相互RSS募集中です

2019年03月

韓国メディア「明仁天皇は韓国に特別な感情を抱いていた! 絶対にそう!!」……ちゃんと足跡を辿ればそんな話にはならないのが分かるだろうに……

太平洋戦争の被害国めぐり「謝罪」した明仁天皇、訪韓は宿題のまま(朝鮮日報)
【社説】令和時代の幕開け、韓国は韓日関係リセットの転機に(中央日報)
 昨年8月、東京都内の日本武道館で行われた全国戦没者追悼式。安倍晋三首相は「明日を生きる世代のために、国の未来を切り拓いていく」と強調した。周辺国が受けた被害に対する謝罪はなかった。だが、続いて登場した明仁(平成)天皇は違った。「過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願う」と述べた。安倍首相は2012年に再び政権をとってから6年にわたり戦争責任に言及していないが、明仁天皇は4年連続で「深い反省」に言及した。

 1989年に55歳で即位した明仁天皇は、安倍内閣をはじめとする政界が「強大国・日本」の旗印の下に右傾化する中、周辺国に配慮する役割を果たしてきた。 (中略)

 明仁天皇は在任中、韓国との距離を縮めようと努力したとも評価されている。サッカーの韓日ワールドカップ共催決定で両国関係がピークだった2001年12月。明仁天皇は68歳の誕生日の記者会見で、「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じている」と驚きの発言をした。

 この発言は、韓国を訪問したいという意味だと解釈された。事実、当時は1998年の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相による韓日共同宣言後で、天皇訪韓を水面下で進めている時期だった。明仁天皇は2017年には高句麗とゆかりのある埼玉県の高麗(こま)神社を参拝した。

 明仁天皇はその後も引き続き韓国との関係に力を入れてきた。サイパン訪問時には韓国人慰霊塔に献花し、JR新大久保駅の線路に落ちた日本人を助けようとして命を落とした韓国人留学生・李秀賢(イ・スヒョン)さんを追悼する映画の試写会にも姿を見せた。明仁天皇はおそらく、自身の最後の任務として訪韓を念頭に置いていたかもしれないという見方が東京では絶えない。
(引用ここまで)

 平成が終わり、令和がはじまることで韓国から「日本になんらかの変化が訪れるのではないか」というようなコラム、社説が散見されます。
 そんな中で「明仁天皇は韓国に特別な気持ちを抱いていた」なんていう話も韓国では出ています。
 違うんだよなぁ……。
 陛下は日本の臣民であったところや激戦地であったところは遍く向かいたいと思われていた節があるのです。
 パラオのペリュリュー島訪問、サイパン訪問もその一環でしょう。
 そういった陛下の足跡をちゃんと見ていれば「韓国を特別なもの」としているかどうか、すぐ分かると思うのですが。
 まあ、韓国関連の発言等があったときしか見てないから分からないか……。

 事情が許せば韓国にも台湾にも訪問したかったと思いますよ。
 どちらも政治的な問題でできませんでしたけどね。
 台湾については与那国島を訪問された際に、日本の最西端の地を訪れてはるかな西をご覧になっていたという話がそれを証明していると思います。
 韓国については記事にもあるワールドカップ関連でゆかりを感じるという発言がありましたが、それに対して韓国が異常なくらいに興奮したなんてこともありましたっけね。
 あれは見ていて気味が悪かったのをよく覚えています。

 2012年のイ・ミョンバクの天皇謝罪要求発言の際に宮内庁関係者から「これで訪韓は100年遠のいた」という発言がありましたが、その通りでしょうね。
 ムン・ヒサンの度重なる謝罪要求発言で決定的になりましたわ。
 完全に天皇というものを政治利用する気満々の発言ですからね。
 そういった発言をしてしまった以上、日本政府はどんなことがあろうとも陛下を韓国に向かわせることができなくなったのですよ。
 以前にイ・ナギョン首相がブラジルで徳仁親王殿下に「ソウルでも東京でもお会いしたい」と下心満々で近づいてきた時にも書いたことですが。
 それが日本のためでもあるし、陛下のためでもある。そして、なにより韓国のためでもあるのですよ。

 ちなみにこのブラジルでのイ・ナギョン首相と皇太子殿下の会話は去年開催された水フォーラムの場でのもの。
 皇太子殿下は東日本大震災後を除いて水フォーラムに欠かさず参加されいたのですが、2015年の水フォーラムは欠席されています
 韓国で開催されたことと無関係であるとはとても思えませんね。
 まあ、あんなオチがあった場所に行かずに済んだのは僥倖というべきでしょうけども。

韓国人「釜山の労働者像をどこに置くか議論で決めよう」→わかる 会議の参加人数は100人だ → ……ええ?

