相互RSS募集中です

2019年12月

インド・マヒンドラグループ、双竜自動車の労働者復帰を盾に韓国政府から融資をもぎ取る

双竜自動車復職問題に介入した結果、マヒンドラの言いなりになった韓国政府(朝鮮日報)
 韓国・双竜自動車の経営正常化問題で、親会社であるインドのマヒンドラ・グループのパワン・ゴエンカ社長がソウル・汝矣島の韓国産業銀行を訪れ、同行の李東傑(イ・ドンゴル)銀行長と1時間半にわたり会談した。ゴエンカ社長は双竜自に対する投資意向を示した上で、双竜自への追加融資を求めたとされる。産業銀は昨年、既に双竜自に1000億ウォン(約95億円)の融資を行っているが、双竜自の経営正常化には程遠いのが現状だ。マヒンドラ・グループが国策銀行である産業銀に接近した背景を巡っては、韓国政府が2018年に双竜自解雇者の復職問題に介入し、口実を与えたからだとの指摘も聞かれる。

 文在寅(ムン・ジェイン)政権は18年9月、双竜自の解雇者全員の復職を決定した「労労使政合意」(双竜自労組、金属労組、双竜自、政府による4者合意)を主導した。当時双竜自には2009年の大規模整理解雇以降、未解決となっていた119人の解雇者問題があった。解雇者は全国民主労働組合総連盟(民主労総)の傘下で10年にわたって復職闘争を繰り広げてきた。

文大統領は18年7月、インドを訪問時にマヒンドラ・グループのアナンド・マヒンドラ会長と会い、双竜自の解雇者問題に言及した。その後、大統領直属の経済社会労働委員会が問題に介入し、119人全員を復職させることで合意した。

 当時双竜自には復職者を受け入れる余力がなかった。平均年俸8900万ウォン(18年現在)の双竜自が119人を受け入れれば、年間で100億ウォンのコスト増となる。このため、政府は双竜自の負担軽減を支援することを約束した。そこで、産業銀は昨年7月、新車開発資金として、期間5年、総額1000億ウォンを融資した。 (中略)

 今回マヒンドラが産業銀に支援要請を行ったことが明らかになり、このままでは今後もマヒンドラが事あるたびに韓国政府に支援を求めてくるのではないかとする懸念が浮上した。
(引用ここまで)


 そりゃまあ、マヒンドラにとっては双竜自動車、それも韓国にある工場なんていらんものだろうからなぁ。
 マヒンドラはルノーとのアライアンスを組んで乗用車部門に参入したインドの財閥なのですが、2010年にはマヒンドラ・ルノーの株を買いとって子会社化した上で独自路線を取るようになったのです。
 その際にちょうど双竜自動車を持て余していた上海汽車から双竜自動車株を買い取ったのですよ。
 いわば独自路線の保険、プランBともいえる計画だったのです。
 そう言えるのは10年が経過した今だからこそ、ですけども。
 双竜自動車は韓国の自動車業界の中では高級車志向のメーカーでベンツからエンジン供与を受けて、ベンツのデッドコピー品みたいな乗用車を作っていたことから、そういう部分での補完ができると思ったのかもしれませんね。

 ですが、買収直後からこの記事にあるように労働争議に巻き込まれていたわけです。
 韓国の労組事情を甘く見ていたか、知らされていなかったか。
 2018年にムン・ジェインがインド訪問した際に解雇者の復職問題に介入しているのですよ。
 モディ首相、マヒンドラ会長に「双竜自動車の解雇労働者問題を解決してほしい」と直訴するなんてこともありました。
 ムン・ジェインは骨の髄まで労組の味方ですからね。
 で、その韓国政府の意向を受け入れる代償として、韓産銀からの融資を引き出した……と。

 マヒンドラに「外交」をされてしまった、ということですかね。
 こうして融資を引き出すくらいしか双竜自動車の価値はない、ということでもあるか。
 で、復職を約束した職員は即日レイオフと。
 「みな後悔は10年も前に済ませた。あとはどうやって忘れるかだけだ」ってヤツだな。

