相互RSS募集中です

2020年10月

韓国人原発担当者「月城原発、まだまだ稼働できます」→大臣「お前、死にたいのか。閉鎖前提で書類を作ってこい!」

「月城原発はもっと稼働できます」との実務者の言葉に元長官「お前、死にたいのか」(朝鮮日報)
 複数の政府関係者によると、白前長官は18年4月初め、原電産業政策課長ら産業通商資源部の職員から月城原発1号機の早期閉鎖推進案の報告を受けた。職員らは「月城原発1号機は早期閉鎖するが、それに伴う副作用を軽減するため、原子力安全委員会の原発永久停止許可が出るとみられる20年まで2年間は原発を稼働する必要がある」と報告したという。

 すると、白前長官は「原発をそれまで稼働すると青瓦台に報告しろというのか。なぜそんな報告書を作成したのか」「君は死にたいのか」などと激怒し、「即位稼働中断の線で再検討しろ」と指示したという。この報告は青瓦台の文美玉(ムン・ミオク)科学技術補佐官が月城原発1号機を訪問後、「外壁に鉄筋が露出している」という文章を青瓦台のイントラネットに書き込み、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が側近に「(月城原発1号機の)稼働中断をいつ決定するのか」と質問した直後に行われたという。政府関係者は「文大統領の発言を伝え聞いた白前長官が『時限的稼働』という報告を上げた産業通商資源部の職員を叱責したと聞いている」と話した。

 翌日原発担当幹部が「即時稼働中断」を盛り込んだ報告書を作成すると、白前長官は「最初からこうすればいいんだ」と言い、「青瓦台にこのまま報告するように」と指示したという。修正された報告書は青瓦台に報告された。産業通商資源部の職員は監査院の調査に対し、「白前長官の叱責を聞き、侮辱されたと強く感じた」と証言したという。ただ、白前長官は監査院の監査に対し、そんな指示を行ったことはないと否定したとされる。 (中略)

 しかし、政府・与党は検察の月城原発1号機関連捜査を「検察クーデター」「政権を狙った政治捜査」だと攻撃している。現政権の脱原発路線に基づき下された政治的決定に対し、「尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察」が法を振りかざし、政権に揺さぶりをかけているとの主張だ。白前長官は当時、指示内容を確認するための本紙の電話取材に応じなかった。
(引用ここまで)


 月城原発1号機は安全性や経済性に問題があって廃炉になったのではない。
 ムン・ジェイン政権のレガシーとして廃炉にさせられたのだ、という話は以前から出ています。
 「脱原発」を基本政策のひとつとして掲げているムン・ジェイン大統領の任期中に、少なくともひとつは廃炉を決定しなければならない、というイデオロギーとしての廃炉だったということですね。
 ムン・ジェイン大統領は古里原発1号機の廃炉イベントに出席して満面の笑みを浮かべていたことはあります。
 ですが、古里原発1号機の廃炉はパク・クネ政権時代に決定されたもので、、ムン・ジェインによって決められたものではない。

 そこで目をつけられたのが月城原発1号機だった、というわけですね。
 もう最初から閉鎖の結論ありき、だったのですよ。
 象徴として廃炉が決まっていて、寿命延長措置で7000億ウォンかけて改修されてたとか関係ないのですよ。
 事前から数字を捏造してでも閉鎖する、ということが決まっていたのです。
 あと韓国水力原子力(発電公社)が理事会の議事録を改竄したことも分かっています。

韓水原が「月城1号機閉鎖決定」の理事会議事録を改ざん、市民団体が暴露(東亞日報)

 この閉鎖の茶番に検察からの捜査が入っているのですが、担当者が夜中に自分のデスクに忍び寄って証拠書類をPCから削除したということも分かってます。
 かなりのデータを復元できたようですけどね。
 もうしっちゃかめっちゃかです。
 まあ、日本の立場としては月城原発が閉鎖されることには利しかないのでありがたいのですけどね。

「韓国のメッシ」と呼ばれていたイ・スンウ、今度は相手選手の胸に頭をうずめる奇行……

韓国代表FWの奇行であわや乱闘 相手選手のSNS投稿を韓国紙は糾弾「人種差別議論に発展」(FOOTBALL ZONE Web)
 ベルギー1部シント=トロイデンは現地時間8日、リーグ第12節で日本代表MF伊東純也が所属するヘンクと対戦。FW鈴木優磨が一時同点となるゴールを挙げるも、本拠地で1-2と敗れた。そのなかで、韓国代表FWイ・スンウの試合終了間際の行動が波紋を呼んでいる。 (中略)

