相互RSS募集中です

2019年10月

GSOMIA破棄を取りやめても韓国、そしてムン・ジェインはアメリカ、日本から「造反者」として見られるようになった

韓国は米国の“お仕置き”が怖くてGSOMIA延長 今度は中朝との板挟みという自業自得(デイリー新潮)
韓国がGSOMIA「終了通告の効力停止」、逃げ道なしの苦境を元駐韓大使が解説(ダイヤモンドオンライン)
韓国・文在寅は何がしたかったのか…「GSOMIA騒動」が与える影響(現代ビジネス)

 日本メディアのGSOMIA条件付き延長についての個人による記事を3本。
 引用すると膨大なものになってしまいそうなので、リンクのみとしておきましょう。
 上から鈴置高史氏、武藤正敏氏、佐藤丙午氏。
 鈴置氏、武藤氏の記事がやや内容薄めなのは、おそらく「GSOMIA破棄後の日韓関係」というような形で進めていたものが大どんでん返しでボツになったにも関わらず、翌日には掲載しなければならなかったという時間的な問題でしょうね。
 こういう面でも各方面が大騒ぎになったと想像。
 武藤氏は「(GSOMIA破棄の決定を見直したものの)韓国はもはや同盟国として信頼できない相手だと考えざるを得ないのではないだろうか」とも書いています。
 まあ……そうだよなぁ。
 鈴置氏の記事では中国からの視点を解説。これはちょっと面白いとこですかね。

 佐藤丙午教授の記事は読み応えあります。
 先にYahoo!ニュースに掲載されていたものを読んでいたのですが「これは論文を書いている人だ」というのが明白に分かる文章でした(Yahoo!ニュースに掲載されると著者名は最後に表示される。逆に半田滋氏とかの原稿を延々と読まされる羽目にもなる)。
 逆にこの稿はGSOMIAの延長に転じたこと自体ではあまり揺るがない話なので、改稿も最小限で済んだって感じです。
 特に4ページ目の半導体材料輸出管理強化についてのWTO提訴を取り下げたことについての話、すなわち「安保を背景にした輸出管理の正当性を問うこと自体を、韓国は人質にしてきた」という戦略については膝を打ちました。
 「WTOマターとしてあまり馴染まないなぁ」という感触は持っていたのですが、なるほどねと。

 その他、ムン・ジェインが自分の価値を落としたこと、日本が韓国に対して「普通の国家同士」として対応する傾向が強まること等々かなり参考になる記事だと感じました。
 文章にとっつきにくさは感じますが、まあそれはしょうがない。
 佐藤教授はあまり雑誌等に原稿を書く人ではないようですが、個人的な注目リストに入れておこう。防衛畑の人なのですね。ミネルヴァ書房に何冊か共著があるっぽいのでチェックしておこう。

韓国「我々はいつでもGSOMIAを終了できる」「日本に与えられた時間は40日だ」……まーた「GSOMIA破棄してやる!」って土下座ギャグを繰り返すつもり?

日本が態度を変えず時間稼ぎすれば韓国には適当な対応策なし(朝鮮日報)
韓国外相「我々はGSOMIAをいつでも終了させられる」(読売新聞)
 韓国大統領府(青瓦台)の幹部クラスの関係者は22日、「7月1日以前の状況に復帰してはじめてGSOMIAを(最終)延長できる」と語った。日本は「ホワイト国リスト」に再び韓国を登載し、半導体素材など3品目の輸出規制も撤回すべきだというのだ。この関係者は「日本の輸出規制問題を解決するための協議が進んでいる間、暫定的にGSOMIA終了を停止するということ」としつつ、「現段階で期限を予断するのは適切ではない」と語った。その上で「日本政府の態度に懸かっていることではあるが、こうした合意内容が相当期間続くことは韓国側が受け入れられないだろう」と付け加えた。

 韓国政府は22日を期して、GSOMIA終了決定を日本に通告した今年8月の外交文書の効力を停止させた。今後、交渉によっていつでも文書の効力を再び活性化させ、GSOMIAを終了させることができるということだ。

 だが、韓国政府がGSOMIA条件付き延長の「条件」に掲げた日本の輸出規制撤回をすぐに得る適当な腹案はない。日本側は輸出規制とGSOMIAは別個という立場だ。 (中略)

 これに関して、韓国の与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)議員は「(日本に)今後与えられる期間は40日程度」だとして、「日本政府が再び韓国をホワイト国リストに登載する『輸出貿易管理令改正』のため、おおむねこれくらいの時間が必要だから」と語った。だが日本政府がさまざまな名目を挙げて輸出規制措置撤回を遅らせる場合、韓日間の交渉が数カ月以上にわたって遅れることもあり得る。日本側が根本的な解法を要求している徴用賠償問題の解決期限まで、あまり時間が残っていないことも問題だ。
(引用ここまで)

