相互RSS募集中です

2020年04月

IMF局長「韓国が財政拡大政策やろうとしているけど、ハードカレンシーじゃないんだから大概にしておかないと国家破産するよ?」と警告

カテゴリ:経済 コメント:(100)
「韓国、現金給付に依存するな」…IMFから警告(中央日報)
「経済が厳しくなるたびに現金給付を主張する政治家を国民が好めば、わが国の将来はそれほど明るくはないだろう」。

李昌ヨン(イ・チャンヨン)国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局長は中央日報のインタビューで、全国民を対象にした韓国政府の災難支援金支援に懸念を表した。李局長は韓国政府の新型コロナウイルス感染症政策対応に関し、防疫とマクロ対策処方はよかったが、先進国の対策についていくのは問題があると警告した。韓国は国際通貨を印刷する先進国ではないだけに、政策の優先順位を明確に決める必要があると述べた。 (中略)

--超低金利はなぜ問題なのか。

「低い利率のため各国の負債比率と企業・家計の負債が大きく増えた。今後これを減らす過程(deleverage)が容易でないだろう。増えた負債は結局、未来の世代の負担に帰結したり、貨幣の発行で防いだりするしかない」

--最近はインフレーションの心配が特にない。

「今後もそうなるとは断定できない。非伝統的な財政・通貨政策は現在、財政余力があり、ドル・ユーロ・日本円など国際通貨を発行できる先進国が主導している。韓国のように国際通貨を持たない国が先進国を真似て過度に通貨膨張や財政拡大で対応すれば、通貨安や金利上昇につながり、ウイルス危機が経済危機につながるおそれがある。現在、財政政策浮揚規模がGDP比10%に近い先進国に比べ、新興国・開発途上国の財政浮揚規模が2-3%にすぎぎないのも、こうした制約を反映した結果だ」

--先進国のように果敢にしようという世論もある。

「残念であり不公平に感じられるが、ドルやユーロなど国際通貨を簡単に発行できる先進国は『何でもする(Whatever it takes)』という形で果敢に浮揚政策を推進する余力がある。しかし開発途上国は副作用を考慮して最適な組み合わせと規模を見いださなければいけないという限界がある。開発途上国は浮揚規模だけでなく政策ターゲティングも重要だ」
(引用ここまで)


 IMFに所属する韓国人のアジア太平洋局長から「韓国は国際通貨を発行できる先進国ではないので、金融緩和+財政出動による景気浮揚政策には危険が伴うとの指摘。
 ムン・ジェイン政府がやろうとしている際限のない対策に警鐘を鳴らしています。
 引用外では「すべての世帯に40~100万ウォンを給付しているが、当初予定よりももっと少なくても(30%ていど)よかったと思う」と指摘。
 要するに給付金ってその金額がないと明日が分からないという人たちに向けてのものですからね。
 100%給付にしておきながら公務員は寄付しろ(強制ではないけど)だとか、カード会社は給付金請求画面に「全額寄付」のチェックボックスを置かなくてはならないとかじゃなくて、給付金にもっと意味合いを持たせるべきだった、という話ですね。

 で、先進国がやっているような財政拡大政策に韓国も追随すると、通貨安や金利上昇を招く。その先には経済危機が待ち受けている可能性が高いと。
 韓国の場合、1USD=1150ウォン前後が適正値であり、それ以上になると輸出が苦しくなり、それ以下になると原料や部材の輸入が厳しくなるとされています。
 なので、FTAを結んでおきながら為替に介入していた、というわけですね。けっきょく、やりすぎてそれがアメリカの逆鱗に触れることになったのですが。

 いわゆるMMT理論とかもあくまでも「自国通貨が国際通貨として発行できる先進国であれば、いくら借金しても大丈夫」というものですから。
 韓国には関係ない。
 どうもムン・ジェイン政権はそうは思っていないようで「福祉が足りなければ税金を投入すればいい」と考えているようですし、「コロナ禍で危機を迎えるのであれば政府が金を出せばいい」くらいに安易に考えているっぽい。

 韓国はもうすでに低成長時代に突入し、日本を上回る速度で少子高齢化社会を駆け抜けようといている。
 おまけにその時代に政権を担っているのが経済をまるで理解していないムン・ジェイン。
 韓国は実際に国家破産を一度は経験し、2008~9年にかけてもかなり危ないところだった。
 信用なんてさほどない、ということを理解しておくべきだと思うのですけどね……。

