相互RSS募集中です

2021年06月

菅総理「ムン大統領が訪日するなら丁寧に対応する。具体策がなければ短時間の儀礼的会談で」

文氏訪日なら会談 菅首相、五輪開催時に 政府検討(毎日新聞)
 日本政府は、韓国の文在寅大統領が23日開幕の東京オリンピックに合わせて訪日する場合、菅義偉首相との会談を設定する検討に入った。韓国側の求めに応じるもので、両氏の対面会談が実現すれば初となる。ただし日本側は、韓国が日韓関係改善に向けた具体策を示さない限り、短時間の儀礼的な会談にとどめる考えで、本格的な首脳会談に応じるかどうかは韓国側の出方次第とする構えだ。
(引用ここまで)


 ムン・ジェイン大統領が訪日するのであれば、日韓首脳会談をしないわけでもない。
 ただし、手土産がないなら短時間が儀礼的な会談に留める……と。
 「訪日させろ。ただし、首脳会談がないのなら話は別」とか言っている韓国に向けて対応してはいる、といったところでしょうか。
 一応、菅総理からも「外交上、丁寧に対応するのは当然だ」と発言がありました。

首相、韓国大統領との会談に前向き 東京五輪で来日(産経新聞)
菅義偉(すが・よしひで)首相は8日の記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が東京五輪・パラリンピックに合わせて来日した場合の対応について「訪日される場合は外交上、丁寧に対応することは当然のことだ」と述べた。文氏来日に合わせた首脳会談の開催に前向きな姿勢を示した形だ。

ただ、首相はいわゆる徴用工訴訟や慰安婦問題などをめぐる韓国政府の対応について「韓国が責任を持って対応していくことが重要だ。引き続き韓国側に適切な対応を強く求めていく立場に変わりはない」と強調。韓国側に国際法違反の状態を是正するよう改めて求めた。
(引用ここまで)

 オリンピックって一種の慶事ですからね。
 それに対してやってくる外国首脳に対して塩対応というわけにもいかないでしょう。
 でもま、会うだけは会うというだけで終わりそう。

 韓国側が求めていた「日韓関係改善」という手土産はもらえそうにもありません。
 っていうか、直近のG7ですら会談を避けた相手なのに、なんでオリンピックだからってまともに相手をしてもらえると思ったのやら。

 どうも韓国側の意識では「主要国首脳で来るのは次回開催地のマクロン大統領だけ。そこにムン・ジェイン大統領が訪日すれば貸しになる」くらいの話になっているっぽいですね。
 実質G8の外交王が来るのだから恭しく扱えとでもいうのでしょうね。韓国人の意識の中では。
 ムン・ジェインがきたところでどうなるってもんでもなかろうに。
 自分の価値を推し量れよって話ですね。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→


慰安婦らへの支援金を横取りし、詐欺で起訴された元正義連(挺対協)のユン・ミヒャン、起訴から11ヶ月でようやく初公判へ……

「後援金有用疑惑」ユン・ミヒャン、起訴11ヶ月ぶりに来月初公判(東亞日報・朝鮮語)
正義記憶連帯理事長を務めており、政府支援金を受領し私的に流用した容疑などで起訴されたユン・ミヒャン無所属議員の1審初公判が来月11日に開かれる。ユン議員が昨年9月に補助金管理法と寄付金品法違反、業務上横領と背任、詐欺と準詐欺、地方財政法および公衆衛生法違反などの8つの容疑で起訴された後、11ヶ月ぶりだ。

ソウル西部地裁刑事合意11部(部長判事ムンビョンチャン)は5日に開かれ、6回公判準備期日で来月11日に初公判を進めすると発表した。ユン議員はこれまで6回にわたる公判準備期日に出席しなかった。しかし、公判になった場合は被告人の出席義務があり、ユン議員は来月法廷に初めて姿を現わすものと思われる。

先に行われた公判準備期日で検察とユン議員側の弁護人は、捜査記録の閲覧謄写、証拠労働など多くの争点で摩擦をこしらえて綱引きを続けてきた。この日の公判準備期日も検察が最近押収したユン議員のコンピュータ、デジタルフォレンジックの結果を証拠として認めることができるかどうかを置いて攻防を繰り広げた。
(引用ここまで)


 元慰安婦らへ支払われた援助金、あるいは葬儀をするとして違法に寄付金を集めた等々の8つの容疑で起訴されたユン・ミヒャンがどうにかこうにか初公判を迎えます。
 長かったなぁ……。

