相互RSS募集中です

2019年07月

韓国外交部高官、駐韓日本大使に「もはや日本は友好国ではない」と語る……いや、まったくもってその通りですが、なにか?

駐韓日本大使招致「日本をもはや友好国と考えない」(プレシアン・朝鮮語)
外交部は日本政府が韓国を戦略物資輸出優遇国(ホワイトリスト)から除くことに対する抗議として長嶺安政駐韓日本大使を招致、日本を友好国家と考えることができなくなったと強い遺憾を表明した。

チョ・セヨン外交部第1次官は2日、ソウルドリョム洞政府ソウル庁舎別館で長嶺大使を招致した席で「韓国政府は日本政府が(私たちを)ホワイト国から除外したことについて極めて遺憾の意を表し、これらの日本の措置は友好協力国の道理を見捨てる行為」と規定した。

チョ次官はまた、「このような報復的な経済措置をとる国を、私たち国民はもう友好国と考えることができないだろう」とし「このようなすべての事態の責任は日本側にあることを明らかにしなければならない」と述べた。

彼は「韓国政府は日本に断固要求する。今回の措置を直ちに撤回して(輸出規制)3品目について即時原状回復するように願う」とし「私たちの要求を受け入れなければ、私たちの政府は必要な措置を講ずる」と警告した。

これに対して長峰大使は「日本の措置の(韓国政府の)見解は受け入れることができない」とし「両国の経済に悪影響を与える意図はないことを理解してほしい。輸出管理をうまくやっていく両国の経済関係を密接にしていくことが重要だ」と反論した。

それと共に今回の措置が昨年10月、韓国の最高裁判所で日帝強制動員被害者に対する賠償判決が出てきたことと無関係ではないことを認めた。長峰大使は「今の問題について言えば、両国間の状況は、昨年いくつかの問題が発生したことが原因になっている」とし「韓日間の信頼関係の回復のために、韓国政府がうまく対応することを強力に要求する」と対抗した。
(引用ここまで)


 「知日派」として登用されたとしていたチョ・セヨン外交部第1次官が、韓国のホワイトリスト除外を受けて「もはや日本は友好国ではない」と駐韓日本大使の長嶺氏に言い渡したとのこと。
 ……いや、なにをいまさら。
 日本側から見た時に「徴用工判決が出たら日韓関係は破壊される」ってことは自明の理でした。
 ちょっと日韓関係に詳しい人間なら、2012年の大法院判決を踏襲した判決を出すのであればこうなるだろうということくらいは予測可能だったにも関わらず。
 子飼いの人物を飛び級させる勢いで大法院長に指定する、前大法院長を逮捕するなどして「賠償認定以外の判決を出すな」と大法院に対して圧力を加えてたのはムン・ジェイン政権ですよ。

 日韓関係をここまで持ってきたのはお前らだろうって話です。それも完全にそう望んでやってきた。
 しかも、徴用工判決については請求権協定に基づいて延々と協議を申し込んできたのに無視。
 仲裁委設立も無視。

 そんな友好国ないだろっていう。
 で、日本側が半導体材料の輸出管理を強化して、ホワイト国リストから除外したら「協議しろ協議しろ」って言い出す。
 「なんなのお前ら」って思われて普通だろうに。

 もう、日韓関係は完全に新しいフェーズに入ったのですよ。
 その引き金をひいたのは韓国。
 無意識だったかもしれないし、積弊清算のほうが大きなものに見えたかもしれませんが。
 その結果がこの大騒ぎなのです。

 「日本は友好国ではない」

 なーんて言われたところで「はあ、仰るとおりで」としか言いようがないのですよね。
 ムン・ジェインが大統領に就任してから2年というもの、慰安婦合意を破棄し、ムン・ヒサンには「天皇は謝罪しろ」と言わせ、火器管制レーダーを照射してきたのでしょう?
 その集大成のひとつが今日、「ホワイト国からの除外」として誕生したのですよ。
 むしろ喜ぶべきでしょうに。

