相互RSS募集中です

2019年07月

韓国大統領府「米軍基地の早期返還を要求する」……えーっと……まさかそれが今度の外交カードなの? 弱すぎない?

青瓦台「米軍基地の早期返還を」…「GSOMIA葛藤」圧力カード?(中央日報)
 青瓦台(チョンワデ、大統領府)が30日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長の主宰で国家安保会議(NSC)常任委員会を開き、米軍基地の早期返還を積極的に推進することにした。政府はこの日の発表について「定められた手続きに基づいている」という立場だ。しかし韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定で韓米関係が冷え込んだ時点に発表されたという点で微妙な波紋を呼ぶと予想される。米軍基地返還問題は韓国が米国を相手に攻勢的に使える「カード」であるからだ。

青瓦台は報道資料を通じて▼移転完了または移転予定の米軍基地26カ所の早期返還▼龍山(ヨンサン)基地返還手続きの年内開始▼基地返還が長期遅延中の基地4カ所の最大限早期返還--を推進すると公開した。

政府はこの日の発表を拡大解釈しないよう強調した。青瓦台の関係者は「いくつか作業をしてきたことをいつか発表しなければならず、それをきょう発表した」と述べた。NSCが定例的に開かれる木曜日でなく金曜日のこの日に開かれたことについては、「昨日は国会予算決算委員会が予定されていたため」と説明した。国防部の当局者も「ほとんどの米軍基地返還事業は予定よりも遅れている。関係部処間で議論が続いてきたが、この日、その結果が公開された」と話した。 (中略)

微妙なのは内容(米軍基地の返還)よりもタイミングという分析だ。韓国がGSOMIAを終了した後、米国が「文在寅(ムン・ジェイン)政権」「失望」という表現を使って不満を表明し、公開的に韓米が衝突する姿を見せている時期だからだ。特にポンペオ国務長官とエスパー国防長官は公開的に「韓国の決定に失望した」と明らかにし、これに対し韓国外交部が29日、ハリス駐韓米国大使を呼んで「GSOMIA終了に失望したという発言を自制してほしい」と要求する事態まで生じた。 (中略)

キム・ドンヨプ慶南大極東問題研究所教授は「GSOMIAで一方的に日本の肩を持ち、韓国に向かって露骨に不満を表出する米国に対し、我々も言うべきことは言うというメッセージを米国とわが国民に同時に伝えている」と説明した。また「今後の防衛費分担金交渉を控え、韓国が米軍のために直接間接的にど多くのことを譲歩していて、これによる不便と損害も防衛費分担であることを話している」と分析した。

今回のカードの効用性については見方が分かれる。匿名を求めた外交安保専門家は「在韓米軍基地を米国が非常に重視していると考えるのは進歩の錯覚」と指摘した。
(引用ここまで)

 「米軍基地の早期返還を要求した」っていうことが大事に感じられず、「えっとそれで在韓米軍の兵力は減るのかな?」ってことだけに目が行ってしまったので軍事クラスタに足の小指くらいは入ってしまっているのかもしれない。
 これについていうのであれば、「内容よりもタイミングが微妙だ」という記事の解説に頷かざるを得ないですね。
 韓国はGSOMIA破棄を外交カードにしてしまい、かつ破棄という選択をしたためにアメリカを激怒させたわけです。
 それはこれまで国務長官、国防長官、国務省報道官、国防総省報道官、国防総省次官補といった面々がひとり残らず「失望した」と言明しているので間違いありません。
 おまけにハリス駐韓米国大使を招致して、それをメディアの前で公開という前代未聞の珍事を引き起こしている。

米大使呼び出しメディア公開…外交関係者「韓米外交で見たことない出来事」(朝鮮日報)

 さすがに「失望したという言葉を使うことは自粛してほしい」というシーンは公開の場ではなかったようですけどね。
 これにも激怒したアメリカ側はハリス大使の行事参加をキャンセルし、ランドール・シュライバー国務次官補はソウルでの講演をキャンセル
 韓国側はどれだけアメリカが怒っているかをいまだに把握できかねている、という感じですかね。
 もう、外交の問題ではなく安保の問題になっているからこそ、こうして大激怒しているのですが……。

