相互RSS募集中です

2019年05月

韓国メディア「残り10日ちょっとでもまだ日韓首脳会談の芽はある……あるのだ」……いや、もうさすがに無理じゃね?

李洛淵首相、日韓議員連盟の額賀会長と会談…首脳会談の突破口探るか(中央日報)
韓日関係が最悪と言われている中、日韓議員連盟の額賀福志郎会長が訪韓して15日、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と会談した。28日から2日間、日本大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議で両国首脳会談の開催が不透明な中で行われた会談ということから首脳会談に向けた地ならしである可能性もあるという見方もある。

これについてNHKは「李洛淵首相と額賀会長はG20首脳会議を念頭に置いて両国関係の改善のために協議を進展させていく必要があるということで意見が一致した」とこの日、伝えた。 (中略)

専門家は強制徴用問題が両国首脳会談の開催を妨げる状況だけは防ぐ必要があると指摘する。申ガク秀(シン・ガクス)元駐日韓国大使は「韓国政府が(強制徴用)問題に関連して動いているというサインを送ってある程度誠意を見せれば、問題は棚上げにして首脳会談を開くことができる」と話した。 (中略)

日本側もG20首脳会議の開催国として対面を汚さないために韓国との首脳会談を完全にあきらめるのは難しいだろうという主張も出ている。
(引用ここまで)

 「首脳会談に向けた地ならしである可能性もあるという見方もある」
 なんだその薄い可能性……。

 いやぁ、さすがにもう無理じゃない?
 開催まで10日ちょっと。ここまで「日韓首脳会談がある」というアナウンスはなし。
 もちろん、「会談をしない」というアナウンスはありえないので、最後の最後にどんでん返しであるかもしれませんけどね。
 でも、問題は日韓首脳会談をしたところで事態が展開するとは思えないところですね。
 首脳会談で事態が展開できるようなら、それ以前に日韓基本条約にある「外交協議」にも応じているでしょうし、そもそも仲裁委設置に向かっていない。
 韓国側がいつまで経っても徴用工裁判に対しての立場を明確にしないからこそ、日本側との亀裂は深まっているわけで。

 最大の問題は安倍総理とムン・ジェイン大統領が会ってなにかが変わるのか、ってことですよ。
 もう首脳会談っていえば問題解決手段としては最後の段階。ここでなにも変わらないというのであれば致命的ですらある。
 っていうか、2月の米朝首脳会談は致命的だったのを見ていただろうに……。
 であれば、やらないほうがマシという判断に傾いてもいいようなもんですけどね。

 この記事もそうですが、まだ韓国メディアの中では「いや、G20では日韓首脳会談をやるだろう」っていう見方が支配的で苦笑するしかないのですが。
 仲裁委の期日を明日に持ってきた意味とかまったく考えていないんだな……。

韓国企業「もう韓国で商売は無理だ!」と海外脱出が止まらない……まあ、そりゃそうだよね……

韓国中小企業、生き残りをかけやむを得ず海外移転(朝鮮日報)
韓国企業の海外脱出が急増、海外投資は過去38年で最多(朝鮮日報)
 韓国首都圏の中小自動車部品メーカーA社は昨年、東南アジアに初の海外工場を設けることを決め、工事に着手した。同社はこれまで中国企業の低価格構成に経営合理化や工場の自動化で対抗してきた。A社代表は「ライバル企業が中国よりも人件費が安い東南アジアに移転し、価格差があまりに拡大した。海外に出ざるを得なくなった」と話した。

 急増する海外投資で最も目立つのは中小企業だ。中小企業の経営者は「生き残りと競争力維持のために海外投資はやむを得ない選択だ」と異口同音に語る。

 韓国と東南アジアに工場を持つ京畿道の部品メーカーB社の代表は「労働時間短縮と最低賃金引き上げの影響で国内の工場を縮小し、海外の工場を増設することにした」とし、当面は海外工場の利益で国内工場の損失を埋め合わせしなければならない状況だと説明した。