 康氏は22日、当面維持することが決まった日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、「我々は(GSOMIAを)いつでも終了させられるという権利を留保している」と述べた。日本側が対韓輸出管理厳格化措置を撤回しなければ、GSOMIAの破棄を辞さない考えを示唆したものだ。来日に先立ち、ソウル近郊で記者団に語った。
(引用ここまで)


 「完敗した韓国」「心を折られた韓国」等々言われていますが、彼らの中では「日本にボールを投げ、今回は時限装置を日本に渡した」ということになっているようです。
 与党議員から「40日の期間を与えている(それが過ぎればGSOMIAを破棄する)」という発言があり、カン・ギョンファ外交部長官からは「いつでもGSOMIAを破棄することができる」という発言がありました。
 自分たちが〆切を設定された中で苦しんだのだから、それを日本にもやらせようという意向なんでしょうかね。
 馬鹿なのかなー。
 そうやってまた期日指定してしまえば、その期日でGSOMIA破棄ってことになってアメリカから圧力を加えられるのは韓国なんですが。

 今回、韓国が完敗した中であってもできる最良の手は「この凍結はいつでも解くことができる」とだけ国内向け発言として言っておいて、実際には期日や条件を指定しないことですよ。
 そうしないと、日本が期日に遅れたり、条件を満たさないことを決めてしまったら、韓国はGSOMIA破棄をしなければならないのですから。
 アメリカに対して「今後韓国はGSOMIA破棄を外交カードにいたしません」って一筆入れて土下座したのですから、それ以上の動きを見せないようにしておいたほうがいいに決まってます。
 最低限の対価として手に入れることができた「ハイレベル会談」を前向きに使うことであって、また自ら枷をはめることじゃない。

 韓国からは「年内にも旧ホワイト国復帰。さもなくばGSOMIA破棄」みたいな声が盛んに聞こえてくるのですが。
 同じことを何度繰り返せば気が済むのやら。
 経験にすら学べんのか、キミらは。

 っていうか、GSOMIAの協定を見ても「延長は1年ごと、破棄するのであれば3ヶ月前に書面で通達する」としか書いていない。
 韓国側が言うところの「気に入らなければ即座に8月の破棄宣言を活かして破棄できる」みたいな「柔軟な運用」ができるんでしょうかね?

うまい謝罪 (Nanaブックス)
間川 清
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
2011/9/24

韓国の「GSOMIA破棄宣言」とはなんだったのか……完敗で原状復帰。しかも、ムン・ジェインの政治家としての底の浅さまで露呈してしまった

GSOMIA終盤合意……韓国は「手形」、日本は「現金」受けた(中央日報・朝鮮語)
「日本と対話」との名分は得たが……自ら「原則」ノックダウン、WTO提訴停止(朝鮮日報・朝鮮語)
日本はすぐにGSOMIAの効力維持という「現金」を手にしたが、韓国は日本からの輸出管理政策対話を「懸案の解決に貢献できるようにする」は「手形」だけを受けたとの指摘も出ている。 外交部当局者は「発表文にはありませんが、日本のホワイト国(安全保障友好国)関連措置も、両国間の輸出管理政策に関する対話の議題」と「『懸案の解決に貢献できるように』という日本側の発表は、韓国をホワイト国に復元する方向に会話すること」とした。しかし、日本経済産業省は「今の時点で韓国をグループA(ホワイトリスト国)に戻すことを前提に結論を持っているわけではない」と述べた。

政府は今後、日本が誠実に対話に応じないか、または時間がかかりすぎるようであればWTO提訴の手続きを再度行い、GSOMIAも終了するという立場を明らかにした。外交部当局者は、これを「安全装置」として表現した。しかし、日本が約束を守らなければGSOMIAを再終了すると出るのが韓国の国益に利点となる安全装置に当たるは反問がある。パク・インフィ梨花女子大学国際学部教授は「政府が悩んだ末、日本にボールを戻したが政府の言うとおりであれば日本が満足できる措置を取らなければ、条件付き猶予のGSOMIAをすぐに終了するしかない状況だ。政府の立場が困難になることができる」と述べた。政府の説明のように「強制徴用-輸出規制-支所迷子」の3種のパッケージの継ぎ目が切れたというわけではない、との話だ。

政府がGSOMIAで酸素呼吸器をはずすことを猶予し破局を防いだが、韓米間の信頼関係は傷が残っているという指摘もある。米国が「レッドライン」に思っていたGSOMIAに触れながら、韓国が韓・米・日安保協力から離れ出てくることができるという信号を与えたということである。シン・ボムチョル産政策研究院安保統一センター長は「政府が相当部分譲歩する大乗的決断を下したのは事実」とし「しかし、振り返ってみると、8月22日の時点でこのような状況を予測できず、最終的に国の品格損失を呼んだという評価が出てくることがある」とと述べた。
(引用ここまで)

