相互RSS募集中です

2019年03月

ムン・ヒサンが日本に送ろうとしている特使をどうやって扱うべきか問題……名案があります

カテゴリ:日韓関係 コメント:(156)
あの“妄言”韓国議長が日本に降伏!? 今さら「特使派遣」を検討、G20前に日韓関係「破綻危機」に焦りか (ZAKZAK)
文喜相氏、「見指忘月」日本に水面下外交…最多当選議員・徐清源氏の派遣を検討(中央日報)
 韓国に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「G20で日韓首脳会談が開かれないことをめぐって、自分の発言も理由の一端であることが分かって焦ったのではないか。ただ、日韓関係のためではなく、文大統領との関係を考えてのことだろう。そもそも、特使候補として適当な人材も見当たらない。『日韓関係修復のため、努力したんだ』ということを見せたい、小狡さから出てきたのだろう」と解説する。

 麗澤大学の西岡力客員教授も「文議長が弁明をしようとしているとしか思えず、日本の国会議員は仲介するようなことをしてはならない。文議長が発言を取り消して謝罪をするまで、日本は『立法府として交流はできない』という姿勢を貫くべきだ」と話した。 (中略)

 前出の室谷氏は「日本から動く必要はない。基本的に韓国の謝罪を待つという姿勢でいい。韓国側の知識人らは『何があっても元に収まる』という見方をしているが、何もないまま元の日韓関係に戻るのは良くない。日本としては『激しく怒っている』という態度を示し続けるべきだ。米韓首脳会談でのトランプ氏の対応の仕方を見習うべきではないか」と話した。
(引用ここまで)

慰安婦賠償判決などで悪化の一途をたどっている韓日関係で和解の突破口を用意しようとする試みが国会で進められている。文議長がその中心にいる。文議長は与野党重鎮級の議員が日本を含めた海外の国々に「水面下外交を行うTF(タスクフォース、作業部会)」を推進している。

国会の李啓聖(イ・ゲソン)報道官は「韓日議員連盟次元で訪日を推進している。今、韓日関係が悪化して、議員連盟の関係も切れてしまっているため、今回の機会を通じて懸案に対する話を交わすことができるとみている」と説明した。 (中略)

このような報道に対して、李報道官は「特使という話を取り出す段階ではないようだ。議員が日本に行く時に議長に報告をして行くものだが、どのような考えを伝えるかはその時になってみなければならない」と述べた。 (中略)

文議長は「文化大国に成長した今、外交を強化するべきだが、これ以上政府にすべて預けておくことはできない」と趣旨を説明した。続いて「前回5党代表と米国朝野の活動を見ながら、日本外交が持つ強大な力の底力が議員の外交次元から発しているという事実、韓国も議員外交を強化しなければならないと考えた」と話した。
(引用ここまで)

 ムン・ヒサンが特使を派遣しようとしているのは、日韓関係の悪化のうち何割かが自分に責任があることを理解したからではないかという室谷氏の談。
 うーん、あれがそんなに殊勝な人物でしょうかね。
 中央日報の記事を見ると、日本だけでなくアメリカ、ロシア、中東、イギリス、アフリカ、ASEANに国会議員を特使を派遣しようとしているとのこと。
 日本には日韓議員連盟を通じて議員外交を行おうとしているとのことです。

 ただ、この特使を断る必要はないと思いますね。
 受け入れてかつ安倍総理も首相官邸で会談すればいいと思いますよ。
 ただし、ムン・ヒサンと同じ椅子に座らせるべきです。



 韓国の立場というものが日本においてどうあるのか、これくらい如実に語ってくれるものはないんじゃないでしょうか。
 2017年7月にやってきて「平昌にくる日本人が少なかったら東京オリンピックにはひとりの韓国人も行かせない」と豪語したチョン・セギュン国会議長(当時)が「安倍総理と同じ椅子を用意しろ」とこだわったとのことでしたから。
 逆にそれを利用してやるのがよいと思いますわ。

