相互RSS募集中です

2020年05月

韓国国防部長官「新たな米韓連合軍は韓国軍主導の体制となる」→米軍関係者「発言の経緯を把握したい」

カテゴリ:米韓関係 コメント:(105)
「韓国軍主導の連合防衛」チョン・ギョンツの文章にアメリカの解明要求が(中央日報・朝鮮語)
早ければムン・ジェイン大統領の任期が終わる2022年5月以前に戦時作戦統制権を転換する案を韓米が議論している中で、両国間の微妙な葛藤が続いている。今度は戦作権転換の概念について、両国の認識が完全に一致しない場面で誤解が発生した。

発端は去る3月20日(以下現地時間)、米国の安全保障専門オンラインメディアであるディフェンスニュースに掲載されたチョン・ギョンツ国防部長官の寄稿である。

「6・25戦争70周年を迎え、平和と安全のための努力」とのタイトルの寄稿文でチョン長官は、鋼のような(ironclad)韓・米同盟に基づいて韓半島の平和と安全を守ることができると強調した。問題は戦作権転換を説明しながら「韓国軍が主導する連合防衛体制を作る」という文句であった。

これに対して、米国朝野で懸念の意を相次いで示した。戦作権が転換した後、将来の連合軍司令部(連合軍司令部)は、司令官と副司令官を韓国と米国がお互いに合わせ変えて、現在の連合軍司令部体制がそのままというのが韓・米の合意事項である。

ところが、鄭長官の寄稿文を文字通りに解釈すれば、韓国は戦作権転換後の主になって、米国が従に対応する関係の連合司令部ができるように読めるというのが米側の立場である。

在韓米軍司令官を務めたある米軍予備役将軍は寄稿文が出てきた直後、周囲に対して「チョン長官が誤解しているようだ」と述べた。実際にこの予備役将軍は、外交チャンネルを通じて韓国国防部に対応するフレーズの正確な意味での説明を依頼したという。これに対して現職米軍当局者は「経緯を把握したい」と答えたと伝えられた。

このような米国側の反応について国防部の関係者は「「韓国軍主導の連合防衛体制」は、既存の表現をそのまま書いたものに過ぎない」とし「ジェームズ・マティス元米国国防部長官も同様の趣旨の発言をした」と述べた。

マティス元長官は2018年10月、米ワシントンDCで開かれた第50回韓米安保協議会の(SCM)に先立って儀仗隊査閲イベント演説で「現在の米軍主導の連合軍の任務を引き受けて韓国軍主導の未来連合軍に連続することを確実にするだろう」と述べた。別の国防部の関係者は「米国側の一部の人事の戦作権転換に対する理解度が落ちているのではないか」と聞き返した。
(引用ここまで)


 「韓国主導による連合軍司令部」という表現に米軍からクレームがついた、とのこと。
 確かに戦時統制権移管後は「司令官は韓国軍から、副司令官がアメリカ軍から」という形になるとされています。
 ただし、これはアメリカ軍が韓国軍の指揮下に入るという意味ではあり得ない。
 そんなことは天地がひっくり返っても起きるわけがありません。
 実際にその「韓国軍から司令官が出る」という場合には国連軍をその上に持ってくるよう画策するのではないか、と思われます。
 そのようにアメリカ軍の意図を見ている記事が日本でも出てるので紹介しておきましょう。

アメリカ主導による在韓国連軍司令部強化と韓国の懸念(笹川平和財団)

 「表面上はアメリカ軍が韓国軍の指揮下に入っている」ように見えるけども、実際には国連軍(≒アメリカ軍)が独自の動きをするという形になる。
 でも、韓国人はそのように認識していない可能性がある……のですよ。
 本当の本気で「世界最強のアメリカ軍が(朝鮮半島限定とはいえ)、韓国軍の指揮下に入るのだ」と思っている可能性がある。

 チョン・ギョンツ国防部長官による寄稿はそう読めます。
 今回の米軍側からの「説明を求める」という姿勢も韓国人による勘違いを恐れてのことでしょう。
 そしてブルックス在韓米軍兼米韓連合司令官は「韓国は戦時統制権返還の時期ばかりを気にしているように見える」といらつきを隠さない。
 朝鮮半島が一気に風雲急を告げている中、こんなことをしている場合ではないと思うのですけどねー。

韓国メディア「ホワイト国復帰のために韓国政府は日本に『GSOMIA終了・WTO提訴』のツートラック圧迫をかけているのだ」……日本が圧迫をかけられている世界線がどこかにあるのか……

「WTO提訴・GSOMIA終了」で日本をツートラック圧迫(ソウル経済・朝鮮語)
韓国政府が日本の輸出規制を世界貿易機関(WTO)に再提訴することにして圧力を高めている。韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了など猶予した他の措置も再開することができるという信号を送り、日本の立場の変化を誘導するという意図と見られる。