ムン・ジェイン大統領「なにが起きても全責任は日本政府にあることを警告する」「二度と日本に負けない」と宣言……日韓関係は過去のそれとはまったく異なったものに変化している……偶発的衝突を警戒する危険水位に到達

文大統領「もう日本に負けない」「日本は大きな被害を甘受しなければならない」(朝鮮日報)
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2日、日本政府が韓国をホワイトリストから除外する決定を強行したことについて、「問題解決のための外交努力を拒否し、事態をさらに悪化させ、非常に無謀な決定で、深い遺憾を表明する」と語った。

 文大統領は同日青瓦台で行われた緊急国務会議の冒頭発言でこのように語った。文大統領は「わが政府と国際社会の外交的な解決努力を無視し、状況を悪化させてきた責任が日本政府にあることは明確になった以上、今後起きる事態の責任も全て日本政府にある点を明らかに警告する」と話した。文大統領の冒頭発言はテレビを通じて生中継された。
(引用ここまで)


 ひとつ前に掲載したムン・ジェイン大統領による立場表明についてまとめている記事ですね。
 日本側が今回の措置に対して世耕経産大臣、麻生財務大臣くらいしかコメントしていないのに比べて、韓国では国家元首たるムン・ジェイン自ら国民に語りかける形を取っている。
 しかも、その言葉はかなり強いものとなっています。

 曰く──
「もう日本に二度と負けない」
「今後起きる事態の責任も全て日本政府にある点を明らかに警告する」
「加害者である日本が居直ってむしろ大声を出す状況を決して座視しない」
 ……といった「強い言葉」の羅列となっています。
 そしてこの期に及んでも「加害者と被害者」というスキームを保とうとしている。

 これから以降、自衛隊、および海上保安庁の隊員は韓国軍と相対する際に、細心の注意が必要となるでしょう。
 そこまでの事態なのか、と思うかたもいるでしょうけども。
 もう、現状の日韓関係はそこまでの事態なのですよ。
 シンシアリーさんもムン・ジェインによる立場表明を「宣戦布告のような文章」と書いています。
 うちも全文翻訳をしている時に「あ、これは偶発的衝突の可能性が高まったな」と感じました。
 日本側から仕掛けることはないでしょうが、韓国側から仕掛けられる可能性はかなり高まったといえます。
 それでなくても、哨戒機に対して火器管制レーダーを照射してくるような相手ですからね。

 イキった軍人がひとりいれば充分に偶発的衝突は起きます。
 特にP-1、P-3Cの乗組員は気をつけるべきでしょう。
 いや、こんな分析はずれるに越したことはないのですけども。

 楽韓Webに一度も書いたことはないのですが、もし日本が憲法改正を行うのならそれは中国となんらかの形で紛争になって自衛隊員に死者が出た時だろうな、と考えていました。
 それが必ずしも中国が相手の場合のみではなくなった感が出てきました。
 現状、それくらいの事態であることを認識したほうがよいと思います。

【全文あり】ムン・ジェイン大統領、「加害者である日本が韓国経済に打撃しようとしている」「段階的に対応措置を行う」等と立場表明

ムン・ジェイン大統領による臨時閣議後の立場表明演説全文。

ーーーーーーーーーー

非常な外交・経済状況に対応するため、緊急に閣議を招集しました。
今日の午前、日本政府は、韓国をホワイト国から排除する決定を下しました。
問題を解決するための外交的努力を拒否して事態をさらに悪化させる非常に無謀な決定であり、深い遺憾を表します。

外交的解決策を提示し、行き止まりの道を行くことに警告し、問題を解決するために頭を突き合わせようとした政府の提案を日本政府は、まったく受け入れていません。
一定の期限を定めて、現在の状況をこれ以上悪化させずに、交渉する時間を持つことを促す米国の提案にも応じていない。
韓国政府と国際社会の外交的解決の努力を無視して、状況を悪化させてきた責任が日本政府にあることが明らかになった以上、これから繰り広げられる事態の責任も全面的に日本政府にあるという点を明確に警告します。