 で、それに対して韓国側の次のカードが「米軍基地の早期返還要求」。これで「韓国側も怒っているのだ」という表明をし、アメリカを動かすための圧力にするつもりなのでしょうが。
 弱い。弱すぎる。
 アンコモンですらない。
 太字部分のように、アメリカが「在韓米軍が大事」であると考えているのならカードになるのでしょうが。
 今回要求している基地返還はすでにノ・ムヒョン時代に決まっていた事柄で、これまで返還されていなかったのは環境汚染があるからといった技術的な問題等があるからに過ぎない。
 「早期返還を」って言われたら「じゃあ、韓国の責任でよろしくね」くらいで終了。
 ……なんでこれがカードになると思ったのだ。

 アメリカからしてみたら「GSOMIAもいらない、基地もいらない。ははーん、そういうことね」ってむしろ基地撤退、同盟解消へ加速するしかない。
 さすがにまだ決定的とはいえませんが。
 どれだけ自分たちの価値が高いと思っているのやら。いやはや、唖然とします。
 本当に外交……というか、それ以前の政治について素人しかいないんだな。

 あ、ちなみに撤退や同盟解消については国務省と国防総省は一枚岩ではありませんから。
 国防総省としてはおそらく地政学的に見ても撤退に消極的。ただし、戦時統制権返還時にアメリカ軍が韓国軍の指揮下に入ることはあり得ないと考えている。
 国務省的には撤退もありという方向性ではないかなと感じています。
 どちらの発言力が強いかによって揺れるのは間違いないでしょうが、中長期的には撤退の方向でしょうね。
 楽韓Webでは単に「アメリカ」と書いてしまっていますが、どちらに視点を取るかで見方が異なってきて当然です。

マジック:ザ・ギャザリング 灯争大戦 ブースターパック 日本語版 36パック入りBOX
マジック:ザ・ギャザリング
2019/4/19

韓国で「学校の備品に戦犯企業ステッカーを貼る」市条例が可決の方向……「反日ではなく反安倍だ」ってウソなんじゃね?

仁川では日本風の造形物撤去、京畿道では「戦犯企業ステッカー」条例案可決(朝鮮日報)
 日本人や日本政府とは関係のない地方自治体が、地域の宣伝のため設置した施設まで撤去を迫られるほど、韓国国内では反日感情が高まっている。銅像とまねき猫は中区が2014年に設置した。この周辺は1883年の済物浦港(仁川港)開港後、日本が管理していた地域で、100年以上前の古い建物が多く残っていることから、中区がこの点に着目した。中区は以前から開港場通りを訪れる観光客の視線を引く造形物などの設置を考えていた。中区は2007年に4億3000万ウォン(約3800万円)以上を投入し、区の庁舎とその周辺を開港場通りとして整備した。区庁正門前にある14の建物を日本風にリフォームし、周辺の木造建造物と同じく日本を感じられる通りとして整備した。中区庁文化観光課もその中の建物の一つに移転した。

 開港場通りは西のチャイナタウンと共に中区の代表的な観光地となった。仁川市と中区は毎年春と秋の2回、この場所で「仁川開港場文化財夜行」と呼ばれるイベントを開催してきた。仁川市は「異国的でありながら復古的な雰囲気を感じられる場」として開港場通りの宣伝を続けてきた。ところが最近の韓日関係悪化によって反日感情が高まると、一部メディアや地元の歴史研究者、市民団体などを中心にまねき猫と銅像の撤去を求める声が相次ぎ、仁川市も状況を注視し始めた。最近は「記念写真撮影用」として強制労働中の朝鮮人車夫ではなく、平和の少女像を設置するよう支援してほしい」との請願も大統領府の掲示板に掲載されている。

 しかし実際のところ、住民や観光客から銅像やまねき猫の撤去を求める要請はほとんどなかったという。ところが一部市民団体から銅像などを「時代錯誤」と非難する声が上がり、撤去を求める声が相次いだため、区庁は撤去を決断し直ちにこれを実行に移した。 (中略)

 京畿道内の小中高校などが所有する日本の戦犯企業製品に、日本製であることを示すステッカーの付着を促す条例案が30日に道議会常任委員会で可決した。この条例案は道議会で95%の議席を持つ韓国与党・共に民主党の議員らが中心となって推進しているため、今後本会議での成立も確実視されている。

