相互RSS募集中です

韓国与党議員「キム・ジョンウンが嫌がっているから米韓合同軍事演習は延期すべきだ」と言い出す。なお、元正義連理事のユン・ミヒャンも参加

尹美香氏など韓国与党議員35人「韓米演習を延期せよ…金正恩総書記が反発する」(中央日報)
与党議員35人が25日声明を出して翌月に予定された韓米合同演習を延期するように促した。議員らは韓半島(朝鮮半島)の平和と金正恩(キム・ジョンウン)総書記が反発しているという点を理由にあげた。声明にはアン・ミンソク、尹美香(ユン・ミヒャン)、キム・ナムグクなど共に民主党議員とチェ・ガンウクなど開かれた民主党の議員が参加した。

議員らは「今は韓半島の平和のために新しい一歩を踏み出す時」として「この機会を逃がさないための戦略的な方法として韓米政府が韓米合同演習の延期を決断することを丁寧に訴える」とした。議員らは「わが国防部は従来に実施してきたように、防御的意味の連合指揮所の訓練だと説明しているが、北朝鮮は金正恩総書記まで直接出て強力に反発しており、さらに今年党大会では南北関係の『根本的問題』として前面に出している」と理由を説明した。

また「現在の韓半島情勢は南北間、米朝間相互不信の壁が非常に高く、一寸先も見えない」として「したがって、現時点で韓米合同演習は北朝鮮側の強硬対応を誘発し、極端な外交・安保的対立を起こす可能性がある」と主張した。
(引用ここまで)


 元正義連理事長で慰安婦ビジネスの元締めであるユン・ミヒャン議員をはじめとした与党議員35人が3月に予定されている米韓合同軍事演習に対して「中止せよ!」と言い出した、との話。
 その理由は「キム・ジョンウン総書記が反発しているから」だそうです。

 もとより挺対協、正義連は北朝鮮との関連が噂されている組織です。
 挺対協は金正日が亡くなった際に弔電を出したことでも知られていますし、ユン・ミヒャンの旦那は北朝鮮と通じているとして逮捕された経歴のある人物。
 実際、脱北者に面会して「北へ戻れ」と懐柔しようとしたとの証言もあります。
 まあ、正直なところ脱北者の証言というのは信じ切れないというのも実際ですけどね。
 なんでもかんでも切り売りしようとするからな、連中。

 まあ、そんなわけで正体をさらけ出したといったところです。
 トランプ政権下ではハノイでの決裂以降、「金の無駄だ」として米韓での合同軍事演習は中止されていました。
 北朝鮮から要請があったということもありますが、それに乗じてという感じでしたね。
 それがバイデン政権になってからは復活しようとしています。

 さて、この動きに対してムン・ジェイン大統領が出るか。
 「合同軍事演習やめたい」ってアメリカ側に言えるほどの胆力はあるのか。それともなにも考えずに「キム・ジョンウンが嫌がっている」の一点張りでやめるのか。
 ちょっと注目したいところではありますかね。

ムン・ジェイン大統領、4月の市長選を前に釜山を視察 → 「必ず国際空港を作れ!」と同行した国土大臣に厳命

ムン・ジェイン「国土部、加徳島への意志持て」国土部長官「反対したように見えたなら恐縮」(朝鮮日報・朝鮮語)
ムン・ジェイン大統領は25日、船に乗って釜山加徳島近隣の海上を視察して新空港の必要性を力説した。加徳島新空港建設に安全性・経済性などの問題を提起した国土交通省ビョン・チャンフム長官を伴って「意志を持ちなさい」「責任感を持ちなさい」「必ず実現させよう」と事業推進を促した。ビョン長官は「恐縮である」「最善を尽くしたい」とした。野党は「大統領が露骨に選挙運動をしている」とした。

ムン大統領はこの日、1年ぶりに釜山を訪れた。昨年2月4・15総選挙の二ヶ月前、釜山型雇用協約式」に出席したが、今回は4・7釜山市長補欠選挙を二ヶ月前に釜山を訪れた。この日の行事には、加徳島新空港建設関連部署である国土交通省と企画財政部、海洋水産部など4つの省庁長官が行われた。イ・ナギョン代表とキム・テニョン院内代表などが付いている民主党指導部と青瓦台参謀9人も同行した。(中略)

