相互RSS募集中です

カテゴリ:サッカーの記事一覧

Jリーグ入りも噂されていたキ・ソンヨン、本命はスペイン2部? アメリカ?

ソン・フンミン腕骨折のニュースに日本ネチズンら「因果応報」嘲笑(国民日報・朝鮮語)
キ・ソンヨン、スペイン・美・カタールリーグ進出「天秤にかける」(文化日報・朝鮮語)
トッテナムエースソン・フンミン(28)の損傷についての日本のネチズンたちの反応が尋常でない。

ソン・フンミンは16日、アストン・ヴィラを3対2で勝ったイングランド・プレミアリーグのアウェーゲームでチームトップストライカーとして先発出場した。しかし、試合開始1分も経たないうち相手DFのエズリーコンサートと空気中に庭だけ強くぶつかった後、地面に落ちて右手を負傷した。

18日(韓国時間)、トッテナムは球団ホームページを通じて「ソン・フンミンはアストンヴィラ戦で右腕を痛め、痛みを訴えた。右腕骨折を受けたソン・フンミンは今週手術台に上がる」とし「手術が終わったら医師の診断に基づいて、数週間のリハビリに専念する」と発表した。 (中略)

一方、日本ネチズンの雰囲気は全く違う。ソン・フンミンの負傷ニュースに「後ろからタックルして、相手の足を半分に折って泣いた人ですね?」「今回の骨折は良い薬である」「私はネット右翼でもなく、韓国人やらは関係ありませんが因果応報、今後悪行しないこと」などのコメントが書き込まれた。
(引用ここまで)

キ・ソンヨン(31・写真)が、スペイン、アメリカ、カタールリーグ進出を天秤にかけている。

18日キ・ソンヨンの知人によると、キ・ソンヨンは、スペインとアメリカ、カタールリーグの複数球団と交渉を進めている。この関係者は「今月中にキ・ソンヨンの次期行き先が決まると予想られる」と耳打ちした。キ・ソンヨンは去る1日、イングランドニューカッスル・ユナイテッドとの契約を解約した、ドイツとポルトガルリーグ進出を打診した。しかし、選手登録期限が過ぎた。奇誠庸はまたFCソウル、全北現代と国内復帰を交渉したが、失敗に終わった。

キ・ソンヨンの加入を狙うスペインの球団は、SDウエスカであることが分かった。
(引用ここまで)


 韓国サッカーの話題をふたつ。
 と、その前にACLにJリーグから横浜FM、FC東京、神戸が出場していて、それぞれ全北現代、蔚山、水原三星とアウェイ3連戦。2勝1分で切り抜けました。
 まだ第2節ですが、楽韓Web的にはACLが終わった気分。少なくとも一山越えたといったところ。
 韓国側のチャージによる怪我もなかったようで、まずは一安心。

 さて、まず1本目の話題。
 ソン・フンミンが開始1分に交錯。フル出場し、この試合ではPKも含めて2ゴールしたのですが、試合後に骨折が判明。数週間は出場できないとのこと。
 さすがに「ざまあ」とは思いませんが、因果応報という言葉は脳裏に浮かびますね。
 アンドレ・ゴメスが骨折したのはソン・フンミンのタックルが直接の原因ではありません。タックルでバランスを崩して芝生に足を取られて足首骨折。
 試合中にレッドカードが出されて退場はしましたが、直接的な原因ではなかったということでその後の出場停止処分はなし。
 とはいえ、そもそもあそこで後ろから行かなければ骨折はなかったわけで。

 まあ……どんなにひいき目に見ても「因果応報」という言葉が出てくるのは当然かなぁ。
 去年年末のしょうもない報復行為でのレッドカードも含めて。
 っていうか、韓国メディアはYahoo!ニュースのコメント取り上げすぎだよな。
 このニュースがNAVERスポーツの閲覧1位になってたっておかしいだろ……。

