相互RSS募集中です

2019年05月

ムン・ジェイン「徴用工判決に対する韓国の提案は現実的な解決策だ」と自画自賛……実際には日韓関係破綻への時計の針は進み続けている模様

カテゴリ:日韓関係 コメント:(76)
日本に提案の強制徴用巡る解決策 「韓日関係を進展させる措置」=文大統領(聯合ニュース)
 韓国政府は19日、強制徴用問題に責任のある韓日両国の企業が自発的に資金を拠出して確定判決を受けた被害者に慰謝料を支払うという解決案を日本に提案したことを明らかにした。 (中略)

 文大統領は韓国政府の提案について「現実的な解決策」だとし、「民主主義国家の政府として大法院判決を尊重し、この問題に長く関心を持ってきた各界の意見と被害者らの要求までも総合した」と強調した。また、「被害者たちの実質的な苦痛をどう癒やすか」について両国が知恵を集めるべきだとも指摘した。

 一方、歴史問題を巡っては、「韓日関係の発展のためには過去の歴史問題を国内政治に利用してはならない」との認識を示した。

 歴史問題により未来志向的な協力関係が損なわれないよう両国政府が知恵を集めなければならないとした。

 文大統領は「過去の歴史問題は韓国政府が作り出しているのではなく、過去に厳密に存在した不幸な歴史によるものだ」と強調。請求権協定が締結されたが国際規範と人権意識が高まったことで傷が表面化したとした上で、「被害者の苦痛が進行中であるという事実を受け入れなければならない」と指摘した。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインに対する書面インタビュー。
 就任2周年のKBSによる事前質問なしでのインタビューでは「独裁者といわれていますが?」という質問に対して「いや、その……ろうそく……」とか、しどろもどろになるようなシーンも見せたということで、こういった書面での質問と回答がよいと考えたのでしょう。
 例の「巨視的に見れば韓国経済はうまくいっている」というアレがKBSのインタビューの一環ですね。

 で、徴用工裁判についての「日韓企業が参加して賠償金を支払う財団方式」について、「現実的な解だ」と自画自賛したとのこと。
 さらに「日本は歴史問題を国内政治に地擁してはならない」とコメントしたと。

 いや、すごい。
 想像の範囲内から1ミリも出ることがない回答。そして、すべての問題を「日本のせいだ」「安倍のせいだ」と押しつけるといういつものパターン。
 8ヶ月かけてこんな提案しかできなかったことの陳腐さとか、それを条件として外交協議に参加するというような話はまったくしない。
 提案をしたから、韓国側はすべての責務から放たれているとでも言わんばかりですね。

 ま、実際にはそんなことはなくて日本側から呼びかけられている仲裁委設置についての最終ターンにさしかかっているのが現実。
 徴用工裁判の判決が日韓関係破綻への第1段階であったとするなら、来月半ばに仲裁委設置の時間切れになることで実質的に韓国側が協議を拒絶する第2段階へ到達します。
 おそらく第3段階は原告側が日本企業の財産を売却するところ。8月ともされています。
 ここに至れば、もうあとは止まらないでしょうね。特に日本側の韓国への印象はいまを超える最悪なものとなって取り返しがつかない段階になる。
 カン・ギョンファが「日本から制裁措置があれば韓国政府も黙っていない」とか言っていましたが、すでに日本側も報復の応酬もやむなし、という認識なんでしょうね。

 韓国政府の堤南はそれらの時計の針はまったく止めることをできていないのですが。
 ま、「これが現実的な解決策だ」とか言ってりゃいいんじゃないでしょうかね、とは思います。
 引用外のところで「G20で日韓首脳会談をしたいというのならまだ間に合うぞ」って言っているところも含めて、現実を認識できていないな……って感じです。

元駐日韓国大使「日韓関係の改善のためにいいアイディアがある。日韓通貨スワップ協定を結べばいいんだ!」……ぇぇぇ(どん引き)

