相互RSS募集中です

2019年06月

板門店の米朝首脳会議を主導した(?)ムン・ジェインは米朝関係の「仲介者」になったのか、それとも「蚊帳の外」のままなのか……

目標を立てたら批判や苦言を意に介さない「文在寅スタイル」(朝鮮日報)
史上初の板門店での米朝首脳会談で「脇役」に徹した文大統領(朝鮮日報)
 韓国政界では1日、米朝首脳会談に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が同席できなかったことを巡って「韓国疎外論」が持ち上がった。だが文大統領と韓国大統領府(青瓦台)は、こうした批判を全く意に介さない雰囲気だ。ハノイ会談決裂後、米朝会談再開のため総力を挙げてきた文大統領としては、今回の「6・30板門店会談」で突破口を得られたので、本人が米朝会談に同席できなかったとしても全く問題はないのだ。

 与党側では「文大統領らしいスタイルが今回の会談実現の過程でも如実に表れた」という評価がなされている。文大統領は、自分が立てた目標を達成するためならば周囲の批判や苦言、屈辱的状況は意に介さず、粘り強く推し進めてきたという。 (中略)

 目標を立てたら批判や苦言にも揺るがないのは、国内問題でも同様だ。文大統領は、企業・自営業者・専門家が変更を要求し続けている所得主導成長や脱原発政策、野党との協治についても「補完はあっても修正はない」という立場を曲げていない。文大統領は、先月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議でも所得主導成長を国際的にアピールした。
(引用ここまで)

 今回板門店で行われた米朝首脳会談での文大統領の役割をめぐっては、評価が分かれている。一部では「トランプ大統領を粘り強く説得し、ハノイでの会談失敗以降全く進展のなかった米朝非核化交渉を再開させるきっかけをつくった」と肯定的な評価が聞かれる。一方で「韓国の地で世界的な外交イベントが開催されたのに、肝心のわが大統領は周囲で見ているだけだった」と残念がる声もある。「文大統領が、非核化交渉の主導権を握っている米朝の間で実質的な進展を引き出すのであれば、結果的に今日の『助演』が主演2人より輝きを放つだろう」という指摘も出ている。
(引用ここまで)

 保守紙である朝鮮日報がムン・ジェインを評価している……と思ったのですが、これはあれだな。褒め殺しだな。全体的にこの記事の翻訳がよくなくていまひとつ空気感が出ていませんが。
 「左派の連中はムン・ジェインがあくまでも『あえて脇役になった』とか言っている。目的さえ果たせればそれでいいとかいうことにしてるってことか。そういえば経済政策でも同じだな。「もう無理だ」って何人も言っているのになにも変えようとしてないわ、こいつ」っていうくらいな記事ですね。

 ま、実際のところ、この米朝首脳会談の場を提供するまでは完全に「ムン・ジェインは蚊帳の外」でした。
 うちもそういった趣旨のエントリを書いていましたし、ちょうど同じ日にデイリー新潮で鈴置高史氏も似たような記事を書いていました。

北朝鮮が韓国に“仲介者失格”の烙印 それでも文在寅が続ける猿芝居の限界が来た(デイリー新潮)

 アメリカ、日本はおろか、北朝鮮からも相手にされていなかったのは間違いない。
 ムン・ジェインの立場が「仲介者」に戻ったのか、それとも「蚊帳の外」のままなのか。
 そもそも「ムン・ジェインが主導した」みたいな話が韓国で出ていますが、本当にそんな役割を果たしていたのか。
 早急に決めてかかるのはちょっと難しいかな、という気がしています。
 まあ、これまでがこれまでですし。実際に板門店の会談には口出しできていないっていうところから見ても「仲介者」であるとは思えませんけどね。私見として。

 ちなみに日本が米朝首脳の会合についてなにも知らされておらず、「ジャパンパッシングされた!」って話も出てますが。
 あの展開の中で日本が一定以上の役割を果たしていたらむしろおかしい。
 あくまでもアメリカと北朝鮮の二国間関係であって、その場にいたムン・ジェインですら「あえて自ら脇役となったのだ」としか擁護のしようがない状況だったわけですから。

 あの場で日本がとれる役割なんてなにもないでしょう。
 あそこで日本に「これからキム・ジョンウンと板門店で会う」っていう話が通っていたとしたら、日米蜜月の具合が気持ち悪すぎる。
 というか「陰ですべてを操っているのがアベ」っていう逆説的安倍無敵論を唱えている連中が真実を語っていたことになってしまうレベルですわ。

半導体材料輸出規制にも動かない韓国大統領府……担当省庁は延々と会議を重ねたものの出てきた対応は「だ……WTOに提訴してやる!」……え、それだけ?

