相互RSS募集中です

ムン・ジェイン「ちょっとでいいからGSOMIA延長の名分になるものを!」と叫んでいた → 安倍総理「日韓請求権協定を守ってほしい」と2回も繰り返す塩対応

文大統領、GSOMIA終了の意向示す…エスパー長官「日本にも解決を要請」(ハンギョレ)
大統領府関係者は「エスパー長官が日本にも韓日関係を改善するため積極的に努力することを求めると述べた」とし、「米国が仲裁者として新しい案を出すわけではない」と説明した。韓米は互いの立場の相違を確認したものの、23日0時にGSOMIAの終了前まで問題を解決するための努力を続けていくことで共感したものと見られる。大統領府関係者は、「まだ(GSOMIAの終了まで)数日残っている。完全に終了が決まったかのように見るのは正しくないと思う」とし、「日本の立場に変化があることを期待する」と述べた。
(引用ここまで・太字引用者)

 ハンギョレの記事は他メディアのものよりも冗長なことが多いのですが、そのおかげもあって稀に「おや?」って思えるような描写があるのですね。
 ムン・ジェイン大統領とエスパー国防長官との会談が報告された中で、この「まだGSOMIA破棄で決定したわけではない」という大統領府関係者の話にちょっと引っかかりを覚えてました。

 で、その直後にこのニュースが出てきまして。

日本、韓国への液体フッ化水素の輸出を許可-聯合(ブルームバーグ)
 日本政府は韓国向け液体フッ化水素の輸出を、対韓輸出管理の厳格化後初めて承認した。韓国の聯合ニュースが業界関係者からの情報として報じた。

 それによると、ステラケミファが韓国向け輸出許可の通知を受けた。液体フッ化水素は、対韓輸出管理厳格化の対象の一つ。
(引用ここまで)

 ステラケミファがフッ化水素の輸出許可を受けた、という話。
 日本のメディアで報じているところはまだありません。ブルームバーグのそれも韓国の聯合ニュースがそのように伝えているという伝聞。
 単純に書類が通ったというだけの話だとは思います。
 かねてから輸出管理強化であって輸出禁止ではないと解説してきましたが、それが証明された形になりますかね。

 ちなみに韓国のポータルサイトであるNAVERニュースでは、当該のニュース記事がジャンル別でトップPVを記録するほどに見られています。

日本、液体フッ化水素まで輸出許可……安倍はなぜ心変わりしたのか(SBS・朝鮮語)

 コメント数も300オーバーとそこそこのリアクション。
 ただ、こういった話を日本側メディアが一切掴んでいなかったなんてことありえるんですかね……。
 さて、そこにもうひとつ記事を重ねてみましょうか。

韓国・文在寅政権が陥った悲劇「ネロナンブル=独善主義」の自縄自縛(現代ビジネス)
韓国政府は従来、「日本が輸出管理規制措置の強化を撤回すれば、GSOMIA延長も考えられる」という立場だった。だが、日本政府は全く応じる姿勢を見せなかった。同時に、米国は「GSOMIAは日韓関係ではなく、北東アジアの安全保障問題」として、韓国に延長を強く迫っていた。

ただ、日本から何の譲歩も得られずに延長に応じれば、破棄を決めた文政権の責任問題に発展し、来年4月の韓国総選挙にも悪影響を与えかねない。

八方ふさがりの文政権が考えたのが、「延長するための名分づくり」であり、それが、文氏が11月4日に安倍氏に提案した「高官級協議」だったという。

韓国側はこの協議を、日韓両首脳に直結する人物で次官級以上と想定していた。そこで徴用工判決や輸出措置など全ての日韓間の懸案を協議する考えだった。協議が始まれば、「日本は輸出措置を撤回する考えがある」と韓国内に説明し、「自分たちは大局的な見地に立ち、まず、GSOMIAを延長する」と発表する手順を整えていたという。
(引用ここまで)

 朝日新聞の牧野愛博氏によるコラム。
 ムン・ジェインとの対話で確かに「高官級協議」云々というのはありましたね。
 牧野氏曰く、韓国側としてはそれがシグナルだったそうですよ……分かりにくっ。
 光復節演説の内容を事前に日本側に伝えていたのがシグナルだ、なんてことも言ってましたが……それ本当にシグナルとして伝わってる?

