相互RSS募集中です

2020年04月

韓国の双竜自動車破綻寸前で会計監査法人が「だめだこりゃ」とさじを投げる

双竜自が窮地に、監査人から「意見不表明」(NNA)
経営不振に陥る韓国の双竜自動車が15日公示した2020年1~3月期の決算報告書によると、会計監査人であるサムジョンKPMGが内容の正当性を留保する「意見不表明」としたことが明らかになった。

毎日経済新聞によると、サムジョンKPMGは「将来の状況について具体的な数値が出せないほど、企業の存続が難しいと判断したためだ」と説明している。

双竜自は今年1~3月期に986億ウォン(約86億円)の営業損失を計上し、13四半期連続の赤字を計上している。負債比率は755.6%まで膨らみ、債務超過に転じる可能性もある。

頼みの綱にしていた筆頭株主のインド自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は、新型コロナウイルスの感染拡大による打撃を受け、双竜自への大規模な資金注入を見送る方針を固めた。

双竜自が生き残るためには、債権銀行である政府系金融機関のKDB産業銀行から金融支援を受ける以外に方法は残されていない状況だ。
(引用ここまで)


 双竜自動車が破綻寸前になりつつある、という話を挟んでおこう。
 正義連の話ばかり、それも濃いめでこってりしたものばかりで胃がやられそう。

 双竜自動車が1年以内に返済しなければならない借入金は3899億ウォン。
 7月までに韓国産業銀行に900億ウォンを返済しなければならない……とのこと。
 そりゃま、会計監査法人もさじを投げるわ。

 当初予定されていたマヒンドラグループからの2300億ウォンの投資は400億ウォンで打ち止め。
 足りない分は政府の基幹産業安定基金支援を使用するのではないかという話になっているのですが。13四半期連続で赤字となっている企業を救う必要があるのかという根本的な問題がありますね。

 ただ、自動車工場は典型的な労働集約産業なので潰しがたいというのも実際。
 韓国GMの群山工場(従業員数は2000人ほど)が閉鎖されただけで出生率が低下するほどの影響が出たほどでした。
 双竜自動車の総従業員数は5000人。
 潰れたら2.5倍のインパクト。

 でもまあ、潰さないでしょうね。
 かつてソウルの暴力デモを主導した民主労総のハン・サンギュン元委員長が働いていたのが双竜自動車で、最近になって職場に復帰したのでした。
 雇用大統領であるムン・ジェイン的には潰せない企業のひとつでしょうね。

元慰安婦らが暮らすナヌムの家、あまりに扱いがひどかったために職員が内部告発→「運営元は通院費すら個人負担させている!」「寄付金を節約しろと言われた」……どこも「慰安婦ビジネス」に熱心すなぁ

慰安婦被害者の共同生活施設も寄付金疑惑浮上 職員ら内部告発=韓国(聯合ニュース)
「ナヌムの家」理事会、「ハルモニの死後にホテル式療養院を作ろう」(ハンギョレ)
旧日本軍の韓国人慰安婦被害者が共同生活する施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)の職員7人が19日、同施設が巨額の寄付金を被害者のために使っていないなどと告発する文書を出した。同施設では現在、6人の被害者が生活している。

 同施設を運営する社会福祉法人「大韓仏教曹渓宗ナヌムの家」は「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」とともに代表的な慰安婦被害者支援団体とされる。正義連を巡っても不透明な会計処理などさまざまな疑惑が浮上しており、波紋が広がりそうだ。

 職員らは「ナヌムの家が(被害者の)おばあさんたちを安全かつ専門的に支援する専門療養施設だと広告しているが、実状は支援金で運営される無料療養施設にすぎず、それ以上の治療や福祉は提供されていなかった」と主張。「法人が採用した2人の運営陣によって約20年間独占的に運営され、運営陣は病院治療費や物品購入などをすべておばあさんたちの個人費用で支払うようにした」と告発した。

