相互RSS募集中です

カテゴリ:パクリ・偽物の記事一覧

「万葉集は韓国人が作った」という言説が韓国で広がる理由とは?

カテゴリ:パクリ・偽物 コメント:(238)
日本の「万葉集」の秘密、新羅郷歌がカギだ(中央日報)
郷歌研究の新しい風が吹いている。40年にわたる「郷歌研究家」のキム・ヨンフェさんが風の主人公だ。2019年に『千年郷歌の秘密』を出版して風変わりな郷歌解釈を披露した人物だ。漠然と「古代詩歌」とされる新羅郷歌と高麗郷歌が、彼が明らかにした「郷歌創作法」により全く新たな内容で解釈された。それによると郷歌は現代のミュージカルや演劇、マダンノリのような公演の台本だった。

今回の新しい本はさらに一歩踏み込んだ。日本の『万葉集』に込められた秘密に挑戦した。新羅郷歌分析に適用した研究方法論を、『万葉集』から無作為で抽出した作品650首に適用した。その結果、ひとつの例外もなく「郷歌創作法」により作られたことを確認したという。

著者の郷歌解読法で解釈した内容は既存の日本式解釈と同じ作品とみるのが難しいほど違う。「万葉集は郷歌だった」という彼の主張が認められるならばその波紋は少なくなさそうだ。全4516首に達する『万葉集』は古代日本のアイデンティティとも見なされる。著者は4516首全体を日本の学者と共同研究したいと提案した。

彼の「郷歌創作法」が古くからの秘密を解くカギだ。彼によると、郷歌の漢字は「音」ではなく「意味」を現わす表意文字だ。郷歌の文章は中国語の語順ではなく韓国語の語順に従っている。また、文章全体が「歌詞+請言+報言」の構造で構成されている。「請言」は神に願いを祈る文字で、「報言」は演劇の台本の地文のような役割をするが、こうした構造を彼が初めて明らかにした。

『万葉集』には韓半島(朝鮮半島)と緊密な関係にあった古代日本の天皇家のよく知られていない話が含まれている。「万葉集は日本に渡った韓半島人が天皇家を中心に活動しながら韓半島語を基盤として作った作品」と彼は話した。
(引用ここまで)


 韓国人にとって、万葉集というのはとてつもない憧れがあるもののようで。
 全体的に「日本の国風文化」に憧れとも嫉妬ともつかない複雑な感情を抱いている、という感触があります。
 万葉集は国風文化そのものではありませんが、その端緒のひとつであるのは間違いないところ。

 先日亡くなった李寧煕、それと朴炳植のふたりが代表的ですかね。
 「古代朝鮮語で万葉集が読める」みたいなことを言っているのは。
 ちなみにこのふたり、対立してたりもするのですが。
 どっちにせよ古代朝鮮語なんてどこにも資料がなく、一切合切が不明なのでなんとでも言えてしまうもの。
 連中の言説はすべてトンデモ本の類いです。

 で、郷歌(ヒャンガ)ですが。
 なぜか記事には書かれていないのですが、現代までに伝えられているのはわずか25首。
 絶対数が少なくて研究が進まないのが実際です。
 完全に歴史として断絶しているのですね。
 逆にサンプルが少ないので、なんとでも言えてしまう。今回の記事のように「万葉集は郷歌で読める」とでもなんとでも言えてしまう。
 朝鮮半島の歌の歴史は断絶していて資料も散逸している。おまけに併合時に日本人の手によって研究がまとめられていたりもします。

 それに比べて万葉集に収録されているのは4500首以上。サンプルが多いのでいわゆる万葉仮名がどう読まれていたかすら歌を比較することで解明することが可能なほど。
 そして万葉集の和歌から現代の俳句・川柳までの流れがあり、その資料が「大事なものである」として保存されている。

 この差異がなんとも気に入らないし、そうあるべきではない……と彼らは考え、その結果が「万葉集は韓国人が作った」というなんともみっともない話につながるわけです。
 本当に哀れでしかない。

万葉集を知る第1歩としてこの本はおすすめ。35%オフのセール中。

韓国に春の訪れ「ワシントンの桜はすべて済州島の王桜だ!」……何千本もの苗木が送られるのに文書がなかったと思う?

