相互RSS募集中です

2019年06月

「最低賃金を引き上げても日本は韓国のようにはならない!」……それでは韓国のやったことを日本の数字で見てみよう

カテゴリ:経済 コメント:(123)
最低賃金を引き上げても日本経済が韓国の二の舞にならない理由(ダイヤモンド・オンライン)
 それは、「最低賃金を引き上げたら韓国のようになるぞ」という主張だ。ご存じのように、かの国は最近、やたらとこう報じられている。

『韓国失業率、1月は9年ぶりの水準に悪化 最低賃金上げが響く』(ロイター2019年2月13日)
『最低賃金上げたら失業率上昇 韓国「弱り目にたたり目」』(朝日新聞2019年3月18日)

 文政権は最低賃金を急速に引き上げており、2018年に16%、2019年1月にも10%上昇した。これによって小規模事業者が打撃を受けて、機械の導入などで人件費を削減した結果、失業者が溢れかえったというのだ。

「その通り!日本も最低賃金を引き上げたら同じ地獄が待っている」という声が聞こえてきそうだが、これはかなり恣意的なデータの解釈だといわざるをえない。
(引用ここまで)

 この話、何度かうちでも扱っているので書いてみましょうか。
 まず、事実関係の整理。
 韓国では最低賃金が2018年に16.4%、2019年には10.9%上昇しています。
 それぞれ7530ウォン、8350ウォン。
 上昇額は、1060ウォン、820ウォン。
 この2年間は年率で約13.6%の上昇。

 東京で13.6%の上昇をやるとしたら来年の最低賃金は1119円。再来年は1271円。
 あと週に15時間以上勤めると8時間分の時給がもらえる週休手当があります。
 え、だって韓国を引き合いに出している以上は、「韓国と同じように上げる」のでしょ?
 だったら週休手当も加えないとダメでしょ。
 まさかそんな制度があることを知らなかったなんて言い訳するはずもないよね。ここまで断言しているからには。

 来年は週5日8時間フルタイムで働いたとすると週給で5万3712円。
 再来年は6万1008円。
 ざっくりとした年収だとそれぞれ280万円、300万円ってところか。
 うん、コンビニも牛丼屋も潰れますね。
 だってこれが最低賃金なら夜間手当はさらにもう200円やそこら時給に加えるわけですから。

 最低時給も出せないところは潰れればいいって言う輩もいますが、韓国の場合はそれで実際に潰れて所得下位20%の世帯の収入が17.7%減少してますからね。
 しかもこの数字は最初の1年での数字。つまり、16.4%上昇させた1年間の結果だけですからね。
 さらに10%以上上昇している今年はどうなることやら。

 収入がなくなる怖さというのを知らないとこういうことが書けるのかなぁ。
 誰も「最低賃金を上げるな」なんて話はしていない。
 生態系をぶち壊すような急激な上げかたをするな、と言ってるのですよ。
 たとえば、いますぐに沖縄の時給を一気に上げたとしたら、「時給が安い」という理由できている電話サポートセンターとかあっという間に撤退しますよ。

 最低賃金というのは誰にでもできる仕事のための給料なのです。
 それを一気に上げたら、それ以外の仕事の賃金も上昇させなきゃいけない。なぜって、技術を持っている人が最低賃金と同じ金額しかもらえなかったらさっくり離職するから。場合によっては外国企業に雇われることもあるでしょうね。

 韓国の例というのは、生態系を一気にぶち壊したらどうなるか、という話なのです。
 これを例として挙げた時点で終了してるんですよ。
 どこの国だって韓国のように上げたら韓国のようになるのです。

韓国人YouTuber「G20でムン・ジェインは空気だった」→ 韓国大統領府「フェイクニュースだ!」→実際に日程を調べてみると……ああ……これは

[ファクトチェック]文大統領、G20で7つのイベントのうち4つまで不参加だった(朝鮮日報)
ムン・ジェイン大統領が先月28~29日、日本の大阪で開かれたG20首脳会議で開・閉会式を含めて主要首脳がほとんど参加したセッションなど7つのうち4つまで不参加だったことが7日、確認された。ムン大統領は、セッションの6つのうち「デジタル経済」と「女性」など2つの特別セッションを含めて4つに参加しなかった。この席にはドナルド・トランプ米国大統領と習近平中国国家主席、ロシアのプーチン大統領らが出席していたことが分かった。このため、「ムン大統領がG20首脳会議で消えた」とのYouTubeの動画まで登場した。

