相互RSS募集中です

2019年10月

韓国与党「GSOMIAの条件付き延長はムン・ジェイン大統領による原則外交の勝利だ」と勝利宣言……まあ……勝ったつもりになっているならそれでいいか

与党、GSOMIA終了の効力停止に「文大統領の原則外交の勝利」(聯合ニュース・朝鮮語)
共に民主党は22日、政府が韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了決定の効力を停止させたことについて、「ムン・ジェイン大統領が開いた国益のための原則の外交の勝利」と評価した。

民主党イ・ヘシクスポークスマンはこの日午後、大統領府のGSOMIA関連の発表直後、国会政論館でブリーフィングを通じて「日本の前向きな態度の変化を収容した政府の決断を歓迎する」と明らかにした。

スポークスマンは「政府の措置は安全保障の不安を解消し、韓米同盟を堅固にすることに積極的に寄与するだろう」と予想した。

また「日本は輸出規制の解決のための対話に誠実に取り組んで両国間の信頼の危機を招いた不当な措置を撤回し、韓日関係の新たな地平を開くことに積極的に取り組んでほしい」と促した。

また「外交と安全保障問題に与野党が別個に取り組むべきではない」として「野党は安保不安を刺激して、不必要な国論分裂を生じさせずに国益を最優先とした超党派的協力に乗り出さなければならない」と付け加えた。 (中略)

ただし、今回の決定後、日本がどのような姿勢で出てくる見守らなければならないという指摘も提起された。

国会国防委員長のアン・ギュベク議員は電話インタビューで「大乗的次元で歓迎する」と言いながらも、「日本が韓国政府の深い心を察して前向きな態度を取るべきである。日本がこれを逆利用してはならない」と批判した。

外交統一委員会所属カン・チャンイル議員は「ボールは日本に渡った」とし「私たちがGSOMIA延長をしたので、日本は頑固にならずにGSOMIA終了決定の原因となった『ホワイトリスト』の問題に一日も早く答えを出さなければならならない」と強調した。
(引用ここまで)


 韓国の与党である共に民主党から「GSOMIAの条件付き延長は『ムン・ジェイン大統領による原則外交の勝利』である」とのアナウンス。
 勝ったんですって(笑)。

 つまり、韓国側には「大敗した」「完膚なきまでに負けた」という自覚があるわけです。
 GSOMIA延長反対のデモをしていた左派団体からは「失望した」「ムン・ジェインはアメリカの狗だった」というようなコメントが頻発されています。
 まあ、それが左派の偽らざる感想でしょう。
 あれほど「竹槍歌の精神で抵抗しなければならない」とかチョ・グク法務部長官(当時)が言及し、「安保で信頼できないというのであれば情報のやりとりなどできるわけがない」とムン・ジェイン本人の口から発言があったほどなのに。
 最終的には日本から得るものはなにもなく、ほぼ無条件降伏。

 それを糊塗するために与党からは「ムン・ジェイン大統領の原則外交の勝利」と、まさに「勝利宣言」しなくてはならなかったわけです。
 で、「日韓がGSOMIAの条件付き延長に合意」とのことでしたが……。
 条件ってなんのことなんだって調べてみたら、どうやら「8月の破棄決定を中断しただけでまだ生きており、いつでも韓国はGSOMIAの破棄を宣言することができる」というものなのだそうで。
 そんな条件がアメリカに通用するのかどうか、いっぺんやってみたらよいと思いますよ。

 GSOMIAを巡る騒動について全体的な総括はまた明日以降にやりますが。
 正直、笑いというか苦笑が止まりませんわ。
 午後くらいから「あれ、なんか変な風が吹いてきたな」という感触はあったのですが。
 電車の中で「はぁ?」って声が漏れるくらいには驚きました。
 いやぁ……本当に定見とかなんにもないんだな、ムン・ジェイン。
 君子豹変す……って悪い意味ではないはずなのですが。

GSOMIAの条件付き期限延長決定、日本はなんら政策変更をせずに韓国の完全敗北が決定的に

 ニコニコ生放送でも中継がありました。現在、タイムシフトでも見ることができますので、そちらもどうぞ。



 貿易管理部長による会見。
 要項だけ書くと──

・韓国側はWTO提訴手続きを停止。
・半導体材料3品目の輸出管理については個別審査に変更なし。
・韓国側が輸出管理を厳格に行う実績を積めば解除への検討もあり得る。

 簡単に書くのなら「日本側はなんら政策についての変更なし。韓国が勝手に『GSOMIA破棄しない』と言っている」というだけのもの。
 もっと分かりやすく書くのなら──

