相互RSS募集中です

2021年06月

K2戦車、韓国国内で4次量産されるものの国産パワーパックの夢は果たせず……ポーランドでも輸出失敗へ

 みんな大好きなK2戦車の話題を何点か。
 ひとつのニュースだとエントリとして不足するので、こんな感じにするのがいいなというのが先日のチョ・グクのエントリで判明したので。
 今回はそのK2版ということで。

K2戦車追加量産... 国産パワーパックは(アジア経済・朝鮮語)
韓国軍がK2戦車4次量産を準備していることが知られ、国産パワーパックを搭載することができるかに関心が集まっている。黒豹という別名を持つK2戦車は、1次量産(100台)、2次量産(106台)、3次量産(54台)が推進されたが、国産パワーパックの開発に相次いで失敗しながら外国産パワーパックを使用してきた。

陸軍はM48系戦車を完全に置き換えるためには、K2戦車の追加量産が必要だという立場だ。4次量産を通じてK2戦車を360輛以上に増やすということだ。陸軍が運用中のM48A3K戦車は現在200台、M48A5K戦車は400台が実戦に運営されている。
(引用ここまで)


 韓国陸軍がK2戦車の4次量産を行うようだ、との話。
 まあ、レールガンと透明装甲を装備した夢の未来戦車K3ができるのを待つよりは、K2を製造してM48を退役させたほうがよいでしょう。
 しかし、以前から「まだパットン戦車使ってんの?」と言われ続けてきましたが。
 まだM48A3が200輛、A5は400輛使われているってマジかぁ。
 A5はまだ使っている国がないでもないですが、A3はほとんど絶滅危惧種。

 3次量産が予定の半分ほどで終わってしまったこともあって、M48A3を置き換えるには至っていない。
 ……さすがにK2のほうがいいわな。
 で、その4次量産でも国産パワーパックは採用されず、変速機にドイツのレンク社製のもの、エンジンは斗山インフラコアのものという半国産のものが導入されるのではないか、というニュースでした。
 で、20年かけても国産化が果たせなかった変速機ですが。

「変速機の開発着手金返さなければ "... 現代ロテム、SNT重工業に勝訴(ニュース1・朝鮮語)
現代ロテムはK2戦車2次量産契約当時の変速機の開発に関連する228億ウォンをSNT重工業に前金で支給した。この時、資本財共済組合が保証をした。しかし、変速機の問題でパワーパック国産化に失敗すると、現代ロテムは2019年1月に手付金を返してほしいという趣旨で訴を提起した。訴訟当事者格のSNT重工業が資本財共済組合と共同で訴訟に対応した。

1審はSNT重工業側は現代ロテムに194億ウォンに遅延金54億ウォンを合わせた248億ウォンを支給するよう判決を下した。SNT重工業側は最近、控訴状を提出したことが確認された。
(引用ここまで)

 現代ロテムが変速機開発を請け負ったSNT(S&T)重工業に対して「手付金返して!」という訴訟を起こし、勝訴したとのこと。
 まあ……さすがになぁ。
 最終的には「もうどんな条件を出されても変速機をテストしない」とか「韓国政府の課したハードルが高すぎるせいだ、訴えてやる!」ってなってましたからね……。

 あ、久々に例のあれ掲載しておくか。

 陸軍「K2戦車は純国産の名品戦車(自分で言っちゃう)、600輛製造! 輸出もばんばんしていくぞ!」
   ↓
 韓国の技術力ではパワーパックの製造ができないことが判明。初期生産の半数はドイツ製に?
   ↓
 韓国メディア「パワーパックの製造に成功したのはドイツだけだから韓国で失敗してもしかたない」とか嘘をつく。
   ↓
 K-2の量産予定を600輛→200輛に減数。第1期生産分100輛はすべてドイツ製パワーパックを採用
   ↓
 追加生産分約100輛については国産パワーパック採用が決定
   ↓
 ついで3次生産分約100輛の追加生産が決定。全生産数は約300輛(予定)に。
   ↓
 ただし開発チームはすでに解散済
   ↓
 S&T重工業の生産する変速機が9600km走破の耐久テストに合格できないことが判明。
   ↓
 6回目のテストを行ってもどうしても合格できない
   ↓
 S&T重工業、業を煮やして封印してドイツに送って原因究明するべき部品の封印を勝手に破ってしまう
   ↓
 S&T重工業「耐久テストのハードルが高すぎる。訴えてやる!」と韓国政府を提訴
   ↓
 S&T重工業、軍から第7回耐久テストを依頼されても試作変速機を提出するつもりなし
   ↓
 ヒュンダイロテム、1日4500万円相当の天文学的遅延賠償金支払い義務(上限なし)に頭を抱える。
   ↓
 国産変速機の採用を断念
   ↓
 ドイツ製変速機の採用が決定。

 うん、いま見ても凄まじい。

 それとポーランドの次期主力戦車選定でM1A2が選ばれたそうです。



 これについての韓国国内の報道はまだないのですが、K2PL(ポーランド仕様として提案されたK2。韓国人とポーランド人の体格差を考慮して再設計)についてはポーランドに技術移転し、かつ製造もポーランドで行うといった提案があって「決まったも同然」みたいな話が韓国メディアにいくつか出てました。
 あとオマーンでK2が採用されたというような話も出ていたのですが、どうやらこれはフェイクニュースの模様。