 迎えた後半アディショナルタイム、ヘンクのノルウェー人MFクリスチャン・トルストベットが左コーナー付近でボールをキープし、時間稼ぎを試みる。負けている状況で苛立ちを露わにした後半途中出場のイ・スンウは、タイムアップのホイッスルが鳴るのとほぼ同時に、ボールを拾い上げたトルストベットを両手で突き飛ばす。トルストベットもヒートアップするなか、イ・スンウは頭突きこそこらえたが、相手の胸付近に頭をぶつけ、そのまま顔をうずめるような格好になった。

 これにはトルストベットも苦笑いを浮かべながら、両手を広げてイ・スンウの奇行をアピール。試合は終了したにもかかわらず、両チームの選手が入り乱れるもみ合いとなった。

 トルストベットは試合後、自身のインスタグラムにこのシーンの写真を投稿。韓国紙「世界日報」は、「イ・スンウと衝突した選手は、そのシーンをインスタに上げ…人種差別議論に発展」と見出しを打ち、イ・スンウの行動ではなく、コメント欄でトルストベットの行為を人種差別だと指摘する声があったことを紹介していた。
(引用ここまで)


 トルストベットの胸に頭を埋めた、イ・スンウの奇行の動画がこちら。



 チェイスしたものの時間稼ぎでボールを保持していた相手に対して謎の行動。
 で、これをきっかけに両チームから選手が飛び出してきてもみ合いになる、っていう。
 まあ……イ・スンウの奇行って、昨日や今日にはじまったものでもないですしね。
 バルサの支配下選手であった際の2014年に、FCバルセロナの青田買いがFIFAの規定違反だってことが判明して、公式戦に出られなくなったことがあるのですよ。
 久保建英が帰国してきたのもその余波でしたね。
 ですが、イ・スンウは「韓国に帰るくらいならサッカーをやめる!」って宣言してスペインに居残り。
 18歳になる2016年まで公式試合に出場することなく、無為に2年間を過ごしたっていう。

 んで、その後にも「バルサBで出場機会の確約がなければ練習に参加しない」と練習参加を拒絶して、けっきょくはバルサから放出されてセリエAに昇格したばかりのエラス・ヴェローナに移籍して、クラブは降格。
 2019年にはDMMが経営に参画するベルギーリーグのシント=トロイデンに移籍して、ろくに出番なし。今シーズンはフル出場もある、2ゴールを挙げたなどそこそこ活躍しているのですが、ここ何試合か干され気味。

 で、この奇行。
 ちなみにここまで12節でイエローカードがすでに3枚。野犬か。

 韓国では「トルストベットがインスタにこのシーンのキャプチャをアップしたのは人種差別的行為だ」みたいな話をしているメディアもあるのですが。

イ・スンウと衝突したトルストベツの復讐?  当時場面をインスタグラムに‘剥製’ (世界日報・朝鮮語)

 「剥製にした」というのは、韓国では「挙げ晒し」というような意味で用いられるネットジャーゴンですね。
 正直、なにを言っているのか理解できない。


韓国「KF-Xの共同開発はどうするの?」……インドネシアがラファールを技術移転こみで導入に大筋合意か

[単独]インドネシア、フランスの「ラファール」購入大筋合意……KF-X暗雲(韓国日報・朝鮮語)
インドネシア政府がフランスの戦闘機ラファールの購入で大筋合意したことが確認された。単なる購入ではなく、技術移転まで議論されることが知られ、韓国とインドネシアの次世代戦闘機(KF-X / IF-X )の共同開発に赤信号が大きくなった。

9日、複数の現地消息筋によると、インドネシアのプラボウォ・スビアント国防大臣は先月21日、フランスを訪問しフロランス・パルリ軍事大臣と防衛産業協力案を議論した。今年1月に訪問以来二回目だ。当時スビアント大臣はラファールの購入計画がフランスのメディアに報道されると、「フランスがそう希望しているだけ」と一蹴した。

しかし、今度はフランスの戦闘機ラファールの購入計画に具体的な進展を見せた。現地消息筋は「フランス側から第4.5世代ラファを購入すると戦闘機の技術移転まであるという許容度の高い提案をした」と伝えた。スビアント長官は、このような提案に満足したという話だ。他の消息筋も「インドネシアがラファール購入に向かっているという認識で正しい」と述べた。この情報は、国防部の中心人物のみが共有したことが分かった。

インドネシアは現在、最新鋭戦闘機の配置が絶望的な状況である。中国と領有権摩擦が生じている南シナ海のインドネシア領海で問題が発生したときにすぐに出撃する戦闘機が必要だからだ。スビアント長官は国会に出席し、「ブクナ諸島など、私たちの領海に対する中国船舶の侵入に対応するために、軍事装備を近代化させなければならない」と力説したことがある。

