相互RSS募集中です

2019年05月

韓国外交部、「日本は提案に対して慎重に知恵を集めるよう希望する」とか言い出す。おまけにG20大阪での首脳会談も希望していて「非核化について協議しよう」……ですって

(聯合ニュース)
韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題を巡り、被害者への慰謝料支払いに関する韓国政府の提案を日本が拒否したことについて、外交部が日本側に「慎重に知恵を集めるよう希望する」との立場を示した。

 同部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は20日の定例会見で、「政府は大法院の判決を尊重するという基本的な立場の下、被害者の苦痛と(心の)傷の実質的な治癒、そして未来志向的な韓日関係構築の必要性などを考慮し、この事案を慎重に扱っている」とした上で、「日本側が被害者の苦痛と傷の治癒、韓日関係の発展に向けて慎重に知恵を集めていくことを期待し、希望する」と述べた。 (中略)

 金氏は政府の提案内容について「民事訴訟に対し政府が直接関与することは不可能だ。日本企業が裁判の結果に伴う協議に応じていない状況の中で、当事者間の和解の道を提示する内容が盛り込まれている。細かい内容は当事者の協議の過程で具体化することができるようにしている」と説明した。

 「日本側が正式に立場を表明してきたか」との質問には、「日本側が公に立場を発表したと承知している」と答え、この発表を日本側の公式の立場として受け止めていることを示唆した。
(引用ここまで)

 韓国外交部の認識では、これこそが本丸の提案であって観測気球等のつもりはない、ということか。
 ばーっかじゃねえの?(3回目)

 慎重に知恵を集めるもクソも、こんなのが「韓国政府から出せる唯一の解決策だ」っていうなら、もうなにも相手することなくICJ単独提訴まで行ったほうがなんぼかマシ。
 日韓基本条約に違反する違法状態を是正しろっていうのが日本の言い分。
 それに対してたたき台でもなくこんな案を出してきたっていうなら、そりゃ発表から20分で外務省から即座に否定されますわ。
 この先週末に提案を受けていながら、日本側が仲裁委設置におけるフェーズをひとつ進めたのも当然。

 問題点の整理ができていないとしか言いようがない。能力がない人間のやる典型的な行動にしか見えませんね。
 こんなものが8ヶ月経過してから出されるとかあり得ない話ですわ。

 というか、いくら現在の外交部が「積弊清算」の名の下に粛正され切っていてボンクラしかいないにしても、この提案が日本に受け入れられる可能性があるかどうか分かりそうなものですけどね。
 閑職に回されていたり、退職しているといえどもジャパンスクールの残りはいるでしょうから、彼らに提案を受け入れてもらえるかどうかの確認くらいはできるでしょうに。
 あるいはそれすらできない、という可能性もなくはないですけどね。
 今回の提案が最終的なものであり、曲がらないのであれば日本が受け入れる、受け入れないということはあまり関係がない。
 受け入れた時のオプションと受け入れなかった時のオプションだけを考えておけばいいというだけですからね。

 おそらくはここのところ、一方的に韓国側にだけ諫言をしているアメリカへのエクスキューズという面もあるのでしょうが。
 こんな提案、アメリカ当局だって苦笑して終わりですわ。
 韓国的には今回の提案でG20での首脳会談への道が開かれたように認識しているようですが……。

「非核化など協議すべき事案多い」 日本に首脳会談開催促す=韓国外交当局(聯合ニュース)

 北朝鮮事情全般であればともかく、「非核化」については韓国がプレイヤーではないという判断を日本政府が下している可能性もありますね。
 いくら非核化について韓国と協議したところで無駄足にしかならない。
 情報を掴んでいるのはアメリカ側だし、交渉もアメリカとのそれでなければ意味がない。
 幸い、アメリカとは「ハノイでの交渉は決裂するかもしれない」という情報を事前に共有できているくらいなので、韓国との協議はなくても問題ないんじゃないでしょうかね?

