相互RSS募集中です

2019年09月

天皇謝罪要求発言のムン・ヒサン「訪日したい」→日本の参院議長「まず発言を謝罪・撤回しろ」→ムン「おわびします」→参院議長「不十分。やり直し」→……

【独自】山東参院議長の抗議におわび書簡 「天皇謝罪発言」の韓国国会議長(FNNプライム)
慰安婦問題をめぐって、上皇さまに謝罪を求めた韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、山東参議院議長宛てに「おわび」の書簡を送り、山東議長が「内容が不十分」だとする書簡を送り返していたことがFNNの取材でわかった。 (中略)

11月4日に東京でG20(20カ国・地域)国会議長会議が予定されており、山東議長は9月、駐日韓国大使に文氏の招待状を渡す際に、「文氏の発言の内容は甚だしく無礼で受け入れられない」と口頭で抗議した。

関係者によると、文氏からは「自身の発言によって心を痛められた方々へのおわび」を記した書簡が送られた。

これに対し、山東議長は「その内容では十分ではない」として、10月、発言の撤回と謝罪を求める書簡を送ったが、文氏からの返答はないという。
(引用ここまで)


 ムン・ヒサン国会議長がG20国会議長会議で訪日するにあたって、山東参議院議長が「天皇謝罪要求発言について謝罪が必要だ」としていたのですね。
 これは既報。
 で、それに対してムン・ヒサン議長から謝罪の書簡が来たのだそうですよ。
 ですが、山東議長からは「謝罪の文言が十分ではない」ということで書簡を送り返したとのこと。

 面白い。
 韓国が言うところの「謝罪に真正性がない」というヤツですね。
 日本人側にも「韓国人がもういいというまで謝罪すべきだ」とか言っている連中がいます。村上春樹やら鳩山由紀夫あたりがそんな話をしていますね。
 「もういいと言うまで」のはずなのですが、なぜか韓国では「日本人が無限に謝ると言っているぞ」という話になっていたりしますけどね。

 そういった韓国人側の論理に従うのであればこちらがもういいと言うまで、もしくは「真正性がある」と認めるまで謝罪すべきでしょう。
 韓国人に謝罪の見本を見せてもらうべきシーンであるとすら言えます。
 お手本を見せてもらいましょうかね。

ムン・ジェイン、親書に「日韓首脳会談をしよう」と書いていた → その目的は直談判で譲歩を引き出すため……ゲス過ぎない?

文大統領、首脳会談呼び掛け=安倍首相への親書で伝達-韓国外相(時事通信)
韓国の康京和外相は30日、文在寅大統領が安倍晋三首相に送った親書で「首脳間の対話はいつでも開かれているという立場と、懸案が克服されて韓日首脳が会えれば良いという希望を表明した」と説明し、首脳会談を呼び掛けたことを明らかにした。国会で答弁した。

 親書は、天皇陛下の即位の礼に合わせて訪日した李洛淵首相が、24日の安倍首相との会談で手渡していた。文大統領が「両国の懸案が早期に解決されるよう努力しよう」と記していたことが既に分かっているが、首脳会談を呼び掛けていた事実を韓国側が公表したのは初めて。
(引用ここまで)

 「24日に安倍総理に手渡した親書には『首脳会談を行おう』という主旨が書かれていた」ということが韓国側から明かされました。
 ま、もっとも翌日の読売新聞は1面でさくっと「ムン・ジェインが首脳会談を要請」って書いていたのですけどね。
 おそらくは官邸筋からのリークがあったのでしょう。


 韓国側は首脳会談で打開を狙いたいという目論見があるのですね。
 以前に朝鮮日報は「ムン・ジェインは信仰でもあるかのように首脳会談万能主義を掲げている」とその弊害を嘆いていましたが。
 日韓関係でも同様に首脳会談で全面的な展開を狙っているということなのでしょう。
 実務者協議でぐだぐだ言っていても、首脳会談で向こう側の最高権力者から言質を取ってしまえば一発逆転できる、みたいな発想。
   それに加えてとことんまで外交部(に限りませんが)官僚を信用していないのでしょうね。

 ひとつ前のエントリで紹介した朝日新聞の記事にも、同じようなことが書かれています。
 補助線として使えるので引用しておきましょう。

「ルビコン川渡ってしまう」元徴用工判決、迫る資産売却(朝日新聞)
 資産売却が現実味を増すなか、韓国政府は文氏と安倍首相の首脳会談を実現させ、直談判で日本側の譲歩を引き出したいとの考えを抱く。見据えるのは、両首脳が出席する今月末の東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議、11月中旬のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、12月開催で調整する日中韓首脳会談だ。

 大統領府に助言する日韓関係の専門家は「韓国からすれば、日本企業が賠償金を一切負担しない方式での解決はあり得ない。一歩も譲らない姿勢をとる安倍首相に文大統領が向き合い、話し合うことしか前進はあり得ない」と話す。
(引用ここまで)

