相互RSS募集中です

2020年01月

アメリカが「韓国がGSOMIAを日韓関係の外交カードにすることは許さない」と宣言

カテゴリ:米韓関係 コメント:(76)
「GSOMIAは他の問題と別」と一線を画した米国務省「米韓日安保協力を推進」(中央日報)
米国が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関連し、「米国は共同の利害関係に対する認識の下、韓国、日本と共に2者および3者間の安全保障協力を継続して推進していく」と述べた。

米国務省報道官室の関係者は18日(現地時間)、韓国でGSOMIA終了イシューが再浮上していることについて国務省の立場を尋ねる米政府系放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の質問に対し、「米国は国防と安全保障問題は韓日関係の他の分野とは別であるべきだと信じる」とし、このように話した。 (中略)

この関係者は「韓国と日本が歴史問題に対する恒久的な解決法を確保するために真摯に議論を続けることを望む」と述べた。強制徴用問題をめぐり韓日が対立する状況を認知しながらも両国に中立的な立場を見せた。

しかし米国務省は日本が昨年7月以降に韓国に取っている輸出規制措置には特に言及しなかった。青瓦台でGSOMIA終了主張が再浮上した背景には、昨年11月末の政府のGSOMIA終了猶予決定にもかかわらず対韓輸出規制の復旧に消極的な日本に対する不満がある。韓国はGSOMIA維持決定に相応する日本の態度変化を促したが、米国は日本の経済報復には「沈黙」したということだ。
(引用ここまで)


 GSOMIA終了論議が韓国で再燃していることについて、国務省報道官室の関係者が「日韓が抱える問題と、安保問題については別途考えるべきである」と発言。  ただのメディアからのインタビューではなく、アメリカの国営放送であるボイス・オブ・アメリカで答えたということが重要です。
 まあ、言っている内容は去年半ばに韓国から「このままだとGSOMIA破棄するしかないぞ」って言い出した頃からなにも変わっていないのですけどね。
 事前も破棄宣言後も、アメリカは「二国間の問題がどのようなものであれ、それを安保問題にまで影響させるな」ということを言い続けてきました。
 破棄後に韓国に向けて「失望した」と言い続けたのは破棄そのものではなく、日韓間の確執が安保問題にまで及んだことに対してでした。

 考えてみれば当然でして。
 2015年の年末に慰安婦合意の裏にはアメリカの暗躍があったと楽韓Webでは考えています……というか、日韓外相による合意発表直後に歓迎の意を表したことを見てもそれ以外考えられません。
 で、GSOMIA締結が翌年11月。
 アメリカの意向としてはインド太平洋ダイヤモンド安保構想が大枠の中国封じ込め戦略であるとすれば、日米韓の三角防衛ラインは最前線の封じ込めライン。
 両者の併存は矛盾することではないので、アメリカとして両方のラインを活かしたい。そのためにはアメリカ抜きで情報のやりとりができるようになるGSOMIAが必要。
 その前段階として「この問題が解決されるまでは日韓首脳会談を開かない」とまでパク・クネが言っていたほどの確執を取り除く必要があったわけです。
 慰安婦合意というのは、アメリカにとっては紛れもない安保問題だったのですね。

 ムン・ジェイン政権はそれを覆そうとしていたわけですよ。
 そして、アメリカにぼっこぼこにされてGSOMIA破棄を撤回せざるをえなかった。
 それをまたぞろ蒸し返そうとしている。
 あれだけ厳しく言ったのに、どれだけリソースを割かせるつもりなんだってことにもなるでしょうよ。
 最終的にはアメリカは韓国を切ることになるとは思われますが、とりあえずはまだ使いようのある資源であると考えている……ということでしょう。
 使える部分があるうちは使う。その意向に逆らうことは許さない、というのがアメリカの基本方針。
 それを証明する話がもうひとつあるのですが、それは明日にでも。

