相互RSS募集中です

2020年02月

韓国内で新型コロナウイルスのメガクラスターとなった新天地教会に弾圧開始……「キミ、信者だったよね? 辞めてもらえる?」

「新天地信徒ですか?退社お願いします」(京郷新聞・朝鮮語)
大邱の社会福祉施設で働いていたAさん(39)は最近、使用者側から辞職を勧められて辞表を出した。新天地信徒である彼は、31番目の確定者と同じ礼拝に出席していなかったが、31回目の確定者の報道が出てきた翌日の19日、会社側に「新天地信徒と接触した」と自ら知らせた後、すぐに自発的な自己隔離に入った。新天地集団感染事態がますます深刻になると、自分が新天地信徒という事実も率直に明らかにした。しかし、数日後に使用者側はAさんに「あなたが新天地信徒と会社にコロナ19感染に対する不安感を造成するなどの被害を与えた点が否めない」と退社を勧めた。「強制退社ではなく、勧告辞職に(仕上げ)しよう」とした。

Aさんは最終的に退社処理された。Aさんは「7~8年の間に通った会社への愛着が大きく、可能な限り被害を与えたくなかったし、また出勤しても私を仲間として認めてくれないと思うだけで勧告辞職を受け入れた」とした。しかし、片働きであるA氏は、今後17ヶ月の娘を育てどのように生計を続ければいいのか不安でしかない。Aさんは「私は退職金も受けたが、退職金も受けられず、当日の朝に切られた方も多いと聞いた」とし「不合理も(新天地の)非難世論があまりにも大きく、どこに行くの話も難しい」と述べた。

新天地信徒という理由で、一日で仕事まで失う場合が発生している。新天地信徒との接触の事実を隠したり、感染が疑われるような出勤をしたというわけではない。誠実に隔離手順に従ったにも関わらず、単に新天地信徒という理由で事実上強制解雇されているものである。新天地教会がこれまで信徒名簿の提出を先延ばしし、受講生は名簿内に記載されていないなど、政府の防疫活動を妨害したのは事実だが、企業が信徒一人一人の事情を考慮せずに正当な手続きなしに解雇することは違法である。 (中略)

特定の宗教の信徒という理由で解雇することは違憲・違法である。憲法11条1項は「誰であっても性別・宗教又は社会的身分により、政治的・経済的・社会的・文化的生活のすべての領域において差別されない」と規定している。勤労基準法23条1項によると、雇用側は労働者を正当な理由なく解雇することはできない。緊迫した経営上の理由などが立証されなければ、このような解雇は無効で見ることができる。
(引用ここまで)


 ここ最近の新天地教会信者の扱いがすごいことになっていまして。
 まさにパブリックエネミーと化しています。
 以前、「新天地教会から『身分を隠して、他の教会に赴いてウイルスに感染させよ』という命令が発せられた」という真偽不明のネタが出されていましたが。
 それが普通に報道されてしまうくらいにはパブリックエネミー度合い。

 大統領府の国民請願掲示板では新天地教会を潰せ!という書きこみに1日で20万人の署名が集まるほど。
 もともと、強引な信者獲得手段で嫌われていたことに加えて、韓国人の意識の中に「新天地教会さえなかったらここまで新型コロナウイルスは韓国に広まらなかった」っていう思いがあるっぽいのですよね。
 でも、新天地教会だけじゃなくさまざまな教会(例1例2)で感染が拡がっているのを見ても、韓国社会の中で集団感染が起きるのは必然だったと思いますわ。

 新天地教会がメガクラスターとなった、というのは不運もからんでいるとは思いますけども。
 遅いか早いかだけの問題だっただろうになぁ。
 新天地教会弾圧はこれからの韓国でけっこうな問題になると思われるので、継続監視予定。

アメリカの有識者から「日本は信頼できるパートナーだが、韓国は信頼できない」との声……まあ、韓国が勝手に沈んでいったのが実際ですかね?

米専門家集団「信頼するアジア国家」…日本48%で1位、韓国は9%(中央日報)
米国の一般市民(1015人)と専門家集団(200人)を対象に実施された調査で「アジア地域で米国の最も重要なパートナー」を問う質問への回答が日本、中国、韓国、オーストラリアの順だったと、日本外務省が最近明らかにした。

「アジアで最も信頼できる国」を問う質問に対する回答は日本、オーストラリア、韓国、中国の順だった。

米国の世論調査機関ハリスが日本外務省の依頼を受けて昨年11月に実施した調査の結果で、先週、日本外務省が出入り記者団に関連資料を公開した。 (中略)