 「安倍総理と直談判で譲歩を引き出したい」そうですが。
 ……無理だろうな。
 そもそも日本側の意向はGSOMIA破棄の〆切前となる11月は会うことすらしないし、12月も「簡易会談なら」というレベルでしかない。
 あ、「11月に会わない」っていうエントリで「ASEAN+3で簡易会談」って書いちゃいましたけど、「日中韓首脳会談で簡易会談」の間違いでした。あとで訂正しておこう。

 韓国と違って日本側は官僚にそれなりの信用を置いているのですよ。
 それ以前に首脳会談で直談判して言質を取ろうとかゲス過ぎて話にならない。
 首脳会談を避けているのは正解だわ。

 そんなんだからヨーロッパ某国の首脳から「あいつちょっとおかしいわ」って言われちゃうんですよ。
 あの時も外交官僚の用意した話から勝手に逸脱して、欧州各国の首脳に北朝鮮への制裁緩和を持ち出したとのことでした。

 国と国の約束事を首脳会談だけで解決しようとか、もうね。
 トランプ大統領との2分間単独会談(実際には0分)あたりもその辺が理由なのでしょうね。

下衆の極み (文春文庫)
林真理子
文藝春秋
2019/3/8

徴用工裁判:韓国が現金化を認めたら日本は報復措置として韓国政府に損害賠償を請求することができる

「安倍政権、日本企業の資産を現金化なら同じ金額で韓国に報復検討」(中央日報)
徴用裁判の原告側が韓国で差し押さえた日本企業の資産が現金化される場合、同じ金額の損害を韓国側に負わせる「報復措置」を日本政府が検討していると、朝日新聞が30日報じた。同紙が韓国の徴用判決1周年(30日)を迎えて報道した記事の内容だ。同紙は「現金化する場合、日本政府は国際司法裁判所(ICJ)への提訴と韓国政府への賠償請求も共に検討している」とし、このように伝えた。

「同じ金額の報復」は、過去の慰安婦関連妄言で批判を受けた橋下徹元大阪市長が最近、月刊誌『文藝春秋』特集対談で「現金化で日本企業に損害が生じれば、同じ金額で日本国内の韓国企業の資産を差し押さえることを提案する」と主張したのと似た脈絡だ。

橋下氏は「元徴用工(徴用被害者)が韓国国内の日本企業から賠償金を受けても実質的には日本国内の韓国企業からお金を受ける構図のシステムを作れば、日本企業は損害を被らず、韓国も賠償金を受けるのが馬鹿らしくなってやめるだろう」と主張した。

このように早ければ来年1月ごろと予想される「差し押さえ資産の現金化」が実際に実行される場合、日本政府が本格的な報復を始めて両国関係は取り返しがつかない状況になるというのが両国の主な見方だ。茂木敏充外相も29日の記者会見で資産現金化について「あってはならない」「そのようなことが発生する場合、韓日関係はよりいっそう深刻な状態になる」と述べた。30日付の朝日新聞には「現金化はルビコン川渡ってしまう」「現金化される場合、両国関係はアウト」という日本外務省幹部の発言が掲載された。
(引用ここまで)

 この「同額の損害を韓国側に負わせる」という話は去年の段階で出てきた話ですね。
 国連の国際法委員会によって2001年に「国際法違反に対して損害と均衡する措置」を認めたというもの。
 この措置に基づいて日本側は韓国政府に対して対抗措置が執れる、という記事でした。
 ちなみに昨日の朝日新聞の記事はこちら。

「ルビコン川渡ってしまう」元徴用工判決、迫る資産売却(朝日新聞)

 年明けにも予想されている現金化が日韓関係を今以上に悪化させ、ルビコン川を渡るような結果になるという認識は日韓政府共にあるという記事。
 まあ、そうなるでしょうねぇ……。
 問題は記事が書くほどに韓国側が問題をちゃんと把握できているかどうかだと思いますが。

 さて、この「韓国に賠償を請求する」措置はあくまでも国際法違反を犯している政府に対して執れるというものですから、橋下氏が言うような民間企業への対抗措置は不可能。
 あと大使館に対しても不可能。
 日本国内の韓国政府による資産ですから、たとえば四谷にある韓国観光公社のもつ資産とかですね。
 例の「韓流エンタメ館」のモニターとかを差し押さえするというのは面白いかもしれないなぁ……。

 こういった措置をとるのであれば、日本政府は法律の整備も必要になるので現金化されたら翌日に差し押さえというわけにもいかないのですが。
 でもまあ、こういう手段が執れるのだというアナウンスは事前にしておくべきでしょうね。

紙の6割引き。売れまくった書籍だからできる方式だな……。
ユリウス・カエサル ルビコン以後──ローマ人の物語[電子版]V
塩野 七生
新潮社
1996/4/8

楽韓さん、本日の動向 - Kindleでの電子書籍セールがいろいろと今日までですよ

 こないだもちらっと書きましたが、高円寺はすっかりエスニック料理の聖地と化そうとしているのです。あれだけ集中しているのだから食べ周りとかで合同プロジェクトをやればいいと思うのですけどね。
 で、昨日はザ・ロータスというインドネパール料理のお店に。
B6F35EB6-312A-485B-B553-762ECBB58881.jpeg
E77F4D30-B607-4312-85C4-31FCE3B5190B.jpeg

