相互RSS募集中です

2019年07月

韓国政府「DRAMの輸出規制で日本の電子産業はパニックに陥るだろ?」→ それでは実際の日本へのDRAM輸出額を見てみよう

カテゴリ:日韓関係 コメント:(156)
日本が昨年輸入したDRAM、韓国製は21%(朝鮮日報)
 青瓦台の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長は12日、TBS(交通放送)ラジオの番組「キム・オジュンのニュース工場」に出演し、「韓国のDRAM市場でのシェアは72.4%で、DRAM供給が2カ月ストップすれば、全世界でスマートフォン2億3000万台を生産するのに支障が出る」とし、「そうしたカードがオプションとしてある」と発言した。この発言について、青瓦台のコ・ミンジョン報道官は13日、「韓国政府がDRAMを輸出制限品目に指定することを検討しているとの報道があったが、それは間違いだ」と述べた。2日間に青瓦台が異なる2つのメッセージを発したことで、DRAM輸出制限を巡る論争は続いている。

 DRAMは電源が切れた状態でもデータを保存できるメモリー半導体で、スマートフォン、サーバー、ゲーム機、スマート機器などに使われる。サムスン電子とSKハイニックスによる4-6月期のDRAMの世界シェアはそれぞれ45.7%、28.7%だ。韓国の半導体企業2社で世界市場の74%を占めている。韓国の半導体が揺らげば、世界のIT業界が打撃を受ける。

 しかし、日本との関係は異なる。サムスン電子とSKハイニックスの売上高に占める日本の割合は10%にも満たない。顧客企業リストにも日本企業の名前はない。韓国貿易協会によると、今年上半期に韓国が日本に輸出したDRAMは金額ベースで829億ウォン(約73億円)だ。昨年通年でも2242億ウォンに過ぎず、韓国のDRAM輸出全体に占める割合は0.53%だ。昨年1年間、韓国が日本に93%を依存して輸入したフォトレジスト(半導体生産に必要な感光液)の輸入額(3643億ウォン)にも満たない。

 日本が昨年輸入したDRAMのうち韓国製は21%だった。60%は台湾製だ。台湾にはDRAM業界3位のマイクロンの工場がある。読売新聞は13日、日本は韓国から半導体を輸入しているが、台湾からも購入可能だと報じた。一部には日本がサムスン、ハイニックスから輸入するDRAMは高性能で代替不可能だとの指摘もある。しかし、業界関係者は「日本は研究用製品にサムスン、ハイニックスの高性能DRAMを使用するが、量はそれほどでもない。汎用製品は他のメーカーが供給するDRAMで生産が可能だ」と話した。
(引用ここまで)


 日本の製品でもっともDRAMを使っているであろうものはソニーのPlayStation4、任天堂のSwitchでしょうね。
 PlayStation4は高性能なGDDR5を8GB、Switchはモバイル用のLPDDR4を4GB。

 で、このふたつの製品があるから「DRAMに輸出規制をかければ日本の電子産業はパニックになる」とか言っていたのですが。
 ところがPS4は中国とブラジル、Switchは中国とベトナムで生産となっています。
 この工場へのDRAM出荷を「安保問題で規制する」とか言い出したら、現地政府が黙っていないでしょうね。
 「ベトナム資本のベトナム企業にDRAMが出せないっていうのはどういうことだ」と。じゃあ、ベトナムにある韓国企業の工場は韓国企業ってことになって規制をかけられてもいいのかって話にもなります。

 そもそもソニーや任天堂の工場で作っているわけではなく、鴻海等に製造委託しているわけですしね。
 現地政府もODM先も、それぞれの工場や雇用を守るために最大限の抗議が行われるでしょうよ。現地政府が守ってくれないのであれば、工場誘致の利点がなくなってしまいますから。
 「じゃあ、他の国行くわ」くらいのことを言われても不思議じゃないし、喉から手が出るほどに工場や雇用が欲しいなんて国はいくらでもあるわけです。
 「日本企業と取引しているから輸出規制する」とか?
 無理筋もいいとこですね。

 もうひとつのDRAMを必要とする大きな製品はパソコン。
 PCの生産は国内工場でもありますが、あくまでも組み立て工場です。PCに搭載するメモリはノートPCであれば中国等で製造されたマザーボードに直付けされたもの+スロットでしょうし、デスクトップPCであればモジュールでの搭載。
 DRAMの「チップそのもの」を輸入する必要はあまりない。

 日本へ輸入された韓国製DRAMが今年上半期で73億円だけというのも頷ける話です。
 まあ、こうして実際の輸出入額を見てみると、とてもじゃないけど「日本の電子産業をパニックに陥れる」ことはできそうにありませんね。
 ちなみに2017年の1年間における韓国産パプリカの輸入額はおおよそ9000万ドル。ざくっと丸めて90億円。さすがにDRAMの額には届かないか。でも、そのていどの話でもあるわけです。

