相互RSS募集中です

2020年08月

韓国製の新型コロナ診断キット、もうどこからも求められていない……「我々が世界だ」とか言ってましたね、そういえば

カテゴリ:伝染病 コメント:(70)
コロナで注目受けた韓国産診断キット、にわか商売で終わるのか(中央日報)
23日に開幕した韓国最大のバイオ博覧会「BIOPLUS INTERPHEX KOREA 2020」に討論者として登場した医薬・医療品メーカーのWELLS BIO(ウェルスバイオ)のイ・ミンジョン取締役は「新型コロナ以降、診断キット市場が開かれたのは希望的だが、ワクチン・治療剤が出回るようになれば診断キットに対する需要は減少するだろう」と見通した。イ氏は「事実、原料や基礎固有技術などはもちろん、分子診断(PCR)分野でも海外製品の性能が優れている」とし「韓国が質的に向上するためには基礎・基盤技術に対する投資が多く行われなければならない」と強調した。Sugentech(スジェンテック)のソン・ミジン代表も「今年5月から米食品医薬品局(FDA)を皮切りに全世界すべての診断企業の製品に等数がつけられ、ふるいにかけられるようになった」とし「今後バイオをどのように育てていくべきかの課題が残されていることから、これに対する代案・対応を用意しなければならない」と話した。 (中略)

だが、製薬バイオ業界の診断通り、K-診断キットの性能が世界最高水準だとみるのは難しい。最近FDAが緊急承認を受けた診断キットの性能を分析して13等級でランク付けをした結果、1位は米国PerkinElmer(パーキンエルマー)、2位は米国ScienCell Research(サイエンセル・リサーチ)だった。韓国製品ではバイオコアとSEASUN BIOMATERIALS(シソン・バイオマテリアルズ)の製品が3位グループに入った。また、4位グループに1製品、7位グループに3製品、8位グループに1製品が入った。FDAは緊急承認を受けた154製品のうち性能テスト結果を提出した55製品を対象にランクづけをした。SeegeneやOSANG Healthcare(オサンヘルスケア)などはテスト結果をFDAに送らなかったためランキングから除外された。

何よりも韓国の感染病診断基礎固有技術が弱く特許も少ないという指摘がある。韓国科学技術企画評価院(KISTEP)が最近発表した報告書によると、過去30年間、韓国が米国に登録した感染病診断関連特許件数は39件で、全体特許(3548件)の1.1%水準にすぎない。米国が2170件(61.2%)で圧倒的で、次いでフランス(6.8%)、日本(4%)、カナダ(3.6%)の順だ。また、米国の感染病技術を「1」と見たとき韓国は0.88で中国(0.89)よりも低かった。
(引用ここまで)

 ムン・ジェイン大統領「我々が世界となった」「我々こそが標準である」と豪語していた「K防疫」ですが、化けの皮がはげまくってます。
 先日、メリーランド州に緊急輸出した検査キットも偽陽性が頻発して州立大学から「こんなもん使ってられるか」って使用拒否されていましたね。
 要はMERS禍で検査キットを大量生産する準備を整えていたから、自国消費分に加えて輸出できたというだけ。
 世界が韓国の防疫体制にひれ伏したわけでもなく、買えるものは買っておこうというだけの当たり前の話だけだったという話。

 ちなみにメリーランド州に送った検査キットについては「問題ない」というお墨付きが出たそうです。

米メリーランド州政府「韓国産コロナ診断キット、問題ない」(中央日報)

 でも、もう韓国製の検査キットを使うことはなくCDCから提供されるインフルエンザの検査が同時にできるキットを使用するそうですけどね。
 あと「日本が検査キットを売って欲しがっているが、優先順位は最下位だ」なんて言ってましたっけ(笑)。
 マスクにしろ検査キットにしろ、日本に輸出できたのかなぁ。
 何度か「ついに日本が膝を屈した!」みたいな感じで検査キットの輸出が報じられましたが、その度に「嘘でした」というオチ
 ウォークスルー検査用の電話ボックスみたいな箱をいくつか輸出した、というのは聞いたのですが、それ以外は寡聞にしてなにもアンテナにかかってないなぁ。
 ま、大言壮語しておいて実際はちょぼちょぼっていうのはいつものこと、ですね。