どのように言い訳をしたとしても日本政府による今回の措置は、私たちの最高裁判所の強制徴用判決に対する明白な貿易報復です。
また、「強制労働の禁止」と「三権分立に基づいた民主主義」という人類の普遍的価値と国際法の大原則に違反する行為です。
日本がG20会議で強調した自由貿易秩序を自ら否定する行為です。
個人請求権は消滅していないと、日本政府自身が明らかにしてきた過去の立場とも矛盾します。
我々がより深刻に憂慮することは日本政府の措置が、私たちの経済を攻撃し、我々の経済の将来の成長を妨げて打撃をするという明確な意図を持っているという事実である。
私たちの最も近い隣人であり、友好国であると思っていて来た日本が、そのような措置を取ったことについて失望し、残念です。

日本の措置は、両国間の長年の経済協力と友好協力関係を毀損するもので、両国関係の重要な課題です。
また、グローバルなサプライチェーンを崩して世界経済に大きな被害を及ぼす利己的な迷惑行為に、国際社会の指弾を免れないでしょう。

日本の措置により、我々の経済は厳しい状況に困難が加わりました。
しかし、我々は再び日本に負けるようなことはありません。
私たちは、多くの逆境を乗り越え、今日に至りました。
少なからぬ困難が予想されるが、私たちの企業と国民にはその困難を克服する能力があります。
過去にもそうしてきたように、私たちは逆境をむしろ飛躍する機会として作ることになります。

政府も素材・部品の代替輸入先と在庫物量確保、源泉技術の導入、国産化のための技術開発と工場の新設・増設、金融支援など企業の被害を最小限に抑えるために可能なサポートを行います。
さらに素材・部品産業の競争力を高め、再び技術覇権に振り回されないことはもちろん、製造業強国の地位をさらに高める契機にいたします。

政府と企業、大企業と中小企業、労使。そして国民が一緒に力を集めたならば十分にやっていけるでしょう。
政府と韓国企業の能力を信じて、自信を持って、一緒に団結していただくことを国民に訴えます。
一方で、決して望まなかったことだが、我々政府は日本の不当な経済報復措置について相応する措置を断固として取っていきます。
たとえ日本が経済大国であったとしても、我々の経済に被害を意図挙げるならば、私たちも対抗することができる方法を持っています。
加害者である日本が居直り、大声を上げる状況を決して座視しません。
日本政府の措置状況に応じて、私たちも、段階的に対応措置を強化していきます。
すでに警告したように、私たちの経済を意図的に打撃すれば日本でも大きな被害を甘受しなければなりません。

韓国政府は今も対応と対抗の悪循環を望んではいません。
これを停止できる道はただひとつ、日本政府が一方的で不当な措置を一日も早く撤回し、対話のの道に出てくるというものです。
韓国と日本、両国間の不幸な過去の歴史に起因する深い傷があります。
しかし、両国は長い間、その傷を縫い、薬を塗って包帯をあて、傷を癒すための努力をしてきました。
ところが、今になって加害者である日本が、むしろ傷をつけようというのであれば、国際社会が決して容認しないことに日本は直面することでしょう。

国民の皆さんにも申し上げます。
私たちは、今年の3.1独立運動と臨時政府樹立100周年を記念し、新しい未来100年を誓いました。
力で相手を制圧していた秩序は過去の遺物に過ぎません。今日の大韓民国は、過去の大韓民国がありません。
国民の民主力量は世界最高水準であり、経済も比類なく成長しました。いかなる困難も十分克服する底力を持っています。すぐには困難に直面するかもしれません。
しかし、挑戦に屈した場合、歴史は再び繰り返されます。
今の課題をむしろチャンスと思って、新しい経済跳躍の契機とするならば、私たちは十分に日本に勝ち抜くことができます。
私たちの経済が日本経済を超えることができます。歴史に近道はあっても省略はないということです。
いつかは越えなければならない山です。
今この場で止まって立つと、永遠に山に登ることができません。