 で、2本目。
 プレミアリーグから契約解消されて、Kリーグ復帰に失敗したキ・ソンヨンですが、一時期MLS入りともされていたのですが、今度はスペイン2部入りが噂されています。
 さすがにJリーグ入りはない、ということですね。というか、みんなMonKi嫌いすぎて笑った。いや、うちも本当に嫌いですけどね。
 噂されているのは岡崎のいるウエスカ。
 全日程の2/3まで消化したラ・リーガの2部でウエスカは現在のところ4位。自動昇格となる2位まで勝ち点2差。
 できれば戦力がほしいというのは本音ですかねー。
 2部は移籍市場締められてもFA選手ならよいんでしょうかね? そういえば今シーズン当初の岡崎がそんな感じでした。
 とりあえずJリーグにこないのであればまあまあOKでしょう。

キ・ソンヨン、Jリーグ入りもありうる? いやいやいや、それだけは無理。絶対にやめとけって!

カテゴリ:サッカー コメント:(146)
「劇的にレベルが上がる日本へ…」韓国代表MFキ・ソンヨンがJリーグ電撃参戦!? 英メディアが動向をリポート(サッカーダイジェストWeb)
 長らくイングランドを舞台に活躍してきた韓国代表の司令塔が、日本行きを視野に入れているようだ。

 先月31日にニューカッスル・ユナイテッドを退団した韓国代表MFのキ・ソンヨンが、新天地としてJリーグに参戦する可能性が浮上した。英サッカー専門メディア『The Boot Room』や豪メディア『The World Game』などの複数メディアが報じている。
(引用ここまで)


 キ・ソンヨンがJリーグ入りも、とイギリス、オーストラリアのメディアが報道。
 いやいやいや。

 ……。
 いやいやいや。

 純粋にプレイヤーとして見たときに、はまるクラブもあるとは思いますよ。
 真ん中目のミッドフィルダーが駒として足りないところであれば機能するかもしれません。
 でも、キ・ソンヨンだよ?
 あのキ・ソンヨンですよ?
 猿セレモニーの一件だけじゃなく、SNSの別アカ作ってパク・チソンや当時の代表監督に暴言を吐いてたヤツですからね。
 どう見ても人間としてダメ。

 プレイヤーとはいえ人間ですから。
 こんなのを入れてなおかつそれなりの高給を払うことになれば、チームの和も崩れるでしょうよ。
 サポーターだって猿セレモニーの件は覚えているでしょう。
 アン・ジョンファンの時にも反対運動じみたものが立ち上がりましたが、こいつはダメ。無理。
 韓国人としても別格というか。こいつだけは無理でしょ。

 一応、BOOTROOMというサイトにはちらとこれからの動向はどうなるのかということで記事が掲載されています。

Robbie Fowler comments on potential move to sign player released by Newcastle(BOOTROOM・英語)

 ただし、オプションのひとつとして挙げられているていど。
 本命はアメリカのMLSか中国のスーパーリーグが挙げられていて、そこに中東や日本もありえる……というていどの扱いですが。

 いやぁ、どっちにしたってご勘弁。
 これを雇うくらいならサポやめるっていう人もいると思うけどなぁ。

日韓戦で猿まねをしたキ・ソンヨン、プレミアリーグから契約解消→Kリーグとも契約できず→「私を馬鹿にするな」とSNSでコメント

<サッカー>「馬鹿にするな」…Kリーグ復帰不発の奇誠庸が残した文(中央日報)
「Kリーグ復帰」が実現しなかった奇誠庸(キ・ソンヨン、31、元ニューカッスル)が自分のSNSに意味深長なコメントを載せた。

奇誠庸はKリーグ復帰不発が報道された11日午後、自分のSNSに英語で「嘘で私を傷つければ、私はあなたを傷つけるかもしれない。私を馬鹿にするな」とコメントした。相手が誰であるかは示さなかったが、国内復帰不発に不満を表したとみられる。

