相互RSS募集中です

2019年11月

「中国で大流行!」だったはずの韓国コスメ、日本製化粧品にあっさり追い抜かれる……

カテゴリ:中韓関係 コメント:(30)
韓国コスメの代わりに日本製使う中国(朝鮮日報)
 最近中国では日本の化粧品ブランド「SK-II」の「ピテラエッセンス」が韓国製化粧品「后(フー)」の「秘貼自生エッセンス」を脅かし、日本の「NARS」のダークローズカラーのリップスティックが韓国「ラネージュ」のライトピンクのリップスティックを追撃している。

 世界の化粧品業界からは「『眠れる巨人』だったJビューティー(日本製化粧品)が中国でついに目覚めた」とか「トレンディーなアイテムとして注目を集めたKビューティー(韓国製化粧品)に続き、基本に忠実ながら優れた技術力を持つJビューティーの時代が帰ってきた」といった評価が聞かれる。 (中略)

 中国の電子商取引大手、アリババ・グループは11月11日、インターネット通販業界における世界最大の販促イベント「光棍節」を実施した。そこでもSK-IIの売り上げは韓国のLG生活健康の「后」を軽く上回った。今年3月にアリババと提携し、中国の消費者のビッグデータに沿った製品を企画、生産した結果だった。

 また、資生堂は中国の消費者に最も認知されており、昨年は中国での販売が前年比で32.3%増えた。今年初めには中国本社体制を強化し、4000億ウォン近いマーケティング費用の相当部分を中国市場に集中させた。 (中略)

 過去3年間に中国の輸入化粧品市場は爆発的な成長を繰り返した。今年1-10月の中国の化粧品輸入額は96億7597万ドルで、年内に100億ドルの大台突破が確実視されている。17年に年間輸入額が51億3103万ドルを記録してからわずか2年でパイが2倍に拡大したことになる。 (中略)

 GTAによると、日本と韓国による化粧品の対中輸出額の差は3512万ドルと小さいが、成長性では大きな差がついた。日本は前年比で34.8%増だったのに対し、韓国は14%増にとどまった。トップ5カ国で韓国だけが10%台で、日本を含む各国(フランス39.8%増、米国43.4%増、英国61.1%増)は30%以上の伸びを示した。
(引用ここまで)

 中国市場で韓国コスメが急ブレーキ。
 それに変わって伸びているのが日本製品。
 ふたつ要因があるんじゃないかと思われますね。
 ひとつは中国人の所得が伸びていて、日本製化粧品に手が届く所得層が増えてきたこと。
 「韓国製品で我慢していた」層が確実にあるとは思われます。

 それともうひとつは口コミがあるのではないかと思われるのですよ。
 ここ何年かの日本への中国人観光客の買い物傾向が、電化製品購入からドラッグストア中心になって久しいですね。
 で、日本の化粧品やらなんやらを買っていって、試された結果がこうだということです。
 中国の口コミサイトでも「日本に行ったらこれは買うべき」というような話が大きく出てますね。
 中国人旅行客の多いホテルの近くですと、コンビニなんかにも雪肌精が山積みになってたりします。

 口コミで使われたあと、ポイ捨てされるかリピーターになってもらえるかは製品の出来次第。
 そして資生堂の製品は使い続ける価値のあるものとして、中国市場に受け入れられたということなのでしょう。
 中国市場で韓国製品が不人気になる度にTHAADミサイルでの限韓令がどうのこうの言ってますが、そんなもんは海外事業での当然のリスクでしょうよ。
 韓国だって日本相手に同じことをやっているわけですから。

これも中国人観光客に好評とのこと。ちょっとした凝りにピンポイントで使える。
【第3類医薬品】ロイヒつぼ膏 RT78 78枚
ニチバン
: 2011/2/15

アメリカと北朝鮮が「相当の行動を取る準備を」「我々はどの道を選ぶか決定的になった」と強い言葉で応酬

脅迫継続なら「行動を」 米大使、北朝鮮に硬軟―国連安保理(時事通信)
北朝鮮 強硬路線を示唆 安保理会合に反発(FNNプライム)
米 北朝鮮の挑発に“備えは万全”と強調 北朝鮮をけん制(NHK)
国連安全保障理事会は11日午後(日本時間12日午前)、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり公開会合を開いた。会合を要請した米国のクラフト国連大使は演説で、北朝鮮が敵対的行為や脅迫を続けるなら、「安保理は相応の行動を取る準備をしなければならない」と警告した。
 年末が非核化交渉の期限と主張し強硬姿勢を強める北朝鮮に、安保理の圧力強化を促し、けん制した形。
(引用ここまで)