Powers of TENも見るべし。
とことん、イームズ! : ミッドセンチュリーを駆け抜けたチャールズ&レイの物語 (エイ文庫)
こんな家に住みたい編集部
エイ出版社
2002/11/20

韓国製の変形性関節症治療薬、申請とは異なる成分が混入されていた。それも腫瘍を引き起こす成分が……日本では田辺三菱製薬が契約後に契約取消を求めて訴訟中

インボッサ論議、「第2の黄禹錫」事態と呼ばれる(ノーカットニュース・朝鮮語)
国内初の遺伝子治療薬として市販許可を受けたインボッサ(変形性関節症の治療薬、コーロン生命科学)から許可当時とは異なる成分が発見されて波紋が広がっている。食品医薬品安全処からの許可時には人の軟骨細胞成分を利用したとしていたが、最近の検査では軟骨細胞ではなく「293細胞」(胎児腎臓由来細胞、GP2 293細胞)が利用されており、コーロン側が許可書類を故意または誤って虚偽作成したのか、それとも治療成分が許可の前後で変わったのか食薬処も本格的な調査に入った。調査の結果に基づいて今回の議論が「第2の黄禹錫事態」に広がる可能性も提起されている。 (中略)

インボッサは2つの液で構成された関節炎治療剤で、1液剤は人軟骨細胞が、2液剤は人軟骨細胞の再生を助ける因子であるTGF-β1を注入させて形質を変えた人軟骨細胞が入っている。

問題はTGF-β1を増殖させるためには、無限の増殖特性を持つ「293由来細胞」を利用するが、この293由来の細胞は腫瘍をよく起こす特性がある。そのためにコーロン側は293由来細胞で増殖されたTGF-β1を抽出した後に人の軟骨細胞に注入するが、この過程で薬剤に293細胞が混入している可能性に備えて、放射線を当てて293細胞を死滅させる。当初の計画通りに作成されたのであれば、インボッサからは293細胞は検出されてはいけないということだ。

ところが、今回のSTR検査の結果、軟骨細胞ではなく293由来細胞が発見された。コーロン側は「最初から」293細胞が使用された可能性が高いとの立場だ。ただ293細胞を軟骨細胞と間違えていただけだという主張だ。コーロンは「名札を変え取り付けただけ」という表現を使っている。

それと共に293細胞を使用したが、過去15年間の臨床と市販の過程で副作用がなかったということから「成分変更」の申請を進めている。名前が違うだけで同じ成分を用いて臨床試験を通過したために別の臨床試験を行う必要はないという立場だ。
(引用ここまで)

 韓国のコーロン生命科学社が韓国内で発売し、アメリカでも治験が進んでいた変形性膝関節症の症状改善薬インボッサ(Invossa)について、韓国国内で申請されていた成分とは異なる成分が混入されていたことが判明して問題になっています。
 それも腫瘍を引き起こす成分……要するに癌化する恐れの多い成分が入っていたと。
 このインボッサ、日本でも田辺三菱製薬が導入することで契約が進んでいました。

韓国コーロン生命科学の新薬「Invossa」、457億円で日本へ(中央日報)

 この契約が行われたのが2016年の11月。
 ところが田辺三菱製薬は2017年12月になって、突如として契約解消を申し出たのですね。
 契約解消について協議を行ってきたのですが決裂するに至り、去年4月には国際商業会議所国際仲裁裁判所に仲裁の申立を行っています。


Kolon Life Science社とのInvossa®ライセンス契約に関するお知らせ(田辺三菱製薬)
Kolon Life Science社とのライセンス契約に関する仲裁申立てのお知らせ(田辺三菱製薬)

 この件について、ざくっと日経バイオテクのサイトに載っていたのですが、詳細は会員制。

田辺が細胞医薬の契約解消を求めるワケ(日経バイオテク)

