相互RSS募集中です

2019年04月

韓国メディア「天皇に祝電も送ったし、日王とも書かなかった。これでG20で日韓首脳会談ができれば関係改善できるかも」……いや、ないでしょ。ない。

【コラム】文政権、韓日関係破綻すれば李明博元大統領のせいにするのか(中央日報)
韓日関係の破綻の最初の危機を何とか乗り越えた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が1日、即位した徳仁天皇に祝電を送り、退位した明仁天皇にも謝意を込めた書簡を送った。1998年の金大中(キム・デジュン)政権以降の慣例通り「日王」でなく「天皇」と明記して礼遇した。31年間の平成時代を終えて令和時代を迎えた日本を無視する状況にはならなかった。

友好国の新旧国王に祝電と書簡を送るのは基本的な礼儀だ。ところが、すんなりと出てきた決定ではなかった。外交部の建議を受けた青瓦台(チョンワデ、大統領府)は決定できずにいた。慰安婦合意不履行や徴用工賠償判決など過去の問題で最悪の状況を迎えている韓日関係を表す場面だ。この時、共に民主党の重鎮、金振杓(キム・ジンピョ)議員が動いた。盧英敏(ノ・ヨンミン)秘書室長、鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長、姜キ正(カン・キジョン)政務首席秘書官を説得し、大統領の決心を引き出した。

昨年10月の韓国最高裁の賠償判決で力を得た強制徴用被害者は令和時代が開かれた初日の5月1日、日本戦犯企業の国内資産の現金化手続きに着手した。日本はすでに現金化に対する全方向からの報復を予告した状態だった。こうした状況で韓国大統領が日本国民に絶対的な存在である天皇に祝電を送らなければどうなっていただろうか。日本としては祝うべき日に屈辱を受けたと見なしたはずだ。 (中略)

今からが問題だ。日本は韓国政府が最高裁の徴用工賠償判決以降の状況を放置するのは1965年の韓日協定を否定するものと見なしている。韓日協定で個人請求権が最終的かつ完全に解決したというのが日本の立場だ。6月28日に大阪G20(主要20カ国・地域)首脳会議を機に韓日首脳会談が開かれるには、韓国政府が徴用工問題の解決策を用意しなければいけない。

しかし政府の立場は「司法府の判断を尊重するしかない」というものだ。最高裁の徴用工判決が出た後、元老専門家を呼んで意見を聴いた李洛淵(イ・ナギョン)国務首相も6カ月間にわたり沈黙を続けている。安倍首相は7月の参議院選挙で勝利して平和憲法を改正しようとしている。我々が何もしなければ、歴史修正主義と改憲という右傾化の旗を掲げた安倍首相は韓日葛藤を選挙に利用するためにも首脳会談に背を向けるだろう。 (中略)

過去の問題が韓日間の経済と安全保障の協力の土台をのみ込むのを目を開けたまま眺めることはできない。日本にも損害となるが、韓国は致命傷を受ける。徴用工問題はラクダの背を折る最後のわらだ。2012年の李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問、天皇謝罪発言が韓日関係悪化を触発したのは事実だ。とはいえ、現政権が6カ月間放置してきたのは無責任だ。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインから今上陛下の即位へ祝電、上皇陛下の退位の際に書簡を送ったことが「礼遇」になるんだそうですよ。
 ちなみに蔑称である「日王」ではなく「天皇」と書いて送ったとか外交部報道官が堂々と語っていましたが、実際には外交文書としては「天皇」と書かれているのが慣例です。
 これ、エントリを書いていた時に「おそらく外交的な慣例としてはそうなのだろうな」と思っていたのですが、ソースが見つけられなかったので確信が得られずに書きませんでした。
 ここで慣例を破って「日王」って書いてたらどうなっていたかなぁ……とちょっと想像しますけどね。