 海外に生産拠点を移転する大企業を追随する形で、1次、2次下請け企業が海外投資を行う例もある。ソウルの電気部品メーカーC社は、サムスン電子に納品している1次下請け企業を追い、2013年から昨年末にかけ、生産拠点をベトナムに移転した。C社代表は「移転したところ、日本や欧州の顧客の工場とも地理的に近くなり、納品がスムーズになった」とメリットを説明した。
(引用ここまで)
 韓国企業が海外に脱出する「脱韓国」の動きが急速に進み、今年1-3月の海外直接投資額が過去38年で最高を記録した。急激な最低賃金引き上げによる人件費負担やさまざまな規制を避け、海外に脱出する企業が多いほか、米国による追加関税など保護貿易の動きに対処するため、生産基地を米国に移転する大企業が増えているからだ。

 韓国企画財政部(省に相当)が14日発表した1-3月期の直接投資動向によると、今年1-3月の海外直接投資額は141億1000万ドルで、前年同期(97億4000万ドル)を44.9%上回った。四半期ベースで統計を取り始めた1981年以降で最多だった。 (中略)

 企業の海外投資が急速に増える一方、国内投資は減り続けている。韓国銀行によると、1-3月期の国内設備投資は前年同期を17.4%下回った。世界的な金融危機の影響を受けた2009年1-3月(19.0%減)以来10年ぶりの大幅な減少だ。最低賃金引き上げや労働時間の週52時間上限制などで雇用コストが増大する一方、企業に対する規制が緩和されず、韓国での事業継続を嫌う傾向が見られた。
(引用ここまで)

 朝鮮日報に過去5年間の1-3月期における、韓国企業の海外直接投資額、および外国人直接投資額の推移を示したグラフがあってこれが興味深いのですよ。

kaigaitoushi.png

 パク・クネ政権末期であった2017年の第1四半期も海外への直接投資額は過去最高になっていたのですが、去年の1-3月期は一端下落しているのですね。
 これ、おそらく「最低賃金が大幅に引き上げになったけども様子を見てみよう」という部分があったのでしょうね。
 もしくは、2018年の最低賃金が2017年の夏に答申、発表された時点で逃げてしまっていたという企業もあるかな。
 で、「こりゃダメだ」ということで海外への脱出が続いている、と。

 実際に1919年に創業した韓国最古の紡織企業であった京紡は最新設備ごとベトナムに脱出。一応、国内の工場も去年まではキープしていたのですが、実際に最低賃金が上昇したらとてもじゃないけど無理ということで、韓国最古の工場を閉めてベトナムに移転しました。
 京紡と同じく最古の紡績企業のひとつである全紡も国内工場はすべて閉鎖したとのことです。

 それぞれ、翌年の最低賃金が発表された直後に海外脱出を発表していましたね。
 2017年の8月にはムン・ジェイン政権から経済界に対して「海外脱出を控えてほしい」という「要請」があった(京紡はそれで翌年まで工場を閉鎖しなかった)のですが、もうどこも耐えられない。

 もうひとつ大きな理由は1次下請けの工場が海外脱出してしまうと、2次、3次下請けも一緒に脱出せざるを得ないという構造があります。
 2次下請け以下の企業にしてみたら、他の企業がついていってしまえばこれまでの取引をなくされる可能性すらあるわけです。
 納期等、現地にあったほうがはるかに有利ですからね。

 このグローバル化が進んだ時代で、不利な条件を増やすのであれば簡単に企業も人も逃げてしまうものなのですよ。
 それなのにムン・ジェイン政権は大企業だけ法人税を増税するだの、最低賃金を一気に30%近くも上昇させるだのやっているのですから、逃げて当然というものでしょう。

徴用工裁判:仲裁委申し入れの回答期限は明日まで。韓国政府が回答しなかった場合の進捗はどうなる?

徴用工問題、迫る韓国の回答期限(共同通信)
 日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟問題の解決に向け、日本政府が日韓請求権協定に基づき韓国政府に求めた仲裁委員会の開催に応じるかどうかの回答期限が18日に迫っている。期日までに韓国が受け入れる可能性は低いとみられる。返答がない場合、日本は仲裁委を開くための次の手続きを韓国に提案する方針だ。今後も膠着状態が続く見通しだ。

 韓国が応じないのを半ば織り込んで手続きを進めるのは、差し押さえられた被告企業の資産が売却され、実害が発生するのを容認しない政府の姿勢を示す狙いがある。
(引用ここまで)

