相互RSS募集中です

2021年03月

韓国メディア、いまだに「日韓戦であれほど惨敗したのはなぜか」を問い続けている模様。今度は「日本は欧州オフィスを設立した。招集に差が出て当然だ」と言い出す

カテゴリ:サッカー コメント:(86)
<サッカー>欧州球団と「意思疎通」の日本、欧州組14人招集…韓国は「公文書」で2人(中央日報)
今回の惨敗を眺めながら抱いた最も大きな疑問は、韓国代表と日本代表に含まれていた欧州組の数の差だ。韓国は李康仁(イ・ガンイン、バレンシア)と鄭優営(チョン・ウヨン、フライブルク)の2人だった。孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)は負傷で抜けたとしても、黄儀助(ファン・ウイジョ、ボルドー)、黄喜燦(ファン・ヒチャン、ライプツィヒ)、李在成(イ・ジェソン、ホルシュタイン・キール)は招集に失敗した。

一方、日本はA代表チームに欧州組が9人もいた。 (中略)

日本は欧州組9人のうち8人を先発出場させ、韓国を焦土化した。さらに日本はAマッチ期間、U-24アルゼンチン代表との2回の親善試合のため、U-24日本代表に欧州組5人を集めた。 (中略)

韓国の2人と日本の14人。何がこの差を生んだのか。韓国日刊スポーツ(IS)の取材の結果、欧州球団との「意思疎通の差」であることが分かった。これはすなわち「行政力の差」だ。 (中略)

欧州オフィスは当初、昨年4月の開設を目標にしていたが、新型コロナの影響で延期された。結局、昨年10月にドイツのデュッセルドルフに事務所を開設した。公式名称は「JFA欧州オフィス(Japan Football Association Europe Office)」だ。 (中略)

韓国日刊スポーツがJFAに直接尋ねてみると、JFAはこう答えた。

「JFAは国内外を問わず日本代表選手が所属する各クラブとは日常的にコミュニケーションを取っている。欧州組の場合、JFA国際委員や欧州オフィスに常勤する職員を通してコミュニケーションを図ってきた。3月の代表チームの活動もこれまでと同じ対応で進めた」。

韓国が欧州球団と意思疎通する方法は公文書と電子メールがすべてだ。KFA関係者は「一般的に選手招集のための方法は欧州球団に公文書を送り、調整する状況があればメールをやり取りする」と説明した。
(引用ここまで)


 いまだに韓国メディアでは先月25日の日韓戦の惨敗について「なぜここまでの差がついたのか」という自問自答が続いています。
 中央日報傘下のスポーツ紙であるイルガンスポーツだけではなく、他の媒体でもさまざまな考察が行われています。面白いものがあればピックアップしてきましょう。

 今回はそのひとつの要因として、欧州組の選手招集についての差があったのではないかという部分で語っています。
 JFA欧州オフィスは去年に設立されたものなのだそうですね。初耳。
 今後も欧州でプレイする日本人は増えるでしょうから、こうした取り組みはよいですね。
 体調の把握も直接見るのが一番ですから。

 韓国代表は3年前のロシアワールドカップのリーグ戦でドイツにも負けて、3戦全敗しておくべきだったのですよ。
 浮ついたドイツに勝ってしまったことで「ランキング世界1位のドイツに勝った!」ってなってしまった。
 でも、足下を見直せば前回のアジア予選でも最終戦までぎりぎりの2位勝ち抜け。
 その前のアジア予選でもイランにホームでもアウェイでも負けて、ウズベキスタンと競り続けてわずか得失点差1での勝ち抜け。

 すべてを見直すべき時期だったのに、ドイツに勝ったことですべて免罪されてしまった。
 そりゃ、なんだかんだいってじわじわと強化を続けている日本と差が開いて当然でしょ。

 今回も韓国代表、アジア2次予選のグループHですでに4戦中2回(北朝鮮、レバノン)もアウェイといえども引き分けてますからね。
 2次予選よ?
 コロナ禍の影響で二次予選は集中開催になって韓国ホームでの試合が続くので取りこぼしもなくなるでしょうが。
 日韓戦の惨敗は韓国代表にとって「いい薬」になる可能性がありますね。