韓国与党議員「市中感染が拡がる日本をコロナウイルス汚染地域に指定すべきだ」→その翌日、韓国で一気に市中感染拡大……

韓国与党議員「日本もコロナ汚染地域に指定すべき」(朝鮮日報)
新型肺炎 韓国で新たに5人の感染確認=計51人に(聯合ニュース)
 共に民主党の鄭春淑(チョン・チュンスク)議員は同日、国会保健福祉委員会全体会議に出席した朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官に「日本でコロナ19の市中感染者が増加している」とした上で「(日本も)中国などと同じく汚染地域に指定すべきではないか」と指摘した。これに対して朴長官は「日本の防疫対応能力を見ると、十分にうまくやっていると推測しているが、市中感染の事例がさらに増加すれば、別途の措置を取る」と答弁した。
(引用ここまで)

韓国の中央防疫対策本部は19日午前、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、新たに5人の感染が確認されたと発表した。韓国での感染者数は計51人となった。午前に確認された15人を含め、この日だけで20人の感染者が出た。
(引用ここまで)


 先週、何日かにわたって韓国は感染者総数が28人で落ち着いていたのですね。
 韓国政府も「まだまだ様子は見なければいけないが」くらいのことは言ってはいましたが、どことなく安心したようなコメントが拡がっていました。
 ですが、一昨日、昨日にそれぞれ2名、1名と明かな市中感染が3名ほど見つかって「ああ、これは封じこめ失敗したな」と。
 で、今日になってその感染者と接触のあった人から一挙に感染者が20人。
 アウトブレイクはほぼ決定。

 でも、その昨日に韓国与党議員が「市中感染者が増加しているので汚染地域に指定すべきではないか」と発言していたそうですわ。
 おまえじゃい。
 ……正直なところ東アジアを含めてそれなりに中国人が行き来する場所で、感染を一定以下の規模に抑えることは難しい事態だったでしょうね。
 WHOから18日時点で出されたレポート(英語)を見ると、中国以外ではシンガポールが77人。日本が65人。韓国が31人。タイが35人。
 人口比で行ったら、韓国は今日の判明分で日本を優に越えています。

 シンガポールはもう都市国家という構造上、もうこれはどうにもならないなぁ……。
 日本も都市部の人口密度の高さからあるていど感染が拡大するでしょう。ただまあ、既往症がなければそれほど恐れることもないとは思いますが。
 とにかく帰ったら30秒かけて手洗い。手首、爪の中まで石鹸で。んで、水でのうがい。
 一般的なマスクは感染者の飛沫を直接浴びるなんてシチュエーション以外では、ほぼ意味ないのであってもなくても。まあ、咳エチケットとしてはやっておくとよいくらいで。

 今週からマスクが増産されるってことで、花粉症対策がなんとかなればいいのだが。
 とりあえず今のところはイハダもあって対応できてます。

資生堂薬品 イハダアレルスクリーンEX スプレータイプ 花粉・ウイルス・PM2.5をブロック 50g
イハダ
2018/11/26

ムン・ジェイン「景気はどうですか?」→惣菜屋「ろくでもないねぇ」→ムン・ジェイン支持層「不敬だ! 個人情報を晒し上げろ!」

「大統領の前で言うことか」 親文派、総菜店主の個人情報まで暴露(朝鮮日報)
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政運営に反対していると判断されれば「無差別攻撃」を浴びせる過激な文大統領支持者(親文派)らが、行き過ぎた振る舞いを見せている。俗に「テケムン(頭が割れても文在寅)」「ムンパ」と呼ばれるこの支持者らは最近、新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)騒動の直撃弾を受けて商売が一層困難になっている伝統市場の総菜店のオーナーを相手に「テロ」に近い攻撃を加えた。庶民の言葉使いで文大統領に向かって「(景気が)ろくでもない」と言ったことが、文大統領に対する「不敬」に当たるという理由からだ。

 今月9日、忠清南道牙山の伝統市場に立ち寄った文大統領は、市場の商人たちに会った。このとき文大統領は、ある総菜店を訪れ、商人にあいさつしたあと「(景気は)どうですか」と尋ねた。商人のAさんは「ろくでもないですよ。全く商売にならない」「どうなってるんですか。だんだん…。景気があまりにも悪い」と答えた。ある地上波放送はこの映像を会社のユーチューブアカウントで公開し、親文派の支持者らはこの動画のリンクアドレスや動画のスクリーンショットなどをSNS(会員制交流サイト)やインターネットのコミュニティーサイトで拡散した。親文派の支持者らが商人Aさんを、自分たちの「攻撃目標」に設定したわけだ。