アメリカの首都ワシントンに満開の桜、済州島漢拏山の王桜か(中央日報)
米国の首都ワシントンを横切るポトマック川周辺ではこの時期になると4000本の桜が一斉に咲き誇る。 (中略)

ところが、ワシントンのこの桜が済州漢拏山で採集したという主張がある。
東洋美術史学者ジョン・カーターコベル(1910〜1996)博士は、生前に発表した文章で「東京市長が1910年に荒川川岸の桜をワシントンにプレゼントしたが、虫が食べて枯れた。日本は新しい品種の桜を再度送ったが、この時の桜は済州島で採集したもので米国風土で強く生き残ると考えた」と述べた。

実際に1910年1月6日、シアトル港に到着した日本産の桜の苗木は、検疫の過程で病虫害にかかったことが確認され、ウィリアム・タフト大統領の命令で全量焼却された。ところが、わずか14ヶ月後の1912年2月14日3020本の苗木が再びシアトルに到着して、ワシントンに輸送された。短期間で何千もの本の桜を再収集できたのかとの問題は、米国政府が日本山桜の安全性に敏感に反応したことを考えると、コーベル博士の見解に耳を傾けるようになる。
(引用ここまで)


 今年も韓国に春の訪れである「ソメイヨシノ韓国起源説」が語られています。
 すでに遺伝子調査で王桜とソメイヨシノが別物であることは分かってしまっているので、今年はワシントンのポトマック川沿岸に植えられている桜は王桜だ、という説を推しているようです。
 この説は韓国で繰り返し述べられていて、あたかも事実のように語られているもの。

 東京からアメリカに向けて送られた2000本の苗木は1909年の年末に届いたものの、無数の害虫がついていて焼却処分されました。
 というわけで再度苗木を作り、6040本の害虫がついていない苗木を届けることに成功したのです。
 これが1912年の2月のこと。
 その半分である3020本がワシントンのポトマック川に。
 残り半分はニューヨークのハドソン川に送られたとのこと。

 韓国では「14ヶ月という短期間で数千本もの桜の苗木を揃えることは難しいはずで、済州島から伐採してきたに違いない」って話に持っていこうとしているのですが。
 韓国ではソメイヨシノが挿し木や接ぎ木メインで栽培されていることが知られていないのでしょうね。
 ついでにいえば数千本もの桜の苗木を送るという公的事業を起こす際に、日本が書類を残さないわけもなく。
 兵庫の伊丹ではヤマザクラの挿し木で台木を作り、荒川の桜から枝が持ってこられて接ぎ木されたとの記録が残っています。
 「ワシントン桜物語」というサイトで語られているので、詳しく知りたければそちらでどうぞ。
 桜の種類(ソメイヨシノをはじめとして12種類)も送られた本数(3020本中、ソメイヨシノが1800本)も記録が残っているのですよ。

 もちろん、栽培のノウハウは必要でしょうが1910年といえばもうソメイヨシノは栽培種として広まってから半世紀は経過しているころ。
 現存する最古のソメイヨシノは小石川植物園のもの(1875年)か、弘前城にあるもの(1882年)。
 1年あれば数千本の苗木を作ることはさほど難しいことでもないでしょうね。
画像は楽韓さんが弘前に行った際に撮影した最古のソメイヨシノ。

9584876F-340A-4828-BF79-2E2C2BE372C5.jpeg

 このていどのこと、ちょっと桜に興味があって調べれば分かることで。
 こうした荒唐無稽な説が語られているということから、桜というものが韓国でポピュラーではない、ということが分かってしまったりもするわけです。

韓国でいまだに残る「ソメイヨシノの自生地は韓国」説、科学的に否定されても語り継がれる理由とは?