 ただなぁ……。
 もう日本側には韓国政府のいうことを信じる動機がなにもないのですよ。
 慰安婦合意の(実質的な)破棄、火器管制レーダー照射事件の際の不誠実な対応、徴用工裁判の判決が出た後に日本政府の呼びかけに一切応えない等々。
 遡れば河野談話に伴う密約破り、軍艦島の世界遺産登録への反対運動等も同じ。
 そういったことが積み重なったからこそ、日本は「韓国は信用のおける国家ではない」として旧ホワイト国から除外し、輸出管理を 強化せざるを得なかったわけです。
 引用していませんが「高官級協議を」というムン・ジェインの呼びかけに対して、安倍総理は3分しかない中で2回も「日韓請求権協定を遵守してほしい」と言ったそうですわ。
 まあ……そうなるよな。ナイス塩対応。

 「GSOMIA交渉はまだ終わったわけではない」との大統領府関係者の話。
 フッ化水素の輸出許可。
 韓国はわずかなものでもいいので名分を欲しがっている、という証言。

 3点セットと見ることができるような、できないような……。
 韓国側が勝手に「フッ化水素が輸入できたのでGSOMIA延長」とする分には構わないというべきか。
 まだまだ残り数日間で一波乱二波乱ありそうですね。

日本政府「韓国がGSOMIA破棄しようとも輸出規制の撤回はしない」とアメリカに伝達

「日本政府、GSOMIAに連携した『韓国への輸出規制』撤回しない」……アメリカに立場伝達(聯合ニュース・朝鮮語)
【独自】対韓輸出管理 撤回せず…GSOMIA巡り 政府決定、米に伝達(読売新聞)
日本政府は、韓国が軍事情報保護協定(GSOMIA)延長の条件に掲げている輸出規制の撤回要求に応じないとの最終方針を定め、米国に通報したと読売新聞が17日報じした。

報道によると、日本政府は日韓外交当局間の協議と韓米間の協議の結果などをもとに、過去15日、韓国政府の要求と関連した対応方針を改めて検討し、既存の立場を維持することを決めた。 (中略)

読売は日本政府は韓国の要求と関連した対処方針を議論した今回の会議で「輸出規制とGSOMIAは別次元の問題」という立場を維持することを決定し、米国の理解も求めたと伝えた。

日本政府関係者は、読売新聞に対して「『輸出管理』は安全保障上の問題で、韓国が対応しなければならないこと」と述べた。
(引用ここまで)


 読売のほうへのリンクもしてありますが、有料記事でなにも見えないので中身の引用はなし。
 日本政府からアメリカ政府に対して「韓国への輸出管理強化を撤回するつもりはない」という通告が行われたとのこと。
 そもそもGSOMIA破棄への方策として、日本側がなんらかの政策変更を強いられるのであれば1年毎に同じことを繰り返す可能性があるということを以前から楽韓Webでも指摘していました。
 つきあいきれない、というのが実際のところですね。
 これで退くのであれば、そもそも輸出管理強化なんてやってないでしょうしね。

 で、エスパー国防長官がムン・ジェイン大統領との会談の際に「日本にも努力を求める」という発言をした、ということについてですが。
 いまだに韓国の大統領府報道官の言葉以外には確認できません。
 ただ、アメリカからの否定もないので、エスパー国防長官から似たような文言はあったのかもしれませんね。
 いつものように韓国側がひとつの言葉を拡大して扱っているだけではないかと思われます。

 ちょうど今月頭のスティルウェル国務次官補とユン・スング外交部次官補が会談した際にも同じような行き違いを見せていました
 それぞれが互いの言葉のどこにフレーミングするか、というだけの話。
 アメリカの基本方針は「アメリカは調停も仲介もしない」「日韓が対話で解決すべき」ですから。

楽韓-METALさん、本日の動向 - というわけでさいたまスーパーアリーナに行ってきたのだった

 というわけでさいたまスーパーアリーナ。体調は万全ではないもののなんとかなりました。直前まで「あー、どうしようかなー」みたいな調子ではあったのですが。
 席はアリーナ最後方。ハッピーモシュシュピットの前くらい。
 風邪で火曜日にあったLAST公演のディレイビュー見れなかったんですが、さいたまスーパーアリーナ見にいくんだったら行かなかったのもありかも。おそらくセトリは曲順以外ほとんど同じ。
 ヘドバンギャー!がないくらいか。
 しょっぱなから踊りっぱなし、歌いっぱなし。いつものようにMCなし。70分ちょい?
 BABYMETALのライブへの批判で「時間が短い」っていうのがあるんですが、あれ以上やったら身体爆裂四散するわ。観客も。
 DA DA DANCEは最初に聞いた時に「これはライブで化ける!」って感じてたのですが、想像以上でした。
 最後のテロップで幕張はアベンジャーズ全員+東西の神バンドでのライブになるって話が出てちょっと盛り上がってます。初日はチケット確保できてるんだけどなー。2日目どうしよう。
 なんとか最後までモッシュに入らずに自重できた。明日はシートなので落ち着いて見れます(予定)。
 ……いつかBMDがまた聞けるようになるんですかね。

