相互RSS募集中です

21世紀になっても韓国社会にどことなく残る呪術的、シャーマニズム的な考え

カテゴリ:韓国社会 コメント:(76)
朴元淳氏との腕組み写真を投稿し「私がセクハラした」と冷やかした女性検事(朝鮮日報)
チン検事は済州地検に勤務していた2017年、詐欺容疑で取り調べを受けていた被疑者の生年月日をインターネットの四柱八字(占いの一種)プログラム「万歳暦」に入力し、その結果を示して「弁護士があなたと相性が合わないので弁護士を変えなさい」などと述べ、検事としての品位を損なった容疑で昨年4月に法務部からけん責懲戒処分を受けていた。
(引用ここまで)


 昨日、ちらとピックアップしたニュースの最後の部分に、こんな一節がありまして。
 韓国社会に対して感じている「シャーマニズムが生きている」、という部分をちらっと書いてみようかなという気になりました。

 先日、数十年ぶりに真犯人が判明した華城連続殺人事件でも、捜査中に「犯人の名前を夢で見た」という通報を警察が真に受けて逮捕したなんてことがありました。
 もちろん誤認逮捕。この件で逮捕された人がどうだったかは覚えていないのですが、誤認逮捕の結果として数人の「容疑者」が自殺してます。
 凄惨な事件だったので、容疑者とされただけでも生きていけなかったのでしょうね。  ちなみに90年代の出来事。

 映画のザ・キングでも検察の部長が自分の支持する大統領候補が当選するようにパクサ(朝鮮の男シャーマン)に祈祷を依頼しにいくというシーンがありましたっけね。
 あれは2002年末の大統領選挙の描写だったかな。

 日帝の鉄杭騒動も同様で「日本が韓国を弱らせるために龍脈に呪いの杭を打ち込んだのだ」としていましたね。金泳三大統領が国家事業として引き抜いていましたっけ。
 その直後に国家破産したのも今となってはいい思い出。
 いま現在でも「日本は『不逞鮮人』が多く生まれた臨清閣の脈を断つとし、1941年に庭を横切って中央線の鉄道を設置したのだ」なんてことが書かれています。

 韓国ではどこかでまだまだシャーマン的、呪術的な考えかたが活きていて、それを明らかにするのが恥ずかしくない社会なのです。
 もちろんこの女性検事の個人的資質が大きいとは思いますし。
 さらにいえばアメリカ等でも占星術師が大統領についていたりする、なんてことが暴露されたりもするのですが。
 それは「醜聞」として暴露されることですからね……。

 そういえばチェ・スンシルも「巫女」としてパク・クネに助言する立場、でしたっけ。
 さすがに国家の政策が巫女やら占いに左右されるのは勘弁だと韓国人も感じるのでしょうが。
 それでもなんとなく「呪術」が生きている社会だな、とは感じます。

濃度の違いはあれども日本にも残りはしている、という話はこの本を参照のこと。

この記事へのコメント

  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 18:52

    シンシアリー氏が教会がメガクラスター化した時に書いてましたね
    韓国では風邪になったら教会に行ってお祈りで治すと言う風習がまだ残ってると
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 18:57

    韓国やアフリカは極端にしても、どっかに残ってるもんじゃないかなぁ・・・程度問題か。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 18:57

    4~50年前ぐらい昔は日本でも「風邪は他人にうつすと早く治る」なんて言われてたんですよね
  • 名無しの兵衛 2020年07月15日 19:00

    まあウリスト教の一部には
    悪魔よ去れ、病気よ去れとか言って
    実際に加持祈祷をやってるのもいるとか

    って言うか新聞に寄稿してる牧師のやってる教会で
    アトピーが治るとかを見た時は
    社会的立場のあり影響力のある教会ですら
    それかよとは思いましたがw

    あとウリスト教と言えば「地踏み(땅 밟기)」ですね
    別の宗教の領域で、祈ったり賛美歌を歌うことで

    ここは自分たちの縄張りとかいう形で
    マーキングをする行為も
    ある種のシャーマニズム的な背景でやってますよねえ
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:00

