相互RSS募集中です

2020年08月

韓国メディア「安倍は韓国系の末裔なのに嫌韓を主導した!」……その週刊誌の記事が正確だったとしても1000年前の話なんだが……韓国系……ねえ

「韓国人の末裔」である安倍がなぜ嫌韓を導いて「極右先鋒」となったのか(毎日経済・朝鮮語)
実は安倍首相は渡来人 ── すなわち朝鮮半島から日本列島に移住した一族の末裔として知られています。彼の思想と歴史観、政治の人生を通して大きな影響を及ぼした人物で、常に言及されている外祖父の岸信介だけでなく、親・祖父の阿部家も渡来人と推定されてのです。異なる視点かであれば安倍首相は血縁的には、日本の有力政治家の中で最も韓国と縁が深いかもしれません。しかし、残念ながら、彼は歴代首相の中で最も反韓的な姿を見せました。

世襲政治家である安倍の選挙区であり、政治的故郷である山口県は歴史的に韓半島と人的・物的交流が活発だったところです。安倍首相のほか大叔父にあたる佐藤栄作元首相(岸信介の実弟)は安倍首相が最長政権期間を更新するまで、歴代最長寿首相でした。佐藤元首相は他界する1年前の1974年には、壬辰倭乱の際に拉致されて日本の陶磁器産業を発展させた朝鮮人の一人である沈寿官の子孫を探していきます。そして「私たちの家系も壬辰倭乱以後、朝鮮で越えてきた」と告白したり、默而識之(言わずともすべてを知り通じる)という揮毫を残します。

半島出身者に対する差別が厳然に存在する状況で有力政治家である彼は後日の暴風を冒していることを告白することは難しかったでしょう。しかし、自分とは違って根を堂々と明らかにしてきた沈寿官の姿に佐藤元首相は、晩年になってようやく事実を打ち明けたようです。2006年「週刊朝日」は、安倍が40年以上滞在して安倍兄弟を育てた久保ウメという女性が、安倍首相の父晋太郎が時々家の中で「私は朝鮮人である」と語ったと証言した記事を報道しました。根を韓半島に置いた佐藤家の一員である安倍晋三首相にとって、最終的に朝鮮人の血が流れているわけです。
(引用ここまで)

 2006年の週刊朝日に、久保ウメという女性のインタビューで「パパ(安倍晋太郎)は『私は朝鮮だ』と言っていた」とするものが掲載されていた、という話は度々韓国のメディアに掲載されます。
 2006年当時も中央日報に載っていて、その記事がまだ残っていますね。

安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」(中央日報)

 まあ、こんな検証のしようもない益体もない記事を延々と引用するのは彼らの性が為せるものなのでしょう。
 ちなみに件の久保ウメという人は、それ以外にも「入棺の時に骨格を見て日本人ではないと思った」とか「完全に朝鮮人の体型だ」とか言っていたようです。
 「朝鮮人の体型」……ねぇ?
 まあ、それが本当のことなのか久保ウメなる女性の出まかせなのかはともかく。
 もはや検証もできない伝聞の伝聞ですからね。

 で、安部家の先祖は10世紀ごろの渤海からやってきた、という話がこの後に続いているのです。
 面白いなぁ……と感じるのは、日本に来たのが10世紀であっても「朝鮮人の末裔だ」という認定がされるところ。
 平安時代ですよ?
 1000年以上前の話であっても「韓国系」なのですよ、彼らの感覚の中では。

 記事中にもある陶工の沈寿官に対して、韓国のテレビ局だったかがやってきて「さぞかし日本で辛い差別にあったことでしょう」って話を聞き出そうとして「俺は日本人だよ!」って言い返されたっていうエピソードがあるのですが。
 10世紀に渡来した家でも「韓国人の末裔」扱いされるのであれば、16世紀にやってきた沈寿官なんかつい昨日に日本に奪われたくらいの扱いなのでしょう。
 ちょっと前の「明治維新は秀吉軍に拉致された陶工たちの手によって行われた」という考えかたが、韓国では一般的であるという証左にもなりますかね。

