相互RSS募集中です

2019年08月

米専門家「韓国のGSOMIA破棄は『腹立ち紛れに自害』したようなものだ」と酷評。「韓国はアメリカに味方になってほしいのだろうが、受け入れがたい」とも

<今、北東アジアは…専門家診断>ワシントンから見た韓米同盟の危機(中央日報)
――米国はなぜGSOMIA終了決定を批判するのか。

「米国は韓半島(朝鮮半島)をめぐる葛藤を3つの視点から見ている。第1に国家安全保障、第2に繁栄、第3に歴史問題だ。韓日間の歴史問題は尊重するが、国家安全保障よりも重視すべきでないというのが米国の立場だ。GSOMIA終了は歴史を安全保障より重視した決定であるため、米国は理解できず不満を持つ」

――トランプ大統領はこの問題について更に言及していない。

「国務省と国防総省が批判と懸念を十分に伝えた。引き続き公開批判することではない。今後は官僚らが問題を解決しなければならない。それでも韓米同盟が心強い。」

――文在寅(ムン・ジェイン)大統領が11月に協定終了を実行した場合、米国の立場は。

「本当に残念(shame)だ。歴史問題も解決できず、協定終了による被害はそっくりそのまま韓国が受けることになる。日本が譲歩しなければ文大統領はそのような決定を下す可能性がある」

――韓国がどのような被害を受けるか。

「GSOMIA中断の決定は腹立ちまぎれに自害した格好(Cutting off the nose to spite the face)だ。日本に補償を要求するのは感情的に満足を得るかもしれないが、北朝鮮という実在する敵の前で韓国の国防力を弱体化させることだ。韓国と日本の情報能力は同じではない。例えば、韓国は北朝鮮を観察する衛星がないが、日本にはある。米国は衛星写真の分析技術が最高水準だが、対人情報や言語は韓国に追いつくことができない。情報は相互補完を通じて完成される」

――GSOMIAを終了しても安全保障に損失がないという主張もあるが。

「GSOMIAは危機が迫ってはじめて、その価値が分かる。効用がないのは運良くまだリアルタイムで情報を共有すべき差し迫った危機が起こっていないという意味だ。それ自体が無駄ということとは異なる話だ。協定は国家間で交わされた情報の公開を禁止する。 「韓国が受けた情報はない」という主張は嘘か、韓国を信頼できないという日本の主張が正しいということを見せていることになる」

――韓国は米国の仲裁を期待している。

「米国は韓日葛藤に関与しないというのが基本的な立場だ。仲裁に出てどちらかの肩を持つように見えた場合、もう一方の不満が大きくなる。さらに、韓国が望むのは仲裁ではなく、米国に味方になってほしいということだ。米国としては受け入れがたいことだ。韓国も日本も重要な同盟だからだ」
(引用ここまで・太字引用者)

 デビッド・マクスウェル氏は元軍人で、現在はFoundation for Defense of Democraciesのシンクタンクのシニアフェロー。
 北朝鮮危機の際に何度かコメントしてましたね。
 「アメリカは『冷却塔爆破』のような象徴的な措置を望んでいない」と冷徹なコメントが覚えにあります。

 で、他のシンクタンクの専門家や政府高官らと同様に韓国政府のGSOMIA破棄に対して厳しい話をしています。
 一番面白いコメントはなんといっても「GSOMIA破棄の判断は『腹立ち紛れに自害した』格好だ」というものですが。
 まあ、これがアメリカの知識人から見た正直な反応なのだろうなぁ……。
 「え、なんで?」っていう。
 可能性はあったにせよ、正気であればあり得ない選択肢を取ったわけですからね。
 しかも、「アメリカとはしっかり意思疎通できている」とか言い出すわ、アメリカから「それはウソだ」と指摘されるわ。
 挙げ句の果てにハリス大使に「失望したという発言を自重してくれ」って言い出したのに、その後も使われまくるっていうオチになりましたね。
 ついでにVOAで匿名の高官から「我々はそのような発言を止めることはない」っていう発言があったとのこと。

国務省、GSOMIA終了また批判……「文政府、安全保障の課題に真剣に誤解」(ニューシス・朝鮮語)
先に韓国政府の外交当局は、8月28日ハリー・ハリス駐韓米国大使を呼んでGSOMIA終了決定後、米国が韓国に失望や不満を相次いで表明することに対して遺憾を表明し、これらの発言を自制してほしいと要求したことがある。

しかし、匿名を要求した国務省の関係者は、VOAとの通話で「私たちは、決してそのような発言を停止しないだろう」と述べた。
(引用ここまで)


 破棄直後から比べたらアメリカ政府高官らのコメントは減りましたが、それは単に話題になっていなくて記者等から聞かれないからでしょうね。
 こうして北朝鮮がミサイル発射でもしようものなら、「韓国は思い違いをしている」くらいのことは言うでしょうよ。
 今回の決定はそれくらいのインパクトがあったということなのですよ。どれだけ「米韓関係にとんでもない衝撃があった」という解説をしてもし足りないくらい。