 韓国が折れた。

 ──と、いうことですね。
 アメリカからの圧力に対抗しきれず、かつ日本の不動の姿勢に屈した、というオチとなりました。
 なお、日本側は「これまで行わなかった局長級会談を課長級会談後に行う」との話。まあ、これくらいであれば支払う対価としてはちょうどよいかな。

 ちなみに大統領府の発表では「いつでも破棄できるが、破棄を中断しただけ」とのこと。

大統領府「GSOMIAいつでも終了できる...韓日関係はまだ厳重」(ニュース1・朝鮮語)

 ちょっとなに言ってんだか分かんないっすね(笑)。

速報:韓国政府、GSOMIA破棄を撤回。「条件付き延長」へ

韓国大統領府 間もなくGSOMIA結論発表=「条件付き延長」(聯合ニュース)
 韓国と日本の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を巡り、韓国の青瓦台(大統領府)が22日午後6時、終了するかどうかを発表する。青瓦台関係者が伝えた。

 日本が輸出規制強化を解除する条件で、終了期限を延長する「条件付き延長」になる見通し。青瓦台は当初、日本の態度に変化がなければ、終了は避けられないとの立場だったが、日本とのぎりぎりの交渉で、条件付きながらGSOMIA終了を回避する方向で調整したとされる。
(引用ここまで)


 どうも風向きが変わったなぁ……ということでひとつ前のエントリを書いていたのですが。
 続いてカン・ギョンファ外交部長官が緊急訪日するということで「お、これはもしかして日和るんじゃないの?」とTwitterでつぶやきました。



 で、聯合ニュースから条件付きの延長、とのニュースが飛び込んできました。
 その条件がなんであるのか、ということに焦点が移るわけですが。
 韓国からしてみたら大きな外交失点であることに変わりはありません。
 そのあたりをどう繕うのか。注目点はそこですかね。
 また、GSOMIA破棄をやめたからといって、すべてが元通りになるかといったらそんなこともあり得ません。アメリカ側の不信感は頂点に達しているといっても過言ではないでしょう。

 あと日本政府の話と韓国政府の話がどのくらい行き違うか、ということもチェックすべきでしょう。
 発表が予定されている6時以降にまた追記なり、エントリの追加なりします。
 まずは速報までに。

韓国大統領府が急遽、GSOMIA破棄最終日の今日も国家安全保障会議を開催。連日の会議でGSOMIA破棄に結論か……

午後から大統領府がNSC開催でGSOMIAの運命決定……アメリカは終盤になっても日韓説得中(中央日報・朝鮮語)
大統領府が22日午後、国家安全保障会議(NSC)の会議を開く。韓日軍事情報保護協定(GSOMIIA及び支所ミア)の最終的な終了するかどうかを決定するためだ。
特別な懸案がない限り、NSCは通常チョン・ギヨン国家安全保障室長が毎週1回、木曜日に常任委員会を主宰して運用されている。しかし、21日午前に続いて今日の午後、再度NSC会議を開くのは、前日会議でも結論を下すことができなかったからだ。会議では終了維持派とGSOMIA維持派に分かれて激しい議論が起きたという。GSOMIA満了時の韓国時間22日の深夜までには時間が残っていることも影響した。

終了の見通しが多いが、有効期限が切れる期限が近づくほど、政府の内外では終了決定猶予の可能性も提起される。最後までGSOMIA破棄の論議が起きるのは米国の水面下の努力が激しいのが最大の背景だ。 (中略)

政府もGSOMIA終了時の後遺症をよく理解している。しかし、日本がどのような方法でも名分を与えないのであれば決定を再考できないという立場も間違いではない。すでに国内的には、GSOMIA終了を支持する世論が過半数であるからである。
最後まで再生案が挙げられる。今月初めムン・ジェイン大統領がバンコクで日本の安倍晋三首相に会ったときに提案した高官協議を日本が受け入れるものである。新設されるハイレベルのチャネルを介し、GSOMIAと日本の輸出規制、強制徴用問題など韓日関係の懸案を議論している間、GSOMIA終了の効力を停止しておくといった条件猶予だ。また、日本がすぐに輸出規制措置を撤回しなくとも、徐々に撤回を約束し、これを米国が保証するように和解の糸口を設ける案も外交で取り上げられている。
(引用ここまで)

 韓国で国家安全保障会議(NSC)が開催されている、というニュースが出てきまして。
 「なに言ってんだ、そりゃ昨日の午前のニュースだろ」って思ってたのですが。
 なんとGSOMIA破棄の当日となる今日、開催されているのだそうですよ。
 通常、木曜日の午後に開催されるもので、昨日の午前からの開催も異例なら連日の開催も異例中の異例。
 その理由も実は昨日のNSCでは結論が出ていなかったから、というもの。
 ……ぶれまくってますね。

