相互RSS募集中です

2021年08月

韓国メディア「東アジアの新冷戦での軍拡競争に参加すべきではない」……いや、防衛費増やしまくってるだろ、韓国

カテゴリ:軍事 コメント:(73)
[社説]東アジア「新冷戦」の軍拡競争に冷徹に対応すべき(ハンギョレ)
 9月15日は東アジア情勢の重要な分水嶺として記録される可能性が高い。この日、北朝鮮は列車から短距離弾道ミサイルを発射し、韓国は世界で7番目に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験に成功した。同日、米国、英国、オーストラリアの首脳は中国牽制を念頭に置いた3カ国安全保障の枠組み「オーカス(AUKUS)」の結成を発表した。米中の新冷戦と北朝鮮の核・ミサイル問題などを背景に、東アジアで軍拡競争が本格化する兆しが現れている。 (中略)

韓国も国防予算を大幅に増やし、先端兵器開発に拍車をかけている。2022~2026年の国防中期計画には、ステルス戦闘機(F35)の導入完了や6000トン級の次期駆逐艦(KDDX)の開発、3万トン級の軽空母確保など大規模な軍備増強計画が盛り込まれ、国防費は2024年に60兆ウォン(約5兆6千億円)台、2026年には70兆ウォン(約6兆5千億円)台に増加する見通しだ。

 米中対立が加速化し、北朝鮮の核開発と日本の再武装が実現する状況で、韓国も「戦時作戦統制権の移管」と共に、軍備を増強するのは避けられない面がある。「自主国防」と「軍備増強」は切っても切れない関係にある。しかし、アジア太平洋諸国が軍拡競争に乗り出せば、韓国の究極的な目標である東アジアの平和と安定を実現するのは難しくなる可能性が高い。 (中略)

バイデン大統領が15日に英国やオーストラリアと「オーカス」創設を発表し、これまで英国以外には共有しなかった原子力潜水艦の推進技術をオーストラリアに支援することにしたのは、こうした象徴的なシグナルといえる。今後、日本をはじめとする米同盟国の軍備強化はさらに急激に進むだろう。韓国は、このような国際情勢の変化を冷静に見つめ、韓国に必要なことを実践していかなければならない。戦力強化が無分別な国防費の拡大につながったり、南北関係の悪化の悪循環に巻き込まれることのないよう、冷徹に戦略を立てなければならない。
(引用ここまで)


 ……いや。
 なんでまるで「韓国は東アジア軍拡競争の埒外にいる」みたいな前提で社説書いてんだよ。
 しかも「自主国防」を至上命題とする左派紙が。
 韓国政府の22年の防衛費は5.3兆円。23年にも日本の防衛費を追い抜くともされている状況ですよ。

韓国国防予算が日本に並ぶ 22年5.3兆円、23年にも逆転(日経新聞)

 対GDP費では2%以上。
 NATO加盟国と同等かそれ以上のレベルで軍備増強してますわ。
 日本はF-35Aを1年に4機とか6機のペースで取得していますが、韓国では1年に10機とかのペース。2019年は13機だったのを覚えています。
 FMSでアメリカ生産している分を導入しているので早いという面もありますけどね(日本は国内組み立て)。
 コロナ禍で災害支援金をばらまくために防衛予算に手を入れたこともあって導入ペースを遅らせていますが、当初予定では2022年までに40機の1次導入を終えていたはずでした。


 絶対額で見たら東アジアで防衛費を増やしている国ランキングで2位は韓国でしょ。
 これまで対北朝鮮で陸軍偏重だったものを海軍、空軍を増強しつつあり、かつ陸軍もそのままという状況なので国防予算が増えざるをえないという面もあるですけどね。

 ちなみに記事にもあるAUKUSの発足でフランスが激オコ状態になってます。
 駐米、駐豪フランス大使を召喚。
 アメリカがまったくフランスとの事前情報交換を行っていなかったことが原因のようですが。
 アフガン撤退に続いてアメリカの巨大な外交失点。
 まあ、フランスのアタック級建造はミリほども進んでいなかった上に、予算は増え続けて現地生産割合も減り続けていたので個人的には同情もできません。

   これでやけくそになったフランスが韓国に原潜技術供与なんてことになったらちょっと面白いですけどね。
 韓国はソ連崩壊のどさくさでソ連の原潜技術を入手するなど、そのあたりは鼻が利くのでやりかねないよなぁ。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国識者「次期政権では日韓関係を改善しなければ……そのためには徴用問題を前進させよう」……いや、無理じゃない?

