相互RSS募集中です

2019年08月

8月の韓国人観光客、一気に半減! ただし、全体に及ぼす影響はそれほどでもない模様……

8月の訪日外国人2.2%減、11カ月ぶり前年割れ 韓国客48%減(日経新聞)
日本政府観光局(JNTO)が18日発表した8月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比2.2%減の252万100人だった。前年割れとなるのは、台風や北海道地震の影響を受けた2018年9月以来、11カ月ぶりとなる。日韓関係の悪化を受け、韓国からの訪日客数が大幅に減少したことが響いた。前月に引き続き、中国からの訪日客は堅調だった。

韓国からの訪日客数は48%減の30万8700人と、16年5月(30万2088人)以来3年3カ月ぶりの水準に落ち込んだ。JNTOは「最近の日韓情勢で、訪日旅行を控える動きが発生している」とした。

韓国では日本が輸出管理の厳格化を発動した7月以降、日本製品の不買運動が勢いづき、日本製の衣料品やビールなどに加え、日本への旅行も不買運動の標的となっている。韓国からの訪日客数は7月は中国訪日客に次ぐ2位の規模だったが、8月は台湾からの訪日客数を下回り、3位となった。
(引用ここまで)

 韓国人と、全体の訪日観光客の最近の推移はこんな感じ(前年同月比)。

   韓国人  全体
5月   -5.8%  +3.7%
6月  +0.9%  +6.5%
7月   -7.6%  +5.6%
8月 -48.0%  -2.2%

 先月は-7.6%とさほどの減少でもありませんでしたが、今月は-48%と激減。
 ただ、韓国人が半減しても全体のパイとしてはそんな問題でもない、って感じですかね。
 トントンまではいかないにしてもフォローできている、といったところ。
 ただ、韓国人頼りだった観光地はこりゃ確かにきつい。
 まあ、がんばってお客さんの多様性を達成していくしかないですかね。

 韓国以外では中国が16.3%伸びてついに単月で100万人突破。
 その他、台湾、タイが順調に伸びて、シンガポール、フィリピン、ベトナム、インドからは20%オーバーで伸張。この辺はまだまだ絶対数が少ないので伸びても数的には苦しいですが、東南アジア~南アジアはこれからも増やしたいところ。
 1回の渡航について落とす金額が少ない韓国人の数が減ったのを、金額的にはフォローしているんじゃないでしょうか。

 日本製品不買運動以前にも、去年後半から明白に韓国人観光客数は減っていたのですよね。
 今年5月あたりでも減っていまして、その分析で「韓国人が経済的に苦しくなってきたから」というものがありましたっけね。
 8月に関していうと、去年は100円=1000ウォンだったものが今年は100円=1130~1150ウォンほどのウォン安になっていたというのも原因のひとつかな。
 それでもまだ30万人きていて中国、台湾の次。
 ツアー客のキャンセルは多くても、個人客が多いところは大丈夫って感じ。

 んー、対馬とか局地的には被害があっても全体としては大した話でもない。
 ただ、2020年に訪日客4000万人っていう目標は怪しくなったかな。
 ま、4000万人来なかったら死ぬってわけでもなし。さほどの問題はないように感じます。

韓国人「日本製品不買だ! 日本旅行も行かない!」 → 韓国系格安航空会社「もう耐えられないので従業員をレイオフします……」

韓経:韓国系LCCのイースター航空、非常経営突入…3カ月間の無給休職実施(中央日報)
格安航空会社(LCC)のイースター航空が非常経営体制に入った。

17日の業界によると、イースター航空のチェ・ジョング社長は16日に社内掲示板を通じ「本日付で非常経営を宣言し、危機克服経営体制に転換する」と明らかにした。チェ社長は「現在までの累積赤字だけで数百億ウォンで、この状況が続くならば会社の存立が深刻に脅かされかねない」と付け加えた。

イースター航空はタスクフォースチームを中心に、状況別・分野別に危機克服案をまとめる方針だ。これと別に10月から3カ月間従業員の無給休職も実施する。 (中略)

イースター航空を含む韓国系航空会社8社は需要鈍化とウォン安ドル高の余波で4-6月期にいずれも赤字を記録した。航空業界では「日本など短距離路線に集中したLCCのうち不渡りを出す航空会社が出てくるかもしれない」との見通しまで出ている。
(引用ここまで)

 記事の最後にあるように、韓国の航空会社はすべて営業赤字を記録しています。
 4-6月はまだ不買運動ははじまっていなかったので、大きな原因はウォン安と景気後退。
 5月の時点で訪日韓国人観光客は3ヶ月連続減少を記録していました。
 フラッグキャリアである大韓航空が1015億ウォン、アシアナ航空が1241億ウォン。その他のLCCもイースターエアを含めてすべて赤字。
 アシアナ航空は4月に身売りが決定し、傘下のエアソウル、エアプサンもひっくるめて売りに出されている状況。
 負債は6兆ウォンとも7兆ウォンともされていて、買い手がつかないのではないかともされています。