韓国の国家安保室長「日米韓の3カ国は米朝交渉の早期再開への努力に同意した」……プロフィールを見るとどうもうさん臭いとしか言えないんだよな、この人

韓国安保室長「韓日米、米朝交渉早期再開努力の継続に同意」(中央日報)
訪米中の青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長が2日(現地時間)、「韓日米は米朝交渉の早期再開に向けた努力が続くべきだという考えで一致した」と明らかにした。

徐室長はこの日、米メリーランド州の海軍士官学校で開かれた韓日米安保担当高官会議の後、在米大使館で特派員と懇談会を開き、「韓日米は北核問題の緊急性と外交的解決の必要性に共感した」とし、このように述べた。

徐室長は「米国側は現在進行中の北朝鮮政策検討の内容について説明し、韓日米安保担当高官は対北朝鮮交渉のための対策の準備および施行に関するいくつかの問題について深い討論をした」と伝えた。
(引用ここまで)


 ワシントン近郊で行われた日米韓の安保担当高官会談後、ソ・フン大統領府国家安保室長が「韓米日は米朝交渉早期再開に向けて努力を続けることで一致した」と発言しました。
 うーん、それに近しい話があったとしてもおかしくはないのですけどね。

 ひとつ前のエントリで、この三者会議についてホワイトハウスからのリリースを紹介しましたが。
 日米韓の安保担当者の会談なのに、「中国」という文言なし。
 インド太平洋は自由でも開かれてもなくなったっていう。

 同リリースで北朝鮮についても語られていますが──

・弾道ミサイル発射への懸念
・三ヵ国による非核化への問題対処。
・日本の拉致被害者、連れ去られた韓国人についての解決。

 といったところしか語られていません。
 対話再開に向けての努力……なぁ。

 そもそもソ・フンは国家情報院の官僚で、米朝合意当時にはKEDOの事務所長として北朝鮮に常駐していた人物。「韓国人でもっとも金正日に会った男」ともされています。
 2018年には特使団の一員として北朝鮮訪問を果たし、キム・ジョンウンのお言葉をひとつ残さずメモろうとしていた一員でもあります。
 安保を担当するには北朝鮮に近すぎる人物なんだよなぁ。

 そんな人物に「日米共に米朝対話への努力で一致した」と言われても。
 できるのは眉に唾をつけて見ることくらいですかね。
 そもそも、この記事のソ・フンの言葉の中に「北朝鮮の非核化」って言葉がひとつも出ていない時点でお察しください。

外務省幹部「日韓外相会談なんてできる状態じゃない」……4月末に日米韓外相会談はあったも日韓外相会談は拒絶か

日本の外務省幹部「韓日の外相会談、開ける状況ではない」(ハンギョレ)
 今月下旬に米国で韓米日外相会談が開催される予定の中、韓日二国間の会談の実現は難しいムードが漂っている。

 読売新聞は2日、外務省幹部の言葉を引用し、今月下旬に韓米日外相会談が予定されているが「日韓の個別の外相会談を開ける状況ではない」と報じた。2月のチョン・ウィヨン外交部長官の就任後、電話会談の日程も決められない韓日外相会談が、3カ国会議をきっかけに行われるかどうかが関心事だったが、日本政府のムードは依然として強硬なものとみられる。茂木敏充外相はアントニー・ブリンケン国務長官と個別会談を行う予定だ。

 茂木外相は、カン・チャンイル駐日韓国大使が赴任して2カ月近くたったにもかかわらず、面会に応じていない。日本の外交界隈では、強制動員被害者や日本軍「慰安婦」などの懸案問題に韓国政府が解決策を提示しないことに対する事実上の対抗措置と解釈している。

 同紙はまた「韓国はバイデン米政権から対日関係の改善を求められている。北朝鮮の核・ミサイル問題への対応では、日米韓の連携がカギを握るためだ」と伝えた。そして「韓国は問題解決において日本の譲歩を期待している」とし「国際法違反の是正を求める日本とは、立場が大きく食い違う」と強調した。
(引用ここまで)