【中央時評】韓国次期政権が必ず解決すべき徴用問題(中央日報)
悪化した韓日関係に変化の兆しが見えない。カギは徴用問題だが、韓国政府は現金化の秒針が進むのを眺めているだけだ。任期末の政府に問題解決を期待するのは難しいとみられる。どっちみち解決法は次期政権に期待するしかないため、これまでの徴用問題の対処過程を眺めて教訓を得ようと思う。 (中略)

次期政権に対する教訓は明白だ。1つ目、国内法の側面と国際法の側面に共に対処しなければいけない。2つ目、反日感情の中でもぶれずに解決策を見いださなければいけない。 (中略)

その間、専門家が議論してきた解決策のうち国内法と国際法と共に配慮する接近が「代位弁済」だ。韓国政府が代わりに賠償した後、日本側に求償権を行使する案だ。韓国としては大法院の判決を履行することになり、日本には韓日協定を理由に求償権を否認する余地がある。

その他の方法としては、国際法的な解決手続きを通じて国内法と国際法の衝突を解消する案がある。仲裁委員会や国際司法裁判所に持っていく方法だ。

最後に国内立法で韓国側が代わりに賠償する根拠を設ける案がある。「文喜相(ムン・ヒサン)案」が似た事例だ。こうすれば大法院の判決は国内立法で代わりに満たされ、国際法の韓日協定はそのまま残る。

次期政権が上記案の一つを選択すれば問題は解決するだろう。仮に次期政権が反日感情に負担を感じて選択を避ければ、負担を減らす案を講じる必要があるだろう。この点で与野党の合意で超党派的な賢人会議を構成し、解決法を依頼し、政府がその結論に従う2段階の選択方式を考えることができる。

いかなる案であれ、次期政権では徴用問題の解決法が出てくることを望む。
(引用ここまで)


 元外交通商部の朝鮮半島平和交渉本部長で、かつ元駐露大使であったウィ・ソンラク氏による「日韓関係修復の鍵は徴用工関連判決の解決にある」というお話。
 イ・ミョンバク政権の頃、南北関係が一気に緊張したあたりでの南北交渉の実務担当者でしたので、現実主義でもありますね。
 まあ、全体的な徴用工裁判からこっちの日韓の動きについても、そしてその解決方法についても仰ることはまったくもってその通りでございます。

 ムン・ジェイン政権によって無為無策のままで時間だけが進んでしまったという状況下なのでもはや政権末期にかけての解決策は無理。
 なので次期政権こそは状況を打破しなければならないと。
 まあ、言いたいことはホントに分かるのですけどね。


 言うても最有力候補はイ・ジェミョンよ?
 先日、日経新聞の「先読み韓国大統領選 情勢は? 対日関係は? 若者どう動く?」というライブストリーミングがあって、峯岸博編集委員とソウル支局長がいろいろと話していたのですが。
 その中で「大統領になるのはイ・ジェミョンだろう。イ・ジェミョンは反日と思われているが、政治の世界には金大中に誘われてやってきた。存外、金大中時代のような日韓関係になるのではないか」みたいな話をたぶん峯岸氏のほうがしていたと思うのですが(画面を見てなかったのでどちらの発言かあやふや)。

 もう金大中時代からは20年は優に過ぎているのですよ。
 近年で日韓関係が良好だったのはあの頃くらいだから、そこに一種の憧憬があるのも分からないではないですけどね。
 20年過ぎて「金大中政治を継承」もないもんだ。

 対日外交で強硬姿勢を見せることは一種の踏み絵です。
 というか、「日本の言い分を聞き入れる」ことがマイナスにしかならない。なので強硬姿勢であり続けるしかない、というのが実際。
 そしてそれは日本でも同じ。
 2016年の慰安婦合意は長期政権を築けていた安倍総理(当時)だからこそできた、という側面が大きいのですが。
 あれですら易姓革命の側面が大きい韓国の政権交代ですり潰された。

 それどころか暴れる国が相手であってもあるていど束縛できるのが「国と国の約束」である基本条約だったはずなのですが。
 それすらも通用しないんじゃ手出しのしようがないわな。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

慰安婦らへの詐欺や横領で起訴されたユン・ミヒャンの第2回公判で「すべてはユン議員が決めた」「独自の会計基準を提供していた」「求められた支払いを断ったことはない」等、前事務局長が証言……めちゃくちゃだな

「ユン・ミヒャン公金横領」裁判で挺対協前事務局長「最終決定権者は、ユン・ミヒャン 」(京郷新聞)
ユン・ミヒャン議員(無所属)と韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協、正義記憶連帯の前身)で働いていた挺対協事務局長が「(挺対協公金使用の)最終的な決定権者は、ユン議員」と述べた。ユン議員が領収書なしで任意に作成した「支払い証」を提出すると、公的資金を使ったものと認めたという陳述もした。

ヤン・ノジャ前挺対協事務局長は17日、ソウル西部地裁刑事11部(裁判長ムンビョンチャン)で開かれたユン議員の横領・背任の疑い2次公判に証人として出席して、このように述べた。検察はユン議員が正義連の法人口座で公的資金を送金したり、個人口座を利用して後援金を募金する方法で、2011年から2020年までの任意の有用なお金が1億ウォンに達すると見て、ユン議員を横領容疑などで昨年9月に起訴した。

ヤン前事務局長は「挺対協の目的に合った公金が使用されるかは、ユン議員が最終決定したのか」との、検察側の質問に「最終決定する人がユン議員である」と認めた。続いて挺対協は「先に支払った後の補填」方式で公金を使用している場合が多く、仕様車がが領収書なしで「支払い証」を任意に作成し提出する公金と認めて補填したと述べた。「ユン議員が支払い証を持ってくると補填を拒否したことがないのか」という質問に「そうだ」と答えた。