 Kindleのブラックフライデーセールコミックもかなり96円均一の対象になっているのですが、よく分からないものが多い。一応、知っているものをピックアップしますか。

 オールドボーイ。韓国で映画になったあとにリメイク権でもめてましたね。原作の方が面白いと思います。
 すくらっぷ・ブック。これは懐かしい。
 キャラバン・キッド銀河戦国群雄伝ライ。これもだいぶ懐かしい。別冊サンデーとコミックコンプでしたっけ? 全巻96円均一。
 はぐれアイドル地獄変。2巻まで対象。リンク先が2巻なのはいろいろ事情があるからw
 今宵、妻が。これも2巻まで96円均一対象。

書影は無難なのにしておこう……。
オールドボーイ : 1 (アクションコミックス)
土屋ガロン / 嶺岸信明
双葉社
1997/5/28

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
新装版 英文法のトリセツ じっくり基礎編
阿川 イチロヲ
アルク
2019/7/8

韓国保守系メディア「米韓関係をここまで悪化させるとは……」「GSOMIAを延長しろ!」と恨み節……もう戻れないと思いますけどね?

カテゴリ:米韓関係 コメント:(147)
タグ: GSOMIA 米韓関係
【社説】GSOMIA延長して韓米同盟の正常化を=韓国(中央日報)
【社説】斧で自分の足を切る「GSOMIA敗着」(朝鮮日報)
米国防部長官と米統合参謀本部議長が同時に訪韓したのは、危機の韓米同盟を繕うための措置とみられる。今までソウルで開催される韓米定例安保協議(SCM)に長官と統合参謀本部議長が同時に出てきた事例はほとんどない。それだけ現状況を深刻に受け止めているということだ。 (中略)

同盟の危機は我々が自ら招いた面がある。GSOMIA破棄と政治的な時期に合わせた無理な戦作権早期転換の動きがなければ、分担金問題は我々が有利な立場で交渉できたはずだ。GSOMIAは韓日間の協定だが、中国を牽制する米国のインド太平洋戦略の基盤となる。韓国政府がGSOMIAを延長しなければ、米国はインド太平洋戦略に参加するという韓国の言葉を信頼しないだろう。韓米同盟の価値もそれだけ落ちる。エスパー米国防長官はSCM直後の記者会見で「GSOMIA終了で喜ぶのは中国と北朝鮮」とし「GSOMIAは戦時状況で米韓日が適時に情報を共有するうえで重要だ」と述べた。 (中略)

韓国政府が安保問題を徹底しないのは北朝鮮と中国を意識しているからだ。北朝鮮船員強制追放も同じだ。政府は調査も十分にせず急いで北朝鮮に送還した。このため国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が韓国政府の措置を調査することになった。青瓦台は、北朝鮮に拘束されて意識不明状態で解放された直後に死亡したオットー・ワームビアさんの親が要請した面談も断った。いま韓国政府は安保政策を立て直さなければいけない時だ。非核化の意志を見せず挑発を繰り返す北朝鮮に堂々とした態度で対応する必要がある。そして何よりも韓米同盟を立て直さなければならない。その試金石がGSOMIA終了の撤回だ。
(引用ここまで)

 今年8月に韓国大統領府がGSOMIA終了の決定を下すと、米国は予想以上に大きく反応した。「米国と調整した」という韓国大統領府の説明も米国は「うそ」と一蹴した。GSOMIAの終了期限(23日)が近づくと、米国は「韓国が終了を強行すれば、最も厳しいレベルで文在寅(ムン・ジェイン)政権を批判する声明を出す方針」とも伝えた。韓国軍による独島防衛訓練について米国務省が「プラスにならない」として問題視するという考えられない事態も起こった。このように韓米同盟において一度も経験したことのない出来事がわずか数カ月の間に次々と起こっている。GSOMIA破棄カードに日本はびくともせず、韓国と米国の信頼関係に傷がつくだけという信じられない事態を招いているのだ。 (中略)

手をつけられないほど波紋が広がると、破棄撤回の大義名分を探すため物乞いでもするかのように日本に対話を求めた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国際会議の会場で日本の安倍首相の手を取り、10分間ソファーに座らせ安保室長がその様子を撮影し「対話を行った」と宣伝した。しかし日本側からは逆に「韓国は事前の了解もなく写真を撮って公開した」という不満が出た。韓国国民が恥ずかしく感じるほどだった。「竹槍歌」(日清戦争の原因となった甲午農民戦争で東学党が歌った歌)を持ち出した人間たち(チョ・グク氏ら)はどこにいったのか、その姿は今や全く見えない。「斧で自分の足の甲を切る」ということわざはこのような時に使うものだ。 (中略)

米国は激怒しているが、韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長は「韓米同盟とは全く関係がない」と強弁している。彼らは一体何を期待しているのか。
(引用ここまで)


