相互RSS募集中です

2020年07月

韓国識者「日本に対抗して韓国型軽空母を建造するというが、海上自衛隊に30分で撃沈させられるだろう」とシミュレーションの結果を暴露

7兆ウォン韓国型軽空母、ともすれば中国海軍に粉砕される(週刊東亜・朝鮮語)
政府は早いうちにこの空母建造を始め、2029年までに進させ、2032年ごろに実戦配備するという構想を持っていると伝えられた。この事業には、ナビゲーションの開発とシステムの開発、艦建造に2兆ウォン以上、F- 35B戦闘機20機(作戦配置12代+予備8台)と海上作戦ヘリコプター8機を導入する5兆ウォンなど7兆ウォン以上のコストがかかるものと予想される。

政府が空母導入事業に腕をまくり上げて出た理由は、表面的には、北朝鮮と周辺国の脅威面変化である。北朝鮮は、新型弾道ミサイルと大口径放射砲を開発し、実戦に配置しており、中国と日本は空母を2~4隻ずつ導入し、軍事力の増強に拍車をかけている。特に日本の航空母艦導入に積極的に対処しなければならないという大統領の強い意志が空母導入事業に強力な推進力として作用したことが分かった。つまり、この空母は対日用途の性格が濃いということだ。

次に、この空母が北朝鮮と中国、日本の脅威に対応することができますか?結論から言えば「不可能」である。海軍はこの空母を変容する外部セキュリティ上の問題に対応するための手段としているが、これは3万t前後の規模とSTOVL(Short Take Off and Vertical Landing)方式の艦載戦闘機を運用する軽空母の本質と概念を、完全に無理解していることが露わになっている。 (中略)

結局、STOVL方式軽空母に搭載されたF- 35Bができるのは、空対空ミサイル4発をウエポンベイに装着して、最小限の艦隊防空任務のみをサポートするレベルにとどまるしかない。7兆ウォンをかけて、このような戦力を買ってくるのであれば、いっそイージス艦4~5隻を買い増してくるのが、戦力指数がより高い。

北朝鮮に対して完全に無駄であるなら、中国と日本の空母に対応することはできるだろうか? 特に大統領が強く注文したという「日本の航空母艦」に対応する能力はあるのか? これも結論から言えば、不可能である。 (中略)

日本は40機のF-35Bの導入を確定し、さらに航空自衛隊が13台を導入するE-2D早期警報機とリアルタイムデータリンクを介してNIFC-CA(Naval Integrated Fire Control-Counter Air)を実装することにより、圧倒的な遠距離攻撃能力を保有する見通しだ。

韓国型空母が独島で日本の海上自衛隊と戦うという2030年代半ばの状況を想定してみよう。日本はE-2D早期警報機とP-1A海上哨戒機を利用して韓国型空母搭載F-35B戦闘機の哨戒半径外から韓国空母を検出・追跡することができる。日本の空母で発進したF-35Bは、自分のレーダーをオンにする必要もなく、E- 2Dと戦闘艦で送信された韓国F-35Bの位置を確認し、200kmの外ミーティア空対空ミサイルを大量に注ぎ込んで離脱する。

韓国の戦闘機が右往左往する間、日本の別の空母から発進したF- 35Bは、ハードポイントからJSMミサイルをぶらさげて、韓国海軍空母に大量のステルスミサイル攻撃を浴びせることで、戦いは30分で終わるだろう。

中国を相手にした場合も同様である。 (中略)

このような観測が誇張や妄想に聞こえるだろうが、このシナリオでは、2015年に筆者が海軍と一緒に行った空母先行研究である「次世代先端艦艇建造の可能性検討調査」報告書に載っているシミュレーション結果である。 (中略)

北朝鮮を相手に効果的な攻撃能力を発揮できず、中国と日本を相手にしっかりとした戦闘自体が不可能な、このような船を戦力化することは青瓦台の「反日フレーム」を利用した支持底上げ、ここに便乗した海軍の「事業を行なうことさえできればよい」との考えで欲深いからである。このような欲があって船体と艦載機まで合わせ7兆ウォンと推算される莫大な国民の血税が入る大韓民国の最初の空母を平時には「大型行事」のように扱い、戦時には「動く標的」に過ぎない中途半端に作成している。このまま行けば、この空母は政権の「安保業績」ではなく「安保惨事」で歴史に残るだろう。
(引用ここまで)


 ムン・ジェイン政権が「韓国型軽空母」の建造を前倒ししたことで、関連業界が騒がしいことになっています。
 前回の朝鮮日報の記事では「立ち止まって軽空母がなんのために必要なのか考えるべきではないか」という提言がありました。
 今回の東亞日報(週刊東亜)の記事では「北朝鮮に対しては空母単体で支援活動以外のなにもできず、日本・中国に対しては圧倒されるだろう」とのシミュレーション結果があった、とのこと。