大統領府は「フェイクニュース」と反論し、「大統領が公式セッションにいなかった時間はすべて二国間会談を行っていた」と釈明した。しかし、韓国の会談の時間とセッション時間は、いくつかは重複していたものの、セッションに不参加するほどではなかった。ムン大統領が「不在の時間帯」に何をしたのか、大統領府は明らかにしなかった。

●6月28日
ムン大統領は先月27日午後、習近平主席と韓・中首脳会談を行い、続いて在日同胞懇談会を行った。G20公式日程は28日から始まった。ムン大統領はこの日午前、各国首脳と歓迎式に参加し、記念写真を撮影した。歓迎式の後、昼12時から15分間「デジタル経済」をテーマに、通常の特別セッションが開かれた。米国・中国・ロシア、イギリス、フランスなどのほとんどのG20首脳が出席したが、韓国はホン・ナムギ経済副首相が出席した。ムン大統領は12時10分からモディファイ・インド首相と26分の間会談を行った。このインド首脳会談のために特別セッションに参加できず、セッション1に遅刻したというのが青瓦台の説明である。しかし、他の首脳がほとんど参加していた特別な、一般的なセッションの時間に、なぜ両者会談の日程を入れたのかについては、別途解明しなかった。

大統領は、セッション1が終了した午後2時23分からインドネシア、午後2時48分からフランスとの首脳会談を行った。午後3時から始まったセッション2はホン・ナムギ副首相が代わりに参加した。大統領府は、「最初から経済副首相が出席することに調整していた」とした。しかし、韓、フランス首脳会談が終わった午後3時11分は、セッション2に参加することができている時間である。セッション2は、午後3時頃にはじまり、午後4時30分ごろに終わった。ムン大統領は、その後の文化イベントや公式晩餐に参加した。

●6月29日
29日、初の日程は午前9時40分、女性の特別セッションであった。このセッションは元々は女性をテーマにした「サイドイベント」だったが、イベントの直前に「通常の特別なイベント」に変わった。米国・英国・ドイツ・フランス・カナダ、インド・サウジアラビアなどほとんどの加盟国首脳が出席したがムン大統領は出席せずに、午前10時のセッション3に参加して発言した。

ムン大統領はセッション3とセッション4の間の午前11時40分から25分間、韓・カナダ首脳会談をしたが、午後12時15分から2時までに行われたセッション4と閉会式には参加しなかった。トランプ大統領、習近平国家主席、プーチン大統領がそれぞれ別れの握手をする場にもホン副首相が代わりにした。その時刻、ムン大統領は宿泊施設に移動した後、午後2時36分関西国際空港に到着した。大統領府は「当日の午後のトランプ大統領訪韓などを考慮したもの」と述べた。

「G20首脳会議にムン大統領はいなかった」という趣旨のYouTubeの動画がでたことに対して青瓦台は「公式セッションになかった時間に大統領はすべて会談をしていた」と釈明した。しかし、確認の結果として二者会談と多者会議セッションのいくつかは、重複しますが参加できないほどではなかった。青瓦台が「義務参加ではない」としていたデジタル経済と女性のセッションは、もともと「付帯行事(サイドイベント)」として企画されたが、「通常の特別なイベント」に格上げされていたことが確認された。多くの放送・インターネット媒体は、このような事実を確認せずに、大統領府解明を中心に報道した。大統領府が「フェイクニュース」としたYouTubeの動画は、特別セッションを単なるセッションとして、セッションを「フォーラム」とする、あるいは日付を混同しているなど、いくつかのエラーがあった。
(引用ここまで)


 G20大阪でのムン・ジェインの日程を調べたYouTuberが「G20でムン・ジェインが空気だった」という動画を上げたところ、数十万の閲覧数を記録し、さらに大統領府報道官が直々に出てきてフェイスブック上で「フェイクニュースだ」と語ったとのこと。

青瓦台報道官「G20で文大統領がいなかったという動画はフェイク」(中央日報)
最近インターネットで拡散している文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主要20カ国(G20)首脳会議の主要日程から抜けていたという動画と関連し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)「フェイク情報」と線を引いた。

青瓦台の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は6日、自身のフェイスブックに「G20で大統領が見られないという動画は一緒に行ってきた私としては本当にあきれた映像」として関連議論に言及した。