 まあ、ポーランドが恐れるのはロシアであって、ロシアのMBTに対抗するのであれば現状で世界最強ともされているM1A2を導入することになんの不思議もないといえばないのですが。
 ポーランドは国内生産にやたらこだわっていた印象で、その点を強調していたK2が有利かなぁという感じだったのですが。というか、M1A2がポーランドの戦車導入に出てきたのつい最近のような……。
 250両じゃライセンス生産は無理だろうし、台湾向けと同じくアメリカ国内での生産になるのかな。

 自走砲のK9は他に選択肢がないのでいくつか導入国が出てきているのですが。
 K2戦車はなんとも中途半端な感じ。そのイメージがまんま輸出ゼロという結果につながっているってところですかね。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国当局、4週間隔で接種するモデルナ製ワクチンの予約を6週間間隔に設定→「システムのミス」として4週間隔にするものの「ワクチン不足」の疑いも

50代、ワクチン予約大乱... 「4週間接種間隔」のモデルナなのに6週間後?(JTBC・朝鮮語)
50代モデルナワクチンの予約大乱余波が大きくなっています。ワクチン量が不足しているためか4週間と勧告されている「モデルナ1-2回接種間隔」を一部では、2週間以上増やしています。健康上の問題がないが、政府当局に対する信頼が損なわれるしかありません。政府は月曜日未明に麻痺した予約システムを一歩遅れて改善すると出ました。「ワクチン予約曜日制」などの予約人数を分散させる案も検討しています。 (中略)

これまで政府は、モデルナワクチン接種の間隔を4週間と勧告してきたが、Aさんの接種間隔は6週間でした。
モデルナワクチン量が不足して需給が難しくなったせいです。
専門家は6週間の間隔で問題ないとして、効能がなくなることや、副作用があるとは見ていません。
しかし、政府に対する信頼は落ちるほかありません。
(引用ここまで)


 モデルナ製のワクチンは1次接種から2回目までの期間は4週間ほどとされています。
 うちも大規模接種センターで4週間と3日で受ける予定です。
 ファイザーは3週間。
 アストラゼネカは4〜12週間。

 で、韓国で55〜59才のモデルナ製ワクチンの接種予約がはじまったその日に受け付け終了したというニュースがありましたが。
 予約に成功した人の2回目の接種が6週間後になっているケースが多数あったとのこと。

 一応、日本の場合では最短3週間。標準は4週間。4週間後に受けられなかった場合は可及的速やかに、6週間以内に接種するのが目安とされています。

武田/モデルナ社のワクチンは、通常、1回目から4週間後に2回目を接種することになっていますが、どのくらいずれても大丈夫ですか。(厚労省 ワクチンQ&A)

 なので、2回目の予約が6週間後でもそれほど問題というわけではないのですが。
 なんというか怪しさ満点。
 本当にワクチンが入手できているのか、と勘ぐりたくもなりますわな。

 それを恐れたのか、当局がいきなり「6週間後となった人も4週間後に受けられるよう調整する」と言い出しました。

モデルナの6週間での間隔接種は、システムのせい「混線」...政府「4週間で一括再調整する予定」(ニューシス・朝鮮語)

 6週間になったのはシステムの問題だ……とのこと。
 で、さらに予約中止になった残りの55〜59才の接種についても今晩から再開すると言い出しています。

55〜59歳の午後8時ワクチン予約再開... 50〜54歳、19・20日から(朝鮮BIZ・朝鮮語)

 モデルナ、ファイザーからの供給自体は企業との契約もあって詳細を発表できないのは日本と同じでしょうから、あるていど供給の目処が立ったのかなぁ……とも思えますが。
 批判されたのでとりあえず予約を開始したようにも見えますよね。
 まあ、もうちょっとまともに接種計画を立ててればこんなに混乱することもなかったでしょうにね。

 さすがに日本の接種率を隠しようがなくなってきたのか、ぽつぽつと日本に抜かれたという記事も出てきました。

日本のコロナウイルス接種率、韓国初の追い越し目の前(韓国経済新聞・朝鮮語)

 一次接種率でも追い抜かれそうだ、という話ですが。
 コメントに「ここのところ日本のワクチン関連のニュースを見ることがなかった」というものがあってクスっとなりました。
 あとその下に「もう二度と日本に負けないと言ったムン・ジェイン大統領、一言言ってください。私たちにはKマスクがあると……」もなかなかしゃれているコメント。

 先日、VRSへの登録をしていない自治体があるということで供給がうまくいっていないというニュースを嬉々として報じていたのですけどね。

韓国では想像も出来ないことを、日本のワクチン最高責任者はします(オーマイニュース・朝鮮語)

 「6月には100万回/日を達成した接種回数もここのところは60〜70万回ほど。7月1日には53万回になった」「日本のワクチン予約も停止している」「ワクチン供給もマニュアル至上主義」「そのマニュアルがなくて混乱している」とか7月3日の記事で嬉々として書いていたのですが。

