相互RSS募集中です

韓国政府「これからEV用急速充電器は有料化です」 → 韓国人「300ヶ所しかないのにもう有料化?」「誰もエコカーなんて買わない!」

カテゴリ:ハイブリッド/EV コメント:(36)
韓国の電気自動車市場…増えた車、足りない充電所(中央日報)
環境部が電気自動車の急速充電料を有料化しながら広がっている風景だ。環境部は11日から1キロワット時(kWh)の充電時に313.1ウォンを徴収することにした。環境部によれば電気自動車の所有者は年間走行距離1万3378キロ基準で月平均5万8000ウォンの充電料を負担しなければならない。同じ走行距離基準のガソリン車(13万2000ウォン)・軽油車(9万4000ウォン)の半分以下程度だが、これまで無料だった点を考慮すれば「ショック」だ。

有料化直後の電気自動車のインターネットカフェでは「これで電気自動車を誰が買うか」という文が相次ぎ上がってきた。4190万ウォンのSM3 ZEは一度充電すれば最大135キロ走る。6月発売予定の現代車のアイオニックエレクトリック(電気自動車)は4000万ウォンで、1回の充電で180キロまで走ることができる。

消費者が車の価格は(同じ車級の)2倍で走行距離は短く、充電所は不足し、充電時間は長くかかる(急速充電約30分)の電気自動車を選択する大きな理由の1つが安い維持費(充電料)だ。電気自動車の普及に先に立たなければならない政府が「悪手」を置いたという指摘が出ている理由だ。

キム・ピルス韓国電気自動車協会長は「現代車がアイオニックをちょうど発売して米国電気自動車企業テスラの国内攻略が可視化している状況で、韓国の電気自動車市場の成長にブレーキがかかった」と指摘した。

環境部が無料だった充電料を有料に変えたのは民間の参加を誘導するためだ。一定の収益を保障してこそ民間で充電インフラを早い時期に構築するという論理だ。環境部関係者は「電気自動車の普及が伸びる状況で、政府が充電料を支援し続けることはできない。米国・欧州をはじめとする先進国も充電料を賦課している」と話した。

だが先進国と単純比較することは難しい。まだ韓国の電気自動車市場は初期段階の水準だからだ。「電気自動車天国」と呼ばれるノルウェーの電気自動車普及台数(5万台)は国内普及台数(5767台)の9倍に達する。急速充電所(337カ所)は米国(3万1792カ所)、日本(約3000カ所)、中国(約3万1000カ所)に比べて非常に不足している。

市場が成熟してこそインフラにお金が集まる。環境部は電気自動車市場が成熟したとみたようだ。だがインフラから磨いてこそ市場が成熟する場合もある。充電インフラがなければ無用の物である電気車が代表的だ。市場が未成熟なだけに、自動車企業が自らインフラを構築するには限界がある。充電料の有料化が時期尚早という指摘が出る理由だ。
(引用ここまで)

 ちょっと韓国のハイブリッド/EVの歴史をさくっと紹介してみましょうかね。

 かつて韓国は電気自動車を次世代の輸出主力品目にしようとしていたのですよ。
 ゴルフカートにシャシーだけつけたような、いわば「軽電気自動車」を先行して実用化して、圧倒的な物量で標準規格になろうとしていたのです。

 でも、韓国人は自動車に自らのステータスを乗せているので、小型自動車なんてそもそも相手にされません。
 つまり、小型自動車自体の需要がないのですから、電気自動車のそれなんて需要のなさの自乗だったのです。売れるわけないですね。
 100万台普及させればロケットスタートできるはずだっていう予測だったのですが。

 というわけで、この戦略は大失敗。
 政府肝いりで小型自動車普及活動を行っていたのですが、需要がないところに供給は生まれませんわな。
 で、ヒュンダイを中心にしてハイブリッドや普通車サイズの電気自動車の開発に乗り出したのですが、こちらも失敗。
 「トヨタは無理でもホンダには2年で追いつく」って豪語していたんですけどねー。
 トヨタが水素電池車の特許をオープンにしたらなぜか「トヨタはハイブリッドも公開すべきだ!」みたいな社説が韓国で出たこともあってあれもなかなかに笑いましたね。