ムン大統領は船上での関連の報告を受けてビョン長官に「意志」と「責任」に言及して叱責性の発言もした。かつて国土部は加徳島新空港の代わりに金海空港を拡張する方向性でした。しかし、ムン大統領は「2030年以前に完成するようスピード感を持ってほしい」とし「国土部の意志を持たなければならない」と述べた。それとともに「事業の方向が変わったことに対する国土部実務の困惑を十分に理解している」と言いながらも「国土部が意志を持たなければ円滑な事業進行が容易ではない。責任ある姿勢を持たなければならない」とした。ムン大統領は「新空港予定地を目で見て東南圏メガシティ構想を聞いて胸が躍る。必ず実現させよう」とした。

これに対してビョン長官は「一部のマスコミで、国土部加徳新空港に反対したかのように映って恐縮である」とし「国土部の分析レポートは当初発議された加徳島新空港特別法案の内容の事前実現可能性調査の必要性を説明するために作成されたもの」とした。
(引用ここまで)


 さすがにこれは草生えるwww
 加徳島国際空港計画について以前に解説していますが、100%選挙マター。
 経済的にも立地的にも不適当であるという結論はすでに出ているのですが、与党である共に民主党は「経済的に妥当でなくても予備調査すら行わずに建設に着手できる法律」を作ってしまっている。
 4月にソウル市長選と釜山市長選が同時に行われますが、この加徳島国際空港計画はセクハラで辞任した前市長の問題や、もともと釜山が保守派の地盤であることを吹き飛ばすほどの公共事業となり得るのですね。

 で、それを裏付けるためにわざわざムン・ジェイン大統領が大臣を4人伴って釜山・加徳島に視察に行って。
 さらに国土部長官(大臣に相当)に「覚悟を持て」「責任感を持て」と恫喝のようにすら見える言葉を重ねている。
 で、国土部長官は「(空港建設に)反対したように見えたのなら恐縮です」って言っているっていう。

 茶番。
 まあ、実際にはこの発言は大臣に向けて言っているのではなくて、釜山市民に「共に民主党からの候補が当選すれば……分かっているな?」って話をしているのですけども。
 さらにわざわざ大統領府から「この訪問は選挙対策ではない」ってアナウンスしているっていう。

韓国大統領府「文大統領の釜山訪問は選挙と無関係」(聯合ニュース)

 中立義務を持つ大統領による地方選挙への介入だ、とする野党への批判に答えた形。
 沈黙の艦隊での「我が国は核兵器を所有していない」みたいなものですね。

韓国首相「北朝鮮はハノイでの決裂を残念に思い、対話の意思があるはずだ」……まだそれが言えるのすごいわ

韓国統一部長官「北朝鮮の鉄道制裁解除を…コロナ終息したら金剛山観光から」(中央日報)
北朝鮮へのコロナワクチン支援 「状況整うならためらわず」=韓国首相(聯合ニュース)
統一部の李仁栄(イ・インヨン)長官が北朝鮮に対する国連の公共インフラ分野の制裁を解除すべきで、南北の鉄道・道路協力などをその例として挙げた。また、新型コロナウイルス状況が緩和されれば金剛山(クムガンサン)個別訪問から再開できればとの考えを明らかにした。 (中略)

李長官は南北の鉄道・道路協力を例に挙げ、「保健医療協力と民生協力がある程度活性化すれば、いまは国連が制裁を適用している非商業用公共インフラ領域程度は制裁を解除することに国際社会が共感を形成したら良いだろう」とした。

また、金剛山観光問題についても、「団体観光ではなく個別訪問形態ならば人道主義に合致したり、制裁対象とは次元が異なる問題だろう。新型コロナウイルス状況が緩和されれば金剛山に対する個別訪問から再開できることを希望する」と付け加えた。
(引用ここまで)

韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は23日公開された英BBCテレビとのインタビューで、北朝鮮に対する新型コロナウイルスワクチン支援の可能性について、「状況が整うならためらう理由がない」としながらも、「保健医療の協力と人道的な支援はいつでも可能だが、現在は対話が進んでおらず、北がどう受け止めるか(わからない)」と述べた。