国家が破産する日 (字幕版)
ハン・ジミン
2020-04-08

韓国の慰安婦支援団体、叩かれたら叩かれただけほこりまみれ→「国庫補助金のうち8億ウォンを無記載」「無料だった葬儀を経費計上」「匿名の寄付者の身元は明かせない」……いや、これはひどい

【独自】正義記憶連帯、4年間13億ウォンの国庫補助金のうち8億ウォンが消えた(朝鮮日報)
親文在寅ジャーナリスト「氏名公表を望まない寄付者が多くて内訳明かせない」 尹美香氏「その通りだ」(朝鮮日報)
 先月の国会議員総選挙で与党「共に民主党」の比例政党「共に市民党」比例代表候補として出馬し当選した尹美香(ユン・ミヒャン)氏が理事長を務めていた慰安婦被害者支援市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)と「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)は、2016年から昨年まで国庫補助金13億ウォン(約1億1400万円)余りを受け取ったが、国税庁に登録した公示では補助金が5億3800万ウォン(約4700万円)とだけなっていることが14日、確認された。

 野党・未来統合党の郭尚道(クァク・サンド)議員が政府から提出を受けた資料によると、正義連と挺対協は女性家族部、教育部、ソウル市より2016年から昨年まで国庫補助金13億4308万ウォン(約1億1700万円)を受け取った。2016年に1600万ウォン(約140万円)、2017年に1億5000万ウォン(約1300万円)、2018年に4億3000万ウォン(約3760万円)、昨年7億4708万ウォン(約6500万円)を受け取り、今年は6億2200万ウォン(約5400万円)=来年公示対象=だった。

 ところが、正義連が2017年から2019年まで国税庁に公示した資料には、補助金収益が3年間0ウォンと記載されている。公示資料は直前の年の会計資料を翌年公示する。つまり、2016年から2018年まで補助金がなかったと記載したものだ。今年の公示には、国庫補助金を昨年5億3796万ウォン(約4700万円)受け取ったと記載した。これは、実際の受領額より2億ウォン(約1750万円)少ない額だ。尹氏が代表として登録されていた挺対協も2017年から今年まで補助金収益をすべて0ウォンと記載していた。

 正義連と挺対協は義務公示公益法人だ。公益法人会計基準によると、国庫補助金はすべて「補助金収益」として正確に記載しなければならない。高麗大学経営学部のイ・ハンサン教授は「国庫補助金を数年間受領していたのにもかかわらず、0ウォンと記載した正義連の公示はおかしい」と語った。正義連側は本紙の問い合わせに「国税庁公示は我々が入力する過程で一部ミスがあったようだ」と釈明した。
(引用ここまで)

 旧日本軍の慰安婦被害者を支援する市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(旧「韓国挺身隊問題対策協議会」、以下、正義記憶連帯)の前理事長で、先月の韓国国会議員総選挙で共に市民党から比例代表で出馬し、当選した尹美香(ユン・ミヒャン)氏=写真=は13日も自身と正義記憶連帯の疑惑を取りざたする人々や報道機関に対して攻撃を続けた。尹氏は同日、親文在寅(ムンジェイン)大統領派のジャーナリスト、金於俊(キム・オジュン)氏が司会を務めるラジオ番組に出演して、「(疑惑を取りざたする人々は)慰安婦被害者と活動家を分裂させようとし、日本軍性奴隷制問題を解決するため奔走してきたこの30年間の声を殺そうとし、私の声に制約をかけようとする意図(を持っている)」と語った。だが尹氏は、正義記憶連帯の会計処理に関連する疑惑については「事務的なミス」とだけ言った。

 寄付金の「具体的な使用内訳」を証憑(しょうひょう)資料と共に公表せよ、という要求に対しては、金氏が「(寄付者の中には氏名公表を)望まない方々が多いので、公表できない」と言うと、尹氏も「その通りだ」と言った。
(引用ここまで)


 もう、ちょっと時間をおいただけでもアホほど疑惑が漏れ出してくる正義連(旧挺対協)の本日の疑惑。
 まず最初に会計をごまかしていた、との話。
 NGOとして国庫からの補助を4年13億ウォン受けていたのだけども、そのうち記載されていたのは5億ウォンだけで8億ウォンは消え去っていたと。
 ……もう本当にメチャクチャ。

