相互RSS募集中です

2020年05月

ボルトン回顧録:韓国人「ボルトンと日本政府が組んで南北統一を阻んだ! 日本のせいだったんだ!!」と妄想を捗らせる

ボルトン回顧録で韓国民の怒りが日本に向かう理由(JBPress)
回顧録の中身として、米朝首脳会談をめぐる日本の否定的な態度や、米朝間の終戦宣言を安倍晋三首相が引き止めたという内容があると報じられたことで、韓国の与党やメディアは連日、ボルトン氏はもちろん、日本に対する激しい糾弾が続いているのだ。

「ネオコン・ボルトンの手管や日本の妨害によって、70年間の分断を終え、韓半島統一への歴史的転換となる千載一遇の機会が消えたという、実に嘆かわしい真実が残念だ」

「米国のネオコンと日本の主張は一致する。ネオコンや日本と手を組む(韓国内の)土着分断勢力が、韓半島の平和と繁栄を妨害する『三大分断勢力』であることが明らかになった」

 朝鮮戦争70周年を翌日に控えた24日、韓国与党の共に民主党の最高委員会議で、金泰年(キム・テニョン)院内代表はボルトン氏と日本をこのように非難した。

 さらに国会の外交統一委員長を務める宋永吉(ソン・ヨンギル)議員も21日、自身のフェイスブックで、こう怒りを爆発させた。

「日本は、韓半島の平和よりは政治的・軍事的対立と緊張が、韓国と北朝鮮の統一よりは分断が自分たちの利益と合致し、それのために初志一貫行動していることを、ボルトン元国家安全保障担当補佐官が書いた回顧録で改めて確認した」

「第2次世界大戦の敗戦国である日本が、韓国戦争(朝鮮戦争)で国家再建の基礎を築いたことからも、韓半島の平和が日本の利益と衝突することがわかる」

「ハノイでの北朝鮮と米国の会談の決裂を聞いて欣喜雀躍した日本、やはり韓半島の平和が不満なボルトンらの米国強硬派の画策が、ハノイ会談を破局に導いた」

 日本批判の声はまだある。韓国外交通商部(外交部)付属の国策研究機関である「国立外交院」の金俊亨(キム・ジュンヒョン)院長は23日、あるラジオに出演し、「ボルトンもボルトンだが、(回顧録で)日本の実態がそのまま露呈された」と語った。

 彼は「これだけではない。私は過去2年間ずっと話を聞いてきた。文在寅大統領が欧州を訪問したらすぐに日本がついてきては『親北朝鮮左派の話に気をつけよ』と言いまわるなど、(韓国に)付きまといながら仲違いしたほどだった」と、日本が文大統領の朝鮮半島平和外交に対して執拗な妨害活動をしてきたと指摘した。 (中略)

 多くの韓国人、特に文在寅政権支持勢力は、朝鮮半島の平和に最も邪魔になる存在が日本と考えている。南北が統一を果たし、経済力や国際的地位の面で日本を超えることを日本が恐れ、南北の和解を妨害しているというのが彼らの主張だ。

 今回のボルトンの回顧録の内容は、彼らに「自分たちの見解が決して間違っていない」という確信を与えただろう。韓国の保守系マスコミからは、ボルトンの回顧録によって米韓同盟が揺さぶられることを憂慮する見解が多いが、悪化の一途をたどっている日韓関係も、ボルトンの回顧録に少なからぬ影響を受けるものと見られる。
(引用ここまで)


 韓国人には「日本は南北統一を阻止しようとしている。南北統一朝鮮の国力を恐れているからだ」という認識がありまして。どのくらい前からか、というのはまた要検証ですが。
 少なくともソウルオリンピックの頃、すでにこんな話を耳にしていたと思います。

 なんでだ、と言われましても。
 韓国人はそう堅く信じているのですよ。「優秀な我々を分断させることで日本が上に居続けようとするためだ」……というような話を信じているのです。