 GSOMIA破棄を主導したのは大統領府であり、大統領府の参加にある国家安保室のキム・ヒョンジョン第2次長であるとされています。
 そして、決定そのものはムン・ジェイン自らが行った……ともされています。ということで誰もその決定に文句をつけられない状態になっているわけですね。

 GSOMIA破棄という切り札でアメリカを日本説得へと動かし、輸出規制強化を撤回させて日本は膝をつくであろうと。
 ところが当日に至っても日本側はまったく動かず、アメリカの動きは韓国が想定したものとは真逆。
 それどころかアメリカ議会上院が「日韓GSOMIAの重要性を訴える決議」を可決してしまう始末。

GSOMIA支持決議可決 日韓に信頼回復措置訴え―米上院(時事通信)

 これらの動きを見て日和った……というか、恐れをなしたということか。
 本気で「アメリカが動き、日本が膝をつく」というシナリオしか想定していなかったのでしょうね。
 プランBもなにもなく、韓国の外交力に世界が畏れおののいてムン・ジェインの攻めの一手をほめたたえるだろう、くらいの想定だったのだろうなぁ……。

 いまだに日本側に「メンツが立つようになにか名分をくれ」って言い募っているのか。
 それともアメリカに「日本を説得してくれ」と言っているのか。
 日本にとって韓国を信頼できる理由がなくなっている現在、どのような外向的な約束も意味がないんだよなぁ。

韓国経済:ムン・ジェイン「こないだの統計見た? 所得主導成長はついに効果を現したぞ!」 → よく統計を見てみた結果……

統計選別して、再登場した「所得主導成長礼賛」...文大統領「所得・分配がよくなり、効果が出てきた」(朝鮮日報・朝鮮語)
ムン・ジェイン大統領が21日、低所得層と高所得層の所得格差の緩和傾向に言及しながら、「収入の主導の成長政策効果が明らかに示されているようだ」とした。ムン大統領はこの日、統計庁が発表した第3四半期の家計動向調査(所得部門)と関連して、このように言って「今後も包容的成長のための政府の政策の努力を一貫して持続しなければならない」としたコ・ミンジョン大統領府報道官がブリーフィングをを通じて伝えた。ムン大統領はこの日午前、大統領府参謀たちとのティータイムでこのように語ったという。 (中略)

統計庁はこの日、第3四半期の所得下位20%(1分位)世帯の月平均所得は137万4000ウォンで、1年前より5万6000ウォン(4.3%)増え、所得上位20%(5分位)世帯所得は980万ウォンで0.7%増加し、家計所得格差が4年ぶりに減少に転換したと発表した。

これと関連しムン大統領は「低所得世帯の所得の減少はこれまで右肩下がりだったが、今年第2四半期からよくなる兆しを見せ、第3四半期には家計所得と分配の面でもう少ししっかりよくなった」とした。また、「高齢化の傾向、流通産業などの構造変化が持続する構造困難の中でも(所得下位20%である)1分位の所得が大幅に増えたこと、すべての分位で所得が増えて中間層が厚くなったこと、分配指標5分位倍率が減ったのは非常に意味のある変化」とした。ムン大統領はちょうど「自営業者の業況不振で事業所得が減少したことと関連して綿密な分析と、既存の対策の有効性を確認する必要がある」とした。

しかし、大統領府は同じ統計庁の発表で、第3四半期世帯当たりの月平均事業所得が87万9800ウォンで、1年前(92万5600ウォン)より4万5800ウォン(4.9%)減少して、2003年の統計集計以来の大幅に減少したという事実について言及しなかった。また、所得上位20%の事業所得が前年比22万2100ウォン(12.6%)減少した事実も取り上げていなかった。所得下位20%の場合には、勤労所得が6.5%減少し、7四半期連続減少傾向を見せて財産所得も25.7%減少したという点と、それにも所得下位20%の全体的な収入の増加は、公的所得が前年比19.1%増加しているなど政府補助の影響が大きかったという点もほとんど言及していないか、または肯定的な変化に説明した。
(引用ここまで)


 ムン・ジェインが久しぶりに「所得主導成長政策は正しい」という話をしました。
 曰く、上位20%の世帯所得が微増し、下位20%の世帯所得が増えたということで「格差が縮小に向かっている」とのことです。
 ですが、実際の数字を見てみると──

事業所得(全体)   4.9%減少
上位20%の事業所得 12.6%減少
下位20%の勤労所得 6.5%減少

 事業所得、すなわち商売をしているところはぼろぼろ。
 特に上位が12.6%減少。これはひどい……。
 そして下位20%の勤労所得が6.5%減少、つまり下位層からは給与労働者自体が減少しているということでしょうね。