 また、「法人は多額の寄付金を募り、60億ウォン(約5億2600万円)を超える不動産と70億ウォンを超える現金資産を保有している」としながら、「この問題が放置されれば、国民が慰安婦被害者のために使ってほしいと寄付したお金は大韓仏教曹渓宗の高齢者療養事業に使われる」と指摘した。

 職員らは3月、法人が寄付金を建物の増築など目的以外の用途に使っているとして政府に告発。管轄の京畿道が今月13~15日に特別指導点検を実施した。

 2018年2月28日の法人理事会の議事録によると、出席者が「おばあさんたちが皆亡くなると、寄付金がどうなるのか分からない。もう少し寄付金を募り、100人余りを収容できる療養院を建てればどうか」として、「現在の残高37億ウォンでは不十分で、100億ウォンくらいあれば建設できる」などと発言していた。
(引用ここまで)

日本軍「慰安婦」被害者のハルモニ(おばあさん)たちが暮らす京畿道広州市(クァンジュシ)の「ナヌムの家」の運営に関連して、社会福祉法人「大韓仏教曹渓宗ナヌムの家」の理事らが、2年前からハルモニたちの死後に後援金で「ホテル式療養院」を作るという計画を立てていたことが明らかになった。ナヌムの家の法人口座に後援金として貯められている保有金は、昨年12月時点で64億3000万ウォン(約5億6300万円)にのぼるが、理事らはそのような目的のため、ナヌムの家の施設管理者に後援金を節約して使うように頼みもした。

 18日、ハンギョレが入手した昨年2月26日の大韓仏教曹渓宗ナヌムの家理事会の録音記録によると、理事のA僧侶は「慰安婦のハルモニの入所者たちは、今後さらに増えるとしても1~2人程度だ。この施設(ナヌムの家)を完全に撤去してホテル式療養施設を作り80人程度の高齢者を迎えれば、きちんと運営して、今後利潤も生み出すことができる」と明らかにした。さらに「ホテル式で作らなければ(他の療養施設との)競争力がない」とし、「後援金の使用を少し節約して、細心の注意を傾けてほしい」との要請まで残した。 (中略)

 ナヌムの家に入ってくる後援金は2015年の「12・28韓日慰安婦合意」以後、「慰安婦」問題解決に対する社会的関心が高まり急激に増えた。2013年と2014年まではそれぞれ5億3000万ウォン(約4600万円)と8億2000万ウォン(約7200万円)程度だった後援金は、2016~2018年には約17億ウォン(約1億5000万円)ずつ入ってきて、昨年は26億ウォン(約2億3000万円)に増えた。しかし、ナヌムの家の施設が法人から受け取った転入金は、2015~2019年に年間2400万ウォン(約210万円)~6400万ウォン(約560万円)に留まっている。2015年に10人だったハルモニが亡くなり、現在6人に減ったという点を考慮しても、後援支援金に比べると極めて少ない水準だ。職員たちは「ハルモニの通院費などがちゃんと支給されないなど、後援金がハルモニのために十分に使われずにいる」と主張した。 
(引用ここまで)


 正義連(旧挺対協)からも元慰安婦らに向けての支出は、葬儀以外ほとんどなかった。
 その葬儀も葬儀会社の厚意で無料で行われていたのに、挺対協は1000万以上の経費がかかったと計上している。
 おまけにユン・ミヒャンはその葬儀のための寄付を募っていて、寄付先はユン・ミヒャンの個人口座
 で、葬儀が終われば遺志とは関係なく、奨学金を挺対協の身内に使われてしまう

 その一方で元慰安婦らが共同生活しているナヌムの家でも寄付金をプールし続けて、通院費もろくに払われていない状況。
 物品の購入費も寄付金からは出さずに、入居者の個人資産で賄っている。
 あまりにも非道だったためについには職員から「ナヌムの家を告発する」「元慰安婦らがひどい目に遭っている」と内部告発されている。

