相互RSS募集中です

2020年05月

ムン・ジェイン政権、市民団体の「親日派の墓暴きデモ」に後援金を支払おうとしてしまう……市民団体を名乗ればなんでも許される模様

  顕忠院「親日派破墓イベント」に2500万ウォン出した韓国報勲処(朝鮮日報)
 国家報勲処が、雲巌金星淑先生記念事業会の顕忠院「親日派破墓」行事に2500万ウォン(約223万円)を後援していることが12日までに判明した。光復会や雲巌金星淑先生記念事業会など一部独立運動団体は、親日履歴のある顕忠院埋葬者の墓を掘り返すべきだと主張しているが、現行法では不可能だ。こうした状況で、顕忠院を担当する報勲処がこれらの団体の「破墓イベント」を後援するという恰好になった。

 記念事業会は、国家報勲処などの後援を受けて13日に国立大田顕忠院で「親日と抗日の現場 顕忠院歴史立て直し」イベントを開催すると発表した。さらに、今回のイベントで墓の掘り起こしパフォーマンスをやる予定だと明かした。与党「共に民主党」の趙承来(チョ・スンレ)、イ・サンミン議員の行事出席も予告された。だが韓国政府内からは「有功者の顕忠院埋葬を支援する報勲処が、顕忠院破墓イベントを後援するのは不適切」という指摘が出た。

 これについて報勲処は「記念事業会が顕忠院探訪イベントを申請し、予算を支援したのは間違いない」としつつも、「当初の計画には墓を掘り起こすパフォーマンスなどは含まれていなかった」と釈明した。その上で「破墓パフォーマンスを中止し、本来の趣旨で行うよう要求する」「公文を送り、報勲処後援という文言も使わないようにする」とコメントした。
(引用ここまで)


 ムン・ジェイン政権になってからこっち、韓国は「市民団体天国」と呼んでもいいような時代になっています。
 市民団体への補助金は増え、市民団体から抜擢される政府高官も多くなっています。
 典型的な左派市民団体の参与連帯、民弁は一種の猟官組織と化しているほど。
 現在、54人いる秘書官以上のポストのうち、9人までが市民団体出身。
 大臣に相当する長官18人中、3人までが市民団体出身。どちらも16.6%。

青瓦台参謀9人・長官3人・与党議員19人…権力者になった市民団体(朝鮮日報) Web魚拓 1 / 2 / 3

 なぜこのような状況になっているかというと、ムン・ジェイン大統領は官僚を徹底的に嫌っているという背景があります。
 かつてのノ・ムヒョン政権時代、行おうとしていた改革が官僚に絡めとられてなあなあにさせられていくのを目の当たりにしていたのですね。
 というわけで政権に逆らうような官僚を根こそぎ排斥して、自分の知己である「運動圏」から人材を引っ張ってきている。

 そしてそうした市民団体に対してウリ認定をしてもらうためにじゃぶじゃぶとお金を投入している、というわけです。
 ……とはいえ、さすがに顕忠院(国家有功者が葬られる国立墓地)を管理している報勲処が墓暴きデモを後援するというわけにはいかなかった模様。
 破墓デモとは彼らが「親日派(チンイルパ≒売国奴)」として認定している人物の墓の周囲で「墓を暴こうとする」(実際には暴かない)デモのことです。
 え、わけがわからない?
 まあ、それも当然だと思うので、具体的に破墓デモ ── 墓暴きデモというものがどんなものであるかは、こちらのエントリを参照してください → 韓国の6月6日は国家有功者を追悼する祝日……そんな中、国立墓地で親日派に対する「墓暴きデモ」が行われる
 報勲処後援の墓暴きデモとか実行されたらロックだったんだけどなー。

自殺した正義連(挺対協)施設所長に元慰安婦の通帳から金を抜き出した疑惑が噴出……正義連側は「やつらが『金をくれ』と言ってきたのだ」と釈明

【社説】「死んだ所長がカネ引き出した」「家族がカネをくれと要求」…この際すべて明らかにすべき(朝鮮日報)
 「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)が慰安婦被害者・吉元玉(キル・ウォンオク)さんの口座を利用して資金洗浄(マネーロンダリング)をしていたという疑惑が取りざたされている。これは吉元玉さんの家族の主張だ。吉元玉さんがいた慰安婦被害者施設の所長の死もこれに関連している可能性があるということだ。吉元玉さんの孫娘は所長死亡のニュースを伝える記事の下に「私は所長が祖母の銀行口座からとてつもない金額のお金を引き出し、別の銀行口座に送るなどの資金洗浄をしてきたことを知り、(所長に)そのお金を使った内訳を教えてほしいと言った。そうしたら、あんな選択(自殺)を…」とコメントした。孫娘は「陰に何もないのに、これまであんなにお金を抜き取ったわけもないないだろうし…その陰には尹美香がいるだろうし」とも書いた。コメントは削除されたが、吉元玉さんの息子の妻は報道機関に「(娘は事実関係を)知った上で書いている。(国から慰安婦被害者に)お金がそんなにたくさん出ていることを知らなかった」という文字メッセージを送信していたとのことだ。