 んで、もうひとつ面白い話がありまして。
 ユン・ミヒャンは共に市民党(共に民主党の比例代表区用の衛星政党)から出馬する際に「財産は8億ウォンある」と記していたんだそうですよ。

【社説】慰安婦団体正義連「モラルハザード会計」疑惑、ごまかして覆うべきことではない(中央日報)
また正義連は被害女性の葬式を引き受けてきた相助会社(葬儀会社に相当)に1170万ウォンを支払ったと説明したが、同社は無料で行い費用を受け取っていないと明らかにした。月の活動費を300万ウォンしか受け取っていないという尹氏は比例代表候補の登録をする際に財産が8億ウォン以上あると申告した。
(引用ここまで)

 正義連(旧挺対協)からの活動費は300万ウォンしか受け取っていないのだけども、財産は8億ウォン以上。
 56歳で8億ウォン以上。
 夫も活動家でここ何年かの世帯収入は5000万ウォンなのに、財産は8億ウォン。ふむ。
 寄付金を個人口座に入れさせていたこともありましたね。

 そして、慰安婦の葬儀を担当してきた企業はこれまで会社の厚意によって無料で葬儀全般を執り行ってきたのに、正義連は支払いをしたと経費が計上されている。
 なにをどう記録してきたのかさっぱり分からないレベル。
 こんな会計あるわけないよねっていう。すべてを「記載ミス」「複数の出金をまとめただけ」とかいう言い訳でやりすごそうとしている。
 寄付金に関しても「匿名で寄付してきたい人もいるから出所は明かせない」とか言い出している。
 いや、出所じゃなくてどうやって会計処理がされているかっていう問題だろうと。

 「我々に対する攻撃は親日勢力のものだ」とか言いだしているのと同じことで、問題の矛先を逸らそうとしているだけ。
 これまでは「元慰安婦らの代理人」という地位から誰にも手出しができないアンタッチャブルだったものが、元慰安婦から批判され、かつ国会議員という世俗の立場になったことで白日の下にさらされている。

 ちょうど財閥が社会的に叩かれてそれまでの闇が明かされるときのように。
 韓進財閥(大韓航空グループ)の会長家族が一気に叩かれたときに相似してますね。
 その後、会長だったチョ・ヤンホは急逝したのでした。
 まあ、「韓国の上流」が叩かれたときにほこりが出ないわけがないのだよなぁ……。

 あとでなにについてどんな疑惑があるのかまとめておきます。
 とてもじゃないけど記憶には頼れないわ、これは。

誰もが嘘をついている~ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性~
セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ
光文社
2018-04-27

台湾のWHO参加問題に言葉を濁す韓国。中国の顔色を見ずに外交方針を立てることができない模様……

韓国、米中の間でまた板挟み?…今度は台湾WHOオブザーバー問題浮上(中央日報)
世界保健機関(WHO)の最高議決機構である世界保健会議(WHA)に台湾が「オブザーバー(Observer、参観国)」として参加するかどうかをめぐり、韓国が米国と中国の間でまた板挟み状態となった。

米国議会が今月18~19日のテレビ会議で開かれるWHAに台湾が「オブザーバー」として参加する問題を公論化したことで韓国が選択の岐路に立たされたのだ。

米国上・下院外交委員会は今月8日、台湾のWHO参加を支持してほしいという書簡を世界50カ国の政府に送った。書簡を送った国には韓国も含まれた。 (中略)

最近、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の中国責任論を連日提起しているトランプ政府と米議会は、中国のアキレス腱である「台湾イシュー」をまた持ち出した。新型コロナのパンデミック状況で、台湾が「防疫模範国」として注目されて、これを名分にWHOのオブザーバー資格付与を積極的に要請するようになった。

外交部は14日、「台湾のWHAオブザーバー参加を支持してほしい」という内容の書簡を送ったという米議会の発表に対して「確認することはできない」と明らかにした。

外交部当局者は「外交慣例上やりとりする書簡は両側が合意しなければ公開しない」としながら「その部分については何も申し上げない」と説明した。書簡の内容はもちろん、書簡を受け取ったかどうかも確認できないほど敏感な事案であるためだ。

台湾のWHAオブザーバー参加に対する韓国の立場を尋ねると、この当局者は「WHO規定上、オブザーバーは事務局長の招請があって初めて最終的に措置が取られる」という原則的立場だけを明らかにした。

