相互RSS募集中です

2019年11月

梶山経産相「輸出管理は日本が決める」「日韓の輸出管理が輸出対話の議題になることはない」と断言……韓国の言う「GSOMIAの破棄まで40日の期限」が来ちゃいそうですよ?

16日の日韓政策対話、日本の輸出管理について結論は出ない=梶山経産相(ロイター)
梶山弘志経済産業相は6日の閣議後会見で、16日に行われる日韓政策対話で、日本が韓国に向けて行っている輸出管理強化について議題になることはないとし、その撤廃や見直しという結論が出ることはないと述べた。

梶山経産相は、経済対話では、機微技術に関する情勢や課題について意見交換をするほか、日韓両国の輸出管理制度の運用について意見交換することで合意したとしたうえで「今の懸案をどうするかということではなく、議題について対話をして確認をする。その場で結論が出ることはない」と述べた。加えて「韓国からの主張や要望はあるかと思うが、(輸出管理強化の見直しは)わが国が決めること」とした。
(引用ここまで)

 5日には同じく梶山経産相が「見直しの可能性もある」という発言をしたことで、韓国側が色めき立ったのでしたが。

梶山経産相:輸出管理巡る日韓政策対話を16日開催-3年半ぶり(ブルームバーグ)
 日本の韓国向け輸出管理厳格化の見直しについては、韓国側の輸出管理体制が改善されれば「その可能性もある」としながらも、「タイムスケジュールは上がっていない」と発言。日韓関係の改善に向け、「一回一回の話し合いで前向きな議論ができればと思う」と語った。
(引用ここまで)

 韓国の輸出入管理体制が整えば、そりゃ「可能性はある」と言わざる得ないでしょうよ。
 でも、現実はそれが確認できるまでにはなっていない。韓国側の自称では「人員を増やした」とかいう話ですが、じゃあそれが実際に動いているのかどうかを確認できていない。
 「こういう体制にして、こう動いています」という報告なしに「じゃあ、解除」ってなるわけがないのですよ。

 問題は韓国の輸出入管理体制が整うかどうかではない。
 いや、整えてもらわないと困るけど。
 日本側が「韓国側の輸出入管理はこれでOK」という判断を下すか、なのですよ。
 つまり、「我が国が決めること」なのですね。

 さて、この梶山経産相の発言で16日の日韓輸出政策対話では日本の輸出管理強化は取り下げられないことは確実。
 となると、韓国側がGSOMIA破棄の条件として延々と言っていた「年内にも緩和」「日本に与えられたのは40日」といった話は達成できないわけで。
 そうなると「いつでも韓国はGSOMIAの破棄ができる権利を保留している」だの「刀を握っているのは韓国だ」とか言っていたアレが復活せざるをえないのですけども。
 さーて、どうなりますかね。
 また、キム・ヒョンジョンを渡米させるところからはじめるのかなー。

日々是敗北 (ガムコミックス)
桑田 乃梨子
ワニブックス
2009/9/19

韓国政府「東京オリンピックの韓国代表には韓国産の食料と放射線測定装置を持たせる」……それを見た日本人がなにを感じるか、ということは考えていない模様

韓国、東京五輪で選手の食材持ち込みを計画 放射線測定器も(ロイター)
韓国オリンピック委員会は、2020年の東京五輪・パラリンピックに参加する選手のために放射線測定器を用意し、韓国産の食材を日本に持ち込むことを計画している。東京電力(9501.T)福島第1原発事故の影響による食の安全を懸念しているためという。

日本政府はこれまで、国内で流通している食品中の放射性物質の検出結果を公表するなどして安全性をアピールしてきており、日本産の食品に対する輸入規制を緩和した国や地域も多い。

韓国のスポーツ競技団体を統括する大韓体育会(KSOC)の計画によると、KSOCがトウガラシのペーストなどを韓国から輸送し、検疫の規則で日本に持ち込めない肉や野菜については放射能測定器で検査するという。

国会のスポーツ委員会メンバーで、与党「共に民主党」のShin Dong-keun議員はロイターに対し「おそらく缶詰も含め、食材や食品はできるだけ韓国から輸送する」と述べた。
(引用ここまで)


 まあ……福島の実際の線量を信用していないのですから、韓国人がこういう行動に出るのも当然というべきか。
 自分たちが日本の立場であればごまかしている、という自白でもあるわけですが。
 なんなら大宣伝攻勢してくれてもいいと思うのですよ。
 例の共に民主党が出してきた同心円状に線量が減っていく謎の地図とか出して「こんなにも日本は放射線で汚染されている」「だから我々は食材とガイガーカウンターを日本に持っていくのだ」って。
 それを日本が止めることはできませんし、止める義理も責任もありません。