この日、奇誠庸のマネジメント会社C2グローバルは「奇誠庸が前日、FCソウル、全北現代との交渉終了を通知した」と明らかにした。C2グローバルは「善意で打診した国内復帰が両球団をはじめKリーグ全体に混乱をもたらしかねない事態に拡大した」とし「奇誠庸が今年Kリーグに復帰することは非常に特別な変数が生じない限りないだろう」と伝えた。

奇誠庸は先月31日、ニューカッスル(イングランド)と相互合意の下で決別し、自由契約選手(FA)になった。これを受け、国外リーグの複数の球団と交渉している。こうした中、2020シーズンKリーグ1の開幕を控え、国内復帰が推進された。国内復帰を考慮した奇誠庸は古巣のFCソウルとそれより高い年俸を提示した全北と交渉を進めた。しかしFCソウル側が奇誠庸の国内他球団への移籍を認めず、奇誠庸の2009年のセルティック(スコットランド)移籍当時にFCソウルが「国内に復帰する場合は優先交渉をする」という条件を付けた事実が確認されたのだ。特に高い違約金が全北との交渉に障害となった。奇誠庸はFCソウルはもちろん全北と交渉を続けたが結論は出ず、結局、国内復帰をあきらめた。
(引用ここまで)


 Cheeky MonKIことキ・ソンヨンがニューカッスルとの契約を破棄してKリーグに復帰しようとしたところ、全北が興味を持ってくれたとのことですが。
 元所属クラブのFCソウルが優先権を持っていて、かつそれを破棄するには200万ユーロを支払わなければならないということが判明して不発。
 で、「私を馬鹿にするな」とコメント。
 日韓戦でやった猿の真似の例を挙げるまでもなく、このキ・ソンヨンというアレは人間としてちょっとアレ。
 かといってプレイヤーとして卓越した存在かというと……微妙。

 昨シーズンにニューカッスルに移籍してからはいまひとつ出番がなく……というか基本的に38試合やるプレミアリーグに8年間所属してリーグに30試合以上出場したのが1シーズンのみ。
 20試合台後半は最初の5年はそこそこあったのですが。
 これが上位クラブであればチャンピオンズリーグとかヨーロッパリーグに出場することからターンオーバーも必要になるでしょうが、リーグとローカルカップだけのニューカッスルじゃそれも必要なし。
 選手として大成功とはいえないものの、スウォンジーという中堅以下のクラブでそれなりには出場を重ねてきたともいえるかなぁ。微妙なところ。
 ステップアップできなかったと見るか、あえて中堅以下のクラブに所属し続けたというか。

 まあ、ニューカッスルが「おまえとの契約もういいや」っつーて移籍金すら求めずに半年残っている契約を破棄してくれた時点で、そういうことなのでしょうね。
 なんでもメジャーリーグサッカー所属のクラブと契約したらしい、という話も出てますが。まあ、それほど興味はないです(笑)。

去年9月の韓国でのクリロナ不出場で韓国警察がイタリア警察に捜査協力要請 → イタリア「(なんで協力できると思うんだかな)正式なルートで申請してください」

「ロナウド ノーショー」捜査長期化……イタリアの警察庁「刑事司法共助要請してほしい」(朝鮮日報・朝鮮語)
世界トップのサッカー選手クリスティアーノ・ロナウドの「ノーショー」論議を捜査中の警察がインターポール(国際刑事警察機構)を介してイタリア警察庁に捜査協力を要請したが、実質的に拒否されたことが確認された。

9日、ソウル水西警察署によると韓国警察庁はインターポールを通じて捜査関連書類を提供要求をイタリア警察庁に送ったが「国際刑事司法共助要請の手続きに従う」という回答を受けた。インターポールを通じた捜査協力は難しいから、司法共助条約に基づいて正式に刑事事件の協力要請手続きを踏んでほしいというのだ。

国際刑事司法共助は国際法に基づいて、韓国と司法共助条約を結んだ国を相手に刑事事件の協力を要請することを意味する。それぞれの国の司法当局を通じて協力が行われて手続きが複雑で、警察ネットワークを活用するインターポールより捜査の速度が低下するしかない。