ムン・ジェイン「北朝鮮は対話を望んでいる。国際社会は制裁緩和を支持すべきだ」 → アメリカ「すべてアメリカと協議すべき。北朝鮮の核実験再開があるっぽいので監視機飛ばしておくね」

米朝対話の実現を悲観する必要ない=韓国大統領(ロイター)
北朝鮮外務省顧問の「前のめり」非難にも…文大統領「北朝鮮は対話を望んでいる」(中央日報)
米に続き仏も対北制裁解除に反対しているのに…文政権は独自に速度戦(朝鮮日報)
韓国の文在寅大統領は14日、米朝の非核化交渉の停滞を悲観する必要はないとし、北朝鮮はさらなる交渉への扉を閉じてはいないと述べた。また南北の協力が、対北朝鮮制裁緩和の道を開く可能性があると指摘した。 (中略)

韓国が独自に北朝鮮との対話再開を目指す意向があるかとのロイターの質問に、大統領は、現状打開に向けた「新たなアイデア」を模索する必要があると指摘。

「南北協力を可能な限り拡大すれば、米朝対話の早期実現のみならず、必要なら制裁の一部撤回ないし免除について国際的支持を得ることが可能になるだろう」と述べた。

文大統領は、制裁に阻まれることなく南北がとれる措置があると指摘。軍事境界線をはさんだ地域での協力、個人の観光再開を挙げた。さらに、今夏の東京五輪に共同チームとして参加することや、2032年五輪開催に共同で立候補するという案もあると述べた。
(引用ここまで)

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、新年記者会見で北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)外務省顧問の11日付談話に対して「対話を試みる首脳間信頼と努力が続いている」と述べた。金顧問は「(首脳間)親密な関係を土台に再び米国との対話復帰に期待感を持つのは間抜けな考え」といったが、文大統領は「非常に肯定的に評価したい」と述べた。金顧問が対話再開の条件として「米国が北朝鮮の要求事項を全面的に受け入れる条件だけに限って可能だが、北朝鮮は米国がそのような準備ができておらず、そのようにすることもできないということをよく分かっている」と話したことに対しては、文大統領は「北朝鮮の従来の主張と変わりがない。北朝鮮は対話したいという意向を見せている」と解釈した。だが
(引用ここまで)

 韓国政府は16日、金剛山の個人観光を認める意向を表明するなど、北朝鮮制裁の迂回(うかい)路探しに乗り出した。韓国政府は「独自に推進する北朝鮮関連事業を選別中だ」とした上で「(米国などに)理解を求めたい」とコメントした。これに対して米国と日本はもちろん、フランスもこの日「北朝鮮に対する制裁は維持すべき」とする従来の考えを改めて確認した。国際社会が一致して反対する中、韓国政府だけが国際社会による制裁を避け、北朝鮮との事業を積極的に進める考えを明確にした形だ。

 韓国統一部(省に相当、以下同じ)のある当局者はこの日「軍事境界線付近での協力と個別の観光などを検討している」と発言した。韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長は15日(米国時間)、米ワシントンで北朝鮮への個人観光について「(米国に)一度話をしたい」「腹を割って話をし、相手側の理解を求めることが今最も必要なことだ」などと述べた。 (中略)

 これに対して米国は北朝鮮に対する制裁を維持する考えを改めて強調した。ハリー・ハリス駐韓米国大使はこの日、外信記者団との懇談会で「韓国は北朝鮮と行ういかなる計画も米国と話し合わねばならない」と指摘した。ビーガン副長官は中国外交部の楽玉成・筆頭副部長と電話で会談し、北朝鮮との交渉を継続する考えを改めて伝える一方「制裁の完全な履行」を中国側にも求めた。 (中略)