 どこであろうとも同じこと、というわけです。
 やっているのはあくまでも元慰安婦らをダシに使った「慰安婦ビジネス」でしかない。
 そしてナヌムの家で暮らしている元慰安婦も6人を残しているだけ。

 まもなく美味しいビジネスの源泉が枯れてしまう、というのは挺対協もナヌムの家の運営元も考えること。
 挺対協はベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺をはじめとした「戦時虐待全般」へとビジネスを拡大することを考え、ユン・ミヒャンは国会議員になることで「上がり」を目論みた。
 そして、ナヌムの家を運営している曹渓宗は「元ナヌムの家」というブランディングで高齢者向けの有料老人ホームとしようと画策。
 なんとかして100億ウォンまで寄付を募りたい、という方針。

 「住居があるのだから満足しろ」くらいのものでしょうね。で、ナヌムの家にいるのだから、和解・癒し財団からの1億ウォンの受け取りを拒否しろという挺対協の方針には絶対服従だった……ということか。
 ま、そんなもんだろうなぁ。
 ちなみに曹渓宗は対馬の観音寺から盗まれた仏像に対して所有権を主張している浮石寺も所属する宗派。
 ものすごく納得できますね。

貧困ビジネス
門倉貴史
幻冬舎
2013-05-31

挺対協のユン・ミヒャン、ベトナムの井戸掘削事業でも個人口座に寄付要求。さらに残金ちょろまかし疑惑も……どこまで行くのやら

ユン・ミヒャン「ベトナムの井戸」事業も個人口座に資金調達(世界日報・朝鮮語)
共に民主党ユン・ミヒャン氏が2014年ベトナム戦争韓国軍の民間人虐殺の責任事業である「井戸掘り」プロジェクトの寄付も本人名義の口座に受けたことが18日、確認された。募金は慰安婦被害者祖母らが集めた「こづかい」も含まれていたが、ユン氏は、550万ウォンを超える寄付金差額の使途を明らかにしないことが分かった。

ユン氏は、韓国挺身隊問題対策協議会の代表を引き受けた2014年4月にフェイスブックに「ベトナム当時韓国軍虐殺被害が大きかったビンディン省水の供給が難しい」とし「挺対協は戦時性暴行被害者を支援して連帯するための蝶基金固有の目的の活動を継続しながら、特に民間人虐殺の責任を果たす活動として、ベトナムの子供たちに平和の贈り物として学校に井戸を歩廊としている」と後援口座を掲載した。昨年、慰安婦被害者の祖母の葬儀費用を募金を募集したときに使用した口座とは別の口座であった。

以後ユン氏は、2015年12月に自らのフェイスブックにプロジェクトの結果と資金調達の内訳を発表しました。彼女は「現地の地質的な問題で井戸水を飲料水として使用するのは不可能なために、ビンディン省タイビンサ人民委員会に浄水システムを設置することにした」と募金当時井戸掘削費用で提示した6000ドルの2倍である1200万ウォンを、ベトナム側に伝えたと明らかにした。募金額の中に慰安婦被害おばあさんた金復東(120万ウォン)、キル・ウォンオク(20万ウォン)祖母らの後援金も含まれていた。ユン氏も360万ウォンを後援した。

しかし、ユン氏はその記事に添付したベトナムの浄化システム支援事業後援名簿の募金額を計算した結果、総額は1757万ウォンでユン氏が明らかにした伝達金(1200万ウォン)より多かった。ユン氏は差額の使い方は明らかにしないまま「ベトナムに責任を果たすための資金調達は続く」と挺対協名義の口座を新たに掲載した。ユン氏が募金を募集していた個人口座に直接入金をしてみた結果、現在休眠状態であり取引停止されていた。寄付差額の行方は不明な状況である。
(引用ここまで)