 日経バイオテクは国会図書館、および都立多摩図書館に所蔵されていてかつこの記事を見たのが17日だったので国会図書館は休館日。
 というわけで西国分寺の都立多摩図書館にまで行ってきてチェックしたのです。
 まあ、大した情報は載っていなくて田辺三菱製薬側から「思っていたよりもまずい状況になっている」という発言があった、というていどのものだったのですけどね。ホントに業界こぼれ話だったっていう。
 まあ、なんらかの手段で早期にこのことを知っていたのではないかとも思われますが、実際のところはなんとも。
 で、この遺伝子治療薬を製造した会社は「ラベルをミスっただけ。これまでの治験でも販売後にも副作用は出ていないからセーフ」と主張しているとのことですが、あっさりと販売中止に追い込まれました。

 そりゃそうだ……。
 さらに「実際の効能もいわれているほどではない」だの「関節再生能力もないのでは」というような声も出てきて「第2のファン・ウソク事件」とすら言われる状況に。
 ……やっぱり懲りてなかったのだなぁ。

【追記】
当初、タイトルを「韓国製リウマチ治療薬」としていましたが「変形性関節症」に変更しました。

国家を騙した科学者―「ES細胞」論文捏造事件の真相
李 成柱 / 〓 淵弘
牧野出版
2006/10

ムン・ジェイン、ベルギー国王を招いての晩餐会に韓国大企業トップがいるのを見つけて「なぜあいつらが来ている」と不快感を表明……ダメだこりゃ

韓国外交部また失態、ベルギー王女用の韓服を5年前のサイズで制作(朝鮮日報)
 当時、韓国大統領府(青瓦台)で行われた歓迎晩さん会には、韓国の経済団体・全国経済人連合会(全経連)の会長が出席した。現政権になって「積弊(積み重なった弊害)」と名指しされた全経連が初めて青瓦台に招待されたため「これでギクシャクした関係は終わるのではないか」との見方も示された。しかし全経連を招待したのは、ある意味「事故」だった。外交部の実務陣は招待リストに全経連を含めたが、担当者は青瓦台と全経連の不穏な関係を理解していなかったという。全経連が韓国-ベルギーのビジネスフォーラムの共同主催者だったため、当然のように晩さん会に招待し、青瓦台の儀典チームも特に問題視しなかったという。

 しかし、事前に報告を受けていなかった文大統領は晩さん会の会場で側近たちに「なぜ全経連が来ているのか」と不快感を示したという。同日、青瓦台の報道官は記者会見で「全経連の必要性が感じられない。企業との意思疎通は韓国経営者総協会(経総)などを通じて十分に行っている」とあえて強調したが、これは文大統領の不快感を反映したものだった。この「事件」では、青瓦台から外交部当局者への経緯調査があったという。

 一方、金正淑(キム・ジョンスク)夫人は「贈り物」の問題で外交部を叱責したという。金夫人はベルギーの王妃への贈り物として、幼い王女・王子の韓服(韓国の伝統衣装)を準備するよう指示した。青瓦台は、外交部が準備したベルギー国王家族の資料を基に韓服を仕立てた。しかし、外交部の資料は4-5年前のもので、年齢も当時のままだった。そのため出来上がった韓服は小さすぎて、王女・王子が到底着られないサイズだったという。
(引用ここまで)

 記事タイトルのベルギー王女・王子の韓国伝統衣装のサイズを把握できなかったというのも相当にひどい話。
 他国の情報をまともに精査できていないってことですから。
 外交儀礼云々以前にかなり状況としておかしい。
 情報を入手してそれを精査することができていない。
 王子王女の年齢を見れば、入手したサイズがふさわしいものであるかどうか分かるでしょうが、それすらやっていないということです。
 数字を検証することができていないのですよ。これは本当にまずい。

 でも、この記事でなによりやばいのは「なぜ全経連が来ているのか」っていうムン・ジェインのセリフだよなぁ……。
 全方位から「韓国の経済状況がまずい」というサイレンが鳴り響いている中、全経連(日本でいうところの経団連に相当する組織)会長が来たら不快感を露わにするっていう。
 それだけじゃなく、記者会見で「全経連の必要性が感じられない」とか報道官が言ってしまう。
 いつぞやムン・ジェインから「雇用創出は民間の仕事ではない」って号令が飛んだことがありましたが、そのときは「好意的に見れば『政府主導の政策で雇用状況を上向きにさせる』ってことじゃないかな」と解釈もしたのですが。
 ……本気でしたね。