ユン議員が2015年に自分が癌で手術を受けた際に、挺対協から公金200万ウォンを受け取った事実も新たに明らかになった。ヤン前事務局長は、挺対協法人口座から2015年7月22日、医療費に200万ウォンが支出されたことについて、「ユン議員が癌にかかって手術した当時、挺対協の仕事で体の調子が悪くなったという議論があり、支給した」とと述べた。

ヤン前事務局長は、キル・ウォンオクおばあさんが2017年ころ認知症にかかった事実については知らなかったと述べた。検察はユン議員が2017年キル祖母の心身障害を利用してキル祖母が受けた女性人権賞金1億ウォンのうち5000万ウォンを寄付にするなど、合計9回にわたって7920万ウォンを寄付してたことを報告して準詐欺罪を適用した。両前事務局長は「キルさんを10年間ほど見ていたものの、認知症の症状があると考えたことがない」と語った。
(引用ここまで)


 公金横領・詐欺・準詐欺など8つの罪で起訴されたユン・ミヒャン議員の第2回公判。
 検察側証人として挺対協の前事務局長が出廷して証言。

 「最終決定者はユン・ミヒャン」
 「ユン・ミヒャンからの入金依頼を断ったことがない」
 「政府から受け取った公金をユン・ミヒャンの個人口座に入金したこともある」
 「ユン・ミヒャンの癌手術費用は公金から支出した」

 ──等々、デタラメな会計があったことを証言しています。

 ちなみに他の記事では「非営利法人の会計基準という言葉を聞いたことはない。独自基準の会計をやっていた」と証言しているとも書かれています。
 いやぁ……もうね。
 すごいわ。
 韓国の最高権威者は大統領ではなく、元慰安婦らだという話を楽韓Webでは幾度となくしています。
 最高権力者である大統領は彼女たちの前に跪くしかない。
 大統領候補はすべて慰安婦詣でをして、出馬の許可をもらわなければならないのです。


 実際、前回の選挙戦で元慰安婦から嫌われたパン・ギムンは早々に大統領選挙から撤退に追いこまれていますし、今回も野党の国民の力から出馬しているユン・ソンニョル(ソクヨル)ですら元慰安婦の前で「絶対に日本から謝罪を勝ち取る」と宣言しなければならなかったわけです。

 そして、挺対協、正義連はその護持団体。
 ユン・ミヒャンは代理人としてすべてを取り仕切っていたわけです。
 いわば教皇的な立場、ですね。
 もっとも、手元の弾(元慰安婦)が切れかけていたので「我々は慰安婦問題だけを扱うのではない」としてベトナム戦争当時の韓国軍による民間人虐殺なんかにも手を出しはじめていましたけども。

 ちなみにこの事務局長、在日3世で挺対協に入った経緯なんかをインタビューで誇らしげに答えています。
 ○ジャ(○子)という名前は韓国ではかなり古い名付けかたなので、ちょっと引っかかったのですよね。
 慰安婦合意についても「無効化し、10億円を返還し、ハルモニたちが求めるやりかたで解決しなければならない」とか答えていますね。

[インタビュー]「韓国語ができず恥ずかしかったが、今や水曜集会率いる司会者」(ハンギョレ)

 「元慰安婦らの名誉と人権を守る」つもりだったのに、実際にやってたことは公金横領・詐欺・準詐欺の片棒を担いでいたというオチだったのさ。
 どっとはらい。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→


楽韓さん、本日の動向 - 今度のガンダム関連コミックスセールはひと味違う

【PR】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月無料のキャンペーンをやってます。

 KADOKAWAがKindleでまーたガンダムフェアやってます。
 ひとつ大きな違いがあるとしたら、機動戦士ガンダム THE ORIGINが全巻半額になっているところ。全巻が対象になるのはおそらくはじめて。
 23巻がアバオアクー攻略戦の最終刊で、24巻は後日譚。



 それ以外もかなりの冊数が対象タイトルになっているようです。
 映画化決定のククルス・ドアンの島も全巻半額(作画崩壊はしていません)。



●土曜日投資短信
 みずほHDが買い値に戻ったので売却。売却益2500円ちょっと(笑)。まあ、インカムゲインはいい感じでもらえていたのでよしとする。
 三菱UFJを300株買い足し。3000株か。5000株がちらと見えてきたかな。
 インテュイティブサージカルを2株買入。1株1033ドル。高い。
 月末に分割があるので6株になる予定。分割されたらもう2株くらいは買うか。
 リート関連をすべて切り離し。
 楽ラップを全解約。
 2018年分の通常NISAで買ってたニッセイ外国株式、楽天全米、全世界インデックスファンドをどうしようか迷ってます。それぞれ+59%、+74%、+52%だって。
 つみたてNISAに移行しているのでロールオーバーはできないし。
 個別株も整理に入るべきか迷い中。この連休中にいろいろ決めておこう。

 あと化物語のコミカライズが2巻まで無料配布中なのでもらっておくが吉。



 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。