相互RSS募集中です

2020年09月

韓国メディア「クアッドが外相会談をしたけどもポンペオはなにも成果を持ち帰れなかった!」……そういうとこやぞ

「クアッド」関係国たち“中国を意識”、結局 ポンペオ「手ぶら」で帰国=韓国報道(Wow Korea)
米国政府は去る4日から6日、マイク・ポンペオ米国務長官の訪日をきっかけに、米国・日本・インド・オーストラリアによる、いわゆる「クアッド(Quad)」を出発点とするインド・太平洋地域における多国間安保協力構想のエンジンをかけたが、その成果は外見上 それほど大きく出ることはなかった。

ポンペオ長官は訪日期間「中国共産党からの脅威にともに立ち向かおう」として、域内の同盟国たちを督励してきたが、他の当事国たちは中国との経済的利害関係のためか「中国」という名を公に口にしながらも、4か国の共通した対応方針を盛り込んだ声明を出すには至らなかった。

今回の「クアッド」会議の議長国である茂木敏充外相も6日の会議で「多様な分野で既存の国際秩序が挑戦を受けている」としたが、その「挑戦」の主体が誰なのかを明らかにしなかった。

茂木外相は「我々4か国は民主主義、法治、自由経済という基本的価値観と、地域の責任あるパートナーとして、規則に従った自由で開放された国際秩序を強化していくという目的を共有している」と発言したが、“なぜ4か国が今 このような話合いをすることになったのか”ということについては、具体的に説明しないままであった。

このような中、今回の“クアッド外相会議”が「新型コロナウイルス感染症の流行以降、日本で初めて開催された国際会議だ」と宣伝していた日本現地のメディアたちさえも、会議の結果に関しては「中国を念頭において」、「中国に対する批判を避けながら」という修飾語をつけて「“自由で開放されたインド・太平洋”の実現のためには、より多くの国との連帯が重要だという認識を共有した」という程度で報道している。

結局 ポンペオ長官は、願っていたとされる“成果”が出ないまま、「手ぶら」での帰国となったが、日本のオンラインメディア“JB Press”は「ポンペオ長官の今回の訪日は、ドナルド・トランプ米国大統領の意に従ったものであったとしても、米国の国益という観点で『正しいことをした』という評価を受けるだろう」と伝えている。
(引用ここまで)


 先日の日米豪印による外相会談について、韓国メディアが「ポンペオ国務長官はなにも持ち帰ることなく終わった」としています。
 Wow Koreaは韓国のオンラインニュースメディアのNews1と提携していていて、この記事はNews1のもの。
 News1はマネートゥデイ傘下のニュース通信社。
 政治指向的にはやや保守系。
 保守系であっても、こうして「ポンペオはなにも持ち帰ることができなかった」と半ば嬉々として報じている。

 その大きな要因はポンペオ長官が韓国訪問をキャンセルしたことでしょうね。
 訪韓をキャンセルしたのに、日本には訪問してクアッドの外相会談を優先したっていうことが腹に据えかねている、というところでしょう。
 というか別にクアッドの4カ国外相会談はこれがはじめてというわけでもない。

 去年の国連総会にあわせてニューヨークで行われています。
 そのちょうど1年後に東京で開催。
 定例会合とするのは次回から、ということですが実質的にはすでに1年に1回の定例会合が行われているも同然。
 そんな中で「具体的成果」を持ち帰るとしたら、そのほうがマズイって話なのです。

 クアッドがリアルで会合して、外相会談やっているということ自体が成果。
 中国包囲網であるクアッド、インド太平洋戦略において「具体的成果」が得られたら……どういうことか。
 韓国メディアはそういう部分を考えなしに言いますよね。

 なお、スティーブン・ビーガン国務副長官はクアッドについて拡大する可能性に言及しています。

「クアッド」拡大の用意、自由なインド太平洋目指す=米高官(ロイター)

 拡大に言及してはいますが、具体的な対象としてはASEANとの連携だそうですわ。
 韓国のかの字も出てなかったっていう。
 まあ「自由なインド太平洋」を目指す国であれば、たとえばそれが中国であったとしても加わることができるわけです。
 TPPも同様で、一定のルールを守るのであれば加入できないわけでもない。
 でも、中国はそういったルールを守らないから排除されつつあるわけで。
 韓国はその仲間であると認識されつつあるのを理解しているのかねぇ……。