韓国与党「今後一切のショッピングモールをはじめとした大型商業施設の建設は禁止! 個人商店の多い伝統市場を守るぞ!」……本当に規制が大好きなんだよね

ついにはこんな法案まで…「市場から20キロ以内の大型マート禁止」=韓国(中央日報)
「伝統市場などの境界から20キロメートル以内の範囲を伝統商業保存区域に指定しよう」。

与党「共に民主党」の金禎鎬(キム・ジョンホ)議員が代表発議した流通産業発展法改正案はこうした内容を含んでいる。零細小商人を保護するには現行の伝統市場半径1キロメートルの制限はとても狭いということだ。この発議が現実化すれば今後全国に大型マートやショッピングモールが進出できる所はない。

たとえば伝統市場であるソウル・永東(ヨンドン)市場から半径20キロメートルには南側には城南市板橋(ソンナムシ・パンギョ)と義王市(ウィワンシ)が入る。北側には議政府(ウィジョンブ)まで、売り場面積合計3000平方メートル以上の大規模店舗を作ることはできない。永東市場から北西側へは金浦(キンポ)国際空港までの距離が約20キロメートルだ。市場1カ所でソウル全域へのショッピングモールや大型マートの進出を基本的に封鎖できることになる。なぜ半径20キロメートルなのかに対する根拠は発議の中にない。地方も同様だ。金議員の地元である慶尚南道金海(キョンサンナムド・キムヘ)の東上市場から半径20キロメートルを設定すれば昌原(チャンウォン)と梁山(ヤンサン)、釜山(プサン)一帯まで大規模店舗を作ることができなくなる。

金禎鎬議員室関係者は「法案は大手流通企業が大規模店舗が飽和状態のソウルや首都圏から抜け出し地方に入ってくることを防ぐためのもの」と説明した。同関係者は「河南(ハナム)スターフィールドができて近隣商圏をすべて吸収し小商工人の困難が加重された。金海でも酒村面(チュチョンミョン)に倉庫型店舗のコストコが進出する計画があり、中小商人保護が必要だ」と話した。 (中略)

京畿科学大学スマート経営科のチョ・チュンハン教授は「法案趣旨とは違いすでにショッピングインフラが整備されているソウル首都圏は生かし、不十分な地方は殺す規制になるだろう」と話した。チョ教授は「羅州(ナジュ)革新都市失敗の原因を見るとショッピングインフラなどがないため。広州(クァンジュ)や清州(チョンジュ)など地方の消費者が週末に首都圏のアウトレットや複合ショッピングモールに集まり地域商圏が衰退する現象を見なければならない」と話した。 (中略)

さらに大きな問題はこのように足かせをはめれば雇用が消えるということだ。大型マートや百貨店、大型ショッピングモールは雇用誘発効果が高い業種だ。2016年にオープンしたスターフィールド河南は地域住民5000人、2017年にオープンしたスターフィールド高陽(コヤン)は3000人を雇用した。首都圏の大型マート核心店舗1カ所の雇用平均人数は200人水準だ。地域開発のためショッピングモール誘致がしばしば使われる理由だ。スターフィールド昌原の市民公聴会で賛成が70%を超えたのも地域開発効果を期待した世論が力を得たためだ。新世界関係者は「スターフィールド昌原建設にともなう生産誘発効果は1兆ウォン、雇用効果は年間1万7000人と推算する」と話した。
(引用ここまで)


 伝統市場っていうのは日本でいえばアメ横みたいなところですかね。
 あんな感じの露店っぽいところでキムチとか朝鮮人参とか売っているのが伝統市場。
 まあ古臭い個人商店がいくつも集まっている場所と考えてもらえればとりあえずよいのでは。