エミール・タケの贈り物、王桜(ヘッドライン済州・朝鮮語)
110年以上前に王桜を私たちに示してくださった方がいます。1902年済州に来たエミール・タケ神父である。フランスの宣教師であるエミール・タケ神父は済州に13年間滞在し、宣教活動に加え、植物採集と標本作りを行いました。漢拏山を中心に採集した植物が10,000点余りになるという。 

エミール・タケ神父は1908年4月、漢拏山北側海抜600m地点で王桜を発見し、標本を採集した。採集された木の標本数が「採集番号4638番」である。漢拏山観音寺近くで採集された標本は、ドイツのベルリン大学のクェネ教授に送られ、クェネ教授は済州島が王桜の自生地であることを最初に明らかにした。エミール・タケ神父が採集した標本が自生する王桜としては世界初の標本であり、済州島が王桜の起源であることを証明する重要な標本がされたものである。エミール・タケ神父の贈り物がなかったら、まだ王桜の自生地は日本という嘘で抜け出せずにいただろう。

  数年前まで王桜が日本が自生地である日本の木という認識が多かった。そんなせいで、2013年には観音寺境内にある王桜を日本の木と間違えて農薬を打って枯死させた事件があったし、2014年には、ソウル汝矣島ユンジュン路にある桜の木6本を無断伐採した事件があった。警察の調査の結果、伐採の理由が日本を象徴する花である桜の木をすべて伐採し、ムクゲを植えるべきと自供したのだ。

王桜自生地が済州島という事実が、最近ではメディアによく記事化され、より多くの人々がこの事実を知ることになったが、まだまだ知らない人が多い。済州島が王桜の自生地と誇りを持って、これを広く知らせることが私たちの役割だと思ってする。
(引用ここまで)


 ノーベル症は季節の風物詩なのですが、春の風物詩である「ソメイヨシノの自生地は済州島」というアレを今年は見なかったなぁ……と思ってちらっと検索してみました。
 やっぱりありましたね。
 今年の春(4月8日)の「ヘッドライン済州」という済州島の地元紙に掲載されたコラム。
 2018年の9月に韓国からも「王桜とソメイヨシノは別品種である」という論文が出されたために、勢いが減ったのは確かなのですが。
 それでも「日本人が愛でているソメイヨシノが韓国産である」という自尊心に響くフォークロアを彼らが手放すわけがないのですね。

 さらに言うのであれば、済州島は観光産業で成り立っている土地柄です。
 「ソメイヨシノの自生地」という物語、ナラティブを手放せるわけがないのです。
 また、記事中にあるように「桜は日帝残滓」として韓国人による伐採が続いていたのですが、それを食い止める手立てのひとつでもあります。
 韓国南部の街路樹として山ほどソメイヨシノがありますからね。
 スケキヨ丼レポートの際に南部をバスで延々と行ったことがあるのですが、街路樹は本当に桜ばっかり。
 これをすべて伐採してムクゲを植えるとかもう正気の沙汰じゃない。

 このコラムでは意図的にか、知らずにか「王桜」で統一されていますが、意図としては「日本のソメイヨシノの自生地は済州島」というもの。
 これはもう彼らにとっては財産、既得権のひとつなのですね。



 科学的に否定された事柄であっても、これからも「自生地である観音寺」にある「ソメイヨシノの自生地」という看板が下されるようなことはないでしょう。

韓国人「このバラエティ番組、まんま日本の『ぼくのなつやすみ』っていうゲームのパクリなんだけど……」

ナ・ヨンソクPD新しい芸能「夏休み」、日本ソニーのゲームをパクったのか(ソウル新聞・朝鮮語)
ナ・ヨンソクPDの新しい芸能プログラム「夏休み」が17日、初放送で「倭色」であると議論になった。
「夏休み」は俳優チョン・ユミ、チェ・ウシクが江原道の海岸で夏休みを過ごす芸能プログラムであるにも関わらず、撮影舞台の二人が滞在する家が和風積算家屋と似ている。
敵産家屋の敵産は、敵の財産という意味で日本が第二次世界大戦で敗れ、韓半島から撤退した際に残した住宅である。
チョン・ユミ、チェ・ウシクが住む家は、元々民宿に使用されており、今回の放送の撮影のために修理を経たものと知られた、瓦の形や格子と2階の屋根裏部屋がある家の構造などが敵産家屋と類似している。