駐米韓国大使「米韓同盟は70年続いたが、次の70年もアメリカを選択するわけではない」「国益がなければ同盟に意味はない」と激白……アメリカも反論をするものの……

「70年前に米国を選択したからといって、また米国を選択しなければならないのか」(朝鮮日報)
 イ・スヒョク駐米韓国大使は11日(現地時間)、遠隔で行われた国会国政監査において「韓国は70年前に米国を選択したからといって、今後も70年間米国を選択するわけではない」と発言した。「米国が6・25戦争のときに韓国を支援したことと、今後の韓米同盟は別問題」と主張したのだ。野党は「韓米同盟について、駐米大使が聞いたことも見たこともない詭弁(きべん)を弄(ろう)している」と反発した。

 イ大使はこの日の国政監査において「今後も米国を愛することができるのであれば、またわが国の国益になるのであれば米国を選択するだろう」とも述べた。イ大使は「愛してもいないのに、70年前に同盟を結んだからといってそれを守るべきというのは、米国に対する侮辱だ」「そうあってこそ韓米同盟も特別なものだ」との考えも示した。「韓米同盟」の変化と未来に関する発言とはいえ「駐米大使が『韓米同盟破棄の可能性』にまで言及した」として波紋が広がっている。 (中略)

 イ大使は先月3日、米国で開催されたテレビ会議でも「韓米同盟の未来の姿を深く考えてみるべきだ」とした上で「中国が最大の貿易パートナーという事実を考慮しなければならない」と主張した。「安全保障は米国、経済は中国」という意味の発言だったようだ。
(引用ここまで)


 韓国の国会で続いている国政監査で在米韓国大使のイ・スヒョク大使が「70年前にアメリカを選択したからといって、次の70年間もアメリカを選択するわけではない」「国益があってこその同盟だ」と発言。
 中国とアメリカの間で「曖昧性外交」を繰り広げるというムン・ジェイン政権の意向を代弁したわけですね。
 この発言はかなり大きく韓国内で報じられ、かつ批判が大きくなっています。
 アメリカもラジオフリーアジアで反論を出したそうです。

「国益になってこそ米国選択」駐米韓国大使の発言に…米「70年同盟誇らしい」(中央日報)

 中央日報によると、在米大使館は発言に対して収拾を図っているとのことですが。

在米大使館「今後も同盟維持」…大使の「国益になってこそ米国を選択」発言を収拾(中央日報)
「(韓国の)国益になってこそ米国を選択する」という李秀赫(イ・スヒョク)駐米大使の発言に関連し、在米韓国大使館が12日(現地時間)、「韓米同盟が今後も維持されなければいけないという意味」と収拾に動いた。

大使館はこの日、「在米大使館からのお知らせ」という立場表明文を配布し、「韓米同盟は価値同盟であり包括的戦略同盟」とし「(李大使の発言の趣旨は)韓米同盟は70年前に結ばれた過去の約束だけでなく、両国が共有する価値と利益を基礎にするため、現在はもちろん今後も維持されるべきということ」と明らかにした。続いて「李大使の発言は、韓米同盟が韓米両国の国益になってきたうえ、今後もそうなるはずであるため、強く持続していかなければいけないという点を強調する趣旨だった」と説明した。
(引用ここまで)

 引用外にはアメリカ政府が長文の反論を出した、との話もあります。
 事態収拾にあたっているのは大使本人ではなく、韓国大使館であるというところも注目点ですかね。

 大使による舌禍は6月に続くもの。
 6月のそれは「韓国はいまや中国とアメリカから選択を強いられるのではなく、選択ができる国となった」というものでした。
 その後、アメリカから「韓国は70年前に選択を終えたはずだ」というけっこう苛立ちを感じる反論があったことも記憶に新しいところ。
 このようにして駐米大使に対して反論があるということは珍しいのですが。
 今回も反論をしているということからも、本当にアメリカは韓国に苛立ちを隠していないということでしょうね。