スビアント大臣のフランスの訪問は、米国(先月15〜19日)、オーストリア(先月20日)に続いて行われた。オーストリアで行われた中古ユーロファイター購入議論は戦闘機の維持費が多くかかるという欠点が浮き彫りにされて心配していると伝えられた。国会も同じ理由でブレーキをかけた。

技術移転まで含まれているとのインドネシアの戦闘機を購入する計画はKF-X事業に悪材料だ。KF-Xもラファールようにステルス機能がない第4.5世代に分類される。フランスはすでに5世代の開発を進めていると第4.5世代の技術移転にも問題がないという判断をしたものと思われる。来年に試作機が出てきても量産は2026年ごろと予想されるKF-X事業である通常の武器も与えて技術も与える、フランス側の提案が、インドネシアの立場では、欧米が引くしかない。

KF-X事業は9月23日から2日間、約1年ぶりに再交渉が再開されたが、まだ足踏み状態だ。現在の累積された未納分担金は、6,000億ウォンに達する。
(引用ここまで)


 インドネシアが技術移転こみでのラファールの購入に向かうのではないか、大筋で合意したのではないかとのニュース。
 これまでも何度か報じられてきたものですね。

 インドネシアにとっては戦闘機の購入は喫緊の問題なのですよ。
 中国に対抗しようにも一番新しい戦闘機はSu-27(5機)とSu-30(11機)。あとF-16のBlock32+(52とも)が23機。
 ロシア機は比較的新しいものの、インドネシア海軍の艦船は西側のもので揃えていることもあって連携が取りにくい。
 国土の形状的に島嶼防衛の必要に迫られているインドネシアにとっては西側の機体、特に領空侵犯に対する迎撃機(インターセプター)が必要なのは間違いないところ。
 何度か浮上しているオーストリアのユーロファイターを買い取るという案も、対地攻撃のできないトランシェ1だとしても迎撃機として用いるのであればさほどの問題はないという判断があったからでしょう。

 韓国からしてみれば「KF-Xも技術移転をするし、最新の戦闘機だぞ」ってところなのでしょうが。
 インドネシアからしてみれば「遅延なしでも2026年に戦力化予定の戦闘機なんて待ってられるか」というのも本音。情勢は開発がうまくいかなければ10年単位で遅延するのが当然の世界ですからね。
 「韓国の技術移転」がどれほどのものかも分からない。
 すぐに引き渡せるであろうラファールが技術移転もこみで買えるというのであれば渡りに船。何度も実戦に投入されている確実な機体ですしね。
 フランスにとっても、枯れているラファールの技術と機体を売ることで第6世代戦闘機とされているFCASの開発費捻出に役立つわけで。

 インドネシアにとってKF-X/IF-Xの利点といえば「自国が開発に関与した」ということになるのでしょうが、関与できる部分が小さいという不満が延々と述べられているのも事実。
 この報道も含めて各機種を天秤にかけて、価格・技術移転・戦力・導入時期等々含めて一番価値の高いものにしようとしているのでしょうが。
 インドネシアの嫌われる部分でもありますね。個人的には韓国とがお似合いだとは思いますが。
 でもまあ、現状で韓国から買ったT-50Iすらアメリカからの反対でレーダーの運用ができていない状況でF-35が買えるわけでもない。
 買える西側の戦闘機の中ではラファールが魅力的になるのも分からないでもないかな。
 フランスだったらインドネシアをやり込めるくらいのことは朝飯前でしょうしね。

韓国外相「バイデン新政権は『戦略的忍耐』への回帰はしない」と発言……その他にも韓国側からは「オバマの戦略的忍耐は失敗だった」との発言も……その戦略的忍耐の時の副大統領がバイデンなんですけどね……

バイデン側が外国接触禁止令中なのに…韓国外交部長官の訪米「ナンセンス外交」(中央日報)
米国大統領選以降、ワシントンでは「勝者対敗者」ではなく「勝者対不服者」の間の過去初めての対決が続いている。韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の訪米はまさに「その渦中に」行われた。トランプ側・バイデン側双方と接触し、韓米同盟の強化を試みるという野心に充ちた目標だ。

だが、外交界では康長官の訪米計画発表以降、「なぜ?」「それも今?」という質問が絶えない。退くドナルド・トランプ政府との業務協議は実益がなく、ジョー・バイデン当選者キャンプや業務引継委員会は外国政府の要人とは接触していないためだ。

