相互RSS募集中です

2020年05月

ユン・ミヒャン、元慰安婦が死ぬ度に葬儀で幾重にも集金していた……これはすごい

慰安婦被害者の遺族「尹美香、弔意金の帳簿すら見せてくれなかった」(中央日報)
「これまでは尹美香(ユン・ミヒャン)が母の葬儀を行うと言って金を受け取り、うまく采配して使ってくれていると思っていました。でも今考えると母の死体を売って商売をしていたということじゃないですか」

2006年に亡くなった慰安婦被害者の故朴頭理(パク・ドゥリ)さんの娘Aさん(60)は22日、「尹美香は弔意金や後援金の帳簿さえ見せてくれず、むしろ私のお金を取っていった」と話し、悔しさを吐露した。朴さんが亡くなった当時、韓国挺身隊問題対策協議会〔挺対協、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)の前身〕事務局長だった尹美香・共に民主党議員が葬儀費用を募金で集めておきながら、遺族には募金額やその支出内訳などを一切知らせなかったという主張だった。 (中略)

--葬儀費用はどうなっていたのか。

「母が亡くなった日、尹美香が別の挺対協職員1人と一緒にやって来た。私から先に『費用がいくらかかるのか。500万ウォン(現レートで約44万円)ほどか』と聞いた。足りないといけないと思い、全財産ともいえる積立金500万ウォンを解約しておいた。すると尹美香は『それくらいなら足りると思う。残ったら返す』と言って、私の印鑑を渡し、挺対協職員にお金を引き下ろしに行かせた」

--当時、訃告には挺対協名義の銀行口座で後援金を集めたとされたいたが。

「500万ウォンを受け取りなから、尹美香はそのようなことには一切触れなかった」

--正確にはいくらが集まっていたか知らないのか。

「事実、私は泣いて疲れてを繰り返し、後援金を集めたかどうか、そういうことはよく知らなかった。最後の日、火葬場で尹美香が『朴頭理さんの最後のお金だ』と言って200万ウォンをくれたのがすべて。当時、家に国会議員も弔問に来て、弔花もたくさん届いた。香典もかなり集まったはずだが、その帳簿すら見せてくれなかった」 (中略)

--朴さんの遺骨はナヌムの家に安置されたが、訃告記事には埋葬地が望郷の丘になっていた。

「尹美香が私に聞かずにそのように出したのだ。(※挺対協関連の活動をした被害者は、通常、望郷の丘に安置された。)私には火葬場では『望郷の丘に行くのか』というので『母が生涯暮らしたナヌムの家に行く』と答えたところ、尹美香がとても不愉快そうな表情をして席を外した。ナヌムの家に母の遺骨箱を安置するところまで見ることもなかった。母の死体まで自分たちの影響力を大きくするために利用しようとし、母の葬儀を行うからと後援金を集めて。事実上、死体を売って商売をしていたのではないのか。尹美香がこのような問題で、家でナヌムの家の人と言い争っていたという話も後で伝え聞いた」
(引用ここまで)


 ピックアップしようとしてタイミングを逃していたユン・ミヒャン&挺対協ネタ。
 元慰安婦が亡くなると、最後の稼ぎどころとばかりに集ってくるという実態が見えてきますね。

・「葬儀費用を募金してください」として、個人口座に金を振り込ませる。
・遺族に「葬儀費用はあるか」とたかりにいって数百万ウォンを奪い取る。
・葬儀会社が同情して元慰安婦については無料で葬儀をやってくれている。
・それでも挺対協で葬儀費用を経費として計上している。
・香典はもちろんガメる。

 葬儀ひとつで何重もの集金。ダイソンどころじゃない吸引力。
 ……徹底してるな。
 あれだなぁ……ここまで徹底しないと現金で不動産をいくつも買うようなことはできないのかもしれないですね。