 泣きっ面に蜂とはこのことで、そこに日本製品不買運動に伴う日本旅行自粛で韓国からの乗客激減。
 なにしろ750万人が日本に来ていて、その大半は航空便利用。そして、韓国系LCCは乗客の7割が韓国人ともされていたのですね。
 7月はまだ7.6%減でしたが、8月の本格的なボイコットで耐えられなくなった、という感じですか。韓国系LCCは日本路線がドル箱でしたからね。
 8月の数字がどれくらい前年比で減るかは今週末か来週頭くらいに発表になるでしょうが、まあぎりぎり持ちこたえてたLCCがレイオフを実施するくらいにはなっていたという感じです。

 「日本製品ボイコットだ!」って噴き上がっていたら、実は韓国国内に大ダメージが行っていた、ということのようで。
 ユニクロの店舗が閉鎖されればそこで働いていた韓国人が職を失う。
 日産が撤退すれば、そこで働いていた韓国人が職を失う。
 でもまあ、韓国人の皆さんの自尊心は満足するらしいので、それでいいんじゃないでしょうかね?

 ちなみに日本側のキャリアはLCCではピーチくらいしか韓国便ありません。
 日本航空、全日空は羽田-ソウル便のビジネス需要メイン。なのでそれほどの影響はなかったようですね。

みんなが知りたいLCCの疑問50 運航する旅客機は1機種だけ?座席の背もたれが倒れないって? (サイエンス・アイ新書)
秋本 俊二
SBクリエイティブ
2012/3/15

韓国で布団、ソファや女性用下着からも基準値以上のラドンを検出……「マイナスイオンパウダー」をふんだんに使った製品、だそうですよ……

布団や女性用下着からも基準値を上回るラドン検出=原子力安全委(朝鮮日報)
 市場に出回っている一部電気マット、枕、女性用下着、ソファなどから基準を上回る放射性物質「ラドン」が検出されたため、政府は16日にこれらの回収を命じた。

 原子力安全委員会は16日、韓国水脈教育研究協会が製造したパッド、エイチビーエスライフ(旧スリム&スリム社)社製の枕1種、ネガボメディテック社製の電気マット1種、ヌガヘルスケア社製の布団1種、バーズ社製のソファ1種、ディーディーエム社製の女性用下着1種、オシンプラス社製のマット1種、カンシルジャンカンパニー社製の電気マット1種について回収命令を下したと発表した。2013年から19年5月までに販売された基準を上回る製品の数は8149点だ。

 原子力安全委員会の調査によると、これらの製品はラドンを発生させるマイナスイオン物質(モナザイト)を使用し、年間の被ばく量換算で基準値の1ミリシーベルトを上回るラドンが検出されたという。とりわけ韓国水脈教育研究協会のパッドからはラドンが基準値の29倍を上回る29.74ミリシーベルトも検出された。
(引用ここまで)


 以前から楽韓Webでちょこちょことピックアップしている「ラドン禍」でまた新たな展開。
 最初は「マットレスから異常な数字のラドンガスが検出されている!」ということで騒ぎになったのですよ。
 なんでマットレスからそんなものが検出されるのかというと、韓国で「マイナスイオンがより多く出ているほうがえらい」というような競争がありまして。
 もうこの時点で頭を抱えているのですけども。
 そのために「マイナスイオンパウダー」を混入した製品が山ほど出ているのですね。
 マットレスの他に美容マスクなんかもあります。リンク先を水分を口に含んだ状態で見ることは禁止。
 で、その「マイナスイオンパウダー」の正体がモナザイト。弱いながらも放射性物質です。

 日本では一般にラドンガスによる自然被爆は年間1.5ミリシーベルトていどある、とされています。そこらへんのコンクリートやら地面からも出てますからね。
 なので大騒ぎするような話かなぁ……という気もするのですが。マットレスやソファといった接触時間が長く、かつ接触する距離が近いものに29.74ミリシーベル(おそらく年間)も触れているっていうのはどうなんだろうなぁ。
 換気すれば問題ないていどのものとも思いますが。

 ちなみにこれらのマットレスは回収されているのですが、回収時に集積所での荷下ろしを住民が反対したなんてエピソードもありました。
 「過剰」は韓国を理解するための用語のひとつだとしてきましたが、まさにそれなのでしょう。
 マイナスイオンが流行すれば、山ほど入れてみる。
 それが放射性物質であろうと構わない……というか、理解していないのでしょうね。
 科学リテラシーって大事だよなぁ。