 このシミュレーション結果から筆者は「戦力として用いるのであれば7万トンクラスのカタパルトのある正規空母1隻、ないしは4万トンクラスの中型空母とF-35Cの導入が必要」と提言したものの、海軍はそれを黙殺して軽空母事業を進行させている。
 以前に国会議員から7万トンクラスの空母云々って話が出てきたのはこの提言があったからかもしれませんね。

 それよりも注目したいのは「ムン・ジェイン大統領が『日本の空母に積極的に対応しなければならない』として事業を積極的に進めている」とあるところ。
 以前は「大型輸送艦II事業」とされていた事業名称も、「韓国型軽空母事業」とより勇ましいものになっています。
 「立ち止まって空母の必要性~」の記事でも大統領府から「韓国の空母のほうが日本のそれよりも大きいことを喧伝していかなければ」という声があると報じられていましたが。

・「日本の独島侵略の野望を挫く」という反日での支持率回復。
・窮地の造船企業へ仕事を割り振ることができる。
・「一等国として空母保有の夢を叶えた」というアピールも可能。

 ムン・ジェイン政権にしてみたら一石三鳥くらいは望めるプロジェクト。
 ま、これに乗らないわけがないですね。
 そこに実効力があるかどうかなんてどうでもいいことなのですよ。
 どうせ一隻こっきりの運用でシャルル・ド・ゴール同様、ドッグ入渠時にローテーションができなくてなにもできることがなくなる張りぼてと化すのですから。

韓国メディア、「日本とアメリカは敵同士のはず」という韓国人の思い込みを晒してしまう

戦犯国日本のペテン(中小企業新聞・朝鮮語)
日本の河野太郎防衛相が最近、日本に飛んでくる弾道ミサイルを迎撃することに限定するミサイル防衛から抜け出し敵の領域でミサイル発射を阻止する事実上の先制打撃能力が必要だと主張し、これに対して韓国や中国など周辺国の了解を求める必要がないと発言したものである。

これは太平洋戦争敗戦後に設けられた、日本の平和憲法に基づく専守防衛(攻撃を受けた場合にのみ、防衛力行使可能)から抜け出し、攻撃能力を保有するという暗示で韓国、中国など周辺国に影響を与えることができる事案である。これまで安倍政権が憲法解釈を変えるなど変則的な方法で防衛政策を改編した点に照らしてみると、これは今後の日本が武装を拡大する足がかりになる可能性が大きい。

日本の意図は明らかである。少しずつ戦争できる国に進むというものである。もし周辺国が日本の先制攻撃案を容認すれば、日本はこれをきっかけとしてより大きな譲歩を要求し、最終的には、ヒトラーのように本格的に全面的な挑発を断行して、東アジアと太平洋をまた一度戦火に包ませようとしているのだ。したがって、周辺国の了解が必要ないという河野防衛相の強硬発言には真剣に問題視し、韓国をはじめとする周辺国が徹底的にこれを防がなければならない。

日本は言及しなかったが、その周辺国では、太平洋戦争の敵であった米国も含まれる。問題は、中国と新冷戦を繰り広げている、米国が日本の挑発をある程度容認した場合、米国はヒトラーにだまされて、平和を云々していた英国と同様に大きな対価を支払うこともできる。平和を主張し、戦争を挑発する暇を狙う日本の小賢しい手段に対して周辺国のすべてが、賢明に対処案を見つけなければならない。
(引用ここまで)


 元ネタはシンシアリーのブログ 韓国紙「日本の『了解を得る必要が無い』周辺国には、米国も含まれる」より。

 河野防衛相が「敵基地攻撃能力の整備について、中国・韓国の了解を得る必要はない」と述べたことに関して、韓国ではいまだにけっこうな数の解説やニュースが出ています。
 で、そんな中「日本のいう了解を得る必要のない『周辺国』にはアメリカも含まれているのだから、アメリカは日本を糾弾しろ」というような言説が出てきました。

 ふむ。
 以前に「韓国広報専門家」を自称するソ・ギョンドク教授が、安倍総理のアメリカ連邦議会の上下両院で演説することを阻止しようとして、ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ウォールストリートジャーナルといったアメリカの主要紙にこんな広告を出したことがあります。