 で、韓国メディア的にはその礼遇を行ったからにはG20で日韓首脳会談が行われるべきだし、それをきっかけに日韓関係が改善されなければいけないとのことですが。
 その前段階として徴用工裁判の解決策を持ってこなければならない、という話は理解している模様。
 ただ、問題はその中身……ですよね。
 変なものを持ってくるつもりであれば、事前折衝で潰しておいてG20での日韓首脳会談はないと思っていたほうがよい。
 日本にとっても無駄な時間を使うことになるし、韓国にとってもわざわざ「解決策」を持ってきたのに無視されるという実績ができてしまう。
 それくらいなら今回は無視しあうくらいでちょうどいいと思います。
 これまで徴用工裁判の判決が確定してから半年間も無視していたものが、いきなり日本側の望むような解決になるわけもないですしね。

 どちらにしても日韓関係にはもう芽がないのです。
 韓国政府が「日韓基本条約を遵守する」という確約を掲げる以外の解決方法はない。
 ですが、韓国政府はポピュリズムを優先していて、日韓基本条約を守ることができないのですから終わっているのです。
 もしくは日本政府がICJに提訴し、韓国政府がそれを受けた形にして敗訴するまで動きようがない。
 無駄に動けば日本側からの不信感が増えてなおさら嫌韓が増幅されるだけですよ。
 ムン・ヒサンは特使派遣を考えているとのことですが、天皇謝罪要求発言をしたムン・ヒサンから送られるというだけでも日本側からは拒絶反応が出るでしょうし。
 とりつく島なんてないのです。

 少なくともムン・ジェインが政権にあるうちはこの状態が続きます。
 次期政権でどうなるか……ですが、現状のままであればさらなる反日家であるソウル市長のパク・ウォンスンが最有力候補である以上、変化はないでしょうね。

 日本にとっては現状はそれほど悪い状態というわけでもない。
 日韓関係を改善させてなにかメリットがあるというわけでもない。対アメリカにも慰安婦合意を覆されたことを見せることでエクスキューズはもう充分。
 どこにも改善させる必要がない。
 であれば、このままでよいでしょ。ネットジャーゴン的にいえば「日韓関係はもうオワコン」なのですよ。

アメリカの知韓派らが「ムン・ジェイン政権による言論弾圧が深刻だ」と団体結成……これまでの弾圧具合を並べてみたら本当にやばかった……

知韓派の米識者「韓国政府の言論弾圧は深刻」(朝鮮日報)
United for Free Speech in Korea
 米国の知韓派とされる識者20人が先日文在寅(ムン・ジェイン)大統領に公開の書簡を送り「韓国政府は名誉毀損を乱用し、政治的に反対の意見を検閲している。この点に懸念を表明する」との考えを伝えた。

 「韓国における言論の自由のための連合」は先月29日、ホームページを通じて文大統領に送った英文の書簡を公開した。書簡には米国企業研究所(AEI)のエバスタット研究員、ニューヨーク大学ロースクールのジェローム・コーエン教授、米国北朝鮮人権委員会のグレッグ・スカラチュー事務局長、対北朝鮮制裁の専門家として知られるジョシュア・スタントン弁護士など、これまで南北関係や北朝鮮の人権問題と関連する活動に力を入れてきた保守系の識者20人が名前を連ねた。書簡を掲載した団体も彼らが中心となって先日立ち上げられたばかりだ。

 書簡には「前政権においても言論機関を名誉毀損で告訴するケースはあったが、今も表現の自由とは両立しない出来事が起こっている」と指摘した。その具体的な事例として昨年10月に韓国与党・共に民主党議員らがグーグル・コリアに104の映像削除を要請した問題、今年3月に共に民主党が記事の見出しで「金正恩(キム・ジョンウン)氏の首席報道官」と表現した米ブルームバーグ通信の記者を公の席で非難した事件、警察が現政権を風刺したポスターと関連して厳しい捜査を行ったことなどが問題視された。

 文大統領が大統領選挙前、自らを「共産主義者」と批判した高永宙(コ・ヨンジュ)元放送文化振興会理事長を名誉毀損で告訴し、損害賠償を求めたことも批判した。2014年に旅客船「セウォル号」が沈没した際、朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領の動きに疑惑を指摘した産経新聞の元ソウル支局長を検察が名誉毀損で起訴したが、当時野党の政治家だった文大統領が「(検察は)間違っている」と発言した事実も書簡では取り上げられた。米国の識者らは「当時、我々はあなた(文大統領)が正しいと考えた」とした上で「そのため文大統領と現政権が評論家や政治的反対勢力を検閲するため、同じ手段を使っていることに大きく失望している」と指摘した。
(引用ここまで)

