相互RSS募集中です

2019年05月

韓国大統領府「首脳会談に日本が積極的でないなら我々もこだわらない……だけど扉は開かれている」とか謎の上から目線……もう日韓関係は行き着くところまで行くしかないのか?

青瓦台「日本にいつでも会う意向ある…過去史・未来関係の分離を」(中央日報)
G20大阪:韓国大統領府「日本が会談に積極的でないなら我々も…」(朝鮮日報)
青瓦台(チョンワデ、大統領府)は20日、韓日首脳会談の白紙化の可能性について「韓国としてはいつでも会う意向があり、いつでも開かれている」と明らかにした。

高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台報道官はこの日、春秋(チュンチュ)館で記者会見を通じて韓日首脳会談が白紙化されるかとの質問に「今のところ決定されたことはない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領のG20首脳会談の日程が整理され次第、お知らせする」と話した。

高報道官は「われわれは今まで韓日首脳会談が開催されることを希望すると明らかにし、文大統領もそのように話した」として「われわれは過去史問題と現在・未来の韓日関係を『ツートラック』に分けるべきだという一貫した立場を持っている」と伝えた。
(引用ここまで)

 韓日首脳会談は今回、略式会談または立ち話程度にとどまる可能性が高くなった。大統領府はG20サミットの期間中、最大5回の会談が可能だと見ている。大統領府関係者は「今回の韓日首脳会談は徴用判決の問題とは別個」だとした上で、「日本が会談に積極的でないなら、我々もこだわる理由はない」と述べた。大統領府の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は韓日首脳会談の推進について「韓日会談への門戸は引き続き開かれている」と述べた。
(引用ここまで)

 出た出たツートラック。
 日本の言っていることはもっと単純で、日韓基本条約に違反した状況をなんとかしろって話だけなのですよ。
 その進捗があるまで、生半可な状態では会うことができないというだけの話。
 パク・クネが「安倍政権が歴史認識を変えるまでは日韓首脳会談は行わない」なんて言っていたことに対して、安倍総理は「扉は開いている」と言い続けてきた構造を逆転させたかのようなやりかたにしたいのでしょうが。
 朝日新聞もそんなような社説を出していましたが。
 あの時とはまったく状況が異なっている。
 韓国側がいくら「扉は開いている」って言葉をパクったとしても、シチュエーションが違ってれば対応する必要なんて出てこない。

 国と国の間の約束事を破っているのだから、それを是正しろという話は説得力を持っているとは思いますけどね。
 もちろん、韓国側にも言い分はあるのでしょうよ。
 でも、そんな話は首脳会談だけで片がつくわけじゃない。かといって実務者会談は何度もやってきたけども埒があかない。
 じゃあ、事態打開のために日本は請求権協定にある規定に従って動いているというだけ。

 言いたいことがあるなら外交協議に出てくるか、なんなら国際司法裁判所まで来て言えばいいんですよ。
 今回の徴用工裁判はそうしないと収まらないところにまできているのです。
 むしろ、楽韓Webで前からいっているように「国際司法裁判所であえて負ける」くらいのことをしないと、韓国の「国内問題」としては収まりがつかないでしょうね。
 最後の手段といってもいいくらいだと思いますよ。
 木村幹教授も言っていた「国際司法裁判所に一度預けることでこの問題を一度棚上げして、クールダウンできる」という効果もあるでしょうね。
 もう行き着くところまで行くしかないってことですわ。

【悲報……でもない】韓国人の訪日観光客、減少に転じる。理由は……かなり悲しげなものだった

韓国人の日本旅行、5.8%減少…景気低迷で青年が財布開かず(中央日報)
韓国人の日本旅行が減少している。日本政府観光局(JNTO)によると、5月の訪日韓国人旅行客は60万3400人と、前年同月比5.8%減少した。今年(1-5月)に入って4.7%減で、3カ月連続の減少となった。過去1年間(2018年6月-19年5月)を前年(2017年6月-18年5月)と比べても4.5%減った。

JNTO韓国事務所の関係者は「国内経済事情と円高が反映されたようだ」とし「外部要因では最近ベトナム旅行客が急増するなど視線を東南アジア側に奪われている」と説明した。韓国旅行業協会の関係者は「2017年のTHAAD(高高度防衛ミサイル)韓国配備の影響で中国旅行の需要が減り、相対的に日本旅行の需要が大きく増えたが、中国旅行の需要がまた増え始めたということ」と話した。

2000年以降、日本旅行を主導してきた旅行会社「旅行博士」の関係者は「最近の日本旅行の需要は20-30代が主導してきた。この人たちが依然として主な顧客だが、最近減少しているのは事実」とし「若者は費用がかからない旅行を好むが、経済的な要因が作用したようだ」という見方を示した。 (中略)

専門家は日本旅行の性格に注目している。イ・ウンヒ仁荷大消費者学科教授は「日本は外食・ファッションなど若者が好むコンテンツが多く、学生もアルバイトでお金を貯めて旅行したい国に選んでいた。しかし経済的にそのような状況でなく減少したようだ」とし「心理が消費に影響を及ぼすように旅行も同じで、未来に対する不安感が大きく作用したはず」と分析した。 (中略)

コンビニエンスストアやフランチャイズ飲食店などでアルバイトをするイさん(26)は「SNSを見ると10万ウォン(約9300円)以下で日本行き飛行機のチケットを購入したというコメントが多い。そういうものを見るたびに一度行ってみたいと思うが、そのほかの費用を考えると決断しにくい」とし「最近はアルバイトを探すのも難しい」と語った。 (中略)