EF43189C-719D-4AF9-85FB-E8639BEF8049.png

 いわく、「真珠湾攻撃を忘れたのか?」「アメリカは太平洋戦争で日本と戦ったではないか」「日本は加害国だ」というようなもので。大きく「Attack on Pearl Harbor」と書かれてますね。
 そんな敵対国である日本の安倍総理はアメリカ議会で演説する資格がない、との主張をするものでした。
 日本はアメリカにとって敵国。
 その一方で韓国はアメリカが血を流して守った国。どちらの言っていることを受け入れるのだ、というようなものでしたね。
 もちろんなんの共感を呼ぶこともなく、スルーされて終わり。
 広告が見事なくらいに独りよがりだったことを楽韓Webでもエントリで書いています
 結果、安倍総理の議会演説もスタンディングオベーションで迎えられました。

 その後、安倍総理がオバマ大統領(当時)の広島訪問の返礼をするかのように真珠湾を訪問した際、総理から謝罪の言葉がないということに対して韓国メディアは一斉に半ギレで報じました
 「戦犯国」である日本の首相が、真珠湾を訪れて謝罪をしないとはなにごとだ……と。

 韓国人の一般的な日本とアメリカの関係性の理解は「監視されている」というものです。
 戦勝国が戦犯国を見張っているのだ、というもの。
 だから、総理が真珠湾を訪問するのであれば謝罪が伴っていなければならないし、監視国であるアメリカの議会、それも両院を相手に演説するなどあってはならないことなのですよ。
 それではまるでアメリカと日本が対等な立場で話しているかのようになってしまう。
 アメリカと日本が対等な立場になってしまうと、韓国は日本を「戦犯国」として糾弾する根拠が薄れてしまう、というわけです。
 アメリカが日本に謝罪を要求するのだから、韓国も日本に謝罪を要求するのだ……という言いようができなくなってしまうのですね。

 そして両院演説から5年が経過した現在になっても「アメリカは日本と対立している」という韓国人の思い込みはアップデートされていないのですね。
 いまのまま日本を放置していると、いつの日にかアメリカにも噛みつくぞ……と。
 まあ、そんなことを言っている間にも日本はファイブアイズと協力関係を結びつつあるわけですが。

 韓国の日米関係の認識というものは、こういった感じで古いもののままなのです。
 韓国側はいつでも「アメリカは日本を叩かなければならない」「韓国の味方につかなければならない」と認識しているのですよ。
 だからこそ、韓国政府は安倍総理の議院演説をなんとしてでも阻止しようとしたし、去年は去年でGSOMIA破棄なんて悪手を取ることができたのですね。「日本と韓国、どちらが大事なんだ」というメンヘラみたいな迫りかたをしたというわけです。
 やれやれ……といったところですかね。

「韓国サッカーの未来」ことイ・ガンイン、バレンシアのクラブ内でいじめられていた? その理由は……

「バレンシアの選手たち、イ・ガンインイジメ(朝鮮日報・朝鮮語)
「マルセリーノ・ガルシア・トラル(55・スペイン)監督が昨年9月に更迭になった時の同僚は私とイガンイン(19・写真)を事態の元凶であるとした。我々は、プロデビューてからもチームメイトと会話すらできなかった」

最近、スペインプロサッカーリーガ・エスパニョーラ(1部リーグ・以下ラリガ)バレンシアを離れ、イングランド・プレミアリーグ(EPL)マンチェスター。シティに移籍したフェラン・トーレス(20・スペイン)が5日、スペインのメディアマルカのインタビューで言った言葉だ。バレンシアは2019-2020シーズン序盤に運営スタッフとの不和を理由にマルセリーノ監督を更迭した。トーレスは「ピーター・リム バレンシア球団オーナーはイ・ガンインと私などユース出身を積極的に起用したいと希望した。しかし、監督がこれを履行せず、摩擦が起きた。結局、更迭にまで至った。このため、ユース出身が先輩たちにいじめた」と説明した。

彼は「私は最初の1軍に入ったときの年齢はせいぜい17歳だった。私をはじめ若い選手たちはダニエル・パレホ(31・スペイン)と挨拶もきちんとしていない雰囲気だった」と述べた。

トーレスは「私はイ・ガンインを非常に好む。彼は偉大な選手になる資格を備えている。イ・ガンインはバレンシアで非常に大変孤独な時間を過ごしました。球団の愛情が必要だ」とし「私はバレンシアとの再契約に失敗したが、チームがイ・ガンインを相手に同じ過ちを繰り返さないことを望む」と語った。
(引用ここまで)