 「アメリカの知韓派」と呼び得る人々が、ムン・ジェイン政権による言論弾圧に対して抗議するために団体を作成し、その危惧を表明しています。
 北朝鮮の言論弾圧に対して、ではないですよ。
 ムン・ジェイン政権によるものです。

 たとえばエイプリルフールにムン・ジェイン政権を風刺したポスターを貼った大学生に対して、国家保安法違反で逮捕すると脅した件や、ムン・ジェインの娘は海外脱出していることを暴露した議員を名誉毀損で刑事告発したこと、さらにはブルームバーグの記者が「ムン・ジェインは北の主席報道官だ」としたことに対して記者個人を弾圧しようとしたこと等について危惧しているとのこと。
 ……こうして並べてみるとホントにひどいな。

 何度かスポーツ団体の事務方で主流派と非主流派との間で内紛が起きている時なんかに、楽韓Webでは言っていたことがあります。
 「非主流派が内紛の結果として勝ったとしても、やることは変わらない。もう片方を叩き潰すかのように扱う。むしろ、やられてきたことを倍にしてやり返すだけ」と。
 大統領選であってですら同じなのですよ。
 これまで保守派を「言論を弾圧するつもりか!」と叩いていた連中が、そのまま言論弾圧に廻ろうとしている。構造が180度変化しただけなのですね。

 それを代表するのが外交部の変遷。保守派と革新派の政権が入れ替わった際に、役職持ちが相当に入れ替わったとされています。
 特に慰安婦合意を扱った官僚は閑職に追いやられているとのことですね。
 で、そうやって外交部を骨抜きにした結果が、バルト三国をバルカン三国と書いてしまうようなバカ揃いになったというわけです。

 まあムン・ジェイン本人が望んでそうしてきたわけで。
 実に自業自得としか言いようがないんだよなぁ……。

北朝鮮のミサイル発射に対して日米は首脳電話会談を開催。韓国はというと……え、ムン・ジェイン大統領が行方不明に?

トランプ氏「安倍氏と北朝鮮問題など意見交換…非常に有意義な会話」(中央日報)
安倍首相、韓国を除いて「韓半島の非核化、周辺国と共有」(中央日報)
ドナルド・トランプ米国大統領が6日(現地時間)安倍晋三首相との電話通話で北朝鮮問題などを協議したと明らかにした。

トランプ大統領はこの日午前、自身のツイッターを通じて「たった今安倍首相と北朝鮮との貿易(North Korea and Trade)に関して意見交換を行った」として「非常に有意義な会話だった」と話した。

安倍首相も電話会談後、日本のNHKとのインタビューで「北朝鮮情勢について意見を交換し、情勢分析と今後の対応を調整した」として「(昨年)米朝首脳会談で合意した非核化の実現を目指して日米が認識を一つにした」と明らかにした。

これに先立ち、NHKとジャパンタイムズは安倍首相の要請で今回の電話会談が行われ、両首脳は北朝鮮が発射体を打ち上げてから収集された情報を共有したと見られると日本政府関係者の話を引用して報じた。
(引用ここまで)
同時に、韓半島の非核化に関連した周辺国との協議について「首脳会談を通じてロシアのプーチン大統領とも、中国の習近平主席とも認識を共有している」と強調した。ただし、周辺国の中で韓国については言及しなかった。

また、4日、北朝鮮が打ち上げた発射体については「日米専門家が共に分析するだろう」と明らかにした。
(引用ここまで)

 昨晩、トランプ大統領と安部総理が電話会談で北朝鮮のミサイル発射について意見交換と情報分析を行った、とのことです。
 ただし、どちらもムン・ジェインとは会談していません。

