相互RSS募集中です

カテゴリ:移民願望の記事一覧

国から逃げ出し始めた韓国人?(JB PRESS)

カテゴリ:移民願望 コメント:(1)
国から逃げ出し始めた韓国人?(JB PRESS) [17:00]

 まあ、この記事でいうように日本の近未来の姿が今の韓国にあるかというと、それは疑問ですが。
 でも、記事中で取り上げられている『“超”格差社会・韓国~あの国で今、何が起きているのか~』は面白い本なのでオススメ。
 エグソダス……というよりはディアスポラ?

 この抜けだし派は中流の人々に多いのですよ。
 まあ、中流以上でないと海外にいる家族を養えませんしね。
 そのようにして、また格差が大きくなっていくのです。

 上流階級はどうするって?
 まあ、子女は留学させてまた戻ってこさせて、甘ーい汁を吸うのですよ。
 たとえ韓国がダメになっても家族全員でカナダかどこかに脱出して、数十年暮らすくらいの資産はありますから>韓国の上流階級

・大学評価:アジア上位に韓国2校だけ(朝鮮日報)

カテゴリ:移民願望 コメント:(0)
・大学評価:アジア上位に韓国2校だけ(朝鮮日報)

 早期留学を云々いっている記事を連発していますが、こういう事実を突きつけられると大学レベルでまともな研究をするには最低限日本に行くか、できればアメリカに行かないとならない。

 でも、そういう人たちもけっきょく留学に行くと帰ってこなかったり。
 研究環境が違いすぎますからね。
 アメリカ>>>>>日本>∞>韓国って感じで。
posted by rakukanComment(0)
 

【追跡取材】韓国に戻らない留学生、そのワケは(朝鮮日報)

カテゴリ:移民願望 コメント:(0)
タグ: 移民
【追跡取材】韓国に戻らない留学生、そのワケは(朝鮮日報) [22:30]

 まあ、最初に記事タイトルを見て想像できた範囲内ではありますかね。

 ・長時間労働
 ・高卒差別
 ・兵役

 韓国人は比較的アメリカやらなんやらに留学生を出しているのですが、韓国に帰ってこないという傾向が強いのですね。
 特に兵役問題は大きいらしく。
 商売するにしても2年間を世間から隔離されてしまうのは大きいのでしょうね。想像するしかありませんが。

 しかも、いつものパターンで政権やらなんやらにコネのあるところの子供は行かなくてもいいわけで。
 誰しもが平等に行くのであれば、また考えも変わるのでしょうけど。こういう部分も民度の低いところですわな。
posted by rakukanComment(0)
 

米軍パイロット・プログラムに韓国人志願者殺到(朝鮮日報)

カテゴリ:移民願望 コメント:(0)
米軍パイロット・プログラムに韓国人志願者殺到(朝鮮日報) [21:15]
米ウォールストリート・ジャーナル紙が報じたところによると、米国防総省がアラビア語、韓国語、ファルシ語(ペルシア語の一種)など戦略上重要な言語を駆使する軍人を募集するため、移住者らを対象に1年間運営するパイロット・プログラムに韓国人の応募が殺到しているという。

臨時居住ビザ所持者がこのプログラムを通じて入隊すると、長くて10年かかる永住権取得の過程を省略でき、すぐに市民権取得の手続きに入れるという利点が、韓国人が押し寄せている理由だ。

最近ロサンゼルスで行われた募集でも、志願者22人のうち20人が韓国人だった。
 しかも、驚くほど高学歴な人材が来ているっていう。
 いつものようにいつものごとく、移民にかける情熱では韓国人の右に出る者はいませんね。
 こればっかりは勝てません。
posted by rakukanComment(0)
 

「世界90位のソウル大なんて」 優秀高校生の外国大直行が増加(中央日報)

カテゴリ:移民願望 コメント:(0)
「世界90位のソウル大なんて」 優秀高校生の外国大直行が増加(中央日報) [19:30]

 まあ、こういうのを見ると日本っていうのは実に恵まれた国だなぁと思いますね。
 部門部門では世界最高峰の大学も存在しますし、もちろんそこから留学も可能。
posted by rakukanComment(0)
 

ニュージーランド遠征出産、元旦から市民権認めぬ(東亜日報)

カテゴリ:移民願望 コメント:(0)
ニュージーランド遠征出産、元旦から市民権認めぬ(東亜日報) [17:30]

 まあ、こういう記事が韓国の新聞に掲載されるっていうことは、そういうツアーを組んでいた輩がいたということでしょうね。

 出生地主義をとっている国に対してはどこでもやってるんだろうなぁ……。さすが、若者の7割が国を捨てたがっている国だわ。
posted by rakukanComment(0)
 

新任教育長官の長男、国籍放棄後に建物所有(朝鮮日報)

カテゴリ:移民願望 コメント:(0)
 新任教育長官の長男、国籍放棄後に建物所有(朝鮮日報) [23:30]

 まあ、このニュース。フツーの日本人だったらスルーしてしまうところでしょう。「ああ、そんなんあったんだねー」というていどで。
 ところが楽韓Webではそうはいかなかったりします。
 まあ、とりあえず引用してみましょう。
李基俊(イ・ギジュン)副首相兼教育人的資源部長官の道徳性をめぐる論議が拡大している中、李副首相の長男が2001年、韓国国籍を放棄してから1か月後、京畿(キョンギ)道・水原(スウォン)の中心に新築された建物の持ち主として登録した事実が7日明らかになった。

李副首相が所有した水原市・八逹(パルダル)区の土地は156坪で、土地内の面積81坪規模の一階建て建物が長男の所有となっている。

この建物の登録時点は2001年10月10日で、同年9月17日に長男が韓国国籍を放棄した直後だ。
 珍しく全文引用してみました。
 まあ、フツーだと「ああ、韓国政府のお偉いさんが息子名義で不動産を取得させていたんだねぇ」ということで終わってしまうでしょう。

 しかし、この記事の中に実は韓国のすごさが隠されているのですよ。
 つまり、韓国では外国籍の人間は土地の所有権が認められていないのです。
 ……はい、そこ唖然としない。
 外国人はなにをどうしようとも、一定以上の大きさの土地を所有することができませんでした。

 まあ、過去形なのですが。
 ただし、これもIMF管理下に置かれて外国資本に対して不公正な慣例法を保てなくなったためというのが主な理由です。

 たしか99年に改正された法律で、面積制限がなくなったはずです。
 よく「韓国には華僑が存在しない」と言われてきましたが、正確には間違っていまして。「勢力を持っている華僑が存在できなかった」というのが実際のところ。

 でもって、IMF管理下になってから合法化されたはずなのですが。実際には記事のように外国籍の人間が土地を取得することが問題になるわけです。
 いまだに外国人排斥をしているっていうのがすごい。
 しかも合法になっているにも関わらず。
 まあ、事後法が通用する国だからなぁ……。
posted by rakukanComment(0)