相互RSS募集中です

2020年05月

韓国メディア「安倍が『香港問題に対してG7が共同声明を出そう』と言っている。G7を拡大したくないからだ!」……じゃあ、韓国はこっち側にきて中国に文句言えるの?

韓国などG7拡大に難色の安倍氏「価値共有するG7、世界をリードしなければ」(中央日報)
米国のドナルド・トランプ大統領がG7(主要7カ国)体制を「時代遅れ」と批判し、韓国・インド・オーストラリア・ロシアなどを追加して拡大改編するという構想を明らかにした状況で、安倍晋三首相がG7の重要性に強く言及した。10日の衆議院予算委員会でだ。

この日、野党である国民民主党の玉木雄一郎代表は、日本政府が香港問題に対するG7共同声明を推進している状況に言及しながら「G7がリーダーシップを発揮しなければならない」と述べて安倍氏の立場を聞いた。

すると安倍氏は「G7の存在意義が何かといえば、自由、民主主義、人権、法の支配など普遍的価値を共有する国々が集まり、世界をリードしていくということだ。G20(主要20カ国・地域)がある中においては(G7という存在は)大きな意義を持っている」と答えた。

「普遍的価値を共有する先進国クラブ」であるG7には、G20にはない特別な存在感があるという主張だといえる。G20はG7が拡大したもので、韓国や中国をはじめ新興国が追加で含まれている。

安倍氏は「香港で起こっているさまざまな出来事に対し、すでに日本も憂慮を示している状況だ。当然、G7が世界の世論をリードしていく使命感を認識している」とし「香港の問題についても日本がG7の中において(議論を)リードしていく」と話した。

安倍氏はこの日、トランプ大統領が提起したG7拡大論を直接言及することはなかった。

だが「G7には特別な存在感があり、G7が世界の世論をリードしていかなければならない」という安倍氏の発言には、日本国内で大きくなっているG7拡大警戒論が反映されているという分析が出ている。
(引用ここまで)


 韓国メディアが「日本が(安倍総理が)香港について『G7で言及すべきだ』と言っている。このようにG7の重要性を語っているのは韓国を入れて拡大したくないからだ」というような話をしているのですが。
 んー、というかですね。

 現在のG7 ── すなわちアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本、カナダ、イタリア。
 すべての国が自由民主主義国家。
 基本的価値観を同じくする国々が、中国に相対するからこそ言えることがある。
 座りがよいとでも言うべきか。
 中国に対抗する軸としての「自由と抑圧」の自由側をG7はうまく体現できている、というのが実際なのです。

 ここにオーストラリアはともかく、韓国やインドが入ってしまうとなんとも締まりが悪い。ロシアは問題外として。
 フランスのレジェコーが指摘したように「韓国は監視と告発において世界で2番目の国」ですから。
 どう見ても「抑圧側」にいる国が「香港の独立を認めよ」とか言う側に入る?
 冗談でしょ。
 中国にそんなことが言えるのであれば、THAADミサイル配備の際に三不の誓いとか捧げてないし、国賓待遇で訪中したのに一人飯させられたりしてませんわな。

 そもそも日韓基本条約(日韓請求権協定)を守れずに、国際法違反の状態となっている国が。
 2047年まで一国二制度、香港の高度自治を守るという約束を違えた中国を「国際法違反だ」と指摘する側に入るとか質の悪いジョークですわ。

 そもそもアメリカで行われるG7サミットに「ゲスト」として参加することはどの国も許すでしょうが。
 G7を本格的に拡大することは許されないでしょうね。
 っていうか、トランプが暴走しているだけというコラムが中央日報にも掲載されてましたよね?

【コラム】トランプ大統領一人だけの考え…韓国は弄ばれた格好(中央日報)

 G7を拡大する場合でもオーストラリアであればどうにか……というところですが。英連邦の影響力増大を嫌うであろうフランスが断るかな。
 嬉々として「G7、行きます!」と鼻息荒くやってくるであろうムン・ジェインには残念なことでしょうが。
 そもそも「キム・ジョンウンは『ムン・ジェインは嘘つきだ』って言ってたぞ」なんて暴露された場所に嬉々としてくるのですよ?
 ゲスト参加ももうちょっと考えたほうが良かったんじゃないかね、と思いますよ。