 Aさんに対する人格攻撃性のコメントも寄せられ始めた。「愚かなおばさん、根性が曲がってて失うものが大きいように思える」「お客さんがいないあなたが気の毒だから足を止めたのに。この店には私も行かない」などと書かれていた。事実上の「不買運動」をけしかける内容といえる。Aさんの個人情報も暴露された。Aさんが営む惣菜店の商号名や住所、携帯電話の番号もコメントを通じて一気に公開された。「この店には一生行かない」というコメントと共に投稿された動画のスクリーンショットには631人から「いいね」がついた。 (中略)

Aさんは「武漢肺炎のせいもあるだろうが、大統領がいらっしゃった後の1週間はお客さんがさらに減ったようだ」として「数日前からは材料費も賄えないほどさっぱり売れない」と話した。知人に悪質なコメントを見せられて状況を知ったというAさんは「商売にならなくて苦しいと正直に言ったことが、そんなに誤ったことなのか」として「人に会うのが怖い」と話した。

 親文派の支持者たちの行き過ぎた振る舞いは、分野を問わず見られる。最近では、コメディアンのイ・ヨンジンさんが昨年2月の放送で文大統領を「文在寅氏」と呼んだときの画面の写真が拡散され、イさんが攻撃対象となった。あるゲストを「MC界の大統領」と紹介した際に、イさんが「文在寅氏のことをおっしゃっているんですか?」と言う場面だ。親文派の支持者らは「大統領のことを、どうしたら文在寅氏などと呼べるのか」と非難を浴びせ「表現の自由の侵害」をめぐって論議を呼んだ。
(引用ここまで)


 テケムンは「頭壊文=頭が壊れてもムン・ジェインを支持する」という意味の短縮形で、大統領選挙中からよく使われていました。
 現在ではネットスラングとして「頭が壊れているからムン・ジェインを支持する連中」の意味でも使われています。特にイルベあたりで。
 ムンパはそのまま「文派」。
 どちらも争うようにしてソウルの地下鉄やニューヨークのタイムズスクエアにムン・ジェインの誕生日を祝う広告を出したりしています。
 そのカウンター広告として、アメリカ在住のイルベ民がひとりで「MCムヒョン&ノアラ」の広告をタイムズスクエアに出したなんてこともしてました。

 そういった熱烈なムン・ジェイン支持派が過激な行動を取りつつある、というニュース。
 最近、ムン・ジェイン政権に対して支持率よりも不支持率が上回るのが当然のようになりつつあります。
 主たる要因はなんといっても経済政策。
 韓国経済自体が下り坂に入ってきたところに加えて、所得主導成長政策なんていう机上の空論を延々とやっている。彼らの認識では税金を投入すれば経済が上向くはずなのにそうはならない。
 政府への支持率は基本、経済政策への賛否。
 どれだけ暮らしが楽になっているか、ということですからね。

 でも、熱狂的支持者であるムンパ、頭壊文の連中にとってはそもそも「ムン・ジェインを支持していないこと」が間違っているわけで。
 大いなる誤りは正されなければならないし、糾弾しなければならないわけです。
 この記事で晒し上げられている惣菜屋のAさんがムン・ジェイン大統領の「景気はどうですか」という質問に「とんでもない」なんて答えたことは「不敬」に当たると認定されてしまった、と。

 支持率が低下していることで「ウリとナム」のウリにあたる部分が強化され、ナムに対しての当たりが強くなっている。
 かつ、どれだけ当たりが強くなるかでウリの結束を強めようとしている。
 さらに左派にありがちな「純化」が作用してこんなんなっている……といったところですかね。
 まあ、最初からムン・ジェイン支持層だったらこれくらいのことやりそうだとは思いますが。