相互RSS募集中です

2020年09月

韓国メディア「U-23代表の強化ができない……そうだ、日韓戦とかやればいいんじゃね?」……なんで親善試合が10年以上もないのか考えたことある?

【コラム】11月にサッカー五輪代表の韓日戦はどうか(中央日報)
良い案はないのだろうか。来月のAマッチ期間に東京五輪開催国・日本との評価試合を提案したい。あらかじめ見る「五輪サッカー韓日戦」ということだ。まず韓国と日本はともに東京五輪本大会に出場する。お互いライバル意識が強く、良いスパーリングパートナーだ。関心の高さは言うまでもない。

ちょうど両国間の人的交流の通路が開かれた。韓日政府が互いに短期間訪問するビジネス関係者と外交・公務上出張者に対して一定の防疫手続きを踏めば隔離措置を免除する内容の「ビジネス関係者特別入国手続き」を8日から施行することにした。相手国訪問を希望するビジネス関係者は招待企業が作成した誓約書と活動計画書を大使館または総領事館に提出すればビザ(査証)を取得できる。出国前の14日間の健康モニタリング、航空機出発72時間以内の新型コロナ検査実施、相手国滞留時に適用する民間医療保険加入などが条件だ。

ビジネス関係者と外交官に適用する「特別入国手続き」対象範囲に「国家代表スポーツ選手」を含めれば手続き上問題はない。入出国時の2週間隔離の負担がなくなれば、いつどこでも自由に対戦できる。両国サッカー協会が主導し、外交部と文化体育観光部が支援すればよい。

五輪代表の韓日戦は双方にプラスとなる「ウィン・ウィン」イベントだ。両国の五輪代表としても、本大会を控えて選手を点検し、実戦感覚を高める機会だ。ファンは国家対抗戦に対する渇望を解消できる。両国サッカー協会は競技場の広告看板と中継権販売で収益を出すことができる。両国ともに国内組が五輪代表の主軸であり、選手の招集に大きな困難もない。

韓日関係は最近まで冷え込んでいた。外交的問題に新型コロナまでが重なって門戸を閉じた。断絶した人的交流が7カ月ぶりに再開される。サッカーがその呼び水の役割をするのはどうだろうか。想像するだけでも興味深い。たばこの煙をため息を混ぜて出した金鶴範監督は禁煙することになるかもしれない。
(引用ここまで)


 日韓でそれぞれ隔離措置を免除するビジネス往来の認可が出るようになりまして。
 中央日報では社説まで掲載して「これを機会にして日韓関係を改善しよう」とか言い出しています。

【社説】韓日ビジネス入国制限緩和は関係復元の出発点(中央日報)
日本の立場では韓国大法院(最高裁)の徴用勤労者賠償判決による日本企業の損害賠償問題が関係正常化の障害になっている。司法的な判断は尊重するものの、韓国政府は過去にも事例があったように特別法制定に基づく政治的・行政的な解決法も共に模索し、日本の退路を用意すべきだろう。ビジネス関係者の往来が再開され、両国首脳が対話の窓を開いた今がまさにその時だ。
(引用ここまで)

 おや、「韓国政府は特別法制定をすべきだ」って書いちゃってますね。
 これが「三権分立」の実際の姿ですからね。
 三権がそれぞれに相互監視をする。「このままだと新しい概念に対して裁ける法的根拠がないから立法してくれ」なんてこと普通に言います。

 ムン・ジェインの言うところの三権分立は「相互不可侵」で、頭の悪い人のそれです。中学生だって理解できる話。
 まあ、ムン・ジェインとしても「日本企業に対して賠償が要求されているのだ」ということで、日本に退く姿を見せたら政治的、支持率的に追い込まれるのも間違いない。
 ま、そんなこた日本にしてみたら知ったこっちゃないですけどね。