ところが与党「共に民主党」韓半島(朝鮮半島)タスクフォース(TF)所属の宋永吉(ソン・ヨンギル)・金漢正(キム・ハンジョン)・金炳基(キム・ビョンギ)・尹建永(ユン・ゴンヨン)議員も16~20日に米ワシントンを訪問してバイデン側の人々との接触を調整すると明らかにした。朴振(パク・ジン)議員が率いる野党「国民の力」外交安保特別委員会も訪米を検討中だ。政府だけでなく政界も先を争って「バイデン詣で」だ。

もちろんバイデン側とは可能なすべてのルートを使って人脈を構築するのは間違ったことではない。だが、そうであるなら大統領選レースが本格化する前に、水面下で行うべきだった。現在、バイデン業務引継委員会は米国駐在外交使節が電子メールを送っても一切答えない「既読スルー」モードを稼働中という言葉までワシントンからは出てくる。 (中略)

康長官は「(バイデン政府がオバマ政府の)戦略的忍耐に戻るわけではない」と述べた(8日ワシントン)。

この外に「戦略的忍耐ではなく、クリントン政府の積極的関与政策に進む可能性が高い」〔9日宋永吉(ソン・ヨンギル)国会外交統一委員長〕、「戦略的忍耐は民主党内部でも失敗した戦略なので自ら持ち出すはずがない」〔9日金峻亨(キム・ジュンヒョン)国立外交院長)など、似たような発言が政府の内外から出ている。

言葉自体に誤りがある。バイデン側はまだ北朝鮮政策はもちろん、韓半島(朝鮮半島)ラインの人事に手も付けていないためだ。(中略)第3国である韓国の責任ある人々が先を争ってバイデン政府が戦略的忍耐に回帰するだのしないだのと「予言」すること自体がナンセンスだ。また、オバマ政府は「戦略的忍耐」を北朝鮮政策の基調だと認めていなかっただけではなく、この表現を非常に不快に受け止めていることは外交界の常識だ。
(引用ここまで)


 カン・ギョンファ外交部長官が訪問先のアメリカで「バイデン新政権はオバマ政権時代の『戦略的忍耐』に回帰するわけではない」と発言。
 韓国の与党である共に民主党側からは「クリントン政権時代の関与政策になるのではないか」とか「戦略的忍耐は失敗だったので回帰するわけがない」等々の発言があったとのこと。

 先日のムン・ジェイン大統領による「トランプ大統領の対北路線を継承しよう」とバイデン新政権に対して呼びかけたという話もそうなのですが。
 なんで韓国がアメリカの対北政策を規定するつもりでいるんだか。
 まあ、100歩譲って外交的意見の表明だ、というのであればまだギリギリ理解の範疇と言えなくもないですが。

 わざわざこの微妙な時期に訪米して、かつトランプ政権のポンペオ国務長官と会いつつ、もう片手ではバイデン新政権に近いとされる外交政策担当者に会いながら「戦略的忍耐に回帰するな」とか「戦略的忍耐は失敗だった」とか言い出している。
 バイデンはその「失敗した戦略」を実行していた当時の副大統領だった人物なのですけどね。

 こうしたハイリスクをとっての訪米ですが、そのリスクに見合ったなんらかの成果が出せればいいのですが。
 虻蜂取らずどころか両陣営から嫌われるなんて可能性もあるわけで。
 退任する来年1月まで針のむしろに座らされたまま、そしてそれ以降もその位置のまま変わらない可能性すらある。
 まあ、リスクを取らずに利益は得られないものではありますが。
 なんでわざわざこの時期に……とは思いますし、わざわざ訪米しておいてその発言はどうなのとも思いますね。

楽韓さん、本日の動向 - ラノベ読者は大変ね

【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月299円のキャンペーン中です。
【PR】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月無料。

 Kindleでラノベがセール中
 昨日、ちらっと書いた悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。の原作もセール対象になっているっぽい。
 最近のラノベは高価だから中高生とかは大変だ。昔は文庫だったらワンコインで買えたものだったけどなー。メインターゲットは20代以上らしいけど。



 あとニャル子さんも全巻対象。

這いよれ!ニャル子さん (GA文庫)
逢空 万太
SBクリエイティブ
2011-12-15


 娘の友達 6巻を購入。話が展開をはじめましたね。



 あと今月分はその着せ替え人形は恋をする 6巻転生したらスライムだった件 16巻化物語 11巻ましろのおと 26巻くらいかなー。



 んで、昨日はヒトカラにきまして──

7D0A0E03-B356-42F7-B31B-84DCA7A41E8B.jpeg

 92点取っておいてその論評はどうなの……。

 一人焼肉。

F33E3B9D-80A6-4C77-8016-D4350D932B9A.jpeg

 うーん、あまりに普通なので店の名前は出さずにおこう。
 なんだろ、フツー。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。銀座のナイルレストラン3代目の書いたレシピ集ですね。