    あいつら他国の文化や伝統を欲しがって片っ端から起源主張するけど
    こういうのこそ現代社会や現実とうまく折り合いつけれれば”独自の文化”になるものなんだけどなあ
    自分たちの文化を持ってないってあちこちで言われるけど
    真実は国における”文化や伝統”ってのがどんなものなのかわかってないんだろうな
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:01

    あ、カダラの豚は凄くおもしろかったと覚えてる
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:02

    「からけん」が「けしからん」に見えた
  • 名無しの兵衛 2020年07月15日 19:05

    あと韓国のその手の輩に多いのが
    そのシャーマンに信者を依存させるケースがよくあること

    この人の意見は正しい
    つまり絶対的なウリの上位者にするように
    誑し込み、この人の言うことは正しいとさせる
    当然ウリナムで言えば、親よりも上位

    だからこそカルトが蔓延りやすいのですよねえ

    そしてチェスンシルがシャーマンで朴槿恵が信者という
    言説が信じられた背景にはそういう裏側があったり
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:06

    韓国では未だにトンスルや病気の時にう〇こを薬として食べるしな。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:09

    まあ日本にもコロナを他人にうつして治すとかいう県知事がいたりするけど
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:12

    災いを他国にうつした国は繁栄するニダ
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:17

    今の世に封建制を布きたがってる民族だもの
    誰が王様になるか知らんけど
  • ななし 2020年07月15日 19:20

    >>2
    そうですね。
    程度とあとは使い方でしょうか。

    日本だって、占い好きの人だって全面的に信用することはないでしょうが、戒めや教訓にするのであれば意味はあります。
    昔々は世界から蔑視されていたアミニズムだって、物や生き物を大切にすることに繋がるのであれば。

    ただしシャーマニズムはダメでしょう。
    シャーマン、つまり占い師、巫女の意見を取り入れるのですから、そこには何らかの意思があるわけですから、政治に介入させるのはちょっと。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:20

    その国特有の文化というか、こういう湿っぽい部分はどこでもあると思います。科学が万能かといえばそうではないし、好きにやればいいとは思いますけどね。

    ただ日本の価値観からすると、わかり合えそうにはありませんね。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:20

    なんで聞いたことがあるんだろうと思ったら李博士だった
    同音異義語がたくさんありそうだからここから話を転がすのはやめておこう
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:29

    >被疑者の生年月日をインターネットの四柱八字(占いの一種)プログラム「万歳暦」に入力し、その結果を示して

    どうせなら、せめて自分で占いましょうよw
  • ななし男 2020年07月15日 19:34

    >捜査中に「犯人の名前を夢で見た」という通報を警察が真に受けて逮捕したなんてことがありました。

    どうゆうこと?
    通報する奴もそうだけど、それ信じる方が狂ってる
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:35

    あっちに「自分が不運なのは整形で見た目はともかく全身の運気が乱れたせい」と考える人はいないのだろうか
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:39

    呪術ってのはオカルトじゃなくて、現実に存在していて機能してるんだよね。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:40

    >>華城連続殺人事件
    映画「殺人の追憶」ですね。
    韓国映画特有のドロップキック有り、
    の良い映画でした。

    その犯人が判明していたとは知らなかった。
  • 名無し 2020年07月15日 19:46

    呪いよりも直接「死に晒せーッ!」で物理攻撃で突っ込んで来るような気がする、朝鮮らしくね
    もう社会的に抹殺させる、世界中の皆が見ている前でザマぁ弾劾、土下座謝罪を強要させる朝鮮連中
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:48

    国民性と安直に区切ってはいけないのでしょうけど、責任から逃れたがる気質とこうなってしまったのは呪いのせいだとできる呪術との相性がいいのもあるかと思います。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:48

    >>アメリカ等でも占星術師が大統領についていたり
    レーガン大統領の妻、ナンシー夫人ですね。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:49