 日本側が仲裁委の設置を求めて明日で期限の30日を迎えます。
 ま、はっきり言ってぐだぐだ言って韓国側が応じない、というのは当初から織り込み済みでしょうね。
 粛々と条約に従って、正規の手順を追って対応を進めるだけ。
 特に今回はG20前にこうして回答期限を設置したことで「仲裁委の設置に同意しなければG20での会談もあり得ない」という無言の圧力を加えることに成功しています。
 以前から「日本側の怒りが伝わっていない」という話を何度かしていますが、ワタミによる塩対応や今回の仲裁委開催の申し入れでどうにかこうにか伝わりつつある……という感じかな。

 韓国が30日以内の仲裁委開催に同意しない場合は、日韓がそれぞれ指定した第三国(仮にA国、B国とする)によって日韓それぞれの仲裁委員1名ずつの計2名が指定され、さらにA、B国が共同で指定する別の国(C国)からの仲裁委員ひとりが加わり、計3名で仲裁委を開催して解決に当たることとなっています。
 分かりにくい。
 請求権協定を何度か読み通してこの理解に達しました。たぶんこれで合っていると思います。
 ま、おそらく韓国はこれも拒否することでしょう。
 日本側としてはそのまま国際司法裁判所に向かうルートをどうやって辿るか、ということしか考えていないでしょうね。

韓国政府が検察改革を目論む「検察がメチャクチャだから権限を警察に一部委譲すればいい」……でも警察官も韓国人だよね?

【寄稿】韓国の民主主義の最大の弱点(朝鮮日報)
 韓国の文武一(ムン・ムイル)検察総長は最近、異例の記者会見を開き、韓国政府が推進する検察改革に懸念を表明した。政府・与党の検察・警察捜査権見直し案は、これまで検察が持っていた捜査終結権を警察に一部移譲することが柱だが、それは民主主義の原理と基本権に反するというのが文検察総長の主張だ。 (中略)

 韓国の法律事務所に務める外国人弁護士が企業を代表して公務員に会い、ある提案を行った。正常で合法的かつ通常の行為だ。公務員はそうした提案を自由に拒否することができる。しかし、このケースでは検事がそれを聞いて不快に思い、弁護士本人を自分の事務室に呼びつけた。

 弁護士は「何か間違ったことでもしたのか。自分はただ提案をしただけだ」と話した。しかし、検事は「いや、あなたは請託を行ったのであって、それは違法だ」と告げた。弁護士は「それは検事の解釈でしかすぎない。提案と請託は法的にどう異なるのか」と尋ねた。検事は「それは簡単なことだ。自分が弁護士さんを気に入れば提案になり、嫌えば請託になる」と答えたのだった。 (中略)

 先程の検事の話に戻ろう。仮にその検事が新聞を賑わわせる事件を担当し、必ず成功しなければならないという圧力を感じていたとしよう。検事にとって、成功とは法廷で勝つことであって、裁判所が「細かいところまで捜査した」と認めたり、弁護士が「公正な捜査だった」とうなずいたりすることではない。 (中略)

 容疑者を徹夜で取り調べ、弁護士の同席を阻み、有罪判決が出る前の段階で容疑者をマスコミのカメラの前に立たせて犯罪者扱いする慣行は、全て検事は事案をうまく処理しようとする過程で生じたものだ。

 そうした慣行は何も今に始まったことではない。30歳以上の韓国人の大半は似たような話を聞いたことがあるか、実際に経験している。そういうシステムは虐待を制度化してしまうのだ。

 結果はかなり有害だ。法律を執行する人物が不公正であれば、司法システム全体が軽蔑される。朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領とその側近、崔順実(チェ・スンシル)、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の裁判を控えていた時期にある韓国の記者がこんなジョークを飛ばした。

 「3人とも有罪判決を受けるが、李副会長は財閥トップなのでふた月もすれば出てくる。朴前大統領は政治家なので2年もすれば赦免され、崔氏は一般人なので忘れられ、20年は刑務所暮らしだ」

 笑えるが実は悲劇だ。韓国の民主主義の最大の弱点こそ不公平な司法システムだ。自分は何かを見逃しているかもしれないが、そうした点で検察の権限を一部移譲するという政府・与党案には一理あると言える。
(引用ここまで)