 平成13年の天皇誕生日に際してのお言葉で「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています」というだけの天皇陛下(当時)の発言がありましたが。
 それに対して韓国メディアが「日王がついに秘められた韓国系天皇の存在を明らかにした!」だのなんだのと異常なくらいに盛り上がっていたのも、この「韓国人の血筋認定」が為せる業なのでしょう。

 韓国では面倒を見ずに輸出した孤児が名を成した時にだけ「韓国系がまたも快挙!」なんてやる「血筋へのこだわり」というものが見て取れますね。
 まあ……根本から「文化がちが〜う」ってヤツですわ。
















































































韓国政府「気候悪党なんて呼ばれたくない。石炭火力発電所の輸出禁止!」→韓国重電各社「え、原発もダメ、石炭火力もダメでどうやって食っていけば……」

與が、今回は「火力発電の輸出禁止」... 中小企業340社「メンタル崩壊」(韓国経済新聞・朝鮮語)

与党であると共に民主党のキム・ソンファン、オ・ウォンシク、ミン・ヒョンベ、イ・ソヨン議員は先月末「海外石炭発電投資禁止4法」(韓電法・輸出入銀行法・産業銀行法・貿易保険法改正案)をそれぞれ代表発議した。各法案は韓電と輸出入銀行、産業銀行、韓国貿易保険公社による海外石炭火力発電所の投資を禁止する内容を含んでいる。オ・ウォンシク議員は「海外石炭発電事業のせいで韓国政府が国際社会の強力な批判に直面している」との理由を明らかにしたが、産業界では環境団体の圧力に与党が振り回されたという批判が出ている。

法案は、公布後すぐに施行される。与党が圧倒的な過半数の議席を保有しており、法案通過は無難見通しだ。韓電がベトナムなど推進している石炭火力発電所の建設計画も中断される可能性が大きい。 (中略)

国内石炭発電輸出産業の生態系が完全に崩壊することができるという憂慮も提起される。国内では新規の石炭火力発電所の許可が禁止され、老朽発電所も早期閉鎖するなど「脱石炭化」が加速している。このような状況では業界の唯一の収入源は海外進出である。特に斗山重工業は、海外受注事業の半分ほどが石炭発電である。脱原発政策によって重要な収益源が消えた状況で、石炭発電の輸出まで禁止されると企業として回復不可能な状況に追い込まれるのではないかとの懸念が出ている。
(引用ここまで)


 かつて韓国の原発輸出には薔薇色の未来が待ち構えているはずだったのです。
 パク・クネ政権時代にはUAEへの原発輸出が決定し、その日を「原子力の日」に制定するなどしていました。
 まあ、蓋を開けたらいわゆるバリューセットで「韓国からの軍事協力、60年間運転保証、9000億円規模の借款」をつけたものだったりするのですが。
 それでもまあまあ、端緒をつけたということでそれなりには評価されていたのですね。

 ところが「キレイナ韓国」を標榜するムン・ジェイン政権になってからこっち、原発の新規建設はもちろん、結果的には輸出も禁じるような形になっています。
 そりゃまそうで自国では「原発は危険だから新規建設禁止」ってやっているのに、それを売り込んでくるってどういうことよって相手国から言われますよね。
 UAEに原発を輸出する際のコンソーシアムで中心的な存在だった斗山重工はすでに子会社を切り売りし、大規模なリストラを繰り返しています。
 企業としての未来は失われたも同然でしょう。

 で、ムン・ジェイン政権になってからもうひとつ禁じられつつあるのが石炭火力発電。
 二酸化炭素を大量に排出し、かつSOx、NOxを排出する石炭火力は悪である、という認定のもとに脱原発・脱石炭火力を強力に推し進めています。
 今回はその一環として与党の共に民主党が石炭火力施設の輸出を法律で禁止しようと試みているとのニュース。
 いやぁ、重電各社の手足を縛っていくねぇ……。
 斗山重工業になにか恨みでもあるのかっていうほど。