 正義連はこれまで、「所長は検察とマスコミの圧力のせいで極端な選択(自殺)をした」と言ってきた。「資金洗浄」疑惑も事実無根だとしている。吉元玉さんの家族はお金を受け取っておきながら陰湿に攻撃しているというのだ。所長の死は不幸な出来事だった。しかし、真実を覆い隠すことはできない。吉元玉さんの家族は「資金洗浄があった」と言い、正義連は「家族がお金をくれと言った」と言う。どちらの言葉が正しいのか、検察の捜査で明らかにしなければならない。 (中略)

慰安婦被害者の休養施設には尹美香(ユン・ミヒャン)議員=共に民主党=の父親が常駐し、給料を受け取っていた。尹議員の夫に仕事を与え、寄付金を尹議員の家族の事業に利用した。亡くなった慰安婦被害者の弔慰金で親北朝鮮・反米団体を支援し、市民団体メンバーの子の奨学金としても使っていながら、慰安婦被害者たちには一銭も与えなかった。税金や寄付金を思いがけずもうかった金のように思っていたのではないか。慰安婦被害者・李容洙(イ・ヨンス)さんは「私は30年間芸をして、金は彼らが取った」と言った。

 正義連に対する国庫補助金は現政権になってから46倍に増えた。国庫補助金8億ウォン(約7100万円)をはじめ、正義連の帳簿から漏れた補助金や寄付金は37億ウォン(約3億3000万円)に達する。若い学生たちがお小遣いを節約して寄付した約5000万ウォン(約450万円)、さらに金福童(キム・ボクトン)さんや吉元玉さんらが出した1億ウォン(約890万円)を超える寄付金も会計帳簿から消えた。会計の専門家たちは「正義連の会計は検証そのものができないほどだ」という。それでも「小さなミス」と最後まで隠し通そうとしている。
(引用ここまで)


 自殺した正義連(挺対協)の施設所長に対して、元慰安婦の家族が行き来している金額がおかしいという話をしたところ、直後に所長が亡くなった……という疑惑。
 十分にあり得る話、といえるでしょう。
 これまでの正義連に関する疑惑でも、もっとも大きいのは不正会計と個人口座への寄付金誘導。
 自殺したとされている所長の個人口座にも「葬儀費用として募金をお願いします」として振り込みを依頼していたことが確認されています。
 それ以外にもユン・ミヒャンの個人口座に振り込んでくれというような依頼もSNSで何度もしている。
 これ、幼稚ですけど典型的なマネーロンダリングの手法ですから。

 もちろん、ソウル市安城で元慰安婦らの別荘として運用する、という名目で不動産を普通の3倍近い値段で購入したのも、キックバック目的ではないかと考えるのはもっとも理解しやすい話です。
 どう見ても怪しいとしか言いようがない。

 寄付金募集も法的に必要とされる当局への届け出すらやらずに行っていた、という話まで出てますからね。

「金福童の希望」で2億ウォン違法募金、尹美香夫妻・補佐陣が主導していた(朝鮮日報)
野党・未来統合党の郭尚道(クァク・サンド)議員室によると、違法募金を主導した「金福童の希望」共同代表・運営委員には尹議員夫婦・補佐陣のほか、先日死亡した慰安婦生活施設「平和の我が家」の所長、慰安婦を象徴する「平和の少女」像の彫刻家、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)理事、1人メディア「メディア・モング」などが含まれていた。尹議員をはじめとする「金福童の希望」運営スタッフは、国民銀行に2口座を開設して支援金を集め、昨年の寄付金収入は約2億2000万ウォン(約1900万円)と発表した。

 この「尹美香グループ」は尹議員の夫が運営する水原市民新聞やソーシャル・メディア(SNS)などで個人口座への寄付金募金を促してきた。尹議員は2013年、水原市民新聞の「市民記者」として書いた記事で、自身の国民銀行個人口座(預金者名義:尹美香)番号を知らせ、「統一ニュース」のチョという記者は昨年、「(慰安婦被害者で故人の)金福童さんの名前で行われる寄付活動で市民の参加を募っている」として、尹議員の別の国民銀行個人口座番号を記事に載せた。個人口座で募金を促したチョ記者は先日、尹議員室の4級補佐官として採用された。

 現行の寄付金品法は、1000万ウォン(約88万円)以上の寄付金品を募集しようとする個人・団体が行政安全部長官や広域自治団体長に募集・使用計画書を提出しない場合、3年以下の懲役、または3000万ウォン(約270万円)以下の罰金に処するよう規定している。郭議員は「私的組織同然の『金福童の希望』での募金活動は明らかに違法なので、司法処理は避けられない」と述べた。
(引用ここまで)

 こちらでも個人口座。
 調べれば調べるほどに疑惑しか出てこない。

 元慰安婦らに振り込まれていた支援金等を通帳を取り上げて管理していた、というようなこともあり得るでしょう。
 特に施設にいて管理下にあった慰安婦であればなおのこと。
 その作業をもっともやりやすかったのは誰か、ということですね。
 ちなみに件の所長が自殺前に携帯電話で最後に通話したのはユン・ミヒャンであることが判明しています。

慰安婦被害者施設の所長、生前最後の電話相手は尹美香氏だった(中央日報)

 ふむ……なるほどね?