 マイケル・ブリーン氏によるコラム。
 かつては超親韓派と呼んでもいい人物だったのですが、最近ではムン・ジェイン政権を批判する立場をとっています。
 「もう韓国は反日や抗日をアイデンティティとすることをやめたほうがいい」と語ったり、「セウォル号の記念施設を光化門広場に作るのはやめるべきだ」と語ったりしています。
 今度はムン・ジェインがやろうとしている韓国検察の改革について言及。
 結論としては「韓国の検察はメチャクチャだから、警察に対して検察の権限を一部委譲するという改革は一理ある」というものなのですが。

 韓国の検察はメチャクチャか……と問われればメチャクチャですね。
 フォトラインという慣習があって、絶縁テープでバミられた場所で容疑者はマスコミ対応をしなければいけないのですね。
 その場所が検察庁の前。
 このフォトラインでの会見を仕切っているのはマスコミってことになっていますが、実際には検察によるさらし首。
 ノ・ムヒョン、イ・ミョンバク、パク・クネと大統領が3代続けてこのフォトラインに乗せられてますね。
 大韓航空のナッツ姫は関税脱税事件で「なんだったらもう一度フォトラインに立つか?」みたいな脅しで事情聴取に向かったというのですから、どれだけ圧迫されるか分かるというものです。
 まあ、これまでの雲の上の存在だった人間がそうやってもみくちゃにされることで溜飲を下げるという効果があるのでしょうが。
 このフォトラインが存在している、というだけで韓国人の人権意識というものがよく分かるかと思われます。

 あと、ザ・キングという映画がありまして、これの舞台が韓国の検察。
 もちろん、フィクションですからそれが真実というわけではないのでしょうけども、韓国人にとって納得できる内容でなければいけないわけですよ。
 検察官である主人公が最初に「有罪にすべき人物を、上からの圧力で無罪にした」という件があるのですが、これがもうね……「うわ、どっかで見たわ、こういう事件」って韓国を眺めてきた人ならなるもの。胸クソ案件。
 韓国ウォッチャー的には味わい深い映画なので一見してもよいと思います。

 で、この検察改革なのですが。
 警察に検察の権限を委譲させたところで、警察官も韓国人なのですからそのメチャクチャさが変わるとも思えませんけどね?
 韓国のどこに行こうとも、なんらかの形でプチセウォル号的な事故に出会う確率があるのと同じように、韓国人の権力者が根本的に持っているメチャクチャさが変わらない以上、どこに権限を委譲させても同じことですよ。

Amazonプライムビデオでレンタル500円。
ザ・キング

楽韓さん、本日の動向 - おっと忘れてた

●土曜日投資短信(月曜版)
 忘れてた。
 あまりなにもなかったんですが、WTI連動ETF(1690)をちょっとだけ購入。
 WTI原油価格が50ドル以下になったらちょっとずつ買っていこうかと考えてます。いつか高騰することもあるだろうて。

 ちょっと面白かった非韓国ネタの記事をピックアップ。
スタバと大量閉店「黒船チェーン」の決定的な差(東洋経済)
三菱商事も出資、「コメダ珈琲」の拡大が止まらない(ニュースイッチ)

 TwitterのTLで見た「併読したほうがよさそう」というネタ。
 徹底したローカライズをするのか、文化を作り出すのか、という話。

 Kindleの週替わりまとめ買いセール永遠の0が対象。わりと好き。須本壮一は百田尚樹原作でついにブレイクしたなー。

まとめ買いでないと30%オフにならないので注意。
永遠の0 : 1 (アクションコミックス)
百田尚樹 / 須本壮一
双葉社
2010/7/28

 さらにKindleで新書フェア。新書は数を読むのにちょうどいいので一番好きな形態だなー。
 明日以降、対象本を掘っていきます。

桜井章一の本は何冊か読んでもよいと思う。
運を支配する (幻冬舎新書)
桜井章一 / 藤田晋
幻冬舎
2015/3/18

 あと松屋の牛めし&豚めし&カレーが今日だけのセール。

松屋 牛めしの具(20個入)【冷凍】
松屋
2015/6/2

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。羽生九段の人工知能の核心も日替わりセール。
眠れなくなるほど面白い 図解 経済の話
神樹兵輔
日本文芸社
2018/12/13