漢陽大観光学部のイ・ヨンテク教授は「景気沈滞前には近距離・短時間・節約型旅行が増えるが、最近の日本旅行傾向がそのようなシグナルとみられる」とし「商品周期理論に基づき観光も導入・成長・成熟・衰退期という段階をたどるが、成熟段階で新しいものが出てこなければ消えていく」と説明した。
(引用ここまで)

 本格的な不況のサインが韓国で点滅している中、LCCや安宿で訪日費用は低下したものの韓国人観光客が減少した……との分析。

 前年同月比でマイナス5.8%。
 1-5月の前年同期比でマイナス4.7%。
 '18/6月-'19-5月の1年間をその前の1年間と比べてもマイナス4.5%。
 3ヶ月連続の減少。
 減少に転じたのは間違いないところ。

 ちなみに訪日観光客全体の数字を見てみると──

 前年同月比ではプラス3.7%
 1-5月の前年同期比でプラス4.2%。
 1-5月期で二桁増なのはタイ、インド、ベトナムといった東南・南アジアの他、中国、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ドイツ、イタリア、ロシアなど。
 ふむ、韓国が減った分を他の地域がカバーしているといったところですか。

 韓国以外で1-5月期で減ったのは台湾(-1.4%)、香港(-1.7%)。
 ま、韓国も含めてこのあたりは需要が一巡したってところですかね。
 ここ何年かタイからの伸張がすごかったという話は聞いていましたが、去年あたりからベトナムがぐっと伸びているとのこと。
 まあ、上位だった韓国からの減った数を、ベトナムやその他の国で補ってあまりある、といったところかな。
 基本的には全体数が伸びているのだからさほど問題はないのでしょうね。特に訪日韓国人は(そして訪韓する日本人も)財布の紐が固いことで知られているので。

 さて、これまで「訪日する韓国人が増えている」ということで「民間外交は最高潮なのだ」みたいな話をしていた人たちがいると思うのですが。
 この減少傾向が年末まで続いて1年間減り続けたらなんて言うんでしょうね?
 ま、来年は東京オリンピックもあって増えるのでしょうけども。

 もっとも楽韓Webでは「観光客が増えたからって民間の日韓関係がよくなるわけでもない」と何度も語ってます。
 たとえ多少はよくなるにしても、ムン・ヒサンが天皇謝罪要求発言をしたり、火器管制レーダー照射時件のようなことが起きれば全部がひっくり返されるレベルでしかない。
 いくら「民間外交」とやらが多少なりともうまくいっていたとしても、ムン・ジェインが出てきて日本に対してなんか言えばそれで終わりの賽の河原。
 どっちにしたって意味がない。
 生温い「民間外交」とやらがダメになったら、今度は文化が云々とか言い出すんですかねー。

今年10月の海上自衛隊観艦式、韓国は招待されず……安倍総理の乗る観閲艦は空母改装を待ついずも型に

10月観艦式、首相「いずも」乗艦へ 防衛力アピール(産経新聞)
 政府は10月に開く海上自衛隊観艦式で、安倍晋三首相が乗る観閲艦に「いずも」型を起用する方向で調整に入った。空母化への改修が決定した海自を象徴する護衛艦に首相が乗艦することで、防衛力強化や「自由で開かれたインド太平洋」を国内外に発信する狙いがある。政府関係者が20日、明らかにした。 (中略)

 海自は昨年から「インド太平洋方面派遣訓練」を開始。2カ月以上にわたり南シナ海やインド洋をめぐり、沿岸国との共同訓練などを通じ日本の存在感を高めている。昨年はかが、今年はいずもを派遣した。5月にはトランプ米大統領が首相とともにかがに乗艦し、強固な日米同盟をアピールした。

 海自観艦式には約40隻の海自艦艇が参加するほか、米国など友好国の海軍も「祝賀航行部隊」として招待する。今年は中国も参加する方向だが、昨年12月の自衛隊機への火器管制レーダー照射問題を受け、韓国の招待は見送る方針だ。
(引用ここまで)

 観艦式にはそれほど友好的ではない国でも招待されるのが慣例となっています。
 今年4月に行われた中国の観艦式に海上自衛隊が招待されたように、ですね。
 もちろん、自衛隊旗である旭日旗を掲げて参加しています。
 中国国内の認知では「我々は戦勝国だ」ということになっているようなので、まあそのあたりを気にしないのでしょう。
 返礼として日本も中国を招待する。
 ま、あくまでも表面的な儀礼の行き来ではありますが、ないよりはマシ。

 でも、韓国とはその表面的な儀礼の行き来すらできなくなってしまっているわけですね。
 海上自衛隊の観艦式は3年に一度。
 日韓関係が現状のまま、もしくはさらに悪化するであろう将来においては相互の招待もなくなるのだろうなぁ。
 海自所属艦が旭日旗を降ろすことはあり得ませんからね。
 ま、それはそれでよし。
 日本と韓国の間柄なんてそのていどでよいのですよ。
 単に地理が近いだけの隣国であって、最低限度のつきあいさえすればいい。「日韓友好」が日本の国益であるかどうか、しっかり見極めてから行動すればいいだけの話です。

日韓戦争を自衛隊はどう戦うか
兵藤二十八
徳間書店
2019/4/10