 ま、そんな歴史を持っている韓国のエコカー開発史なのですが、日本の一部オートジャーナリストは「日本のそれに追いついている」と主張していますね。

 でも、実際の韓国国内の電気自動車の普及台数は5767台。
 で、EVでもっとも必要とされる急速充電所が337ヶ所。
 おそらくソウルがそのうちの8割ってところでしょうかね。
 エコカーなんてものは韓国人の必要とするステータスリストにはないので、どうしたって需要がないんですよ。

 あと、日本の急速充電器が3000ヶ所っていうのは嘘だなぁ。
 CHAdeMOだけですら6507ヶ所。
 プリウスPHV対応のSAE J1772だけのところを加えたらさらに増えるでしょうね。

 どこまでいっても需要と供給の問題で、これを覆すことができる唯一の手段というのが公的資金による支援なのですが。
  急速充電の有料化でそれすらも諦めてしまったと。
 そのうちカリフォルニアで走れる韓国車はなくなってしまうのかもしれませんね。


この記事へのコメント

  • 名無し 2016年04月18日 01:08

    高速のSAとかにある、アレかな?
  • 2016年04月18日 01:36

    充電に30分もかかるような車がアメリカで売れる?どこで充電するんだ。
  • 2016年04月18日 01:37

    東北のド田舎に住んでますが、それでも県内すべての道の駅に急速充電機が設置されたと地方ニュースで報道されてます。
    その他にも電気自動車をラインナップしているディーラー店にも設置されます。

    むろん有料(500円だったかな?)ですが、継続的にサービスを行うには無料は無理があるでしょうね。

    内燃機関のノウハウの少ない中国自動車メーカーは、内燃機関をキャンセルしてEVに注力して、実際に充電設備等も普及させてますが(原発も凄まじい数作るようですし、環境問題もあるでしょう)、韓国の方はコンセプトカーレベルのEV車は聞きますが、普及にはほど遠い感じですね。

    この点、中国メーカーにも先を越されるんじゃないですかね。

    法的、また能力的にも整備されてない自動運転を、TVドラマで宣伝してる場合じゃないと思いますが。
  • 軍事速報の少将 2016年04月18日 01:41

    日本の自動車ディーラーで、HVや電気自動車販売してるメーカー系なら
    殆どが急速充電スタンド設置していると思います。
    うちの近所調べですが。
  • coffee 2016年04月18日 02:12

    『でも、実際の韓国国内の電気自動車の普及台数は5767台。
     で、EVでもっとも必要とされる急速充電所が337ヶ所。』
    ざっと18台に1箇所
    調べたところH26年度の日本のEV台数は約7万台。充電所6500箇所とすればざっと10台に1箇所。
    比率とすれば日韓に絶望的な差があるとまでは思いませんがこの比は開く一方なんでしょうなぁ
  • 名無しさん 2016年04月18日 02:15

    充電器が朽ちて倒れている韓国の写真を見たことがあるのですが、本当にその件数の充電所が機能しているのでしょうか?
  • 名無しさん 2016年04月18日 02:16

    電源を全メーカー共有化されたバッテリーパックにしたら購入を考えてもいい
    今買っても後悔する未来しか見えない
  • ディグニティ 2016年04月18日 02:17

    日産ディーラーも有るし三菱ディーラーも有る、オール電化にしてる200vの家庭も入れたら相当数有ると思うが。
  • 名無しさん 2016年04月18日 02:27

    済州島の電気自動車充電ステーションがもうヤバイw
    2016/2/25(木) 午前 9:32
    http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/13964435.html