 この後に及んでも韓国からは「アメリカから仲裁してほしい」という声が挙がっていますが、太字部分で言うように韓国の言う仲裁は「アメリカは韓国の味方をすべきだ」という認識の下での「仲裁」ですからね。
 何度か語っているように韓国は「アメリカは正義の鉄槌を常に戦犯国日本に下すべし」くらいのことを考えているのです。
 今回も同様に無条件で韓国の味方をすべきなのに、アメリカが動かないからGSOMIA破棄という「外交カード」で圧力を加えたのですが。
 残念なことに日本もアメリカもそれを外交カードと認識していない。
 まさに「腹立ち紛れの自害」くらいにしか見ていないということですね。

 Twitterで「韓国のGSOMIA破棄に対して日本もアメリカも『なんでこんなことに』って言っているけど、それは『変人が全裸で車道に飛び出して車に撥ねられた』みたいな光景に対して唖然として「なんで……」って言っているだけ」というようなうまいことを言っていた人がいましたけども。
 破棄宣言が出てから3週間以上が経過していますが、いまだに「いやぁ……なんでこんなことに」って思いますよ。
 なんというか……味わい深い話です。後世から見た時でもやっぱり「なんでこんなことに」って思うのだろうなぁ。

米FOXニュース「韓国の旭日旗に対する怒りは2011年から拡がり、反日ナショナリズムに火を点けるためのものとしてきた」と指摘……どうやら欧米マスコミもキ・ソンヨンの虚言を理解してきた模様

South Korea demands Olympic officials ban Japan's 'Rising Sun' flag at 2020 games(FOXニュース・英語)

 FOXニュースが韓国政府がIOCに対して「旭日旗の禁止を」と訴えたこと、および東京オリンピック大会組織委員会が旭日旗を禁止しないこと等を伝えています。
 「韓国は『アジアの国々にとってナチのハーケンクロイツと同じだ』と訴えている」という記述はありますが、どちらにウエイトをかけるということもなく、そこそこニュートラルな感じですかね。
 こうした事柄を韓国が東京オリンピックに向かって出している理由を、日韓関係の悪化の結果であるということも語られています。
 少なくともニューヨークタイムズのように煽っていません。


 最後にこんな文章がありまして──

「旭日旗使用に対する韓国の怒りは2011年に増えはじめ、反日ナショナリズムを発火させるためのものとしてきた」

 どうもFOXニュースは2011年のキ・ソンヨンによる猿真似アピールと、その苦し紛れの言い訳によって韓国に旭日旗アレルギーが唐突に広がったというエピソードを理解しているっぽいですね。
 ただ、最後の「先週、日本は韓国開催の観艦式から撤退した。(韓国が海自艦に)旭日旗を下げさせようとしたことを拒絶したために」というのはよく分からないですね。
 去年の観艦式の時制をどっかで勘違いしているのかもしれない。

 そこそこ旭日旗に対してのアナウンスは行われているような気がしますね。
 そういえばラ・リーガに対して外務省からの旭日旗についての説明があり、理解をしてもらったという山田宏議員のつぶやきがありましたっけ。


 まあ、こういった動きで欧米をはじめとした国際社会に理解してもらえるようになればよいのですけどね。
 まだまだアナウンスは足りていないとは感じます。

韓国メディア「福島はチェルノブイリとは比較できない」「微量でもがんが発生するかもしれない」「東京オリンピックが放射能オリンピックかどうかはなんともいえない」と『ファクトチェック』

「チェルノブイリと比較不可」……福島放射能恐怖「ファクトチェック」(SBS・朝鮮語)
日本政府は、来年の東京オリンピックのスローガンを「再建」と「復興」に定めました。2011年福島原発の爆発事故で大きな被害を受けた東日本地域の回復を全世界に知らせようという趣旨です。日本政府はこのため、福島で一部の試合を行い、福島産食材を選手村の食事に上げると明らかにした。

しかし、一部では、日本が本当に放射能汚染の問題を克服したのが正しいことを疑いの目を送っています。放射性物質の汚染度を計算する際に最も代表的にセシウムの濃度を測定します。ところが、昨年福島で生産されたコメ900万件を調査した結果、25ベクレル未満が全体の99%を占めました。

日本政府は、セシウム安全基準値(100ベクレルBq / kg)よりも低いので、人体への影響は低いとするが、問題はその程度の放射線量が人体に及ぼす影響は、まだ誰も確信していないという事実です。

人が一生の間に受ける放射線量が100mSv(ミリシーベルト)を超えると、がんの発生率が高くなります。ところが、100 mSv未満では明らかな相関関係が見えません。現在の専門家の間でも100mSv以下でもがんの発生率が被曝量に比例するという主張と、一定値以上でのみ癌の発生率が増加するという主張などが対立しています。

つまり、微量の被ばく線量がどのように危険なのかについてはまだ証明されていません。しかし、一般の人たちは被ばく線量を計算しながら住んでいません。放射線量をどのように摂取しているのか計算することができる人もほとんどいないでしょう。だから、放射線は可能なかぎり避けるように努力することが合理的な選択です。日本は社会全体が放射線に汚染されているのだから、よりそうです。
(引用ここまで)