 とりあえずこのニュースは8月末ごろのものだったのですが、現時点ではまだ改正法案は成立していません。
 なんとしてでも「キレイナ韓国」を成立させたいムン・ジェインの意向からしても……まあ止まらないでしょうね。

韓国最高裁「政権に近しい団体ならすべて無罪。保守派・チンイルパはすべて有罪」

金命洙大法院長の法解釈「味方は合法、味方以外は違法」(朝鮮日報)
 韓国大法院(韓国最高裁判所)の全員合議体が3日、全国教職員労働組合(以下、全教組)の2013年朴槿恵(パク・クネ)政権「法外労組」処分が違法だとの判決を下したことをめぐり、法曹界では「法の最後の砦(とりで)とされる大法院がかえって法を揺るがしている」と批判が殺到している。最高司法機関である大法院が結論ありきの法解釈で事件の本質を覆い隠す判決を相次いで出していることから、韓国の司法制度と法秩序の安定性をむしろ害しているということだ。今回の全教組判決がその代表例だと指摘されている。

 労働組合法第2条は「労働者でない者の加入を許可する場合は労働組合と見なさない」と明確に規定している。憲法裁判所(以下、憲裁)とこの件の一審・二審は規定に基づき、解職教員9人を組合員とする全教組に対し、政府の法外労組措置は適法であると判断した。 「解雇教師組合員」に固守する全教組の違法行為がこの件の本質だからだ。

 ところが、金命洙(キム・ミョンス)氏が大法院長(最高裁判所長官)を務める大法院は全教組に対する法外労組通報措置が法律ではなく、下位施行令に基づいていたため違法だとして、憲裁の判断を180度ひっくり返した。この判決で本質的な「全教組の違法」は覆い隠され、「朴槿恵政権の違法」だけを浮き彫りにした。法曹界から「大法院は全教組のために法を作り出した」という言葉が出てくるのはこうした理由からだ。

 現政権になって大法院が「進歩系大法官(最高裁判所判事)」ばかりになって以降、こうした「コード(理念が同じ人物による)司法」傾向はいっそう顕著になっている。大法院は最近の控訴審で、違法政治資金疑惑により当選無効判決を受けた京畿道城南市の殷秀美(ウン・スミ)市長事件で、検事が控訴理由をきちんと書いていなかったとして控訴審を破棄した。それまで問題なかった裁判所の慣例を突然問題視したものだ。今年7月にはテレビ討論会でうそを言った李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事に「積極性がなかった」として無罪を言い渡した。ある元大法官は「大法院は時流に迎合的な判決で法の境界を自ら壊している」と言った。 (中略)

 大法院が適用する法理は人や団体によってまちまちだという批判も出ている。大法院は全教組法外労組処分が無効であると判断した論理として「法律留保」という憲法原則を掲げたが、全教組の労働三権のような基本権を制限する際は法律に基づいていなければならないということだった。しかし、大法院は今年6月のある企業の件ではこの原則を適用しなかった。株式会社を経営する李という人物が2011年、自分の兄に会社の株75億ウォン(現在のレートで約6億7000万円)相当を譲渡したが、国税庁はこれを「特殊関係者間取引」と見て、株式譲渡額に30%を割増した金額で税金を課した。ところが、「30%割増」は所得税法には明記されておらず、下位施行令に基づくものだった。今回の「全教組判断」通りならば、このケースも「国税庁は李氏の基本権(財産権)を法ではない施行令に基づいて侵害したため違法だ」と判決すべきだが、当時の大法院全員合議体は「法律の委任範囲内にある適法措置」だと説明した。あるベテラン弁護士は「大法院は自分と同じ側の不利益は違法であり、自分と違う側の不利益は適法だという、ゴムひも(変幻自在な)政治判決を続けている」と話す。 (中略)

