相互RSS募集中です

2019年11月

韓国メディア「24日に日韓首脳会談。これで日本の輸出規制も解決できるはずだ」……楽天的やなぁ……

韓日首脳が24日に中国で会談、輸出管理の厳格化とGSOMIAで「談判」(東亞日報)
米朝対立が激しくなり、韓半島の危機が再び高まる中、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が23日、2日間の日程で中国を訪れる。文大統領は訪中期間、習近平国家主席、安倍晋三首相と首脳会談を行う予定だ。韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の条件付き継続後、初の韓日首脳会談で、輸出管理厳格化の撤回のほかGSOMIAの最終継続が決定されるかどうかが明らかになるとみえる。 (中略)

韓日首脳会談では、日本の輸出管理厳格化の解決策などの問題が核心議題になる見通しだ。今回の韓日首脳会談は、先月22日のGSOMIAの条件付き継続合意によって実現した。しかし、通産長官間の韓日協議で両国はまだ接点を見出せず、22日に北京で韓日通産長官会談が行われるため、韓日首脳会談で輸出管理厳格化の撤回とGSOMIA最終継続決定の行方がはっきりするという期待も出ている。ただ、元徴用工問題の解決策を導き出すことは難しいとみられている。大統領府関係者は、「期限が迫っているため、元徴用工問題で妥結しなければ、輸出管理の厳格化とGSOMIAの問題だけ議論する可能性がある」と指摘した。
(引用ここまで)


 ムン・ジェイン大統領は以前から首脳会談でトップダウンの解決を好むという評価がありましたが、今回の日韓首脳会談でも同じ指向性でしかけてくるようです。
 ASEAN+3での対話でも同様にサプライズで対話をしてなんとかしようとしていましたが、安倍総理は11分の対話で2回も「国同士の約束を守って欲しい」と言及するなど、まったく動揺することなく原則論に終始していました。
 ああやってしかけられて動揺するようじゃ、これほどの長期政権を運営できるわけないですけども。

 16日に予定されている日韓輸入政策対話においては現状の確認に終始するだろうと日本側は何度も述べています。
 ですが、いまだに韓国からは「年内になんらかの解除があってしかるべき」というような話が出ています。
 そこに日韓首脳会談があるということで「ここでなんらかの大局的な判断が為されるはずだ」と韓国メディアが思いこんでいる……といったところです。
 ホワイトハウス内部にファンクラブがあるという外交王ムン・ジェインであれば、実務者間の対話を積み重ねた結果でしかなんとかできない問題であっても、一気に解決できるかもしれませんね。
 ムン・ジェイン、ファイティン!

韓国人「我々は不買運動をするが、日本企業には韓国に投資をしてほしい」……コリアリスクが高すぎて無理ですわ

在韓日系企業に投資拡大要請 「協力は継続すべき」=韓国高官(聯合ニュース)
韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は11日、ソウル市内のホテルで開かれた在韓日系企業などでつくる「ソウルジャパンクラブ(SJC)」との懇談会で、韓国への投資拡大を要請した。

 懇談会にはSJCの森山朋之理事長(韓国三井物産社長)ら日系企業の最高経営者(CEO)ら約50人が出席した。

 SJCは韓国最大の日系コミュニティーで、法人会員約400社、個人会員約1700人が加入している。両国の投資・貿易の拡大などで積極的な役割を果たしてきた。

 兪氏は「素材・部品、新産業、高級消費財など国内産業全般の競争力強化に寄与する投資を積極的に歓迎する」として、継続的な投資拡大に期待を表明。「韓日関係が一時的に厳しくても両国の交流と協力は揺るぐことなく継続すべきだ」とし、「日系企業は両国の経済協力の橋渡しの役割を続けてほしい」と呼びかけた。
(引用ここまで)


 先日の西日本シティ銀行が撤退したのは、日本からの直接投資が最盛期の5000億円から1500億円と7割減となったからでした。
 日本からの投資がもっとも多かった最盛期は2012年のイ・ミョンバク政権の最終年。
 イ・ミョンバク政権末期の反日指向が減少の端緒であったといえるでしょう。
 ちょうどあのくらいからコリアリスクというものが語られはじめたということになりますかね。

 もちろん、韓国を市場と見ている企業からは投資があるでしょうし、安価かつそこそこ安定している電力事情が魅力であるとしている企業もあるでしょうけども。
 まあ、全体として大きく減っているのは間違いない。
 これまでの主たるリスクは労働組合が強く、ストライキが頻発しかねないというものでしたが。
 これからのリスクは反日運動が盛り上がることになるでしょうね。
 たとえ今回の日本製品不買運動が下火になったとしても、なんらかの形で反日の機運が高まる度にボイコットが進むことでしょう。
 日本企業にとっては「リスク高」に分類される国になったというわけですよ。