猿真似サッカー選手のMonKIことキ・ソンヨン、なぜか日本に旅行に来る

女優ハン・ヘジン&サッカー選手の奇誠庸、仲睦まじい夫婦の日本旅行認証ショット(中央日報)

 Cheeky MonKIことキ・ソンヨンが日本旅行に来たとのこと。
 いや、なんで対日本戦のゴールパフォで猿の真似をするほどに嫌いな日本にわざわざくるんだかな。
 韓国でもスコットランドでも好きなところに行けばいいのに、なぜ日本に来るんだっていう。
 キ・ソンヨンなんて日本人は誰も知らないから、気楽だっていうことはあるのかな。
 知名度調査をしたらまあ0.1%~0.01%ってところかな。ざっくり10000人にひとりは名前を把握していて、「こういうことをした人です」と解説されたら1000人にひとりが思い出すというくらいじゃないでしょうか。

 アロンソが現役の時には日本に来ては地下鉄でくつろいでいるショットをインスタグラムに掲載していたりしますが、それとはちょっと違う意味合いで目立たないっていうのはありがたいことなのでしょうね。
 嫁のなんとかという女優ともども、日本での知名度はほぼゼロでしょうから。
 そういえばこのふたり、新婚旅行は北海道にきていたらしく、こちらもこちらで苦笑するしかない話。

韓国政府による「徴用工のための財団設立」は、あえて「日本に断られるために」発表した可能性……そこに潜む意図とは?

強制徴用:「韓日企業が慰謝料出資」韓国提案の意図は…責任逃れ用?(朝鮮日報)
韓国外交部の高官は先週末に日本を訪れ、強制徴用賠償判決問題に加え、大阪での主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせた韓日首脳会談の開催を打診したという。外交部の当局者はこれについて「確認できない」として明言を避けた。 (中略)

大菅報道官は「韓国側にも(提案を拒否する)立場を伝えた」と述べた。大菅報道官は「日本の立場をいつ伝えたのか」との質問に対し「時期を含め、外交上の対話については詳細をお話しできない」としながらも「事前に伝えた」と述べた。大菅報道官の発言が事実なら、韓国政府は日本側の拒否の立場を知りながらも今回の提案を発表したことになる。
(引用ここまで)

 韓国側からの提案は事前(先週末)にチョ・セヨン外交部第1次官によって伝えられていた。
 そして、日本政府からはその提案を拒絶することを、昨日の韓国政府による発表よりも前に伝えていた。
 つまり、元から拒絶されることが分かっていた上で韓国側は昨日の発表を行った、ということですね。

 実際、韓国の発表に対して日本側は食い気味に拒絶を発表しています。
 韓国の外交部で当該文書のリリースは16時11分に発表されています。

強制徴用判決問題、韓国政府の立場(韓国外交部・朝鮮語)

 聯合ニュース日本版のTwitterが速報を出したのは16時9分。



 で、大菅外務報道官が記者会見を行ったのが16時35分から。

大菅外務報道官会見記録(外務省)

 その間、わずか20分ちょっと。
 韓国では「1時間もしないで拒否された」と語られてますが、それどこの話じゃなかった。
 これだけ短時間で反応を見せたのは日本としても拒絶を強く行った、ということを強調したかったのでしょう。

 そもそも、韓国側も拒絶されることを分かった上で発表している。
 そこにどんな意思があるのか……ということですが。
 まあ、「韓国政府は努力した」というアリバイ作りでしょうね。

 ただ、そのアリバイをどうやって使ってくるのか、そのあたりが怪しいところではあります。
 韓国側の主張はあくまでも「日本に併合されていた時代はなにもかもが違法」という大法院判決を優先するということですから。
 ただ、その賠償の手当てとして日韓の企業が「自発的に」参加する財団を作る、という話をしただけ。韓国政府すら参加しない。
 ここにわざわざ「この提案を日本政府が受け入れれば請求権協定に定められている3条1項の外交協議をはじめることを受け入れる」という条件をつけてきたのも気持ち悪いところです。
 「韓国が提案し、それを日本が拒絶した」という形を作り上げたかったのかなぁ……という感触がありますね。それを韓国政府がどう利用するのかはまだ見えていませんが。
 「我々は『請求権協定による協議申し入れを受け入れる』と表明したのに日本が拒絶した」という形をとるためかなぁ……いくらなんでも無理筋だと思いますけどね。