 スクティ(ドライマトンの炒め物)とアルゴビ(じゃがいもとカリフラワー)カレーとジーラライス(クミンのチャーハン)。
 スクティはおいしかったけどアルゴビに使ってるグレービーソースは他のカレーにも使ってるソースだな。これをやられると一気に萎える。
 ジーラライスはそこそこ。まあ、クミンを使っただけの塩チャーハンなのでまずくなるわけがないのだけども。
 Googleマップのレビューだと妙に高得点なんだよなー。
 再訪はない。

 KADOKAWAの合本版ラノベが安いラノベ一気読みフェア、およびファンタジア文庫31周年フェアが今日まで。

【合本版】スレイヤーズ 全15巻 (富士見ファンタジア文庫)
神坂一
KADOKAWA
2014/4/25

 皇室を知ろうフェアも今日まで。

妙にレビューが好評。
新版 古事記 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
中村 啓信
KADOKAWA
2014/2/15

 そしてやっているのを知らなかった激動する「日韓問題を考える」フェアも今日まで。30%オフくらい。
 朝鮮紀行世界の中の日清韓関係史等が安いですね。

もう何度紹介したことやら……でもまあ李氏朝鮮と韓国を知るには最適の一冊。
朝鮮紀行 (講談社学術文庫)
イザベラ・バード
講談社
1998/8/10

 最後に紙で入手困難! 講談社学術文庫フェアってのもやっててこれも今日まで。
 やばい、かなり欲しい本がある。H・G・ウェルズの世界文化小史は買う。

あとこれは買おう。
戦国の作法 村の紛争解決 (講談社学術文庫)
藤木久志
講談社
2008/10/10

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
暴走する能力主義 ──教育と現代社会の病理 (ちくま新書)
中村高康
筑摩書房
2018/6/10

韓国で公共交通機関の主役である高速バス、ようやくバリアフリーに対応

これからは車いすのまま高速バスに乗れます(朝鮮日報)
 28日、ソウル市瑞草区のソウル高速バスターミナルで、車いすのまま乗車できるように改造された高速バスの試乗が行われた。このバスは、バス中央部に付いている別のドアに、車いすを乗車口の高さまで引き上げる装置が設置されている。国土交通部は同日から3カ月間、ソウル-釜山、ソウル-江陵、ソウル-全州、ソウル-唐津の4路線で車いす搭乗が可能なバスを試験運用する。
(引用ここまで)


 韓国の公共交通機関における主役は電車ではない、という話は以前にしましたかね。
 まあ、二度目になってもいいから書いておきますか。
 ソウルや釜山といった都市部であれば地下鉄網も充実していて別なのですが。
 特に地方に向けての主たる交通手段はバスなのです。
 出発地点と目的地を直通で結ぶ高速バス。各駅停車相当の市外バスがあります。
 平昌オリンピックのプレ大会である四大陸選手権が行われた際はまだKTXが開通していませんでしたね。で、報道陣が直通バスで向かったというレポートがありました。
 まあ、あんな感じで全国にバスが走っているわけです。

 ソウルや釜山だけで観光を済ませるのであれば地下鉄等だけでなんとかなるものの、ちょっと地方に行こうとするとバスの出番となります。
 で、一気に旅行者にとってのハードルが上がるのですね。
 オンライン予約サイトでは海外発行のクレジットカードが使えない上に、韓国での電話番号が必要になることもあって観光客はバスターミナルのオペレーター相手に行き先を告げてチケットを購入しなければならないのですが。
 窓口が10あったら英語が分かるオペレーターは1人いるかどうか。地方から戻る時はさらに危険(笑)。

 とまあ、韓国の交通機関としての主役はバスなのです。
 日本でいうところの私鉄はすべてバスになっている、という感じかなぁ。
 ですが、バリアフリーの普及具合は悲しくなるレベルでした。9500台あるとされる高速バス、市外バスのどれも車椅子に非対応。
 電動車椅子対応はどの交通機関でも苦慮してますけどね。
 ちなみに特急のムグンファ、KTXではスロープで対応していましたが、いろいろひどい。角度とか。いや、冗談抜きで。あまりにもひどすぎて事故も起きているほど。
 いまは電動リフトになったとのこと。このエントリに障害者団体が撮影した事故の動画もありますが、閲覧注意としておきましょうかね。

 で、ようやく高速バスに4路線ほど実験として電動リフトつきのバスが投入されるそうですわ。
 これ、2016年に3年計画で研究されていたものですね。
 「公共交通機関の主役」がようやく……といったところ。
 韓国でもようやくバリアフリーが社会に根付きつつあるのだなぁ。
 韓国の拘束バスについて自分用メモとしても使えるエントリに仕立てられたな。うまい(自分で言っていくスタイル)。