 こうして慰安婦ビジネスの徹底具合を見ていると、元慰安婦が残り少なくなっていることからビジネスに不安を覚えて国会議員になったという推測も外れているわけではなさそう。
 すでに正義連、挺対協の歴代会計担当者は何度も事情聴取されていて、外堀はほぼ埋まっている状況。
 検察がユン・ミヒャンに事情聴取するのは今週中にもあるのではないか、との話。
 来月にかけて一気に展開することになるかもしれませんね。

冠婚葬祭大人のマナー
太田徹夫
2020-05-23

韓国大統領府、拡大G7への韓国参加を拒絶した日本に「恥知らず」「隣国に害を与えるばかり」「反省しない態度に驚きもない」とコメント……なに言ってんだこいつ

拡大G7への参加反対 日本に「恥知らず」と批判=韓国大統領府(聯合ニュース)
 先進7カ国首脳会議(G7サミット)拡大構想を巡り、日本が安倍晋三首相の意向を踏まえ、韓国の参加反対を米国に伝えたと報じられたことについて、韓国の青瓦台(大統領府)高官は29日、聯合ニュースに対し、「隣国に害を与えることに慣れた日本の一貫して反省しない態度にはもう驚きもしない」として、「恥知らず」と強く批判した。

 また、「国際社会、特に先進国は日本のこうした水準を十分認識しているため、(G7への参加に)別に影響はないと思う」と強調した。
(引用ここまで)


 まさかの拡大G7ネタ3連発。
 茂木外相と菅官房長官から「G7の枠組みそのものを維持することが重要」というコメントを持って、拡大G7への韓国の参加を反対されたと韓国政府は判断したようですが。
 日本政府は「韓国の参加に反対」ではなく、これまでのG7の枠組みを堅持しようとしているだけ。
 例えば北朝鮮の瀬取り監視にアメリカ・日本・カナダ・フランス・イギリスといった国々は艦船・航空機等を派遣している。G7のうち5カ国が北朝鮮を監視しようとしていて、その先の中国監視も見据えている。
 残りのドイツは海軍的にアレだし、イタリアは……ほら、イタリア軍だし?
 そんな中で日本からは「韓国はまともに監視に参加していない」というクレームが出てるほどの状況。それなのに拡大G7には参加したいとか言い出す。
 韓国はG7としてのこうした義務を果たせる立場にあるのか、ということが問われているはず。

 それなのに出てきた言葉は「恥知らず」「他の先進国は日本の水準を知っている」「G7への参加に影響はない」……ですって。
 G7参加国が拒絶していたら新規参加はできないのだけども、どうやって潜り抜けるつもりなんですかねー。
 アメリカでのサミットへゲスト参加して「これが俺たちのG7参加じゃぁあっ!」とか?
 まあ、好きにしてくださいな。
 がんばれ❤️がんばれ❤️(アフィネタとしては危険なので掲載できない)

韓国メディア「日本は韓国の拡大G7への参加を歓迎すべきだ」「ムン・ジェインは親北でも韓国を拒絶するな」……ですって

【社説】日本は「韓国G7参加」に反対ではなく歓迎すべきだ(朝鮮日報)
 先進7カ国首脳会議(G7サミット)を拡大して韓国を参加させるというトランプ米大統領の構想に、日本が反対する考えを伝えたという。 (中略)

 日本はG7の既存メンバーとして、新メンバー加入に反対する権利を持っている。しかし、反対する理由からして納得できない。日本は「(韓国は)中国や北朝鮮への外交姿勢がG7と異なると懸念」している、として韓国の参加に反対したという。文在寅政権が南北和解を優先し、中国寄りの傾向を見せているため反対するということだ。

 今、世界はこれまで以上に主要国のリーダーたちが話し合っていかなければならない時期にある。自由主義的国際秩序と相互協力が話し合われるG11体制は、ただ反中国だけのためのものではない。今の韓国政府の北朝鮮に対する姿勢が懸念すべきものであることは事実だが、現政権の任期はいくらも残ってない。韓国と政権は区別すべきだ。

 日本が韓国のG7参加に反対する本当の理由は、アジアで唯一のG7加盟国という地位を維持したいとの思いからだという。 (中略)