元駐日大使「韓日関係が悪い時こそ指導者は会うべき」(中央日報)
  韓国の申ガク秀(シン・ガクス)元駐日大使(65)が25日、「難しい時こそ韓国の青瓦台(チョンワデ、大統領府)と日本の首相官邸間の疎通が重要だ。韓日首脳会談を早く行うべきだ」と明らかにした。申氏は代表的な日本通だ。悪化した韓日関係を改善していくため民間レベルの交流に尽力しているのはもちろん、政府にも助言をしている。 (中略)

--韓日間の接触面を広げる方法はあるか。

 「韓日経済協力を考慮することができるだろう。過去の政府で韓日通貨スワップ締結と高官経済協議会が検討されていたが、2016年末に釜山(プサン)日本総領事前の少女像設置問題が浮上してうやむやになった。現在は韓国も日本も景気が下降しているので通貨スワップ締結などは韓日経済界に間に良い信号になるだろう
(引用ここまで・太字引用者)

 最後の太字部分、読んでて素で「なんでだよ」とつっこんでしまって周囲から危険な人物だと思われたかもしれない。
 日韓関係を修復するためには日本は金を出せ、ですって。

 急変する事態に対しては、「旧来の識者」というものの認識が役に立たないということが分かります。
 先日も小倉元駐韓日本大使が「日本人の反韓は反韓国人でも、韓国人の反日は反日本人ではない(から反日のほうがマシ)」というような寝言を言っていて苦笑したものですが。
 そのカウンターパートの元駐日韓国大使の認識も相当に現状からずれてしまっています。
 いくつか元駐日大使、元駐韓大使の話を見たかぎりでは、日韓関係の現状を把握できているのは「韓国人に生まれなくてよかった」でおなじみの武藤正敏氏くらいですかね。
 それ以外でなんらかの声を挙げているのは揃いも揃って老害になりかかっています。

 引用していない部分に「韓国側の提案に日本は拒絶を示したが、これは選挙がらみだからだ。参院選後には冷静に話し合えるはず」なんて言葉もあるのですが、本当に現状が認識できていない。
 韓国側の提案のうち、財団設立っていう部分も噴飯物でしたが、最大の問題は「この財団設立を受け入れるのであれば、請求権協定第3条の『外交協議』を受け入れる」としている部分ですよ。
 これを日本側が受け入れることになれば、韓国が「日韓基本条約を遵守している」ということになってしまう。
 さらに、請求権協定には外交協議や仲裁委設置についての条件は書かれていないのに、勝手に条件を設置されている。
 そういう部分についても反対しているし、参院選が終わってもこれをたたき台にすることはあり得ない。

 おまけに言えば日韓通貨スワップ協定が取りやめになったのは、釜山の日本総領事館横に慰安婦像が置かれたことに対する対抗措置であって、うやむやにしたわけではない。
 日本政府が慰安婦合意の趣旨に反する行動を韓国政府が取った(慰安婦像の設置を黙認した)から、その制裁措置として確固たる意思でハイレベル経済協議、日韓通貨スワップ協定を取りやめたのです。
 日本大使、釜山総領事の一時召還もしましたが、その後の北朝鮮核問題で帰任させたのはしかたがない。
 あの時期は本当に戦争突入の一歩手前であったことが、マクマスター前大統領補佐官から先日明かされていましたしね。
 当時、帰任した駐韓大使が直後に駐韓米軍司令官と会談を持っていたのを見て「あれ、これは危ないんじゃ?」って感じでしたから。

 閑話休題。
 もし、いまたとえば参議院選挙後に日韓通貨スワップ協定を結ぶとか安倍政権が言い出したら、断言しますが倒閣運動が起きます。
 その勢いはモリカケだの年金2000万円問題だのとは異なるものとなるでしょうね。