牧野氏の新刊。これから読みます。
ルポ「断絶」の日韓 なぜここまで分かり合えないのか (朝日新書)
牧野 愛博
朝日新聞出版
2019/6/13

韓国経済:韓国政府「誰がなんと言おうと所得主導成長はやめない!」……なんて頼もしいんだ(日本にとって)

【取材日記】経済成長率めぐり「希望拷問」をする韓国政府(中央日報)
18日には憂鬱なニュースが続いた。国際格付け機関のフィッチが今年の韓国経済成長率見通しを従来の2.5%から2%に0.5%ポイント引き下げた。フィッチは「最低賃金の急激な引き上げが企業心理に負担を与えた」「民間投資が昨年4-6月期以降、減少し続けている」と指摘した。同日、グローバル投資銀行(IB)のゴールドマン・サックスも韓国の経済成長率見通しを2.3%から2.1%に引き下げた。 (中略)

これらの機関が成長率引き下げの根拠に挙げたのは、最低賃金の急激な引き上げ、勤労時間の短縮のような政府「所得主導成長(所主成)」の中核となる政策だ。だが、前日である17日、大統領直属の所主成特別委員会が開催した討論会では「自画自賛」が相次いだ。

「堅実な内需基盤なく輸出だけに過度に依存する成長モデルが問題だ。我々が直面している困難は所主成の必要性をさらに強く物語っている」〔洪長杓(ホン・ジャンピョ)委員長〕。「所主成は依然として有効な政策で、必ず成功しなければならない」〔李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事〕。

政府は毎月雇用動向を発表し、経済動向を分析するたびに「うまくいっている」ないしは「肯定的要素がある」という評価を繰り返してきた。雇用率が高い時は「雇用率上昇が意味ある」、失業率が最悪の時は「公務員試験願書受付シーズンだ」、失業者が最大の時は「(失業者が多いことが)常に否定的なわけではない。失業者は景気が持ち直して求職活動が増える時も増加する」と説明するような形だ。当然、政府の今年経済成長率見通しも最も高い水準(2.6~2.7%)だ。
(引用ここまで)

 第1四半期の経済成長率が-0.3%の速報値下方修正されて-0.4%になろうとも。
 失業率が4%台で高止まりしようとも。
 失業者がいつ見ても100万人以上になっていたって。
 野村證券が今年の成長率予想を1.8%にしようとも。
 所得主導成長政策の勢いは止まらない!

 他国の国家元首をこれほどまでに頼もしく思ったことがあったでしょうか。
 いや、ない。

 ムン・ジェインが大統領に就任してから約2年。
 ここまでは世界経済が順調だったこと、および半導体メモリの異様な高騰に支えられて韓国経済の見た目の具合はそこそこよかったのですよ。
 国内の雇用環境は所得主導成長によって破壊されてきましたが、そのわりになんとかなってしまったのは韓国経済が基本的に外需頼りであることと、世界経済が順調だったことが原因。

 失業率を見ても、ここまで世界規模で改善されてきたのですが、韓国だけはその流れに逆らうかのように悪化させてきました
 2017年は3.68%、2018年は3.84%。
 2019年は4%台になるのは間違いないところ。
 それでも所得主導成長は曲がらない……か。
 ですが、米中貿易戦争でじわりと世界経済の様相が変化しつつある。

 来年の最低賃金についてはこのあとで扱う予定ですが、中小企業や自営業者からは「凍結してくれ!」と叫びにも似た声が挙がっています。
 もちろん、労働組合からは「上げろ」との声が挙がっています。
 ムン・ジェイン政権がどちらを向いているかを考えれば、どうなるかは……分かりますよね。
 いや、ホントに頼もしいわぁ……。

読了。切り込み方が面白くさっくりと読めました。
父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。
ヤニス・バルファキス
ダイヤモンド社
2019/3/6