7日、関係省庁によると産業通商資源部は、日本の輸出規制に対してWTO提訴の手続きを再開することをこの2日に決定して実務作業を進めている。産業省の関係者は「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)に一時的に中断されたWTOが再度開かれれば(裁判の1審に相当する)パネル設置を要請するだろう」と述べた。

日本は昨年7月、半導体の核心素材3種(高純度フッ化水素・フッ素ポリイミド・フォトレジスト)の輸出規制を強化したことに続き、ホワイトリスト(輸出審査優遇国リスト)から韓国を排除した。これ政府はWTO提訴とGSOMIA終了でそれぞれ対抗したが、その年の11月に両国がハイレベル政策対話を通じて問題を解決することに合意し、両方の措置を暫定的に停止している。しかし、その後も日本の特別な変化がなかったため、まずWTO提訴を再開することにしたものである。

政府がWTO提訴を決定したが、3つの素材の輸出規制を前に戻すことは容易ではないものと予想される。WTOの最終審である上訴機構が機能停止状態で、1審で韓国が勝訴しても最終判決は無期限延期することができるからである。ただし、今回の措置がホワイトリストの問題を正すために影響を与えるという分析が出ている。輸出規制が継続されると、韓国がWTO提訴を再開したように、ホワイトリスト除外を維持するのであればGSOMIAの断行圧力を日本が受けるだろうというものだ。日本は自国の安全保障と密接に関連したGSOMIA終了カードに敏感に反応してきた。

対日圧迫を高め、政府はこれをテコに日本が対話に積極的にするように誘導することが予想される。産業通商資源部はWTO提訴を再開すると明らかにしながらも、ハイレベルの政策対話など、両国間のチャンネルを通じて、日本との議論を継続するという立場を出している。
(引用ここまで)


 韓国政府によるツートラック圧迫だ、と。
 日本に対してWTOへの提訴再開とGSOMIA破棄を通じて、グループA(旧ホワイト国)復帰と半導体材料の輸出規制対応について圧力を高めている。
 ……どこかの世界線では日本への圧迫が強くなっているんですかね?
 特に韓国では「GSOMIA破棄だ!」みたいな声がそこそこ上がりはじめているのですが。
 なにをどうしたらそこにたどり着けるのか、最初に一歩すら分かりません。
 そりゃま、産業通商資源部や外交部も問われたら「GSOMIA破棄は保留しているだけで、いつでも破棄できる権利を持っている」とは言うでしょうけど。
 本当にそれができるのなら、WTO提訴と同時にやらなきゃ圧迫の意味ない。
 「GSOMIA破棄はやりたくてもできないんだな」くらいに取られておしまい。

 ちなみにWTOに提訴再開の時点で日経からは「意味なくね?」という指摘が出てました。

韓国がWTO提訴手続き再開「日本、問題解決の意思なし」(日経新聞)
ただ、韓国が実際にWTO提訴に踏み切るかは未知数だ。WTOで紛争が続く間は、韓国が早期撤回を求める日本の輸出管理の厳格化措置が続くジレンマを抱える。

WTOの紛争処理は結論が出るまで平均で2年以上かかる。さらに最終審にあたる上級委員会は、米国による反対で審理に必要な定員を確保できず機能不全に陥っている。韓国が再提訴に踏み切っても、WTOを通じた決着は見通しが立たない。羅氏は「政策対話は続ける」としており、日本に譲歩を迫る戦術との見方もある。
(引用ここまで)

 同様に楽韓Webでも「どんなに早く解決したところで数年かかるんだからムン・ジェイン政権の任期中にはどうにもならないよね」という話もしてました。

 というか、それ以前に提訴再開すらできていないとの状況。

「コロナで開店休業したWTO」日本の輸出規制、提訴遅延される(ニュース1・朝鮮語)

 WTO本部のあるスイスはここのところ新規感染者数も少なくなっているのですが、周辺国のドイツやフランス、イタリアはまだまだ1日に200人規模で新規感染者が見つかっている状況。
 とてもじゃないけども外部から専門家を招いて云々、なんて真似は無理。
 というかヨーロッパが日常に戻る、なんてことは金輪際ないでしょう。

 というわけで、対面での会議方式を原則とする紛争解決機関が動いていない。
 つまり、韓国政府がどれだけ「提訴再開だ」と怪気炎を上げたところで動きのとりようがない。
 国内向けの話としては多少なりとも盛り上がったんじゃないでしょうかね?
 ツートラック圧迫……なぁ。

北朝鮮が南北首脳対話用ホットラインの断絶を宣言。南北関係は2018年の会談前の敵対関係へと巻き戻しへ……

北朝鮮 韓国との全通信手段遮断へ=対韓事業の「敵対的」転換予告(聯合ニュース)
北朝鮮が、韓国の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体による対北ビラ散布に対する韓国政府の対応を問題視し、南北間の全ての通信手段を完全に遮断・廃棄する決定を下した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、南北共同連絡事務所を通じて維持してきた南北当局間の通信連絡線、軍の通信線、朝鮮労働党中央委員会本部庁舎と韓国青瓦台(大統領府)とのホットラインなど韓国との全通信手段が同日正午から完全に遮断・廃棄されることになったと報じた。