    信じる人がいないと、呪いの杭の話は広まりませんからね。
    信じる心があるのでしょうね。
    墓を暴くことで、自分に災いが降りかかるとは思わないのでしょうか。
    禁忌にならないのでしょうか。
    呪いは信じるのに、謎ですね。
    別世界であっても、自分の思いのままになると思うのかもしれませんね。
    日本が杭で、思いのままに別世界にも影響を及ぼしていると感じたのでしょう。
    それほどまで、自分に、現世に、力に執着しているということなのでしょうね。
    執着しているから、術に頼ろうとする。呪術になる。
    執着には、墓暴きですら可能にしてしまう、呪術に勝るとも劣らないおどろおどろしさがあるのでしょうね。
    徴用工像、慰安婦の像がおどろおどろしいのは、執着だからなのでしょうね。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 19:53

    少し前に日本に火球が降った件や、岐阜県瑞浪の神社の御神木が倒れた件でも、日本の運気が潰え去る予兆だとか言って彼の国では大喜びしてたみたいですね。本当にゲスい、ゲスの極みです。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:06

    呪って恨んで責任転嫁で他力本願が韓国人の得意技。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:06

    コロナも呪術で治そうとしているかもしれない。
    真面目にヴードゥー教が流行るかもしれない。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:07

    > 濃度の違いはあれども日本にも残りはしている、という話はこの本を参照のこと。

    本読まないといけないかな?
    日本人がそんなに軍隊が嫌いだとは思えないんだけど…
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:09

    シャーマニズム的ご都合主義、つまりはわかりやすいストーリーを用いて、
    災害の記憶を禁足地にするような先人の知恵があったり、
    笠地蔵的な寓話として道徳教材にするのはどの国でも同じですが、
    韓国の寓話というと「ネギを植えた人」ですからね。
    コミュニティの存続を左右するほど大きな利益をもたらした人物に対する応報として、
    惨めなシとその存在の記憶さえ消去するという、
    おそらく想定内で最大の侮蔑と誰もが考えるような処遇が与えられる。
    ここにある教訓は「コミュニティに利益を与えてはいけない」です。
    しかしこの話、元はハッピーエンドじゃなかったかと思うんです、
    日本人的にはコミュニティを救った英雄は、シ後にせよ生前にせよ、
    高く評価されてめでたしめでたしになるはず。
    ただ朝鮮半島においてはその結末が書き換えられたのだ、と。
    朝鮮半島の寓話、シャーマニズムには、常に宗主国家が干渉していて、
    朝鮮人が永遠に奴隷のままでいるような、必ず不幸になるような
    誘導が仕込まれていると感じるのですよ。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:16

    まあ天皇なんてシャーマンの親玉なわけで
    おせち料理で数の子(子孫繁栄)とか田作り(五穀豊穣)とか黒豆(マメで元気)とかやってる日本人も、ほどほど濃いのはたしか
  • Maxkind 2020年07月15日 20:27

    鉄の杭は直接やり合いましたわ。あそこ(エンコリ軍事板)では「日本人は敵だから、日本人の言うことは絶対に嘘」という前提があったから、何を言っても通じませんでしたけど。

    自分は声闘という裁定システムに至る前段階に、言霊を信じるシャーマニズム的なものが有るという仮説を立てています。むこうのネットでは否定的意見に対して「失敗を望んでいるのか?」という定型文で封殺する例が散見されるけど、不特定多数の人間が同じ行動をする以上はそこに至った根源が何かあると思う。
    まあ日本や西洋含めてどこの文化でもシャーマニズム自体は普通に有ることだとは思いますが。泣き女だって日本にもあったし。国家神道に統制される明治維新以前の神道も、イタコやら祈祷やら神降ろしやらの民間信仰の集合体だったし。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:27

    どの占いでも主敵は日本と出ているから、韓国の占いが正しいことは確かニダ
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:30

    日本のイカレた新興宗教団体なんざ、教祖や幹部は朝鮮人ばかり
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:35