    有料でも作ったらそれっきりみたいですよ。
  • bulz_i 2016年04月18日 02:48

    *5
    >『でも、実際の韓国国内の電気自動車の普及台数は5767台。
     で、EVでもっとも必要とされる急速充電所が337ヶ所。』
    ざっと18台に1箇所
    比率とすれば日韓に絶望的な差があるとまでは思いません・・・

    この発想間違ってますよ。これでは韓国の経常黒字と同じで「輸出が縮小しても輸入の縮小が上回れば黒字」と云うのと同じです。こんな発想でマーケットが形成されるわけが無いでしょう。
  • 名無し 2016年04月18日 03:10

    >日本の一部オートジャーナリスト

    あぁ、国沢か・・・。
  • 2016年04月18日 05:02

    月平均5万8000ウォン、って6000円足らず・・・
    おまエラ日本人より稼いでんじゃねーのかよ?
    そんなハシタ金惜しむヤツは、クルマなんて持ったらいかんやろ。
    月6000円でガス代済むマイカーユーザーなんて、日本じゃサンデードライバーぐらい。
    ムダな見栄にはジャブジャブカネ使うのにねぇ・・・
    まぁ、こんな体だから日本とはどんどん差が広がるのだが。
  • 2016年04月18日 05:49

    国内旅行に行かない人達には、必要なし!
  • 名無しさん@ダイエット中 2016年04月18日 06:09

    まず無料スタートの時点で失敗してる気がする
    いつかは有料にしなくちゃいけないのに
    あの国民性考えたら大揉めに揉めるでしょ
  • 装甲戦闘ぬこ 2016年04月18日 06:29

    ちょっと調べただけじゃ「アイオニック」のハイブリッドシステムがどんなか解りません。「ホンダのDCTタイプっぽい」と書いてあるところもありますが?
    トヨタのハイブリッドシステムは遊星歯車を使う2モーター式が画期的なの(だった)です。がBMWもやってみてあまり美味しくないと思ったみたいです。台数を販売し独自のノウハウを持つトヨタが抜きに出てると思います。
    燃費だけで言えば、ようはどれだけエンジンを回さないかだけで、後はバッテリーの用量と重さの駆引き。
    やるとなれば数年で、ディーゼル~水素エンジン・ピュアEV・ワンモーター2クラッチ・FF~FR(MR)切替タイプを用意するBMWは凄い。ドイツ勢が燃費特化タイプをEVに絞りつつあるのをどう考えるかだけですよね。
    アイオニックにはEVを用意してるけど?メガサプライヤーの言いなりなら?先は見えてる。
  • 2500 2016年04月18日 06:49

    一年前の記事でhttp://ev.gogo.gs/news/detail/1430472546/
    こんなのがありました この記事でも6000近いですし今ならもっと増えてるはずなんですが相変わらず嘘捏造民族
  • 通りすがりの+ドライバー 2016年04月18日 06:51

    ※12
     俺サンデードライバーやないけど、ガス代月三千円で済んどるで。プリウスなら余裕や。サンデードライバーやったらその半分でもお釣りが来るやろ。ほんまガス補充忘れるレベルやわ。
  • 名無し 2016年04月18日 06:53

    韓国うんぬんより
    電気自動車がまだ実用レベルに達していないと思う
    急速充電は電池に良くない。
    それでいて日本でも25分くらいかかる
    普通充電は20時間とかいうレベル

    暖冷房をつけると電気の減り具合は凄いし
    まだおもちゃレベルの車
  • ニダーン 2016年04月18日 06:53

    「ウリも出来ていたのに、イルボンに利益を横取りされた」の被害者面までは想定済み。
    あとどれだけ斜め上を上乗せできるかw
  • エル 2016年04月18日 08:23

    電気自動車や水素自動車の普及で重要なのは、インフラの整備だからね。
    なので、ある程度の社会インフラのある国でしか需要は見込めないし、アメリカのように国土が広大だと、走行距離が短いから、都市部限定のタクシーやバスなどに対象が限られる。
    トヨタが水素自動車に関する特許をオープンにしたのも、他のメーカーの参入により、市場規模を拡大させる思惑があったからだけど、成功しているのかね。
  • 前田のビスケット 2016年04月18日 08:51