 で、なにが上昇しているかというと「公的所得」が上昇している。それも19.1%という大幅な上昇を見せている。
 基礎年金、労働奨励金(中小企業に勤続したら1000万ウォン上げます就職浪人の大卒者に半年で900万ウォン上げますとかのアレ)、児童手当の充足等々。
 つまり、政府からの補助金が増えているだけ。

 まあ、この公的資金導入を延々と続けることができるのであれば所得下位の人たちも救われるのかも知れませんが。
 韓国の福祉政策はこれまで低負担低福祉を旨としてきました。
 それを低負担のままで中福祉くらいまでにしようとしてる。
 ……無理ゲーなのでは。

 統計の数字を好き勝手にいじくり回して政権にとって意味のある部分だけを抜き出して「成果があった」と喧伝。
 そのためのタスクフォースも結成されている
 旧ソ連みたいですね。

楽韓さん、本日の動向 - 本日23:59分をもってGSOMIA終了か

 怒濤の4回参戦も昨日で終了。
 大阪はいつものように養鶏場のような細かいブロック割。モッシュ対策なんだろうなぁ……。
 前回は2017年、国内で最後のYUIMETALの登場だったか……。
 今回は2DAYSともに超mosh'sh pit。初日L5、二日目L4となかなかの配置。両脇のモニター見るより実物を見たほうが大きいっていうくらいの場所でした。
 優先物販だったのにあっさり耳栓売り切れてて残念。
 Tシャツは3枚購入。
 初日はBABYMETALのスタートちょっと前に入場しました。BMTHでけっこう体力使っちゃうんで、その対策で(笑)。  アベンジャーは時間もあって鞘師。
 ライブ内容はちょーっとSU-METALの喉の調子が悪かったかな、という感じ。通常の曲はなんなくこなせても、メギツネみたいな超絶技巧が必要とされる曲だとちょっと苦しげ。
 あとKagerouでのMOAMETALの煽りが美しかった……。あれ見れただけでもけっこうな満足感。
 BMTHを知れたのは収穫でした。
 Zeppは外れた。

 GSOMIAについてはま、事務手続き上、昨日のうちに破棄撤回の決定が出なかったという時点で終わりでしょう。
 もうちょっとウォッチは続けますが、後夜祭的な盛り上がりはあるかなとは思います。
 ホントに思ったよりも動きが早くて驚いてますが、時代が移ろいゆくときというのはこういうものなのかもしれませんね。

 んで、Amazonでブラックフライデーセールが開催
 とりあえずAnkerから行っておくか。  ブラックフライデーにちなんでブラックモデルだけが対象。
 ワイヤレス充電器のPowerWave 7.5はスタンド型。立てかけておけるのは便利ですよ。
 まだPower○○になる前から販売している2ポート24Wのモバイル充電器が1574円。USB-A対応ですがまだまだ現役です。

Anker 24W 2ポート USB急速充電器 【PSE認証済/急速充電/折たたみ式プラグ搭載】iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)
Anker
2015/9/10

 USB-C対応のPower Port ATOM PD1も対象。2274円。Surface GOとベストマッチ。
 プラグは収納できませんが、コクヨのトレーになるペンケースにぴったり収まるので問題なし。

Anker PowerPort Atom PD 1(PD対応 30W USB-C急速充電器)【GaN (窒化ガリウム) 採用/Power Delivery対応/超コンパクトサイズ 】 iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max/XR / 8、Galaxy S10 / S10+、MacBook、その他USB-C機器対応 (ブラック)
Anker
2018/6/4

 個人的には今回の目玉はPowerCore II 10000が2774円かな。
 13000がへたってきた感じなので買い換えます。これまで2口のものを常に使ってきましたが、2口同時使用の機会が少なくなってきている(街中にコンセントが多くなってきている)ので、小型になるというメリットを優先します。さらに小型のPowerCore 10000 Reduxとどちらにしようか迷い中。

Anker PowerCore II 10000 (モバイルバッテリー 10000mAh 大容量) 【PSE認証済 / PowerIQ 2.0搭載 / LED Wheel】iPhone&Android対応(ブラック)
Anker
2017/8/3

 まあ、実はホワイトモデルもセールになっているので、そちらもどうぞ。

 あとはFire HD8が5480円
 PCってコンテンツビュワーとしては死につつあるので、傍らにタブレットがあるというのは悪くない選択。DAZNやNetflixをサブで見る環境としてはFire HD8ってよいのですよ。
 なによりも使い捨て感覚で買えるというところが。

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB - Alexa搭載
Amazon