 それにしても、どちらも駐米韓国大使という国を代表する人物の言葉としては軽すぎる。
 とはいえ、ムン・ジェイン政権の持つ空気というものを確実に反映しているのも確かではあります。
 在韓米軍は2018年以来、3年に渡って韓国軍との大規模な合同訓練を行っていません。
 北朝鮮を刺激するからという韓国政府からの依頼があるのと、トランプ大統領の「在外駐留基地での訓練など無駄である」という判断からですが。
 そんな微妙な関係性になっている中で、こういった発言を連発することができるのですから。
 まあ、ムン・ジェイン政権の指向性が「朝鮮半島からの米軍撤退」にあるのは間違いない。
 ただ、そのあとにどうなるのか。どうするつもりなのかという青写真があるようにはとても思えないのですよね。

韓国議員「欧米の博物館で韓国の文化財が日本のものとして扱われている!」と激オコ……そうはいっても韓国の文化財専門家なんてほとんどいないだろうしね……

外国の韓国文化財に「日本文化財」表記多い(中央日報)
外国にある韓国文化財が「日本文化財」と表記されているケースが多いことが分かった。

韓国国会文化体育観光委員会の朴釘(パク・ジョン)議員(共に民主党)は12日、文化財庁の国政監査で、国外の博物館・美術館・図書館などに展示されている韓国文化財の製作国、名称、製作時期などに関する説明が正しくないと指摘した。

朴議員によると、米ミシガン大学の美術館に展示されている韓国の文化財「井戸茶碗」は日本の江戸時代に製作されたと表記され、オランダ国立民俗学博物館が所蔵する韓国文化財の多数は日本文化財と表記されている。 (中略)

12日の国政監査で朴議員は「国外所在という特殊性と国外所在文化財の数量および規模を考慮すると、12人で円滑な業務遂行が可能なのか疑問」とし「海外に誤って紹介されている韓国の文化財情報を正すなど、財団が役割を果たせるよう人員の補充と予算の確保が急がれる」と指摘した。
(引用ここまで)


 あー、まあこれはしょうがないといえばしょうがない。
 先日のフランスの件ドイツの件、そしてメトロポリタン美術館の件、それぞれに共通していることですが。
 韓国の遺物にそれほど興味のある人っていないのでしょうね。
 キュレイターも少ないでしょうし。
 大学の学科でもおおよそ「中国」「日本」「その他アジア」でまとめられているというのが実際。
 東アジアに関しては「中国でなければ日本だ」くらいの扱いになるのでしょう。
 韓国人の自尊心(実際には虚栄心)はそれを許さないのでしょうが、欧米人にその分類をきっちりやれっていうのはしんどい話ですよね。

 あと井戸茶碗についてはちょっと違う。
 李氏朝鮮の日常で用いられる器に美を見いだしたのは日本の茶人ら。
 侘び寂の概念に基づいた美の存在がそこにあることを見いだしたのは日本の茶人であって、これについては日本の美術品と言っても過言ではない。
 というか、井戸茶碗を美術品として展示する場合、その経緯を説明することなしには美術品として成立しないのですよ。
 そうでなければただの古い器にすぎない。

 韓国でも「世界で評価されていたのならそれは韓国のものだ」「李氏朝鮮でも美術品として作られたんだ」くらいのことを言い出している連中もいたりするのですが。
 歴史修正主義者ですよね。


韓国メディア、「ドイツの元首相が慰安婦像撤去に反対声明を出したぞ!」と期待するものの……シュレーダーくんさぁ……

シュレーダー元ドイツ首相夫妻、「平和の少女像」撤去反対運動に参加(ハンギョレ)
 ドイツのゲアハルト・シュレーダー元首相と韓国系の夫人のキム・ソヨンさんが、ドイツのベルリン市に設置された「平和の少女像」の撤去反対運動に加わった。

 キム・ソヨンさんは11日(現地時間)、ベルリン市ミッテ区役所に少女像をそのまま維持してほしいという手紙を送ると共に、その全文を自分のフェイスブックで公開した。キムさんはこの手紙で「平和の少女像の撤去決定は理解し難い」とし、「これは、残忍な暴力の犠牲者である『慰安婦』ハルモ二(おばあさん)たちの苦痛に背を向ける決定」だと指摘した。