国民の偉大な力を信じ、政府が率先しております。
挑戦を存続し、勝利の歴史を国民と一緒にもう一回作ります。
我々にはできるのです。
政府の各省庁も、企業の難しさと一緒にするという非常な覚悟で臨んでくれることでしょう。

ーーーーーーーーーー

 長いだけでなにも言っていないのと同じです。具体的な話はゼロ。
 まーた「加害者である日本が」って言っていて、日本側がそういう関係に飽き飽きであるということに気がついていない。
 とりあえず「段階的に報復をする」という話は目新しいかもしれません。

日本政府、韓国のホワイト国リストからの除外を閣議決定 ── 韓国からは午後にムン・ジェインから立場表明がある模様

韓国を「ホワイト国」から除外 閣議決定、規制第2弾(共同通信)
 政府は2日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した。半導体材料の韓国向け輸出管理の厳格化に続く規制強化の第2弾で、政令公布の21日後に施行され、今月下旬に除外される。日本がホワイト国の指定を取り消すのは韓国が初めて。元徴用工問題などを巡り対立を深める日韓のさらなる関係悪化は確実だ。
(引用ここまで)


 とりあえず速報ということで。

 現在、韓国メディアは「どのような対抗措置を講じるべきか」という話が出てます。
 一応、確認したかぎりでは──

・GSOMIA破棄
・日本への輸出入優遇措置の停止
・東京オリンピックのボイコット
・駐日韓国大使の召還

 あたりが取り沙汰されていますかね。
 東京オリンピックのボイコットについてはあくまでもネチズンからそういう話があるというていどであって、政府単位や議員らから話題に上っているものではありませんが、これからは取り上げられるかもしれませんね。
 この後のエントリで時間があれば扱うと思います。

 午後にはムン・ジェインから立場表明があるとのこと。

文大統領が立場表明へ=韓国政府、午後に臨時閣議-「ホワイト国」除外(時事通信)

 こちらもお伝えする予定です。

韓国外交部「GSOMIA破棄についてダメージを負うのは日本」→外交部長官「日本が安保上の問題で輸入規制をするなら、韓国も安保上の枠組みを考え直す」→国情院(旧KCIA)「GSOMIAはおいそれと破棄すべきではない」……韓国政府も一枚岩ではない……ということか

韓日軍事情報協定 「破棄すれば日本に打撃」=韓国外交部(聯合ニュース)
韓日軍事情報協定の破棄に否定的 韓国情報機関トップ(聯合ニュース)
「ホワイト国」除外なら韓日安保枠組みの検討不可避 韓国外相(聯合ニュース)
 趙氏はこの日、国会で開かれた外交統一委員会の全体会議に出席し「(協定を破棄すれば)日本の立場に打撃があると考える」と述べた。

 また、日本の菅義偉官房長官がGSOMIAについて継続すべきだとの立場を示したことに言及し、日本も国益にかなうと判断しているとして、GSOMIA自体は各国の利益のために締結したものだと説明した。
(引用ここまで)

韓国情報機関・国家情報院(国情院)の徐薫(ソ・フン)院長は1日、日本が安全保障上の友好国として輸出手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した場合、韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すべきだとする与党の一部議員の主張に対して「慎重でなければならない」と否定的な立場を示した。
(引用ここまで)

 康氏は会談後、記者団から韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長と関連した質問を受けると「あすの閣議で除外の決定が出れば、われわれとしても必要な対応を講じざるを得ない」と強調。「日本の輸出規制措置が安全保障上の理由で行われた。われわれもさまざまな安全保障の枠組みを検討せざるを得ないと(河野外相に)伝えた」と説明した。
(引用ここまで)