こちらは日経新聞の前ソウル支局長による本。これから読みます。
日韓の断層
峯岸博
日本経済新聞出版社
2019/5/21

韓国政府、どうやら「日韓首脳会談は行われるはず。だって日本はG20主催国だし!」と思いこんでいた模様

【社説】白紙化した韓日首脳会談、早期実現を(中央日報)
【社説】日本開催のG20サミットで韓日首脳会談がないなんて(朝鮮日報)
終盤まで調整が進められていた大阪20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)での韓日首脳会談が、結局、開催されないことになった。昨日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)高位関係者は「韓日首脳会談は行われない」としながら「我々は常に会談の準備ができているが、日本はまだ準備ができていないようだ」と話し、会談不発を既成事実化した。これに先立ち、安倍晋三首相も22日に「G20サミット主催国議長なので、(二国間会談の)日程が詰まっている」と話して首脳会談不発を明らかにした。時間不足を言い訳に韓日首脳会談に対する拒否感を現わしていた。これを受けて青瓦台側もこれにおされまいと「我々も二国間会談の日程がほぼ埋まっている」と応酬した。だが、会談を望んでいたのは韓国側だったので、我々としては思い通りにならずに苦々しく思うほかない。

今回推進されていた首脳会談は最悪の韓日関係を修復する機会になるかもしれないという点で期待を集めてきた場だった。だが、良くない方向に変わり、和解の場になるどころか感情の溝だけを再確認した格好になった。
(引用ここまで)

 韓国大統領府関係者が「大阪での主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)時、韓日首脳会談は行われないだろう。我々は会う準備ができているが、日本は準備ができていないようだ」と語った。これより前、日本の安倍首相は韓日会談の可能性について「主催国議長なので二カ国会談の日程が詰まっている」と話していた。15カ国以上の首脳と会談をしながら、最も近い隣国の首脳に会う時間はないという。つまり「会うのが嫌だ」ということだ。常に浮き沈みを繰り返してきた韓日関係だが、これほどひどくなったことはなかった。
(引用ここまで)

 うーん?
 ここ2週間ほど……というか、全体的な論調として韓国側では「そんなこと言っても日韓首脳会談はやるだろう。日本が主催するG20なのだし、わざわざ韓国だけを除外する意味がない」というような感じのものが多かったですね。
 特に多かったのが「G20主催国なのだから」「主催国としてのメンツが潰れるのではないか」というもの。
 日本側は最初から日韓首脳会談を行わないというのが基本路線で、韓国側に変化があるのであれば考慮してもいいというていどだったので、温度差がひどいことになっていましたね。
 G20で日韓首脳会談を行うという前提であれば、そもそも仲裁委設置の〆切を6月の半ばという微妙な時期に設定しませんわな。
 あれは明らかに「韓国政府に日韓基本条約を守る気があるのかどうか」を試していたわけです。日韓間で波風を立てないようにするのであれば、〆切をG20以降にすることだってできたのですから。

 韓国ではG20で日韓首脳会談が行われることが前提。
 日本ではG20での日韓首脳会談は行われないことが前提として、それぞれ話が進んでいたわけです。
 おそらく、これはそれぞれの政府の方針というか、空気感がそうだったのだろうと思われます。

 以前から韓国側にはG20がデッドラインであるという認識もあって焦りがあったのでしょうね。
 ムン・ジェインには「首脳会談さえやればなんとかなる」という指向性があることも手伝って、G20で会えれば日韓関係改善ができると考えていたのではないかと思われます。
 日本側もなんだかんだで主催国として会わないわけにはいかないはず、と目論見もあったのでしょうね。
 これまでと同様にアメリカあたりになだめられてなあなあになるのではないかと。

 あに図らんや、日本側はまったく曲がらない。
 8ヶ月を経てようやく出してきた韓国側の提案も20分ちょっとで拒絶
 韓国政府側はこの提案で日韓首脳会談が行われるだろうと思いこんでいたようでしたが。
 日本側はいくつもの対抗措置を用意していることを言明し、韓国側の提案を拒絶し、損害賠償請求を行うことをリークしている。
 かつての日本とは大違い。
 ムン・ジェインとしてはこんなことになるつもりではなかったのでしょうね。
 でもまあ、これこそが「正常な二国間関係」であるわけですよ。「未来志向の関係性」とすらいえるんじゃないでしょうか?