韓国政府、北朝鮮へのビラ散布を行う脱北者団体を刑事告発、さらに法人設立許可取消へ……まるで北朝鮮の狗だな

韓国政府「ビラ散布は南北交流協力法違反」 脱北者団体を告発(聯合ニュース)
韓国統一部は10日、北朝鮮体制を非難するビラを飛ばす活動を行っている二つの北朝鮮脱出住民(脱北者)団体を南北交流協力法違反で告発し、両団体に対する政府の法人設立許可を取り消すと発表した。

統一部が告発を決めたのは、脱北者の朴相学(パク・サンハク)氏が率いる「自由北韓運動連合」と、弟のジョンオ氏率いる「クンセム(大きな泉の意味)」の2団体。「両団体は北へのビラとペットボトルの散布活動により、交流協力法が定める搬出承認規定に違反した」と理由を説明している。  南北交流協力法は、物品を北朝鮮へ搬出するには統一部長官の承認が必要と定めている。だが、政府がこれまで北朝鮮へのビラ散布について「承認を受けていない物品の北への搬出」だとして問題視したことはなく、今回の告発は波紋を呼ぶ可能性もある。
(引用ここまで)


 これまで北朝鮮に対して軍事境界線近くからビラを飛ばしていた「自由北韓運動連合」と「クンセム」という脱北者団体を、統一部が南北交流協力に関する法律に違反したとして刑事告発。
 ふむ。
 南北交流協力に関する法律、というものがあるのは知っていましたし、今国会でその改正が審議されるという話も出ていましたが。
 そんな罰則のある法律だったかなぁ……と、調べてみたところ。
 どうやら「ビラなどの物品を北朝鮮に搬出した」という部分が違反になっている模様。

 ……ムン・ジェイン政権がやろうとしているのは「交流を活発にするため」に、規制を緩くしようとするものだったはずなのですが。

北朝鮮の家族との接触・海外の北朝鮮レストラン訪問、“申告”不要に(ハンギョレ)

 これまでは北朝鮮国民と韓国国民が出会う場合には申請と許可が必要だったのですが、申告だけで済むようになる。
 さらに第三国で偶然に出会った場合には申告すら必要ないというもの。
 他にも北朝鮮企業が韓国で活動できるようにする、といったような改正内容。
 スパイがやりたい放題できるという状況になるのですね。

 ですが、現行の法律では「交流」には申請と許可が必要。
 それをついてきた、ということですか。
 北朝鮮のキム・ヨジョンから「ビラ禁止の法律を作れ」と言われて、「すぐに作ります!」と返答したもののさすがにそんなすぐには法律を作ることはできない。
 というわけで、現行法の運用でなんとかしてみた……といったところ。

 6月25日の朝鮮戦争勃発の日に件の団体は大規模なビラ撒きを行うと宣言していたところなので、なんとかして食い止める必要があったのでしょうね。

脱北者団体が北朝鮮批判ビラ散布を予告 警察が警戒態勢=韓国(聯合ニュース)

 さすがにまだ「ビラ禁止の法律」こそ作っていないものの、ムン・ジェイン政権は北朝鮮からの命令には一も二もなく従うということがわかると思います。北の狗ですわ。
 何度となく「自由と抑圧という二択であれば、韓国は間違いなく抑圧側の国」という話を楽韓Webではしてきましたが。
 こんなところからもそれが垣間見えてきているのではないでしょうか。
 いやぁ……しかし、なりふり構ってないなぁ。

韓国メディア「日本への再入国禁止措置は外国人差別だ!」……自分たちがなにをしてきたか鑑みなよ

日本、入国禁止差別議論…在日韓国人、母の葬式にも行けなかった(中央日報)
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため日本が入国制限措置を取っている中、日本に住む外国人を差別しているという指摘が出ている。

日本メディアの報道によると、10年ほど前から日本に住み貿易業をしているある韓国人の李さんは4月に韓国にいる母親が亡くなったとの連絡を受け韓国に行こうとしたが、日本政府の再入国不許可の方針のため結局葬儀に行くことができなかった。

日本政府が過去14日以内に韓国に滞在した場合には入国を拒否する措置をしており、韓国に行けば日本に再入国できないというのが当局の説明だった。日本の法務省は永住者、日本人と結婚した外国人、日本永住者と結婚した外国人でも「特段の事情」がない限り日本への入国を拒否している。李さんは母親の葬儀は特段の事情に当たると考えたが、当局は再入国不許可の方針を明らかにした。

