相互RSS募集中です

ソウル市の給食無償化で質が低下

カテゴリ:欠食児童 コメント:(3)
学校給食、無償化で質が低下 /ソウル(朝鮮日報)
> 無償給食が本格的に始まっている現在、学校給食の現実はどうなっているのだろうか。本紙はソウルの小中学校4校を無作為に選び、各学校のホームページに掲載されているメニューを比較分析した。

 その結果、無償給食導入後のメニューは実施前の昨年同時期に比べ、確実に質が低下していることが判明した。食品価格が上昇している状況で、1食当たりの 給食費用を画一的に決め、全面無償給食を無理やり実施したため、学校現場では以前よりも給食の質が低下するという低レベルの標準化が行われている。
(引用ここまで)

 ま、それでも欠食児童が生まれるよりはよいと思うのですよ。
 2009年の調査では1クラスに2人は欠食児童がいて給食が食べられない。一番ひどい自治体では37.7%が欠食児童という話でしたから。
 たとえそれが消費者物価指数の見た目の抑制のために行われているとしても、無償給食は悪くない政策だと思うんですけどね。

Web魚拓 / 画像

この記事へのコメント

  • 名無しさん 2012年07月10日 17:10

    食文化ってそういうところから産まれるのじゃないか?と思うと今が韓国オリジナル文化誕生のチャンスなんじゃないか?と思うんですよ。
    在日なんか日本で韓国料理広めても所詮日本国内の話ですから。
    韓国料理の日本化、日本風キムチとか日本風焼肉になるだけで。
    国に帰れば独自文化を発展させられるのに。
    しないんだから、変わっていますよね。
  • 2012年07月10日 21:12

    世界一の都市はソウルにだって、言ってた割りにはこういう話もあるんだよね。
    韓国には絶対に行きたくないけど、どの情報が一番的を得ているのか知りたいなあ
  • kumuchi 2012年07月10日 21:31

    これって欠食児童を増やす施策のはず
    欠食児童の予算が国から地方自治体に移管された(財源も移管されたのでしょうが、詳細は知りません)
    で、学校の学期中の給食を無料化してるので、お休み中の欠食児童への給食の財源が枯渇して、対象人数を大幅削減
    ソウル市では2011年に小学校、2012年からは小学校+中学校の給食を無料化、最終的には小学校+中学校+高校の給食を無料化
    現在、88万人の小中学校の給食無料化で280億円(5,000億ウォン)程度の予算をソウル市は組んでる
    他の地方自治体も同様
    たぶん、今後は財政負担に耐えらえないと思う