韓国経済:ムン・ジェインの経済政策に成績表……「成功した経済政策はひとつもない」と厳しい評価

「韓国経済の最大のリスクは文在寅政権の政策」(朝鮮日報)
「D」「C」「C」
 2016年から昨年まで韓国経済学会を率いてきた3人の経済学会会長経験者が、韓国の現政権の経済政策につけた成績だ。韓国経済学会は、韓国の経済学界を代表する学会であり、ほかの経済学会を取りまとめる役割も果たしている。3人は24日、ソウル市内で行われた特別座談会で、現政権の経済政策について「全般的な軌道修正が必要だ」と厳しい評価を下した。

 チョ・チャンウク西江大名誉教授は、経済の失速傾向は当面止めることはできないとの見方を示した。チョ教授は「現政権に入って成功した経済政策は一つもなかった」として「法人税の引き上げ、最低賃金引き上げ、労働時間短縮など、経済にしわ寄せがいくような政策ばかり打ち出した。このままでは来年は間違いなく今以上に悪化するだろう」と指摘した。 (中略)

 ほかの2人も、今年第1四半期(1-3月期)の韓国の経済成長率が前期比-0.4%と世界金融危機以来の最低値を記録したことについて、当面この状況が続くか悪化するとの見通しを示した。  3人は、韓国政府主導の経済政策を撤回し、市場主導の政策へと果敢に転換する必要があると指摘した。キム教授は「学界では最低賃金を引き上げると雇用が減少することについて、徐々にコンセンサスが形成されてきている」として「現政権が前例のない政策実験を進めているが、経済問題は中立的な視点で見なければならず、一度施行したら後戻りが困難だという点を見過ごしてはならない」と述べた。

 3人は最近、経済活性化の方策として議論されている金利引き下げについては、時期が遅すぎたと口をそろえた。また、追加補正予算の政策効果についても否定的な見方を示した。キム教授は、韓国政府が景気不振の原因について、生産性の低迷ではなく景気循環過程に起きる景気の落ち込みだと認識していると指摘した。ク教授は「昨年と一昨年に金利引き上げのタイミングが遅れたため、半年で金利を引き下げなければならない状況だ」とした上で「(本来なら)今年上半期に金利引き下げが必要だった。下半期にもさらなる金利引き下げが予定されるべきだった」と通貨政策の対応の遅れを批判した。
(引用ここまで)

 ムン・ジェイン政権の経済政策についての成績表がD、C、Cであるとのこと。
 日本風にすれば、2、3、3って感じですかね。
 思ってたよりもよい。Cは要補習。Dはなんとか合格というレベル。Dの下はFで不可=留年。
 去年の経済学者による評価は「不可」と「評価保留」。
 評価が上がったというよりは、去年の評価をしたふたりがシンガポール、イギリスと国外の大学の教授だから……でしょうね。
 韓国からの視線を気にしなくて済む。

 今回の3人の教授はふたりまでが韓国国内大学の教授ですから、韓国人の目というものを気にしているのでしょう。
 成績表の評価は「ややダメ」くらいの感じですが、実際の政策についての言及はもっとひどい。
 まあ、当然のツッコミではあるのですが。
 個人的に「法人税増税、最低賃金引き上げ、労働時間短縮」の3点セットはもっと評価されるべきだと思います。
 どれもこれもひどい。