さらに、「夏休み」で出演者たちが守るべき原則は、日本のソニーからプレイステーション用ゲームとして発売された「ぼくのなつやすみ」と似ている。

出演者たちは毎日日記を書き、一日に一時間ずつ運動をし、一日に一食の健康な食品を作って食べなければならない。
日本のソニー社のゲーム「ぼくの夏休み」は、典型的な都会人であるゲームの主人公が子供の頃、一ヶ月の間、母親の出産のために叔母の家で過ごした夏休みを回想する内容だ。
ゲーム「ぼくの夏休み」は、ゲームの中の登場人物たちが体操することで、一日をはじめ、チョン・ユミとチェ・ウシクが家庭菜園を育てるようにトウモロコシを収穫し、日記を書くと一日が終わる。
出演者たちが守らなければならルールやゲームのルールが似たようなことはもちろんであり、家の雰囲気や主人公がなければすることも似ている。 (中略)

日本のゲームと同様だという意見については、当該ゲームを知らず、全く参考しなかった説明した。
(引用ここまで)


 出演者のことは知らないのでなんともいえないのですが。
 韓国で放映されているリアリティ系のバラエティ番組が「ぼくのなつやすみ」のコンセプトをパクったのではないかという疑惑。
 キャプチャされた画像を何枚か見たのですが、まあコンセプトを剽窃しているのは間違いないですね。
 朝に体操からはじまり、日中に田舎の生活を楽しみ、夜に絵日記を書いて終わる。
 そしてそのためにタレントが宿泊する家屋が「敵産家屋」と呼ばれる日本家屋風のそれ。

 明白にコンセプトを寄せてきている。
 ぼくのなつやすみの韓国版は出ていないそうですが、まあ日本版のプレイステーションなりPSPなりを持ちこめばプレイできることでしょうし、韓国であればエミュレータでプレイしていてもなんの不思議もないところ。
 「ぼくのなつやすみ」自体、海外ではメジャーなゲームとはいえないでしょう。
 なにしろ、「古き良き日本の原風景」のようなものを味わうゲームですから。英語版にすらなってなかったんじゃないかなー。
 YouTubeのプレイ動画とかで見ている可能性はあるか。

 つまり、さほど韓国では知られていないゲームであるにも関わらず、ネットで「これ、『ぼくのなつやすみ』のパクりだよね」と声が上がる。
 それほど似通っていた、ということなのでしょう。
 まあ、韓国人にとっては残念なことにこうして韓国は日本のものをパクっていくだけ。
 テコンVからこの構造は変わっていない。
 せめて1件だけでも逆のパターンがあったらよいのにね。


日本のつけ麺屋やすべえをパクっていた韓国の店、謝罪になっていない謝罪文を掲げて「店名を変える」「営業は継続する」と宣言……ノイズマーケティングなのでは?

「この時局に」日本の有名レストラン無断盗用した弘大ラーメン店(毎日経済・朝鮮語)
弘大やすべえ インスタグラム(インスタグラム)
ソウル弘大前に位置したラーメン家が日本の有名飲食店のブランドを無断で盗用したことが明らかになって論議が起きている。この店舗は、疑惑を認めて商号を変更することを決定したが批判は続いている。 (中略)

この店舗は、最近になって弘大前で営業を開始した「弘大やすべえ」で実際の商号と看板のロゴはもちろん、メニュー、食器、盛りつけ、内装まで日本のつけ麺屋やすべえと同様の姿を見せていた。また、つけ麺屋やすべえ 韓国本店、1号店と広報して日本本店と関連があるものと解釈される余地が多かった。 (中略)

高まる批判世論に弘大やすべえはSNSアカウントを介して意図があったことを認める謝罪文を掲載した。弘大やすべえ側謝罪文で「マーケティングを意図したという部分も認める」とし「やすべえというブランドパワーを利用しようとする心があった。すべて確認したようその小さな店に多くの方々訪れてくださった」と述べた。それとともに「弘大やすべえは東京安兵衛と一切関係がない」とし「弘大やすべえは、商号を変える」と説明した。

弘大やすべえの謝罪後も批判は続いた。謝罪文に本店への謝罪がなく、国際的な恥というものである。あるネチズンは「謝罪なのか言い訳や商号変更通知なのか分からない」とし「厳然たる詐欺行為に国の恥さらしまでとさせておいてなんと厚かましいのか」と怒りを炸裂させた。
(引用ここまで)