 そもそも、この投資を呼びかけているユ・ミョンヒ自身が日本の半導体材料輸出管理強化に対して「協議しろ」って声高に叫び続けていた高官。
 つまり、日本にとってのコリアリスクを体現しているような人物なわけです。
 そんな人間がソウルジャパンクラブにやってきて投資を呼びかけるとか片腹痛いと思いますわ。ホント。

韓国の親北朝鮮団体、リベラルの大物の葬儀で光化門広場を9時間違法占拠 → ソウル市「補償金を請求します!」……ただし、その額わずかに

許可なく光化門のど真ん中で葬儀…左派団体の一方的推進に苦慮するソウル市(朝鮮日報)
 親北朝鮮・左派団体が10日、ソウル・光化門広場で「NL(民族解放・汎主体思想)系運動団体の元老」として知られる呉宗烈(オ・ジョンリョル)氏(7日に81歳で死去)の葬儀を執り行うと宣言した。しかし、これら団体は光化門広場の利用に必要な申請書すら出しておらず、ソウル市が苦慮している。

 韓国進歩連帯は7日、同氏の死去を伝え、「労働者・農民・貧民・青年・女性など民衆と共に肩を組んで民主主義と自主統一のための連帯運動に生涯をささげた」と紹介した。そして、葬儀を10日午前10時から光化門の北側広場で執り行うと発表した。

 教師出身の呉宗烈氏は1988年、全国教職員労働組合(全教組)の前身である全国教師協議会(全教協)の議長に就任し、1989年に全教組初代光州支部長を務めていた時に逮捕・収監された。 (中略)

 呉宗烈氏の葬儀を光化門広場でするのは基本的に違法だ。ソウル市条例によると、光化門広場を使用するには使用希望日から60日-7日前までに使用許可申請書を提出しなければならない。だがソウル市の話では、進歩連帯は9日の市庁業務時間終了時まで光化門広場の使用許可申請書を提出すらしていないという。

 ソウル市はひとまず様子を見るとのことだ。同市関係者は「祭壇や固定施設を設置し、長期間にわたり広場を占有するなら、戒告状を送るなど関連法に基づいて厳正に対応する」としながらも、「単に1-2時間程度で葬儀を行って去るならば、市として取れる措置はない」と話す。進歩連帯と葬儀委員会側は違法葬儀に関し、本紙が説明を要求しても応じなかった。
(引用ここまで)


 韓国人の持つ「違法だが正義だ」という意識ですね。
 遵法意識は彼らの考える正義に劣るのです。
 ましてや今回の葬儀はオ・ジョンリョルというリベラルの雄。
 全教組(日本の日教組に相当する教職員の参加する労組)を組織した人物であり、女子中学生が米軍の装甲車にひかれて亡くなった事件に対して苛烈なデモを繰り広げた人物でもあります。
 つまり、この事件に乗って票を伸ばしたノ・ムヒョンが大統領に当選するきっかけともなった人物ともいえますね。

 さすがにソウル市長のパク・ウォンスンは出席しなかったものの、「日本は敵性国家」の発言でよく知られているイ・ジェミョン京畿道知事や「世界最悪の労組」として知られている民主労総の院長などが葬儀に出席したとのこと。
 で、市側は「1~2時間の占拠であれば市として取れる措置はない」との発言をしていたとのことですが。
 光化門広場を9時間、違法に占拠して葬儀を執り行ったそうです。

左派団体、許可なしに、光化門広場で「NL元老」告別式……ソウル市「1平方メートルあたり12ウォンの補償」(朝鮮日報・朝鮮語)

 補償総額が25万ウォン。今日のレートで2万2700円くらいですかね。安っ。
 この違法葬儀を主催した団体がこれを払うかどうかすら不明ですが。

 すでに光化門は韓国左派の聖地となっているのですね。
 世界4大革命に数えられるろうそくデモが行われ、悪の根源であったパク・クネを弾劾し、ムン・ジェインという素晴らしい大統領を産んだ場所、という位置づけでしょう。
 これからもこうしたリベラルの……というか親北派の大物が死ぬ度に不法占拠されることになるのでしょうね。