放射能オリンピック.jpg
「放射能オリンピック? 専門家の意見は?」


 韓国の民放であるSBSが「ファクトチェック」と称して、福島に風評被害を起こそうとしています。
 特に「25ベクレル未満が全体の99%を占めた」という話について、「0なのか24ベクレルなのか分からない」「可能なかぎり避けるべき」というような話をしていて、悪質です。
 25ベクレル未満/kgは測定下限で調べられないというもの。
 バナナ1本に含まれるカリウム40は20ベクレルていど。気にしたところでどうにもならない数字。

 「微量の被曝線量がどのように危険かは分からない」というのも同様。
 「ほんの少しでも被爆すれば危険かもしれない」というような意識に訴えかけようとしてます。
 放射線なんてそこら中にいくらでも存在していて、福島で0.06~0.07μSv/h、東京で0.03μSv/hっていう日本での被爆云々をどうこう言うのであれば、常に0.1μSv以上を浴び続けているソウルはどうなんだって話になる。

 「東京オリンピックは放射能オリンピックなのか?」というところでも「専門家の話は定まっていない」とか言い出してもうね。
 ぎりぎり名誉毀損とか嘘にならないラインの上を歩いて「科学的」というような話に見せかけている。卑怯だわ。
 韓国全体がこういった言いかたをして「日本は放射能に汚染されている」というような風評を広めようとしています。いま、2019年なんですけどね。

 自分のところで「福島のあずま球場の空間放射線量は0.06~0.07μSv/h」っていうのをやっちゃったので「印象」を作ろうと必死になっているってところです。

韓国人「東京オリンピックは日本にとっての弱点だ、攻め立てろ!」と「放射能汚染」「旭日旗」「メダルデザイン」とありとあらゆる部分にいちゃもん。今度は「担当相はセクハラ大臣だ」……ですって

「旭日旗メダル」に「キスセクハラ」長官まで... いろいろ不便な「東京オリンピック」(世界日報・朝鮮語)
2020年東京オリンピック・パラリンピックのメダルの「旭日旗」(写真)を連想させる模様が刻まれて議論がある中で、国際パラリンピック委員会(IPC)委員長は、「全く問題になることはない」という立場を明らかにし、国際的非難を買っている。

そんな中、過去「キスセクハラ」波紋を起こした人が今回の日本政府の内閣改造でオリンピック賞(オリンピック長官)に任命され議論がされている。このように、東京オリンピックは開幕前にも、様々な論議に巻き込まれ「満身創痍オリンピック」という言葉まで出てきた。 (中略)

韓国障害者体育会は「パラリンピック選手団長会議」において「旭日旗は2次世界大戦当時、アジア侵略に使用された日本軍の旗であり、多くの国で、歴史的傷を想起させる象徴物」と東京オリンピックで旭日旗の競技場搬入を禁止くれ要請した。

これに対して中国側も同意の意味を明らかにし、「オリンピックとパラリンピックのような国際的なスポーツイベントで政治的な問題が浮き彫りになって大会に影響を与えることはあってはならない」と主張した。 (中略)

韓国は中国だけでなく東南アジア諸国など協力し関連対策を用意していく計画である。 (中略)

東京オリンピックを控え、オリンピック大臣の議論は、今回が初めてではない。前任のオリンピック相であった鈴木大地は放射能汚染の疑いがある福島産食材を、世界各国の選手たちに供給すると明らかに大きな波紋が広がった。

彼は「2020年東京オリンピック・パラリンピックを通じて、被災地(福島)で生産した食材を積極的に活用する。被災地の農水産物の安全性と素晴らしさを世界に知らせたい」と述べ、これに「放射能オリンピック」という汚名を生んだ。福島産グルメ、放射能汚染に対する論議はまだ継続され、東京オリンピックアキレス腱作用している。
(引用ここまで)


 韓国では東京オリンピックが「日本の弱点である」として、政府・メディアを問わずにこうして文句をつけている、というわけです。
 これまでだけでも……

「放射能オリンピックだ」とのレッテル貼り。
選手団長会議で「福島の食材は汚染されている!」と糾弾(なお賛同ゼロ)。
・与党からはボイコットの示唆
パラリンピックのメダルが旭日旗模様であるといちゃもん。
旭日旗持ち込み禁止を掲げる。

   といった嫌がらせを続けてきました。
 まあ、その延長線上で福島のあずま球場の空間放射線量計測したらソウルよりも低かったというオチだったのですけどね。
 で、今回は橋本聖子五輪担当相が「セクハラ大臣」である、と。

 ありとあらゆる部分でこうして文句をつけてきて日本が折れることを狙っているのでしょうね。
 現状、日本側はすべてのことについて撥ねつけていますが、これからは具体的な物事が進む度に同様の嫌がらせをおこなってくると思われます。
 サッカーの代表戦でもやってきたような「宿舎がひどい」とか「練習場がひどい」みたいなヤツもやってくるのでしょうね。

 今回の記事にも「韓国はオリンピックをボイコットしよう」というようなコメントが多数ついています。
 それが日本に対する最大の圧力になるのだ、みたいな文脈で。
 とっととやってもらえたらすっきりするのですけどね。