    19世紀まで事実上、古代だったんじゃない?
    日本統治で突如近代化しても、メンタリティは変えにくい。
    どの国にもオカルト的な物を信じる人はいるし、普通の人の心の一部にも残ってる部分はあるけど、社会のど真ん中では主張し難いよね。

    米30
    天皇はシャーマンじゃなくて、祭祀の主催者ね。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:37

    >29
    「ネギを植えた人」すごいお話ですね、知りませんでした。
    技術を教えた人、お金を出した人、イチゴを盗まれた人でもいいように思いますね。
    確かに、人が消去されていますね。
    その人が、その人を見ない者に、むさぼり食べられてしまう。
    戒めになっていないのでしょうね。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:42

    日本でも先進国・途上国問わず海外でも政治家や実業家が占いを信じ、特定占い師を信望する例はあるけど、スピリチュアルがソースの密告を真に受けて逮捕までするってのは、あまり聞いた事ない
    よくある「超能力探偵が警察に協力して~」ってきちんと検証すると警察は「ハイハイ、ワロスワロス」って対応がほとんどだったらしいし
  • 儒仏道 2020年07月15日 20:44

    これこれ、こういう宗教事情というか、朝鮮半島的な思考パターンを知りたいんですよ。

    本来宗教とは「神話を例えに用いる哲学」といわれます。
    つまり「この世界はどうなっているのか」「世界はどういう理由で動き、いかなる理由でこの結果が導き出され、将来どのように推移するのか」を考えるのが宗教・哲学です。
    西欧ではキリスト教の思想(主宰神)により、
    中国では道教(自然 ※「自然」とは必然(Itself)であり、自然(Nature)ではない。いかなる存在や発想も、必然の法則により成り立つ)の思想により、
    日本では神道(アニミズム的精霊神)の思想により、
    それぞれ世界観ができているし、発想や政治パターン、常識や倫理もそこに内包される。

    だから、どれだけ外来の思想が入ってこようとも、もともとその地にあった思想パターン、宗教形態を変えることはできない。外来宗教に改宗しても、実は発想のベースには古来からの宗教観が残っている。

    中国は西方インドの仏教や北方騎馬民族の思想、ソ連の社会主義が流入しましたが、
    結局は「いかなるモノも存在しうる」必然(Itself)の思想、タオイズムによって理解し、道教流に改変して、取り込みました(だからソ連に敵対したり、平気で資本主義政策も取り込めたし、何かにつけてタフでしぶとい)。
    日本も仏教を神道のなかに混ぜ込み、キリスト教の神を八百万の一柱として理解し(だからクリスマスを普通の祭りと同じように祝う)、現代になっても天皇への尊崇を常識レベルで持っている。
    宗教の洗脳やスリ込みではなく、根本の発想パターンが宗教なわけです。

    と見ると、欧米にも日本にも中国にも、それぞれの思想パターンや発想があり、各々で力強く生きているように見えます。

    ……ただ韓国・北朝鮮を見ると、確かに民族固有のパターンは見られるものの、どうも単純というか、哲学的な深みがなく、発想や言動が短絡に感じられるのです。

    日本の神道も本来は素朴な精霊信仰=シャーマニズムに由来するはずなのですが、仏教(あまり神話を用いない、完全な哲学)と習合したからでしょうか、韓国のシャーマニズムとはずいぶん違うようです。
    韓国のシャーマニズムは単純で原始的ということなのでしょうか。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:55

    朝鮮のニュースの音声とか気持ち悪すぎる。あんな声でシャーマニズムやってたら頭おかしくなるだろう。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:57

    ※3
    日本は50年前どころか100年前でも夢のお告げや迷信で警察が捜査なんかしたことはないぞ
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 20:57

    K国人は洗脳扇動されやすいからですかね?