 米国だけでなく安保理常任理事国のフランスも、文大統領の発言に懸念を表明した。国連駐在のフランス代表部は文大統領の発言に関するVOAからの取材に「フランスの立場は先月の安保理で明らかにしたものと同じ」と答えた。フランスは先月11日に米国主催で開催された安保理会合において、安保理決議の厳格かつ完全な履行を強調すると同時に「北朝鮮による制裁回避の行動は継続しており、非核化が進まない現在の状況では制裁の解除や緩和は妥当ではない」との考えを示した。VOAが報じた。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインが現実を認識できていないところとして対日外交、経済状況についてエントリとして書きました。
 今日は対北朝鮮政策、南北関係について。

 14日の記者会見で「南北関係は我々の問題だ」として、国際社会に制裁の緩和や免除を求める方針を明らかにしました。
 7日の新年の辞でも同様でしたね。「南北関係改善」「経済協力推進」「開城工業団地・金剛山観光事業の再開」等と発言したことに関して、ハリス駐韓アメリカ大使は「そういったことも含めてアメリカと協議すべきだ」と発言。さらにそのハリス大使の発言に対して韓国大統領府が不快感を表明するなんていう応酬がありました。
 新年から米韓関係は全開ですね。


 しかし、「国際社会に制裁の緩和を求める」って言われてもなぁ……。
 国連安保理による制裁決議を緩めようというのであれば、常任理事国である米英仏露中のすべてが消極的にでも賛成しなければならない。
 でなければ拒否権を使われて終了。
 ロシア、中国は北朝鮮からの出稼ぎ労働者のこともあって制裁緩和にあるていど積極的ではあります。
 最盛期では中国には8万人、ロシアには5万人の北朝鮮からの出稼ぎ労働者がやってきていて、かなりの低賃金で働いていたということですから。
 ロシアからはかなりの人数が北朝鮮に送還された、という話です。
 中国は都市部では北朝鮮レストランが閉店しているとのことですが、地方はどうなんでしょうかね。

 ただ、中露ともワームビア法でさらに厳しくなったセカンダリーサンクションに引っかかるようなことはしたくはないでしょう。なにしろ、アメリカの金融機関と取引ができなくなる=ドルが入手できなくなるということですから。
 中国にしろロシアにしろ、そんな危なっかしいところに手を突っこんでいける状況とも思えません。制裁緩和も「言ってみただけ」という感触。
 それでアメリカが乗ってきてホントに緩和できれば言うことなしですしね。

 そもそもが予告していた「クリスマスプレゼント」こそ不発に終わったものの、北朝鮮は確実にレッドラインを越えるアピールをしてくるはずです。
 アメリカは弾道ミサイル監視機のRC-135S コブラボールの2機体制は終わったものの、まだ1機が日本に展開中。さらに核実験を監視できるWC-135W コンスタントフェニックスを嘉手納に展開しています。
 アメリカは核実験再開もありと見ているっぽいなぁ。


 そうやって世界が緊張感を持って見守っている中、ムン・ジェインは新年の辞で「南北経済協力を推し進める」って宣言しているわけで。
 対イランでは最大の国益を求めてふらふらしているのに、対北朝鮮ではきっぱりと「協力する」って言えちゃうのですから、ムン・ジェインの中で原則がしっかりとあるのでしょうね。
 まあ、考えてみればムン・ジェイン政権はあれほど財閥を嫌っているにもかかわらず、2018年の平壌訪問時には北の要請に従って財閥のトップをぞろぞろと引き連れて行きました(で、「よく冷麺が喉を通るものだな」と嫌味を言われたりもしていました)。
 なんとかして北朝鮮に取り入りたい。レガシーとして南北協調体制を整えた人物として歴史に名を残したいのでしょう。
 ただ、国際社会は韓国の主張を聞き入れることはないでしょうけどね。
 聞き入れる意味がない。
 もちろん、北朝鮮も韓国と協議することによる利益を見つけられず、協議しないという姿勢のまま。2019年と同じまま状況が続くのでしょう。
 この状況下で「北朝鮮は対話を求めている」とか言えるのだから、どれだけ目が腐ってんだって話ですわ。