    充電器 以前の問題で~

    アイオニックって坂道発進できないじゃん。
    http://www.hiroiro.com/movie/terrible/42400.html

    トヨタは新型プリウス韓国投入で
    アイオニック潰しにかかったけど
    その必要もなく自滅しちゃった。 ウンウン
  • 習志野言兵衛 2016年04月18日 09:05

    ま、(中央日報など)キムチメディアの飛ばし記事に真面目に※するだけ
    無駄かも知れんが・・・

    >電気自動車の急速充電料を有料化しながら広がっている
    これは多分『嘘』。1年後、充電所の数を現在の数と比較してみれば一目瞭然。
    ひょっとすると、充電所の数そのものが公表されないかも知れない。
    (例え、公表されたとしても、お得意の水増しかも知れないが。)

    可能性が高いのは(國そのものが破綻していなくても)電気自動車が売れず、
    事業そのものが縮小しているか、最悪消滅しているかも知れない。
    インフラの充実・整備などは朝鮮人にとって最も不得意な分野だしw

    楽韓webの1年後の報道に期待したい。
  • 海外在住 2016年04月18日 09:21

    >そのうちカリフォルニアで走れる韓国車はなくなってしまうのかもしれませんね。

    他人事、他人事、朝鮮事。

    大切なのは決して朝鮮人とは、助けない、教えない、関わらない、ですよ。
  • coffee 2016年04月18日 09:26

    ※10
    では、どのような発想が正しいとお考えでしょうか?
    国土面積あたりの充電所数?
    人口あたりの充電所数?
    それとも絶対数?

    お考えを聞かせていただければありがたい。
  • 2016年04月18日 09:32

    ※9

    あの国には充電ステーションの管理運用自体できる営利企業が1つも存在してないのね。それで電気自動車が増えているわけがないか(政府関連のぞく個人や営利企業で)。でもこういう新聞記事がWikiのソースになって朝鮮は電気自動車大国ってふれこみになり、新興国が騙されて朝鮮製に手を出すみたいなパターン。
  • 名無しさん 2016年04月18日 10:40

    私の認識としては、そもそも電気自動車はまず自宅で充電した上での外出先での急速充電だと思っているのですが。
    自宅に駐車スぺースもなく路上駐車が当たり前の国で、電気自動車が普及するんでしょうか。
  • 名無しさん 2016年04月18日 10:53

    日本はもう、充電スタンドと水素ステーションは、これ以上増やすべきでない。
    このまま突っ走ると、NTTのISDN投資と同じ間違いを犯す事になる。

    既に、充電スタンド不要な電池と、トータルで水素車以上の費用対効果のシステムが出来てるので、既得権益の妨害にめげず、日本はそれを粛々と進めればよい。
  • みらーしぇーど 2016年04月18日 12:01

    そういえば、LPGスタンドのないアメリカでLPGハイブリッドを売っちゃうとかありましたね。

    彼らは製品を売るためのインフラ整備とか、メンテナンスとか、そういう一見地味なサービスは嫌うんですよね。目先の利益しか考えてないから一回作って、儲かったら終わり、みたいな。

    継続したサービスを立ち上げて業界として盛り上げていきましょう、といった考え方ができないんでしょうね。
  • 名無しさん 2016年04月18日 12:34

    無料にした意味がわからん。
    販売戦略?いや、あのモドキ達は一度無料にしたら
    永遠に無料と考えるやつらだろ。
  • 名無しさん 2016年04月18日 13:28

    ※8
    ベタープレイス
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9

    >2013年5月26日、会社の解散と清算を表明、裁判所に破産管財人の指名を申請した[14]。

    >2009年にメディアレポートは[66]、ベタープレイスのビジネスモデルと費用に関する危惧を示唆し、そこで引き合いに出されたのはステーションごとに最大$500,000ということであり[67]、$50,000から$60,000の費用が見込まれる高速充電ステーションと対比させた。


    ルノー・フルエンスZ.E.
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9Z.E.