北朝鮮の弾道ミサイル発射について、アメリカが11日の国連安保理の公開会合で、「挑発行為が続くなら、相応の対応を準備する」とけん制したことに対し、北朝鮮外務省の報道官は12日、メディアを通じた談話で「敵対的な挑発行為だ」と強く反発した。

そのうえで、「われわれがどの道を選ぶか決心を下す決定的なきっかけになった」と、強硬路線に進むことを示唆した。
(引用ここまで)

北朝鮮が新たな挑発に踏み切る可能性を示唆していることについて、アメリカ国防総省は、自制を求めるとともに、アメリカ軍の備えは万全だと強調し、北朝鮮をけん制しました。

北朝鮮はアメリカとの非核化交渉をめぐり、一方的に年末を期限として制裁の解除などの譲歩を迫り、長距離弾道ミサイルの発射を再開する可能性を示唆するなど挑発的な姿勢を強めています。

これについて、アメリカ統合参謀本部のライダー報道官は、12日の会見で「北朝鮮が非核化を実行し、核実験や長距離ミサイルの発射を行わないとした約束を守るよう願っている」と述べ、北朝鮮に対して、新たな挑発に踏み切らないよう自制を求めました。

そのうえで「われわれは北朝鮮の発言を真剣に受け止め韓国軍とともに、脅威に備えた適切な防衛体制をとっている」と述べ、アメリカ軍の備えは万全だと強調して北朝鮮をけん制しました。
(引用ここまで)


 どうも湾岸戦争前、イラク戦争前の雰囲気に似てきた感がありますね。
 今年に入ってからの北朝鮮による度重なる短距離弾道ミサイルの発射には反応してこなかったアメリカが、ICBMのエンジン燃焼テストにはさっと顔色を変えて安保理会合の開催を要求。
 その場で北朝鮮に対して強い調子で警告しています。

 北朝鮮は対抗してこれまた強い言葉で反論。
 どうしても退くことのできない年末の出稼ぎ労働者撤退という事情がある北朝鮮としては、ここで踏みとどまるしかない。
 「じゃあ、このICBMを破棄するから、労働者については認めてくれ」というような交渉をするつもりなのかな。
 この期に及んでアメリカがそういった段階を踏んだ交渉を認めるとも思えませんが。

 アメリカは世界に3機しかない弾道ミサイルの情報を収集するRC-135S コブラボールを韓国に投入してDMZ付近に飛ばしています。
 さらに信号情報収集機のRC-135Vリベットジョイントも投入しているという状況。

米偵察機2機、「鷹の目」で北朝鮮を監視(東亞日報)

 示威行為としてB-52を先月22日についで、今月11日にも飛行させています。

米B-52爆撃機が日本周辺上空を飛行…対北朝鮮圧力レベル引き上げか(中央日報)
GSOMIA決定の日、米B52爆撃機が東海出撃(東亞日報)
 11月22日のタイミングはGSOMIA破棄の凍結を宣言した日で、これは北朝鮮に対する警告だけではなく、韓国に対するそれではないかという話も出ていますが。
 確かに空自のF-15Jが随伴していたのでそういう面もなくはないと思いますけどね。まあ、あくまでもついでではあるでしょう。
 アメリカは2017年10月にはB-52を臨戦態勢にする、という姿勢で北朝鮮に対峙していました。
 翌11月には空母3隻が朝鮮半島付近に集結するという状況となっています。
 正直、この時には開戦を覚悟していました。
 ここまではまだ巻き戻っていませんが、ほぼそれに近しい状況になりつつあるのも実際です。

 北朝鮮がいうところの「クリスマスプレゼント」だか、「日本は本物の弾道ミサイルをを目にするだろう」という言葉が実現するのであれば、事態は一気に進むでしょうね。
 過去の事例を見ても間違いありません。

楽韓さん、本日の動向 - 乙嫁語り 12巻が発売ですよ

 日経爆上げしてますねー。
 待ちに待った米中問題が一段落だから当然ですが。まあ、様子見です。

 乙嫁語り 12巻が本日発売~。
 若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です! 4巻も購入。
 あと忘れていた七つ屋志のぶの宝石匣も購入。

これまで紹介してなかったと思うけど二ノ宮知子なので面白いに決まってます。既刊にはミネラルショーの話とかも出てて楽しめる。
七つ屋志のぶの宝石匣(9) (Kissコミックス)
二ノ宮知子
講談社
2019/9/13

 ちょっと前に秋葉原のアロマズ・オブ・インディアに行ってランチしてました。
 秋葉原というか淡路町方面ですが。

 DFD84002-EDC9-4480-962A-C27136CE2F2B.jpeg

 Twitterで「今日のランチにアルゴビがありますよ」ってあってたまらなかったので、ちょっと足を伸ばして行ってきました。
 北インド系ではここが一番好きかなー。いちいち手が込んでる。あとディナーではオーダーできるチャパティがおいしい。
 秋葉原に行くことがあればおすすめできます。