 ただ、日本人は「ああ、こうやって韓国は反日の姿勢のままなのだな」と韓国のことを認識します。
 楽韓Webではそういった韓国人が行っている「事実」を常に掲載し続けます。
 韓国人の中ではあくまでも「日本の嫌韓の空気は日本政府とマスコミが作り出した」ということになっていて、自分たちは無謬の存在になっているのでしょうが。
 こういったひとつひとつの韓国人によるデマ、嘘、悪意がじわじわと日本人の中に堆積していった結果が嫌韓なのです。

 日本人が韓国を知った結果の嫌韓、楽韓Webがいうところの「嫌韓新時代」を崩せるわけがないのですよ。

ムン・ジェインが「伽耶史復元」を政策として提唱 → その意向に沿って開催されたイベントが忖度だらけだった件

文在寅政権の「コード」に合わせて未検証の地域・遺物も「伽耶」(朝鮮日報)
 韓国の国立中央博物館(ペ・ギドン館長)で今月2日に開幕した特別展「伽耶本性-剣と絃(げん)」を巡り、学界が騒然となっている。博物館が今年の代表展示として野心を持って準備した企画で、しかも1991年に開かれた「神秘の古代王国・伽耶」以来28年ぶりの伽耶展として話題を集めた展示だ。ところが、いざふたを開けてみると「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国政課題として掲げた『伽耶史復元』にコード(政治的理念や傾向)を合わせようとして大惨事が繰り広げられた」という批判が浴びせられている。 (中略)

 伽耶史研究者のある大物教授は「各自治体が伽耶史復元に熱を上げる中で、誰も彼も伽耶だと大騒ぎしている状況だが、国立博物館がこれを改めずに郷土史レベルの展示をやった」として「それぞれの自治体でにこれを政治的に利用するはずなのに、その責任をどういうふうに取る気でこんなことをしたのか分からない」と舌打ちした。これについて、博物館のホン・ジング考古歴史部長は「論争がある遺物が明らかに交じっているが、昌寧や福泉洞の古墳などは新羅と伽耶の遺物が混在し、豆腐を切るように明快に区分できない」として「広い意味で伽耶を解釈しようとした」と釈明した。 (中略)

 展示のキーワードである「共存、和合、力、繁栄」についても、強引だという評が出ている。博物館は「幾つもの伽耶が一緒になって生き(共存)、数百年間共存を守ることができた理由が、鉄(剣)を扱う技術を持っていたから」と説明する。しかしB教授は「伽耶は平和裏に共存したのではなく、個別の幾つもの独立体が互いに優劣を争い、角逐しつつ離合集散を繰り返していった」として「それを共存や和合とみるのは時代錯誤」と指摘。さらに「伽耶圏が広がるなら無条件にいいだろうと思って乗り出しているが、冷静に言えば、日帝が語った任那圏域に後戻りしつつある」として「考古学研究者は、それを自覚すらできていない」と懸念した。大物教授は「伽耶が三国にかなわなかったことは世間で皆知っているのに、次々と過剰包装しようとして引き起こされた惨事」と語った。

 この展示は来年、日本にも行く。釜山市立博物館(4月1日~5月31日)を経て日本の国立歴史民俗博物館(7月6日~9月6日)、九州国立博物館(10月12日~12月6日)を巡回する。研究者らは「1991年の伽耶展後に蓄積された研究の力量を示すべきなのに、神話レベルの展示を持っていったら、笑いものになるだろう」と語った。
(引用ここまで)


 ムン・ジェインは就任当初から「伽耶の研究をしろ」言っていたほどで、やたらに伽耶にご執心なのですね。
 というのも慶尚道と全羅道には明白な地域対立がありまして。
 一から説明するのはかなり難しいのですが、高麗時代から全羅道にあたる百済出身者は差別されていたという経緯があります。
 それがさらに朴正煕時代にブーストされて現在にいたります。

 ムン・ジェインの師匠筋にあたるノ・ムヒョンも「地域対立の解消」をお題目にして出身地の慶尚道ではなく、釜山から国会議員に立候補してたりします。釜山の市長選挙に出たこともありましたね。
 おそらくはこれを思想として継承しているのでしょう。
 「伽耶史復元」の事業を行うことで、慶尚道と全羅道の両方にまたがっていたとされる古代の伽耶のように両者の紛争は終わり、統合が為されるのではないかというムン・ジェインの政策の一環なのです。

 ただまあ、強大な権力を持つ韓国の大統領が「伽耶史復元を優先して研究せよ」なんて号令を出したらこうなるよね、という典型例を見せています。
 伽耶については文献資料はほとんどなくて、むしろ日本書紀のほうに記述が多いくらいなもの。といったわけで主な研究は発掘品の研究になるのですが。
 実際に伽耶のものであるかどうかも不明な遺物を「はい、これも伽耶」「こっちも伽耶です」って話になるに決まっている。
 で、実際にそのように忖度された展示がされている、という。