 中央日報にかぎらず、韓国メディアは少なからず「日韓に対話の機運が生まれてきた」というような設定にしたいようなのですが。
 どこにそんなものがあるのやら……。

 で、その「日韓関係の改善」の一環としてU-23代表戦をやってはどうか、との話。
 うん、ない。
 韓国、あるいは中国とやる唯一の利点って、バカみたいなアウェイの雰囲気でやれるという部分なのですよ。
 宿泊施設から含めて厳しい環境でやらなくてはならない。アウェイの洗礼を受ける、という一点のみにおいて意味がある。
 ですが、現状のU-23でそれをやる必要はない。

 「独島は我が領土」みたいなプラカード掲げられても困るわけで。
 正直、フル代表だって2年に1度、東アジア選手権……じゃなくてE-1選手権で対戦しなくちゃいけない。これだって負担になってるレベル。
 なんでフル代表では2011年以来、U-23では2009年以来親善試合がひとつもないかって理由を考えろってことですわ。

ドイツ・ベルリンの慰安婦像を設置した団体、撤去を求める区に対して法廷闘争を開始

「撤去間近」ベルリン少女像、明日にも法廷へ(ハンギョレ・朝鮮語)
ドイツのベルリン市に設置された平和の少女像撤去問題が裁判所で決定されるものと見られる。

少女像の設置を主導したドイツの韓国協議会は12日(現地時間)、ベルリン市ミッテ区が少女像設置許可を取り消したことについて行政訴訟を提起する予定だと11日<ハンギョレ>に語った。少女像が設置されているミッテ区は7日に許可取消文書を送り、14日までに市民団体自ら撤去しなければ市が撤去に乗り出すと通知した。しかし、訴訟を提起すると審理過程を経て決定まで数週間から数か月もの時間がかかると予想され、すぐに差し迫った撤去は防ぐことができると韓国協議会は、期待している。

ハン・ジョンファ韓国協議会代表は「ステファン・フォンダセルミッテ区庁長は、プレスリリースで少女像を承認した都市空間と建築芸術審査委員会が慰安婦問題をめぐる韓国-日本の葛藤は全く知らなかったかのように話をしているが、申請書にも複数枚を割いて説明した。最初の許可の手続きに問題がない限り、そのまま残すことを主張する根拠が法律的にも十分できる」という立場を明らかにした。

少女像設立当時市委員会はまず1年の設置を許可し、「公共の利益に反する場合はいつでも撤去することができる」との但し書きを付け加えたので、訴訟ではこの点が最大の争点に浮上するとみられる。しかし、代表は「『他の多くの民族の間の対立を誘発することができる』とのミッテ区の主張とは異なり、少女像は地域共同体のコミュニティ・レ・ウニオンの後援で建てられ、今まで日本人を含めた地域住民はなんら反対の意思を明らかにいていない」と伝えた。
(引用ここまで)


 ドイツで慰安婦像の設置を主導した韓国協議会という団体が、ミッテ区の撤去命令に対して行政訴訟を起こそうとしているとのこと。
 日本でいうところの仮処分命令を出してもらいたい、というようなところでしょうか。
 まあ、日本側にとっても悪い話ではない。
 像が設置された経緯というものが解明されますからね。どのようにして「戦時下での女性の人権を象徴する美術品」であったはずなのに、旧日本軍を糾弾するパネルをはめこんだのかという話もできることでしょう。
 当該団体は「日韓関係についても自治体に話は通してある」と主張していますが。
 彼らがこういう主張をするときはおおよそにして、その逆をやっているというパターンなのでその辺りも楽しみにできるかな。

 どちらにせよ、中止は揺るがないと思われます。
 図式的には「女性人権云々 - パネルの騙し討ち < 民族間、国家間の紛争要因」という感じになるのではないかと。
 その表現そのものを支持するかどうか、という部分に巻きこまれないようにしなければならない。
 例えば公園にシャルリー・エブドの風刺画を飾るっていう行為と、さほど変わらないという話ができればよいのですが。

 あとは正義連がなにやらこの件について国連にもの申そうとしているとのこと。

正義連「ベルリン」平和の少女像」撤去不当」... 国連に書簡(聯合ニュース・朝鮮語)