米議会の書簡を受け取ったカナダ、ニュージーランド、オーストラリアなど米国の核心同盟国はすでに台湾のオブザーバー資格付与に賛成の立場を明らかにした状態だ。安倍晋三首相もすでに2月、台湾のWHOオブザーバー資格問題について「感染症対策を始めとする国際保健課題への対応に地理的空白を生じさせてはいけない」として支持立場を明らかにした。

反面、韓国は苦しい立場だ。2016年高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備以降、行き詰まった韓中関係の改善のために、政府は今年習近平国家主席の訪韓を強力に推進中だが、このような状況で中国のアキレス腱に触れることは許されないためだ。

これに関連し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は13日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と習主席が電話会談を行った事実を説明しながら「年内の訪韓に対する固い意志に変化はなかった」という習主席の発言まで公開した。だが、この状況で同盟国である米国の要求を受け入れれば、事実上、習主席の年内訪韓は水泡に帰するほかない。

外交部関係者は「オブザーバー参加問題は加盟国のコンセンサス(Consensus)が必要で、一国でも反対する場合、決定が難しい」と話した。中国が反対するだろうという意味だ。続いて「最近、すべての国際会議がテレビ会議に転換されて議決が必要な手続きを行うことも難しい状況」と付け加えた。台湾のWHOオブザーバー参加に対する判断を最大限先送りしようとするものとみられる。
(引用ここまで)


 懸案になっている台湾のWHOへのオブザーバー資格による参加の可否を巡って、韓国がまた岐路に立たされている……というかまたいいとこどりをしようとしている、というニュース。
 実際問題、台湾がWHOから疎外されていることは大きな問題でして。
 情報の伝達ができないこともあります。

 新型コロナウイルスについては台湾が独自に情報収集を行って「中国武漢で新たな伝染病が発生し、ヒトヒト感染が起きている」とWHOに情報をあげていたのに握りつぶされていたなんてこともありましたね。
 どのような国、地域であろうともオブザーバー資格で参加させることはWHOの精神に反しない……というか、中国の行動の傲慢さのひとつとしてピックアップされるべきことでしょう。
 EUよりも中国への傾倒が取りざたされているイタリアなんかはともかく、全世界が糾弾して然るべきことだと思うのですけどね。
 これも「抑圧と強権」VS.「人権」という図式になるポストコロナ時代の課題のひとつでしょうね。
 医療分野でも気に入らない国や地域を疎外しようとする中国。そして、それに従おうとする国々というフレーム。
 その中国に尻尾を振る国の筆頭が韓国なのです。

 すでにTHAAD問題で三不の誓いを中国に捧げている以上、逆らうことはできない。
 今回の台湾のWHO参加問題でも中国の顔色を伺うしかないのです。
 アメリカから参加問題についての書簡を受け取ったかどうかすらも話せない。
 もちろん、賛否についても話せない。

 多くの自由主義陣営の国々が「台湾にはオブザーバーとして参加する資格がある」として賛意を示しているのに、アメリカの同盟国であるはずの韓国が言葉を濁しているという状況。
 そりゃまあ、アメリカも韓国を利用できるだけしようという外交政策に転じますわな。
 防衛費分担金問題が大きくピックアップされていますが、これも「取れるものは取っておかないと将来の同盟からの離脱時に損をする」という考えがあることは間違いないでしょう。
 ことあるごとに、こうしてアメリカから「Show your flag!」と言われ続けるのですよ。

お茶巡りがしたい……。


安倍総理「韓国、ドイツのように油断すると再度感染が拡がる」→韓国人「韓国の成功を取り上げず、梨泰院だけ取り上げるとは!!!」

安倍氏、韓国挙げて「コロナ、気を緩めた途端に一気に感染広がる」(中央日報)
14日、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大により日本全域に発令した緊急事態宣言を多くの地域で解除した安倍晋三首相が「気を緩めた途端、一気に感染が広がる」と言いながら韓国の事例を取り上げた。

この日午後6時から首相官邸で行われた記者会見でだ。全国47都道府県に発令されていた緊急事態宣言を39県で解除しながら、その背景などを説明する会見だった。

韓国関連発言は冒頭発言の序盤部分で出てきた。

安倍氏は「どんなガイドラインも感染リスクをゼロにすることはできない」とし、一旦は新型コロナを収拾したが再び感染が広がった国内外の事例を次々と取り上げた。まず、2月末~3月初めに感染が大きく広がったあと一時減少に転じたが、自主的に発令した緊急事態宣言を解除してから2~3週で感染者が再び増えた北海道の事例に言及した。