    >フルエンスZ.E. (Fluence Z.E.) は、ルノーZ.E.のBEVプログラムの一部として発売が予定されている、フルエンスをベースとしたルノーの電気自動車である。2009年のフランクフルトモーターショーでコンセプトモデルが公開され[1]、市販版モデルは2010年4月15日に発表された。車名の末尾に付く「Z.E.」とはZero Emissionの略を意味する。
    >尚、傘下のルノーサムスンが発表した「SM3 Z.E.」はフルエンスZ.E.と基本的に同じ仕様である。

    >電池は専用の電池交換設備にて充電された電池と交換する「QuickDrop」システムを使用する。またベタープレイスはフルエンスZ.E.がベタープレイスの充電ステーションネットワークで利用できる交換可能な電池を装備した最初の電気自動車になると公表している[6]。

    ルノーサムスン・SM3
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%83%BBSM3#SM3_Z.E..EF.BC.882013.E5.B9.B4-_.EF.BC.89

    SM3 Z.E.(2013年- )
    詳細は「ルノー・フルエンスZ.E.」を参照

    >2010年11月 - 知識経済部主催のスマートグリードウィーク行事にフルエンスZ.E.のルノーサムスン版である「SM3 EV」のプロトタイプを展示。

    2013年
  • 名無しさん 2016年04月18日 13:43

    ※30
    ガソリンスタンドの概算建設費用
    http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3020690.html

    1億3千万円くらいとあります。
    充電器が簡便で安上がりというだけですね。
  • 名無しさん 2016年04月18日 14:39

    ※15
    IONIQはプリウスキラーになれるか
    2016/03/11 15:50
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/012800027/031100035/?rt=nocnt

    >発電機と駆動モーターをガソリンエンジンと組み合わせる2モーター式のトヨタに対して、Hyundai社は駆動モーター1個とエンジンの1モーター式。6速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)と組み合わせる。プリウスというよりは、ホンダが「フィット」に採用する1モーター式で7速DCTを使う「i-DCD」に似ている。
  • 名無し 2016年04月18日 14:54

    韓国人はそもそも無料ということがオカシイと思わなかったのか?
    電気代くらいは払うものだと思うが、韓国人の社会性では無理か?

    メンテナンスもろくに出来ない(しない?)のに、スタンドが維持できるわけがないじゃないか。
  • 違法人 2016年04月18日 19:40

    独自技術で競争しなければならない中国やアメリカなどは、公的資金でも何でも突っ込んで技術開発を支援しないと競争から脱落してしまいます。
    そしてそれば莫大な税金を食べてしまい、しかも99%は失敗に終わります。
    そのうえ、せっかく育てた産業もじきに陳腐化してしまいます。

    でも、他国が開発した製品を買うだけの国は、別に無理して独自開発をする必要はありません。
    韓国は製造業ではどうせ中国に勝てないのですから、無駄な努力はしないのが正解です。

    日本だって、競争を続けるなら、一見無駄な基礎研究や膨大な税金を喰う先端技術にいつまでも投資しつづける必要があります。蓮舫が言うように競争なんかやめてしまえば楽になりますが、そこは有権者の選択。
  • 名無し募集中。。。 2016年04月18日 19:53

    一部のオートジャーナリスト雉沢さんね
    なんであの人ってあーなんだろ?
    現代ジェネシスのハイブリッドが出た時もトヨタのカムリハイブリッドを超えたとか言ってたっけ?
    実際には時速32㌔くらいで走れば燃費が良いけど、普通に走ると単なる重いだけの車らしく。
    新しい現代のハイブリッドも試乗する前から、やたら褒めてんだよなぁ。
    あの人をウォッチしてるのもだんだん面白くなって来てますよ
  • 2016年04月18日 20:16

    少なくともガソリン代に相当する電気代は有料が当然だろ。無料のほうがおかしい。
    スタンドの普及率とは別問題。