相互RSS募集中です

2020年10月

韓国「バイデン政権に変われば、再び仲介者としての韓国の役割にスポットライトが当たるのでは?」……オバマ政権後期を思い出したほうがいいんじゃない?

<バイデン政権誕生へ>米朝関係の不確実性高まる 仲介役・韓国に注目(聯合ニュース)
 米大統領選で民主党のバイデン候補が勝利し、米朝関係の不確実性が高まる見通しとなった。だが、北朝鮮問題で韓国の存在感が一層注目されるとの見方も出ている。

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は親書を交換するなど良好な関係を築いたが、バイデン政権が発足すれば北朝鮮側との意思疎通が容易ではなく、米朝双方が韓国の仲介を必要とするとみられる。米朝関係のリスクは高まるが、南北関係では関係改善に向けたチャンスになる可能性もある。

 バイデン政権は新しい外交・安全保障を担う陣容を整えて対北朝鮮戦略を立てるため、北朝鮮と交渉に乗り出すまでに時間がかかるとみられる。この時期は北朝鮮の挑発の可能性が高まる時期でもある。北朝鮮は2001年、クリントン政権からブッシュ政権に移行した際を除いては米政権の交代時にミサイル発射や核実験を強行してきた。

 韓国は米国と連携し、北朝鮮に挑発行為を行わないよう求め、朝鮮半島情勢が悪化しないよう管理する必要がある。
(引用ここまで)


 韓国が南北関係で再度「仲介役」に返り咲けるはずだ……とする話が韓国国内では出てるそうですわ。
 トランプ政権下のアメリカと北朝鮮は反発しあったけども、バイデン政権なら……という期待をしているのでしょう。

 さて、トランプ大統領は明白に「変革者」としての自分を意識して行動していた節が伺えます。
 ことあるごとにオバマ前大統領を引き合いに出していたことがその傍証といえるでしょう。
 オバマケアの廃止、TPPからの離脱、米韓FTA・NAFTAへの批判などの政策、そしてノーベル平和賞を強力に意識していたのはオバマ前大統領への対抗心があったから、といえます。
 言ってみれば「オバマの逆張り」をしていたわけで。
 どこに対してどう動くかというのは、比較的分かりやすくもあったのですね。

 一方で今回の大統領選挙で当選したバイデン前副大統領には、否定されたオバマ路線にアメリカを引き戻す役割があるといえるでしょう。
 内政では上記のようなTPPや国民皆保険といった方針が取られるでしょう。

 外交を考えてみましょうか。
 日米韓関係でいえば慰安婦合意が結ばれたのは、オバマ政権の暗躍があればこそ。
 オバマ政権時代後半では日米関係が前進し、米韓関係は希薄になりつつありました。
 これはオバマ政権がようやく中国の脅威に気がついたからで、アジアリバランスの主役となるのは日本以外にないと判断せざるを得なかったからでしょうね。
 オバマ大統領(当時)の広島訪問、安倍総理(当時)の真珠湾訪問もその一端と考えれば分かりやすい構図になるのではないでしょうか。
 バイデン政権はこのあたりの路線を引き継ぐことになるのではないかと思われます。

 韓国では「バイデンは親日だ」とする風評が拡がっているそうです。

[ファクトチェック]バイデンは「親日」の傾向がある人物か?(聯合ニュース・朝鮮語)

 結論としては「特別に親日傾向のある人物ではない」というものなのですが。
 韓国でこういった「バイデンは親日人士だ」という話がまことしやかに語られている、ということ自体が韓国人が不安を抱いている、ということの反映でしょう。
 アメリカ・中国を両天秤にかけているムン・ジェイン政権の外交戦略を、少なからず不安に感じている……ということでしょうね。

 日米が蜜月だったのは安倍・トランプ政権だったからこそという部分は少なからずありますが、時代の要請であることも確かなのです。
 アメリカ側がいまになってインド太平洋戦略を捨て去るとも思えませんし。
 ま、とりあえずはバイデンがどんな世界戦略を描くのか、それを見てからですね。

駐韓日本大使「菅総理の訪韓は徴用工裁判が解決されないかぎりあり得ない」と韓国で断言

駐韓日本大使「対話の環境作りが先」 菅首相の訪韓巡り(聯合ニュース)
 冨田浩司・駐韓日本大使は6日、韓国が年内開催を目指す韓中日首脳会談に菅義偉首相が出席する可能性について、首脳会談の日程が具体的に決まっていないものと承知しているとし、韓日首脳による対話が可能になる環境作りが先に行われなければならないとの考えを示した。南部・済州島で開催中の「済州フォーラム」(5~7日)のセッションで述べた。 (中略)

 また対話が可能な環境が作られなければならないとし、どのような首脳会談でも成功させるためには環境が重要だと強調した。

 冨田氏の発言は、韓国大法院(最高裁)が日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じる判決を出した問題が解決されない限り、菅首相が訪韓して韓中日首脳会談に参加するのは難しいとの見解を示したものと受け止められる。
(引用ここまで)