 まともに経済政策を建て直そうとするなら大企業と向き合うことが必要なのですが、財閥を死ぬほど憎んでいるムン・ジェインにはそれができない。
 先日亡くなった韓進グループの会長であるチョ・ヤンホの死因の幾ばくかはムン・ジェインだと思いますわ。
 検察はチョ・ヤンホやその親族に対して多数の容疑に渡って逮捕状を請求しようとして、裁判所から「こんなんじゃ公判維持できないから無理」って言われて棄却ということを繰り返してきました。
 棄却されたとはいえ、ストレスは大変なものだったでしょうね。
 このままだとムン・ジェインの任期内にも韓国経済はとことんまで落ちこむことは間違いありません。
 来年あたりはメモリーが持ち直すのではないかといわれていますが、メモリーで儲けたところで半導体産業は大きな雇用を必要とする産業ではないので貢献度という意味合いでは自動車や造船の足下にも及ばない。
 ホントに日本に労働者が来るような事態だけは避けてほしいのですが……。全経連が共同主催した晩餐会にすら出席することを不快に感じて、それを公式に表明するっていうレベルじゃ無理だろうなぁ。

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書
山岡 道男 / 浅野忠克
株式会社アスペクト
2016/6/20

韓国で「アメリカが日本にF-35のソースコードまで供与する」というニュースが大きく報じられる理由とは?

米「F35機密、日本に開示」…世界最高ステルス機の共同開発視野に(中央日報)
日米両国が世界最高水準の最先端ステルス機の共同開発に向けた本格的な協議に入ったものとみられる。米国が日本の次世代戦闘機開発事業に参与するために、今まで一度も外国に開示したことのなかったF35ステルス機設計機密を日本側に開示する意向を明らかにしたと読売新聞が17日、報じた。

専門家の間では「日米同盟だから可能な破格的措置」という評価が出ている。現在のドナルド・トランプ政府と安倍晋三内閣間の蜜月関係も土台となったともみられている。国防大学のパク・ヨンジュン教授は「ドナルド・トランプ政府が日本を『インド太平洋戦略』の最も重要なパートナーとみなし、協力を強化する次元でこのような提案もあっただろう」と話した。

これに先立ち、日本は2035年から退役が始まるF-2戦闘機(日米共同開発、現在90機保有)の後続機の開発を宣言した。開発費だけで約2兆円と推算されている。 (中略)

同紙は日本政府関係者を引用して「米国はF35のエンジンなどの部品やミサイルを制御するために機体に組み込んだソフトウェアについての機密を解除する意向を示した」と伝えた。ソフトウェアの提供はソースコード、すなわち設計図を渡すという意味だ。F35の開発には9カ国が参加しているが、核心技術はすべて米国が独占している。

昨年7月にはロッキード・マーチンが現存する世界最高ステルス機「F-22」機にF35航電装備を搭載した新型戦闘機の共同開発を日本側に提案した。F-22戦闘機はすでに生産が終了しているだけに、共同開発を行う場合、世界最高性能のステルス機が誕生するといえる。これに対して一部では米国が国防費削減という観点から日本と次世代戦闘機の共同開発に乗り出しているのではないかという解釈もある。
(引用ここまで)

 実際には読売新聞のスクープなのですが、そちらは見出しすらも見れない完全会員用記事となっているので、こちらにて。
 以前に語られたロッキードマーチンが提案してきたというF-22にF-35のアビオニクスを搭載するというものですね。制空戦闘機としては最強になるだろうけど、本当にそんなことができるのかとされているアレ。
 今回はそのためにアメリカ側がF-35のソースコードを相当のところまで開示するという話。
 これは本気なのかもしれませんね。