 日本のつけ麺屋やすべえの商号、内装、食器、メニューをパクり、あげくの果てには盛り付けまですべてをパクっていた韓国の自称「弘大 つけ麺屋やすべえ」。

yasubeemorix.jpg
 左が韓国の自称つけ麺屋やすべえのインスタにあった画像。右が楽韓さんが撮影してきた画像。ここまで寄せてる異常さ。

 日本側のつけ麺屋やすべえにその存在がばれたことから、店のインスタグラムで「謝罪文」を掲載しているのですが。
 この「謝罪文」が実質的にはなにも謝っていないっていう代物。
 「済州島でお店をやったのだけども『似てる』と言われただけだった」「弘大でいまの店をやったらビジュアルのせいかたくさんのお客さんが来てくれて報われた気がした」とか書いている。
 で、「東京のつけ麺屋やすべえと弘大やすべえは関係がなにもない」で終わり。  ……バカなの?
 特にブランド盗用したつけ麺屋やすべえに対しての謝罪はゼロ。「やすべえ好きの皆さんに申し訳ない」くらいのもの。ヘイポーか。
 で、商号を変えて営業を継続するのでまた来てね、ですって。

 そういう一種のノイズマーケティングだったのかな、という感じ。
 おそらくは文句が出たらロゴを取り下げて営業するっていう腹づもりだったのでしょうね。

 ちなみに記事タイトルの「この時局に」っていうのは、日本製品不買運動が一番盛んだった頃に日本に行ったりしていた芸能人に対してよく使われていた言葉。
 「この時局に(よく日本になんか行けたものだな)」という非難ですね。
 で、それが独立して「この時局に」という形でインターネットスラングのひとつとなったというものだったりします。
 ネット上でこの言葉を使っている人間を「この時局さん」と揶揄するようなこともあったりします。

【画像あり】つけ麺屋 やすべえ、韓国で無断模倣店が出される。ロゴ、店構え、内装、器までそっくり!

韓国での模倣店について(つけ麺屋 やすべえ)
韓国にて、つけ麺屋やすべえの直営店である、もしくは当店の味を引き継いでいるかのような誤認を意図的に生じさせている模倣店舗が確認されております。 現在つけ麺屋やすべえは、東京都内の8店舗のみとなっており、韓国の店舗は当店と一切関係ございません。
(引用ここまで)

 韓国でつけ麺屋やすべえがパクられている、というお話。
 これまでの輝かしいパクリの歴史をとりあえずはご覧ください。

矢場とん 笑笑 ダイソー Weds Sports ひよこ うなぎパイ いちご大福

 どれもひどいですが、個人的に一番ひどい、かつ韓国人らしい所業なのはいちご大福だと思います。
 なお、ダサソーはその後、ダサヨーに変化しています
 アメリカのFortune誌は韓国を「偽物共和国」と称しています。

 さて、やすべえは先月からTwitterを開始しているのですが、そちらでもこのお知らせを行っています。


 これを知らせるためにTwitterをはじめた、ということかな。

 んで、韓国の自称「つけ麺屋 やすべえ」の店構えはこちら。

yasubeekr.jpg
自称「弘益大 つけ麺屋 やすべえ」のインスタグラムからキャプチャ。

 店名部分は公式ロゴからパクってかすれとかを取り除いている感じですね。
 安い。
 ですが、インスタグラムの記事には「韓国本店」「1号店」といったようなハッシュタグが書かれていて、見ただけでは「韓国で正式に出店した店」と思えるような形になっています。
 まあ、矢場とんとか笑笑もそのあたりは完璧にパクってましたからいつものこと、ではあるのですが。

yasubeelogohikaku.png
それぞれのロゴはそれぞれの公式サイトからキャプチャしたもの。比較のためにサイズを変更しています。

 完全に劣化パクり。
 いまのところ、韓国側店舗の反応やニュース記事はないようです。
 しかし、店舗の内装、器の類いまで完全に寄せてるな、これ。こちらの画像も韓国側のインスタグラムから。

yasubeekrtennai.jpg yasubeekr_utsuwa.jpg

 「日本製は高級である」=儲けることができるという認識があればこそ、パクリに走るのでしょうね。日本製品不買運動とはなんなのか(笑)。

奈良美智氏、韓国企業に絵柄をパクられたものの裁判で勝訴……「韓国はいい国だと思った」とのこと

韓国を「いい国だと思った」 奈良美智氏がツイッターで(聯合ニュース)
韓日間の対立が深まる中、世界的に著名な日本の現代美術家、奈良美智氏は6日にツイッターで、自身の体験を基に韓国を「いい国だと思った」とつづった。