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
俺のイタリアン、俺のフレンチ
坂本孝
商業界
2013/4/2

北朝鮮、東京パラリンピックでの南北合同チームの結成も拒絶。韓国が求める協議はスポーツ外交含めて一切拒否

IPC委員長「東京パラリンピック南北合同チームの可能性、ほぼない」(中央日報)
国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長が、2020年東京夏季パラリンピックの南北合同チーム結成の可能性はほぼ確実にないと明らかにした。

時事通信によると、パーソンズ委員長は11日、東京でインタビューに応じ、「IPCはドイツ・ボンのIPC本部で3者協議をしようとしたが、返答がなかった」とし「我々は扉を開いたが、彼ら(南北)は協議をしなかった」と述べた。続いて「我々は返答を待っていない。南北はそれぞれパラリンピックに出場するだろう」と伝えた。
(引用ここまで)


 北朝鮮がパラリンピックでの南北共同チームについての協議を拒絶。
 いまやっているE-1選手権での女子代表出場拒否ワールドカップのアジア二次予選での無観客試合についで、韓国が望んでいるスポーツ外交を徹底的に拒絶しています。
 思い出してみればエスカレートするばかりであったアメリカと北朝鮮の緊張関係は、平昌オリンピックで南北合同チームを結成する、南北が同時入場するといった演出でかなり柔らいだ面があります。
 あそこから北朝鮮は韓国政府の特使を受け入れることになり、さらに南北首脳会談が行われ、ついで米朝首脳会談が実現したのですからね。
 まあ、それが最終的にはハノイでの米朝首脳会談決裂に結びついていたわけでもありますが。

 北朝鮮は米朝の対話があったとしても、そこに韓国をはさませないという確固たる意志を固めていると見るべきでしょう。
 南北での会談があったとしてもそれを米朝会談等にリンクさせることはないと。ムン・ジェインの舌先三寸に惑わされてアメリカと噛み合うことのない対話をしてしまったことを反省している、ということですね。
 金剛山における韓国側施設の破壊もそのラインにあると見るべきかな。

 パラリンピックではなく、オリンピックについても合同チーム等があるとされていましたが、韓国関係者が「協議しよう」と呼びかけたものの門前払いを食らった後はなんら続報もない状態。
 去年の5月には世界卓球で大会途中にルール外の合同チームを結成して日本に立ち向かってくるなんてことをやっていたのが遠い昔に感じますね。

「GSOMIA破棄でアメリカを動かすぞ」と言い出したキム・ヒョンジョン、あの惨めな完敗にもめげず「条件付き延長はいい外交カードだ」と自画自賛……こりないなぁ

青瓦台安保室第2次長「韓日GSOMIA条件付き延長、外交的に適切なカード」(中央日報)
青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長が12日、政府の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了の条件付き延長決定について「外交的な空間を作り出す適切なカードとして当時うまく活用された」と評価した。

金室長はこの日午前、国会議員会館で非公開で開かれた与党・共に民主党の韓半島非核化対策特別委員会招請懇談会でこのように述べたと、懇談会に出席した国会議員らが伝えた。

金室長は「日本の輸出規制問題に対する完全な解決ではないが、対話の場も作った」とし、GSOMIA条件付き延長決定がもたらした成果と限界について議員らと意見を交わした。
(引用ここまで)


 キム・ヒョンジョンは韓国大統領府が主導したとされるGSOMIA破棄宣言の主犯であると複数のメディアが報じています。
 
楽韓Webでもかなり初期からそうなのではないか、との説を唱えてきました。
 その原因のひとつとして、子供時代に滞在していた日本でいじめられていた経験があるからではないかという記事もピックアップしたことがありますね。

 11月末のGSOMIA破棄寸前にアメリカに呼び出されてきつく叱責され、それを韓国に持ち帰った結果が破棄6時間前の「破棄を凍結」「条件付き延長」との判断につながりました。
 相当に強い言葉で叱責されたのではないかともされています。
 言ってみればGSOMIA破棄宣言とその撤回で主役を演じた人物であるわけです。

 その主役本人から「条件付き延長はいい外交カードだ」とかいう評価が出てきたっていう。
 片腹痛いってのはこのことですわ。
 じゃあ、GSOMIA破棄宣言そのものはどんな外交カードだったんでしょうね?
 アメリカから幾度となく「GSOMIAを外交カードにするな」と言われてきているのにこの言い草ですから。
 このていどの人物が乾坤一擲の策としてGSOMIA破棄を提唱したのであれば、まあああいった「完敗」も当然の帰結といえるのだろうな。