 例のマンガでもこんな描写がありますね。
 逆にいうと、南北統一さえしてしまえば世界の一流国家になれるのだ、という妄想を抱いているのです。
 で、その彼らの妄想をボルトンの回顧録が裏付けている、ということで「北朝鮮との交渉がうまくいっていないのは日本のせいだ」と大騒ぎになっているわけですね。

 っていうか、北朝鮮の非核化が最大の目的であって、南北の交渉なんて二の次三の次。
 非核化交渉のおまけでしかない。
 これは日本だけでなくアメリカも同様。だからこそハノイは決裂したわけですよ。
 そしてひとつ前のエントリで書いたように、国際社会も「非核化が先決」という認識で共通している。
 独裁国家に大量破壊兵器を持たせたらろくなことにならないというのはシリアでもイラクでも証明されている。
 いわんや北朝鮮をや。

 実際にムン・ジェイン大統領が訪問したヨーロッパでも、ASEANでも同様に非核化が先決であると言われている。
 その後、そんなムン・ジェインのヨーロッパでの扱いに憤激した韓国の国会議員がドイツの外交官に詰め寄ったら「北朝鮮を信じるとかバカじゃねえの」くらいの扱いを受けてましたっけね。
 外交メンターのムン・ジョンイン曰く「ヨーロッパでのあの扱いは日本のロビー活動のせいだ」とのことですが。

 まあ、このようにして韓国では「日本は南北統一を阻止しようとしているのだ」という妄想が今日も捗っているのです。
 やれやれ。

韓国与党議員「我が国が北朝鮮に支援できないのは国連安保理による制裁のためだ。解除を要請するぞ!」……どうやって?

国連に対北制裁の一部緩和要請へ 韓国国会外交委員長(聯合ニュース)
 韓国国会の外交統一委員会委員長を務める与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)議員は25日、国連安全保障理事会に対北朝鮮制裁の緩和を要請する考えを示した。ラジオ番組に出演し、明らかにした。

 宋氏は、外交統一委員長として安保理北朝鮮制裁委員会の専門家パネル委員に会い、人道的支援などにおける対北朝鮮制裁の一部緩和を強く要請する考えがあると述べた。

 北朝鮮を巡る問題を調整する韓米の作業部会(ワーキンググループ)については「どのように活用するかによってもろ刃の剣になる」との見解を示した。対北朝鮮政策が米国の同意なしには何もできない形になってはならないが、南北交流事業で米国の制裁免除をワンストップで解決できるという長所もあると説明した。
(引用ここまで)

 先日、訪米して「アメリカが制裁解除しないなら、韓国は独自支援を検討する」と述べたとされるイ・ドフン朝鮮半島平和交渉本部長は帰国した際に、黙して語らず。
 成果があればペラペラと語っていたでしょうから、なにもなかったということでしょう。

「南北関係打開策を協議」平和交渉本部長、黙して語らず…立場の違い確認しただけか(ハンギョレ)

 北朝鮮への制裁緩和に向かおうとしない国際社会が悪いのだ、という方向性に韓国側が向かいそうですね。
 というか以前からその方向性だったのですけども。
 ムン・ジェインが必死になってヨーロッパで(当初の予定にはなかったにも関わらず)制裁緩和を語っていたのは「北朝鮮も話せばわかる相手なのだ」「だから1段階の非核化に対して、1段階の制裁緩和が必要になる」という話だったのです。

 で、そうやって自信満々で大統領自ら働きかけたところ、フランスイギリス、ドイツ、イタリア、EU首脳と会談を行ったすべての国に「いや、非核化が先だから」とか「CVIDって言葉、知っている?」って煽り気味に断られまして。
 挙句の果てに「あいつちょっとおかしいわ」と某国首脳から指差されるというね。

 「国連安保理に制裁解除を働きかける」といいますが、中露以外のどの国が賛同するのでしょうね?
 韓国以外に制裁緩和を望んでいるのは直接貿易を行っている中国・ロシアくらいなもの。
 ボルトンの回顧録への解釈でも「日本が朝鮮半島の平和を邪魔していた!」みたいな話が韓国側、特に共に民主党の国会議員から出てきているのですが(次のエントリで掲載予定)。
 日本にかぎらず多くの国々が「非核化がまず優先である」という認識に変化がない中、どうやるつもりなのやら。