 2017年に挺対協が唐突に「我々はベトナム戦争での民間人虐殺の責任を取らなくてはならない」と言いだしはじめたのですよ。
 当時から元慰安婦の枯渇、すなわち挺対協が行うビジネスの源泉が近年涸れるであろうことは間違いなかったのですね。
 韓国における最高権威者として君臨する元慰安婦らでしたが、その権威継承ができるというわけでもなく。
 ビジネス的には先細りが確実視されていました。
 さまざまな慰安婦アイテムや慰安婦の言葉が入ったシリコンリストバンド販売でラストスパートをしていたものの、数年先の未来も分からない状況。

 そんな中で「ベトナム戦争での民間人虐殺」を言いだしたわけです。
 新規事業の開拓、ですね。
 ただ、2017年以前からベトナムについてはなんだかんだ言っていてはいたのです。
 その一環として2015年に「ベトナムで井戸掘り」という事業をやるので、寄付金を求めていたのですね。
 で、その寄付金の入金先がまたもやユン・ミヒャンの個人口座。
 「葬儀費用を募集する」といっていた口座とはまた別のもの。

 さらに入金総額が1757万ウォンだったのに、実際に寄付した額は1200万ウォン。
 こうやって小さな額をちびちび引っ張っていって「現金でマンション購入」に至った、ということなのでしょうね。
 継続は力(違)。

「続ける」習慣
古川武士
日本実業出版社
2015-08-28

挺対協の前代表の虚言がひどい……「今の住居は前の家を売って買ったものだ」 → 嘘でした

以前アパート売って家を買ったと言っていたユン・ミヒャン、「余裕金」が2億あって買った(朝鮮日報・朝鮮語)
ユン・ミヒャン共に民主党の国会議員当選は18日、「現在居住しているマンションは2012年に裁判所の競売で落札して、2億ウォン以上の代金を現金で支払った」という疑惑について「マンションを競売で買うために前に住んでいたアパートを売った」と問題にならないと述べた。しかし、登記簿謄本の分析結果、ユン氏が以前に居住していたマンションを売却したのは、現在住んでいるアパートを落札してから9ヶ月後であった。

ユン氏が居住する京畿道水原のAマンション登記簿謄本によると、ユン氏はこのマンションを2012年3月29日2億2600万ウォンで落札して5月9日に所有権を譲り受けた後、8月21日転入届を出した。競売で落札した場合、40日余り以内に落札金額をすべて納付しなければならない。実際、裁判所は4月26日ユン氏のアパート買い取りを承認した。ユン氏が落札残金をすべて支払ったという意味だ。謄本によると、ユン氏がマンションを落札した後には、根抵当など担保設定もない。現金ですべての金額を支払ったという意味だ。ユン氏は18日のラジオ放送で「今住んでいるマンションを競売で買うために、前に住んでいたマンションを売って(代金を用意した)」と「アパート売買領収書まですべてを持っている」とした。

しかし、ユン氏の釈明は誤っていることが明らかになった。ユン氏はその前に住んでいた水源のBマンションを売却したのはAアパートを落札してから9ヶ月が過ぎた2013年1月7日だったからだ。このアパートの登記簿謄本によると、売買が行われた日は2013年1月7日であり、土地価格は1億8950万ウォンだ。現金で新しいマンションの代金をすべて払ってからしばらく後に、既存の住んでいた家が売れたのだ。
(引用ここまで)


 ユン・ミヒャンへの疑惑が止まるところを知らないストップ高。
 本人への評価はストップ安ですが。
 現在の住居について野党議員から「競売で買ったマンションの購入代金の出所を明らかにしろ」とされたのですよ。  昨日の午前にラジオに出演して「以前に住んでいたマンションを売却して、それを購入代金に充てた」と話していたのですね。
 まあ、すんなりと受け入れられる話のように見えて「疑惑でもなんでもないんだなぁ……」とこの話題は収まりかけたのですよ。