これにより、ロナウドが所属しているイタリアのプロサッカー球団ユベントスの国内イベントを企画したザ・フェスタなどへの警察の捜査が長期化するとみられる。事件を引き受けた水西警察署は、昨年9月からロビン・チャン ザ・フェスタ代表とザ・フェスタのスタッフなどを数回呼んで調査をしてきたが、まだ事件を仕上げていない。

水西警察署の関係者は「イタリア警察庁が要求した国際刑事司法共助手続は、協力拒否ではなく、権限外のことだとして正式の手続きを踏むという意味」と「イタリア警察庁の要請に応じて法務部と外交部を通じて、イタリア警察庁に国際刑事司法共助を要請する予定だ」とした。
(引用ここまで)


 去年9月のユベントスが訪韓の際に、Kリーグオールスターとの試合にクリスティアーノ・ロナウドが最低でも45分以上は出場する契約を結んだにも関わらず、出場しなかった……ということで話題になりました。

韓国人が「ロナウドが出場しなかった!」「韓国を舐めている!」と大騒ぎ……ユーベのスケジュール見たら、まともに出場しないことくらい分かりそうなもんだけど……
クリロナ韓国戦欠場でユヴェントス会長「空港の入国審査で2時間、ホテルからスタジアムまで2時間。こんな経験ははじめてだ」と激オコ→韓国プロサッカー協会「誠意がない。謝罪しろ。賠償しろ」
韓国での「ロナウド不出場」がさらに延焼中。ユヴェントスのサッリ監督「ロナウドが見たいならイタリアに来ればいい」とコメントして炎上、さらに通訳のイタリア人タレントがそれを通訳せずに炎上……どこまで行くの、これ
韓国滞在わずか12時間で大金を握ったユヴェントス、ロナウド不出場の違約金は大したことなかった模様。
クリロナ欠場で韓国側主催者に「詐欺容疑」で捜索の手が入る……一方、イタリアでは欠場に誰も興味を持っていない模様。ニュースが出ても「2002年を忘れない」とコメントされる始末……

 中国のテストマッチではフル出場しておいて、韓国では出場せずといった状況が韓国人の自尊心をいたく傷つけたようですね。
 でも、中国の2日後に試合を設定したのは韓国側なのですけどね。
 34歳のアスリートにシーズン前に中1日で出場を期待するなよって話ですが。

 で、それに対して韓国国内では試合を主催したザ・フェスタという企業に対して捜査の手が入ったそうですよ。
 上のエントリ一覧の最後にあるように「詐欺容疑」で。
 なんでも「被害者」であるチケット購入者から告訴があったとのことで。
 まあ、クリスティアーノ・ロナウドを見たいがために最高額で40万ウォンのチケットを買わされたとなったらそうなるのも無理はないかなという気はしますが。

 その「詐欺容疑での告発」をユーベにも適用しようとして、韓国の警察からイタリアの警察に捜査協力を要請したとのことですが。
 あえなく拒絶。
 まあ、相手だって普段の仕事もあるでしょうからね。こんな韓国の冗談みたいな話につきあっちゃらんないでしょうよ。
 むしろ返信があったこと自体が奇跡みたいなもんで。

 どう考えたってユーベに適用ってのがそもそも無理筋。
 韓国国内で完結させておけよ。

ソン・フンミン、相手DFに報復行為。一発レッドで退場。3試合の出場停止へ → 「またかよ!」「1年で3枚のレッドとかおかしいわ」と非難囂々

「何度やったら気が済む!?」「また泣いてる…」韓国代表FWソン・フンミンの“VAR退場劇”にチェルシー・ファンは憤慨(サッカーダイジェストWeb)
 またしても、トッテナム・ホットスパーの韓国代表FWソン・フンミンを巡るハプニングが物議を醸している。