    占いなんて利用するもので、囚われるものでは無いと思いますけど、洗脳されやすい人は簡単に囚われてかぶれてしまうそうです。なんていうか…心理的に不自由だなと。

    どうでもいいんですけど・・・おせち料理、お年玉は縁起物だじょ(^^)
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 21:00

    むしろ日本ほど残りまくってるけどねw
    歴史や文化が浅いとこういうとこにも詐欺師が入り込みやすいんだろうね
  • 名無しの兵衛 2020年07月15日 21:01

    >>36
    >よくある「超能力探偵が警察に協力して~」って
    >きちんと検証すると警察は「ハイハイ、ワロスワロス」って対応

    マルセイ案件なんだけど
    知人(not警察関係者)から聞いた話で

    とあるミニ宗教団体の教祖的な立ち位置の人物が
    信者トラブルを起こした際、
    警察に私は霊能力者ですと名乗ったとかで
    その筋の周辺から笑われた話を聞いたことがあるw
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 21:02

    シャーマニズム的な考え方は普遍的にあるものでしょうし、特に日本はそれが濃い国だと思うのです。しかしその中身が、韓国は他の国と大きく違う。特にそう思うのが、死後の世界に関するものです。来世のために祈ったり、死者を慰めるために祈るという概念がほとんど見えてこない。とことん現世利益をむさぼる方向に祈ってるんですよねえ。だから死体は単なる道具として利用するし(死者に祟られるとは考えない)、成功者が悲惨な立場に立たされると明らかになるとさっさと死んで逃げ切りを図る(死後に罰が与えられるとは考えない)。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 21:09

    この世の楽園があるなら、この世の地獄もあるニダ
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 21:12

    宜保さんが嫌がった理由かしら
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 21:21

    アメリカで開催されたワールドベースボールクラシック(WBC)2009年、
    憶えている人も多いと思うけど
    WBCの最初の試合から、イチローは不振で、なかなかヒットが出なかった。
    なぜなら、もう、WBC開催前から韓国では猛烈にイチローを呪っていたらしいから。

    そして決勝戦は韓国対日本、クライマックスでイチローは呪いを跳ね返し見事にセンター手前にヒットを放ち、日本は優勝。

    イチローにしては珍しく、WBC後で胃腸炎で1週間ほど戦線離脱したのは、呪いの余波だったかもしれない。

    信じるか信じないかは自由
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 21:27

    日本の神道もアニミズムに基づいた、宗教としては原始的な形を残したものらしいけど、それとはまた違うんだろうね
    沖縄のユタが結構前近代的だなって思ったけど、それより酷い感じなんだろうか…シャーマンの方に良心があるかないかで大分与える影響も違うしな
  • サムライスピリッツ 2020年07月15日 21:43

    儒教にキリスト教とコロナで話題になったウリナラ教も笑わせてもらいましたね(笑)人を攻撃する人間は不安を抱えるのですよ反撃に恨みを買うからですがビックマウスの朝鮮人も同じで逃げ道で宗教に頼る人が多いのでしょう、昔上司で口では負けないと言ってた勘違い野郎も思いましたわ(笑)さて失業率も過去最高を記録した韓国社会はもっとよどんでいくのでしょうね。
  • 名無しの兵衛 2020年07月15日 21:51

    そういや韓国のシャーマンの記事で
    なんだこりゃ?って思ったのは
    河川そばの地域を勝手に占有してた話だったかなあ

    なんでも河川の流域に
    占い師のよくあつまる流域があるとかで
    中には保護流域に陣取ってるのもいるとか

    まあ、そんなんで法律関係ないとか
    流石韓国とは思ったけどw
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 21:54

    みなQさんとこの情報だけど、韓国では今でも呪術師、シャーマンが繁盛してて、その隠れた仕事は堕胎の仲介だってのは韓国らしいなと思った。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 22:02

    >>37
    「日本は自然災害が多い」というのがキーになっているのかな、とは思います。

    日本人は信心深いです。建物を建てる時の地鎮祭とかマメにやります。
    でも、神様が守ってくれるとはあまり信じていない。そりゃそうですよね。
    どんなに信心深い人でも、地震や台風が来たら信心深くない人と同じように
    殺される。神様を敬わなければバチが当たるけど、敬ったところで
    それに見合う報酬を神様が与えてくれるわけじゃない。その辺すごく
    醒めている。毎年のように襲いくる自然災害に対して、神も仏も無力です。
    災害から復旧するのに必要なのは人間同士の互助であり、それを効率的に
    運用できる政治機構です。特に江戸時代以降は幕府が災害復旧に積極的に関与するようになり、
    (もちろん、現代の目から見れば幕府に至らない点は多々ありますよ)
    幕府の管理下に置かれた寺社が出る幕はほぼなくなります。