 中央日報と朝鮮日報という韓国の保守紙から呪いの言葉であるかのように「なんでこんなになるまで放置していたんだ」という嘆き。
 もう何度か書いているようにGSOMIAについては8月の状況であれば100回機会があっても100回延長しかあり得ません。
 ここで破棄の選択はタイミングが悪すぎます。
 欧州歴訪で北朝鮮への制裁解除を持ち出すなんてのもそうですが、機を見ることができない。
 外交は自分の都合だけで進むのではなく、先方の意向もあるということを理解していない。
 「活動家出身の政治家」としての限界かもしれませんが。

 このあたり、ノ・ムヒョンは割とよくやっていたんですけどね。
 徴用工について日本に賠償を求めるのは無理筋だって判断したり、米韓FTAを締結したり、アメリカに協力してイラク派兵を行ったりと現実がそれなりに見えていた部分があります。
 ムン・ジェインはそのすぐ下といっていい地位にあったのですから、もうちょっとやれるのではないかとも思っていたのですが。

 ま、それはともかく。
 GSOMIA破棄をきっかけにして時代が動く可能性があります。
 東アジアの軍事バランスの再編となり得るほどの動きが出る可能性がありますよ。  このタイミングで日本はファイブアイズに加入することになり、韓国はGSOMIAを破棄する。
 いくら「GSOMIAは破棄したけどもインド太平洋戦略には賛同します」とか言っても信じるわけにもいかないし。
 まあ、それ以前に信じてもらえることもないでしょう。
 韓国はしばらくは中国側に入れるわけでもなく、孤立する可能性が高いと見ていますが。
 このあたりはそのうち、きっちりまとめてエントリにしましょう。

China 2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」
マイケル ピルズベリー
日経BP
2015/9/3

「GSOMIA破棄はムン・ジェインの公約だから当然だ」という話をチェックしてみる → 結果……

 GSOMIA破棄について「ムン・ジェインは公約として掲げていたのだから当然だ」とするコメントが散見……というか多数見られます。
 どこからそんな話を拾ってきているのかは分かりませんが、まあとりあえず「GSOMIAについての公約」とされているものを見てみましょうか。
 去年8月の産経新聞の記事。

【激動・朝鮮半島】韓国が日本との軍事協定延長へ 文在寅政権「北の非核化に必要」と判断(産経新聞)
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨年の大統領選の公約で「有用性を検討後、延長するか否かを決定する」とし、見直す可能性も示唆していたが、昨年は延長を決めた。
(引用ここまで)

 この時もムン・ジェイン政権に対して北朝鮮から圧力が加えられていたので「破棄するのではないか」との見方もありましたが延長しています。
 多くの場所でこの「公約」が扱われています。
 ざっくりいっても「破棄する」という話はしていません。自動的な延長はしないし、即座に破棄するわけでもない。中立。

 「有用性がない」と判断されれば破棄される、というようにも思えますが。
 これまで2回延長しているので、有用性はあると判断されてきているのです。

 ムン・ジェイン大統領から直接、エスパー国防長官に対して「GSOMIAを延長しない」と宣言したこの期に及んでもチョン・ギョンドゥ国防部長官は「GSOMIAは安保上、重要だ」という認識を述べています。

協定維持の前提 日本の輸出規制強化撤回と韓国国防相(産経新聞)

 重要であることは認めるのだけども、日本の輸出規制強化撤回が必要だという話。
 有用である、とここでも認めているのに破棄するというのは、むしろ「公約」に反しているとすらいえますね。


 と、いうかですね。
 実はこの「GSOMIAについて有用性を検討後、延長するか否かを決定する」って話、そもそもムン・ジェインの公約集に載ってないのですよ。

ムン選管提出の10大公約で「THAAD配備の国会批准同意」抜けた(聯合ニュース・朝鮮語)
当初「韓日軍事秘密情報の保護協定(GSOMIA)は国益次元の効用を検討した後、再延長するかどうか決定」とされていたフレーズも削除された。
(引用ここまで)

 選管に提出した公約からはさまざまな「公約」が抜けているのです。
 保守派に対して一定の理解を見せるため、ともされていますが。

 もちろん、それ以前のメディアに配布していた公約集では前述の「GSOMIAについて有用性を検討後、延長するか否かを決定する」という話はしていたのです。
 ムン・ジェイン政権がGSOMIAを自動的に延長するわけでも破棄するわけでもないという中立な立場であるというのは確かですが。
 事実として「公約としてGSOMIA破棄を語っていた」ということはありません。

 楽韓Webでも「GSOMIA破棄がムン・ジェインの公約である」という話をしたことはないんじゃないかな。
 この直前での変節を知っていたからです。