 京畿道議会第一教育委員会は30日に臨時の会議を招集し「京畿道教育庁日本戦犯企業記憶に関する条例案」を修正可決した。国務総理室が発表したリストに基づき、現存する284の戦犯企業が製造した20万ウォン(約1万8000円)以上の備品に戦犯企業製品であることを示すステッカーを付着できるようにした。この条例案は共に民主党の黄大虎(ファン・デホ)議員が今年3月に提出したものだが、直後に「官製民族主義的発想」「外交・通商政策にマイナスの影響を及ぼす」などの批判が相次いだため、議会は審議を保留していた。

 黄議員は同僚議員42人(共に民主党41人、正義党1人)と今月この法案を改めて提出した。当初はステッカー付着を義務づけていたが、今回は付着については生徒たち自ら決めるようにするなど、文言が多少修正された。しかし学校の備品に「戦犯企業の製品」を示すステッカーを貼るという内容はそのまま残っている。条例案は来月10日に本会議で審議されるが、可決が有力視されている。

 ソウル市議会でも同じような条例案が本会議での採決を目前に控えている。共に民主党の洪聖龍(ホン・ソンリョン)議員が代表となって提出した「ソウル市・ソウル市教育庁日本戦犯企業製品公共購買制限条例案」が来月はじめに本会議に提出される予定だ。
(引用ここまで)


 韓国が認定した「戦犯企業」を学校の備品に採用する場合、「戦犯企業ステッカー」を貼らなければならないとする京畿道の条例が可決の方向。
 一度は審議見送りになったのですが、先日リブートされてましたね。
 去年の段階では木村幹教授が「韓国では選挙が近づくと、様々な意図から様々な法案や条例案が提出される。日本メディアには、その後その法案や条例案がどうなったかも含めて報道して欲しいものである(キリッ)」ってTwitterで発言していましたっけ。

 木村教授の言うところの「その後」ですが、戦犯ステッカー条例もソウル市の日本製品排除条例も可決されそうですよ(笑)。
 もちろん、こういった条例や「旭日旗禁止法案」といったものは議員が目立とうとするために提出される側面があるのでしょうが。
 「目立つための手段が反日」、という時点でお里が知れてますわな。

 で、「我々は日本人が憎いわけではない。NO JAPANではなくNO安倍だ」とか言っていた連中がやっていることはこれですよ?
 これが反日運動でなかったらなんなんでしょう。
 日本側でもこの主張に同調していた連中がいて「韓国人は民度が高い」とか言っていましたが、こういった市条例をどう処理するんでしょうね?

 で、仁川市が観光用のインスタスポットとして使っていた人力車の銅像とまねき猫も撤去。
 まあ、これも間違いなく反日の一環でしょうが。
 不買運動と同様に非対称戦だなー。
 日本には不買するほどの韓国製品はありませんし、こうして韓国の風景を象ったような銅像等もないのですよね。
 まあ、そういったものがあったとしても撤去するには至らないと思いますけどね。韓国とは違って。

【Amazon.co.jp限定】 エーワン 手作りステッカー 強粘着タイプ 29421タイプ 5セットパック
エーワン(A-one)
2016/2/29

韓国の「殺人加湿器事件」、犠牲者は1400人を超えていた……なにもかもが過剰だな、この国は

「妻の肺は13%残っている」... 1430人が死亡した加湿器殺菌剤の悲劇(世界日報・朝鮮語)
2011年8月31日原因不明の肺疾患が加湿器殺菌剤が原因だった政府の発表以来、約8年ぶりの27日に開催された惨事聴聞会は、被害者の鬱憤の中ではじまった。被害者たちは、1994年に最初加湿器殺菌剤の原料を作成し、2011年までに数百万個の製品を販売したSKケミカル(旧大韓石油公社)と愛敬産業側が惨事の原因を引き起こしたにもかかわらず、被害者を欺いていたと指摘した。 (中略)

この日、ソウル市庁で開かれた加湿器殺菌剤事件と4・16セウォル号の惨事特別調査委員会(以下、特調委)の「加湿器殺菌剤惨事真相究明聴聞会」では、安全性が検証されていないのにSKケミカルと愛敬が製品の販売を通じた収益にのみ気を遣い、国民の安全は無視したという事実が公開された。