 あ、それと中央日報の記事で最後のほうに「2017年12月採択された決議第2397号は北朝鮮からジャガイモや謝罪まで輸入することを禁止した」とありますが、この謝罪はリンゴのことです。
 朝鮮語でSagwaはリンゴ=謝罪の同音異義語。2017年12月の制裁決議で農産物も輸出禁止の品となっています。

韓国政府の援助を受けている反日団体が東京オリンピックで「防護服を着た聖火ランナーのポスター」を製作 → 反日団体「隣国として東京五輪がうまくいってほしいから作った」

東京五輪を防護服聖火ランナーで揶揄 ソウルの日本大使館にポスター(産経新聞)
東京五輪を前に、防護服姿の人が聖火リレーで走る姿を描いて、東京での「放射能の安全性」を揶揄(やゆ)するようなポスターが今月6日、韓国の首都ソウルにある日本大使館の敷地の壁に貼られたことが分かった。福島第1原発事故を念頭に、放射能汚染があると印象づける狙いとみられる。聯合ニュースなど複数の韓国メディアが報じた。

 ポスターを製作して貼ったのは「サイバー外交使節団」を名乗るVANK(バンク)という団体。ポスターは3種類で、東京五輪のマークのほか、「TOKYO 2020」の文字や、日の丸が描かれている。

 同団体はポスターに関し、「五輪の開催成功と、選手や観客の安全、放射能処理施設(の設置)を願うため、日本オリンピック準備委員会(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会を指すとみられる)に公式書簡の形で配信する予定」という。また、「五輪開幕前まで継続し、ポスターを全世界の主要な場所で積極的に配布する」とし、「国際社会に幅広い共感が形成されることを願う」と国際世論の同調を狙っている。

 「東京五輪の成功」を願ってのポスター製作としているが、日本での五輪開催に水を差すことで妨害する意図があるとみられる。
(引用ここまで)

 韓国の反日団体であるVANKが「東京オリンピックの成功を願って」ポスターを製作。
 日本大使館の敷地の壁に貼ったとのこと。

vank_01.jpgvank_02.jpgvank_03.jpg
画像はVANKのFacebookページの画面キャプチャ。

 さすがにひどいということで、テレビでもいくつか取り上げられているようです。
 もうスポーツ以外でテレビを一切見なくなって久しいので、こういう動向がさっぱり分からない。



 21FAF54B-B60E-4191-9B00-E6389B3502DE.jpeg

 韓国の与党である共に民主党が嘘をついてまで競技場周辺が放射線で汚染されているとアピールしていたのと同様、韓国のやりかたというものをしっかり知らせておくべきでしょうね。
 これをやらせておいて「日本との関係は徴用工問題と輸出規制を除けば良好」なのですから、片腹痛いわ。

ふたつのオリンピック 東京1964/2020 (角川学芸出版単行本)
ロバート・ホワイティング / 玉木 正之
KADOKAWA
2018/9/21

ムン・ジェイン政権「不動産の売買に政府の許可を必要とする可能性」について発言……社会主義国ですらそんなのやらんだろ……

住宅売買も政府の許諾が必要? 青瓦台の超憲法的発想(中央日報)
「不動産売買取引許可制」。憲政史上類例のない反市場的政策が青瓦台(チョンワデ、大統領府)から流れ出ている。

青瓦台の姜キ正(カン・キジョン)政務首席秘書官が15日、CBSのラジオ番組に出演し、「本当に非常識的に暴騰する地域に対しては不動産売買許可制を設けるべきだという発想をする人たちもいる」とし「こうした主張に政府が耳を傾けなければいけない」と述べた。伝言として表現したが、文大統領の核心参謀が公式的に許可制に言及したのは初めてだ。 (中略)

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が14日の記者懇談会で火ぶたを切った。文大統領は「一部の地域は違和感を感じるほど急激な価格上昇があったが、原状回復しなければいけない」とし「政府は(不動産)対策が時効になったと判断すれば、さらに強い対策を限りなく出していく」と明らかにした。