韓国が先進国クラブの正式メンバーになって肩を並べることをよしとしないのだ。稚拙で心の狭い考えだ。そうした考えでいたために太平洋戦争の悲劇が起こった。日本政府は名分のない韓国のG11参加反対見解を引っ込め、逆に歓迎して世界の舞台でアジアの発言権を高める機会にすべきだ。
(引用ここまで)


 朝鮮日報が起きながら寝言を垂れ流してますね。
 「日本は韓国のG7参加を歓迎すべきだ」……ですって。

「G11体制は反中国だけのためのものではない」
 「北朝鮮に対する姿勢が懸念すべきものだというのは理解するが現政権の人気はいくらも残っていない。韓国と現政権は区別すべき」
 ……とのことですが。

 どう見てもトランプ大統領が提唱している主旨は対中包囲網であるのは間違いなく、その中で韓国がどんな声を挙げられるのかという問題でもある。
 現政権は親中国的で声を上げられない。でも、新政権はどうか分からない。韓国という国自体を拒絶するな、といいますが。
 中長期的に見た時に、韓国がどちら側に行く国なのかという話なのですよ。
 現に前政権は保守派のパク・クネでしたが中国の戦勝パレードに自由主義陣営として唯一、国家元首が参加している。あまつさえ天安門でプーチン、習近平とのスリーショットを撮影されて本人だけでなく、メディアも含めて喜んでいた。
 現政権であるムン・ジェインは「日米韓の三国同盟は決して組みません」「ミサイル防衛の体制には加わりません」「THAADミサイルの追加装備はいたしません」という三不の誓いを捧げている。
 次の政権が三不の誓いを覆すことができるのか、と考えてみると。
 無理でしょ。
 いつの日か保守派が政権を奪回したらイージスアショアを入れて「これはTHAADではないからセーフ」くらいのことを言うかもしれませんが。それでも三不の誓いそのものを覆せるとは思えない。

 対北朝鮮でも同様で、次の政権が「制裁維持」を主張できるかといえば、そんなことはない。
 イ・ジェミョン、パク・ウォンスン、チョ・グク、イ・ナギョンといった面々が現在の次期大統領候補として挙げられていますが。
 これらの次期大統領候補が対北朝鮮政策を変えることができるか。「ムン・ジェインの後継者」という正統性を外して選挙戦を戦えるのか、ということになると思います。  こちらも無理でしょ。どう考えても「ムン・ジェインの後継者の座」は欲しいし、ムン・ジェインからの協力も必要とする。
 大きく対北朝鮮の外交政策を切り替えることができるかといえば無理。
 あ、保守派はありません。ないない。ちなみに次の次でもおそらくは無理。その次……ならなんとか、かなあ。

 日本の話はシンプルで。
 G7の枠組みを維持することが重要だ、というもの。
 まあ、これは欧州各国、カナダも同調してくれている。特にロシアの参加に拒否感が強い。

茂木外相「G7の枠組み維持重要」 参加国拡大に否定的見解(日経新聞)
茂木敏充外相は28日のNHK番組で、主要7カ国首脳会議(G7サミット)の参加国拡大に否定的な見解を示した。「G7の枠組みそのものは維持することが極めて重要だ。これが全体のコンセンサスではないか」と語った。

トランプ米大統領はロシアや韓国などを招待する意向を表明している。
(引用ここまで)

 まあ、遠回しではありますが韓国・オーストラリア・インド・ロシアを加入させるという拡大G7への拒否感を示している、というのは間違いないところ。
 先ほど行われた月曜午前の菅官房長官の定例記者会見でも同様のことを述べています。



 現在の参加国が拡大に反対している以上、この話は終了なのです。
 アメリカでの開催でゲスト参加でがんばってくださいな。

韓国メディア「日本が韓国のG7参加を拒んだ! 嫌韓で支持率を上げようという魂胆だ!」……君ら、招待当時に「中国包囲網となる拡大G7に韓国の参加は難しい」って書いてたよね?