 一応、韓国の外相であるカン・ギョンファ外交部長官はミサイル発射を受けてポンペオ国務長官、および河野外相とそれぞれ電話会談を行っています。

康京和外交部長官、日米外相と緊急電話協議…「北発射体に慎重対応」(中央日報)

 外務省には日米、日韓の外相電話会談が5分間であったことが記されています。
 情報の確認といったところですかね。
 全員、英語が話せるのでささっと会話できるというのは悪くない状況ともいえますか。
 で、さらに昨日の21時40分頃から日米首脳電話会談がありました……ということです。

 ここで簡単に「ムン・ジェインがハブられてやんの」と喝采を叫ぶこともできるのでしょうが。
 ひとつ気になることがあります。
 4日からニュースを再度追い直してみても、大統領府からはメディアとのカカオトークでいつくかコメントが出ているのですよ。
 「分析中」だとか「9・19合意の趣旨に反する」というていどのものですけども、それでもとにかくコメントそのものは出ています。
 ですが、ムン・ジェイン本人は一切の動向が不明。
 今日になって大統領府から「ドイツのFAZ紙に大統領が寄稿した」というアナウンスがあったのですが、その内容は「韓半島から銃声は消えた」とかいうもので、4日のミサイル発射には一切触れていないもの。

 北朝鮮がイスカンデルを発射したことについてコメントをするどころか、いま現在大統領本人がどこにいるのかすら分からないような状況。
 いくらなんでもダチョウの安寧を貪りすぎだろ……。
 ここは明らかに国家元首から一言あって然るべきシーンですよ。
 であるにも関わらず、韓国が今回の事態に対してなにかをするというような主体的な話はなにもなし。
 で、政府からは「脅威ではない」みたいな生ぬるい「分析結果」を発表させる。
 本気で北朝鮮が敵対行為を終わらせた……と思っていたのでしょうね。

韓国メディア「日本でJINROの売上が急落。原因は週刊文春の嫌韓記事だ」……そうかなぁ?

最悪の韓日関係、企業が報復を受ける(東亞日報)
韓日関係の悪化が続き、政治葛藤が経済分野に波及する兆しが出ている。特に、韓国の大企業よりも日本の消費者を対象に製品を販売する韓国の中堅、中小企業や韓国レストランなどの零細商人が直撃弾を受け始めた。

日本で焼酎を販売するJINRO(眞露)の販売が上半期に急に下落した。発端は週刊誌「週刊文春」が1月24日付で、「韓国<文在寅大統領>には『国際羞恥プレイを』」というタイトルの記事を載せてからだ。同誌の記事によると、日本政府は元徴用工判決などに対する報復措置として関税引き上げを検討し、輸入品のうち韓国の割合が高い焼酎や海苔などを対象に取り上げた。

刺激的な記事で販売部数を増やす雑誌の特性上、嫌韓記事は常に存在したが、この記事は文大統領の写真と共に商号である「JINRO」がはっきり見える商品の写真を載せた。その直後、日本国内の焼酎の販売が打撃を受けた。同誌の発行部数は約68万部で、30~50代のサラリーマン男性が多く読む。焼酎の主要な販売対象年齢層と一致する。権弘鳳(クォン・ホンボン)JINROジャパン社長は、「売り上げの下落も問題だが、ブランド価値の下落、職員の士気低下が心配だ。営業は士気がいのちだ」と話した。 (中略)

さらに大きな問題は、現在の状況が「始まり」にすぎないと心配される点だ。韓国人元徴用工判決の被告である新日鉄住金、三菱重工業など日本企業に対する株式が現金化されれば、影響は新たな段階に移る可能性がある。訴訟の原告が5、6月頃に株式の現金化に出れば、日本政府が本格的な報復措置に出て、韓国の大企業も被害射程圏に入るという観測も流れている。

ソウル大学国際大学院の朴喆熙(パク・チョルヒ)教授は、「韓日政府間に危機意識がないという認識が広まっている」と懸念を示した。専門家たちは、両国政府が政権よりも大きな国益を考えて知恵を集める時だと強調した。
(引用ここまで)