労働者像の設置場所決める円卓会議開かれず 韓国・釜山(聯合ニュース)
韓国・釜山市の日本総領事館前に市民団体が強制徴用労働者を象徴する「労働者像」の設置を目指している問題で、像の設置場所を決める市民ら100人による円卓会議の推進代表団は29日、前日に予定されていた会議が取り消しになったと明らかにした。

 市議会で開かれる予定だった会議では像の設置場所を決める計画だったが、推進代表団内で100人のメンバー構成を巡り意見が分かれ、会議自体が開かれなかったようだ。 (中略)

 推進代表団は市議会のホームページなどに市民が寄せた労働者像の設置場所の候補地についての議論を経て、最終的な設置場所を決める方針だ。候補地としては日本総領事館近くの公園や国立日帝強制動員歴史館、釜山市民公園、釜山駅広場などが挙がっている。
(引用ここまで)

 釜山市が「強制徴用者労働者像」を撤去して、市民団体が釜山市役所に乱入して抗議、その後に撤去について釜山市長が土下座する勢いで謝罪したという経緯のあと、「市や区、団体を含めて設置する場所について決めよう」という話になっていたのですね。
 会議は28日に開催される予定だったのですが、開催自体が取りやめになりました。
 その原因が「会議に参加する100人の選定時点でもめて決まらなかったから」だそうで……。

 ……議論に100人参加とかバカじゃねえの。
 ……おっと、本音が。
 そんなの、まとまるまとまらない以前に参加する人数の割合をどうするかで紛糾するに決まってるだろうに。
 逆にそういった紛糾を狙っているなら有能。そういう外交手段はあり。
 紛糾させて設置場所の棚上げを狙うというのであれば、それを提案した人間はちょっと注目に値するかも知れない。

 ま、詳細が分からないのでただの内紛だとは思うのですけどね。
 なにしろ3人いれば派閥ができるといわれている韓国人社会ですから、100人いたらどうなることやら。
 それも共通の目標があるとかいうわけでもなく、自分たちの目指す場所にどれだけ引っ張れるかを議論するわけですから。
 ……無理だわ。
 最終的には韓国の国会と同じ紛争が生まれるだけ。
 まあ、会議が開かれなかったことこそが僥倖だと思うべきじゃないですかね。

 記事によると明日の1日まで協議を続けるとのことですが……まあ、決まらないだろうなぁ。

イナバ物置 ネクスタ NXN-40S スタンダード 一般型 フレンドリーホワイト
イナバ物置
2012/11/26

韓国経済:ムン・ジェイン「マイナス成長になったのは対外環境の悪化が原因。所得主導成長はやめない」と断言……ああ……そうですか

最悪のマイナス成長なのに……ムン大統領「韓国経済の基礎体力強固」(朝鮮日報)
ムン・ジェイン大統領が29日、韓国経済の基礎体力は強固であり、経済成長率も2四半期から徐々に回復して改善されるだろうと述べた。第1四半期の経済成長率が前期比マイナス0.3%と下がって10年ぶりの最悪を記録したことに対するムン大統領の初の公式反応だ。2017年第4四半期のマイナス0.2%に続き、この政権に入って二度目のマイナス成長を記録するなど、経済が日増しに悪化する状況で経済の現実とかけ離れた認識との指摘が出ている。ムン大統領は昨年、造船業の実績がやや上向いた際に「水入ったときに櫓を漕がなければならない」と述べ、過去19日にはやや攻城した生産・消費・投資指標を根拠に「国家経済が堅調な流れを維持している」とした。