 現地時間12月22日に行なわれたプレミアリーグ第18節で、ホームにチェルシーを迎えたスパーズ(トッテナムの愛称)は、0-2の完封負けを喫した。

 チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、現役時代の“恩師”ジョゼ・モウリーニョ監督が指揮を執るトッテナムと対峙した注目ゲームだ。敵地で痛快な勝利を飾ったその結末以上に話題となっているのが、ソン・フンミンの犯した蛮行である。

 トッテナムが2点のビハインドを追う60分だった。敵陣で相手CBアントニオ・リュディガーともつれ、ピッチへ倒れ込んだソン・フンミン。するとなんと、ドイツ代表CBの脇腹付近を蹴りつけたのである。

 このプレーがVARチェックの末、故意にリュディガーをキックしたと判断され、韓国代表エースは一発退場。この数的不利によってトッテナムが窮地に追い込まれたのは言うまでもない。
(引用ここまで)

 前季となる5月のボーンマス戦でも、プレーが止まった状態から相手DFを背中から押して転倒させてレッドカード。3試合の出場停止。前季の最終節と今季の第1、2節の3戦出場停止処分となっていました。
 11月3日のエバートン戦では背後からMFのかかとにスライディングして骨折させてレッドカード(その後、レッドカードは取消)。
 そして今回は転倒したついでに相手に報復行為でレッドカード。
 わずか8試合で2枚。1年のうちに3枚のレッドカードを集めるレッドカードコレクターと化しました。

 モウリーニョは「相手は確実に骨折してるだろう(相手DFがオーバーアクションだったという皮肉)」なんてコメントしていますが、報復行為はどんなものであろうとも一発レッドが相場です。
 そうしないと報復の応酬になって審判が試合をコントロールできなくなるから。
 ソン・フンミンももう27歳。キャリア後半なのは間違いないのに、いまだに感情をコントロールすることができずにクラブに損害を与える。
 ソンに対してあたりがきつくなっているのは間違いないのですよ。それだけストライカーとして認められている、ということでもあるのでしょう。
 ただ、これでさらに3戦の出場停止は確実。プレミアリーグは20のクラブがホーム&アウェイで戦う全38戦。そのうち少なくとも5試合を無分別なプレーで失うことになる。
 しかもまだ前半。

 ちょっと挑発すれば激昂して手(足)を出してくることが分かってしまったわけで。
 これからはそういうちょっかいのかけられかたをするのだろうなぁ……。

リバプールFC「南野選手の移籍のお知らせに旭日旗を使いました。サーセン」 → 韓国メディア「謝罪文が韓国以外からは見えないぞ!」とまた発火

韓国紙がリヴァプールの旭日旗使用を指摘…クラブは謝罪文掲載も、公開は韓国限定で激怒(GOAL.com)
リヴァプールは21日、公式ホームページに載せた映像のサムネイルに旭日旗を使っていたとして、公式フェイスブックに英語と韓国語で謝罪文を掲載した。韓国メディアが一斉に報じている。 (中略)

これを受けてクラブは21日にフェイスブックで謝罪文を掲載。「私たちリヴァプールFCは、多くの方々が不快であると感じる画像をオンラインチャンネルにアップしました。問題を発見したため、すぐにそのイメージを下げる措置をとった。私たちがあげた画像のために不快な思いをされたすべての方々に心から謝罪します」と綴った。

しかし、韓国『news1』はこのフェイスブックの謝罪文は「韓国のIPアドレスで接続する場合でのみ確認できる。これは韓国ファンの怒りを増幅させるやり方だ」と、リヴァプールの対応方法に不満を投げかけている。
(引用ここまで)


 リバプールFCが南野拓実を獲得しまして。
 韓国からはもうそれだけでブーイングが出ています。
 韓国人にとってプレミアリーグは世界最高のリーグで、かつリバプールといえばその上位常連のクラブ。
 「マンチェスターユナイテッドに香川が加入したら自殺する」とか言っていた韓国人がいたほどに、プレミアリーグというものが神聖視されているのですね。
 しかも、リバプールは去年のCLでソン・フンミンの所属するトットナムを破ってビッグイヤーを獲得したクラブ。