 ところが、件の野党議員はすでに登記簿謄本を調べていて、以前のマンションが売却されたのは競売落札の9ヶ月後であるということを明かしたのですね。
 これ、最初から二段構えだったのでしょう。
 正直に話すのであればよし、こうやって「前の住宅を売って云々」っていう虚偽を騙るのであればさらに糾弾しようという。

 で、まんまとその計略に乗っかってしまって、ユン・ミヒャンの発言の怪しさ、お金の出所の怪しさが増幅されることになったと。
 新たに買ったマンションに根抵当権がついていなかったということは住宅ローンでの貸し出しがなかったということで、支払いは手元現金であったという以外にない。
 「現金を持っている」という印象を持たれたくなかったのでしょうね。
 特にSNSで募集していた寄付金を自分の個人口座に入金させていたという事実が浮上しているところでしたから。

 野党議員が登記簿の事実を知らせると、今度は午後になってから「実は積立金など3つの通帳を解約して購入した」と前言を翻したとのこと。
 さらにその現在居住しているマンションで、ユン・ミヒャンの夫が住民代表会議の会長に選出されたのですが、あまりにも行動がひどくて任期2年のうち、1年5ヶ月を残して解任されていたなんて事実まで浮上しました。

ユン・ミヒャン夫、競売で買ったマンション入居者代表から弾劾で外される(朝鮮日報・朝鮮語)

 マンションの管理事務所と「闘争」して、自分の持っているインターネットメディアで糾弾をしたりもしたそうですが、名誉毀損で訴えられて100万ウォンの罰金刑が宣告されたことから解任されたと。
 「らしい」話ではありますね。
 晒されることもなかったであろう恥部がどんどんネットに上がっていくってどんな気持ちなんですかねー。

 しかしまあ、これだけ疑惑が積み上がっても当選辞退をするつもりはないのだそうですよ。

慰安婦団体の前理事長 議員当選辞退は「考えていない」=韓国(聯合ニュース)

 ただ、これらの疑惑を報じるニュースにそれぞれ数千のコメントがつき、そのほとんどがユン・ミヒャン本人を糾弾するものとなっています。
 「チェ・スンシルとなにが違うんだ」みたいなことも言われはじめています。
 特に昨日の「保養所」と、今回のマンションの購入代金の出所をごまかした件はかなり評判が悪い。
 与党側も前首相のイ・ナクヨンがユン・ミヒャンについて言及するなど、昨日の午後あたりからかなり危機感を抱くようになっていますね。
 国会議員になることなく辞退、かつ本業だった慰安婦商売にも戻れなくなって窮することになるのではないか、とも思われますが。さて。

「即オチ」だとエロいものしかなかった……。

楽韓さん、本日の動向 - ビリヤニをテイクアウト

 ふと時計を見てみたらぎりぎり間に合う時間だったので自転車をえっちらおっちら漕いで、エリックサウス 高円寺カレー&ビリヤニセンターでチキンビリヤニをテイクアウト。

17896708-7F46-47FF-A544-F937AF8BE336.jpeg

 ラストオーダーの時間を過ぎててもテイクアウトは可能。なお、火曜日は定休日。
 食べられたとはいえ、やっぱり家で食べるのはちと悲しい。華やかさに欠けますね。

 Kindle本ポイントキャンペーンを少し掘る。
 文春が参加しているので、スティーブン・キングがいろいろ対象になってます
 文春の刊行しているもので好きなのはミザリーザ・スタンド。オールタイムベストはファイアスターター。電子書籍になってほしいものだ。新しい本に目が行っていないだけかも知れない。

ミザリー (文春文庫)
スティーヴン・キング
文藝春秋
2015-09-18


 あと世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たちもおすすめしておこう。
 アメリカ全体の数パーセントでしかなかったサブプライムローンがなぜ金融機関を破綻に追いこんだのか、信用(クレジット)とは……といったことが分かるノンフィクション。セイバーメトリクスを描いたマネーボールの著者でもある。



 あと集英社新書の荒木飛呂彦関連も対象になっております。



今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。