 JINROが売上急落……。
 うーん、どうなんだろうな。JINROって個人消費というよりは居酒屋とかで安いチューハイのアルコール源とされている印象です。
 もちろん、好んで買っている人もいないわけじゃないでしょうけども。
 それは「売上急落」するのであれば、卸価格を上昇させて他の安い焼酎に切り替えられたんじゃないかと感じますが。
 「急落」ゆーても前期比や前年同期比の売上が数字として出ているわけでもないのでなんとも……って感じです。

 で、記事にあるようにもちろんこれは「はじまり」に過ぎません。
 もし、徴用工裁判の原告側によって差し押さえられている財産の現金化が認められ、日本企業に被害が出るようになったら「JINROの売上が減少しました」なんて話じゃ済まないのは当然のこと。
 どのくらいまで拡がるかは予想も予測も不可能ですね。
 まあ、それはそれで当然の話ですし、韓国側が好んでそうしているのでどうしようもないことではありますけどね。

 あ、それとこっちも書いておこう。
 ゴールデンウィーク中、特に前半ははそこそこ東京の繁華街に出歩いていたのですが、割と例のチーズドッグを見かけましたね。
 店によっては流行っていたりいなかったりしましたが。
 問題はその大半がケバブ屋さんが片手間に作っているってことくらいですか。
 新大久保であればまた事情が違うのでしょうけども。
 盛んに日韓関係の最後の絆である「民間関係の象徴」みたいな扱いになっているハットグ(チーズドッグ)ですが、日韓関係をよくしてくれる……ねぇ?

 それよりもびっくりしたのはゴンチャ(貢茶)の行列でした。ゴンチャでないタピオカティー屋さんもけっこうな行列。
 もし、ハットグが日韓関係をつないでくれるっていうなら、ゴンチャは日台関係をさらによくしてくれるはずですが……果たしてそんな期待している人はいるんでしょうかね。
 建前としてはそういう話もするかもしれません。でも、本質的にはあまり関係ない気がしますね。
 以前書いたようにティラミスが流行ろうとナタデココが流行ろうと、その国と大きな関係の変化が生まれなかったように、です。
 逆に韓国でいくら日本料理は流行ろうと、ユニクロが売上を伸ばそうとも日韓関係には根本的な影響はないってことでもあるのですよ。

楽韓さん、本日の動向 - ヤングアニマル系のコミックスがまとめ買いでセール中

 一般的なランチタイムが終わってしまっていたので、休みは終日営業になるエリックサウスマサラダイナーで遅めの昼食。

 スパイシーラムステーキ 210グラム、ゴビR1(カリフラワー=ゴビの唐揚げ令和元年版。インド版唐揚げのチキン65がどうやら1965年に作られはじめたというのが語源らしいので)、ベジタブルビリヤニにラムカレー。

470793BD-18F2-4858-B867-736871CF627A.jpeg
9B0B1866-F576-4A1F-9224-D0D429C74EB3.jpegE917FE60-4B55-4C15-B3E9-3DF56D34E69D.jpeg
 病み上がりには多すぎた。ラムカレーはベジビリヤニにグレイビーをかけて、そこにライタをライタをかけたらさぞうまかろうということでやったのだけど。
 想像通りの味にはなっておいしかったのだけども、如何せん多すぎた。ゴビR1のボリュームに負けた感。

 白泉社のヤングアニマル系コミックスがまとめ買いで20%オフ。
 何十巻あっても2冊以上で「まとめ買い」なので、最新刊以外に買い逃しているものがあったらそれでも20%オフになるという裏技的な使いかたもできます。
 信長の忍びがちょうど最新2冊分買い逃してたのでそれで買います。
 あとはハルとナツはKindleでも買うか……。

 他にゴールデンウィーク中は週替わりしなかった週替わりセールリボンの騎士が30%オフ。よろしければこちらも。

今日の
Kindle日替わりセールからのピックアップこちら。71%オフ+半額ポイント還元。
もう、きみには頼まない石坂泰三の世界 (文春文庫)
城山 三郎
文藝春秋
1998/6/10