 そんな名門クラブと日本人が契約したという状況。
 なぜか韓国には「なにがあってもサッカーでは日本よりも上」という認識があるので、なおのこと憤懣やるかたないのですよ。
 しかも、南野が所属していたザルツブルクには韓国で期待されている若手のファン・ヒチャンというプレイヤーもいたりもします。たしか南野の1歳下だったはず。
 ファンではなくて、南野が選ばれたということでさらに憤懣が溜まっていた。
 そこにリバプールの広報が旭日旗を使ったということで、これまでになく大きな騒ぎになっているのですね。
 今回の旭日旗の話題は特に大きくなっているのですが、そういった背景があるということで。

 で、リバプールが旭日旗を使ったことに対して「不快に思った人がいたらすいません」くらいの謝罪文を英語と韓国語でアップしたのですよ。
 でも、それは全世界に向けたものではなくて韓国から接続した場合ではないと読めないメッセージであった、ということでまた韓国メディアが発火しているっていう状況。
 韓国人にだけ対応すればいいっていうことがリバプールにも分かっているっていうことですね。

 んで、昨日はクラブワールドカップを制覇したことで、リバプールFCの日本公式アカウントが画像をアップしたことに対してまた韓国メディアが噛みつきまして。

「神経戦か」リバプール、「旭日旗論議」謝罪後、日本のアカウントでまた使用(韓国日報・朝鮮語)

 で、その「旭日旗」とされる画像がこれなのですが。
 あ、ツイートを消しましたね。じゃあ、上の記事のキャプチャを。

liverpoolfc.jpg

 ……もう放射状のものであればすべてが旭日旗に見える病気ですね。

韓国人「日本のYahooで掲載されているソン・フンミンの写真が悪質タックルのものだ。日本人は幼稚だ!」……どんだけ情弱だったらそういう判断ができるんだか……

カテゴリ:サッカー コメント:(83)
日本のヤフー、孫興民の公式プロフィールに悪意ある写真掲載し物議(朝鮮日報)
 日本最大のポータルサイト「ヤフー・ジャパン」が、孫興民(ソン・フンミン)=27、トッテナム=の公式プロフィールの写真に悪意のある不適切な写真を使用し、韓国のサッカーファンの間で批判の声が高まっている。

 19日現在、ヤフー・ジャパンの孫興民の公式プロフィール写真には、通常使われるプロフィール写真や顔写真ではなく、孫興民の「黒歴史」ともいえるエバートン戦での後方タックルの写真が使われている。

 孫興民は11月4日に行われた英プレミアリーグのエバートン戦で、アンドレ・ゴメス=26、エバートン=相手に危険なタックルを犯した。孫興民のタックルによって結果的にゴメスは足首骨折という深刻なけがを負い、孫興民は一発退場となった。 (中略)

 国内のサッカーファンたちは、ヤフー・ジャパンの振る舞いについて「幼稚だ」との反応を示している。あるサッカーファンは「トッテナムの他の選手たちはみな正常なプロフィール写真なのに、孫興民の写真だけ全くプロフィールとは程遠い写真を選んでおり、からかおうという意図が見え見えだ」と批判した。
(引用ここまで)


 えーっと「日本最大のポータルサイトであるYahooジャパンで『ソン・フンミン』と検索して表示される画像が相手に足首骨折という怪我を負わせた時の写真だ。バカにしている」という主張でいいのかな?
 情弱というかなんというか。
 ま、とりあえずYahooジャパンでソン・フンミンと検索してみましょうか。

songhunmin.jpg

 確かに画像はエバートン戦での悪質なタックルを仕掛けた時のもの。
 さて、ここでチェックすべきなのはYahooジャパンが検索エンジンとしてなにを使っているか、ですね。
 YahooジャパンはGoogleを検索エンジンとして利用しています。

Yahoo! JAPAN、Googleの検索エンジンと検索連動型広告の採用を発表(INTERNET Watch)