    信心深いけど神仏を信じきってはいないというのは、日本人の美点かなぁと
    思います。
  • 名無しの兵衛 2020年07月15日 22:06

    >>49
    ちなみに数十年前の中央日報の記事でも
    彼らの不法占拠ぶりがのってたり
    https://news.joins.com/article/1505090
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 22:14

    韓国にはきっと無いんでしょうね・・・
    日本のことわざ「人を呪わば穴二つ」
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 22:37

    >37
    韓国におけるシャーマニズムは普遍的な人類の信仰の発生形態という視点で捉えるべきものではなく、ずばり陰陽道なのではないかと。陰陽も中原の易・道教の流れからきて、それは人類の初期信仰形態の特徴を表すからといわれればそれまでだが、もう少しスタートラインを絞るべきかと。そういえば国旗がモロでしたね。

    日本だと陰陽道は神道と習合したものとして古代社会に置いて宮廷における霊的防御を担うが、菅原道真の例のように、自らの所業による復讐を恐れる宮廷内の権力争いの不健全な精神性を内包した中で発展していく。仏教においても密教系が権力と結びついて勢力を誇った理由も此処にあり、平安期以降は宮廷周辺から全国に広がっていく。
    問題はこの先の展開で、その地域の民族性や社会構造の発展によって違ってくるのではないかと思う。

    朝鮮社会が未だ封建制社会を経験していないことから考えると、そもそも日本で言うところの平安期に相当する精神性なのではないのかと疑われる。そうすると、より宮廷争いの武器としての色合いを強く持っているはず。つまりより現世利益を求める性質を持っている。日本だとゲン担ぎ程度の認識のものが真剣に行われるだろう。
    逆に封建制社会になれば、呪詛のようなネガティブな目的よりも、降雨祈祷や豊作祈願など社会の円滑な維持を目的としたものがより重視されるだろう。

    いずれにしてもウリストも韓国シャーマンもその本質は現世利益と霊的な攻撃防御を求める陰陽や密教の呪術であり、それは奴隷制社会における精神性を持って行われているだろうということが考察のポイントであろうと思う。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 22:39

    シャーマニズムが生きている割には死者に対する畏れがない

    親日派であれば墓を発いても平気という
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 22:55

    下のエントリにある墓暴きも呪術的な意味があるんでしょうね
    死者の霊気を断つとか
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 22:55

    >インターネットの四柱八字

    知らなかったので検索してみた。検事が被疑者にこれを基準に「弁護士が合わない」といって弁護士を変えさせるって一体どういう検事??朝鮮語やハングルってやっぱりキーチガイを作る言語なんじゃないの?キリスト教だって朝鮮では奇天烈ウリスト教に変身してしまっている。
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 23:17

    実は韓国のはシャーマニズムじゃなく
    ただ我を通す我儘なんだよなぁ

    思い通りにならないと気がタヒぬ恨が晴れないニダ!ってヤツよ
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 23:34

    昔、NAVER翻訳掲示板に出入りしてた頃に強く感じた韓国のシャーマニズム。何か科学的根拠在るわけもなく「日本は、滅びる!」と冷静な議論などほぼ皆無。無論日本にもシャーマニズムは存在するけど韓国人の中に在る神様と日本人の中に在る神様は、違うと感じました。日本人の中にある神様は、少し力を借りて少しでも前へ!って感じかな?韓国人の神様は、なにか巨大な力をもって神罰をあたえる。的かな?そこに儒教の上下関係もかけ合わさった感がありましたなー
  • Nanashi has No Name 2020年07月15日 23:35