韓国政府は22日、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)を条件付きで延長した。「日本の輸出規制解除なしであればGSOMIAを終了する」という原則を崩したものである。日本の輸出規制措置についての世界貿易機関(WTO)への提訴手続きも中止した。日本は対韓輸出規制の協議を行うとしたが、半導体・ディスプレイの核心素材3種の輸出規制を維持した。日本側の措置は経済産業省と韓国の産業通商資源部との間の局長級対話だけだった。
(引用ここまで)


 朝鮮日報・中央日報等の保守系メディアからGSOMIAの条件付き延長について「韓国政府が完膚なきまでに負けた」という論調が出ています。
 いくら共に民主党が「ムン・ジェイン大統領による原則外交の勝利だ」とか言ってみたところで、実際の両国による措置がどのようなものであったかを見れば一目瞭然。

 韓国政府は「破棄する」といっていたGSOMIAを延長することを余儀なくさせられている。
 「いつでも終了できる権利を留保している」とは言うものの、実際のGSOMIAは1年ごとの延長が協約内に書かれているので即座の破棄なんて無理。
 「情報供与を行わない」というような運用のやりかたはあるとは思いますが。
 それをやったらアメリカからの圧力は「失望した」なんて言葉じゃ済まないのは目に見えています。

 日本政府のやったことは「局長級協議再開は認める」というだけ。
 重さでいえばどのくらい違うかなぁ……。100:1くらいの比率であると言っても過言ではないでしょうね。
 外交的に見た時、歴史的な大敗と言ってもいいでしょうね。

 それよりもなによりも、ムン・ジェイン政権の……というか、ムン・ジェイン本人の定見のなさ、無能さというものが批判されることになるでしょうね。
 「GSOMIA破棄」を外交カードに使い、かつなにも得ることなく原状復帰をさせてしまった。
 戦略的に「日本が受け入れないのであればGSOMIAをそのまま破棄してもいい」というわけでもなく(もちろんGSOMIA破棄は公約だったというわけでもなく)、そもそもGSOMIA破棄を狙っていたというわけでもなく。
 日本に対抗できるカードがなくなって、感情的にやっただけであったことが分かってしまったのです。

 腹立ち紛れに自害していたようなものという指摘が大正解であったと。
 政策にそうした感情を大きく反映してしまう政治家である、ということが分かってしまった。
 そういった政治家は警戒される。
 またいつ感情を爆発させてわけのわからない政策を出すかも分からない。そんな人物とまともな交渉ができるわけがないですから。

 まあ、いろんな意味で韓国とムン・ジェインの底が知れた、という感じになりましたね。

楽韓さん、本日の動向 - 記録的PVだったわけだが……

 昨日はまたもや記録的PV。
 しかし、ひどいオチだった。アメリカの圧力がどれだけひどかったか……ということでもあるのでしょうが。
 それを予見できなかった韓国もまたひどい、というような話を書く予定。
 GSOMIA破棄宣言も、破棄凍結宣言も予測できなくて当然なんだよなぁ。
 まともな脳みそではムン・ジェインの思考についていけない。予測があたるとしたら、あれと同じ脳みそだからということになってそれはそれで怖ろしいことに。

 さて、Amazonのブラックフライデーセール
 なぜかハイコーキ(旧日立工機)やボッシュの電動工具が安い。
 ハイコーキのインパクトレンチがこの値段ってあまり見たことがない安さ。……Amazonだったらユーザーも充分にいるんだろうな。

HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 コードレスインパクトレンチ 36V マルチボルト 充電式 リチウムイオン電池、急速充電器、予備電池付※蓄電池保証書、純正ケース付 WR36DA(2XP)
HiKOKI(ハイコーキ)
2018/4/8

 あといつものように食料品いろいろ売っていて、いつものように松屋の牛めし(冷凍)があるんですが。
 通常版には乳酸菌が入ってて、さらにプロテイン配合版なんてのもあるんですが。
 前からこんなんだったっけ? プロテイン50グラム入りは一食分としては多すぎるんだが……。

まあ、買うんだったら通常版かな。
松屋 乳酸菌入り牛めし20個 【冷凍】プレミアム仕様
松屋
2018/3/12

 あとFireタブレットのキッズモデル(プロテクター付属)が安くなったのでこちらもどうぞ。
 Fire HD10に至ってはキッズモデルのほうが安くなっているという逆転現象が起きてます。

プライム会員+αが一年分ついてくるのでだいぶお得。
新登場 Fire HD 10 キッズモデル ブルー (10インチ HD ディスプレイ) 32GB
Amazon

 あとはメモリとかSSDのPCパーツもけっこうな安さ。DRAMはコントラクトマーケットがついに反騰したので年内に買っておくとよいですよ。

Team DDR4 2666Mhz(PC4-21300) 16GBx2枚(32GBkit) デスクトップ用メモリ ハイスピードタイプ Vulcan Zシリーズ 日本国内無期限保証
Team
2019/8/9

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
超図解「21世紀の哲学」がわかる本
中野 明
学研プラス
2017/3/14