 あ、ちなみに太字部分は翻訳のミスで、韓国版ではちゃんと「通電している時だけデータ保持できる」となっています。

Team DDR4 3000Mhz(PC4-24000) 16GBx2枚(32GBkit) デスクトップ用メモリ ハイスピードタイプ 日本国内無期限保証
Team
2018/6/18

韓国政府「徴用工問題で日本政府が謝罪するなら、賠償命令の放棄をしてもいい」 → 日本政府「あんたらが信用できないので断ります」

政府、強制徴用への謝罪を受ければ賠償放棄する案を提示……日本は拒否(ニュース1・朝鮮語)
政府が先月、日本との水面下の対話で強制徴用に日本が謝罪する賠償要求を放棄する案を提示したが、日本政府はこれ以上の謝罪はないという立場を固守したと伝えられる。

13日、外交筋によると韓日葛藤の出発点とされる昨年10月に強制徴用賠償判決と関連して、日本が強制徴用について謝罪すれば、韓国政府が補償を負担するとの方式が韓日両国間の水面下の交渉で議論された。

徴用問題の不法性を認めさせようとする韓国政府と徴用問題はすでに解決されたという、日本の立場を折衷したものだ。日本は徴用被害者などに対する補償問題は、1965年の韓日請求権協定締結当時、韓国側に提供された有償・無償経済協力を通じて「すべて解決された」という立場となっている。

しかし、安倍晋三首相がこれ以上謝罪はないという立場を固守しているうえ、韓国側が被害者側に賠償放棄を促すことが信じることができないとして、日本政府は韓国側の提案を受け入れていないと伝えられる。
(引用ここまで)

 14日に報道されたニュース。
 いわく「日本側が謝罪を表明するのであれば、韓国政府は(日本企業に対する)賠償請求が行われないように放棄を促す」とのこと。
 で、日本側からは「1+1」財団の提案と同じように、これまた秒で拒絶されたとのこと。
 そりゃ……そうでしょ。
 韓国側はこれまで約束を守ってきていない。

 古くは河野談話で「官房長官談話として出してくれれば、それを最後にして慰安婦について日韓間の問題として提起しない」という密約があったのですね。
 ですが、その後の経緯はご存じの通り。
 明治日本の産業革命遺産登録時も「日韓で登録に協力しあおう」という話にしていたはずなのに、登録の現場に入ったらあっと驚く手のひら返し
 慰安婦合意も「最終的かつ不可逆的に解決」したはずなのに、政権が変わったというだけでの理由で実質的に破棄
 おまけに今度は日韓基本条約(請求権協定)で「完全かつ最終的に解決」していた話を蒸し返そうとしている。
 火器管制レーダー照射事件も認めない。
 国際的ルールであるはずの海自艦の旭日旗掲揚を拒絶する。

 ここでこんなものを信じるわけがない。
 日韓関係は信頼を基盤にした関係性ではなくなっている。
 日本から見た時に「連中は絶対に嘘をつく」という前提で付きあわなければならない関係性となったのです。
 「AをやってくれればBをやる」という話を信用できない。
 「Bをやってきてからであれば、Aを考慮してもいい」くらいの態度で対応しなければならないのですよ。
 交換条件が成り立たない相手となったわけです。

 いつぞやも「現在出ている賠償判決に日本企業が従えば、残りの賠償請求は韓国政府が担当する」なんてことを言い出してましたが。
 信用するわけないよな。

おや、半額セールの対象なのかな?
自分の「異常性」に気づかない人たち 病識と否認の心理
西多 昌規
草思社
2016/11/25

ムン・ジェイン「2045年に北朝鮮と統一する」 → 北朝鮮「お断りします」……ミサイル発射実験もおまけにつけられちゃいました

「人為的統一はない」と言っていた文大統領、「ワン・コリア」「北朝鮮の体制保証」を同時に言及(朝鮮日報)
北朝鮮、韓国と「再び対座せず」 文大統領の対話呼びかけ拒否(朝日新聞)
北朝鮮、また飛翔体発射=日本海に向け-10日以来(時事通信)
文大統領はこの日の光復節演説で「南北間の経済協力が速度を出し、平和経済が始まれば、統一は自然に我々の前に現実のものとなるだろう」とした上で「2045年の光復100周年」を統一の時期として提示した。文大統領は「2032年にソウルと平壌で共同でオリンピックを開催し、これを成功させ、遅くとも45年には平和と統一によって一つの国、ワン・コリアとなって世界にその姿を示せるよう基盤を固めていきたい」との構想も語った。 (中略)

 文大統領は統一の時期については提示したが、その方法論は語らず、ただ「互いの体制の安全を保障する」として北朝鮮の体制保証を強調した。韓国と北朝鮮は市場経済と閉鎖経済、民主主義と全体主義という国家体制の違いがあまりにも明確だ。文大統領はこれらの違いを維持しながら、どのようにして経済の統合や政治的統一を成し遂げるかには言及しなかった。
(引用ここまで)

