相互RSS募集中です

2020年04月

韓国の「ゲイクラブ」から129人の集団感染発生 → すでに二次感染者、三次感染も発生で韓国当局は「身分を明らかにしないから検査にきて!」と叫ぶ……

カテゴリ:伝染病 コメント:(113)
「梨泰院クラブ発生感染」に1歳の子供もかかって……全国あちこち2次感染拡散(東亞日報)
ソウル龍山区梨泰院のクラブで始まった新型コロナウイルス感染症(コロナ19)集団感染が家族や職場の同僚の二次感染はもちろん、学校や飲食店など地域社会にも広がって防疫当局に赤信号が灯った。慶南と忠南、江原などでも関連感染者が出て梨泰院クラブ関連集団感染は全国17箇所の広域自治体のうち10ヶ所まで広がった。特に10代の感染が大勢発生し、すぐに始業を控えた教育当局も緊張している。

ソウル市と各自治体などによると、13日午後8時の基準梨泰院クラブ関連の感染者129人となった。前日より21人増えた。梨泰院クラブの訪問者が80人であり、クラブを訪問した知人や家族と接触して感染した二次感染が49人である。

釜山ではゴールデンウィークに梨泰院クラブを訪問した CJ第一製糖釜山工場の事務職の従業員(27)が12日、陽性判定を受けた。さらに13日に確定者の父(62)と甥(1)まで感染したと明らかになった。慶南巨済に居住する男性の友人(28)もこの日確定判定を受けた。慶南は梨泰院クラブ関連感染者が初めて出てきた。

江原と忠南でも梨泰院クラブ関連感染事例が相次いだ。江原原州で5日梨泰院クラブに行ってきた18歳の青少年が確定判定を受けた。彼は防疫当局に「友人と一緒に梨泰院に行った。コンビニだけ立ち寄っただけでクラブには入らなかった」と供述したという。
(引用ここまで)


 梨泰院周辺から生じた集団感染はすでに129人。
 直接の感染が80人。それら感染者から49人の二次感染者。他の記事によるとすでに三次感染者ももう出ている模様。
 梨泰院を訪れた塾講師による家庭教師→双子の兄妹の学生→国語講師との話。
 大邱ほどではないですが、メガクラスターが形成されていますね。

 思っていた以上に感染が拡大していることから、韓国政府は「身元を明らかにしない」「動線を明かさない」と検査に来るように躍起になってます。
 一応、梨泰院の「ゲイクラブ」を訪れたセクシャルマイノリティに配慮している、とのこと。
「身分の露出はないようにする」……チョン首相、梨泰院クラブ訪問者にコロナ検査要請(朝鮮ビズ・朝鮮語)

 IDは明かさない、二次感染の恐れがある動線のみの公開にする……とは言っているのですが。
 まあ、信用できるわけないですわな。
 「ちょっとしたミス」で致命的な話にだってなり得るのですから。

 そんな話を信用できるのであれば、ソウル市が「詳細を明らかにしないから検査に来てほしい」ってアナウンスした時点で来ているでしょう。
 むしろソウル市長のパク・ウォンスンのように「検査に来なかったら罰金200万ウォン」って強圧的にやったほうが分かりやすい。
 でもまぁ……あの国でセクシャルマイノリティを隠していた人々がそんなもので検査に行くかどうかというのは多分に疑問。
 マイノリティに対してホントに厳しい国ですから。
 ナチュラルに障害者をバカにする態度が地上波で放映できてしまう国ですよ?
 無理ですわ……。