 特に最低賃金の引き上げの苛烈さと、労働時間短縮はもっと評価されるべき。
 最低賃金の引き上げの陰に隠れてしまっているのですが、週の最大労働時間を68時間から52時間にしたことは本当にナイスプレーですわ。
 どうも「労働時間を短く規定すれば他に人を雇うしかあるまい」という前提で、雇用増を目論んで行ったっぽいのですが。
 最低賃金との兼ね合いで企業側にそれほどの影響がなく、自営業者とその家族の負担が増えるだけになっている。
 「韓国で最大の観光ポイント」であったロッテマートは労働時間短縮に合わせて営業時間を短縮して対応しました。
 いかにも頭の中でだけ経済政策を作っているという感じ。それらが実際にはどんな風に影響を及ぼすのかとか学者にヒアリングした形跡がないのですね。
 ヒアリングしたら全否定でしょうから、あえてやらなかったのでしょうけども。

 素人が市場に手を突っこんで引っかき回すだけ引っかき回したらこうなりますよ、といういい見本ですわ。
 隣国から見てて「もうそろそろ労働者が流出するようになるから気をつけてほしいなー」っていうくらいのレベルにはなりつつある、というところですかね。
 ま、路線変更するつもりはまったくないようなので、韓国人はがんばってとしか言いようがないのですが。適度にがんばって、ムン・ジェイン!

わかりやすいかというと、そこまででもないのだけども語り口調なのでけっこう楽に読めるのは間違いない。
父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。
ヤニス・バルファキス
ダイヤモンド社
2019/3/6

楽韓さん、本日の動向 - ああ、あれはそういう人物だったのか

 先日、「日本企業への賠償判決は韓国政府の申し出で500万円になる。受け入れやすい」と言っていたなんとかという女子大のなんとかという韓国人教授ですが、コメントで「テレビにけっこう出ているよ」と教えていただきました。
 なるほど、うちは知らないはずですわ。
 スポーツ中継以外のテレビをほぼ見ないのです。DAZNとMLB.TVがあるのでスポーツもサッカーの代表戦くらいしか見ない。
 週間での視聴時間は……2時間ないかな? 鉄腕DASHを自宅にいれば見るくらい。なのでたまーに見るワイドショーとかすごく面白く感じますよ。
 家のテレビはいまだにプラズマテレビなのですが、買い換えを考えたほうがいいのかなぁ。40インチの4Kテレビも持っているのですが、アンテナつながっていなくて純粋にモニターとして使ってます。

 Kindleでコミカライズ版のゴブリンスレイヤーゴブリンスレイヤー外伝の1巻が半額。
 お試し版だと思って買ってみて、気に入れば最新刊まで買ってしまうと思います。

ゴブリンスレイヤー 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)
蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊) 黒瀬浩介 / 神奈月昇
スクウェア・エニックス
2016/9/13

 あと文春が翻訳本・政治建材編フェアというのをやってます。明日まで。
 ちらっと紹介したピーター・ナヴァロの米中もし戦わば中国 4.0をはじめとしたエドワード・ルトワックの著作、問題は英国ではない、EUなのだをはじめとしたらエマニュエル・トッドの著作が対象となってます。
 特にルトワックについてはこの機会に揃えておいてもよいと思います。
 あとサブプライムローンの現場を舞台にした世紀の空売り、日韓ワールドカップにもちらっと言及しているFIFA 腐敗の全内幕も対象。

現在の米中貿易戦争を牽引している人物による著作、です。
米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春文庫)
ピーター・ナヴァロ
文藝春秋
2019/4/10

 秋葉原のヨドバシ1Fにある(店舗からは直接行けない)トゥッカーノズグリルでトリプルビーフでレギュラー300グラム。

27777E5D-6A43-4372-9D8F-07EA4AE5BC1E.jpeg

 若干、食い足りないような。でも150グラム足したら無理だったような。うーむ。
 最近はだいぶ飲食店が充実してきた秋葉原の中でも個人的にはお気に入り。ひとり飯がしやすいというのもありますね。さっと入れてさっと出られてそこそこ満足できる。

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
投資と金融がわかりたい人のための ファイナンス理論入門 プライシング・ポートフォリオ・リスク管理
冨島 佑允
CCCメディアハウス
2018/3/23