続いて「ドイツでも、行動制限を緩めた直後、感染者が増加に転じ、再びロックダウンをせざるを得なくなった地域がある」「当初、抑え込みに成功したと言われたシンガポールでも、感染者が大きく増えた」とし、ドイツとシンガポールを言及したあと、「韓国でも、先週、ナイトクラブで集団感染が発生したというニュースを御覧になった方も多いと思う」と紹介した。

そして「気を緩めた途端、一気に感染が広がっていく」と話した。北海道とドイツ、シンガポールなどとあわせて韓国を「油断による再拡散」の代表的事例として紹介し、日本国民に警戒心を求めた。

安倍氏は今までただの一度も「韓国防疫」の長所については具体的に言及したことがない。そのような安倍氏が梨泰院(イテウォン)クラブ内の集団感染を公式的な記者会見で取り上げたことは非常に異例だ。安倍氏は会見の途中にも同じような脈絡で「韓国」をもう一度取り上げた。
(引用ここまで)

 安倍総理の記者会見がノーカットで上げられているので、気になるかたはこちらからご覧ください。



 便利になったもんだ。
 最初に韓国について言及しているのは11分過ぎくらいから。
 で、韓国ではこうして安倍総理が韓国を取り上げることについて、全体として批判的。
 とりあえず、日本語版で分かりやすいので中央日報のものをピックアップしていますが、それ以上に批判的なのがインターネット専業のニュースチャンネルであるJTBCのもの。

安倍、緊急事態解除に「韓国のように油断したらダメ」……風変わりな発言(JTBC・朝鮮語)

 コメントが2270件。けっこうな大事件クラス。
 日本が韓国を防疫の成功例として取り扱わず、こうした再発例として取り上げることが気に入らない模様です。  ちらっと紹介しましょうかね。

 「韓国が間違ったところだけ扱う日本」
 「放射能猿。日本は後進国だ」
 「あんな国になにを支援するというのか。絶対支援反対!」

 まあ、ダメだった例として取り上げられたくなかったら、集団感染を起こさなければよかったと思いますけどね。
 ちなみに梨泰院のクラブを訪れたもののまだ連絡が取れない対象が2000人いることに対して、警察を8559人投入してしらみつぶしに調べるローラー作戦を行っているそうですわ。

警察官8559人投入して連絡取れないクラブ客追跡…GW前後に梨泰院にいた1万人の名簿も確保(朝鮮日報)

 うむ、これこそがK防疫。
 昨日の時点で梨泰院関連の感染者は133人が確認済み。うち一次感染は82人。クラブからウイルスを持ち帰った人々から感染した二次、三次感染が51人。
 病院勤務者がクラブに行ってて、そこから入院患者に感染した例とかもある模様。

梨泰院関連感染者133人に増えた……クラブの訪問者は、82人(聯合ニュース・朝鮮語)
「病院感染」まで続いた「クラブ」の集団感染=韓国(中央日報)

 だいぶ油断していた……のでしょうね。
 典型的な失敗例であることは間違いないでしょ。



楽韓さん、本日の動向 - 復活していた東池袋エーラージで久々のランチ

【PR】Amazon Music Unlimited 3ヶ月無料キャンペーン中
【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月299円キャンペーン中です 雑誌とか便利

 東池袋エーラージが再開していたので、久方ぶりのランチCセット。マトンとダル。ライスオンリー。

2A08DD66-F757-44E7-BFFE-DD7278C70397.jpeg

 やっぱりここはおいしい。自分の基準点って感じだなー。

KADOKAWAが続・カドカワ祭 ゴールデンを開催中。コミック・ラノベが中心ですね。いろいろと半額。

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤツヴァイ!ドライ!!はドライ!!の最新刊以外全部半額。



 対象タイトルが多すぎて掘りきれない……8000冊以上。
 あとオーラバトラー戦記が対象になってる。思えばダンバインは異世界ものの走りなんだよねー。
 こっそりサーバインのパールフィニッシュVer.とかは予約しているくらいダンバインには心を掴まれている。リアルタイムでは見てなかったですけどもね。


 あと個人的には昔読んでて好きだったデモンベインのノベライズが対象だったのでピックアップ。



今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。