メジャーで活躍も飲酒運転で奈落の底に落ちたカン・ジョンホ、復帰記者会見で謝罪するものの……韓国人「韓国の恥だ」「引退しろ!」

「13分で退場」イ・ガンイン、1試合の出場停止(ソウル経済・朝鮮語) ファンに公式謝罪した姜正浩「過去間違いを贖罪したい、非難は甘んじて受けいれたい」(OSEN・朝鮮語)
スペインのサッカー協会(RFEF)は20日(以下韓国時間)、スペインプロサッカーリーガエスパニョーラ レアルマドリードとの試合でレッドカードを提示され退場したイ・ガンインに1試合の出場停止処分を下した。イ・ガンインは来る22日開かれるオサスナとの30ラウンドのホームゲームのみ出なくなった。 (中略)

一部では、イ・ガンインが最大1ヶ月までの出場停止処分を受けることができる観測が出たが、追加の懲戒は免れた。
(引用ここまで)

2014シーズン終了後、ポスティングを介して大リーグのピッツバーグ・パイレーツと契約したカン・ジョンホは昨シーズンまでメジャーリーグでプレー。しかし、昨年8月に放出された後、新たな契約先を見つけられなかった。今年、コロナ19が大流行して契約が難しくなると、最終的に韓国に復帰意思を打診した。

姜正浩は2016年12月飲酒運転事故を起こし、裁判所から懲役8ヶ月、執行猶予2年を宣告された。この過程で、2009年と2011年、飲酒運転摘発事実が明るみになった。

KBOは先月25日、懲罰委員会を開いて失格1年、ボランティア活動300時間懲戒を決定した。しかし、野球ファンの間では懲戒が軽いとして姜正浩のKBOリーグ復帰を防がなければならないという世論が激しい。

カン・ジョンホはこの日の記者会見で「謝罪が遅かった。公開的な謝罪が遅くなり、韓国と米国で借金がある心であった家族にも堂々とできなかった。過去の過ちを元に戻すことができないが、今後の野球選手姜正浩、人間姜正浩に責任を持って生きていきたい。これから変わっていく姿をお見せしたい。過ぎ去った過ちを贖罪したい。すべての私事を放棄して人生を捧げる準備ができている。すべての非難を甘受して黙々と生きていく。本当に申し訳ない」とファンに頭を下げて謝罪した。
(引用ここまで)


 スポーツネタ2本。
 先日、レアルマドリード戦で途中出場してからわずか13分でセルヒオ・ラモスに対する悪質なファウルでレッドカード、一発退場となったイ・ガンインですが規定の1試合出場停止となりました。
 直後の報道では3試合ていどの追加懲戒があるか、最悪では今後の1ヶ月ほどの出場停止もありうるとの観測もありましたが。
 ま、出場停止にしようがしまいが、どっちにしてもさほどの出番があるような選手でもありませんからね。
 そういう事情が考慮されたかどうかは不明ですが。
 ま、とりあえずご報告までに。

 んで、去年までメジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツに去年まで所属していたカン・ジョンホが韓国プロ野球に復帰するとのこと。
 契約してから1年間は出場停止、300時間のボランティア活動をしなければならないという懲戒が決定しています。
 謝罪会見をしたそうですが、韓国人のコメントは「韓国の恥!」と辛辣。

 2015年、2016年とメジャーでけっこうな成績を残したものの、2016年の年末に飲酒運転で事故を起こし、有罪判決を受けるとアメリカから就労ビザの発給を拒絶されて詰みます。
 2017年は渡米すらできず、2018年のシーズン終わりに復帰。
 去年は打率1割台で8月に馘。

