は韓国向け液体フッ化水素の輸出を、対韓輸出管理の厳格化後初めて承認した。韓国の聯合ニュースが業界関係者からの情報として報じた。

 それによると、ステラケミファが韓国向け輸出許可の通知を受けた。液体フッ化水素は、対韓輸出管理厳格化の対象の一つ。
(引用ここまで)

 ステラケミファがフッ化水素の輸出許可を受けた、という話。
 日本のメディアで報じているところはまだありません。ブルームバーグのそれも韓国の聯合ニュースがそのように伝えているという伝聞。
 単純に書類が通ったというだけの話だとは思います。
 かねてから輸出管理強化であって輸出禁止ではないと解説してきましたが、それが証明された形になりますかね。

 ちなみに韓国のポータルサイトであるNAVERニュースでは、当該のニュース記事がジャンル別でトップPVを記録するほどに見られています。

日本、液体フッ化水素まで輸出許可……安倍はなぜ心変わりしたのか(SBS・朝鮮語)

 コメント数も300オーバーとそこそこのリアクション。
 ただ、こういった話を日本側メディアが一切掴んでいなかったなんてことありえるんですかね……。
 さて、そこにもうひとつ記事を重ねてみましょうか。

韓国・文在寅政権が陥った悲劇「ネロナンブル=独善主義」の自縄自縛(現代ビジネス)
韓国政府は従来、「日本が輸出管理規制措置の強化を撤回すれば、GSOMIA延長も考えられる」という立場だった。だが、日本政府は全く応じる姿勢を見せなかった。同時に、米国は「GSOMIAは日韓関係ではなく、北東アジアの安全保障問題」として、韓国に延長を強く迫っていた。

ただ、日本から何の譲歩も得られずに延長に応じれば、破棄を決めた文政権の責任問題に発展し、来年4月の韓国総選挙にも悪影響を与えかねない。

八方ふさがりの文政権が考えたのが、「延長するための名分づくり」であり、それが、文氏が11月4日に安倍氏に提案した「高官級協議」だったという。

韓国側はこの協議を、日韓両首脳に直結する人物で次官級以上と想定していた。そこで徴用工判決や輸出措置など全ての日韓間の懸案を協議する考えだった。協議が始まれば、「日本は輸出措置を撤回する考えがある」と韓国内に説明し、「自分たちは大局的な見地に立ち、まず、GSOMIAを延長する」と発表する手順を整えていたという。
(引用ここまで)

 朝日新聞の牧野愛博氏によるコラム。
 ムン・ジェインとの対話で確かに「高官級協議」云々というのはありましたね。
 牧野氏曰く、韓国側としてはそれがシグナルだったそうですよ……分かりにくっ。
 光復節演説の内容を事前に日本側に伝えていたのがシグナルだ、なんてことも言ってましたが……それ本当にシグナルとして伝わってる?

 ただなぁ……。
 もう日本側には韓国政府のいうことを信じる動機がなにもないのですよ。
 慰安婦合意の(実質的な)破棄、火器管制レーダー照射事件の際の不誠実な対応、徴用工裁判の判決が出た後に日本政府の呼びかけに一切応えない等々。
 遡れば河野談話に伴う密約破り、軍艦島の世界遺産登録への反対運動等も同じ。
 そういったことが積み重なったからこそ、日本は「韓国は信用のおける国家ではない」として旧ホワイト国から除外し、輸出管理を 強化せざるを得なかったわけです。
 引用していませんが「高官級協議を」というムン・ジェインの呼びかけに対して、安倍総理は3分しかない中で2回も「日韓請求権協定を遵守してほしい」と言ったそうですわ。
 まあ……そうなるよな。ナイス塩対応。

 「GSOMIA交渉はまだ終わったわけではない」との大統領府関係者の話。
 フッ化水素の輸出許可。
 韓国はわずかなものでもいいので名分を欲しがっている、という証言。

 3点セットと見ることができるような、できないような……。
 韓国側が勝手に「フッ化水素が輸入できたのでGSOMIA延長」とする分には構わないというべきか。
 まだまだ残り数日間で一波乱二波乱ありそうですね。