政官界、学界、言論界、宗教界、労働関係分野で「指導者的な地位」にいる200人を対象に実施された電話調査の結果も同様の傾向が見られた。

「アジアで最も重要なパートナー」に対する回答は、日本(42%)、中国(18%)、韓国(17%)、オーストラリア(13%)、インド(5%)、ロシア(1%)の順で、「最も信頼するパートナー」は日本(48%)、オーストラリア(32%)、韓国(9%)、中国(4%)の順だった。

全体的に韓国の位置や数値は停滞または後退している。

米国の一般市民の調査で韓国に対する信頼度(9%)は中国の信頼度(8%)とほぼ同水準だった。韓国の数値は昨年と同じで、中国では6%から2%ポイント上昇した。

専門家集団の調査では韓国に対する信頼度(9%)が中国(4%)より高かったが、2018年(20%)、2017年(14%)と比べると大幅に低下した。

日本外務省の依頼で実施された調査でもあるが、全体的に日本関連の数値が上昇したのも特徴だ。
(引用ここまで・太字引用者)


 大元の調査内容は外務省のこちらにあります。

令和元年度海外対日世論調査(外務省)

 アメリカ以外にもASEAN、モンゴル、オーストラリア、インド、アフリカ3カ国で調査が行われています。
 まあ、いつものようにというか。
 基本的には日本の評判というものはいいものとなっているようです。
 一般人がどう思っているかということも大事でしょうが、より外交的に大事なのは有識者の認識。
 そこで重要、かつ信頼するパートナーとして扱ってもらえてる。
 これはなかなか大きい得点。

 で、日本と同じくアメリカの同盟国である韓国としては、自国の立場は気になるところでしょう。
 特に太字部分。
 2017年の14%、2018年の20%から一気に9%にまで低下。
 日米韓の三角同盟にこだわりを見せていて「日本は一歩引くべきだ」と言うことの多いCSISのマイケル・グリーン氏ですら最近では「ワシントンでは最近の日韓関係の悪化は韓国に問題があると見ている」「アジア近隣諸国はオーストラリアからシンガポールまで日韓間の問題は韓国側に問題があると考えている」と言い出す始末ですからね。

 韓国への不信感、特に対北朝鮮での徹底的な外交の失敗が韓国の責任ではないのかという考えが大きな原因となっていそうです。
 もちろん、対日関係を一方的に悪化させているというのも原因のひとつでしょうね。
 日本が対米関係を重視していることは間違いないのですが、ほとんど韓国が勝手に沈んでいっている……というのも間違いないところ。
 なにもしないでいたら勝手に韓国が自爆していったというのは実感ですね。
 特にGSOMIA破棄宣言をすることでアメリカ側有識者から「安保関連には手を出すなとあれほど言ったのに……」と匙を投げられた感じでした。
 いまにしてみれば2月のハノイからGSOMIA破棄、年末の日韓首脳会談までと不思議な1年だったなぁ(笑)。

韓国メディア「日本は209カ国・地域から入国制限されている。韓国を上回った!!!!!」……韓国クンさぁ……そういうとこだよ?

日本からの入国制限・行動制限 韓国を超え209カ国・地域に(聯合ニュース)
 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として日本からの入国を制限する国・地域の数が20日午前7時時点で209カ国・地域になり、韓国を上回った。韓国政府消息筋が伝えた。

 入国を制限するのは131カ国・地域で、入国後に隔離など行動制限措置をとるのは78カ国・地域となった。

 一方、20日現在、韓国からの入国を禁止するのは123カ国・地域で、隔離するのは18カ国・地域、検疫の強化などを実施するのは33カ国・地域で、合計174カ国・地域。 

 日本からの入国を制限する国や地域が増えているのは、感染者数は少ないものの、ウイルス検査の数が少ないことなどが影響したとみられる。
(引用ここまで)

 えーっと。
 この聯合ニュースの記事をもって「世界は日本よりも韓国の防疫体制を評価している」とか言っている連中がいるのですが。
 まず、国連加盟国で193カ国。国家の数として詳細な数を知らないにしても国連加盟国≒一般的な国家が200はない、というのは常識といっていいレベル。
 日本政府が「国家」として承認しているのは国連加盟国から北朝鮮を除き、かつバチカン市国、コソボ共和国、クック諸島、ニウエを含めた196カ国。
 そこから日本を除くと195カ国。
 台湾をはじめとしたさまざまな「その他の地域」を加えても、とても209には届かないというのは一般的な知識としていいレベルでしょう。

 なんでこんな数字になったかというと、外務省に掲示されている「日本からの入国制限措置、および入国後の行動制限措置」を見て、単純に「入国制限措置」と「入国後の行動制限措置」を行っている国の数を足したから。

日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限(外務省)