 正直、ショートを守らせるには不安がありまくる選手でしたが、セカンドならそれなりに守らせることができてかつ場合によってはショートもいける。内野のユーティリティでかつホームラン20本を期待できるパンチ力というのは貴重な戦力だったのです。
 ですが、さすがにほぼ2年近く実戦から離れていたというのは、メジャーでは致命的だったということでしょう。
 アスリートが品行方正である必要はないにしても、「最低限、罪を犯さない」というていどの頭は必要だよねといういい事例になったのではないでしょうか。

韓国与党、有罪確定で国会議員職を失った元首相の事件を無理矢理「再捜査」へ……これがK民主主義か

こうしようと…法制司法委を掌握した韓国与党「ドルイドキング事件はでっち上げ」(朝鮮日報)
 韓国与党共に民主党は23日、野党未来統合党が欠席する中で国会法制司法委員会全体会議を開いた。法院行政処、大法院量刑委員会、法制処の業務報告を受ける場だった。民主党議員は裁判所関係者に対し、韓明淑(ハン・ミョンスク)元首相の不法資金授受事件について集中的に追及した。裁判所も韓元首相の事件を扱う上で過ちがあったとの趣旨だった。野党からは「民主党はそれを言いたくて、法制司法委を開くと言い張って騒いだのか」との声が漏れた。

 民主党が統合党議員欠席の中で一方的に法制司法委を開いたのは、15日の尹昊重(ユン・ホジュン)法制司法委員長選出以来3回目だ。今回は民主党の複数の委員が「韓明淑事件」について一言ずつ発言した。主に裁判所に圧力をかける内容だった。朴範界(パク・ポムゲ)議員は韓元首相が一審で無罪判決を受けた後、二審で逆転有罪となった点を問題視した。朴議員は「二審では『もう一度だけ呼んでほしい』と言う証人を呼ぶことなく、5回の裁判で(審理を)終えた。(裁判の重要な証人である)ハン・マンホ氏の検察での陳述には信ぴょう性があり、一審判決での証言は信ぴょう性がないというのは『公判中心主義』の後退だ」と主張した。

 宋基憲(ソン・ギホン)議員は「韓元首相の事件を見れば、判事の人権に対する感受性が弱いのではないかと思う」と述べた上で、検事はほとんど強制捜査に近い形で捜査を行ったとし、「そうした過程について、裁判所に何の認識もなかったというのがおかしい」と指摘した。検事出身の蘇秉哲(ソ・ビョンチョル)議員は「(検察は)罪のない人間を73回も呼び、終日3平方メートルの部屋に入れて取り調べたが、普通の人間が精神力を維持できるだろうか」と疑問を投げ掛けた。

 民主党はこれに先立ち、今月18日の法制司法委会合に秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官を出席させ、秋長官と共に「検察たたき」を演じた。尹錫悦(ユン・ソギョル)検察総長が韓元首相関連の陳情をソウル中央地検人権監督官室に割り当てたことが「監察もみ消し」「抗命」に当たるとする主張を複数の議員が展開した。統合党議員は「与党が法制司法委を掌握した結果、検察、裁判所を問わず圧力を加えている。まるで『韓明淑救出』のために憲政史上例がない常任委員長単独選出を強行したようだ」と語った。

 民主党は23日、法制司法委の議場の外では「ドルイドキング事件」の特別検事による捜査報告書がでっち上げられたとする疑惑を指摘した。民主党の田載秀(チョン・ジェス)議員は党会合で「22日に行われた金慶洙(キム・ギョンス)慶尚南道知事の公判で特別検事の捜査報告書の内容がなぜ事実と異なる形で作成されたのか、ある政治的目的で作成されたものではないのか、速やかに解明すべきだ」と主張した。党広報担当の宋甲錫(ソン・ガプソク)議員は「真実が何かは特別検事で直接解明すべきだ」とする公式論評を出した。金知事はドルイドキング事件の一審で収監された後に保釈され、現在は二審の裁判を受けている。ドルイドキング事件の特別検事による捜査は与野党合意で始まり、許益範(ホ・イクボム)特別検事は文在寅大統領が複数の候補者から直接選んだ人物だ。統合党の副広報担当、黄圭煥(ファン・ギュファン)議員は「次の法制司法委の会議では『ドルイドキング事件を再捜査しろ』と追及する計画なのか。裁判所が判断すべきことになぜ与党関係者が立ち入ってくるのか。こうして捜査や裁判に関与し、司法体系を揺るがすことが与党の言う『仕事をする国会』の役割なのかは疑問だ」と述べた。