「韓国は親北 - 親中」……日本が韓国のG7参加に反対する本当の理由は(東亜日報・朝鮮語)
日本政府は、韓国の主要7カ国(G7)首脳会議に参加に反対した理由に韓国の親北と親中姿勢を打ち出している。内心では、韓国の歴史問題提起の可能性、国際社会の日本の地位低下などを複合的に懸念して韓国のG7参加に本格的に「足を引っ張る」ことに乗り出す構えだ。大統領府は公式対応を自制したが、G7を置いて韓日葛藤が再現されるとの観測も出ている。 (中略)

日本はこれまで、韓国が外交舞台での存在感を高めることをしつこく妨害してきた。代表的な事例として、2006年に潘基文前外交通商部長官が国連事務総長に選出されることも、日本が最後まで反対票を投じたことが分かった。

日本は2018年の南北対話局面でも韓国の立地と重要性が拡大されていることを牽制した。ボルトン前米ホワイトハウス国家安保補佐官は23日、出版した回顧録で2018年5月4日、自身が定義用青瓦台国家安保室長に会った日に日本の谷内正太郞国家安全保障局長(当時)と別々に会ったことを公開した。ボルトンは「谷内局長は北朝鮮の伝統的な『行動対行動」のアプローチに騙されてはならないとした」と明らかにした。

安倍晋三首相は、シンガポール1次米朝首脳会談の5日前となる2018年6月7日にトランプ大統領に会って「キム・ジョンウン北朝鮮国務委員長を信じてはいけない。北朝鮮は、自分の体制保持に命をかけている」と主張したとボルトンは伝えた。

大統領府は公式対応を自制したが、内部的には不満気流が強い。すでに韓米首脳が韓国のG7招待に共感を形成した状態で、日本が割り込む形であるからである。青瓦台に代わって政権与党の共に民主党が批判に乗り出した。国会外交統一委員長を務めている民主党の宋永吉議員は「(日本の)国内向け嫌韓政治」と「(安倍首相の)個人の支持率上昇のための無責任な行動に強い遺憾を表する」と主張した。>>
(引用ここまで)


 共同通信の「日本政府は拡大G7への韓国参加を拒んだ」というニュースに対して、韓国側はかなり大きな反応を見せています。
 NAVERニュースにはPVランキングとコメント数ランキングがあるのですが、特にコメント数でのランキングが凄かった。
 「世界のニュース」で今日未明のトップ10のうち8までがG7関連ニュース。
 そしてトップ30のうち、21までがG7関連ニュース。トップでも1000ちょっととひとつひとつへのニュースへのコメント数は決して多くないのですが、どのニュースにも400〜500以上のコメントがつくという異常事態。

97DF508F-E7A7-415E-BED9-F3ECF788C106.pngAFCFA9F5-C624-487E-A9A0-20C433CAF2C7.png8738C6E2-E3BF-4DE2-BA1D-613D8A599118.png

 コメント内容は「日本は敵国なのだから当たり前」というものも少なくありませんが、その一方で「G7の拡大は中国包囲網だ。ムン・ジェインがこれに参加してなにを言えるというのだ」という冷静なものの見方もそこそこあります。
 でもまあ、大半は「日本は敵国だ」って方向性ですかね。

 韓国メディアからは「建前として『対北朝鮮、対中国でG7の足並みが揃わなくなる』としているものの、実際には支持率低下の対策としてやっているのだ」「アジア唯一のG7三カ国というバリューを失いたくないから韓国の参加を拒んだ」というような論調がほとんど。
 ランキングにあったほとんどの記事を読んだと思いますが、中国包囲網であるG7拡大についての言及はほぼなし。
 トランプ大統領によるG7拡大宣言の際にはそこそこ「これは中国包囲網であって招待されるムン・ジェインは難しい立場に追い込まれる」っていう論調があったのですけどね。
 日本がその「中国包囲網を韓国は形成できない」という理由で「韓国の拡大G7への参加を拒む」となると、別の回路にスイッチが入ってしまう、という感じです。
 度し難いなぁ……。