高報道官は「2泊3日の間、早朝から明け方まで強行軍したG20だった。さらにロシアとの首脳会談は午前1時30分に終わり、帰ってすぐにトランプ米大統領との夕食会をこなし、次の日に歴史的な板門店(パンムンジョム)会合まで進めた」と明らかにした。
(引用ここまで)

 で、それを見た朝鮮日報が「じゃあ、実際どうだったんだろうね」ということでスケジュールをチェックしてみたところ、「空気だった」は言いすぎにしてもスケジュールはすっかすかだったとのこと。
 多少の遅刻で出られるセッションも複数あったにも関わらず、同行したホン・ムナギ経済副首相兼企画財政部長官が出席することもままあった。
 まあ……空気とまでは言われなくとも、空気に近い存在だったと言われてもしかたがないかな、というところですかね。
 報道官の「ロシアとの首脳会談は午前1時30分に終わった」ってありますが、それはいつものプーチンの遅刻癖に付きあわされただけ。
 別に忙しかったわけじゃないだろうに。 

 テレ東が自社のYouTubeチャンネルで「ムン・ジェイン、G20になにしにきたの」っていう動画を作っていましたね。
 それによると初日の午前にはなんの動きもなかったとのこと。盛んに首脳会談をしてきた……なぁ。

 好意的に見ればG20期間中もG20後の米韓首脳会談、および米朝首脳の板門店での会合に全力を尽くしていた……ということもできるでしょうが。
 しかも、その話題も日本による半導体材料輸出規制ですっかりニュースバリューが枯れてしまい、ちょっと前には「首脳会談ではなく対面しただけ」と格下げされてしまう始末。

板門店での米朝首脳対面 米政府「首脳会談ではない」(聯合ニュース)

 板門店での会合には自分も出席するつもりだったけども、アメリカから止められていたなんて話もリークされてましたっけ。
 まあ……なんというか「持っていない」人物ではありますよね。

韓国で日本製品不買運動を主導するのは現政権に近い左派市民団体だった……官製デモだった模様。ただし、効果がないかはまた別の話

韓国の不買運動、日本で報じられない裏側のカラクリ(JBPress)
 今回、日本大使館前で記者たちを集め日本のブランドの名前が書かれた箱を踏みつけるというパフォーマンスをしてみせたのは韓国中小商人自営業者総連合会という長い名前のついた団体だ。この団体の性向が問題だ。

 この団体で昨年まで前会長を務めていた印兌淵(イン・テヨン)は現在、青瓦台の秘書官として政権の核心部にいる人物だ。彼は過去、韓米FTA反対、国家保安法廃止を主張し、2012年2月には統合進歩党(内乱扇動容疑で強制解散された親北極左政党)の党大会に参加し支援演説、2012年大統領選挙では文在寅の選挙対策委員会の市民キャンプ共同代表を務めた「運動家」としての経歴を持つ。

 そして今回、不買運動パフォーマンスを主導している共同会長 キム・ソンミンは昨年11月、ソウル市内のど真ん中で「大統領様 ありがとうございます」というプラカードをもって文在寅を称賛する集会を開いた人物でもある。

 つまり日本製品不買運動という「パフォーマンス」を繰り広げているのは、日韓両国のマスコミによると「一般人」のように紹介されているが、実際には筋金入りの親文在寅勢力であり、政権とも間違いなく繋がっている団体なのだ。ここまでくれば「官製デモ」だと言っても大きく外れてはいないだろう。

 結果から見れば、反日集会や日本製品不買運動により両国関係をより深い「泥沼」状態であるかのように見せることに成功し、日本の世論に「疲労感」を与える程度の効果はあったと見るべきだろう。文在寅政権がそれを意図的に行っていたにせよ、そうでないにせよ、軍事政権が過去に行ってきた手法をそのまま踏襲しているのだ。

 残念なのは日本で、このような背景が全く報道されていないということだ。もし、このような背景が、詳細に報道されていたのなら、日本国内の反応も違うものになっていただろう。韓国の怒りと不買運動をみて、韓国人の怒りに対する憂慮と両国関係に対する懸念を感じる人よりは、韓国政府の「焦り」を感じ取る人の方が多かったのではないだろうか?
(引用ここまで)