 別の野党関係者は「親文在寅勢力の中心人物が関与した事件は再捜査であれ、裁判であれ、いかなる方式を用いても覆すということだ。検察・裁判所に圧力をかけて自分たちの恨みを晴らすために、あれだけ法制司法委員長のポストにこだわったのではないか」と述べた。
(引用ここまで)

 共に民主党が総選挙で圧倒的大勝を遂げて177議席を獲得。
 17ある国会の常任委員会のすべての委員長の席が与党に占められていて、それを不服とする野党未来統合党はすべての委員会で欠席中。
 ですが、そんな中でも粛々と与党側はやりたいようにやっています。

 検察担当者を委員会に呼びつけて、ハン・ミョンスク事件をなかったものにしようとし、さらにドルイドキング事件にもいちゃもんをつけているという。
 自分らに不利な判決を出した裁判所、捜査機関(ここでは検察)を糾弾しようとしているのですね。

 ハン・ミョンスク元首相については、こちらの記事に詳しいところ。

韓明淑元首相に懲役2年…元首相で初の実刑(ハンギョレ)

 9億ウォンの不正政治資金を受け取ったということで懲役2年の実刑判決。国会議員の職を喪失しています。
 記事にもあるのですが事実認定の部分で若干、こじれた部分はあるのですよ。
 そのこじれた部分をもって、共に民主党側は「ハン・ミョンスクは無罪だ!」とやろうとしているのですね。
 ただ、少なくとも最初に渡された3億ウォンについては当時の大法院でも大法官(最高裁判所裁判官に相当)全員が有罪を認定しています。
 裁判をやり直しても「やっぱり有罪」ってことになると思いますけどね。量刑は変わってくる可能性があるにしても。

 もうひとつはドルイドキング事件で有罪になったキム・ギョンス慶尚南道知事への捜査も違法だったとやろうとしているとのこと。
 キム・ギョンス知事はムン・ジェインの最側近といっても過言ではない人物。
 大統領選挙中の八面六臂の活躍が評価されて、統一知事選で慶尚南道知事雇保として抜擢されて当選。
 将来は大統領候補のひとりにも……というような状況だったのですが、NAVERやdaumといった韓国のニュースポータルでムン・ジェイン政権に有利なコメントを書いて世論操作を行っていたドルイドキング事件の黒幕であったことが判明して逮捕。

 この一連の動きは与党側のやぶへびであって非常に面白おかしいものなのですが、ざっくりとした経緯書かれたエントリがあるのでそちらをごらんください→ムン・ジェインの最側近にコメント操作事件で有罪判決 → 韓国与党「裁判長は反革命勢力だ! 司法改革して人的清算してやる!」
 現在は事件について高裁で係争中。
 ちなみに一審で実刑判決を出した裁判官は、その後に「機密漏洩した」ということで起訴されています。これもなかなか噴飯物のできごと。

 で、与党側はこのドルイドキング事件についても「事実と異なる」として再捜査を要求しそうな勢い。
 でもまあ、ハン・ミョンスク元首相のほうが本命かなぁ……。あるていどの無理筋でも177議席の力でまかり通ろうとすると思われます。

楽韓さん、本日の動向 - 紙のストローは味がしていやだ……

【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月99円。雑誌、写真集などなど読み放題。

・スタバのストローが紙製になってしまって味がいやだ……。
・積立投資を色々と変更中。詳しくは土曜日投資短信にて。
・石川県金沢市のOCNからのコメントを不可に設定しました。

 Kindleで小学館のぴっかぴか小デジ!感謝祭 2020年夏が今日終了。
 ラノベが色々対象。



あと韓国関連の書籍もけっこう対象になっています。



今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
経済学講義 (ちくま新書)
飯田泰之
筑摩書房
2017-09-22