 なお、この疑惑について正義連側は「この家族が『金をくれ』と言っているに過ぎない」と述べているそうです。
 

韓国で「ムン・ジェインへの忖度まみれだ!」と話題だった伽耶展、日本への巡回展を取りやめ……これが残念な理由とは

「伽耶本性」日本巡回展、事実上取りやめ(ハンギョレ)
 昨年末、歴史歪曲論議をかもして一部の展示品を交替するなど曲折を経た韓国国立中央博物館の特別企画展「伽耶本性」の日本巡回展が事実上取りやめになった。博物館側は、本来7~12月に日本の国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)と福岡の九州国立博物館で日本巡回展を開くこととし準備作業を推進してきたが、2月から本格化した新型コロナ事態により、安全のために展示しないことで最近日本側と合意したと11日明らかにした。

 「伽耶本性」展は、韓国の国立中央博物館に続き先月から今月6日まで釜山博物館に移り、韓国国内巡回展を終え、日本展示を待っていた。7~9月に千葉県にある国立歴史民俗博物館、10~12月には福岡の九州国立博物館での展示を予定しており、最初に展示する国立歴史民俗博物館は先月まで遺物引き取りを準備し、韓国・日本の専門家に招請状まで発送していたという。しかし、新型コロナ事態が拡散し、日本政府が東京などに緊急事態を宣言し、博物館を休館したうえに韓国からの入国者に対しては2週間の自主隔離を義務化するなど制限を強化したため、遺物搬入などに困難があると博物館側は説明した。博物館側のある関係者は「巡回展の期限は迫っているのに日本側は返答がなく、気をもんでいた。先月中旬、電子メールで遺物搬出の困難さを説明し、巡回展示は困難ではないかとの意向を伝えると、間もなく同意する旨の回答が来た」と伝えた。

 文化財関係者からは残念だという反応が多い。今回の展示が、2002年の韓日ワールドカップ文化財巡回展以来最大規模の日本展示で、過去の問題から行き詰まっている韓日交流に活路を開く契機になるとの期待を集めていたためだ。
(引用ここまで)


 ああ、これは残念。
 伽耶本性はムン・ジェインによる「伽耶史を復元せよ」という号令に則って開催されたもので。
 朝鮮日報によると「ムン・ジェインへの忖度でとんでもない展示内容になっている」との話。
 政権に近しいハンギョレすら「歴史歪曲論議があった」って書いちゃうレベル。

 「伽耶」とされていた周辺から出土したものは「あれもこれも伽耶」って取り扱い。
 三国遺事に記述のある「インドから韓国に嫁入りした姫がいた」なんてヨタ話も「世界で初めての国際結婚である」とか取り扱ってしまうレベルの展示だったとのこと。

 で、この「伽耶本性」が巡回展として日本に来るはずだったのですよ。展示場所は上野界隈ではなく、千葉は佐倉の歴博の予定だったので扱いはそれなりのものだったのでしょうが。
 こうした「忖度」を伝え聞いてはいたものの、実際にどれほどのものだったのかを確認できる貴重な機会であったのですけどね。
 朝鮮半島について歴史的な知識があるていどないと、どれほどの忖度であるのかは分からなかったでしょうけども。出土物とか見ても分からなかったかもしれない。
 ま、それはそれでよかったのですが。

 しかし、そんな忖度まみれの展示会を「日韓交流に活路を開く契機」としていたとか……。
 まあ、「韓国への理解」は進んだかもしれませんね。ええ。

楽韓さん、本日の動向- アオイホノオの最新刊がすごかった……

【PR】Amazon Music Unlimited 3ヶ月無料キャンペーン中

 アオイホノオの23巻新九郎、奔る! 4巻購入。
 なぜこんな超弩級の黒歴史をさらしてしまうことができるのだ、島本和彦。あんたぁ、すげえ。すげえよ。



 Kindleの月替りセールに網野善彦教授の無縁・公界・楽が。
 隆慶一郎先生の小説作品に横たわる世界観はここからきているといっても過言ではないので、好きであれば是非に。



今日の Kindle日替わりセールからピックアップこちら。
パワー・クエスチョン 空気を一変させ、相手を動かす質問の技術
アンドリュー・ ソーベル
CCCメディアハウス
2013-10-09