 韓国で日本製品不買運動が勃発していて、その首謀者となっているのが現政権に近しい左派集団。よってほぼ官製による不買運動である、というのが記事の主張。
 確かにこういう側面があるだろうな、とは思っていました。
 テレビで何度も報じられている「日本企業のロゴがついている段ボール箱を踏み潰すシーン」とか見ても明らかに統制が取れすぎているし、「おそらくはプロがやっているのだろうな」と感じられるシーンがいくつもありました。
 韓国のデモでよくやっている「○○は××せよ!」とシュプレヒコールを上げてから、3回ほど「××せよ!」と叫ぶという、おなじみのコール&レスポンスがあるのですが。
 あれも左派のデモでよくある風景。日本へのデモにかぎらず、労働争議でもよく使われていますね。
 すべてが手慣れているのです。「そういう連中がやっているのだろうな」というのは想像に難くない。
 まあ、韓国の動向を見慣れていないとそういう感想すら持てないとは思いますが。

 ただ、「準官製デモ」だからといってその運動が広まらないとはかぎらないのですよ。
 少なくない韓国人がそれに乗ろうとしているのであれば、きっかけは準官製デモであっても「不買運動」そのものがあることになんら変わりはないのです。
 実際、レクサスにキムチをぶちまけたりといった被害が生じており、すし店に「安倍OUT」なんてポスターが貼られている。ロッテグループの株価も下落しているとのこと。

韓国で日本製品「不買運動」広がる 日本車にキムチなすりつけ…感情論に批判も(ZAKZAK)
輸出優遇除外:すし店に「安倍OUT」、地方に広がる日本製品不買運動 /大邱(朝鮮日報)
韓国ロッテ系列会社の株価が軒並み下落 日本製品の不買運動影響か=一時的との見方も(聯合ニュース)

 30年来の韓国ウォッチャーとしての意見を言わせてもらえれば、今回の不買運動はこれまでとはちょっと違うんじゃないかという感触があります。
 あとSNSが発達した中で行われるのもはじめてというのもありますね。
 積極的な不買運動が行われなくとも、静かなボイコットというのもある。たとえば「個人的に○○はもう買わない」という決心をする、という不買運動だってあるのですよ。
 毎日新聞の澤田氏も「日本製品不買運動なんて成功したためしがない」と言っていますが、まあ実際の数字がどう出るかがすべて、でしょうね。

京畿道教育庁「日帝残滓の『修学旅行』も『ファイティン』も潰すぞ! 北朝鮮のようなキレイな国になるのだ!」と大騒ぎ

京畿道教育庁「修学旅行やファイティングも日帝残滓」(朝鮮日報)
 全国教職員労働組合(全教組)や進歩(リベラル)・左派系の教育監(教育庁のトップ)らが「親日作曲家の作曲した校歌」「銅像」「日本のいぶきの木」などの清算作業を進めていることについて「日常生活で使う言葉まで清算対象とするのはおかしい」などの声が教育現場などから上がり始めている。 (中略)

 京畿道教育庁は回答を集めた上で、歴史を専攻した7人の教師からなる「学校生活に残る親日残滓清算プロジェクト・タスクフォース(作業部会)」がその内容を精査し、実際の清算対象やその方法などを決める計画だという。

 京畿道教育庁がアンケート用紙で例示した清算対象とされる日帝残滓には「親日行為者が作曲した校歌」「歴代校長の写真に含まれた日本人の校長」などがあるが、これら以外にも「修学旅行」「ファイティング」「訓話」などの言葉も日帝残滓とされている。

 京畿道教育庁によると、アンケートに記載されている「ファイティング」という応援の言葉は、第2次世界大戦中に日本軍が戦地に赴く際に「ファイト」と叫んだことから始まったという。さらに「修学旅行」は「旧韓末や日帝時代に民族精神を弱めるため、朝鮮の学生たちに日本を見学させる風俗から始まった」として「修学旅行の始まりは民族精神を害する目的があった」と主張している。さらに「訓話」は上司が部下に訓示するという日本統治時代の軍隊用語だという。

 これに対して京畿道内のある中学校の校長は「修学旅行やファイティングという言葉が日本から来たという理由で清算対象になるなら、学校、教育、科学など、近代化後にできたほぼ全ての言葉が日帝残滓になるはずだ」「日本による植民地支配については児童・生徒たちにしっかりと教えるべきだが、今になって教育庁が先頭に立って日本に関係する全てのものを清算するというのはやり過ぎだ」と批判した。
(引用ここまで)