丁氏は、韓国の善意がまっすぐ受け止められる必要があるとし、「人道面と保健医療の協力、スポーツ交流から始めれば南北問題の解決に役立つ」との考えを示した。

 また、北朝鮮が米国と韓国、さらに日本との対話を再開する可能性があると言及した。北朝鮮は2019年にベトナム・ハノイでの米国との首脳会談が合意に至らなかったことを残念がっており、対話を続けるだろうとの見解を述べた。
(引用ここまで)


 統一部長官と首相からそれぞれ「南北鉄道接続したい」「新型コロナのワクチンを北に供与したい」「ハノイの決裂を残念がっており、対話を続けるだろう」との発言がありました。
 いや……すごい。

 ハノイの決裂直後には北朝鮮から「仲介者気取りをやめろ」って言われて。
 去年6月には「まだ分からないのか」とばかりに南北連絡事務所を爆破されて。
 怒りの表現のために必要以上の爆薬を使われた、なんていう話もありましたね。
 ちなみに爆破の前日にはムン・ジェイン大統領から「対話の窓を閉めないでほしい」っていう発言があったのでした。

 この2年、米朝間はおろか南北間でもまともに対話なんてありませんでした。
 韓国側からはしつこいくらいに対話を求めていたのですけどね。
 あったのはキム・ヨジョンからビラ散布禁止法を作るように命じられたことと、カン・ギョンファ外交部長官の更迭命令くらいなもの。

 それでも「北朝鮮は対話を続けるだろう」って言い放てて、「ワクチンを差し上げます」って言えるっていう。
 去年、製薬企業とまともに契約する以前の状態でも「ワクチンを北朝鮮に献上したい」って言っていたんで、筋金入りですけどね。
 ムン・ジェイン政権はまだまだ南北対話、南北協力に希望があるのだなぁ……。
 ブリンケン国務長官が対北強硬派である以上、ムン・ジェイン政権が望むような方向になるとは思えないのですけどね。

韓国で進む世界最速の少子化、専門家「このままではすぐにでも人口が5000万人を割りこむ」

韓経:韓国、225兆ウォン投じても惨事…「このままであれば13年後に最悪の状況が来る」(中央日報)
「予想はしたが、はるかに深刻だ」

24日韓国統計庁がまとめた「2020年出生・死亡統計」を見て専門家たちが出した評価だ。昨年出生率、出生数など指標が2019年統計庁が予想した数値よりも著しく低かったためだ。このような速度であれば総人口が4000万人台に減る時点も当初の予想(2044年)より10年程度早まる恐れがあるという。学齢人口の減少にともなう教師就職難の深化、労働力の高齢化による経済生産性の低下など「人口リスク」も大きくなるだろうという声が高まっている。 (中略)

国連によると、世界198カ国の中で出生率が1人にも及ばない国は韓国が唯一だ。韓国の出生率は197位であるプエルトリコ(1.2人)よりも低い。台湾も出生率が世界的に低い国だが、2018年1.06人から2019年1.2人に増えてて韓国よりは良好な方だ。 (中略)

専門家たちは人口がこのように早く減少すれば、消費の停滞、デフレーション、求人難など副作用が大きくなり、低成長が固定化するだろうと警告している。 (中略)

少子・高齢化は社会保険・国家財政にも大きい脅威になる。社会保険料と税金を払う生産年齢人口は減る一方で、福祉の恩恵を受ける高齢者だけが急増すれば財政赤字が増えるためだ。政府は国民年金財政の場合、2041年赤字に転じ、2056年積立金が枯渇すると予想しているが、赤字転換、積立金減少の時点がこれより早まるだろうという見通しが広がっている。
(引用ここまで)


 昨日、2020年分の人口統計が発表されまして。
 韓国の合計特殊出生率は0.84となりました。予想されていた数字よりもさらに低い数字が出てきましたね。
 上半期は0.88でしたから、下半期には0.80ていどになっていたということです。
 ここ10年の合計特殊出生率の推移を記すとこんな感じ。
 ついでに北朝鮮と日本も併記しておきました。

    韓国 北朝鮮 日本
2020年 0.84   -    -
2019年 0.92 1.90 1.36
2018年 0.98 1.90 1.42
2017年 1.05 1.91 1.43
2016年 1.17 1.92 1.44
2015年 1.24 1.92 1.45
2014年 1.20 1.93 1.42
2013年 1.19 1.93 1.43
2012年 1.30 1.93 1.41
2011年 1.24 1.93 1.39