 今日時点ではさらに増えて入国制限措置を執っている国・地域は158。
 入国後の行動制限措置を執っている国・地域は77。
 235もの国・地域に増えましたね(笑)。
 ぱっと見でアイスランドからして両方に掲示されていることで、単純に足すことについてなにかがおかしいと思うのが普通なのですが。
 一般的な知識がなく、かつソースを確認しようとしない人間も多い、ということでしょう。

 もちろん、一義的にはこの記事を書いた聯合ニュースの記者のレベルを嗤うべきでしょう。
 この記事のソースは「韓国政府消息筋」になっているので、韓国政府のレベルも嘲笑するに値します。
 それでも、この記事になんの疑問も持たずに「ほら、日本のほうが入国制限が多い!」って言っちゃう人間も嗤われて然るべき。

「韓国発」よりも「日本発」の入国規制国が多くなったのはなぜ?(Yahoo!ニュース個人)

 辺真一氏はコロナウイルス関連について本当に意味のない記事しか書いていない……というか、北朝鮮危機なんかでも的外れな話ばっかり書いてたなぁ。
 こんなレベルで月額550円の有料ニュース書いてるんだ。

 出てきた数字や言葉に違和感を感じられるかどうか。
 そのベースにはアンテナがちゃんとした方向に立っているかどうか、知識があるかどうかというものがあるのだなぁ……というお話。


バカの壁
養老孟司
新潮社
2003/4/10

ムン・ジェインを「北朝鮮のスポークスマン」と報じた記者、個人情報を暴露され、度重なる弾圧・脅迫で休職へ……

【コラム】ブルームバーグ女性記者の人権(朝鮮日報)
 米国務省の2019年版の人権報告書が11日、発表された。米国務省が海外公館など各種情報網を通じて、2019年の1年間に各国の主な人権侵害事例を独自調査・分析した結果が掲載されている。各国の人権レベルを伝える、世界で最も権威のある「参考書」だ。各国政府や国際機関、メディアはこれを後々まで閲覧・引用する。

 同報告書は「大韓民国編」の言論の自由部門で、「執権与党である共に民主党の報道官は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領のことを『北朝鮮の首席報道官』と表現する記事を書いたという理由で、ブルームバーグの(韓国系女性)記者を非難した」と記録している。さらに、「(共に民主党の)報道官はまた、同様の表現を使ったニューヨーク・タイムズの記者にも言及した」としている。同報告書はこの事例を「政治的殺害・拷問」と同じ最悪の人権弾圧部門に次ぐ順位に挙げた。それだけ報道機関の自由が政治権力によって侵害されている韓国の現実を深刻に受け止めているという意味だ。

 このブルームバーグなどの外信記事は2018年9月に掲載されたものだった。その時は何も取りざたされなかったが、昨年3月に羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)自由韓国党院内代表=当時=が国会演説でこの記事を引用したところ、共に民主党の洪翼杓(ホン・イクピョ)首席報道官と李海植(イ・ヘシク)報道官=同=が党の論評で、ブルームバーグとニューヨーク・タイムズの記者を公に批判した。「国家元首を侮辱」「売国」といった露骨な表現もはばからなかった。2人の言及はそれにとどまらなかった。さまざまな番組に出演して、記者たちの実名を挙げて「黒い髪の外信記者」という人種差別的な発言をして、さまざまな方法で侮辱した。記者たちの成長背景、中学・高校での学力などを公表した上で人身攻撃した。ほかの韓国メディアの記者や外信記者たちにとって、こうしたことは「お前らも我々に触れようものなら、このようにさらし者になるから、大概にして黙っていろ」という公の場での脅迫として受け止めざるを得なかった。

 重い気持ちで報告書を読んでから、そのブルームバーグの記者に電話をかけたが、出なかった。調べてみると、この記者は1年近く「休職状態」だった。巨大政党の組織的攻撃、大統領の熱狂的な支持者たちによる個人情報暴露、脅迫電話・メッセージに悩まされ、正常な勤務ができなくなったためだ。この記者は女性として、とても聞くに堪えない言葉でののしられたという。昨年秋、それでも何とか困難を乗り越えて再び仕事をしようと、一時復職した。だが、依然として彼らのひどい発言が耳に届いたようだ。憤りやもどかしさが解消されることはなかった。結局、この記者は心労が重なって倒れ、再び休職を余儀なくされたという。この記者は今も加害者である洪翼杓氏と李海植氏から何の謝罪も受けていないそうだ。
(引用ここまで)


 「ムン・ジェイン政権は彼らの中で無謬の存在と化している」というのは楽韓Webで何度か書いている話ですが。
 実際には無謬の存在などではないのは言うまでもありませんが。