 引用はしていませんが、「三国遺事に記述のある許黄玉と首露の結婚は記録に残る最初の国際結婚」なんて紹介のされかたも「統合」や「疎通」をお題目としたムン・ジェインの意向を反映したものなのでしょうね。
 問題は許黄玉が実在の人物とはとても思えないくらいなことですか。
 16歳にしてインドからはるばる伽耶にやってきた、なんていう逸話なのですが。
 雑多な記述でもなんでも収録している三国遺事とは異なり、正使である三国史記には「この記述、絶対やらかしがあるから採用しない」って書かれてるくらいのもの。
 ちなみに韓国では「インドからお姫様がやってきたのなら、そのときにチャノキを持ってきたに違いない」とされていて、そこから「韓国には紀元50年からお茶があったのだ。日本よりはるかに早かった」なんていう主張がされていたりします。

 でもまあ、この展示が日本に来るというのであればなかなか楽しみです。
 はるか彼方の千葉は佐倉まで行くとしましょうかね。

知っていますか、任那日本府 韓国がけっして教えない歴史
大平 裕
PHP研究所
2013/9/11

楽韓さん、本日の動向 - サイバーマンデーのおすすめ商品を紹介してみる

 バスタブクレンジングの詰め替え用が!
 サイバーマンデーセールに!
 これは嬉しい。かなりの重労働だったお風呂掃除を一気に楽にしてくれた技術革新ですよ。詰め替え用だけなので、使ったことがない人はバスタブクレンジング本体もどうぞ。
 こすらずに汚れが落ちるという製品です。
腰痛持ちにはありがたい。
【まとめ買い大容量】ルックプラス バスタブクレンジング おふろ用洗剤 詰め替え大 クリアシトラスの香り 800ml×3個
ルックプラス
2018/12/2

 あとアリエール部屋干し用の詰め替え用も安い。嬉しい。

部屋干し派の友ですよ。
アリエール 洗濯洗剤 液体 部屋干し用 リビングドライイオンパワージェル 詰め替え 超ジャンボ 1.62kg×2個
アリエール
2017/10/5

 あと実際に使ってるものはミチガエルのトイレに流せる厚手シート。これも詰め替え用。
 100枚か。まあ、ストックしておいてもいいか。
 サイバーマンデーセールなのに日用品とかサプリメントばっかり紹介している気がしますが、Amazonはこういう身元のしっかりしたメーカー品でないともはやなにが送られてくるか分からない場所になっているんだよな……。
 あとAmazon自身が作っている製品とKindle本。

 んで、AnkerPowerCore 10000 PD Reduxに買い換えた話。
 これまでUSB2口の13000mAhのものを使ってきたのですが、だいぶバッテリーがへたってきたこともあって買い換え。
 USB-CでのPDによる高速充電対応と、USB2口をキープできてます。

 充電時に明白な速さを感じられます。iPhone Xを50%までなら30分もしないで充電可能。ケーブルをつないだままにしたくないので、PD対応は本当に助かります。
 なによりありがたいのはモバイルバッテリー本体への充電がPD対応で3時間半で済むところ。これまでの大容量モバイルバッテリーだと6~7時間くらいは優にかかっていたものが、比較的短時間で充電できるようになりました。

 大きさも感覚的には2/3ってところ。重さもやや軽くなって大満足。
 CtoCのケーブルは同梱されてますが、充電器は別売り。iPhone 11より前のiPhoneならUSB-C対応のLightningケーブルも購入する必要がありますね。

Anker PowerCore 10000 PD Redux(モバイルバッテリー 10000mAh 大容量)【PSE認証済 / Power Delivery対応 /低電流モード搭載】 iPhone & Android 各種対応
Anker
2019/5/9

今回はこちらの薄型PD対応充電器が安くなってます。プラグは折りたためる。
Anker PowerPort Atom III Slim (PD対応 30W USB-C 急速充電器)【世界最薄デザイン/PSE認証済/PowerIQ 3.0搭載 / Power Delivery 対応/折りたたみ式プラグ】 iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max/XR、MacBook Air、その他USB-C機器対応 (ブラック)
Anker
2019/9/2

 んで、ケーブルはこちらおすすめ。
Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル【Apple MFi認証取得 / Power Delivery 対応 / 急速充電&データ同期 / 超高耐久】iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / XR / 8 (0.9m ホワイト)
Anker
2019/1/21

 すべてサイバーマンデーのセール対象品。

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
グーグル ネット覇者の真実
スティーブン・レヴィ
CCCメディアハウス
2011/12/16