 いかんせん、減り方が急激すぎる。
 特に2017年以降、戦争でも起きたのっていうくらいの減りかたをしています。
 実際にはなにが起きたかっていうと、ムン・ジェイン政権になったのですけどね。
 これだけ急激な変化が起きると国家としての財政設計が破綻します。引用部分の最後に年金制度について破綻する可能性に言及がありますが。
 実際には「破綻するんだったらやめよう」とする人も多くなることでしょう。

 恐ろしいことに2015年からのわずか5年間で0.40ポイント減ってるっていう。
 少子化が叫ばれる日本の一昨年の数字が1.36ですが、1.76だったのは1985年のことです。
 30年とか40年かけて減るくらいの数字を5年で達成。
 一言でいえば異常事態。世界のどの国も体験したことがない現象に立ち会っているといえます。
 1.0以下になったのってソ連崩壊での東欧でのごく一部の国や、中国返還時の香港くらいですよ。そんな数字以下が日常なのですから。

 0.8台ですら前人未踏の数字で、さらにここから0.7台への道も見えてきている。
 ある意味で先進国すらぶっちぎっている。
 恐ろしい国ですわ。
 ちなみに男女性比(誕生時の男女差)によってさらにこれからの韓国(と中国)の少子化がひどいことになっていくという話も上半期の0.88人の時に書いてますので、そちらも読んでみてくださいな。

 アジアの人口動態についての名著。韓国への言及は少ないものの、読んでおくべき。

韓国・済州島に向かうアストラゼネカのワクチンが全量回収、「適正温度を外れた」ため

済州行きの初回ワクチン「全量回収」騒動…「移送中に適正温度を外れた」=韓国(中央日報)
韓国で1回目の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンを済州(チェジュ)に移送している途中、適正温度範囲を超えたため全量回収する騒動が起きた。

25日、疾病管理庁などによると、前日午後、済州道民に接種するワクチン3900回分が京畿道利川(キョンギ・イチョン)の物流センターから冷凍車を通じて出庫されたが、移送中に適正温度範囲を超えたため全量回収して別のものと取り替えて送った。

慶尚北道安東(キョンサンブクド・アンドン)のSKバイオサイエンス工場から24日出荷されたアストラゼネカ(AZ)社のワクチンは利川物流センターで小分けにされて全国の保健所と療養病院に移送中だ。

当初、済州行きワクチンは24日午後11時に木浦(モクポ)旅客船ターミナルに到着して25日午前1時ごろカーフェリーを利用して済州に到着する計画だった。だが、摂氏2~8度の常温で移されなければならないAZワクチンが利川郊外周辺を出るころ、車両内の輸送容器の温度が一時摂氏1.5度まで落ちて問題になった。
(引用ここまで)


 マイナス70〜80度での運搬が必要となるファイザーのmRNAワクチンや、マイナス20度での運搬が必要となるモデルナのmRNAワクチンと異なり、従来の技法で製造されているアストラゼネカのワクチンは2〜8度ていどの低温での運搬が可能というところが利点とされています。
 ファイザーのものもマイナス20度で2週間は大丈夫、ということになりそうですが。
 コールドチェーンが構築できない途上国ではアストラゼネカのワクチンが普及するのではないか、ともされていますね。

 で、韓国でまず導入されたアストラゼネカのワクチンは、韓国国内でSKバイオに製造委託されているもの。
 つまり、曝露のタイミングが最小となる国内輸送だけしかしていないのにこうなった……ということです。
 記事中にあるように「2〜8度での運搬」となっているところが、1.5度になったというだけなので問題はないはずですが。
 まあ、念には念を入れて……ということかな。

 ただ、韓国では以前にも常温曝露したインフルエンザワクチンが回収されたはずが、2000人以上に接種されていた(しかも無料接種のはずが一部は有料で)なんてことがありました。
 現状は細心の注意を払って「0.5度外れた」という報告も出ているのでしょうが、緩んだ時にどうなるか……ですね。
 韓国の現実は往々にして想像の斜め上を行くのです。