 日本も大概ですが、韓国の国連についての幻想っていうのはとてつもないものがありまして。
 国連事務総長となったパン・ギムン氏を「世界大統領」くらいに祭り上げてました。
 国連がなんらかの具体的な救済措置でも取ってくれると思っているのか。
 あるいは「国連という威光」を身にまとうつもりでもあるのか。
 詐欺、準詐欺、横領と汚れきった団体である連中がなにをするつもりなのやら……。

 連休明けの明日、韓国政府からもなんらかの動き、表明があると思われます。
 まだまだ動きを注視する必要はありそうですわ。


3連休のソウルはまるで80年代の戒厳令下のような有様。「昼食に出るだけで4回も検問にかかる」「平壌でもここまでじゃない」

外信記者「こんなものは平壌でも見たことない…狂っている」(朝鮮日報)
 「ハングルの日」の9日午前10時50分ごろ、ソウル光化門周辺にある地下鉄の出口近くで激しく言い争う声が聞こえてきた。地下鉄5号線の光化門駅7番出口だった。30代の女性1人を7人の警察官が取り囲み、口論になっていた。警察官がこの女性に「都心で勤務していることを証明せよ」「社員証などの身分証を示せ」と要求したところ、この女性が「持ってこなかった」と答えたため口論になったのだ。女性は「ここから200メートルほど離れた弁護士会館の裏に会社がある。集会ではなく会社に向かっている」と説明したが、警察は「統制中なので通ることはできない」と制止した。さらに「機動隊バスを通り過ぎて大きく回れ」と指示し1キロほどの迂回路を案内した。女性は「会社がすぐ目の前にあるのに、なぜそんなに遠回りしないといけないのか」と抗議した。3分ほどの口論の末に、ある女性警察官が「私が会社まで案内する」と言って女性を連れ出した。女性は警察官について行きながらも、怒りが収まらない様子で「出勤はしないといけないでしょう」と叫んだ。

 この日、ソウル光化門の世宗路周辺はいわゆる「在寅(ジェイン)山城」で取り囲まれた。警察は広場周辺の道路に沿って機動隊バス500台以上をギッシリと並べて車壁を作り、歩道には鉄製のフェンス1万個以上を設置し最初から通れないようにするか、曲がりくねった迷路のような通行路を設置した。それでもここを通り過ぎる市民の前には例外なく警察官が立ちふさがり、「何の要件か」と質問しては身分証の提示を要求した。軍事政権時代の1980年代、多くの大学で行われた不審者に対する検問がまさにそのまま再現されたのだ。しかし当時も歩道を鉄製のフェンスで通れないようにするとか、迷路が設置されるようなことはなかった。

 「ハングルの日」のこの日、光化門周辺が封鎖される様子を目の当たりにした外信記者は「平壌の軍事パレードも2回取材したが、こんな光景ははじめて見た」と述べた。北朝鮮専門メディア「NKニュース」を運営するコリア・リスク・グループのチャッド・オ・キャロル代表はこの日、SNS(会員制交流サイト)に「昼食を取るためパン屋に行こうとしたら、警察の検問を4回受けた」「今のソウルは本当にこっけいだ」と伝えた。「狂っている」とも指摘した。 (中略)

 ソウル市内の各地では市民が警察官と言い争う様子が目に付いた。午後1時55分頃、鍾路区のある教会前では40代の男性が警察官に向かって「向かいの教保ビルにあるオフィスに行かないと行けない。なぜ行けなくするのか」と怒鳴っていた。警察官が「シャトルバスに乗らないのなら、反対方向には渡れない」と説明した。警察はこの日、鍾路-粟谷路の区間を行き来するシャトルバスを4台運行した。この男性は「歩いて5分なのに、なぜシャトルバスに乗らなければならないのか」「密閉空間のバスの方がもっと危険だ。本当に防疫が目的なのか」と警察官に問いただした。
(引用ここまで)