対韓輸出規制:関係悪化招いた韓国大統領府、尻拭いは担当省庁に押し付け(朝鮮日報)
 日本政府が1日、強制徴用に対する賠償問題などを理由に、半導体やディスプレイなどの製造に必要な素材の韓国向け輸出の規制に乗り出した。しかし韓国大統領府はこの日は何もコメントしなかった。

 強制徴用判決を受け、韓日関係の悪化を事実上、放置してきた大統領府と外交部(省に相当、以下同じ)は、「経済問題」との理由で対応を経済関連の部処(省庁)に押し付け沈黙を守っている。大統領府は徴用判決が出た際には「司法の決定なので政府はどうしようもない」などとコメントしていたが、日本が事実上の「経済報復」に乗り出すと「担当部処が対応する」との論理を出し始めた。

 韓国大統領府のある関係者は「産業通商資源部など関係部処が対応するだろう」「特に言うべきことはない」とコメントした。 (中略)

 韓国大統領府はこれまで特定の問題で成果があれば前面に出るが、責任問題や後始末が必要な事案では所管の部処に責任を押し付けるパターンを何度も繰り返してきた。例えば先月16日、リビアで拉致されていた韓国人が315日ぶりに解放された際、外交部がこれを発表する慣例を破って大統領府が直接ブリーフィングを行い「文在寅(ムン・ジェイン)大統領がアラブ首長国連邦(UAE)の皇太子に特別に要請した。UAEの支援が決定的に作用した」などと説明した。(中略)

これとは逆に北朝鮮の木造船が江原道の三陟港に入港し帰順した事件では、大統領府は国防部に対応を一任した。今回、日本による経済報復に対しても同じような対応に出ているのだ。
(引用ここまで)

 面倒毎はすべて省庁に押しつけて、大統領府はおいしい果実だけもらっていっているっていうのは実際でして。
 記事中にある例以外にも山ほどあります。
 たとえば徴用工裁判の対応については省庁に押しつけ先がなかったので、国務総理(首相)であるイ・ナクヨンが押しつけ先でした。
 イ・ナクヨンと識者による会議は延々と行われていて、財団方式とかなんだとかアイディアは出していたようですが、大統領府から「そんなものは受け入れられない」「内政干渉だ」って一刀両断されていたのですよ。
 ですが、6月も半ばになってから唐突に「やっぱりこの財団方式でどうですかと大統領府が言い出してきたのだから大笑いです。
 自分たちではなにも考えてなかったんだなっていう。

 で、今回の半導体材料輸出規制についても同様に産業通商資源部に対応を丸投げ。
 まあ、それを予期してか報道の出た日曜日の午前中から産業通商資源部は会議を重ねていた、ということですけどね。
 まあ……その会議の結果、出てきた具体的な対応は「WTOに提訴するぞ」だけだったのですが。

半導体輸出規制、撤回を=韓国「WTO提訴」と警告(時事通信)

 産業通商資源部長官の談話で「韓国企業の技術力を向上させる」っていう話もしていたようですが、サムスンやらSKの在庫枯渇に間に合うといいですね(はぁと)。

 というわけで今回もムン・ジェインはなにもやる気なし。
 板門店における米朝首脳による面談のお膳立てをしたことでG20の汚名も返上したと考えていることでしょう。むしろ、それ以上の得点をしたと思っているのかな。

韓国をホワイト国リストから削除する件で経済産業省がパブリックコメント募集を開始

輸出貿易管理令の一部を改正する政令案に対する意見募集について(経済産業省)

 韓国のホワイト国認定剥奪についてパブリックコメントがはじまっています。
 その理由がなかなかよろしい。

「国際的な平和及び安全の維持のため、大韓民国を仕向地とする貨物の輸出について仮に陸揚げした貨物に係る輸出の許可の特例を廃止する等の必要があるからである」

 ……ときたもんだ。まあ、この「国際的な平和及び安全の維持を図る」という文言は外為法を施行するためのお題目なので、こう書かれるのは当然なのですが。
 おっと、この文言は「改め文」のPDFファイル2ページ目に掲載されています。

 通常なら30日以上の意見提出期間が用意されているのですが、今回は募集開始が7月1日で締切日は7月24日。
 パブリックコメント募集は国民に対して「この政策に対してなにか言いたいことがあれば書いてください」というものなので、ご自由にどうぞ。
 ま、はっきり言って形式上のものですが。
 もしかして反対意見がとてつもなく大きければ覆るかもしれませんしね?
 とりあえず経産省のアナウンスのお手伝いまでに、ということで。

日本の半導体材料輸出規制に韓国が「対抗措置」を宣言するものの……できることはなにもない?