月替わりセールで60%オフです。
良心をもたない人たち
マーサ・スタウト
草思社
2012/10/10

ヒュンダイ自動車「勤務中にスマホで動画見れないように工場のWi-Fi切りますね」→労組「合意違反だ、休日勤務を拒否する!」

現代自工場で勤務時間中のWi-Fi禁止、労組「協約違反、土曜勤務を拒否」(朝鮮日報) Web魚拓
ルノーサムスン労組またストへ…釜山地方労働委「調停中止」決定(朝鮮日報)
 現代自動車が、工場の生産ラインで勤務時間中のWi-Fi使用を制限すると労働組合に通知したところ、労組は「団体協約に違反する」として、休日特別勤務を拒否するなど強く反発した。

 現代自動車の労使双方が9日に明らかにしたところによると、会社側は6日に工場内でのWi-Fi使用を制限することを決定し、労組に通知した。これまでは24時間Wi-Fiの使用が可能だったが、最近一部の工場で勤務時間中にWi-Fiを使って動画を視聴するなど、勤務態度に問題があると判断した。会社側の関係者は「Wi-Fiを休憩時間や食事時間など勤務とあまり関係のない時間にだけ使用するようにした」と話した。会社側はこの日から勤務中のWi-Fi接続を制限し始めた。

 これに対し、労組は会社側の決定が一方的な合意破棄だとして、同日に蔚山工場本館前で集会を開いて反発。2011年と16年に団体協約でWi-Fi設置と使用について合意したにもかかわらず、会社側が無断でこれに背いたというわけだ。労組は今月14日の土曜特別勤務を拒否することを決めた。労組の関係者は「Wi-Fi使用自体が問題なのではなく、労使の合意を協議もせずに破ったことに反発しているものだ」と話した。
(引用ここまで)

 10日午前、釜山地方労働委員会は、先月末にルノーサムスン自動車労組が申請した争議行為調整に「調停中止」の決定を下した。これにより労組は、同日に予定されていたスト実施への賛否投票を進めることを決めた。この投票で労組の組合員50%以上が賛成した場合、労組は代議委員会を開き、ストの方法と日程などを決める計画だ。 (中略)

 ルノーサムスン自動車の労使双方は9月から、今年の賃金協約に対する協議に入ったが、基本給の引き上げなどで合意に至らなかった。このため労組は先月28日に交渉決裂を宣言し、釜山地方労働委員会に争議行為調整を申請した。

 ルノーサムスン自動車の労使は昨年、賃金および団体協約の交渉でも歩み寄ることができず、ストを実施した。労組は昨年10月から今年5月までに計62回にわたり全面・部分ストを実施し、250時間にわたり工場の稼働をストップさせるなど、会社に3000億ウォンもの損失(社側推算)を与えたと把握されている。これによってルノーサムスン自動車釜山工場の生産台数の一部が海外に割り当てられた上に、新規の生産台数の割り当ても来なくなった。
(引用ここまで)


 ヒュンダイ自動車から「勤務中は工場に出しているWi-Fiを切ります」と宣言。
 その理由は勤務中に動画を見ている従業員がいたから。
 それに対して労組は「約束違反だ!」と休日勤務を拒否する姿勢を見せた……と。

 ヒュンダイの傘下企業であるキア自動車の労組は「勤務中に開かれるワールドカップの韓国戦を見せろ。ただし給料は支払え」なんていう要求をしていましたね。
 それに対して会社側も「ラインを止めて試合を見るのはいいが給料は支払わない」とかいっていましたっけ。
 韓国の工場の労働強度はかなり低いのです。
 ライン工が雑談をしながら和気藹々と仕事をしているそうで。キア自動車の労組幹部がトヨタの工場を見学に来た際に「殺人的な労働強度だ。仲間内で無駄話する暇さえない」とか言っていましたよ。
 「貴族労組」と揶揄されるだけのことはありますね。

 で、ルノーサムスンの労組はそんなヒュンダイ・キアの高給がうらやましくてしょうがない。
 自動車業界の給料は等しくあるべきだ、という主張で基本給を上げろと要求。
 ルノーサムスンはここ何年か、日産ローグの生産を回してもらうことで営業利益が上昇したものの、ストライキ連発で日産からは生産割当台数を減らされ、キャッシュカイ(デュアリス)の後継車の割当も不明。
 さらには6月の時点で不明だったルノーからもXM3の欧州輸出分生産割当もいまだに決まっていない状況。韓国国内販売分は生産できるらしいのですが。
 この状況でストライキできるんだから豪毅だよなぁ。
 どうも「XM3の発売は来年だから、ルノーサムスンに割当がなければルノー本体も困るだろう」というような考えかたをしているっぽいのですが……。
 ムン・ジェイン政権のGSOMIA破棄宣言に通じる自分の立場しか考えていない話ですね。