まずSKケミカルは、これまで1994年に初めて加湿器殺菌剤を開発したことで知られたが1992~1993年チェ・ジョンヒョン前会長の指示で製品を作ったことが判明した。崔前会長は、当時「世界初の開発」としながら幹部に製品を誇ったと非公開に出席したSKケミカル前部長が証言した。彼は「当時の部長が『なぜこのような開発するのか分からない』と話したこともあった」と述べた。世界初というタイトルに埋没されたSKケミカル側はイ・ヨンスン(当時ソウル大獣医学科教授)に依頼した吸入毒性があるかどうかの実験結果が出る前の1994年11月の製品を発売し、翌年7月に出た報告書も無視した。

愛敬も2003年から2011年まで自社加湿器殺菌剤を使用して、呼吸困難などを訴えたクレームが981件に達したにも関わらず安全性の検討に出ずに歯磨きにも同材を投入して、消費者の被害を増やした。アン・ヨンチャン前愛敬産業代表取締役は「覚えていない」との証言続けている。SKケミカルと愛敬は惨事の責任企業にもオキシーレキットベンキーザー・ジャパンを対象とした検察の1次捜査期間の2017年の協議体を作って密かに検察部長検事と毒性実験をしている環境部の動向把握に乗り出したことが分かった。 (中略)

加湿器殺菌剤惨事は、1994年から2011年まで990万以上の製品が販売されて、最大56万人の国民に被害をもたらした檀君以来最大の環境悲劇である。現在までに6500人以上が被害申請し、1430人余りが死亡した被害規模はまだ把握されきっていない。聴聞会は、最大の被害者を発生させた多国籍企業オキシーレキットベンキーザー・ジャパン関係者などを対象に、28日にも開かれる。
(引用ここまで)


 加湿器に入れる水に投入する殺菌剤というものが韓国ではありまして。
 この殺菌剤が入った蒸気を吸入すると肺細胞が線化するという病気を発症するのですね。
 特に免疫力の弱い妊婦、子供が犠牲になっていて多数の悲劇が生まれたという事件でしたが……。

 2011年あたりに「殺人加湿器(正確には加湿器に使用する殺菌剤)で500人死亡か」ともされていました。現在まで把握されている犠牲者は1430人あまり。
 被害申請をしているのは6500人。
 単純に「健康被害」というだけであれば56万人が被害にあったのではないかとされているそうです。

 最大の原因は家畜用の殺菌剤を、人間が吸入した際にどうなるかというテストもろくにせずに「水によく溶けるから」という理由で加湿器用殺菌剤として投入したから、というものでした。
 実はテストはしていたのだけども、その結果を無視したという話も今回の特別調査委によって出てますね。
 日本テレビ系のザ!世界仰天ニュースで放送された再現ドキュメンタリーをテキストに起こしたサイトがあって、かなりうまく経緯がまとまっているのでどのような話なのかはこちらも参考にしてみてください。


 以降、韓国では「加湿器」を語る際には「有害かそうではないか」ということが最初にくるようになってしまったほど。
 社会の中でどうしても薬害等は生まれてしまうものなのでしょうが、韓国のそれはなんというかいちいち規模が過剰ですわ。
 韓国は市販薬でも症状を抑える成分が異常に入ってて、即座に症状が止まるって話もあります。パルリパルリ精神がこんなところにも働いている、ということなのでしょうね。

楽韓さん、本日の動向 - Amazonでタイムセール祭りなのでオススメ品を書いてみる

 Amazonが今日からタイムセール祭り
 アミノバイタルのクエン酸チャージウォーターが安くなっています。
 プライムデーで「クエン酸+アミノ酸は身体の疲れを癒やすのに使えますが、韓国疲れには効きません」って書いたらこれまでで一番の売れ行き を叩き出したので、宣伝コピーは大事。
 BABYMETALのライブで走り回って、跳ね回っても翌日なんとかなっているのはこれのおかげだと思いますよ。
 夏は普通に1日1本消費してます。運動しない人でも疲れが溜まっている時とかに一度試してみ?