 で、与党の共に民主党がそういった伝統市場がある場所から半径20kmにはショッピングモール等の大規模商業施設は作れないという規制法案を作ろうとしています。
 で、現存する伝統市場を中心に半径20kmの円を描くと、韓国にはもはやまともな場所はもう残っていない、ということで。
 韓国も都市部、地方都市にはそれなりにショッピングモールがあるのですが、この法案が成立してしまうともはや1件たりともショッピングモールを建てることはできない。
 むしろ地方差別になってないか、という話になってますね。

 ソウルや釜山といった首都圏にはすでに大型商業施設が十分にある中、地方にはもう建てられない。その利便性を享受することができないということですからね。
 共に民主党は自営業を守るというつもりなのでしょうね。
 大企業の資本投下で細々とした自営業が潰れてしまう、彼らを守らなければならないと。
 でも、大半の住民にとってはひとつのショッピングモールですべての用事が済ませられるほうが楽なんだよねっていうアレ。

 雇用に関しても自営業の店がいくつもあるところと、ショッピングモールで雇用が作られるのとどっちが効果があるのかって話ですね。
 昨今の所得主導成長政策のおかげで自営業の店は店員を雇用できずに、オーナー(とその家族)だけが働いている店舗が圧倒的に多くなっています。
 そういう意味でも一切合切のショッピングモール建設禁止法案はどうなのよ、という感じですけどね。
 まあ、そうしたショッピングモールになんもかもを依存した状態で、ショッピングモールが撤退すると周囲が廃墟のようになってしまうのですが。

 ムン・ジェイン政権が経済的な自由を拒み、規制をかけることを好むということがこういった部分からもわかります。
 放任ができない……というか、放任すれば確実に大資本が悪さをするという認識の政権なのですよ。まあ、韓国においてはそれはあながち間違いでもないところが困りもの。
 本当にやりたい放題やるからな、韓国の財閥は……。

韓国の女性団体が「新型コロナの支援対象からルームサロンを外せ!」と抗議……K-POPスターも経営していた「ルームサロン(遊興酒店)」とは?

韓国女性団体「ルームサロン外せ」VS事業主「崖っぷち」…災害支援金支給で騒動(朝鮮日報)
 国会で第4次補正予算の緊急支援金支援対象が確定した22日、「韓国女性団体連合」などの各女性団体が「『遊興酒店』(接待を伴う飲食店)に対する支援決定を撤回せよ」と批判する声明を出した。「遊興酒店」は政府が10日に発表した支援対象からは外されていたが、22日に最終的に支援対象に入れられた。「遊興酒店」のうち店員5人未満、年間売上10億ウォン(約9000万円)以下の店だけが対象となる。

 各女性団体は「『遊興酒店』は日本による植民地支配時代の『料亭』や『料理屋』に始まり、密室と野合で汚れた『ルームサロン(ホステスのいる個室付きの店)共和国』という汚名があるほど我が国の歴史で清算しなければなら業種であり、性差別的・反人権的な店」「これをよく知っているから国民感情うんぬんしつつ、災害支援金の対象から除外すると言っていた国会が(決定を変えたのは)『遊興酒店』を奨励するということなのか」と批判した。女性学者の権仁淑(クォン・インスク)議員=共に民主党=も同日、フェイスブックに「3カ月間で600万人が来て活況だった大都市のルームサロンは外すべきではないのか」と主張した。しかしこの数字は、全国3万8000店の「遊興酒店」「団欒(だんらん)酒店」(接客を伴わない、カラオケなどができる飲食店)の利用客の人数として計算すると客が1店当たり一日1.8人となり、むしろ不況だという意味になるとの分析もある。

 新型コロナウイルス感染拡大に対応するため営業禁止などになった複数の業種のうち、「遊興酒店」に対して予算支援することをめぐり、議論が続いている。政府は当初、「遊興酒店」を支援対象から外したが、その理由を「国民感情にそぐわないから」と説明していた。食品衛生法施行令上、「団欒(だんらん)酒店」は「主に酒類を調理・販売する営業で、客が歌を歌う行為が許されている営業」であり、「遊興酒店」は「主に酒類を調理・販売する営業で、遊興従事者を置いたり、遊興施設を設置したりすることができ、客が歌うか、踊る行為が許されている営業」となっている。「団欒酒店」とは異なり、「遊興酒店」はさらに「遊興従事者(接客員)」と「ダンス」が許可されている。