 奈良氏は数年前、韓国企業の製品に使われたイラストを自分の作品の盗用だとして提訴。韓国で裁判が行われた結果、奈良氏の主張が認められ、相手企業も奈良氏の要求を受け入れたという。同氏は「法は正義だと感じた」とし、さらに「国民の力で大統領を失脚させた時も、財閥の不正や権力に国民がNOをたたきつけ、世界に対して結果を見せることが出来た時も、当たり前だがいい国だと思った」と述べた。
(引用ここまで)


 韓国がいい国かどうかはともかく。
 以前に著作権侵害で韓国のW.Labという企業に奈良氏側から警告文を送ったところ、逆に訴訟を起こされたという話がありました。
 で、奈良氏のほうからも提訴。
 裁判の結果、奈良氏側が勝訴。
 で、要求が受け入れられたので「いい国だ」とのこと。

 まあ、いい国はそもそも人の著作物パクって敗訴しないよな、とは思いますけどね。
 美術家とかアーティストにいい国かどうかの評論とかしてもらって喜んでいるっていうのはなんだかな。
 以前のエントリがこうして決着したということで、とりあえず。

 氏の政治的な傾向は「ろうそく革命」を評価しているというところでお察しください。
 坂本龍一とかと同じっすな。

覚醒剤所持容疑で「日本人」がカンボジアにて逮捕される → 犯人を確認したら「私は日本人だ」と言い張っていただけ……その正体はもちろん……

カテゴリ:パクリ・偽物 コメント:(145)
「私は日本人…」 覚せい剤所持の韓国人をカンボジアで逮捕(FNNプライム)
カンボジアの首都プノンペンで7月24日、1人の男が覚せい剤所持で逮捕された。カンボジアのメディアは翌25日、「プノンペン中心部の繁華街で、不審な動きをしていた日本人デザインエンジニア・ハタムラ・ユウイチを拘束し、所持品から覚せい剤の小袋2つが発見された」と一斉に報じた。しかしFNNが日本大使館に確認したところ、意外な返答を得た。

日本人逮捕の一報を受けて、日本大使館の担当者はすぐに本人に直接面会した。その結果、男は日本人ではないことが分かったという。しかしカンボジアメディアも、カンボジア警察も「逮捕されたのは日本人である」と信じ切っている。 (中略)

ところが日本大使館の担当者が直接本人と面談したところ、日本語が全く通じず、また全く書くことができないことが判明したという。それでも「日本人です」と本人は言いはったものの、その後の調べで男は日本国籍ではなく、韓国国籍であることが判明したという。

真偽を確認するため、FNNは容疑者のパスポートを確認した。男のパスポートの表紙には「Republic of Korea」の文字。男は韓国のパスポートでカンボジアに入国していた。氏名の欄には「KANG JU SUNG」と記載され、顔写真は逮捕された男と明らかに同一人物であった。
(引用ここまで)


 先日、慰安婦像につばを吐きかけた韓国人が日本語を話して日本人を騙っていた……ということもがありましたね。
 その際にバラエティ番組で「悪いことをする時は日本人と名乗るんだ」と言っている韓国人俳優の動画を紹介しましたね。



 カンボジアやタイの世界遺産で立ち入り禁止地区に入りこむ「日本人」が日本語を話せなかった、なんてこともありましたね。
 その昔、台湾で韓国人外交官夫人が交通事故を起こした際に「私は日本人だ」って言って特別扱いを求めたなんて話もありましたっけ。
 同じく台湾で韓国人女性が「水澤真樹」を名乗って働いていた、なんてこともありました。
 マカオでも韓国人女性が着物を着て働いていてオハイオでも働いていた韓国人女性がいました。

 「韓国人が日本人になりすます」ことはあっても、その逆がない。少なくとも聞いたことがない。
 これが「日本と韓国」の関係性を雄弁に物語っていますね。