 いま、首相官邸の実績を見たら7月1日は99万6451回でした。
 あー、残念。100万回いってませんでしたね。もうちょっとしたらVRS入力が遅れているところからの報告があって100万回いっちゃいそうですが。

 韓国は住民登録番号とカルテ等がリンクしているので、リアルタイムでの登録が可能なのですけどね。
 マスク販売給付金なんかも同様にやってましたっけ。
 そういう「準戦時体制である韓国の常識」を他の国でもそうだってやっちゃって、思い込みでこうした悲しい記事を書いてしまう。
 事情はそれぞれの国で異なる、ということを考えつきもしない。
 そして楽韓Webでこうして嗤いものになると。
 新型コロナウイルス対策でもそうでしたし、ワクチン供給や接種状況にもそれぞれの国の特徴が出ていて面白いものですわ。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国大統領府高官「日韓首脳会談をするなら成果がなければ。今後の日本の態度が重要」……自分たちの価値を勘違いしているなぁ

韓国大統領府、「韓日首脳会談開催時に成果なければ…今後の日本の態度が重要」(中央日報)
青瓦台核心関係者は12日に記者らとの書面質疑で「韓国政府は韓日首脳会談を行う用意はあるが、会談が開催されるならば成果がなければならないという立場。今後の日本側の態度が重要だと考える」と明らかにした。

続けて日本メディアの報道と関連し、「最近日本のメディア報道を見ると、首脳の五輪開会式出席問題や韓日関係改善問題を政治的に利用するような印象があり、鋭意注視している」と話した。
(引用ここまで)


 「今後の日本の態度が重要」
 なにを考えているのやら。
 いまの韓国にそんな価値ないですからね?

 日本側の態度は一貫していて、訪日するもしないもご自由にどうぞ。訪日するなら外交儀礼に則って対応しますよ。
 ただ、会談があったとしても短時間かもね、というもの。
 ここから1ミリも動いていない。

 それに対して韓国側は「大乗的にすべての懸案をテーブルに乗せよう」「会談は1時間」と言っていたのが「少なくとも徴用工・慰安婦問題、福島汚染水問題、輸出規制問題のどれかは会談内容に含めて成果を出すべき」になって。
 さらに「この場合の『成果』は問題解決ではなく、問題の存在を互いに認めて協議を開始するというだけでもいい」になり。
 それが最後通牒だとか言っていたのに、そこから「会談の形式は短時間でも『成果』さえあればいい」となっている。

 日本の態度が変わらない中、ハードルを下げ続けているのが韓国側。
 であれば日本側は動くわけがないのですよ。交渉術的に見てもね。
 特にアメリカが「日韓関係は改善すべきだが、歴史問題では日韓請求権協定、戦後秩序を覆そうとする韓国のやりかたを認められない」と認識している中で、韓国の求める「成果」を出す必要がない。
 ムン・ジェインが出すべきなのは「徴用工、慰安婦問題についてすべて韓国政府の責任で対処する」という文言であって、日本に成果を求めるような話ではないのです。

 ま、どちらにせよ東京オリンピックの開会式まであと10日を切っても公式のアナウンスがないっていう時点でどれだけ紛糾しているのか。
 そしてどれだけ日本側は韓国政府の要求を無視しているのかが分かりますね。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

楽韓さん、本日の動向 - 豪雨災害にTポイントで寄付してみる

 今回の豪雨災害についての募金、義援金の宛先をリンクしておきます。

令和3年7月豪雨災害 支援募金(Yahooネット募金)
令和3年7月豪雨被害支援募金(楽天クラッチ募金) 令和3年7月大雨災害義援金(日本赤十字社)

 YahooのほうはTポイントで、楽天のほうは楽天ポイントでも寄付できます。
 うちはTポイントがちょっと残っていたのでそれと、赤十字にいくらか義援金を送ろうと思っています。5万円くらいかなぁ……。

 ふたりソロキャンプ 10巻七つ屋志のぶの宝石匣 14巻を購入。

 大きなストーリーラインを引きつつ、細かいエピソードを積み重ねる二ノ宮節が冴え渡っている感じ。代表作(のひとつ)になるんじゃないかなぁ。


 月替わりセールからPOWERS OF TWOを購入。なぜか天才はパートナーと一緒になってなにかを行う、というような本。

POWERS OF TWO 二人で一人の天才
ジョシュア・ウルフ・シェンク
英治出版
2017-04-12


 李白と杜甫のような天才のシンクロニティというものには前から注目しているのですが、これはちょっと違う切り口。

 あと豊かさの誕生が妙に安いのですが、これはなんかのセールなのかなぁ。
 これも雑学的な本ですが、なぜ経済成長ができる国とそうでない国があるのかという話。
 「豊かさが達成される条件」がいろいろ述べられているのですが取り上げられているエピソードがいちいち面白いです。



 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。
完全教祖マニュアル (ちくま新書)
辰巳一世
筑摩書房
2016-07-29