 しかし、「遊興酒店」の店主たちは「我々も政府の防疫措置に協力し、税金も払っている合法店なのに、なぜ支援を受けたらいけないのか」と公平性に関する問題を提起した。チェ・ウォンボン韓国遊興飲食店中央会総務部長は「ソウル市内の『遊興酒店』の68%が個室4部屋以下、30坪以下の零細事業場であり、がけっぷちに追い込まれて大変なのは同じなのに、なぜこれまでの先入観だけで見るのか」「『遊興酒店』の経営者の50%以上が女性なのに、女性団体はその経営者たちの人権は保護しないのか」と主張した。
(引用ここまで)


 ルームサロン≒遊興酒店が女性団体から「新型コロナの援助対象から外せ」と批判している、とのこと。
 日本では遊興酒店のことを「韓国版キャバクラのようなもの」と書いているところが多いですが、実際にはそうではない……ということがこの一件からもよく分かるのではないでしょうか。
 「個室付きキャバクラ」が女性団体からこんな目のつけられかたしません。

 曰く「密室と野合で汚れた『ルームサロン(ホステスのいる個室付きの店)共和国』という汚名があるほど我が国の歴史で清算しなければなら業種であり、性差別的・反人権的な店」なのだそうですよ。
 「ルームサロン共和国」という汚名を清算しなければならない、ですからね。

 遊興酒店、ルームサロンは基本的には性風俗店なのです。
 だいたいは近隣(というか隣)にモーテルがあって、連れ込むことが可能な店となっています。
 面倒だとばかりに渡り廊下を作ってしまったら黙認されなくなって摘発されたなんて例もあったりするのですけどね。
 パチンコ店と換金所のような関係と言えますか。

 でもま、業種で支援金の有無を変えるというのは新型コロナへの支援対策金という意味ではやらないほうがいいのかなぁ……と思いますけどね。日本だろうと韓国だろうと。
 どちらにせよそこに人がいて日々の生活を暮らしているのですから、業種がなんであろうと(建前だけでも)違法でない以上は支援すべきだと思います。

 ところで朝鮮日報も機械翻訳使ってんな、これ。
 Google翻訳のくせで「しなければならない」という言葉を「しなければなら」までしか書かないというものがあるのですよ。
 まあ、素訳はGoogle翻訳に任せて手を加えるというのは楽な方法ではありますけどね。


ポンペオ国務長官、訪韓後に訪日し「クアッド会議」を行い……すでに韓国は蚊帳の外?

韓国が二の足を踏む間に…ポンペオ長官、来月日本でクアッド会議(朝鮮日報)
 米国務省のポンペオ長官が来月初めに来韓した直後に日本を訪問し、日本、オーストラリア、インドと共に「4カ国安保対話(クアッド)」の会議を開催することが24日までに分かった。自由民主主義などを主要な価値として共有するアジアの主要国と米国との協議体「クアッド」は、この会議で中国に対抗する同盟連帯を強化し、対応戦略について協議を行うとみられる。

 韓国が抜けた状態で、米国が対中戦線参加国との同盟関係を固める場面が日本で演出される形だ。外交関係者の間では「韓国が米中の間で留保的な立場にこだわる間に、主要な多国間協議体の一員から外れてしまった」「このままでは米国の同盟国の中で仲間外れの立場に転落するのではないか」など懸念の声が出ている。 (中略)

ある外交筋によると、米国は「クアッド」に韓国などを含める「クアッド・プラス体制」を構想しているという。これに先立ち中国は先月末、楊潔チ・中国共産党外交担当政治局委員を韓国に派遣し、「米国の側に立つな」とのメッセージを間接的に伝えた。