 日韓関係の対立が深まっている中、ここぞとばかりに全教祖や左派に牛耳られた教育監がさらに日韓関係に楔を打とうと暗躍している、と。
 全教組は日本でいうところの日教組にあたる組織。教師の労働組合です。
 「世界最悪の労組」とされている民主労総の傘下にあることからも、その組織としての凶悪性は理解してもらえるのではないでしょうか。

 ちなみに現在のところ、全教組は労働組合としては非合法組織となっています。
 退職した教職員を組合員として認めるという規約を改正しなかったことが原因。
 この処分について法廷係争中で二審までは敗訴しているのですが、大法院(最高裁)ではひっくり返るのではないかと思われます。
 というのも処分を行ったのがパク・クネ政権時代のことで、ムン・ジェイン政権になってから処分自体に問題がなかったかの精査が行われているのですね。いわゆる積弊清算の対象になっている、というわけです。

 まあ、非合法組織ではあるのですが、任意団体として活動は継続中。
 この記事にある「歴史を専攻した7人の教師」というのもおそらくは全教組加入者でしょう。
 これら「親日派排除」は以前から全教組の基本方針だったのですが、ここのところより激しくなっています。
 ムン・ジェイン政権になってから南北融和が叫ばれていますが、親日派を処分することで建国した北朝鮮に倣って、韓国からも親日派を完全に排除したいということなのでしょう。
 全教組も「キレイナ韓国」を実現したいのですよ。

 「ファイティン」も「修学旅行」も「訓話」も日帝残滓だから潰す。
 だったら×印でダメを現すような土着倭寇しぐさも廃止していったらどうでしょうかね?
 記事中にあるような日本語由来の漢語もすべて言い換えていったらよいのです。
 ちょうど医学用語で肩甲骨を「かたのほね」とやっているように。
 ムン・ジェインが法令用語を韓国語化しようとしているように。

 そうして、キレイナ韓国を実現して北朝鮮と同じようになればよいのですよ。

豊田先生は「漢字を復活させると日本の影響が分かってしまうから」論を唱えておられますね。
韓国が漢字を復活できない理由 (祥伝社新書)
豊田有恒
祥伝社
2012/10/10

楽韓さん、本日の動向 - 講談社のコミックスがまとめ買いでセールですよ

【PR】Kindle Unlimitedが3ヶ月で99円のキャンペーン実施中
【PR】定額制で音楽聴き放題! Amazon Music Unlimitedが4ヶ月で99円のキャンペーン実施中

 うむ、いまのクオリティでニュース記事を5本上げるのは相当にきついということが分かったことを収穫としよう。
 まあ、消化できない時は少しクオリティ落としてでも本数増やすしかないな……現状。

 ちょっと気になった記事のピックアップ。

年金問題は若者の自民党支持を減らさない(アゴラ)

 これ、実際に20~30代の人たちに選挙がらみでちらと話を聞いてもまんまですね。
 世代間の意識の断絶ってかなり強い。「おいしい思いをした高齢者層の尻拭いをさせられている」という気持ちが強いですね。
 年金問題についても「おまえらがもっと前に年金改革してりゃよかっただけの話だろ」とかなり冷徹。
 左派の理念にオルグされないだけの強い自己が備わっているなぁ……というのが印象。個人個人はともかく、世代でのおおまかなまとめとしてはうちらの世代よりもはるかに現実的。まあ、そうならざるを得ない状況でしたけどね。
 彼らがとにかく民主党の再来、再現だけは勘弁してほしいというの分かりますわ。

 さて、Kindleで講談社のコミックスがまとめ買いでセール中
 講談社は1巻無料配布とかはよくやるのですが、こうした割引きセールはほとんどやらないので気になるのがあればチェックしておいてよいと思います。
 特にシドニアの騎士は3巻まで無料+まとめ買いだと20%オフなのでまずは無料配布分をもらっておいてもよいかなと。
 その他、監獄学園BECKボールルームにようこそ寄生獣ピアノの森とか。
 個人的には今この機会に甘々と稲妻を推しておきたい。完結しちゃったなー。

 まとめ買いでないと割引きにならないので注意。
甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス)
雨隠ギド
講談社
2013/9/6
今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
日本人が新規事業で成功する教科書
左近 祥夫
ごきげんビジネス出版
2019/3/8