 通信手段の遮断・廃棄は、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長と金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が8日の対韓国事業に関する会議で指示を出した。

 同通信は、金与正氏と金英哲氏が対韓事業を敵対的事業に転換しなければならないことを強調しながら、犯した罪の代価を正確に計算するための段階的な敵対的事業計画を審議し、手始めに南北間の全通信手段を完全に遮断することを指示したと報じた。
(引用ここまで)


 先日の「ビラ散布禁止の法律でも作れ」としたキム・ヨジョン党第1副部長の談話で、境界線近くから北朝鮮に向けてビラをまく脱北者に対して「人の価値もないクズ」と形容しています。
 ビラ散布のなにがそれほどに都合悪いのかというと、おそらくはチ・ソンホ氏とテ・ヨンホ氏の国会議員当選でしょうね。
 特に今回のビラには彼らの当選が詳しく記されていたとの話です。
 特にチ・ソンホ氏はトランプ大統領に招かれて演説中に「脱北者」として紹介されたこともあるような人物。

 そんな「人間の価値もないくず」とされる脱北者が韓国に入って国会議員になる。つまり、韓国ではどのような人間であっても議員になれる。少なくともそのチャンスがある、と知らされることが北朝鮮の体制にとっては危険なのです。
 何度も書いているように、北朝鮮の目的は政権永続でしかありません。
 トランプ大統領が言うような「核廃棄をすればとてつもない経済成長が得られる」とかいう話には意味がない
 経済成長をすれば中国の沿岸部のように政府の統制から逃れるような企業や人々が出てきてしまう。
 それでは「政権の永続」はなし得ないだろうということをキム・ジョンウンもキム・ヨジョンも理解している。

 北朝鮮にとって究極の目的である政権の永続を邪魔するような行為 ── ビラ散布を見逃すことはできないわけです。
 これまでキム王朝が脱北者に対して言及するなんてことはありませんでしたからね。脱北者はあくまでも黙殺される存在でしかなかったのですよ。
 それだけの緊急事態であるという認識なのでしょう。
 ベトナム・ハノイでの米朝首脳会談決裂からこっち、南北関係は友好的なものからフラットなものに戻っていましたが、さらに敵対関係に戻ったとみていいでしょう。

 南北のホットライン断絶。
 これは2018年南北会談で首脳会談のために設置が合意されたもの。つまり、それ以前の段階に南北関係は戻る、という宣言に他ならないわけです。

楽韓さん、本日の動向 - iPad+Magic Keyboardには見逃せない利点がある、というお話

【PR】Amazon Music Unlimited 3ヶ月無料キャンペーン中
【PR】楽天スーパーSALE開催中


 iPad PRO+Magic Keyboardをなんだかんだと使っています。
 正直なところ、テキストを書く環境としてはまあそれなりに使える。
 Windowsで使っている秀丸エディタ+ATOKを100としたときに、iPad PROの環境は65とか70くらいではあるのだけども。
 秀丸+ATOKは使いやすいようにめちゃくちゃカスタマイズしてますからね。
 特に秀丸のキー割り当ては周囲に乞われて配布したくらい。というわけで、そんな環境からカスタマイズの効かないiPad環境にくればそりゃ多少は点数も厳しくなるというもの。
 一般の人にしてみたら十分に使える環境ではないかなとも感じます。

 で、ノートPCと重さが同じくらいのiPad PRO(12.9インチ)+Magic Keyboardをなんで使っていることが多いかというと。
 起動して3~5秒後には使えるようになるから。
 Windowsはディープスリープに入っていると復帰まで数十秒。以前に比べたら十分に早くなったものの、取りかかるまでの時間は短いほうがいい。
 それだけでもそれなりのアドバンテージになるのですよ。
 一時期、ポメラをかなり使っていたのはそれが理由ですね。

 とりあえず持ち歩くこともある、という感じかなー。
 iPad PROでテキストを書く必要があるのであれば、考慮してもいいアクセサリーであるとは思います。
 なんもかもをiPad PROで完結できるというのは便利ですしね。まあ、PCでできないことはないですが……。

 Amazonで冷感寝具がセール
 この辺の寝具、あるなしでけっこう違います。去年買ったニトリの冷感シーツを先週くらいから使ってますが、ほっと一息つける感じ。そこまで多大な影響はないですが、エアコンのリモコンに手を出さなくてもいいという感じになっています。

 あと楽天スーパーセールが明日まで
 個人的におすすめしておきたいのがパルスオキシメーター
 新型コロナ対策として。
 ここのところようやく品薄感がなくなってきたのですよね。Amazonでは怪しい製品ばかりですが、ダイキン製品とかも出てきたのでおすすめ。




今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。