姜首席秘書官はこの日のラジオ番組で「どの政権も不動産投機に対して不動産不敗神話を崩すことができず、投機に敗北した政府として映ったが、我々の政府はそれではいけない、何とかしようということだ」と話した。

住宅取引許可制は最も強力な規制に挙げられる。いわゆる住宅を取引する際、中央政府や自治体の許可を受けなければいけない制度だ。政府が公共の必要に応じて例外的に住宅取引を制限することもあるという一般的な原則が変わってしまう。住宅を購入するには許可を受け、例外的に取引ができるということだ。 (中略)

韓国開発研究院(KDI)のソン・インホ経済戦略研究部長は「規制を通じて価格を作るというのは結局、市場が形成されなくなるということ」とし「特殊財貨でもない実物市場が明確に存在する自由市場構造を破壊するという発想であり、社会主義国家もしない政策」と指摘した。

過去のように違憲という声もある。チョウン法務法人のパク・イルギュ弁護士は「憲法には財産権処分の自由を付与しているが、許可制はこれを禁止するため違憲という声が出るしかない」とし「政府が市場を敵と見なして規制一辺倒に進むことが憲法の精神に合うのか疑問を感じる」と指摘した。
(引用ここまで)


 昨日の「9億ウォン以上の不動産を持っているとチョンセローン禁止」も不動産投機禁止のための施策のひとつでした。
 さらに「不動産売買許諾性」に大統領府の政務首席秘書官が公の場で言及。
 これはすごい。
 さすがにまだ導入をするというわけではなく、「こういう話もある」というレベルではありますが。

 この話をしているカン・キジョン大統領府政務首席秘書官は次官級の地位にある人物。
 大統領の行政についての業務を補佐する、と規定されています。
 これまで外交に関してはムン・ジョンイン特別補佐官が「韓国政府はこういう方針だ」と放言して、ムン・ジェイン政権がそれをなぞるというやりかたを踏襲してきました。
 段階的非核化論等ですね。
 それと同じように観測気球としての発言だとは思われますが。
 いやぁ、強烈。

 ムン・ジェイン自身も新年の辞で「不動産投機との戦争で決して負けない」と発言していましたが……。
 なにがなんでも不動産投機を規制するという確固たる意思があるのだ、という表明ですね。
 誰がなんと言おうとも最低賃金を2年で30%上昇させた実績がものを言います。
 場合によっては本当にやるのだろうなぁ……。
 どう考えても財産権の侵害ですが「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」によって財産権を侵害できる前例があります。事後法だろうとなんだろうと、理念が優先するのです。
 いざとなったらやるのだろう……と思われます。

楽韓さん、本日の動向 - 今年初のジムでした

 今年になってからはじめてのジム。エアロバイク40分、筋トレいろいろ50分ほど。うーむ、先が思いやられる。もう少し頻度を上げたいところ。
 リングフィットアドベンチャーは配送されてますが、まだ開封すらしていない。
 まあ、通勤の一部で30分ほど、そこそこ強度のウォーキングをしてはいるのですが。さすがに心拍数100くらいじゃなー。

 五等分の花嫁 13巻ラジエーションハウス 9巻を購入。

五等分の花嫁(13) (週刊少年マガジンコミックス)
春場ねぎ
講談社
2020/1/17

 Kindleの社会・政治関連本フェアは来週まで。
 穢れと茶碗はなにやらだいぶ売れました。おすすめ本としてよかった。
 以前おすすめした中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌も対象タイトル。
 この本が発売された時点(2016年)から事態はまたふたつみっつくらい動いていますが、1章と2章だけでも読んでおいて損はないと思います。あと終章。
中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)
高橋 和夫
NHK出版
2016/6/11

 このジャンルだったら1日に1冊くらいはおすすめ本が出せる気がする。

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
ついた脂肪が即スッキリ! 医師が考案 おかずみそ汁ダイエット やせる栄養たっぷり、空腹感もないから、成功者続出!
工藤 孝文 / 北嶋 佳奈
学研プラス
2019/1/29