 キムさんはまた、「私は夫とともに韓国で高齢の(慰安婦)生存者に会った」とし、「日本政府が残忍な戦争暴力の歴史を清算するどころか、沈黙するよう圧迫するのは歴史を妄覚すること」だと付け加えた。彼女はさらに「ドイツはナチスの歴史を清算することにより世界から尊敬されている」とし、「ドイツの官庁が日本の戦争犯罪の隠蔽に加担してはならない」と指摘した。

 キムさんは「夫とともにベルリンのミッテ区役所が平和の少女像の許可をそのまま維持するよう丁重に要請する」と書いた。
(引用ここまで)


 韓国では「シューレーダー元首相夫妻」という話になっていますが、主体は韓国系のキム夫人であるのが記事から分かりますね。
 韓国国内では「我が意を得たり」「元首相が我々についた」みたいなコメントが多いのですが、ドイツ国内のシュレーダー氏の評価というのは地に落ちています。

 ロシア系の企業に役職を得て、元西側の指導者とは思えないような言動を繰り返しているのです。
 日経曰く、元西側の政財界要人がロシア側に落ちることを「シュレーダリゼーション」というのだそうですよ。

猛毒と「不都合な真実」 (日経新聞)

 おまけに72才の時に25才年下のキム氏と不倫して、かつ寝とったっていう。  で、このキム氏にそそのかされるままに、ナヌムの家にも訪問しています。
 まあ……日本でいえば鳩山元首相がさらに質を悪くした、というような人物ですかね。

 というわけで、ドイツ国内での影響力があるかといったら「あるような、ないような……」というていどの微妙な人物と化しているのです。
 さっき左派で日本に厳しい論調を持つことで知られている南ドイツ新聞のサイトで「シュレーダー」で検索しても慰安婦像関連のニュースは何もなし。
 Googleのニュース検索で見ても、トップに出るのは「ロシアからいくら貰ってんだ」くらいのことをタブロイド紙のビルトに書かれたことに対して名誉毀損で訴えると言っていることを批判されている記事。

 晩節を汚しまくっている……というところでしょうかね。
 こんな人物が動いたところで意味があるかというと……。まあ、韓国メディアが期待しているほどではないのは間違いないでしょう。

楽韓さん、本日の動向 - Amazonプライムデーではこれを買おう

【PR】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月100円で聴き放題! 明日まで!
 ファインのサプリメントが安い。まあ、目当てはルテインしかないのですが。1本1000円ならOK。
 眠りが浅くなった時にはちらっとグリシンも使います。



 チャオちゅ〜るをはじめとしたペット用品コーナー
 というか、チャオちゅ〜るだけ買っていればいい気がします。20本入りでワンコインしない。買いだめありでしょ。



 これ以外のちゅ〜るやワンちゅ〜るもかなりの安さ。

 Kindeはどれも安くなっているのですが、Paperwhiteが8GB、広告付きなら7980円と通常時の無印Kindleと同等に。



【PR】Kindle Unlimitedは3ヶ月99円の過去最安値です 明日まで!

 Ankerは70種類ほど出品しているとのこと。まず、モバイルバッテリーや充電器、ケーブル類を。
 今回のおすすめはスリムタイプの45W対応の充電器。フリスクNeoの缶と似通った大きさで45Wはなかなか。Thinkpad X1は45W必要なのでこれになるんですよね。



 より小さな30W版、据え置きの45W版もおすすめ。
 モバイルバッテリーはスリムタイプの10000mAhのがおすすめ。PD対応でスマホに2回は充電可能。  あとケーブルがいろいろと安い。特にiPhone対応のUSB-Cケーブルでこの値段はあまりないのでは。



 ケーブルといえば、Ankerの通常のUSBからmicroUSB、USBーC、iPhoneにできるマルチタイプのもセール対象ですが、かなり便利に使ってます。変換コネクタのところの作りがきっちりしているので折れそうになる心配が少ないのです。

 ザバスやウィダーのプロテインパウダーも対象品
 inバープロテインのタンパク質15グラム版。
 1本100円ちょいはかなりの安さ。ドラッグストアでもここまでの値段は見ませんね。



 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。
産霊山秘録 (集英社文庫)
半村良
集英社
2014-06-26