相互RSS募集中です

2020年07月

韓国のWTO事務局長候補「それでも……それでも日本の支持を求める」と発言

韓国のWTO事務局長候補「日本、重要なWTO加盟国…引き続き支持を求めるだろう」(中央日報)
兪明希(ユ・ミョンヒ)韓国産業通商資源部通商交渉本部長は6日、世界貿易機関(WTO)事務局長選に関連して日本が非友好的な立場を見せたことについて「両国の過去の連携を踏まえて引き続き支持を求めるつもり」と明らかにした。

兪本部長はこの日、政府世宗(セジョン)庁舎で記者会見を開いて「日本はとても重要なWTO加盟国の中の一つで、WTOを率いて改革する適任者が私という点を強調していく」と述べた。

兪本部長は先月13~22日、スイス・ジュネーブでWTO加盟国120各国に直接交渉活動を展開する間、駐ジュネーブ日本大使とも接触してWTOに関する考えとビジョンを共有したと明らかにした。

同時に「多国間貿易体制が強固に働くのが貿易を通じて経済成長を成し遂げてきた日本にとっても役に立つこと」とし「日本もWTOの改革が可能な候補者なのかを大事に思うと対外的に明らかにしたことがある」と強調した。

WTOは翌月6日まで選挙運動期間を経て翌月7日から最大2カ月間加盟国間協議の手続きを進める。

協議の手続きは計3ラウンドで構成され、加盟国が各ラウンドごとに支持する候補を明らかにし、これを踏まえて候補の一部を除いていく方式で進められる。

第1ラウンドでは8人中3人を脱落させ、第2ラウンドでは5人中3人を落とすことになる。第3ラウンドでは候補2人の中で最終1人をコンセンサス(意見一致)方式を通じて事務局長に任命する
(引用ここまで)


 WTOの事務局長に立候補しているユ・ミョンヒ産業通商資源部通商交渉本部長が再度、日本政府に対して支持を求めてきています。
 記事の後半にありますが、WTO事務局長の選挙は投票ではなく協議で行われるのですね。
 このシステム、どこかで解説しないとダメだろうなぁ……と思っていたので中央日報が書いてくれたことは非常にありがたい。

 3ラウンドで行われて、立候補者を削っていくという方式で、最後の2人から事務局長を選ぶ際にはコンセンサスが一致した、という形で事務局長に任命する。
 つまり、大国がバックについているほうがより有利になるのです。
 投票であれば小国であろうと大国であろうと1票に過ぎませんが、協議方式であれば大国の声というのは見逃せないパラメータとなります。

 日本はよくも悪くもこうした国際的な場所において優等生。
 信頼度が高いのは間違いありません。
 敵対している国が少ない、というのが大きなアドバンテージといえるでしょうね。
 実際問題、敵対相手って中国、韓国、北朝鮮、ロシアくらいなものじゃないでしょうかね。中国相手では是々非々での対応もできていますし。
 中東、アフリカに対しても話ができる大国というのは少ないでしょう。
 イランで最高指導者と会談できる西側の国家首脳がどれだけいるのか、ということですね。

 日本政府はアフリカから出馬している女性候補のどちらかを推していく、と報道されています。
 それに対してユ・ミョンヒ本部長は日本に対して「能力で私を見てほしい」と懇願していました。
 そして、今回も「過去の連携をふまえて支持を求める」と発言。  「過去の連携」なにを指しているのかさっぱり不明なのですが、韓国も日本からの支持がほしいのです。

 日本のことを戦犯国だなんだと卑下していても、国際的な場において立場が強いのはどちらか理解しているというわけですよ。
 パン・ギムンの国連事務総長就任に対して、日本は最後の最後まで抵抗していたとジョン・ボルトンが今回のものではない回顧録に書いていましたが。
 今回も同様に韓国人の登用を可能なかぎり妨げていく方針で間違いないでしょう。

「最低賃金上昇が必要だ」とする論者、勢い余って韓国の最低賃金30%上昇まで擁護してしまう……それは無理筋だわ

最低賃金「韓国の大失敗」俗説を信じる人の短絡(東洋経済)
私はこれまでずっと、日本は最低賃金を継続的に引き上げるべきだと主張してきました。残念ながら今年は据え置きが決まりましたが、来年以降はぜひ、引き上げるべきだと考えています。 (中略)

もう1つが、「韓国では最低賃金の引き上げで失業者が増え、経済がボロボロになった」という反論です。「最低賃金を引き上げたらどうなるかは、韓国を見ればわかる」「最低賃金の引き上げによって、韓国は大不況になった」などと言われます。これもまたエピソードベースの話ではありますが、今回はこの件について検証していきます。

日本で失敗事例としてやり玉に挙げられるのは、2018年と2019年の最低賃金の引き上げです。まず2018年に16.4%引き上げられ、翌年も10.9%引き上げられました。日本に当てはめると、2019年の最低賃金901円(全国加重平均)が、わずか2年で1163円になるほどの引き上げです。