 そもそもブルームバーグによる「ムン・ジェインはキム・ジョンウン(北朝鮮)のスポークスマンと化した」という批判は韓国が非核化の妨げになっていることから起きたものでした。
 当時からムン・ジェインはキム・ジョンウンのことを「誠実な人物」「率直で礼儀正しい人物」と評するなど、国際社会に対して「北朝鮮は信じるに値する国だ」「非核化への意思は確固たるものだ」と確約してきました。
 そういった政治家としての態度が批判されてきたわけです。
 もっとも開戦に近いとされていた状況、期間からは2年半~3年ほどが経過していますが、非核化はミリほども進んでいない。
 ムン・ジェインは北朝鮮の延命に手を貸し、国際社会の期待を裏切ってきっと言うのが実際のところ。
 ブルームバーグの記者がいうところの「北朝鮮のスポークスマンであるムン・ジェイン」への批判は正しかった、というのは公平な物の見方といっていいでしょう。

 ところが与党からは言論弾圧と呼んでいいレベルの弾圧が行われました。
 外信記者クラブから「あまりにひどすぎる」って声明が発表されるレベル。
 これ、そもそも与野党の政争だったのですよ。
 「ムン・ジェインはいまや北朝鮮の首席報道官と化していると報じられている」って野党の自由韓国党の院内代表が国会で発言したことがきっかけ。
 与党側は「そもそものこの報道が間違っている」として、記者への弾圧を強めたのですね。
 記者が韓国人だったということもあって、与党側は学歴等の個人情報を抜き出して「この記者はつまらない人物だ」とやりだしたのですよ。
 最終的には前述の外信記者からの声明もあって発言の撤回、謝罪に追いこまれましたが

 ひとつの例だけではなんなので、もうひとつ例を挙げておきましょうか。
 去年の新年会見(NHKのソウル支局長がマイクを奪い取って質問したアレ)で「現実の経済は凍り付いているにも関わらず、経済政策を変えようとはしない。その理由について知りたい。その自信はどこからくるのか。根拠がなんなのかお伺いしたい」と訊ねた記者がいました。
 京畿放送というラジオの記者だったそうですが。
 ムン・ジェインの支持層からこの質問が「不敬だ」と批判を受けたのですよ。
 その結果、今年になって京畿放送に対して放送事業へ「条件付きの再許可」という厳しい判断が下されました。
 件の記者は「私の質問が影響した」といって辞表を出し、ラジオ局は事業廃業を決定するという対抗手段に出ました。

昨年文新年会見で質問した京畿放送記者「私の質問で、会社の再許可権にまで影響」辞表(朝鮮日報・朝鮮語)

 自主廃業を宣言することで抗戦しているという状況ですが、このままだと「ムン・ジェイン政権に厳しい質問をしたのでラジオ局が自主廃業に追いこまれた」という実例になりそうですね。
 ちなみにこの質問をした記者は未来韓国党(保守系政党が総選挙に向けて再度統合された政党)の立候補者面接を受けていたそうです。

華氏451度は紙の燃える温度。半額セール中。
華氏451度〔新訳版〕
レイ ブラッドベリ
早川書房
2014/6/25

楽韓さん、本日の動向 - 忍び寄る不況の影……

【PR】声優・俳優による朗読も。「聴く本」のAudible、いまなら2ヶ月無料
【PR】雑誌、コミックス、写真集等が読み放題のKindle Unlimitedが3ヶ月199円キャンペーン開始! 講談社も再参入してます

 いろいろ周囲でも不況の影が忍び寄っている感触。
 予算削減、人員削減が言われはじめてる。
 広告は今月は期末で予算投入が決まっていたであろうものでまだなんとかなっているけど、来月とかはもう想像すらしたくないなぁ……。

 Kindle春の大セールで芳文社にいろいろと対象タイトルが。
 まず、ゆるキャン△の1~3巻が半額。
 まどろみバーメイドも3巻まで半額。

まどろみバーメイド 1巻 (芳文社コミックス) 早川パオ
芳文社

 個人的に推してた(過去形)放課後すとりっぷは全巻半額。

 きらら系の割に肌色度高め。2巻でわりといい終わりかたをした感じ。
放課後すとりっぷ
若鶏にこみ
芳文社
2018/12/26

 あとこれも推してた(悲しいなぁ)がんくつ荘の不夜城さんも3巻全部半額。

3巻の壁は高い……。
がんくつ荘の不夜城さん 3巻 (まんがタイムKRコミックス)
鴻巣覚
芳文社
2019/7/25

 あと白泉社のコミックスが一部安い……スキーターらびっと!! 教えて!!コス姉さんとか。メジャー系の作品(失礼)は安くなってないので基準が分からない。

今日の動向は巨乳度が高い……。
教えて!!コス姉さん 1 (ヤングアニマルコミックス) コバシコ
白泉社
2019/7/29

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
残業学~明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?~ (光文社新書)
中原 淳 / パーソル総合研究所
光文社
2018/12/20