 金命洙大法院長下の大法院は昨年11月、李承晩(イ・スンマン)元大統領と朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領を「悪質な親日派」「腐った石頭」と規定したドキュメンタリー『百年戦争』について、「主な内容は客観的事実と合致していて問題ない」と判決した。また、大法院は昨年3月、「旅順事件」について71年ぶりに再審開始決定を下した。1948年当時、全羅南道麗水・順天地域の反乱軍と協力したという理由で家族が死刑になったと主張している遺族の要求を受け入れたものだ。それ自体は問題ない。ただし、それを裏付ける関連捜査記録や裁判記録はなかった。再審は確定判決の効力を失わせる手続きなので、新たな事実や捜査機関の拷問などがはっきりと確認された場合にのみ、制限的に許容される。だが、大法院は「22日後に死刑が宣告され、執行されたことなどを見ると、違法な逮捕監禁があったものと見られる」という推定を再審事由とした。
(引用ここまで)


 キム・ミョンス大法院長は2017年8月、つまり大統領に当選してから3ヶ月後のムン・ジェイン大統領によって大法院長に抜擢されました。
 「大抜擢」という言い方がふさわしいもので。
 それまで地裁の裁判長をしていた人物が一足飛びどころでない大出世を遂げたものです。
 地裁裁判長が大法院長になることははじめてのこと。
 大法官(最高裁の裁判官)の経験がない人物が大法院長になるのは実に56年ぶりの快挙でした。

 大法院長に指定された当時から「これで日韓関係は終わった」という指摘がされていました。
 楽韓Webを含めて。
 で、そのように徴用工裁判判決が行われ、日韓関係終焉のカウントダウンは順調に進んでいます。
 ムン・ジェイン政権が期待した通りの行動ですね。

 そして、さらにムン・ジェイン政権に近しい団体、人物に有利になるような判決を連発しています。
 高裁では「兄を精神病院に強制入院させたことはない」という知事選での発言は虚偽であり、公職選挙法に違反するとして知事職を失う寸前まで行っていたのですが、大法院では無罪を前提とした交際差し戻し判決でした。
 先日の「ムン・ジェインは共産主義者」という発言について有罪となり、表現の自由があてはめられなかった高裁判決もそのラインのひとつとして挙げられるでしょう。

 今回の全教組 ── 韓国における日教組のような教師の労働組合は左派であるのは言うまでもない事実。パク・クネ政権で非合法組織として認定されたのですが、ムン・ジェインが政権についてからというもの勝手に活動をしていました。
 チンイルパの作曲した校歌を変えろ、とかいう活動なんかもしてましたね。

 で、ついに法理をねじ曲げて、大法院の合法化認定に至ったとのこと。
 こんな感じで韓国は政権に近い団体ならそれだけで無罪。
 政権にたてつく人物、団体であればそれだけで有罪という時代になったわけです。

楽韓さん、本日の動向 - 整体後にやたら寝るということは……

 一昨日、久々に整体行ってすっかりだるだる。
 施術後にこんこんと寝ることで体調を整える作用がある=調子を崩していたという話。
 もう帰りの電車の中の時点でえらい眠くて大変でした。
 そんなわけで一昨日の夜から更新が滞りがちだったのでした。

 転生したらスライムだった件のコミカライズ1~2巻が11円。
 コミカライズでの絵師ガチャSSRだなぁ。



 あとスピンオフの4コマ、転スラ日記 1巻は無料配布中



●土曜日投資短信
 アップル株の値動きにびびりちらかす。まあ、最初に書いたように2~3年の中期を見据えて買った株なのでスルー。135ドルをつけたときはけっこう迷ったけど。
 個別株はこれだから怖い。
 他はこれといってなし。三菱UFJを200株追加購入。
 株価はじわじわ上がっているけど600円くらいの頃に多く買っていたことが作用してなかなか平均買価が下がらない。まあ、こちらは5000株くらいまで買ってもいいと判断しているのでゆるゆる行く予定。

今日のKindle日替わりセールからのピックアップこちら。