韓国では1986年に最低賃金法が成立し、1988年から実際に制度として導入されました。特に2018年の引き上げは史上3位の引き上げ幅で、韓国でも大変な騒動になりました。2019年には反対運動が起きて、大統領が謝罪をしました。

先述したように日本では、韓国の2018年の最低賃金の引き上げは大変な失敗で、倒産が増え、失業者が続出し、経済はボロボロになったと言われています。実際はどうだったのでしょうか。

まず、経済成長率です。世界銀行によると、引き上げ幅が最も大きかった2018年の韓国の実質経済成長率は2.7%でした。2013年から2018年の平均2.95%よりは低かったのですが、それでも2.7%は成長していました。 (中略)

もちろん、経済成長率はさまざまな要素が絡んで決まりますので、最低賃金引き上げの影響は、経済成長率よりも「失業率」で判断するべきです。

では、これらの期間の失業率はどうだったのでしょうか。

たしかに、引き上げ直後、2018年の第1四半期の失業率は、2017年の第4四半期の3.3%から4.1%まで大きく上昇しました。特に15~24歳の失業率は、9.1%から11.7%まで上がり、大問題となりました。 (中略)

日本では、2018年に最低賃金が引き上げられて失業率が上昇したことと、その後2019年にも最低賃金が引き上げられ、第1四半期、第2四半期と続けて失業率が悪化したことが報道されました。ここから、韓国経済はダメになったというストーリーが生まれたのでしょう。

このデータポイントだけを見れば、そのストーリーは成立します。しかし、このデータポイントだけを見て、「韓国はダメになった」と決めつけてはいけません。もっと長いデータを見て、その動きを検証するべきです。

実は、2018年も2019年も、最低賃金を引き上げた年初めは失業率が大きく上昇しましたが、その後年末にかけて、失業率は大きく低下しているのです。 (中略)

この記事では、倒産の統計はあえて紹介しません。それは、倒産が増えても、失業率が上がらなかったら、その統計は重要ではないと考えているからです。
(引用ここまで)


 「最低賃金をとにかく上げろ」論で著名なデービッド・アトキンソン氏のコラム。
 彼の主張にとって「韓国の最低賃金上昇は失敗に終わった」という話は相当に厳しいものだったのだろうな、というのが感じられるコラムとなっております。


 経済成長率は過去6年(2013-18)の平均(2.95)よりも低くなったものの、2.7%は成長した……というのもなんだかな。
 なんで「最低賃金が一気に上昇した2018年」を過去平均に入れてんの?
 それをやるなら、過去5年の2013-17年の平均と2018年、2019年をそれぞれ比べるか、もしくは過去5年と2年で30%上昇させた2018-19年の平均を見るべきでは?
 ちょっとやってみましょうか。

・2013年 3.2%
・2014年 3.2%
・2015年 2.8%
・2016年 2.9%
・2017年 3.2%
・2018年 2.7%
・2019年 2.0%

 数字はIMFによるもの。→https://www.imf.org/en/Countries/KOR#countrydata

・2013-17年平均 3.06%
・2018年    2.7%
・2019年    2.0%
・2018-19年平均 2.35%

 ふむ、2018年だけでも過去5年から見て10%の成長率の低下。
 2019年はさらに30%以上の低下。2018-19年の平均をとっても20%以上の低下。有意に低下しているように見えますけどね?

 失業率については韓国の場合、もはやまともな数値として扱えるものではないということを楽韓Webでも何度も指摘してきています。
 韓国の総就業者数は2650~2700万人といったところ。
 このうち、減少しているのは30~40代の「経済を支える人々」の就業者数。
 人口減少もしていますが、それ以上に就業者数が減少し続けています。特に40代の就業者数減少は今年3月時点で52ヶ月連続で減少
 「質のよい雇用」とされる製造業は最低賃金を一気に上げてから2年に渡って減り続けてようやく今年になって少し増加したていど。
 最低賃金で働くことの多い自営業(従業員あり)は減り、自営業(従業員なし)は増える。
 そしてなにより全世代で就労者数が減っても、60歳以上では30万人以上増加するという異常さ。

 単に政府が高齢者にいくばくかの金を渡して「就業者扱い」にしている、失業率を操作している、なんてことは韓国経済をウォッチしている人間にとっては常識なのですが。
 高齢者に庁舎の掃除をさせたり、交通整理をさせたりでいくばくかのお金を渡して「就業者」にする。同じく高齢者のやっている廃紙回収に支援金を出して「就業者」として扱う
 あるいは若者には大学の教室で電気が点いているかどうかを確認させる「電気管理士」をやらせて「就業者」とする。
 今度は「AI向けデータラベラー」もやらせようとしてましたっけ。