Fallout Nuka Cola Quantum Light フォールアウトヌカコーラライト [並行輸入品]
Fallout
2018/5/28

タマネギ男ことチョ・グクの娘への感謝状偽造疑惑、母親がコラ職人のようにして作成していた……

「チョン・ギョンシム、息子の表彰状をスキャンして、娘の感謝状作成」……トンヤン大コンピュータで物証(KBS・朝鮮語)
チョ・グク法務部長官の妻であるチョン・ギョンシム教授が娘のトンヤン大表彰状を偽造した疑いで裁判所に渡された中で、この表彰状をチョン教授がコンピュータで直接偽造した状況を検察が捉えました。

ソウル中央地検特捜2部はチョン教授がトンヤン大オフィスで使っていたコンピュータに、息子が実際に授与されたトンヤン大表彰状のスキャンファイルと、これをいくつかにカットした画像ファイル、娘表彰状内容が書かれたハングルのファイル、表彰状完成版をすべて確認しました。

問題となる娘の表彰状完成版ファイルは、感謝状に書かれた2012年9月ではなく、2013年のチョ氏の娘がソウル大の医学専門大学院入試を準備する時に生成されたものであると検察は把握しています。

チョン教授のコンピュータには、チョ長官の息子が受けた表彰でトンヤン大総長の印章部分を別々に切り取った画像ファイルと娘が受けた表彰状内容が書かれているハングルファイルも発見されたことが知られました。

これら証拠を元にして検察はチョン教授が娘の表彰状をハングルファイルで作成したあと、この上に息子の表彰状の切り抜き総長の名前と職人が入った画像ファイルをのせ表彰状を偽造したものと見ています。また、このように作られたと思われる完成版のファイルをもコンピュータ上で発見し確保したと伝えました。

かつてトンヤン大はチョ長官の息子の表彰状の総長印の位置と角度が娘表彰状と同じであること確認したします。 (中略)

先だって検察は、チョ・グク長官側に表彰状の原本を提出するように要請したが、チョ長官側は「探している」とし、原本の代わりに撮影したカラー写真を提出しました。これと関連し、2012年当時トンヤン大でチョン教授と一緒に働いていた従業員のA氏は、KBSとの通話で「校内で与える感謝状に入れる総長印は、実際の朱肉を使った印章を押している」とし「原本がある場合は実際の朱肉であるかどうかを知ることができる」と説明しました。

検察は昨日(16日)娘のチョ某さんを召喚調査して、このようなトンヤン大感状偽造疑いについて調査したものの、大部分を否認したことが伝わっています。
(引用ここまで)


 いやぁ……くだらない。
 チェ・グク夫人であるチョン・ギョンシム氏はトンヤン大学の教授。
 夫のチェ・グクと同じくソウル大学を卒業した他、イギリスでアバディーン大学、ヨーク大学を卒業しているそうです。
 まあ、相当な「金の匙」組であるのは間違いないですね。

 おっと、「トンヤン大学」は漢字表記だと「東洋大学」なのですが、日本の同名大学と混同しそうなので「トンヤン大学」と表記しています。
 で、そのトンヤン大のオフィスでチョン教授が使っていたPCから、息子が実際に受けた感謝状をスキャンしたもの、そしてそれを元にして娘の感謝状に書き換えた画像ファイルが見つかったとのこと。
 アイコラ職人みたいな作業を自宅じゃなくて、研究室でやっていたのか。しかも作成したものをそのまま放置って。
 ホントにくだらない。


 ちなみにこの「表彰状」は娘が高麗大学時代に中学・高校等で英語を教えたことについての感謝状だとのこと。
 親がコラ職人までして進学させなければならないほどに勉強はできなかったようですが、英語能力だけはあるようです。留学していたとのことです。

 まあ、以前も書きましたがこんなことをしている原因は娘の学力が期待したほどでなく、ソウル大学卒業の両親がここまでしないと救えないレベルだったのでしょうね。
 勉強ができるか否かは遺伝形質が最大要因とされますが、両親ともにソウル大学、さらに海外の大学に行って大学教授になるほどの優秀さであっても遺伝しない場合もある。
 それが韓国で起きてしまうと、こういった喜劇を起こすのだなぁ……と。

 ある意味で韓国という激烈な競争社会の犠牲者という言いかたもできるかもしれませんが、それにしたってやっていることがマヌケすぎ。
 こんなんで名門とされる高麗大を卒業して、さらに釜山大の大学院に進めて、奨学金もゲットできるのだから、親の経歴でなんでもできる……ということの証明でもあるわけですね。
 ダイナミックな社会だわ。