1000円切るのはほとんど見たことないです。
アミノバイタル クエン酸チャージウォーター20本入箱
アミノバイタル
2011/5/4

 それ以外にもドラッグストアに揃っているようなものがいろいろセール中。洗濯洗剤はずーっとAmazonに頼っていますねー。

部屋干し用ばっかり使ってます。
洗濯洗剤 液体 部屋干し アリエール 詰め替え 約2.6倍分(1.9kg)
アリエール
2018/9/30

 AmazonデバイスだとECHOシリーズがセール中
 CMで母親の肉じゃががカレーになるアレですね。
 友人宅でEcho Show 5のビデオ通話を夫婦で便利に使っていて、こんな使いかたできるかなーと思ったのだけども、それほどビデオ通話をする相手がいなかった。
 ペットの見守りカメラとしても使えそうなので、そういう用途にはよいかも。

新登場 Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール
Amazon

 あとアップル製品もセールなのですが、これまでは旧製品ばかりでしたが、今回はApple Watchシリーズ4も対象になってます。
 44mmのNike+を使ってますが便利ですよ。

Apple Watch Series 4(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
Apple(アップル)

 Ankerもいつもように参加してますが、バッテリーや充電器家電やイヤホンは分離されている模様。あとでチェックしよう。

●土曜投資短信
 行って戻って。
 ところで金価格はどこまで行くのだろう……まだ5年保有しているものは少ないので売りたいような売りたくないような。
 別に税制で問題になるような量を持っているわけでもないのですけどね。
 さすがにブラックロックゴールドファンドは売却しよう。そうしよう(書かないと売る踏ん切りがつかないヤツ)。

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。ポモドーロテクニックはエントリ書くにも役立ててます。
どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門
フランチェスコ・シリロ
CCCメディアハウス
2019/3/22

韓国「日韓の未来は10月の即位の礼、11月のGSOMIA終了期日にかかっている……それまでになんとかしなければ!」……いや、もう遅いってば

カテゴリ:日韓関係 コメント:(163)
10月の天皇即位・11月のGSOMIA終了…韓日対立局面の岐路に(ハンギョレ)
 一応の転換の契機になる時期としては、10月22日の天皇即位祝賀式典と11月23日の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了が挙げられる。この時までに接点を見出せなければ、韓国最高裁(大法廷)判決後何も賠償を受け取れないまま待ち続けてきた強制動員被害者たちは、来年1~2月に差し押さえた日本企業の資産の“現金化”に乗り出すことになり、日本がこれに反発してさらに強力な報復処置に乗り出すものと予想される。

 キム・スクヒョン国家安保戦略研究院・対外戦略研究室長は「韓国がGSOMIAの終了を決定した後、日本は韓国が『安保上信頼できない国』であり、韓米日協力から離脱しているという主張をさらに強化するなど、対立状態が続くだろう」とし、「10月の天皇即位祝賀式典まで2カ月ほど、大統領府と日本の首相官邸との間の積極的な水面下の対話を通じて突破口を探す必要がある」と話した。韓国に対する経済報復措置を主導してきた日本の首相官邸と大統領府の対話で接点を探し、10月の天皇即位式を機に文在寅(ムン・ジェイン)大統領や李洛淵(イ・ナギョン)首相が日本を訪問し、関係回復のモメンタムを作らなければならないという提案だ。 (中略)

 大統領府が明らかにしたように、韓国政府は8月15日に特使を派遣するなど、日本側に引き続き対話を求めてきたが、日本は拒否している。このような状況で、韓日の水面下の外交とともに米国の役割が主要な変化要因だという指摘が出ている。米国がGSOMIA終了の措置に対する「懸念」を表明し続けることは、米国の北東アジア戦略の主要部分である韓米日軍事協力をそれだけ重視しているという反証でもある。米国が同盟関係の重要性を認識し、韓日関係の“修理”に乗り出すべきという声も米国内で出ている。

 韓日の対話が再開されれば、強制徴用解決策についての協議が中心になるものと見られる。日本は韓国政府が強制動員の問題をすべて引き受けて解決し、日本企業の資産の現金化を防ぐ方法を提案するなら対話ができるという立場が強硬だ。韓国は6月19日に提案した、韓日企業が拠出する基金を通じた解決策(1+1解決策)を基に日本と協議を通じて差を縮めながら、様々な要素を含めた新たな解決策として発展させていくことができるという立場だ。
(引用ここまで)


 10月22日の即位の礼正殿の儀に韓国の首脳級が出席し、首脳会談ができるのではないかという期待は以前からありました。
 でも、同様の期待はG20でもあったのですよね。
 G20に関しては日本からの期待もありました。韓国側が徴用工判決に対してなんらかの提案を持ってくるのではないか、ということで。
 ですが、そんな予兆はゼロ。
 手土産ゼロなら首脳会談などする必要がないということで、ムン・ジェインは握手の8秒以外、華麗にスルーされました。
 もともとイ・ナギョンが「今年はG20と即位の礼で少なくとも2回は首脳会談の機会があるはず」とか言っていたのですが。
 10月にそんな機会は本当にあるんでしょうかね?