 FSXの際にはアメリカからの「F-16を改造せよ」という圧力に屈しざるを得なかったのですが、それは当時の日本にはジェットエンジンを作る能力がなかったから。
 現在はXF-9という推力15トンという世界でもトップレベルのエンジンを試作できています。
 XF-9については最近面白い記事が上がっていたのでそちらも紹介しておきましょう。

ついに完成した世界最高水準の国産戦闘機用エンジン「XF9-1」- 日本のミリタリーテクノロジー 開発者インタビュー【前編】(BLOGOS)
「5.4.3.2.1…加速!」最大推力試験当日に奇跡は起きた - 国産戦闘機用エンジン「XF9-1」開発者インタビュー【後編】 (BLOGOS)

 そしてX-2でステルス技術も入手できていることを証明している。
 こういった要素技術を揃えることができてこそ「別にお前のところから買わなくてもいいんだよ」という態度を取ることができるのです。
 90式の主砲なんかもそうで、ラインメタル社のライセンス供与による製造なのですが自国生産もできることを示したためにライセンス料を値切ることができたとされています。
 実際に10式では国産に切り替わっていますね。

 アメリカとしても虎の子のF-22を出さざるを得ないと判断したのか、あるいはF-22の再生産を目論んでいるのか。
 後者っぽいですけどね。日本の協力も得ることができてF-2後継機を含めて数百機レベルで生産するのであればラインの再開も充分にできる。
 ただまぁ……F-22は最強の戦闘機ですがしょせんは20世紀に設計されたもの、ともいえる。おそらく相当なリニューアルを施されるでしょうけども。
 そのあたりに不安……というか不満要素がありますね。あと日本の航空機産業をどうするつもりなのか、という話でもある。

 で、これを韓国がかなり大きなイシューとして取り上げています。
 ピックアップしたのは中央日報の記事だけですが、NAVERニュースでF-22で検索しただけでも「日本にF-35のソースコード提供か?」というニュースが朝鮮日報、ソウル新聞、ニュース1、聯合ニュース等々から出ています。
 中央日報の韓国版記事はタイトルが「トランプ・安倍の蜜月のおかげ? アメリカ「F-35の設計機密を日本に供与する」と破格の提案」となっています。
 ムン・ジェインによって充分な亀裂を与えられつつある米韓関係の脆弱さが危惧されている一方で、日米首脳会談は4~6月まで3回行われるほどのものとなっています。
 韓国がF-35を導入してその要素を技術供与されるつもりでいたのにアメリカから拒絶された(実際にはもともと契約していなかったというオチ)一方で、日本にはF-35のソースコードまで供与するのではないかとの報道。
 まあ……気になっちゃいますよね。

航空自衛隊のF-35A墜落で下らない記事がいくつも出てますが、今世紀前半のベストセラー戦闘機となることは間違いありません。
F-35「超」入門: 何が得意で、何が不得意なのか
関賢太郎
パンダ・パブリッシング
2017/7/26

楽韓さん、本日の動向 - というわけでSeesaaブログに移籍しました

【PR】Amazon Music Unlimitedが90日間無料で使えるキャンペーン実施中

 というわけでお誘いをいただいたSeesaaブログさまに移転させていただきました。
 ライブドアブログにはなにか不満があったというわけでもないのですが。ちょっと移転、移動を考えているところに渡りに船、といった形でお誘いいただいたので。
 デザインについてはまだ試行錯誤中なので、要望があればこちらのエントリに書いておいてください。
 その際にはPC版、スマートフォン版を明記してもらえると助かります。

 KindleでKADOKAWA 実用 春のベストフェアが開催中。
 以前からオススメしているライフハック大全コミケ童話全集そしてドイツは理想を見失ったキミのお金はどこに消えるのかあたりが30~50%オフ。

いわゆるリフレ派の言い分はおおよそ理解できると思います。
キミのお金はどこに消えるのか (角川書店単行本)
井上 純一
KADOKAWA / 角川書店
2018/8/4

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講
ウィリアム・A・ ヴァンス
CCCメディアハウス
2011/4/11