 バレンシアCFの基本方針として、ユースから上がってきた選手をトップチームに昇格させて高く売りさばくというものがあります。
 これはオーナーのピーター・リムによるクラブの大前提。
 なのでその意向に従わない監督は更迭されてしまう。
 2018-19シーズンでラ・リーガで4位、ELでベスト4、スペイン国王杯でバルサを破って優勝というクラブの規模としてはこれ以上ない成績を残したマルセリーノ監督を、翌シーズンわずか3試合で更迭したのも「若手を使わない」という理由から。
 ついでアルベルト・セラーデス監督も更迭。これも若手を使わないからだ、とされています。
 で、その元凶となったイ・ガンインがチームメイトから無視されるようになった……と。

 韓国メディアは「イ・ガンインはもっと使われるべきなのに、監督が使おうとしない」と書いていましたが。
 使ったら使ったでメディアから「毎試合、非紳士的なプレーを続けていた」なんて書かれる選手の起用は難しいところ。
 そもそも、イ・ガンインは起用法に不満を訴えていて、2019-20シーズンの前から「試合に出られないから放出してほしい」とか言い続けていたのですよ。
 それは今シーズンも続いてまして。「バレンシアとは22年までで再契約しない」「レンタルでもいいから出してほしい」と言い続けています。

 そんな選手とバレンシアで試合に出続けている選手が仲良くできるかっていったら……ねえ?
 イ・ガンインは要するに言外に「オレはあいつらより優れているのに試合に出場できないのはおかしい」って言っているのと同じですから。
 それでもオーナー側の「商品として高く売りさばきたい」という要望があるかぎり、優遇される。出たら非紳士的プレー。そしてさらにチームから浮き上がる。誰も幸福になれないスパイラルだな。
 で、そんなこんなしているうちに著名なtransfermarktで表示される選手価値が2019年12月には2000万ユーロだったのに、この4月には1350万ユーロに下がってしまうっていうね。
 放出のタイミングを間違った……かなぁ。
 それでもチームとしては売り出しているようで、ユニフォームモデルとしてセンターにいたりするのです。



 ま、せいぜいレッドカードもらわないようにがんばってほしいですね。
 誰かに大怪我をさせない、ネタになる範囲内で。

楽韓さん、本日の動向 - 「駅前」ってすごいアドバンテージなんだなー

【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月99円のキャンペーンスタート!
【PR】ハイレゾサブスクのAmazon Music HDが90日間無料体験実施中

 Kindle本 夏セールで最大50%オフ。
 アカギは5巻まで、銀と金は3巻まで220円。
 アカギは3巻まで、あるいは9巻まででも充分に名作。
アカギ-闇に降り立った天才 1
福本 伸行
フクモトプロ/highstone, Inc.
2013-07-18


 あとアンゴルモア 元寇合戦記が全巻半額対象になってます。


 まあ、続編ありますけどね。

 Kindle Unlimitedに登録しろ、というだけではあれなのでおすすめのものをピックアップしていきましょうか。クマ撃ちの女は好評でしたし。
 冒険家になろう!~スキルボードでダンジョン攻略~。


 粗製濫造がひどいなろう系コミカライズの中ではかなり読める。モンスターコミックスは基本的に1巻をKindle Unlimited対応にして、続巻を買わせるという方向性なのだけども。
 読めるものはかなり少なめ。その中ではかなり読めるほう。

 あとリフレ派の入門マンガといっていいキミのお金はどこに消えるのかも半額。


●土曜日投資短信
 米アップル株(AAPL)を証券会社を跨いで計20株購入。分割を見据えて。
 理由はまあ……分割以降伸びると思ったからというのも大きいし、浮いているドルで中期(3年前後)の投資先を探していたこともあります。
 あと、「アップル? 株主ですけどなにか?」ってやりたかったから(笑)。
 20株あれば分割で100株と思ったのだけど4分割だからこれだと80株だわな。あと5株買うか。
 20株でしょぼいように見えるけど約8500ドルの投資って一般の個人投資家にしてみたらけっこう大きな決断だからね?

 んで、昨日は夜になってから有楽町近辺にいまして。「あ、ミールス食べたいな」と思って周辺のお店を思い浮かべる。
 東京駅八重洲口方面の3件(エリックサウス、ダバインディア、ダクシン)もある。
 バンゲラズキッチン、最近できたニルワナム銀座店もある。
 でも神田のアーンドラ・ダバに行きました。

E28B4A86-5CBA-4A82-907C-4085563A89D6.jpeg

 駅から1分なのはよいよね……歩きたくないんだもの、この暑さで。
 左からサンバール、ラッサムスープ、ダルカレー、ミックスベジタブルカレー、キャベツのポリヤル。ミールス版の「こういうのでいいんだよ」っていうくらいのベーシック。
 ごはん、サンバール、ラッサムはおかわり自由。

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。
アリストテレス入門 (ちくま新書)
山口義久
筑摩書房
2013-11-01