在日外国人の再入国を大幅に禁止したことに対し日本メディアも問題を提起している。朝日新聞は8日の社説で入国規制対象を受ける外国人のうち、永住者は日本に10年以上住み納税義務を果たしてきた人たちだと説明し、再入国を認めないことは「外国人差別」と批判した。
(引用ここまで)


 10年ほど前から日本に住み、貿易を生業としている韓国人が母親の葬儀に出席しようとしたものの、再入国を許可されずに泣く泣く諦めた……という話。
 大元はこちらのNHKの報道でしょう。

在日外国人“親が亡くなっても一時帰国断念”(NHK)

 こちらの記事ではもうひとつ「台湾人が株主総会に出なければならないので出国した」という例も挙げられています。中央日報が韓国人のケースだけをピックアップするのも当然かな。

 原則として外国人というものはそういう地位に甘んじないとダメ……でしょうね。
 なにもかもが国籍を持っている側と同じということは絶対にない。
 ましてやコロナ禍の真っ最中です。東アジアではそれなりに落ち着きを見せているものの、 まだまだ予断を許す状況にはない。
 個人の事情はいろいろあるでしょうけどね……。

   そもそも政府が守る義務があるのは国籍を持つものだけ。パスポートを持てるか持てないか、というのはそこまで大きな違いなのです。
 もちろん、なんらかの形で永住権を持つ外国人の立場を考慮するということはあるでしょうが。
 例えば日本人が帰国する際のチャーター便に同乗できるとかが可能でしょうね。
 でも、それはあくまでも「好意」としてであって、日本政府がそうしなくちゃいけないという話ではない。

 そもそも韓国は母親の葬儀のために入国しようとした呉善花氏を「反韓的な活動を行なった」という理由で入国拒否したのですから、日本の措置をどうこう言える立場にはないですよね。
 呉善花氏は当時、すでに日本国籍を取得して帰化済み。
 最終的には「葬儀以外の活動は一切しない」と確約することで入国できたとのことですが。
 外国人は外国人としての分を弁えよう、で終了ですかね。
 いいとこ取りはできないものですよ。

ユン・ミヒャン、自殺した挺対協関連施設所長の個人口座で「元慰安婦の葬儀代をここに振込んで!」とやっていた……ただの共犯じゃん

「正義連は運動圏に水を与える 」……財閥顔負けな彼らだけの仕事量運転サイクル(中央日報・朝鮮語) ユン・ミヒャン、自殺した所長の個人口座で慰安婦お婆さん弔意金を募集していた(朝鮮日報・朝鮮語)
正義記憶連帯(正義連・韓国挺身隊対策協議会後身)の議論に進歩陣営内部の「仕事を分け与える」実践が俎上に載せられている。

正義連は内部情報誌のデザインをユン・ミヒャン(前正義連理事長)共に民主党議員の夫の会社(水原市民新聞)に発注しており、正義連に関連している「金復東奨学金」の相当額は、進歩系市民団体の活動家の子供が受けるようになっている。財閥の系列会社が親会社から仕事を受けるかのような構造に「市民団体ではなく、仕事連帯」という指摘も出ている。

ユン・ミヒャン議員が代表である非営利団体である「金復東の希望」は、すでに論議の対象となっている。金復東の希望が国税庁に申告した「2019年の予約購読の支出明細書(国内事業)」を見ると、1億3204万ウォンの総支出のうち、相当額が進歩系列団体や関係者に支給された。1億ウォンの奨学金は、ほとんど正義連取締役と進歩市民団体の活動家の子供たちに支給され、金復東祖母が昨年1月に死去した後には「国内市民・社会団体活動家の大学生の子供」に支給先を限定した奨学金を追加で作った。「金さんが普段にも双竜車労働者、サード反対市民など社会構造の被害を受けた人々に関心が多く、その遺志を継いだもの」と正義連は釈明している。残りの事業費も韓国女性団体連合連帯事業(200万ウォン)、戦争と女性の人権博物館広報事業(500万ウォン)などで使われた。

これに対してチン・ジュングォン前トンヤン大学教授は6日、フェイスブックで「正義連はNL運動圏の水を与える役割をしたこと」と説明した。それとともに「運動組織が成し遂げた経済ブロック、これが彼らの執拗な生存力の秘訣かもしれない」とし、「少なくとも活動家が生活のために市民運動から去ることを最小限に抑えることができるからだ」と分析した。 (中略)