ビジュアル パンデミック・マップ 伝染病の起源・拡大・根絶の歴史
サンドラ・ヘンペル
日経ナショナルジオグラフィック社
2020-02-14


韓国の元慰安婦支援団体、「我々への攻撃は親日行為だ」で強行突破を狙う……無理筋がすぎるなぁ

「領収書に攻撃は不当」vs「会計の透明性の問題がなぜ親日」(ソウル新聞・朝鮮語)
キム・ドゥグァン共に民主党議員とハ・テギョン未来統合党議員が13日、正義記憶連帯(正義連)の会計不正疑惑について舌戦を繰り広げながら与野党間の攻防で拡散した。キム・ドゥグァン共に民主党議員が「不正会計疑惑だけで正義連を攻撃することは親日」と保守陣営を狙った発言をすると、ハ・テギョン未来統合党議員が「いつから会計の透明性の問題が親日となったのだ」と反論した。これにより、21代国会開院まで与野党の舌戦が拡大され、正義連の会計透明性の問題を残して、与野党が戦線を形成するものと予想される。キム・ドゥグァン民主党議員は同日、ラジオ番組で「水曜集会が世界的な問題になったが、本質を無視していくつかの領収書が正しく処理された部分を持って攻撃することは、個人的な考えではあまりにも不当だ」とユン・ミヒャン氏を擁護した。彼は前日にもFacebookを介して「ユン氏に向けた保守陣営の攻撃が続いている」とし「今日沈黙すれば保守は手に負えないようになり、その剣舞はすぐ間もなく私たちの首筋を狙ってくるだろう」と、保守陣営を狙った。

ハ・テギョン未来統合党議員がすぐに反撃に出た。ハ議員はこの日、フェイスブックに「ユン・ミヒャン当選者が理事長職にあった正義記憶連帯の会計透明性は、行安部と国税庁も問題があると追加資料の提出を要求した」とし「いつから会計の透明性の問題が親日となったのか」と反問した。続いて「キム・ドゥグァン議員の主張通りなら、会計再公示を命じたIRSと寄付金募金履歴提出しろ行政すら親日勢力になるだろう」とし「それが公共の非政府組織(NGO)監督する行政安全部長官出身ができる所業なのか」と厳しい忠告を与えた。行政安全部は、NGOの支援金も執行しながらNGOの会計監督をすることができる政府組織で、行安部の会計の透明性の指摘は受け入れなければならないという主張だ。

未来統合党と未来韓国党も正義連寄付の使途公開を促した。チョ・スジン未来韓国党のスポークスマンは、「市民団体の公金不良管理疑惑を明らかにすることは保守と進歩に分かれるような理念の問題なのか」と声を高めた。ファン・ギュファン統合党のスポークスマンも「自分たちを批判すると『親日である』という論理で国民を味方につけようとする」とし「歪曲されたフレームで本質を回避しようとする典型的な泥船」と指摘した。
(引用ここまで)

 ユン・ミヒャンを国会議員にまでしてしまった与党側は懸命に「領収書や留学費用について攻撃するのは親日」というフレームで戦おうとしています。
 与党側だけではなく、ユン・ミヒャン本人、さらには正義連(旧挺対協)からも同じような声明が出てますね。

慰安婦被害者の李容洙さんも親日勢力ですか?(朝鮮日報)
「共に市民党」の尹美香(ユン・ミヒャン)当選人(写真)は12日、日本軍慰安婦関連団体の「正義記憶連帯」(正義連)の公金不正管理疑惑などについて「保守メディアと未来統合党が作った謀略劇」だとして「6カ月にわたって家族や知人らの息遣いに至るまでごっそり暴き立てられたチョ・グク元法務長官のことを思い出す」と語った。尹当選人は12日、フェイスブックに「親日勢力の不当な攻撃が強まるほど、私の平和人権に向けた決意も泰山のように高くなるだろう」と書き込んだ。
(引用ここまで)

 正義連(旧挺対協)の現理事長も「これは親日勢力のやりかただ」として疑惑追及を糾弾しています。

 ただまあ……どうあがいても筋が悪い。
 ユン・ミヒャンは「韓国における最高権威者である元慰安婦の代理人」というローブを脱ぎ、一介の国会議員として精査を受ける身となったわけですよ。
 これまで正義連(旧挺対協)はただのNGOではなく、疑うことすら許されない聖域でした。
 でもそれはあくまでも「最高権威者である元慰安婦が支持している」という前提があればこそ。

 ユン・ミヒャンはもはやただの国会議員(予定)であり、その最高権威者たる元慰安婦からも疑いのまなざしを向けられている。
 慰安婦合意前から合意内容を知らされていたのではないか、娘の留学費用や費用を転用したのではないか、あるいは故人の意向に添わない奨学金給付をしてきたのではないか、団体の経費をごま科してきたのではないか等々……これらの疑惑に答えなくてはならないのですよ。

 ただの世俗の国会議員となり果てたわけですからね。
 慰安婦ビジネスはもう先行きがないのでベトナム虐殺で謝罪してみたり、シリコンリストバンドを売ってみたりという延命をしてきたのですが。
 国会議員として「上がり」を迎え、威光を元慰安婦から自分に移そうという作業に失敗した……ということなのでしょうね。
 哀れですらありますわ。