韓国政府、WTOに日本を提訴しても…「時間が長くかかり勝訴も確実とはいえない」(中央日報)
韓国政府は世界貿易機関(WTO)提訴などの対応措置をすると明らかにした。国立外交院経済通商研究部のイ・ヒョヨン教授は「外交的な理由で輸出を統制する行為はWTO規範上の違反事項である以上、議論になりえる」と話した。

反面、手続き上は問題がないという見解もある。梨花(イファ)女子大学国際大学院の崔炳鎰(チェ・ビョンイル)教授は「これまで韓国政府をホワイト国に指定して提供した恩恵(輸出手続きの簡素化)を今後提供しないという意味なので、韓国を差別待遇するのではなく、手続き上問題はない」と説明した。ホワイト国から除外されれば輸出制限品目を輸入するたびに日本政府の許可と審査を受けなければならない。

このような脈絡でWTOに提訴しても勝訴は難しいこともあるという見解もある。KLパートナースの金範洙(キム・ボムス)弁護士は「これまで(韓国に)恩恵を与え、今回から規制することを違反というには無理があると考える」と話した。

提訴の実効性に対する疑問もある。WTO提訴まで進むことになれば、訴訟手続きにかかる時間や2審まで続く過程までに韓国企業の損失が莫大にならざるをえないからだ。金興鍾氏は「3カ月ほど過ぎると、韓国内の半導体メーカーの部品調達が難しくなるため懐疑的」と明らかにした。

結局、問題を解決する道は絡み合った両国外交を改善していくところから始まるというのが専門家の一貫した言葉だ。崇実(スンシル)大学の温基云(オン・ギウン)教授は「今回の禁輸措置は両国間の外交的摩擦によって、産業や経済的側面で日本が韓国に対して具体的に報復する最初の段階」とし「これまで韓国政府が限度を越えすぎていた以上、政府が積極的にこの問題を解決しなければならない」と強調した。成均館(ソンギュングァン)大学の朴明燮(パク・ミョンソプ)教授は「政務的に解決するべきで、WTOに提訴すれば日本がもっと強く出てくる可能性もあり、関連規制を継続するかもしれない点も考慮しなければならない」として慎重なアプローチを注文した。
(引用ここまで)

 韓国政府が「対抗措置としてWTOへの提訴を考慮している」と表明していましたが。
 まず、そもそも勝てるのかと。
 日本政府のやろうとしていることは、これまでの優遇措置を取り上げているというだけ。
 半導体材料輸出規制についても、ホワイト国からの認定除外も手続きを通常のそれに戻す、というだけの話なのですね。
 軍事転用も可能な物質で本来は厳格な輸出規制の下におくべきものを、友好国であるということから「じゃあ手続きは簡略化しましょう」としていたもの。
 それを「韓国は日本の友好国ではない」と認定して「普通のつきあい」に戻しただけ。
 だから、最初に「これはうまいやりかただ」と書いたのですよ。  読売新聞が書いているように「輸出許可を一切出さない」のかどうか、まだ不明ですしね。輸出許可願いだしてみたら90日後に結果は分かるんじゃないでしょうか。

 ついで昨日も書いたようにWTOに提訴したところで結果が出るまでは数年間かかるわけで。
 WTO提訴が「実効性のある対抗措置」といえるかと問われれば、実質的にはなんの意味もない行為。「やってますよ」というエクスキューズ以外のなにものでもないですね
 じゃあ、韓国政府が実効性を伴っているなにかをできるのかという話なのですが。
 ……。
 …………。
 なにもなさそうかな。

 もちろん、あさっての方向で「日本からの輸入品は全部関税かける」とかもやろうとすればできますが。
 そうしたもう間違いなく報復の応酬で際限がない。
 ま、なにかとてつもない方策を考えているのでしょうね。伝家の宝刀ともいえるようなものを。
 日本のこうした「対抗措置」は去年10月に徴用工裁判の判決が出た直後からあるだろうとされていたもので、そこから丸々8ヶ月間も猶予があったのですから、さしもの韓国政府と言えども「対抗措置への対抗措置」をなにも考えていないわけがないですよね。
 なにも考えてなかったなんてことないですよね?
 ……え、まさか?

楽韓さん、本日の動向 - アクセス数が過去最高に……

【PR】Kindle Unlimitedが3ヶ月で99円のキャンペーン実施中
【PR】定額制で音楽聴き放題! Amazon Music Unlimitedが4ヶ月で99円のキャンペーン実施中

 ここのところアクセス数を気にしていなかったのですが、ふと見たら一昨日、昨日とPVでは過去最高を連続で記録していました。
 まあ……そりゃそうか。

 スクエニのガンガン系コミックス、まいどおなじみの1巻だけ半額というのをやってます。
 前に紹介したゴブリンスレイヤーその外伝以外に、事情を知らない転校生がグイグイくる。異世界食堂兄の嫁と暮らしています。ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかあたりが対象。

私小説に近いイメージ。物語がすごい展開するわけではない。特に初期は。
兄の嫁と暮らしています。 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)くずしろ
スクウェア・エニックス
2016/7/25

 ちょっと前ですが、池袋のトムボーイでディナー。サウスインディアンターリー。  793D70F4-63AD-478D-8389-82C3FB428283.jpeg

 プーリーがふたつあって「うわ、重そう」と思ったのですが、思いの他くどくなくペロリといけました。
 いや、重くないかって言ったら嘘だけど。それでも比較的軽い感じ。チャツネ2種、カレー2種。
 1900円。ちょっとランチも行ってみようかな。

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
心ゆさぶる成功者の名言99 偉人に学ぶ不滅の仕事術 (スマートブックス)
吉田 寿
CLAP
2015/3/2