 よいですね。
 こういうのが大使の役割のはず。
 すなわち、国の代表として赴任している国に意見を伝える。
 今回の場合であれば「日本の首相は環境が整わないかぎり、訪韓するつもりはない」と述べた。
 直接的ではないですが、「徴用工裁判について日韓基本条約に基づいた処理が行われるべきだ」という話をしたわけですね。
 大使の言ったことだから、というようなエクスキューズはあり得ないのですよ。

 駐米韓国大使が「韓国はアメリカ、中国という選択肢を強いられることなく、選べる立場の国になった」「70年前はアメリカを選んだが、次の70年も選ぶとは限らない」といった発言をするということは、韓国という国がそれをアメリカに対して語っていると解釈されるべきことなのです。
 河野太郎外相(当時)が駐日韓国大使が、すでに日本政府から拒絶された徴用工裁判の解決案を再度提示された際に「極めて無礼」と述べたのも同様で、あれは日本から韓国政府への正式な回答なのです。

 どうもムン・ジェイン大統領とその一派は外交プロトコルというものを理解していないように感じられます。あえて無視している、とするにはちょっとその回数が多すぎる。
 事務方の下交渉を経ずに首脳会談ですべてを解決しようという姿勢がその典型例として挙げられますかね。
 その結果が中国での国賓訪問でのひとり飯であり、ヨーロッパ某国の首脳からの「少しおかしい人物」という評価なのですが。

韓国でもPIXIVを使って年収5000万円のイラストレーター誕生? ただし、韓国では「非実在青年」でも罰せられる模様

「19禁のイラスト」を書いて年間5億ウォン儲ける?(聯合ニュース・朝鮮語)
「これこそが芸術である。ウォ……」
「まさに神が降りた手だ」
「あなたが韓国人であることを誇りに思う」

誰かを称賛する人々 。 これらは何に対しての賞賛でしょう?
あるオンラインイラストコミュニティです。
多数の映像が出ています。

多くのイラストに「制服を着た女性」たちが登場しています。
単に制服を着たというだけではなく扇情的な姿勢をしています。
もちろん、一定水位以上の図は、成人認証されたアカウントが必要閲覧が可能です。
しかし、見ようとするのであればそれほど難しくありません。

法曹界によると、この図は、「児童・青少年利用わいせつ物」に該当し、法的処罰を受けることができます。

キム・ヨンジュ弁護士(ソダム法律事務所)は「(判例によると、絵の中の対象を)大人として記載しても無条件に処罰をしないのではなく、総合的に判断する。制服を着て扇情的な姿勢をしたキャラクターが『誰が見ても子供、青年に対応する』と考えれば(そのキャラクターが)成人といっても児・青法で処罰を受けます」と説明しました。

しかし、このような「児童・青少年利用わいせつ物」に抵触する「派手な絵」でお金を稼ごうとする作家がいます。
これらのイラストコミュニティサイトに扇情的なイラストを上げて、後援金を出す人により多くの画像を提供する方法で収益を出しています。
作家は、毎月後援金だけでも4500万ウォンを超える収益を上げるのです。
19禁画像を売って、なんと5億ウォン相当の年俸を取りまとめるわけです。
最初から、顧客の要求を受けてカスタム画像を販売する作家もいます。

今年に入って、デジタル性犯罪が話題に上がって「ポルノ規制」は強化されました。
その例として「児童青少年の性保護に関する法律」は、用語と範囲が変わるなど多くの変化がありました。
それでもこのように、児童ポルノを描いて収入を収める作家は堂々と活動しています。
(引用ここまで)


 この記事を見て「へー、韓国にもPIXIVのファンボックスとか、ファンティアみたいなサービスがあるんだなぁ……」と思って動画のほうを見たらなんのこたないやっぱりPIXIVのファンボックスでした。
 日本発のイラストSNSということは書かれていないので、そこに気がついているのかいないのか。
 「顧客の要求を受けてカスタム画像を〜」というのはSKBかな。

 どちらにせよ、いつもの「低俗な風習はいつも日本から!」ってアレがないので、気がついていないのでしょうね。
 1ヶ月に4500万ウォン(≒414万円)の収入がある、というのも韓国人イラストレーターなのかどうなのか不明。
 最近では韓国人のイラストレーターも腕を上げてるからなんとも言えませんけども。

 でもって、韓国では「非実在青少年について処罰される方向性にある」と書かれているのがちょっと気になったところ。
 「(判例によると)児・青(児童青少年保護)法で処罰される」とありますので、すでに処罰されている事例があるということでしょうね。
 中国ではBL小説を書いた作者が懲役10年半という判決でした。
 韓国ではエロイラストでどのくらいの処罰となったかは不明ですが。
 まあ、やっぱり表現の自由の度合いとしては、あちら側に近いのだろうな……と思った次第。