誰もが嘘をついている~ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性~
セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ
光文社
2018-04-27


韓国政府「日本は今月末までに輸出規制撤回について立場を表明せよ」……日本は以前から立場表明はしているのでそれを確認してみましょう

輸出規制撤回へ「今月末までに立場表明を」 韓国が日本に促す(聯合ニュース)
韓国政府が12日、半導体・ディスプレー材料3品目の対韓輸出規制を強化した措置を速やかに撤回するよう日本政府に促した。産業通商資源部の李浩鉉(イ・ホヒョン)貿易政策官は会見で、日本が昨年7月以降、3品目の対韓輸出規制を強化し、輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」から韓国を除外したことについて「解決策に関する立場を今月末までに明らかにするよう、日本政府に求める」と述べた。

 日本側は対韓輸出規制の理由として、両国間の政策対話の中断、通常兵器に転用可能な物資の輸出を管理するキャッチオール規制が整備されていないこと、輸出管理体制・人員の脆弱(ぜいじゃく)性を挙げていた。

 韓国政府はこれまでに、日本側が提起したこれら問題を全て改善した。

 韓日は昨年12月、貿易管理当局による局長級の政策対話を約3年半ぶりに開催した。今年3月にもテレビ会議で実施した。

 キャッチオール規制は正常に機能しているものの、その法的根拠をより明確にするための対外貿易法改正を今年3月に行った。来月19日に施行する。

 輸出管理体制、人員に関しては、今月6日付で産業通商資源部の貿易安全保障に関する組織を従来の「課」単位から「局」単位の組織に拡大再編する形で補完した。

 その間に、日本が輸出規制を強化したフッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材、フォトレジスト)は健全な輸出取引の実績が十分に積み上げられ、特に問題も起きなかったと韓国政府は評価している。

 李氏は「日本側が提起した理由が全て解消され、韓国への輸出に問題がない状況を踏まえると、日本政府が懸案解決に乗り出すべき必要・十分条件は全て備わった」とし、「日本は輸出規制の強化措置を原状回復することにためらう理由はない」と指摘。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態であることから、今月末までに回答してほしいと日本側に求めた。
(引用ここまで)


 日本が韓国に課した輸出管理強化について、すべての問題を改善したから日本側も5月中に対応せよと防疫政策官が記者会見で述べた、との話。
 事務方同士による日韓会談ではなく、こうして記者会見で述べたということはかなり焦りがあると見て間違いないでしょうね。
 ホワイト国から外されたというのはメンツ、韓国でいうところの體統、体面の問題であるので譲れない部分なのです。

 それにしても、日本側からの要求に見事なほどに全部応えてますねー。
 日本側は韓国がGSOMIAの破棄を撤回した後に「人員の強化、政策対話の継続、通常兵器の輸出管理の不備」の3点セットを改善するのであればグループA(旧ホワイト国)の復帰もあり得る、という話はしていました。
 で、韓国側は「年内に体制を強化します」って言い出して、実際に強化された……と。
 いまそれができるのなら、去年7月に輸出管理が強化された時点で「間違っていました、体制を強化します」っつーてやってくれればまだ日本側も考慮したかもしれませんけどね。

 最大の問題はキャッチオール規制がまともに運用されているかどうか、なのですね。
 そのための体制として人数を増やしたというのは実際のようですが。
 本当にまともな運用ができているかどうか、時間を経ないと分からない部分でもあるのです。
 韓国は日本の要求に従って、ようやく体制を「運用できる」レベルにしたというだけ。

 日本側はグループAへの復帰は運用実績を重ねることが必要と語ってきました。
 経産省の官僚によると「(必要な実績は)数年はかかる」というものだそうで。
 韓国がグループAへの復帰に「日本に与えられた期限は期限は30日」「40日、すなわち年内まで」「復帰させないのであればGSOMIA破棄も考慮する」とか言い続けてきましたが、日本側は原則通りに動いているだけ。
 日本が今月中にグループAに復帰させなかったらどうなるんでしょうね?
 また「GSOMIA破棄だ!」って言い出すのかなー。
 ちょっと楽しみにしておきましょう。

反日韓国という幻想 誤解だらけの日韓関係
澤田 克己
毎日新聞出版
2020-03-13