 発表は2010年の7月。
 当時かなりの話題になりましたね。現在でもこの契約は続いています。

 Googleでの検索画面がこちら。

songhunmin2.jpg

 こちらでもトップにくるのは同じ画像。
 つまり、「ソン・フンミンといえばこの画像」というのはGoogleの検索エンジンによる決定なのです。
 Googleの検索エンジンの指向として「もっともリンクされているものがもっとも有用」というものがあります。おそらくですが、この画像が用いられたニュースがもっとも直近でリンクされているということなのでしょう。

 というか、人力でわざわざ画像を登録しているところなんてもうないだろ。
 自分たちであれば、そのように「嫌がらせとして画像を使う」ということをやる、という自白でもあるわけですが。
 ある人物が他人の行動を評価する時は、自分の中でどのように行動するかを規範とするものですからね……。

 しかし、わざわざ日本のYahooジャパンで「ソン・フンミン」って検索して、その画像を見て「からかわれている!」とか言い出して、なおかつそれを報道して、さらに日本版のニュースにまでそれを流すとか。
 どれだけ日本からの視線が気になっているんだか……。

今夜、サッカー日韓戦。韓国メディア「通算成績では韓国が圧倒している!」……もうそれでいいよ

カテゴリ:サッカー コメント:(58)
<E-1選手権>78回の韓日戦、韓国は14回しか負けていない(中央日報)
78戦41勝14敗23分け。歴代の韓日戦の韓国の成績だ。78回対戦して敗戦はわずか14回。この事実が示しているように韓国は韓日戦で常に優位に立ってきた。

史上初の対戦となった1954年3月7日の国際サッカー連盟(FIFA)スイスワールドカップ(W杯)予選で5-1と完勝して以降、日本との対戦成績で劣勢になったことはない。2000年代以降、日本の追撃が激しくなり「札幌惨事」など4回の敗戦があったが、「日本には勝てる」という自信は消えなかった。

こうした自信は79回目の韓日戦を控えた「ベント号」でも変わらない。パウロ・ベント監督(50)が率いるサッカー韓国代表は18日、釜山(プサン)アジアド競技場で2019東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1選手権の最終戦に臨む。韓国と日本の79回目の対戦であり、今大会の優勝チームを決めるこの試合を控え、両国ともに決然とした意志を見せている。
(引用ここまで)


 まーた「通算対戦成績では韓国が勝ち越している」か。
 Jリーグがはじまった1993年5月から7勝8敗10分(PK戦で2勝1敗)。
 21世紀以降であれば4勝4敗6分。
 まあ、五分でしょうよ。

 ただ、ここ何年かはE-1(東アジアカップ)でしか対戦がないのはありがたいところ。
 2011年の親善試合で札幌での惨事が起きてからこっちは2年ごとのE-1だけ。
 正直、あれで格付けは決まってしまって、対戦の必要がない相手になりましたからね。
 2013年以降の東アジアカップ(E-1)は日本代表といっても国内組だけで、代表初招集も多くてどれだけ動けるのかをチェックするだけの試合になってます。
 欧州組を呼んで怪我でもさせられたら目も当てられない。
 政治的に開催しなければならない大会ではありますが、なにか得られるものがあるというわけでもない空虚な対戦が続きますね。

 2014年あたりに「日韓定期戦復活か」みたいな話が韓国側から出た時も「そんなメリットのないことをやる必要がないだろ!」って声も多く出ましたっけ。けっきょく、韓国側から出たガセでしたけども。
 「本当のフル代表」での戦いは2011年の札幌が最後。
 以降のE-1は勝っても負けてもまあ怪我なくクラブに帰ってこれればそれでOK。あとはアジアカップ、ワールドカップ予選で対戦の可能性があるから、それくらいで充分でしょ。
 もうわざわざ親善試合を組むような相手でもない。
 「サッカー日韓戦では韓国が大きく勝ち越しているのだ!」でいいよ、もう。むしろ、対戦成績を未来永劫このままで固定して欲しいくらいのものです。
 今夜も怪我だけには気をつけて……こんな試合で将来を棒に振ることはないですから。