ムン大統領はこの日午後、大統領府で首席・補佐官会議を主宰して「世界経済の減速など対外環境が予想より早く悪化し、対外依存度が高い韓国経済への脅威となっている」とし「このような中でも、私たちの経済の基礎体力は強いので、物価上昇率、失業率、外貨準備高など国の経済のマクロ指標は安定的に管理されており、経済成長率も第1四半期の不振を克服し、第2四半期から徐々に回復して改善するとの見通し」と述べた。マイナス成長は「悪い外部経済環境」のためであって、現政府の政策ミスによるものではないとの発言であると解釈できる。 (中略)

ムン大統領のこのような経済認識は、経済の悪化に対しても所得主導成長の政策基調を変更しないと明らかにしたものと思われる。これと関連し、ムン大統領と大統領府は、対外経済環境の悪化をマイナス成長の主な原因で挙げたが、マイナス成長は内部の原因がより大きかったという指摘が出ている。中国は第1四半期に6.4%(前年同期比)成長予想を上回る実績を出し、米国も3.2%(年率)の信頼できる成長率を見せた。韓国の前年同期比1四半期の成長率は1.8%であった。ほとんどの国が成長を維持する中でも、韓国だけの成長に急ブレーキがかかったことをめぐり、野党からは「ムン大統領が政策失敗を認めない限り、経済再生の解決策を見つけることは困難だろう」とした。
(引用ここまで)

 マイナス0.3%とここ10年で最悪となった第1四半期の成長率について、ようやくムン・ジェインが言及。
 「対外環境の悪化でマイナス成長となったものの、韓国経済の基礎体力は強固であり問題ない」との認識。
 ……よっしゃ(拳を握りしめて)。
 経済関連の閣僚からは同じような発言も出ていたし、こう言うだろうなとは予測していましたが。
 案の定。

 所得主導成長に問題があるとはミリほども考えておらず、原因は海外の成長率が下落したこと。
 たまたま悪い環境が重なってしまったので、たまたまマイナス成長になったのだ……と。
 いやー、今回の経済成長率発表で危機感を覚えてしまって政策転換とかされたらどうしようかと思っていましたわ。ま、あり得ない話ですけども。

 ムン・ジェイン政権の中では「経済政策は万全」であって、上下格差の縮小や不動産価格の下落などの目標は上手くいっている。
 最低賃金を上昇させたために、一時的に「好転反応」が出ているだけでなんの問題もないのですよ。
 彼らの中では。
 設定として。

 ……いやぁ、韓国は経済も外交も順調なことで。うらやましいことですなー(棒読み)。

楽韓さん、本日の動向 - 昨日のレッドカーペットネタはけっこうなバズり具合

 昨日のエントリはけっこうバズりました。
 韓国メディアが「安倍はトランプに『STOP』って言われた」って書いていることをそのまま思考停止で受け入れるか、実際にそんなことがあるのかどうか映像を見るなりなんなりして検証するかという違いですわな。

 アルスラーン戦記 11巻ワールドトリガー 20巻を予約。

アルスラーン戦記(11) (週刊少年マガジンコミックス)
田中芳樹
講談社
2019/5/9

 芳文社のまんがタイム系のコミックスセールもやってます。
 NEW GAME!とかおしかけツインテールあたりが対象タイトル。
おしかけツインテール 1巻 (まんがタイムコミックス)
高津ケイタ
芳文社
2016/3/7

 あと角川のセールで世界の終わりの世界録魔技科の剣士と召喚魔王も対象だったので一応ピックアップ。全巻対象。

魔技科の剣士と召喚魔王 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
孟倫(SDwing) / CHuN
KADOKAWA / メディアファクトリー
2014/9/22

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
タイムマシンのつくり方(広瀬正小説全集6) (集英社文庫)
広瀬正
集英社
2008/12/21