北朝鮮で南北関係を担当する祖国平和統一委員会の報道官は16日、韓国と再び対座することはないとの立場を示した。韓国の文在寅大統領は15日、2045年までに朝鮮半島の和平と統一を目指すと表明し、北朝鮮に対話を呼びかけたが、これを拒否した格好だ。
(引用ここまで)

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は16日朝、東部の江原道通川付近から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を2回発射した。北朝鮮の飛翔体発射は10日以来で、7月25日以降、6度目。米韓合同軍事演習を実施中の韓国に不満を示す狙いとみられる。
(引用ここまで)


 昨日のムン・ジェインによる光復節演説は韓国で異常なくらいに評価されています。
 でもまあ、実際には絵空事の上に絵空事を描いた夢物語であって、そこまでの具体的な方法論になんにも言及していない「努力目標」みたいなものですね。
 経済政策においては所得主導成長っていう(間違った)方法論を掲げているので、そっちのほうがまだましというレベル。

 まだ立候補手続きすらしていない2032年の南北共催のオリンピックを成功させて、戦後100周年にあたる2045年に統一をしたいっていう願望を垂れ流しているだけ。
 「夢を描いた」とか「方向性を示した」とかいう言い方もできるとは思いますが、タイムテーブルもなにもない。北朝鮮のいうところの「朝鮮半島の非核化は念願」と同レベルの話ですね。

 で、それに対して朝鮮の報道官は「韓国と対座することはない」と即座に拒絶を表明。
 ま、そりゃそうです。
 北朝鮮……というか、キム・ジョンウンはなにも統一なんてしたいわけじゃないですからね。
 必要なのは自分とその周辺の特権階級が充分に潤すことのできる体制だけ。
 だから統一なんて話はミリほどもしておらず、韓国に対しては開城工業団地再開と金剛山観光事業再開についての話くらいしかしていない。
 「南は約束したくせになにも動いていない」と怒りのコメントをしたこともありますね。
 それ以外の話はアメリカと直接対話をするという方針。

 挙げ句の果てに新型ミサイルをまたぶっ放している始末。
 ムン・ジェインは「南北首脳会談を1年に3回もやった」とか誇らしげに語っていましたが、その実なにも変化していない。
 結果という面で見れば成果ゼロ。

 ま、武藤元駐韓大使曰く「北朝鮮のこと以外は眼中にない人物」だから、こんなもんなんだろうなぁ……。

いまだに半額以下のセール中。
韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017/6/1

韓国人「釜山の建物、上から見たら旭日旗にそっくりだ!」 → 撤去、もしくは移転に……なお、建築から40年以上なんのクレームもなかった模様

「日本戦犯旗に似た国連参戦記念塔を撤去、または移転」=韓国(中央日報)
釜山南区大淵洞(プサン・ナムグ・テヨンドン)の国連参戦記念塔が日本軍国主義の象徴である戦犯旗(旭日旗)と似ているという指摘が出ている。釜山市は記念塔を撤去、または移転することにした。議論の的となった国連参戦記念塔は全世界で唯一の国連記念公園近隣の国連交差路にある。

釜山市は13日「記念塔の前にある釜山市立博物館の駐車場を国連記念広場に作ることを推進中だが、現在の国連参戦記念塔もこの広場に移転、または撤去することを検討してきた」として「公論化の過程を経て決めるだろう」と明らかにした。釜山市は予算を確保して国連記念広場を2021年に着工、2022年に完工する計画だ。

国連記念広場の造成に合わせて参戦記念塔を解体し、原形そのままに組み立てて移転、あるいは撤去して新たに作るという方針だ。また、参戦記念塔は芸術作品なので移転・撤去のためには公共造形物審議委員会の審議を経る必要があり、文化芸術家の意見を聴取する必要があるということだ。

釜山市関係者は「参戦記念塔の柱16個は韓国戦争(朝鮮戦争)当時、参戦16カ国を象徴するものと理解している」としつつも「十六条の旭光が出ている日本戦犯旗にちょうど似ており、論議を呼んだと思う」と説明した。
(引用ここまで)

 釜山南区のサイトから画像を探してきました。
 まずはいろいろな報道で出ている、上から見たもの。

캡처.PNG

 で、地上から見るとこんな感じ。

캡처2.PNG

 アメリカ、イギリスをはじめとした16カ国の戦闘支援国を象って、柱が16条に分岐したものとなっていてその戦端に国旗が掲揚されているというオブジェですね。
 で、つい最近までこのオブジェがどのようなものか、果ては誰によって作られたものなのかが不明だったとのことです。
 釜山南区のサイトには今年の5月に記事が掲載されています。

40年のベールに覆われた世界平和の象徴(釜山広域市南区)

 建設されたのは1975年。
 キム・チャンシクという彫刻家によって作られたということは判明しています。
 で、おそらくこの記事を見た共に民主党所属の区議が「旭日旗だ!!!!1」って言い出した、と。

 つまり、韓国では戦後まるで旭日旗の形状を問題としていなかったということが分かります。
 さらにこういう放射線をモチーフとした形状がいかにありふれているかということを証明しているものでもあります。
 まあ……一種の病気だよなぁ。