 起訴されたのが去年の9月。起訴内容の詳細もそちらにあるので興味があればどうぞ。
 それ以前から山のような容疑があったのですが、これでもかなり罪状を削られての起訴でした。
 そして公判準備に6回かけるというのはそうそうない記録だとの話。
 なんとしてでも裁判を長引かせようという強い意志を感じますね。

 先日、不動産投機を行っていたということで共に民主党から除名されたのですが、それでも国会議員を辞める気はさらさらなさそう。
 もちろん、不逮捕特権があるからですね。少なくとも2024年の総選挙まではその身分は保障されています。

 そして、正義連やユン・ミヒャンはまだまだムン・ジェイン政権のウリ(我々の意。仲間意識)であることに間違いはない。
 ユン・ミヒャン本人からは「セウォル号の真実はまだ明かされていない」という左派共通の合い言葉も出てきました。
 ウリである、という懸命なアピールですね。

ユン・ミヒャン「年月号惨事、我々は真実の答えを出せずにいる」(イーデイリー・朝鮮語)

 ムン・ジェイン大統領もこれらの正義連・挺対協による詐欺疑惑が報じられるようになってからも、正義連やユン・ミヒャンらに対して一切の非難をしていません。
 去年6月にちょろっと「慰安婦運動の大義は守られなくてはならない」ってコメントをしたていど。むしろ擁護。

文大統領、慰安婦運動を擁護 支援団体の疑惑巡り(日経新聞)
 そして起訴後は完全沈黙。
 このあたりが裁判においてどう作用するか、ですかね。
 あといつものように裁判官の政治信条にもよるといったところ。

 ただ、どちらにせよ正義連はもはや韓国国内でも力を持ち得ない存在であると感じます。
 メディアから、それも左派メディアからであってすら擁護の言葉はゼロ。
 さすがに裁判官が保革どちらの陣営であっても無罪判決は難しいんじゃないでしょうか。
 大法院まで粘りに粘って世間の印象を薄くしてから……っていう法廷戦術かなぁ、と感じます。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国の「原資保証」とした暗号通貨、日本からの投資が引き出せずに4億円の被害で告訴へ……いや、あのさぁ……

【独自】暗号資産でトラブル続々「現金引き出せない」…韓国で日本人100人告訴(読売新聞)
 「利益につられ、危険性をよく考えなかった。せめて元金は返してほしい」。韓国の業者が扱う暗号資産に投資した東京都日野市の女性(47)は肩を落とした。

 「原資保証型」「紹介報酬あり」「ゲームで資産を増やせる」――。19年8月、著名な投資家のブログで、韓国の業者が扱う暗号資産が紹介された。高い運用益にひかれ、所有していた別の暗号資産で購入した。

 紹介報酬を得るため、会社員の夫(52)と父親(73)の3人で計約300万円分をつぎ込んだ。スマートフォンの専用アプリでゲームをすると、1か月で約30万円分の利益が記録された。

 約4か月後、利益を含めた約760万円分を引き出そうとした。スマホの画面に「送金手続き完了」と表示されたが、実際の支払いはなかった。業者にメールをすると、「対処します」と返信があったが、やがて連絡が途絶えた。 (中略)

 国民生活センターによると、海外の業者を通じて暗号資産に投資し、出金ができなくなるトラブルが複数確認されている。マッチングアプリで知り合った異性から「一緒に暮らす資金がほしいので、投資しよう」と誘われた事例もあった。

 金融庁、消費者庁、警察庁は今年4月、海外業者を含む無登録業者の勧誘で暗号資産に出資した後、連絡が取れなくなるケースがあるとして注意を呼びかけた。国民生活センターの担当者は「投資する際はリスクを十分に考慮し、日本国内で登録された業者を介して取引してほしい」と話す。
(引用ここまで)


 ……。
 …………。
 ……………………。
 バカなのかな?

 韓国の暗号資産に投資。
 インフルエンサーによる紹介。
 「原資保証型」
 360度どこから見ても、1ミリの隙もなく詐欺。

 いわゆる雑コイン(ジャブコイン)への投資、ということだったのでしょうね。
 もう煽り文句とか目に見えますわ。
 「韓国は暗号通貨大国」とか。
 「韓国からさまざまな暗号通貨が生まれている」とか。
 そういった話を出したのでしょう。

 っていうか、韓国って世界一の詐欺発生件数を誇る国ですから。
 人口あたりの詐欺発生件数が世界一。
 楽韓Webの読者であれば、そういった韓国製雑コインなんかには手を出さないでしょうが(出さないよね?)。
 「原資保証型」は詐欺か詐欺に準じることをやっているところでしかないです。
 預貯金、国債以外の原資保証はあり得ないと知るべし、です。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→