 菅官房長官が言うように、そして河野外務大臣が言うように。
 日韓間の最大の懸案は日本企業に対して謂われのない損害を与えようとしている徴用工裁判の結果なのです。
 この判決についてなんらかの手土産を持ってこないことには、日本は対応のしようがない。
 しかも、その手土産は「1+1で財団を作るの提案」とかじゃどうしようもない。
 あと、ムン・ジェインが宣言していましたが「合意」でも意味がない。
 自ら「一度の反省や、一度の合意で解決したりはしない」って言っちゃいましたからね。いかなる合意も日韓間では結べなくなってしまったのですよ。
 それ以前に日韓間では「財団を作ってケア」もできなくなっていましたけどね。
 なんで自分の立っている断崖絶壁を自分で削っていくのかさっぱり意味不明。

 ごく最近、国立外交院長に就任した人物が「徴用工裁判をICJに持ちこむのはどうか」という話をしています。

韓国国立外交院長「徴用賠償問題、ICJ提訴が必要」(朝鮮日報)
 新任の金峻亨(キム・ジュンヒョン)国立外交院長(次官級)=写真=が27日、日帝強制徴用被害者賠償問題を国際司法裁判所(ICJ)に提訴する案を考え抜いてみるべきだと表明した。外交部(省に相当)所属機関の長がこれまでの韓国政府の方針とは異なる「ICJ提訴」という意見を持ち出したのだ。青瓦台(韓国大統領府)と外交部は「政府の基調が変わったわけではない」と一線を画した。

 金院長は27日、与党「共に民主党」の姜炳遠(カン・ビョンウォン)議員が主催する討論会向けの論文で「先制的なICJ提訴を深く考え抜いてみる必要がある」として「強制徴用はもちろん、慰安婦問題などと併せて国際世論戦を大々的に繰り広げなければならない」と表明した。続いて「日本は加害者で韓国は被害者だという点から、日本よりはるかに正当性は大きい」として「民間では過度の反日まではいかずとも心を一つにして克日し、政府は交渉を要求することで役割を分担すべき」と主張した。
(引用ここまで)

 8月15日のムン・ジェインの演説が日本に向けた対話シグナルであったとは毫ほども感じられませんでしたが、この話についてはちょっとだけ態度変更かなとも感じられます。
 大統領府も外交部も「政府の基調が変わったわけではない」としていますが、現状が続くよりはICJ提訴につきあってもらうほうがなんぼかマシ。

 というか、もうここまで来てしまった以上は韓国はICJに提訴して何年分かの時間的余裕を得る以外に手はないと思うのですけどね。
 で、事態が沈静化したころに韓国がICJで敗訴して「悔しいが国際秩序を守るためにはしかたがない」とかコメントして、政府が元徴用工とやらに支払いすればいいのですよ。
 それ以外の手段は日韓のどちらかが過分なダメージを負います。
 日本のICJ提訴でそれを受けるか、韓国側が自ら提訴していくしか解決手段はないですよ。ホント。

 あと11月のGSOMIAの終了期日云々については、それまでになんとかして日本が韓国をグループAに復帰させることができればGSOMIAに復帰できるという話なのでしょうが。
 3年分の行方不明になった物資の詳細を韓国が提出しなければ無理。
 それ以前に、外交カードとしてGSOMIAを破棄表明してしまった以上、もはや日米韓安保協力という器は壊れてしまったのですよ。
 いくら韓国が「GSOMIAに復帰します」って言ったところで、もう割れた器は元の器には戻らないのですよ。
 電気管理士が点けたり消したりしている電気のスイッチじゃあるまいし。
 復帰するにしてもしないにしても何年かあとになってから、韓国は「あそこでGSOMIA破棄なんて言わなければもうちょっとマシな未来が待っていただろうにね」って言われることになるのです。
 これについてはもう未来は確定済み。早いか遅いかだけの違いですよ。