    シャーマニズム的なものは人間個人個人に備わっている、原始的な部分の素朴な現れなんじゃないでしょうか。現代であっても、消えない事はそんなにおかしくないのでは。
    ただ、古代から脈々と受け継がれてきた文化としての呪術の残渣が未だに影響を与えているのか、
    いったん、ほぼ消え失せ、直接的な伝統は断裂しているのに、懐古趣味や神秘思想への憧れで、再流行のような形(ニューエイジとか言われた世界)で今もあるだけなのか、
    意味合いは違いますね。
    前者はまさしく韓国なのではないかなぁ。
    もちろん、宗教等に合流して現代に生き残っている部分は、世界中に存在していますけど
    韓国の場合、逆に伝統宗教は壊滅してるからなぁ・・・

    既に文明人としての自負を持っていた古代中国人が、忌み嫌った「怪しげで人心を惑わすだけの非文明的なまじない」ってやつが、いまも朝鮮半島では保存されてるのではないでしょうか?
    貴重な古人類学的な遺産と考えればいいかもしれませんよね(笑
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 00:03

    自分が見たい物しか見ようとしない朝鮮人だもの
    さぞやオカルトと相性が良かろうな
  • 自衛官 2020年07月16日 00:34

    >アメリカ等でも占星術師が大統領についていたりする

    フランクリン・D・ルーズベルトですね…
    その占星術師もアカに買収されていて、対日戦争に誘導されたとか…
    (ルーズベルトの閣僚は、アカだらけです)
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 01:00

    ※50
    そんな話もありましたね
    その話の流れで、確か売春婦が稼げなくなって呪術師である巫堂(ムーダン)になるとの情報も載ってたと記憶してる
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 02:07

     霊能者やら祈祷師の話は、韓国のスリラーやホラー系の映画を見てると普通に出てきますね。
     「哭声 コクソン」なんかはモロにそういう話だし、「殺人の追憶」でも台詞の中に、
    「警察が内緒で占い師に相談した」
     みたいなのがあったはず。

     朝鮮半島とシャーマニズムが親和性が高いのは、古来からあそこが、上下関係を絶対視する歪んだ儒教社会だったのも一因かと思います。
     下は表面的には忠誠をささげながら、裏でシャーマンを使って上を呪う。
     上は上で、呪われてる自覚があるからシャーマンを防御に使う。
     加えて、
    「私、霊能があります」
     なんて、取り柄がない人間が無根拠に他者にマウンティングする典型的なやり方じゃないですか。学生生活でもクラスに一人ぐらいは大抵いましたよね。
     息苦しいウリとナラの文化に、呪い呪われのシャーマニズムというのは相性がいいのでしょう。
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 02:17

    朝鮮民族は、ある時点で自分等の社会が地獄で救いがない、と無意識に認識してしまったのでは?
    助からない、けど助かりたい。だから何かにすがり付こうとする。
    でも、すがりつくこと≒引きずり下ろす≒呪うこと…
    何かにすがり続けて、続ければ続けるほど、より地獄を呼び寄せる。

    民族の哲学たる宗教は、斯く有りたいの希望でもある。しかし、彼らは希望を棄ててしまっていたら…と考えれば、シャーマニズムで止まっても然るべきと、個人的には感じますね。

    駄文失礼
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 03:04

    シャーマニズムやアニミズムは人間の脳に残存してる合理的バグみたいなもんちゃうかな。
    幸不幸はカオス理論的な衝突やし、天才的科学者ですらどこかしら神頼みみたいな思考するし。
    まそういう話ちゃうのは分かってる上で何となく四方山話。
    フッ( -ω-)y─━ =3
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 04:16

    シャーマニズムなるものがあっても構わないが、
    あきらかに近現代の法治主義・実証主義とは相要れない
    朝鮮のテキトーさの象徴のようなもの
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 04:39

    そう言えば宜保愛子さんが韓国は穢れたおぞましい地だと言ってましたね。宜保さんもシャーマンぽいですが
  • WindKnight.jp 2020年07月16日 06:14