より根本的な問題は、会計資料不良である。前述された金復東の希望や全泰壹財団、女性民友会などは、毎月の代表支給先をひとつだけ計上しただけで、残りの数十件は代表支払い先と合わせて総額だけ記していた。詳細検証が事実上不可能なのだ。参与連帯出身のキム・ギョンユル会計士はこのような状況について、中央日報との通話で「しっかりとした検証すらできないほどの会計不良が多発しているために市民団体が今批判されている」とし「このようなでたらめ会計を慣行だと主張する件まさに笑わせる話だ。少なくとも100万ウォン以上支払われた内訳は、個別に支給先を明示しなければならない」と述べた。
(引用ここまで)

共に民主党ユン・ミヒャン議員が6日、遺体で発見された「平和の我が家」所長孫某(60)氏の個人口座を慰安婦弔慰金募金に活用したことが確認された。また、ユン議員が過去、孫氏への給料として80万ウォンを与えた内容もユン議員は過去フェイスブックで明らかになった。

ユン議員は2017年4月、慰安婦被害者イ・スンドク祖母が亡くなった際にFacebookの孫氏の個人口座を「弔慰金口座」と公開してお金を募集した。この記事は、孫氏が亡くなったニュースが伝えられた7日午後には、削除されていた。

正義連に対して友好的に報道してきたインターネット媒体「メディアモングク」も当時、孫氏の名前と口座番号が書かれた通帳の写真をツイッターにそのままあげ」(後援されたお金は)全額葬儀費用として使用される予定だ」との記事を上げていた。この記事はこの日まで残っていた。
(引用ここまで)


 ザ・どんぶり勘定。
 最大の問題は不正会計である、という話を何度かしています。
 正義連についてもさんざん指摘されているのですが、帳簿がどうすることができないレベルの代物。
 「複数箇所への支払いを一箇所にまとめました」とか「月の支払いをまとめました」とか。
 正義連が居酒屋に1日のイベント代金として3300万ウォンを支払っていたなんてこともありましたね。(→正義連にまつわる疑惑一覧
 しかも、この帳簿記載について「慣行として認められている」と主張しているのだそうですよ。
 ちなみにこの人たち、公益法人。

 これまでは市民活動や「韓国における最高権威者」である慰安婦関連事業を行ってきたということで、踏み込めなかったところへこうして疑惑の目が向けられるようになったと。
 さらに先日、自殺した正義連の関連施設所長の個人口座を使って、ユン・ミヒャンが弔慰金の募集をしていたということが判明。
 自殺が判明したときに「メディアと検察に殺されたんだ!」みたいなことをフェイスブックに書いて、さらに自分の議員宿舎に集まってきたメディアに対して「私が死ぬところを待っているのか!」と激昂したという話が出てますが。
 なんのこたない、ただの背任の共犯であったことがバレるとまずいというだけの話。
 「元慰安婦の〇〇さんが亡くなりました。葬儀を行いたいのでこちらの口座に弔慰金を振り込んでください!」っていうのはユン・ミヒャン自身も散々やってきたこと
 本人が「検察の家宅搜索が辛い」とこぼしていたという話が出てますが。
 そりゃ、こんな共犯をやっていたのだから辛かろうよ、というだけの話でした。

楽韓さん、本日の動向 - さらっと普通目のニュース解説なんかもできたりするのだな、これが

【PR】Amazon Music Unlimited 3ヶ月無料キャンペーン中
【PR】楽天スーパーSALE開催中


 昨日の昼更新の南北ホットライン断絶のエントリは本当になにも考えずにニュース解説だけをしてしまった感じ。
 さらっとああいう芸当もできるのですけどあまりやらない予定。

 Amazon Music Unlimitedの3ヶ月無料キャンペーンは間もなく終了。
 途中でキャンセルもできるのでよろしければ。

 Kindleで
講談社が50%ポイント還元のキャンペーンをしているのを忘れてました。
 対象はラノベ、小説、文芸等。
 海賊と呼ばれた男はセール対象になったのがはじめてかな? というか電子書籍化していたのをまったく知りませんでしたわ。

戦後復興の話は熱い。


 あと物語シリーズが全巻対象。

化物語(上)
西尾維新
講談社
2016-07-01


今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。