韓国メディアの「ムン・ジェインが日米韓において正しい外交をしていないから韓国の外交力が低下している」という勘違い

【コラム】ボルトン補佐官を相手にする交渉家の起用を=韓国(中央日報)
こうした変化を冷戦時代の南側三角vs北側三角の復活と解釈するのは皮相だ。韓日関係の悪化と米国官民の文在寅政権不信感で南側三角には名前ほどの実体がない。トランプ政権が触発した貿易葛藤で日中が密着している。安倍首相は賢い二股外交をする。日本軍国主義の象徴の旭日旗をつけた自衛隊護衛艦を青島、中国海軍観艦式に派遣し、自らは米国に行ってファーストレディの誕生日を祝い、トランプ大統領とのゴルフ会談で日米関係の健在を誇示する。

トランプ大統領も5月の天皇即位式と6月の大阪G20首脳会議出席のために日本を訪問する。この期間にトランプ大統領が韓国をパスし、G20首脳会議で韓日首脳会談が実現しなければ、韓国は韓半島(朝鮮半島)平和プロセスを推進する動力を失い、北東アジアで孤立する。韓国外交がガラパゴスのブラックホールに吸い込まれる状況だ。状況克服の第一歩は韓日関係の復元だ。日本は北朝鮮との関係改善に向けた水面下接触を休まない。韓日関係を崖っぷちに追い込んだ文大統領の状況認識に問題がある。
(引用ここまで)

 どうもうまいこと切り取りが難しいコラムで、引用部分が適当なものであるとは思えないのですが、まあとりあえず。
 全体の論調としては「本来であれば北朝鮮に振り回されることなく、日米韓の扇の要となることができるはずの韓国がムン・ジェインの外交認識の欠如によって立場的に追いこまれている」というような話となっています。
 日本は韓国を無視してアメリカ、中国と独自の外交を繰り広げている。
 アメリカも日本を重視して、5月6月と連続でトランプは訪日するのに韓国に来るという話は聞こえてこない。
 外交的プレスティージがあってこそ韓国の生きる道はあるはずだし、南北融和路線もそうして高い外交手腕があってこそ成り立つ。
 それなのに現状はそうなっていない。
 ムン・ジェイン政権はボルトンのような交渉家を起用しなければならない……というような話。

 このコラム自体も、そしてムン・ジェイン自身も韓国の外交的な位置を過大評価しているってことなのですよね。
 どちらも朝鮮半島事態は韓国なしに進まないはずだって考えている。
 コラムの著者は日米韓の枠組みの中で韓国が主体的に物事を進めてこそ北朝鮮に対応できると考えている。
 ムン・ジェインは韓国なしでは朝鮮半島事態は進まないので、日米は韓国に従うべきであると考えている。

 どっちも間違っているのです。
 韓国の力はあってもいいけど、なければないという前提で物事を進めることができるというていどのもの。

 実際問題としてハノイでの米朝首脳会談の決裂を韓国側は予測もしてなければ、事前にアメリからも可能性があることを知らせてもらうこともしていなかった
 それだけではない。
 決裂の可能性は事前調整の段階から見えていたにも関わらず、北朝鮮からも知らされることもなければ助言を求められることもなかった。
 ムン・ジェインは米朝首脳会談がはじまる前日には「3月1日に朝鮮半島における新たなレジームを主導的に準備する」とか言っていたくらいですし、大統領府の報道官は決裂が報道される10分前まで楽観的な見方を譲っていなかった。
 つまり、北朝鮮側からも必要とされていなかった。
 韓国は米朝の双方から必要とされていなかったのです。

 韓国が完全に無視される結果となったために「決裂は日本の暗躍が原因だ」みたいな支離滅裂な陰謀論まで出てきたのでしょうね。
 ムン・ジェインは決裂後になって「こうなったからこそ、韓国の役割も重要なのだ」とか言い出していますが、北朝鮮も含めてもう誰もそんなことは考えていない。
 安倍総理は日米首脳会談で1対1、及び少人数会合において北朝鮮の核問題について特に多く話したと語っていました。
 一方でムン・ジェインとトランプ大統領の1対1会談は2分間。
 これこそが「韓国外交の現状」であると思われます。

 そういう部分から目をそらすためにも「安倍はトランプにレッドカーペットで『STOP』って言われたんだ」みたいな報道をしなくちゃいけないってことなのだろうなぁ……。