 韓国の「失業率だけ」を見てもどうにもならない、というのはもはや常識。
 まあ、デービッド・アトキンソン氏にとっては「韓国の最低賃金上昇政策は失敗していない」と強弁することが、なんとしてでも必要だったのでしょう。
 彼がそう思うのであれば、そうなんでしょうよ。彼にとってはな。

カン・ギョンファ韓国外相、渡独して「拡大G7」への説得を試みる模様……いやぁ、無駄でしょ

カン・ギョンファ、ドイツ訪問「G7説得」のために出る……6ヶ月ぶりに外遊(マネートゥデイ・朝鮮語)
カン・ギョンファ外交部長官が10日、ドイツのベルリンでハイコ・マース外相と第2次韓-独外相戦略対話を持つ。

キム・インチョル外交部スポークスマンは6日のブリーフィングを通じてこのように明らかにした。カン長官の海外出張は2月の英国以来、約6ヶ月ぶりだ。コロナ19により制約があった対面外交が再開されることになる。

ドイツがG7(主要7カ国)首脳会議の拡大に反対してきた国であるという点で、姜長官の今回のドイツ訪問が意味を持つ。ドイツは既存のG7に韓国など4~5カ国を加えG11もしくはG12首脳会議を開こうというドナルド・トランプ米国大統領の構想に反旗を翻している。

今回、カン長官と会うマ-ス長官は先月、「G7とG20は合理的に組織された形だ」とし「今はG11やG12を必要としない」と明らかにしたことがある。ドイツは「拡張版G7」にロシアが参加することを気にしたという。

カン長官はマース長官との会合で韓国を含むG7体制の拡大にドイツによる支持表明を要請することが有力である。
(引用ここまで)


 カン・ギョンファ外交部長官が10日から渡独して、「G7の拡大に反対する」と述べたマース外相と会談。その場で拡大G7への理解を求める……とのこと。
 まだがんばるつもりなんだ。ワシントンでのG7まであと一ヶ月あるかどうかってところなのに。
 というか、欧州側に拡大G7……というか、ロシアの参加を呑ませることは無理だって分かるべきだけどな。
 欧州にとっては中国の脅威よりもよっぽどロシアのほうが機兼ですよ。もちろん、アメリカの対中制裁には乗らないわけじゃないですが。
 それでもG7へのロシア参加はない。よって拡大G7もない。
 アメリカに記念に招待されて満足しておきなさいな。

 ロシアのクリミア侵攻で世界の様相というものはまた変化してしまったのですよ。
 「力による現状変更」を望む勢力がまだまだいる、ということを再認識したというべきか。
 ロシアの隣国でもあるカナダは「F-35は高すぎるからひっこめる」という公約を掲げたトルドーが政権をとったものの、クリミア侵攻をきっかけに「やっぱ強力な戦闘機が必要だわ」という判断で、次期戦闘機の選択をやり直しているところ。
 欧州が中国の脅威に気がついたのは、クリミア侵攻を経て「あれ、もしかして中国ってロシアと同類なのでは」って気がついた部分が少なくありません。
 そのロシアを中国包囲網に引っ張り込もうというのがトランプ大統領のやりたいことなのだけども、劇薬すぎるということでヨーロッパ各国とカナダが反対しているという状況。

 韓国、インド、オーストラリアについてはあくまでトランプ大統領の提言でもおまけ。
 韓国の立場では「ロシアを除いて拡大すればいい」ということになるのでしょうが、ヨーロッパからしてみたら「パッケージの変更」そのものが危険をはらんでいるようにしか見えないわけですよ。
 日本と同様に「枠組みの維持」のほうに利益がある、と感じている以上はG7の拡大はあり得ないと判断すべきですけどね。
 ドイツからしてみたら国を分割された原因のひとつがロシア。そのロシアが領土拡張政策を持ち出した以上、譲るわけがないんだよな。
 あとドイツ1国を説得したところで他のG7参加国と日本の態度は変わらないわけですし。

楽韓さん、本日の動向 - KADOKAWAはいつもセールやってるなって印象

【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月99円のキャンペーンスタート!
【PR】ハイレゾサブスクのAmazon Music HDが90日間無料体験実施中

 KADOKAWAは完結したコミックスのセールをやっているっぽい。
 昨日のアンゴルモア 元寇合戦記は全巻対象だった模様。
 それ以外にもGUNSLINGER GIRLが全巻対象。
GUNSLINGER GIRL(1) (電撃コミックス)
相田 裕
KADOKAWA
2014-05-01


 あとラノベ原作のコミカライズとして──



狼と香辛料(16) (電撃コミックス)
小梅 けいと
KADOKAWA
2018-02-27

 対象になっている中で2本は薦めておきたい。完結済み。どちらもぶちっと打ち切りとかではなく、幸せにエンディングを迎えられています。

 Kindle Unlimited対象からは私の身に起きたこと ~とあるウイグル人女性の証言~をピックアップしておこう。
 100円なのでUnlimitedではなくて買っちゃってもよいとは思うのですけどね。
 こういう部分でマンガって強いよなーと思います。



今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。