 日本がホワイト国リスト除外を行うのであれば、GSOMIAの破棄をせざるを得ない……という話がカン・ギョンファ外交部長官から出ています。
 その一方で国情院(旧KCIA)の院長からは「GSOMIAをおいそれと破棄するわけにはいかない」と発言。
 そして同じ日に外交部の第1次官からは「破棄すれば打撃を負うのは日本側」という発言。
 これらの発言が全部同じ日に出ているのがちょっと面白いですね。

 外交部としてはGSOMIAを外交カードにしてもよいという考えかたになっている。
 ちょっと前まではカン・ギョンファ長官からは「基本は延長」という考えかたが延々と述べられてきていましたが、「日本が安保を理由として輸出規制措置をやっているのだから、我々も安保上の枠組みで対抗するしかない」との発言。
 つまるところ、GSOMIAを破棄するからなという事前警告ですね。
 第1次官の発言も同様に「GSOMIAを延長したがっているのは日本だから、破棄した場合にはより日本側が大きなダメージを受ける」というもの。
 GSOMIAの中身ではなく、日韓間での協定の価値がどのような位置づけであるかという認識を述べたものになっています。

 その一方で国情院院長からは「GSOMIAの破棄は慎重を期すべきだ」との意見。
 国情院は軍事に直接関係する部署ではありませんが、諜報機関という情報の行き来を見守る部署ですから当然のようにその中身そのものの価値を評価する立場にあるわけです。まあ、こういう立場からしたら情報の途絶=死みたいなもの。
 当然、「日韓関係が悪化しようとも必要な協定である」という立場に立つでしょうね。
 政府として完全に決まった方針があるというわけではない、ということが見てとれます。

 でもまあ、実際に韓国側に報復カードとしてなにがあるのかといったらGSOMIA破棄くらいしかないんですよね。
 日本経済侵略対策特別委員会の委員長からは「ホワイト国リスト除外された場合の報復カードはいろいろある」という発言がありましたが、通商関連でカードを切ったらより大きなダメージを負うのは韓国ですからね……。
 じゃあ、他に……と考えた場合にGSOMIAくらいしか残らない。
 腹立ち紛れに破棄しにくるような協定ではないのですけども。

 ホワイト国リスト除外の閣議決定は午前中にも行われるとの話なので、決定されたらまた速報だけでもお伝えします。
 実は経産省の区分で韓国が「り地域」になるという話は別に面白おかしいものではないのですが、それを伝える機会がなかったなー。

楽韓さん、本日の動向 - 今日はえらいことになるような予感がしますわ

 いやもう、ホントに「激動期」とか一言じゃ言い表せないレベルの状況です。
 以前から「徴用工判決が出たらとんでもないことになる」って話はしていましたが、ここまでとは。
 今日は下手したら5回行動かな……。
 閣議決定→ムン・ジェインの立場表明だけでも大騒ぎになりそうです。

 さて、Amazonのタイムセール祭りが今日まで。
 プライムデーと違って大きな目玉はないのですが、食料品とか洗剤なんかの日用品とかが安くなっているのがありがたい。
 最近、詰め替え用の洗剤はタイムセール祭りでしか買ってないような気がする。

アリエール 洗濯洗剤 液体 イオンパワージェル サイエンスプラス 詰め替え ウルトラジャンボ 1.90kg
アリエール
2018/9/4

 ナナとカオルが全巻半額になってます。
 Kindleでも買っておくか。

ナナとカオル 1 (ジェッツコミックス)
甘詰留太
白泉社
2008/11/28

 あとはメイドインアビスが3巻まで100円。以降、最新刊まで半額になってます。
 竹書房のフェアかなんかかなー。

メイドインアビス(1) (バンブーコミックス)
つくしあきひと
竹書房
2013/7/31

 他にも掘っておくか……。ポプテピピックも安いことは確認した。

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
総理にされた男
中山 七里
NHK出版
2015/8/25