 1日に日韓局長級協議が行われまして。
   案の定というか、「会っただけ」で終了。
 慰安婦問題、徴用工問題で一切の歩み寄りはありませんでした。

韓日外交局長級協議…慰安婦などで立場の違い埋められなかった模様(中央日報)

 ムン・ジェイン政権もソウル・釜山での同時市長選挙での敗戦を経て「完全なるレイムダック」となることを見据えて、対日外交で軟化することはできません。
 反日で支持率はさほど稼げないのも実際なのですが、「親日行為」で支持率の下落は十分にあり得ることなので。

 さて、その一方で日米韓の安保担当高官がワシントン近郊で会合を行いまして。
 このリリースが出ているのですが……いろいろと面白い。

United States-Japan-Republic of Korea Trilateral National Security Advisors’ Press Statement(whitehouse・英語)

 「インド太平洋」という文言こそ出てくるものの、「中国」という文言は消え去っています。
 同時に「自由で開かれた」というこれまでの「インド太平洋」についてきた枕詞も消え去っている。
 アメリカが韓国の主張に対して苦慮しているのがよく分かりますね。

 同時に、アメリカはこの三ヵ国の取り組みはインド太平洋には拡大させずに、朝鮮半島事態にのみ適用しようとしているのではないかと感じられます。
 唯一、具体的に語られているのは北朝鮮によって連れ去られた日韓の国民の話題と、北朝鮮による弾道ミサイル発射への懸念の表明。
 というか、そこくらいしか同意できた部分はないのだろうなぁ。

 今月中頃に菅総理が訪米し、月末には茂木外相が訪米。岸防衛相も訪米するのではないかとの話もちらっと出ています。
 特に外相会談は日米韓の三者会談が予定されています。そして、日米、米韓の個別外相会談は行われるでしょうが、日韓は「とても会える状況ではない」とのこと。

 先月、日米・米韓で行われた外相、防衛大臣を交えた2+2会議はまったく異なったものとなりました。
 アメリカとしては日本、韓国が対中外交でどのような姿勢で取り組むのかをチェックしたものとなったはずです。
 それを反映したアメリカの態度がはっきりするのが今月末の日米韓外相会談となるでしょう。
 日米韓がどのような枠組みになるのか、アメリカが「日米韓」への扱いをどうするのか。インド太平洋戦略にまで拡げたいのか、朝鮮半島だけに対応させるのか。
 ちょっと注目しておきたい部分ですね。

楽韓さん、本日の動向 - ジゼル・アランがセールになるのははじめてかな?

【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月199円のキャンペーン中です。
【PR】通勤途中に本を聞こう! Amazon Audibleが30日間無料のキャンペーン中です。

 ジゼル・アランが全巻半額。紙で持ってても、こういうタイミングで電子版を買うのはよいのではないでしょうか。
 というか買った。HARTAコミックスがセールっぽいな。ダンジョン飯が7巻まで半額なのはこれか。

ジゼル・アラン 1 (HARTA COMIX)
笠井 スイ
KADOKAWA
2017-08-10


 作者のかたはゆったり休んで描けるようになったら描いてほしい。
 今月はワートリも休載だった。休め……皆ゆっくり休め。

 あと講談社学術文庫が100冊ほど30%オフ前後のセール
 対象の中の「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》は買っておいていい佳作。



●土曜日投資短信
 昨日はアメリカ市場が休みだったのですが「なんか値が変わらないなー」とかやってました。
 そりゃ変わらんよね。
 その金曜日にマイクロンテクノロジーを20株注文。半年ていどで売りたい。3月からのDRAMのスポット価格上昇は異常。
 もしも安くなるようなら5株ずつ買い増します。
 TSMCはじり安なのだけどもこれは火災の影響かなぁ。

 高輪ゲートウェイ近くのレッサムフィリリでダルバート。ダルスープが濃くてうまい。

7A4B64B1-2C51-4E27-9AAC-0DB7564FF465.jpeg

 おいしいけど、ただただ高いなぁ。それを埋める価値がないように感じます。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。
漢文入門 (ちくま学芸文庫)
前野直彬
筑摩書房
2016-03-11