 この金曜日、韓国は「ハングルの日」でそこから3連休。
 どうにかK防疫で新規感染者を2桁に抑えこめていたのですが、先週の秋夕(チュソク)の連休明けでまた3桁にカムバック。とはいえ、100人超は1日だけでなんとか2桁後半をキープしてはいるのですね。
 今週の3連休はなんとしてでも感染拡大を防ぎたいというのがムン・ジェイン政権の意向。
 というわけで「デモといったら光化門」ともされている光化門広場を完全封鎖しているわけです。
 ソウルのど真ん中で広場を挟んで10車線ある大きな道路なのでデモには持ってこいの場所。そんなわけでセウォル号遺族会を名乗る連中によって占拠され、かつろうそくデモの現場となったと。

 そうした反政府デモが行われるのに最適な場所なので、今回は防疫を言い訳にして完全封鎖。
 周辺地域は日本でいうところのNTTにあたるKTの本社があるなど、ソウルのビジネス街でもあるのですがそんなことはお構いなし。
 域内の移動は徒歩禁止でシャトルバスのみ。
 防疫なら外を歩く徒歩のほうがよほど安全だと思えますけどね。

 北朝鮮の動向を報道するNKニュースの記者は「パン屋に行くのに4回も検問を受けた」「北朝鮮の軍事パレードでもこうはならない」と嘆息。
 ムン・ジェイン政権……というか、ムン・ジェインそのもののやりかたがこう、なのでしょうね。
 防疫のためというよりは、こうして抑圧するのが性にあっていると。
 彼らが糾弾していた(今もしている)80年代の戒厳令下での出来事とまるっきり同じ。
 意趣返しの部分も少なからずあるのでしょう。

楽韓さん、本日の動向 - あさってからはプライムデー

【PR】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月100円で聴き放題!
【PR】Kindle Unlimitedは3ヶ月99円の過去最安値です

 プライムデー先行のKindleセールは本格的に弾が尽きたので、今回のセールで売れたものなど書いてみる。
 コミックのトップ3は──

 1位 フランスはとにっき 海外に住むって決めたら漫画家デビュー

フランスはとにっき 海外に住むって決めたら漫画家デビュー (RYU COMICS)
藤田里奈
徳間書店(リュウ・コミックス)
2019-10-11


 フランスがVANKの「東海と書け!」との嫌がらせに動じなかったのは「俺のせいじゃない」というフランス魂があったから、というエントリとセールが噛み合った結果かな。

 2位 服を着るならこんなふうに 10巻



 以前もおすすめしたものが、全巻セール対象になったというのが大きいと思われる。
 ま、エッセイ風なので気楽に読めるというのもある。

 2位 異世界おじさん3巻

異世界おじさん 3 (MFC)
殆ど死んでいる
KADOKAWA
2019-10-21


 2巻、3巻がセールになったのははじめてだったというのが大きいかと。服を着るなら〜と同数。2巻は1冊少なかった。最新の5巻は間もなく発売。まだ書影出てない。

 次点 異世界迷宮でハーレムを。



 新規紹介はこれだけかなー。ハーレムものとされながら実は主人公が世界のシステムを解明していくミステリー部分的な話でもある。
 他のサイトではどうか知りませんが、うちはあるていど熱を持って紹介するもののほうが反応はよい感じ。

 明日は文章の本で売れたのをピックアップ予定。

 東池袋の志奈そば 田なかで特製重濃煮干しそば。

D87128D0-BED4-465C-BA03-E15B17402E06.jpeg

 これも好き。ですが、個人的にはあっさり目の煮干しトリュフそばがよかったかな〜。あれはバランスが取れた一杯でした。

●土曜日投資短信
 動きなし。
 個人的にはつみたてNISA以外は一度、全部を現金にしてしまいたいという気分もあります。
 年内には方針を決めておかないとなぁ。下がって破滅するほどの額を注ぎ込んでいるわけではないにしても。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。
整う食事
豊永 彩子
実業之日本社
2020-03-02