    "嘘も百回言えば真実となる"を実践している人たちなので、
    呪術とは相性が良いのだと思います。
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 07:55

    呪術的なモノは日本でも気にしますけどね、風水然り、建物の起工式だって神主呼んで祈祷しますし
    韓国における問題点はそういった事が過度に事実として扱われる事だと思いますね(事例として上がっている内容もそこがキーポイントですし)
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 10:01

    日本モー、ていう人が多いですけど、私的にされる分にはどうでもいいんです。かの国の問題は公的機関が動いたり、税金を使ったりするのが問題なんです。日本だったら、すぐに訴訟になりますよ。
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 11:41

    皆さんのご意見、大変興味深く拝見しました。
    特に、※37さんの問題提起「……ただ韓国・北朝鮮を見ると、確かに民族固有のパターンは見られるものの、どうも単純というか、哲学的な深みがなく、発想や言動が短絡に感じられるのです」は、皆さん一様に抱いている疑問ですね。

    ※43、51、54さんはじめいろいろなお考えを出されていますが、それに下記もあるのではないかと思い、書き加えさせていただきます。
    *日本古来といわれる神道の中にも道教(taoism、神仙思想のことではない)を内包している。
    *七世紀初期の仏教導入時、仏教に求められたのは死者の冥福・追善で、それによる生者の慰め・救済(当時、疫病が流行していた)
    *828年の太政官符を見ると、時の朝廷は文殊会による貧者・病者救済(食物・衣類等の布施)を発布している。また、1240年以降になると忍性・叡西ら文殊信仰による貧者救済が恒例化していく。つまり、仏教は弱者(疫病・自然災害・不具者等)救済の行為と救済活動を可能にした富者の寄付(善行)などによって、庶民の間に普及していった側面もある。

    ひるがえって仏教弾圧のあった朝鮮半島を見ると、時の権力者や宗教家の貧者救済の話がどれほどあったのかよくわからない。言い換えると、そのような救済がなくても生き延びらえた朝鮮半島(日本列島ほどに厳しい住環境ではなかった)だったといえるのかもしれない。故に、プリミティブのまま現在に至るともいえる……??
  • Nanashi has No Name 2020年07月16日 20:47

    オカルトに支配された国ってのは前から感じてた。
  • 埒外 2020年07月17日 10:09

    個人で、もしくは個人間で楽しむなら兎も角、
    公的なものにしようとするのが朝鮮人。
    だって自分に都合が良いんだもん。
    死人が好きなのも同様で、何しても口答えしない存在が大好きなんだよ。
  • Nanashi has No Name 2020年07月17日 11:34

    シャーマンでなく、ただの精神病だろう。
    そこらへん見誤るなよ、ま、文明開化が海外任せだから無理だろうけど。
    例えば、病魔の説明調べずに言ってみてくれる?コロナだしいい機会でしょ。で、それさ、中世の捉え方とどんだけ違う?結局目に見えない悪魔が体に入り込んで悪さするのと大差ないっしょ?ちなみに、それが悪いって言ってるんじゃないぞ。
  • Nanashi has No Name 2020年07月17日 21:48

    >72
    あくまで私見ですが、呉善花氏の著作を読んで気づいたこととして、儒教は誰もが恐れる「死」の恐怖への救済(その実ただの言い訳ですが)をやっていないフシがあります。それが中韓朝人の異常なまでの死への恐怖、それに伴い、故人の遺志を継ごうとしないが故の各種思想の連続性の欠如につながっているのではないかと考えています。
    ヒンドゥー、仏教では輪廻転生、ユダヤキリストイスラムの一神教では神の国への復活、神道では魂は死後八百万の神のもとに帰る、など論法は全然違うものの、一貫して「死は全ての終わりではない」と説き、死への恐怖を緩和しようとしています。
    然るに儒教は、死生観についてあまり語っていないようです。中韓朝人は死者の魂は穢れにまみれながらこの世を永遠に彷徨うと考えているようで、不老不死を願ったり、先祖のためにやたらと立派な堂を立てたりするのはそれを何とかするためだとか…。