 米国の圧力にもかかわらず、韓国政府は「安全保障は米国、経済は中国」という基本政策を打ち出し、あいまいな立場を取り続けている。ある外交官幹部OBは「政府は先月の韓米日国防相会議にも納得し難い理由で参加しないなど、米日と徐々に距離を取ろうとしている」「これに対して中国、北朝鮮、ロシアは連帯を強化している」と指摘した。
(引用ここまで)


 先日、ドイツからインド太平洋戦略について賛意が出ました。
 中国傾倒を改め、「法の支配」を重視するというメッセージですね。

ドイツ、中国依存を転換 アジア政策で日本などと連携 (日経新聞)

 楽韓Webでも去年くらいに「どうもここ数年、ようやく中国の悪質さというものがヨーロッパに伝わった気がする」という話をしていました。
 いくら経済成長を重ねても悪質さが変わらない。
 この悪質さこそが中国の本質なのではないか、という認識がようやくヨーロッパでも認識されてきたという感じですかね。

 海洋国であり、アメリカの同盟国であるイギリスはそこそこ前からそれに気がついてインド太平洋戦略に同調していましたし。フランスもそれに追随していました。
 そこに満場一致で「中国の狗(欧州版)」と見られていたドイツが加わったことの意味はかなり大きいのですよ。
 しかも王毅外相がヨーロッパ歴訪した直後の発表ですからね。

 インド太平洋戦略に加わるクアッドについて中国は「机上の空論」「中国にはそんなもの全然効いてない」と主張しています。
 すなわち、効きまくっていると。
 NATOのような機構にできるかどうかは難しい部分もありますけどね。
 実際にインドは非同盟路線の中での協力ということになるでしょうが、中国人民軍が国境侵犯を繰り返すようであればそうも言っていられないでしょう。
 日米豪印以外でも中国に圧迫されているフィリピンやベトナム、マレーシア等の南沙諸島関連国は基本的にインド太平洋戦略に乗らざるを得ない状況に追い込まれるでしょう。
 中国のやりかたは小国を無視する覇道そのものですから。

 そんな中、韓国はどうするのだという最終判断が問われているわけです。
 日清戦争、日露戦争を見ても分かるように朝鮮半島は地政学的な要衝にあることから、中国にもアメリカにもそれなりに注目を受けているわけですが。
 あくまでも「戦略的あいまいさ」とやらを採るのであれば、それは両国にとって敵となる中立で破滅を呼び込む動きでしかないのですが。

「優柔不断な君主は現在の危険を避けるためにほとんど中立として残ることを望むが、これはいつも破滅の原因となる」(君主論)
「君主が対立する勢力に『我々はあなたたちと対立している』と宣言することは、その敵からもそうでない側からも尊敬を得る行為だ」(同)

 さて、韓国の判断はいかに。


楽韓さん、本日の動向 - おかわり無料よりも安くして欲しい感もある

 どうしても忙しいと動向ネタに欠けるようになりますね。
 今週末まではこのペースかなー。

 とんでもスキルで異世界放浪メシ 6巻宝くじで40億円当たったんだけど異世界に移住する8巻トラベルはとにっきマージナルオペレーション 15巻をそれぞれ購入。



 あとKADOKAWAがまたセールやっているらしく、国宝のお医者さんの1巻が70%オフ。ゆったりした感じでわりと好き。もうちょっと修復手順みたいなものを詳しく見せてくれたほうが説得力は増すと思うのだけども。



 さて昨日は9時過ぎに神田駅前のアーンドラダバでベジミールス。雨模様の時は駅から徒歩1分はありがたい。
 左下から時計回りにサンバール、ラッサム、ひよこ豆のポリヤル、かぼちゃのカレー、オクラのカレー。
 ディナーミールスはご飯、サンバール、ラッサムがおかわり無料。

092718C7-C659-4222-B9E6-67BE60238378.jpeg

 おかわり無料とはいえ、それほど食べられませんけどね。ここは基本の量が多い……。
 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。